2016年10月11日

バイオハザード HDリマスター

10月の「PS Plus」会員向けフリープレイソフトとして、PS4向けに2015年に発売された



バイオハザード HDリマスター



が配信されました。


biohazard HD REMASTER_20161006235352.jpg

↑タイトル画面


先日は自身も速攻ハマって続編の購入まで決めた「グラビティデイズ」がフリープレイ化したりと、最近「PS Plus」向けコンテンツが徐々に豪華になってきている感があります。

この「バイオハザード HDリマスター」も、来年1月に発売予定の「バイオハザード7」に向けた販促の目的があってのフリー化だと思いますが、今回も思い切った配信だなぁと。

私のようにまんまとその作戦?に乗せられる人は少なくないでしょうし、まさに「損して得取れ」って感じですかね。

「バイオ7」に関しては…すみません、ムリですw



さて、「バイオハザード HDリマスター」に話を戻しますと、かつてゲームキューブで発売されたリメイク版「バイオハザード」をHDリマスター化したものですが、それだけではなく

・新たな操作方法の追加
・日本語音声の追加

などの新要素も増え、特に操作方法を「アレンジ」にすると、従来のいわゆる「ラジコン操作」ではなくスティックを倒した方向にダイレクトにキャラが動くので、最近のゲームに慣れ親しんだ人には違和感なく遊べるかもしれませんね。



さてリメイク版「バイオハザード」といえば、私的には過去にWii版を買い、当時相当ハマった記憶があります。

確か敵が見えない「インビジブルモード」でクリアするまで遊んだよなぁ〜と記憶を辿って、「そういや当時動画を撮ったような…」とYouTubeの過去のアップロード動画を漁ってみると…

やっぱりありました!


【Wii】バイオハザード インビジブルエネミーモード (1/2)




【Wii】バイオハザード インビジブルエネミーモード (2/2)




【Wii】バイオハザード インビジブルエネミーモード クリア特典




ご丁寧に字幕までつける凝りよう…w

最初の動画とか知らない間になんと2万4千以上の視聴回数が…!我ながら驚きですw



さて、今回の「HDリマスター」版ですが、折角だからと一応触ってみて…


あかん…全然覚えてない…


序盤から謎解きの順番がサッパリで、Wii版のプレイからおよそ7年ほど経っているとはいえさすがに少しショックでした^^;

なお操作は「アレンジ版」で試してみたのですが、背景が完全固定のゲームですから、移動中視点が切り替わったときに戸惑う感覚がかつて遊んだ「デビル・メイ・クライ」などに通じるものがあります。

まぁその辺りは慣れの範疇でしょうね。恐らく今からオリジナルの「ラジコン操作」をマスターするよりは近道だと思います。



とりあえず30分ほど触ってみて、だんだんと過去の記憶が蘇っては来ましたが、いくら画面がキレイになったとはいえ一度過去に遊び込んだソフトですし、それをまた一から遊ぶというのはさすがに…

ということで、程なくやめてしまいました。


今週13日には

ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー

が届きますし、それまでにクリアできる気がしませんしねw






PS:

上でも少し触れました、重力アクションの最新作

グラビティデイズ2

の発売日が、12月1日から1月19日に変更になりました。


その理由を一通り読んでの解釈としては

「同時期に大作が重なっているので、ゆっくり遊んでもらうように発売日をズラします」

という感じに捉えました。

つまり「FF15」や「トリコ」が遅れたせいで発売日が近くなっちゃったから、大人の事情でうちもズラさざるを得なくなりました…って感じかなと。


なんとも迷惑な話ですよ…。

ここのところPS4用ソフトの大作って殆どが延期になってますよね…ほんと発売日詐欺ですわ…。

お詫びとして当初有料化を考えていた追加DLCを無料化するらしいですが、ユーザーとしてはタダで遊べること自体はありがたい話とはいえ、なんだかモヤモヤしますね。




Amazonは未だに12月1日のままですねw




PS2:

上で書いたように、12月に遊べるとワクワクしていた「グラビティデイズ2」が来年1月に延期になったことで、当初の予定がすっかり狂ってしまい、さてどうするかと考えて…

人喰いの大鷲トリコ

を勢いで予約してしまいました!


