2011年06月10日

「E3 2011」を振り返って

6月7日〜9日の3日間、アメリカノロサンゼルスで開催された

E3 2011

ですが、正直海外のゲームショーということであまり注目はしていなかったものの、新たなハードの発表などもあり結構盛り上がっていたようなので、私もそんな流れに今更ながら乗っかってみようかなとこんな記事を立ち上げてみたりw

普段は固有のゲーム記事が殆どなので、たまにはこういうのもいいかな?なんてw


では早速。


■マイクロソフト

ハード関係で見ると、あくまで「Xbox360」および周辺機器「キネクト」を軸に展開していくということは今までどおりのようで。

「キネクト」に取り付けると独自の「魚眼レンズ」により、これまで遊ぶために広い部屋が必要だったのが、若干狭い部屋でも認識して遊べるようになる「Zoom for キネクト」が出るらしいですね。

これはまさに「キネクト」が振るわない日本国内には朗報!?

ただね、マンション暮らしで上階に住んでいる私には依然微妙な周辺機器であることには変わりませんw


一方ソフト面ですが、「Xbox360」のダッシュボードから視聴できるE3特集を見た限りですが

「キネクト」専用ソフトと「酔うゲー」ばかり…

 ※酔うゲー:言わずと知れた?3D酔い体質の私が遊べないFPS/TPS系ゲームのことw


期待していた「レイディアントシルバーガン」の配信予定日などは一切発表なしw


プロジェクトドラコ(仮)はどうなった?w


はい、次いってみよーw



■ソニー

以前から噂になっていた新携帯ゲーム機

PS VITA

が正式に発表されましたね。


現行の「PSP−3000」を更に進化させたようなその作りは、左右のアナログスティックや背面のタッチパネルなど、いかにもゲーム機!という感じで3DSより好みです。

 ※「PSP GO」とは何だったのかw

画面にもタッチ機能が追加されたそうで、こうなると私が現在使っているPSP全面を覆うようなケースが使えない!買っても傷が付くのが怖い!ってのがマイナス要因かな?w

あと、UMDが廃止されたので、当然これまで買ったPSPソフトは使えない…

 ※PSP用のDLソフトをネットストアで購入すれば遊べたりするんだろうか?今閉まってるけどw

Wi-Fiのみ対応のタイプと3Gにも対応した上位版の2種類が出るそうで、3G搭載版は果たして月額料金などどうなるのか…?

 ※現在メーカーはダンマリを通しているようですが、まさか無料ってことは無いだろうし…。


しかしここまで携帯機が高性能化しちゃったら、「PS3」とのすみ分けをどう考えているんでしょうかねぇソニーさんは。

既にPSPのソフトをHDリマスター化してPS3で遊べるという展開を発表済みですが、アレも個人的には「結果的にPS3の寿命を縮めることにならないか?」なんて勝手な心配をしたりしてますw


あと、あるんですかね?「PS4」w



■任天堂

「Wii」の後継機である新型据え置き機

Wii U

が発表されました。


これも予てからの噂どおり、中央にデカい液晶画面が付いたタブレットPCのようなコントローラが特徴。

これが複数あれば、4人打ち麻雀が快適に遊べますね!…くらいしか思いつかないw

任天堂によれば、あくまで従来の「リモコン」を複数使い、新コントローラーは1台で十分なゲーム作りを想定しているそうですから、麻雀の発想は「無い」ってことでいいのかな?w

なんかゴルフゲームで新コントロラーを床に置き、リモコンをクラブとして使って、パット打ちの際下の画面で芝目を、正面のテレビ画面でカップをそれぞれ表示して、今まで以上にリアルな状況を作り出せる…みたいなこと言ってましたっけ。

新コントローラーの画面は当然のようにタッチペンでの操作は可能なので、結局のところ

「3DS」とのマルチ展開を想定しているだけなんじゃないか?

なんて思ったりw

カラオケのリモコンみたいな使い方もできるよね?なんて発言があったりもしたそうなので

「カラオケJOYSOUND Wii U」出ちゃう?出たらまた買っちゃう?w


一方本体は「Wii」より地味で、これといった特徴は無しw

当然のようにHDに対応で、これで三社全ての据え置き機がHD機となりました。

 ※とはいえ、Xbox360やPS3ほどの高グラフィックではなさそう?

媒体は現行「Wii」の3倍ほどの容量を持ち、BDに近い構造?

 ※だからといってBDが視聴できるわけではないでしょうが。

現行「Wii」と互換性があるようなので、ソフトが揃わない間も暫くはネタに困らないのは強みですかね?


あと気になるのは「Wii」で私を閉口させた「ネット周りの貧弱さ」。

いちいちゲーム固有のフレンドコードを交換し合わないと知合いとネットで遊べないなんて時代錯誤もはなはだしいシステムをまさか今後も使わないよね?

噂では、Xbox360のIDタグに近いネットシステムを用意するとかしないとか…

 ※いい加減このあたりちゃんとしないとね。


他には、どうせなら「実績」みたいな機能付けちゃえば?というところ。

付けるならPS3みたいな中途半端なことをせずに最初から付けないとね。

 ※ただ、以前どこかで任天堂は「実績」システムを否定していたような…?


「3DS」の不信の中発表された「Wii U」ですが、果たして「Wii」で失ったコアユーザー層を取り戻すことができるのか…?