う〜む…結局はソニー陣営の策略にまんまとハマってしまっているような…(汗)


「FF15」と最後まで悩んだのですが、恐らく値崩れするのは「FF15」の方が早いだろうしと「トリコ」を優先することに。

スルーした方は結局そのまま買わずに遊ばないというのが私の「あるある」なのですがねw





posted by ラムネ at 01:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

iPhone7に機種変更しました

先月の16日に世界同時発売となった「iPhone」の最新機種

iPhone7」及び「iPhone7 Plus

ですが、3年近く「iPhone5s」を使っていて電池の持ちもいよいよ限界に近くなり、そろそろ買い替え時かなということで、「7」への機種変更を検討していました。



10月に突入し、発売から二週間以上経過しているということで発売当初の混雑も幾分落ち着いているだろうと、馴染みのドコモショップに予約の電話を入れてみて…さていつ頃入荷するかな?


私:「iPhone7の128GBブラックなんですけど…」

ドコモショップ店員さん:「でしたら在庫ございますよ」

私:「え!そうなんですか!では取り置きお願いします」


早くても月末位に手に入る感じかな?なんて思ってたら普通に「在庫あり」で拍子抜けでした。

「iPhone」人気も以前ほどではないってことでしょうか?


因みに大型版の「Plus」や新色の「艶ありブラック」は在庫不足で「待ち状態」とのこと。

「Plus」は大きすぎて論外だし、どうせケース付けるから色は黒ならなんでもいいし…というか「艶ありブラック」って裸で使う人本体に指紋付きまくって汚くなりますよきっとw



というわけで先日ドコモショップに行き、1時間ほど待って自分の番が回ってきてから更に2時間ほどかかってようやく



iPhone7 (128GB) ブラック



を入手できました!!


iphone7_001.jpg

↑パッケージ。


実は変更したての段階では「iPhone5s」のままでした。

まさかこんなにすぐ手に入るとは思ってなかったので専用ケース&保護フィルムの購入が間に合わず、それらが揃ってから使い始めようと思っていたので、その旨をショップの店員さんに話すと「ではSIMカードを5sに戻しておきますので、後程ご自身で入れ替えて頂けますか?」という運びに。


「5s」の頃から愛用しているエレコムの「ZEROSHOCK」シリーズの「iPhone7」用をネット注文し、届いてから恐る恐る「SIMカード」を交換してケース&保護フィルムを装着し、晴れて機種変更が完了…


いや、ここからがむしろ本番ですね。


「5s」で事前に「icloud」にバックアップを取っており、「7」で復元を行う必要があるのですが、なにせ初めての移行なので何度もPCで検索した解説サイトで手順を確認し、いざ実行!!


あまりにも簡単でまさに拍子抜けでした。


手順通りに進めた結果、1時間程で元の「5s」とほぼ同等の状態に!!


これは結構感動しました!。アイコンやフォルダの位置はもちろん、待ち受け画面の写真まできっちり復元してくれたことに、現在の技術の進化ぶりに驚きを隠せませんでした。

便利な世の中になりましたねぇ〜。


なお、当然ですが現在存在していないアプリは復元されません。



復元後、ユーザー側で行う必要がある処理は大きく2つ。


● アプリの引継ぎなど

ゲームアプリの引継ぎやログインが必要なアプリのID(及びパスワード)設定は自身で行う必要がありますね。


● 「ドコモメール」の設定

ドコモ以外のキャリアはわかりませんが、「ドコモメール」を再び使えるようにするには「ドコモお客様サポート」から「iPhone利用設定」を再インストールする必要があります。

「5s」を導入した3年以上前に行ったっきりなのですっかり方法を忘れており、PCで手順を検索してなんとかインストールできました。

インストール後「5s」で送受信したメールが全て「7」でも確認できたのは嬉しい誤算でしたね。



というわけで、これで完全に移行も完了し、私も晴れて「iPhone7」ユーザーです!



ところで、まだ日が浅いので慣れていないだけでしょうが、ハード面で意外に違いがあって結構戸惑っています。


まず画面中央下にある「ホームボタン」が物理ボタンではなくなったこと。

生活防水に初めて対応したということで、このような作りになったようですが、「5s」ならしっかりと押した感触があったボタンが「7」だと押したことが「ブルッ」とバイブレーションで知らせる仕組みになり、なんとも心もとないw


また、電源のON/OFFやスリープにするボタンが「5s」は上部にあったのに「7」は向かって右側面に変わったので、今でもスリープ状態にしようとして思わず上の何もないところを押してしまうことがw


巷では賛否のあった「イヤフォンジャック」の廃止ですが、私は「iPhone」でヘッドフォンを使う機会がこれまで数回しかなかったので別段問題は感じていません。

ライトニング端子に差す変換ケーブルが付属しているのですが、頻繁に音楽などを聞くユーザーにとってはあるいは取り回しが面倒だったりするのかな?

一方おかげでスピーカーがステレオになったので、当然ですが音の聞こえ方がに臨場感ができて結果的には良変更でしょうかね。


画面が4インチから4.7インチになり、並べてみると結構大きさに違いがあります。

画面が大きくなったことで1画面に並ぶアイコンの数も増え、もちろん単純に大きいことで細かい字が見やすくなりました。

ただ、マンガアプリなどをストレスなく読むのは流石にまだ難しいかな?

胸ポケットに入れると今まではスッポリ入っていたのがちょっとだけはみ出るように…まぁそこは許容範囲でしょうか。


本体側面が角ばっていた「5s」と違って曲面になりましたが、速攻ケースを付けたので正直その感触は殆ど味わっていませんw


今回初めて経験する「3Dタッチ」機能ですが、正直まだその恩恵を感じられていません。

というか別にこれ無くてもいいんじゃない?っていうレベルです。


あと10月末に「おさいふケータイ」機能が解禁されるようですが、使わない可能性が大です。



以上、こんなところでしょうか。


気の早い話ですが、次の機種変更は…さすがに2年後かなぁ…。

「5s」の3年目はとにかくバッテリーに悩まされたので、あんな思いはもうたくさんかな…なんて。


ともあれ、これで私の「iPhone」ライフはさらに快適になりました!

慣れるまでまだ時間がかかりそうですが、新たな”相棒”との生活をじっくり楽しんでいきたいと思います。








posted by ラムネ at 01:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

アーケードアーカイブス ダライアス その4

「アーケードアーカイブス アトミックロボキッド」を購入したはいいものの、バグ発覚のためパッチがリリースされるという報告を受けて暫く寝かせておくことになり、



アーケードアーカイブス ダライアス



を再開しました。



10日に更新した「その3」以降も他ゲームの合間などにコツコツ遊んではいたのですが、目標達成にはなかなか至らず記事を起こせませんでした。

つまり「その4」を立ち上げたということは…そうです!目標を1つクリアできたのです!



■ ダライアス(EXTRA Ver.)

「ゾーンV」及び「ゾーンZ」はノーコンティニュークリアでき、残ったのは「ゾーンW/X/Y」の3ゾーンでしたが、昨日未明に久しぶりに遊んで…なんと「ゾーンX」をクリアできました!


●ゾーンX ( ルート:A-B-D-H-M-R-X )



スコア:9,343,980


鬼門はやはり「ゾーンM」でした…。レーザーでバンアレン帯の隕石群を進むのはかなり厳しいです。

これまでの挑戦ではほとんどこの「ゾーンM」で終わっていましたからね…。

ボスの”カジキ”をアーム0で耐え、その後の「ゾーンR」もボス”ハンマーヘッドシャーク”を倒した時点でやはりアームは無し…。

緊張の面持ちで挑んだ最終面「ゾーンX」、ウェーブの圧倒的破壊力とわりと豊富に出るアームのおかげでラスボス「オクトパス(タコ)」戦に突入でき、そのままたった2発の被弾であっさりと撃破できてしまいました。

事前に1UPの発生場所を調べていたおかげで残機5機でクリアでき、500万点獲得で言わずもがな現在の最高得点をマークできました。


アーケードアーカイブス ダライアス_20160930040535.jpg


さて、残ったのは「ゾーンW/Y」の2ゾーンとなりました。

「ゾーンW」はウェーブで行く以上、ミサイル進行でのみ可能なボス「グリーンコロナタス(タツノオトシゴ)」の頭部に張り付いての速攻撃破が使えないので、いわゆる「三日月避け」を駆使しての正攻法で挑まなければならないのが今から胃が痛いです。