こうご期待、といったところでしょうかw



というわけで、ちょっと疲れてきたのでwこのあたりで締めとしましょう。

新ハード2機種が新たに発表されたわけですが、とにもかくにもソフト次第ですよ。

時代は変わろうともそれだけは不変です。

ローンチタイトルはいくつか発表されていますが、正直どれも私の購買欲をかきたてるものではありませんでした。

今後の動向次第ですね〜


しかし、ここまでHD機が揃ってくると開発力の乏しい中小ソフトメーカーさんは今後ますますしんどいことになりそうですね…

完全分業制で効率よく開発する海外勢がますます元気になりそうな…

基本国内ゲーム(および国内メーカーが開発のみ海外に委託するソフト)を遊ぶ私としては、そのうち遊べるソフトがゼロになりそうで悲しい…

そうなったら今度こそ「ゲームからの卒業」?


まぁいつ卒業してもおかしくない歳ではあるのでw、そのあたりの引き際はキレイなものにしたいですねw
posted by ラムネ at 20:58| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

液晶モニターを購入しました

アマゾンでチェックしていた



iiyama PLB2409HDS-B1

のまさかの売切れに愕然とし、「価格.com」などで他のショッピングサイトを検索して同じ売値のショップを見つけるものの、あまり方々に個人情報を登録したくないしなぁ〜なんてジレンマもありながら暫く経過したとある夜…


お!アマゾンの在庫が復活してる!!


もう迷わない!ポチッ!


買ってしまいました〜^^


そして届いたのが今日日曜日。

早速開封。

う〜む、やはり結構デカいな。


先に今までデスクトップPCで使っていた「19インチ(4:3)ディスプレイ」は既に片していましたので、届いたばかりのモニター本体に足を取り付け、空いていたPCラックに設置。

ディスプレイプロパティで解像度を1920×1080に設定すると…


おお〜!これは広い!!


購入前にちょっと気になってた「ドット欠け」は見当たりませんね。


高さは19インチのものとほぼ同じですが、幅が2倍くらいに広がって作業スペースが一気に広がりました!

アマゾンのユーザーレビューによく書かれていた「白っぽい」というのは確かに感じました。

いや、それもそのはず…出荷時の状態は「輝度」が最大(100)なのですから…w

設定をあれこれ弄って好みの画質に設定してと…


う〜ん、これはいい!!


更に、PLB2409HDS-B1はスピーカー内臓なので、今まで使っていたPC用の小さなスピーカーも廃止。

PC周りがとってもスッキリしましたね〜!

音質に関しては、そもそもPCとして使う際には全く重要視していないので、鳴ればOKですw



さぁ〜て!次は本命の…


Xbox360との接続を試してみますよ!!


液晶TVの裏からXbox360に伸びるHDMIケーブルを抜き、テーブルの上に設置したPLB2409HDS-B1のHDMIポートに接続。

以上w

ついでにリアルアーケードProも繋いでっと。


よし、Xbox360の電源をON!!


PC001.jpg


お〜!映った! いや当たり前ですけどw


HDMI端子があるおかげでわざわざXbox360用の「VGA HDケーブル」を買う必要が無いのが大きいですね。


そして、まだここで終わりじゃありません…

このPCを購入するに至った大本命の「ピボット機能」を試さないわけにはいかない!!

使用したのは「ライデンファイターズエイシズ(RFA)」


ゲームを起動し、オプション画面で画面を90度傾ける設定をして、画面を時計回りにクルッと…


PC002.jpg


うおおおおおお〜!これは迫力〜〜!!


気分はまさにゲームセンター!!


 ※さすがにちょっと言い過ぎかw


ではいざプレイ!

画面が大きい上に縦画面にしたことで上部がかなり高めになってしまいますが、実際遊ぶときはフル画面ではなく上下に余白ができる形になるので、実際には気持ち高めかな?という感じ。


しかしこの没入感はちょっとスゴい!!


これまで液晶テレビに映したゲーム画面を遠目で眺めながら小さい敵弾を必死に避けていたのが、ゲームセンターの筐体よろしく間近で追えるので、確実に遊びやすいですね!

それに伴って集中力も高まります。


ただ、長時間遊ぶとさすがに目が疲れる…

調子に乗って2時間くらい遊んじゃったのが悪いんですがw

画面の輝度を更に下げて暗めにすれば解消するのではと思います。


あと、液晶テレビを使ったゲームプレイで気になる「遅延」「残像」のたぐいですが、結論から言えば


全くといっていいほど感じません!


液晶テレビ「ビエラ」でのプレイも全く感じないので、むしろ「どういうのが遅延?残像?」と逆に体験してみたいくらいですw


BGMに関してはHDMIで供給されるので別途AVケーブルを繋ぐ必要はありませんが、やはり音質はイマイチなので、液晶テレビの台を兼ねている「3.1ch スピーカー」から流して遊んでいました。

大音量にすると迫力ですよ!


ただ、その際PCスピーカーからの出力はゼロにしたいのですが、液晶モニター自体に「ミュート」機能なんてものは無いので、ボリュームの「-」ボタン長押しで音量を「0」にするしかないのがちょっと面倒w

ちなみに夜中など大きな音を出せないときは、モニターにヘッドフォン端子が備わっているので、それを使えば静かに遊べます。

 ※いやそれ以前に「サラウンドヘッドフォン」を使えば済む話なんですけどねw


というわけで、その後は

「雷電4」
「オトメディウスG」
「スーパーストリートファイター4」

など色んなソフトをとっかえひっかえ遊んで気づいたらかなり時間が経過していましたw



結論:いい買い物をしました〜!!



最後に、ちょっと気になることと、更なる要望を記しておくと…


1.液晶テレビと液晶モニターの切り替えの際ケーブルの抜き差しが面倒。

 ※ 結局抜き差しすることにはなるのですが、多少便利になるように追加備品を注文中です。

2.アップスキャンコンバーター欲しいな。PSPやWiiを液晶モニターで遊んでみたい。

 ※ 更なる欲求が…色々調べて究極のアプコンを見つけたのですが、いかんせん値段が高いw

3.PCラックの天板が低いので、ラックに設置した状態だとピボットが使えない。

 ※ どうしようもなし!w ピボットは死んじゃうけど、まぁわざわざPCラック買い換えるほどのことでもないっしょw



ともあれ、これで私のゲームライフがますますパワーアップしたことは間違いありません!^^


posted by ラムネ at 22:51| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

スーパーロボット大戦D その3

3月17日から他ゲームも遊びながらコツコツと進めていた

スーパーロボット大戦D

の…

1周目をクリアしました!


クリアまでに要した日数は約2週間。結構いいペースではないでしょうかね。


このゲーム、最終話は37話とこれまでプレイした「L」や「W」と比べて短めですが、実はそこに大きな落とし穴が…

というのも、話数はあくまで"1"なんですが、それが「前編」「後編」と2つに分かれている話が結構多いんです!

ルートによってまちまちですが、後半になるにつれてそれは顕著に多くなり、私がクリアした1周目において改めて「ステージ数」として数えてみると…

その数なんと50ステージ!!

「L」がプロローグ2+41話の計43話でしたから、それを上回るステージ数です!


なんか騙された気分^_^;


いや、恐ろしいのはココからです…

前・後編に分かれている話について、後編でゲームオーバーになると…


なんと!前編からのやり直しになるんです!!!


つまり、前編と後編の間にはインターミッションが無い!!!


後半の話になるにつれて敵が援護攻撃・援護防御・コンボなんかを使い出してきてとにかく厄介なのですが、そんな中ステージの敗北条件に「○○ターン以内に…」なんて条件がヒッソリと仕込まれていて、それを知らずに進めていて突然ガメオベラ!なんてことが2度ほどありました(^_^;)

「L」や「W」ではステージ開始時に勝利&敗北条件が表示され、それから戦闘がスタートするのですが、「Dにはそんな親切設計は一切ありません!

最初に条件を見るクセをつけるようにしようとは思っていても、ついつい忘れていて突然画面が白黒(GAME OVER)になったときのショックときたら…しかもそれが後編だったら…

うが〜!また前編からやり直しかよ!!

とまぁ、なるわけでございますねw


改めて過去作品であるということを再認識させてくれる瞬間でもありますね…w



さて、後半はフル改造を行ったユニットも徐々に増え、最終的には

・ガーランド(→プロトガーランド)【省吾】
・Hi-νガンダム【アムロ】
・ナイチンゲール【シャア】
・V2アサルトバスターガンダム【ウッソ】
・νガンダムHWS【カミーユ】
・サザビー【ジュドー】

という、ガーランド以外は全てMSという構成w

 ※ZZガンダムは折角フルアーマーZZフラグを成立させたのに、結局ほぼ使用せずw


とりわけV2アサルトバスターガンダムは遠近どちらにも対応でき、また「ハロ」というサブパイロットのおかげで精神コマンドも豊富で「ガーランド」の次に使えるMSでした。

正直素のV2ガンダムの状態だと「襟から長い棒が2本突き出たかっちょ悪いMS」という印象しかなかったのですが、換装可能になってからは評価が180度変わりましたw


プラモで出たら欲しいかも…でもやっぱりカラーリングがイマイチ好みじゃないのでオリジナルカラーで塗ってあげたいw


上記6ユニットと補給&修理が可能なサブユニットとして「ホワイトアーク(Vガンダムより)」「VF-17T改ナイトメア(マクロス7より)」を、更に歌エネルギーでステータスアップをシナリオ中無限に付与可能な「バサラ」と「ミレーヌ」のサウンドフォース勢が居ればもうカンペキw

「ガーランド」を除く5ユニットはエネルギー使用率が高いですからねぇ〜


こんな構成で中盤から後半にかけてはホイホイとクリアしていったのですが、途中予想だにしなかった展開が待っていました…

敵の大型兵器「エンジェルハイロウ」により、ニュータイプパイロットが出撃不能に!


「ガーランド」しか残ってねぇ〜!!


そのステージだけはほぼ単機でヒーヒー言いながらクリアしたことを今でも覚えていますw



しかし、トータル的に一番難しかったのは第36話の後編ですねぇ…

ここは、遺跡の中に突入した後、手ごわい雑魚敵が複数で守る4つの拠点を順に破壊するというものですが、「主人公機」のみ可能という…

「主人公機」なんてろくすっぽ育ててないので、敵の群れなんかに入れようものなら瞬時に破壊されます…

更に、このステージにも悪夢の「○○ターン以内に次の拠点を破壊する」なんていうイヤ〜な条件があるんですよ…


そして、後編ということは…あとはもうおわかりですね?