一方「ゾーンY」は「ノーマルVer.」同様突入前にアームを全て剥いだ状態で挑む必要がありますが、ウェーブであればむしろ道中はミサイルよりもラクかもしれません。ボス「カトルフィッシュ(イカ)」も「ノーマルVer.」と同じく速攻上の2本の脚を倒した後ボム投下でいけそうですね。


というわけで、次は「ゾーンY」クリアを目指して頑張ってみます。

以前クリアした「ゾーンZ」と最終面以外は同じルートですので実績はあるのですが、結構ギリギリでの達成だったので果たして何度目のトライで達成できるのか…いや本当に達成できるのか…。


まぁ焦らずにじっくり挑んでみたいと思います。





posted by ラムネ at 00:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

アーケードアーカイブス アトミックロボキッド

昨日29日(木)に、「アーケードアーカイブス」第45弾



アーケードアーカイブス アトミックロボキッド



が配信されました。


お値段いつもの823円(税込み)!



アーケードアーカイブス アトミックロボキッド_20160930015457.jpg

↑タイトル画面



「アトミックロボキッド」は1988年に「UPL」から発売されたアクションシューティングゲームです。

アーケードアーカイブス アトミックロボキッド_20160930015528.jpg

↑ゲームタイトル


同社から先に発売された「忍者くん 阿修羅の章」のゲームシステムを踏襲しつつ、自キャラ「ロボキッド」を操って任意にスクロールしながら4つの武器を駆使し、時間内に特定のゲートに辿り着けば1ステージクリアとなります。

敵本体や地形には当たってもミスにならず、弾にさえ当たらなければよいのでそれだけ聞くと簡単なゲームなのかと思いきや、「ロボキッド」の大きすぎる本体とその見た目通りの当たり判定、出現即弾を撃ついやらしい敵の攻撃などのせいで結構難しかったりするんですよね。

極めつけは定期的に現れる「ロボキッド」と同スケールの敵ロボとの一騎打ちステージ…。

これがあまりにも運ゲーで、安定してクリアできないのが本当に困ります…。


アーケードアーカイブス アトミックロボキッド_20160929151127.jpg

↑ステージ間に時折表示される「ロボキッド」のアップ


4種類の武器はそれぞれ

・FIRE-U : 貫通力の高いショット
・3-WAY : 前方・斜め上・斜め下の3方向へショットを撃てる
・MISSILE : 8方向へミサイルが撃て、敵の弾を消せる
・5-WAY : 前方へ5つのショットが撃てる

となっており、普段は使い勝手のいい「3-WAY」で進み、狭い通路などでは「MISSLIE」、ボスなど固い敵に打ち込むには「FIRE-U」といった具合でしょうか。

「5-WAY」に関しては…正直使いどころがイマイチわかりませんw


「パワーUPクリスタル」は撃つたびに名称が変わり、欲しいところで取れば獲得となります。

なにも名前のない「ブルークリスタル」については、取るたびに右下のカウンターが増え、4つ集めると敵の弾を1回だけ防いで且つ高速移動が可能になる「バリア」となります。

つまり「バリア」は実質1UPみたいなものなので、4種類の武器を集め終わったらあとはひたすら「ブルークリスタル」を取っていくことになるのかなと。

途中遭遇するドラゴンのようなキャラに暫く触れると残機1機とアイテムを好感してくれる「ショップ」画面になるので、残機に余裕があるなら「バリア」に変換していけば道中も安心ですかね。


敵の弾に当たってやられると、その時に使っていた武器が無くなるシステムなので、ボス戦などで有効な武器が無くなると途端にピンチに陥ったりも…。

アーケードアーカイブス アトミックロボキッド_20160929152437.jpg

↑特定の場所を撃つと現れる隠しキャラの1つ「忍者くん」

他にも同社のキャラ「ミュータントナイト」が出てきたりもしますが、重なっても取ったりはできず、点数が入っているそぶりも無く(?)ただのお遊び?