36話だけで4回くらいトライしたかなぁ…ここだけの話ちょっと攻略本の力を借りましたよ…屈辱ですけどね!!w



そして昨日から今日にかけて、最後に残った37話前・後編をクリアしたわけですが、36話に比べればなんてことないステージで拍子抜けでしたw

ただ、後編のマップ中央に腰を据えた中ボスクラスの敵がやっかいでした。

コイツら(2匹)は、HPを削られて残りが30%になると無条件で全快しやがるんです…

更に削っている途中でも1ターン終了ごとに微量に回復するし…

これまでも回復アイテムを使って全快する敵は居ましたが、保持したリペアパーツを使っての行動なので、大抵1回で終わるんですよ…

なのにコイツらはそんなのお構い無しに回復するする…

30%にギリギリ届かない辺りまでHPを削り、その後は精神コマンド+仲間の援護攻撃を使ってなんとか倒せるかな、というところで簡易セーブ。

以後攻撃を試して失敗したらリセットしての繰り返し…それでも上手くいかないようなら、援護の組み合わせを変えたりして何度もトライ…

2匹倒す時間だけで前・後編の半分くらいは使っているかもしれない…

こういう敵はただただストレスなだけなので、ほんとやめて欲しいですよええ…


一方、その後迎えたラスボス戦は、一度倒したら全快しますが、それを倒せばはいエンディング…

中ボスのイライラに比べたら可愛いものですw



というわけで、早速2周目をプレイ開始しましたが、

・主人公は女性
・機体はリアル系

とし、1周目で選ばなかったルートを辿ることになります。


2周目では1周目で仲間にできなかった「キュベレイ」が使えるので楽しみです!

こいつの条件が「アムロ」「シャア」「カミーユ」「ジュドー」の撃墜数を計400機という、えげつないものなのですw

こんなの1周目じゃムリだよw

幸い「D」は撃墜数を引き継ぐ仕様なので、2周目なら余裕です。というか既に条件クリアしてたりしますw


上で書いた「ニュータイプトラップ」は選択ルートで、今回は選択しない形になるので安心して育てられますねw

「ハマーン」様はゲーム中最強に近いスキルをお持ちのようなので、最前線で頑張ってもらえそうですw


最後に、自身初の「1画面スパロボ」だったわけですが、慣れてしまえばなんてことはありませんね。

これでPSPの「第2次スパロボZ」への心配はなくなりました。

DSLで遊ぶGBAの極小画面と違って画面も大きいし、TVに映せば据え置き感覚で遊べますしね。


さて、果たしてその発売日である14日までに「D」の2周目が無事終えられるのでしょうか…w
posted by ラムネ at 11:12| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

今後のゲーム予定まとめ -2011年 4〜6月-

2011年が始まって早くも3ヶ月が過ぎようとしております…

月日の経つのがほんと早いわぁ…歳のせいもあるでしょうけど^^;

では、3ヵ月ごとのお馴染み?今後の予定をまとめてみましょうかね。

赤字は予約済み


【4月】


14日
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(PSP)

 ※「しょうっぺ」氏に背中を押されて購入したDSの「スパロボL」にドップリとハマってしまい、以後「W」「D」と過去シリーズを買いまわるほどすっかり魅力の虜になってしまった「スパロボ」シリーズの最新作。参戦作品も過去最多らしく、「オーガス」や「ボトムズ」など懐かしいアニメのロボで戦えることが今から楽しみで仕方ない。普段なら迷い無く通常版を選ぶところだが、500円ほどの違いで前作のダイジェスト本+ケースが付いているということで珍しくスペシャルボックスを選択。無事受取れればいいがw。ちなみにPSPの新作購入は実に1年3ヶ月ぶり(「ダライアスバースト」以来)である。

21日
オトメディウスX(Xbox360)

 ※本当なら今頃遊び倒しているはずなのだが…いや、もういい加減しつこいのでやめておこう。さすがに今回は大丈夫だろう…いや、現物を手にするまで安心はできないが…。


【5月】


26日
赤い刀 真(Xbox360)

 ※「デススマイルズ」シリーズに端を発し、ニガテな弾幕系シューティングでも横スクロールなら楽しめるということで、アーケード版発売当初からチェックしていた作品。近くのゲームセンターに入荷されなかったのでまだ一度もプレイしたことは無いが、PVを見た限り「デススマイルズ」と雰囲気が似ているので、恐らく楽しめるのではないかと。体験版の配信があればありがたい。


【6月】


無し


【春予定】


?日
オメガファイブ(仮)(3DS)

 ※タイトル以外情報がさっぱりなのだが、一応…。Xbox360のXBLAで配信された同名ソフトの移植と想像しているのだが、移動は左アナログパッドで可能として、攻撃はどうするんだろう…?タッチパネルだったら却下。いや、それ以前に本体と同時購入するほどの魅力を感じているかといえば…?。



う〜む、相変わらず少ない…

まぁいつも通りなのですっかり慣れましたw


ファミ通の全機種スケジュールを見ていると、発売タイトルは相変わらず多いので、単に私の趣味趣向にそぐうソフトが極端に少ないだけでしょうけどね。



※※ おまけ ※※

夏以降に発売予定のソフトで気になっているものを並べておきます。

・マックスアナーキー(Xbox360)
・ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
・レイディアントシルバーガン(Xbox360 XBLA)
・ギャラガレギオンズDX(Xbox360 XBLA)
・DmC デビルメイクライ(Xbox360)
・ストリートファイター クロス 鉄拳(Xbox360)

ざっとこんなところかな?Xbox360率高すぎるw


   
posted by ラムネ at 19:43| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

液晶モニターを見に行ってきました

昨日の日曜日、幸いお昼過ぎに起きることができたのでw、昼飯を食べ、洗濯をし、部屋の掃除をして…よ〜し!思い立ったが吉日!

ということで、日本橋の電気街へチェックした液晶モニター



iiyama PLB2409HDS-B1

の現物を一目見ようと行って参りました。


まずは昔自作PCを作ったときに大変お世話になった「ツクモ」へ…

そういや以前民事再生の申請したってニュース読んだ記憶が…今どうなってるんだろ?


って…あれ?

…無い!

ツクモが無い!!


ドスパラに変わってる!潰れたのか!?

 ※帰宅後調べたら他店舗およびネットでは今でも元気にご商売されているようで。ホッとしましたw


気を取り直してその「ドスパラ」へ。


2階の液晶モニターコーナーへ行くと、所狭しとモニターが置かれていますね〜

三菱・LG・Acer・サムスン…


イイヤマが無い!


棚に大小30台ほど並んでいるモニター群の中にまさか一つも無いなんて…

一方圧倒的に数多く置かれていたのがLG製のもの。


液晶モニター界もすっかりアジア勢に押されちゃってる感じですなぁ…


気を取り直して別の店へ…

無い。

あっちはどうだ!?

無い。

じゃあこっちは…?

無い!!


どこにも無い!!!


イイヤマどうしちゃったんだ〜?


結局数店舗見回って、現物はおろかイイヤマ製のモニター自体一つも発見できませんでしたとさ…

 ※震災の影響により、展示モニターを「節電」と称して電源を切った状態にしている店が少なくありませんでした。正直関西では意味が無いですけど、イメージ的に「協力してる」風にしたほうが要らぬ誤解を受けず、且つ好印象に映りますからね^^;


というわけですっかり空振りに終わったモニター探しの旅もここで終了。

ただ、23〜24インチの液晶ワイドモニターが思いの外大きいことが実感できました。


ゲームをする際はテーブルの上に置いて使うとして、普段使わないときに結構ジャマになりそう…

でも、調べた限りでは22インチ以下だとピボットが付いたものが無いんですよね〜


なんて考えつつ帰宅。


そこで目に入ってきた、現在使用している4:3サイズのPC用液晶モニター…


これと取替えちゃうかな。


調べると、現在使用しているグラフィックボード「GeFOrce 7950GT」はフルHD(1920×1080)の表示が可能なようなので、設定を変えるだけで使えそうです。

サイズ的にも現在のPCラックでも置けそうですしね。


とかなんとか考えつつ、PCを立ち上げて…

アマゾンの当該商品を確認して愕然としました…


う、売り切れてる!!


昨夜記事にしたときには6台あったのに…がび〜ん!!


やっぱり、チュートリアル徳井氏の教えをすぐに実行すべきだった…



カイタイトキガ〜カイカエドキ〜〜!!



PS:

で、折角電気街に来たことだし、アレ買って帰るか。



Xbox360本体に付属していた無線コントローラーがそろそろ怪しくなってきたので、いつか新調したいと思っていたんですよね。

例えば「オトメディウスG」を遊んでいて、左スティックで自機を操作したとき、左に移動させたときに手を離しているのに更にツ〜ッと動いちゃうことがあるんですよ…

それで後ろの障害物にぶつかったて死んだりしたらもうイライラw

これはそろそろ買い替え時かなと。


折角なら黒が欲しいのでアマゾンで検索すると、なぜか値引率が低い…

これなら店頭で買ったほうが安いんじゃない?とソフマップに行ったら、案の定安い!

そのまま買ってきました〜!


なんか「しいたけ」ボタンが鏡面になってたり、操作性が最悪だった十字キーもなんだか改善されてるっぽい?

これで「オトメディウスX」が来ても大丈夫!

 ※いや、本命はスティックで遊ぶことなんですけどねw



PS2:

先週「スーパーストリートファイター4 AE」で「殺意の波動に目覚めたリュウ」が配信されたということで、ゲームセンター「アビオン」に久しぶりに行ってみました。

なんか8台(4台×2列)あるうち、端っこの対面2台が「初心者用」になってます。

「初心者」ってどういう括りなんだろ…?BPが1万以下とか、そんな感じ?まぁ遊ばないから関係ないですけどw


さて肝心の「殺意リュウ」ですが、ぶっちゃけ海外の解放動画で既に見ているので新鮮さは今ひとつw

でも実機では初見なので、技とかをチェックしてみます。

灼熱波動拳が使えたり、SCが瞬獄殺だったり、ワープが使えたりとゴウキっぽいリュウという感じですね。

他にはヨガフレイムキックで大股開きのようなモーションで浴びせ蹴りをする技があったりしました。


UCは一つはお馴染み「滅・波動拳」、もう一つは名前忘れましたがケンの「昇竜裂波」みたいなモーションのあと、背景の暗闇?を手のひらに吸収してそれを相手に叩きつけるという感じのハデな技でした。


これは家庭用に配信されたらちょっと使ってみたいな。

今からゴウキの練習をしておくかw
posted by ラムネ at 00:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