● トロフィー

「アーケードアーカイブス」のトロフィーは基本簡単なものばかりですが、あえてハードルと言えば「スコア系」ですかね。

今回は「20万点」以上取れば全て獲得できるのですが、難易度的にはさほどではないと思います。



● ハイスコアモード

「トロフィー」を一通り獲得してからは、いつも通りこの「ハイスコアモード」で基本遊んでいます。

現在の私の得点は…

アーケードアーカイブス アトミックロボキッド_20160930020019.jpg

スコア:437,500 (5位)


1位がとんでもない数字でしかもキリが良すぎるのがとっても気になります…^^;

伏せてはいますが「アケアカ」常連さんのお名前なので、「まさか…違うよね?」と思いたいのですが、それにしても…。


ところで、昨日放送された「アーケードアーカイブス」の公式生放送で報告があったのですが、ある特定の操作をすると「キャラバンモード」のタイマーカウントが進まなくなるというバグが発見されたそうです。

近日中にアップデートにより修正パッチが当てられるとのことですが、その際ランキングをリセットするとの報告が併せてありました。

実はこの放送の存在をすっかり失念しており、かなり終盤になってようやく見始めたので事実とは異なるかもしれませんが、恐らく「ハイスコアモード」「キャラバンモード」どちらもリセットするのだと思います。

ですので上のスコアもパッチ修正と共に消えてしまうことになるでしょうね。

 ※「ハイスコアモード」は問題なければ残る…?


どちらにしろ消える可能性がある以上、特別ハイスコアにこだわっているわけではありませんが、今ムリに遊ぶ必要は無いかな?ということで、修正が入るまでは寝かせておくことにしました。


それにしても公式放送内できちんと問題点を露わにし、対応内容も明確にしてくれるハムスターさんの姿勢は立派だと思います。

こういう企業体制だとユーザーも安心してソフト購入できるというものですね。







PS:

28日(水)に放送された、PS関連ソフトを紹介するネット番組「プレキャス」内で、「アーケードアーカイブス」のハムスターさんから新たなシリーズ展開が発表されました。

aang_001.png

その名も


アケアカNEOGEO


SNKが90年代にアーケード向けにリリースを始めた「NEOGEO」筐体で遊べた数々のゲームが、PS4向けに順次リリースされていくとのことです。

当時「NEOGEO」といえば「100メガショック!」でお馴染みの高スペックハードで、一般ユーザー向けにもハード及びソフトが販売されましたが、カートリッジが1本3万円以上というお金持ちの子供でもない限り手が届かない代物でした…。

 ※確かレンタルのシステムもあったと思います。

その後登場した「NEOGEOCD」は、ソフトこそCD-ROM媒体となり安価になりましたが、その分読み込みにドえらい時間がかかるという致命的な弱点が…。

今でもYouTubeなどではその長すぎるローディング画面がネタとしてアップされているので気になる方はご覧くださいw


さて、電撃の発表と共になんと年内に発売予定の対応ソフトが5本も発表されるというこれまた衝撃の展開が!

そのラインナップは…

aang_002.png

● ザ・キング・オブ・ファイターズ'94
● メタルスラッグ
● サムライスピリッツ
● ASOU 〜ラストガーディアン〜
● 餓狼伝説 〜宿命の戦い〜

以上となります。


「NEOGEO」が全盛だった頃は丁度格闘ゲームが流行っていたこともあって、3本も格ゲーが入っていますね。

「アケアカ」のシリーズですからあくまでもベタ移植ですので、当然ながらネット対戦などには一切対応しておりません。

 ※シェア機能を使えば一応ネットでの対戦はできるようですが、ラグは発生してしまうようです。


私的の話をすれば、「NEOGEO」全盛期はゲームセンターに通う習慣が薄れてきた頃なので、正直思い入れのあるソフトがほぼありません。

敢えて挙げるとすれば「餓狼伝説スペシャル」なのですが、実はSFC版しか遊んだことが無く、「NEOGEO」版がオリジナルだということはだいぶ後になって知りましたw

横スクロールSTG「ラストリゾート」が傑作らしいので、もしリリースされることがあったら遊んでみたいですね。


因みにお値段は「アケアカ」シリーズらしく823円(税込み)で統一のようです。

なお、従来の「アーケードアーカイブス」シリーズとは別チームが移植作業をするらしく、並行でリリースしていくとのことですので、「アケアカNEOGEO」のせいで従来シリーズが遅れたりすることは無いとのことです。

ともあれこうして「アケアカ」シリーズが二枚看板になり、更に層が厚くなったことで、今後の展開により一層期待させられますね!



posted by ラムネ at 21:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後のゲーム予定まとめ - 2016年 10月〜12月 -

2016年も残りあと3か月ですか…あぁ早い…

てなわけで、3か月ごとの恒例記事「今後のゲーム予定まとめ」に早速参りましょう!