液晶モニターをあれこれ調べています

Xbox360の「ライデンファイターズエイシズ(RFA)」を遊んでいて唐突に思い立ったこと。


縦画面にできる液晶モニターが欲しいな…


現在「RFA」は37インチの液晶テレビの中央に表示する形で遊んでいますが、座椅子に座りながらだとやや高めの位置にあり、机に置いたスティックを操作しながら画面を凝視し弾を避けて…を続けていると、

首が痛い…

また、画面との距離が遠いので、ゲームセンター感覚の没入感はさすがに乏しい


そんなこんなで、なんだか無性にゲーム専用の液晶モニターが欲しくなってきました。


というわけであれこれ調べているのですが、最近安くなってますねぇ〜

2万も出せばそこそこのモニターが買えちゃう時代なんですね。


とりあえず、検討にあたりチェックしている項目は


1.画面サイズ

 24インチが限界かな?と。これ以上になると逆に大きすぎて目が追えないんじゃないかと思いますしw

2.ピボット機能

 画面を90度回して縦長に出来る機能なのですが、動機が動機だけにこれは外せません!。とはいえ、備わっている機種は意外に多くない…。

3.入力系統

 HDMIが備わっているとケーブルの繋ぎ換えだけで遊べるからラクかな?なんてw

4.応答速度

 遅延や残像が無いに越したことはありませんしね。仕様を見ると5msというのが殆どのようですが、正直よくわからない…

5.価格

 3万以内に収まればいいかな〜?



正直まだ調べ始めたばかりでよくわかりませんが、ネットであれこれと調査した結果、これなんかいいんじゃないか?なんて。



23.6インチ・ピボットあり・HDMIを含めて入力3系統・応答2〜5ms・2万を切る価格


なんか安すぎて逆に怖い?w


とりあえず、現物がちょっと見てみたいので今日にでも電気街に行ってこようかな?

起きられたらw


PCショップに行くのって何年ぶりだろ…?

PC自作してたころは「ツクモ」に結構通ってたりしたんですけどね〜




ま、液晶モニターについて調べている間に言うのもなんですが、なんだかんだで結局買わない可能性は極大ですw
posted by ラムネ at 00:40| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

スーパーロボット大戦D その2

スーパーロボット大戦D』をコツコツと遊んで10日ほどが経過しました。

現在25話まで到達。

全部で何話あるのかは知りませんが(あえて攻略本は見てませんw)、まぁ少なくとも半分くらいは到達している…かな?


さてここまでの経緯として…


大本命の「ガーランド」が登場!

「背中ごしにセンチメンタル」というタイトルを見て「キター!」と。

ライバルB.D.を撃破!そのまま仲間に… ってエ〜ッ!?


他アニメとの絡みはどうなるのかと、その後の展開を期待したら…

「スパロボ補正」でお馴染み「並行世界」展開!

つまり、アムロやカミーユがいる宇宙とは別次元の宇宙で、地球へ帰還していたMZ23は月の防衛システム「アダム」の攻撃を受け、その衝撃と他宇宙で開けられたブラックホールが同調したことで、次元を超えて別宇宙へ…そのままその宇宙にある月へ不時着した…という展開。

その後省吾と由唯、B.D.は我が身に起こったことに戸惑いつつも、辿り着いた「もうひとつの地球」で行われている戦争行為を無視することはできず、主人公たち「ブルー・スウェア」に自然と参加する形になったのでありました。

以上、「メガゾーン23」編 完


これだけ?

たった1話で終わってしまうとは…

Part.1・2で最低でも2話はあるだろうと思ってたのになぁ。


まぁいいや。気を取り直して…

ここまで最低限の改造をした以外殆ど貯蓄に回していたありったけの資金を「ガーランド」に投入!

フル改造ボーナスとして「武器」「ユニット」全てにおいて効果「S」になるよう選択。


加えて「ガーランド」の優れているところは、強化パーツスロットが最高の「4」あること。

「射程+2」「弾数1.5倍」などをセットして、更にパワーアップ!


パイロットの「省吾」にはスキルパーツとして「格闘+2」や「カウンター」などをセット。


資金はスッカラカンになりましたが、ここまで費やした効果は…絶大でした!


元々サイズ「SS」と最小であるが故、回避能力の高い「ガーランド」ですが、改造によってそれが更に向上。

敵の群れに単騎で放っても、精神コマンド未使用でも敵の攻撃をヒョイヒョイと回避します。

更に「格闘」なら無限に、「レーザーオーブガン」も弾数30発とそこそこ豊富なので、EN消費が移動以外ゼロ。

補給・修理の手助け無く単独行動が行える強力なユニットとして、この上ないものとなりました!


ただ、そのお陰で難易度が一気にダウンw

もちろん「W」に比べればまだ序の口ですが…「W」には「ガーランド」のような強力ユニットがゴロゴロありますからねw



そういや「W」でフと思い出しましたが、「W」や「L」に比べて「D」の主人公はほんと空気です…

あんまり会話にも参加してこないし、一応オリジナルの敵ユニットとの絡みもありますが、その時にだけ強制出撃がある以外は能力もあまりパッとしないので出撃させることは殆どありません。

援護攻撃スキルが高めなので、出撃させても撃墜数を稼ぐこともほぼゼロ…

地味ですw



さて、今後は攻略本をチラッと見たところ、νガンダムの最強進化系

「Hi-νガンダム」

が登場するようです!


残念ながらνガンダムの改造レベルを引き継いだりはしないようなので、今現在コツコツとコイツのために資金を稼ぎまくっています。

参入されたらフル改造することを夢見て…w


ちなみにZZガンダムが条件を満たすことによって「フルアーマーZZガンダム」にバージョンアップされるフラグが「ジュドーおよびルーの合計撃墜数が40」というもののようですが、気付いた時点で「ジュドー」が8、「ルー」が0…

フラグ成立までの話数はわずか4つ。

はい終わったw

2周目以降に撃墜数は引き継がれるようなので、1周目は諦めることにしましょうかね^^;

ぶっちゃけZZガンダムはあまり好きじゃないMSなので、正直どうでもよかったり…w
posted by ラムネ at 23:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

スーパーロボット大戦D

前回の記事に少し書きましたが、17日から

スーパーロボット大戦D

をプレイし始めています。


ゲームボーイアドバンス(GBA)専用ソフトとして、2003年8月と今から約8年前に出たソフトだけあって、さすがに年季を感じますねw

グラフィック・ユーザーインターフェース(UI)・BGM…そのどれもが今見ると陳腐ですw

8年という時代の流れを感じずにはいられませんねw


ゲーム開始時に主人公2人(男性・女性)から1人選び、その後はオリジナルマシン4機(スーパー系2機+リアル系2機)から主人公用を選びます。

これまで遊んだ「L」・「W」は完全固定でしたから、これはなんという贅沢なシステムw

ちなみに選ばなかった主人公候補はサブキャラとして参戦し、主人公用として選んだ機体と同じ系統の別機体に搭乗することになります。


とりあえず主人公は男性の「ジョッシュ」、機体は見た目でスーパー系の「ガナドゥール」を選択。


ゲームシステムは「W」にとってもよく似ています。

もちろん古い分システム的には多少不親切ですけども。

主な違いを挙げると…

・コンボは「直線」でしか行えない(90度曲げたりはできない)。
・戦艦に搭乗させたユニットの「精神コマンド」が使えない。
・「精神コマンド」画面で他パイロットの「祝福」などの支援系コマンドを選んだりはできない。
・インターミッションで、ユニットのソートが「HP」「EN」でしかできない。
・パイロットへのスキル追加は「スキルパーツ」で行い、「強化パーツ」のように付け外しが行える。つまり「使いきり」ではない。
・スキル名での検索機能が無い。

などなど。

特に2つ目のがとっても不便…先に「精神コマンド」を使ってから「発進」ができないので、即戦闘に参加させるのがちょっと不安w


さて、スパロボといえばなんといっても戦闘デモ!

これを見たいがために遊んでいるといっても過言ではありません。

しかし、さすが8年前…正直なところ


ショボいです^^;


基本は登場時の静止ポーズのまま。

例えば「ビームサーベル」で攻撃するときは、手首の先にサーベルのビーム刃が追加されて、棒立ちのまま敵に向かい、やはり棒立ちのままビーム刃だけが振るわれる…

さすがに「W」や「L」を遊んだあとだと、かなり厳しいw

逆に言えばこれだけ簡素だからこそ4機ものオリジナルロボが用意できるんですね。


時々ちょっと凝ったアニメをするユニットもあったりしますが、条件が厳しいものが多いのであまりお目見えしないのがタマニキズw

それでもνガンダムやサザビーの「ファンネル」なんかは敵の周りをちょこまかと動き回りながら攻撃する様は結構それらしくてちょっといい感じです。



現在12話まで終わりましたが、ここまでプレイして確実に言えるのが


これまで遊んだ2作に比べて「難しい」。


とにかく敵が避ける!一方味方はリアル系なのに避けない!スーパー系なのにやわらかい!


特に避けないのはつらい…

パイロットの「回避」とユニットの「運動性」を上げれば避けるようになりますが、序盤はBPや資金が乏しいのでなかなか難しい…

一方で好みもありますので、クリア重視で思い入れのないユニットに注力するのも面白くないし…


というわけで、早々に参入する「アムロ&νガンダム」をメインに…

・サザビー(途中からシャアが居なくなるのでクェス乗せてます…)
・Zガンダム(ハイパーメガランチャーが強い)
・ガンダムデスサイズヘル(ツインビームサイズが強すぎる)
・ウイングガンダムゼロ(変形できるWガンダムって初めて…ずっとゼロカスだったし)
・ダルタニアス(懐かしい…)
・ゴッドマーズ(やられるとゲームオーバー…)
・Vダッシュガンダム(3機もいるけど他のガンダムと違ってワンオフ機じゃないのね…)
・グレンダイザー(各スペイザーとの合体で力を発揮)

などを主軸に進めてます。


大本命の「ガーランド」はまだか〜!!