赤字は予約(購入)済み



【10月】



13日
ライズ オブ ザ トゥームレイダー (PS4)

昨年「XboxOne」専用ソフトとして発売された同タイトルが、時限独占を終えたことで「完全版」としてPS4にて発売される。
後発の強みを活かし、本編に加えて全DLCが最初から入っており、更に同日発売の「PSVR」対応コンテンツや「Co-opモード」の追加など、盛り沢山の内容が1パッケージに収まったタイトルとなっている。
前作「トゥームレイダー」は中古購入したが、結構楽しめたので今作も楽しみである。



【11月】



なし



【12月】



1日
グラビティデイズ2 (PS4)

先日「PS Plus」会員向けに無料配信された前作を遊んでみて、そのあまりの面白さに勢いのままクリアし予約を済ませてしまった。
重力を操って空間を自由に移動するという独自のシステムがかなりの爽快感で、緩いストーリーとのギャップも楽しく、体験版で配信された「2」もその世界観はきちんと踏襲されていることがわかって発売日が今からとても楽しみである。
問題はかなり「酔いやすい」という面か…これまで遊んできた3Dアクションと比較にならないくらい酔うので、長時間プレイは難しい…。
その分長く楽しめるとポジティブに考えることにしよう。


15日
バトルガレッガ Rev.2016 (PS4)

アーケードゲームの移植を数多く手がける「M2」が、独自ブランド「M2 Shot Triggers」を立ち上げてPS4に参入し、その第一弾として「バトルガレッガ」をリリースする。
3,800円という移植ものにしてはやや高いと感じる価格設定だが、先日放送された「ガレッガナイト」をYouTubeで鑑賞してその理由も頷けた。
画面中央にゲーム画面があり、その左右の余白にはゲーム中こまめに変動するゲームランクが折れ線グラフで視認できたり、仕込んでいるフォーメーションや次に出る勲章、現在流れているBGMの曲名など、とにかく豊富すぎる裏情報が1画面内に全て表示されるというかなりこだわりの一品なのである。
「アーケードアーカイブス」の完全ベタ移植とはあまりにも対照的な移植内容で、ここまでの作り込みならば購入してもいいかもと思わせる…決定ではないが。



以上ですね。



今回は3本も候補があり、夏のゲーム日照りに比べれば豊作です。

12月は実は6日に「人喰いの大鷲トリコ」も出るのですが、さすがに「グラビティデイズ2」と近すぎるので泣く泣くスルー…。

以前の発売予定日である10月25日に出ていれば、発売日バランスもよく最高だったのですがねぇ…。




では最後に2017年1月以降に発売予定及び発売日未定のソフトで気になっているものを並べておきます。


PS4

・アーケードアーカイブス ニンジャウォーリアーズ (2016年 秋)
・NieR:Automata (2月23日)
・Horizon Zero Dawn (3月2日)
・スーパーロボット大戦V (2017年)
・グランブルーファンタジー Project Re:LINK (2018年)
・シェンムー3 (未定)
・ファイナルファンタジー7 リメイク (未定)
・アーケードアーカイブス「ダライアスシリーズ」(仮) (未定)
・アーケードアーカイブス サンダークロス (未定)
・ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて (未定)
・Bloodstained: Ritual of the Night (未定)
・Spider-Man (国内未定)

WiiU

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (2017年)

PSVITA

・真・女神転生シリーズ (未定)

Xbox One

・SCALE BOUND (2017年)



まず「東京ゲームショー」で発表された、「グランブルーファンタジー Project Re:LINK」を追加しました。


更に、先日発表された「アーケードアーカイブス」の今後の予定から「サンダークロス」をピックアップ。

29日に配信されて現在プレイ中の「アトミックロボキッド」は発表されたラインナップの一番上だったので、発表順に出るとすれば「サンダークロス」は一番最後かな?


「アーケードアーカイブス」と言えば新たに「アケアカNEOGEO」ブランドが電撃発表され、過去に「NEOGEO」でリリースされたソフトが順次発売されるようですね。既に5本のラインナップが発表済みです。

詳細は追って「アトミックロボキッド」記事のついでにでも書こうと思いますが、とりあえず今回の「気になるソフト」に1本も加えていないということは…まぁそういうことですw



 


posted by ラムネ at 01:25| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。