しかしストーリーの改変っぷりは相変わらずですね。さすがは「スパロボ補正」w

「逆襲のシャア」をベースにしていますが、アクシズを落とそうとしたら地球が消滅!この異変を受けて?シャアとアムロが早々に共闘。

なぜか出てこなくてもいいはずのベルトーチカが登場してチェーンとアムロを奪い合う三角関係をむりやり展開w

一方シャア自らかつて自分を殴ったカミーユに仲間になるよう説得に。精神破壊されていたはずのカミーユはすっかり良くなっててファと一緒に暮らしてますが、まさかのシャアからの説得を受諾w

逆シャアだけでもこんな感じですからねぇw


ちなみにギュネイは主人公の命の恩人で、以後友達付き合いをしてたりしますw



そうそう、「D」にある独自の仕様として「ツメスパロボ」があります。

いわゆる「詰め将棋」のスパロボ版で、決められた敵・味方のユニットで与えられた条件をこなせば賞金や各種スキル&強化パーツが手に入ります。

1話クリアごとに1問追加されるのですが、正直あんまり楽しくない…

でも得られる報酬が結構オイシイので無視するのも勿体無い。


そんなわけで、アマゾンで1円で売ってたw「攻略本」を早々に購入!

いや、ネットでも攻略サイトで詳細に解き方が掲載されているんですが、どうせいつかは買うつもりだったので、多少早くてもいいかな?とw

期待通り図入りで全ステージの解き方が載っていたので、それを見ながらさっさと解いちゃってますw


とりあえず今回も最低2周は遊ぼうと思っているのですが、さすがに4月14日発売の

「第2次スーパロボット対戦Z 破界篇」

が出るまでに2周クリアはムリかなぁ…

2周目の最中で14日を迎えたら…放置しちゃうかもなぁ…^^;


 


PS:

3月24日発売予定だった、「オトメディウスX(エクセレント!)」が…

4月21日に発売が延期されました…

震災後、近日発売予定だったソフトが相次いで延期されていたので、覚悟はしていたものの…

やはり残念であることは隠せません…


今年初購入のXbox360用新作パッケージソフトがまさか4月末まで無くなるとは…^^;

 ※「バレットソウル」に変わる可能性大!?w


しかし、コナミもどうせならもう少し早く発表してくれてもいいんじゃないかと…

発表は当初の発売日から1週間を切った18日でしたから。

コナミ専用ネットショッピングサイトで「オトメディウスX限定版」の遅配が報告されており、この時点で「発売自体は行うんだな」と高をくくっていたら…

コナミとしても苦渋の決断だったのかもしれませんが、この辺りもう少し配慮してほしかったです。



posted by ラムネ at 22:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

蒼穹紅蓮隊 オリジナルサウンドトラック

その情報を初めて知ったのは、発売日の3日前である25日。

とあるゲーム情報サイトのその記事を見た瞬間、私は目を疑いました…


蒼穹紅蓮隊 オリジナルサウンドトラック』再販!


ままま…マジっすか〜!?


その勢いのまますぐさまアマゾンで「蒼穹紅蓮隊」で検索!

おお!ほんとだ28日発売で予約受付中だポチったー!!

サイトを見つけてからポチるまでの時間がここまで短かった買い物はおそらくこれが始めてでしょうw


さて、そんな「蒼穹紅蓮隊」とはどんなゲームなのか?

詳しくはWikiをご覧くださいw→(コチラ


元々はアーケード向けのシューティングゲームだったのですが、セガサターンの互換基板「ST-V」で作られていたこともあって、その後当然のようにサターン用ソフトとして発売され、私は主にそちらでのプレイがメインでした。

まぁとにかく難しかった…

自力ではノーコンティニューで最終面の6面まではなんとかいけたとは思いますが、ラスボス「黒瞥改」には確か出会えなかったと思います。

ゲームシステムは「N.A.L.S」というワイヤーフレーム型の照準を発生させてロックオン攻撃をするという画期的なものをはじめとし、(当時としては)美しい2Dグラフィックや数々の演出、そして…

なんといっても「崎元 仁」氏の手がけた熱いBGM!

当時繰り返し遊んだ理由に「BGM聞きたさ」というのも少なからず入ってましたね。

思えば「バトルガレッガ」や「ダライアス外伝」なんかも同じ理由があったなぁ〜


ちなみにその後PS(1)にも「蒼穹紅蓮隊 黄武出撃」という題名で移植され、サブタイトルが示すとおり「黄武」という4番目の機体が使えることがウリだったのですが、2005年になって初めて購入(980円)してみたものの、蛇足なオペレーターの声・やはり蛇足な7面の追加・陳腐な移植度(3面の雲の処理など)・ヒドい処理落ちといった、SS版を遊んだプレイヤーには「なんだこれ」と言われても仕方ないヒドさ…。正直別物ですw



さて、サントラの話ですが、冒頭で「再販」と書いた通り、実は一度発売されています。

オリジナルのアーケード版発売から1年後の1997年にそれは出ていたのですが、当時そのことを私は全く知りませんでした。

今のようにネットなど無い時代でしたからねぇ…

後日なにかしらのきっかけで発売されていたことを知ったのですが、その頃にはぼちぼちネットも普及しており、オークションサイトなどを見ると定価の数倍の値段が…

こりゃさすがになぁと…。


そうして時は流れ、14年の歳月を経てまさかの再販ですよ!!

しかも、リマスターされた当時よりもクオリティーの上がった音源に、セガサターンで追加されたBGM 1曲+アレンジバージョン4曲を加えての全25曲仕様!

普通の再販だけでもありがたいのに、今回のこの仕事をした方に感謝してもし足りません!w


いつものアマゾンさんならCDやDVDは発売日の前日に届けてくれるんですが、さすがに注文した日が近すぎたせいか?届いたのは発売日翌日の3月1日でしたw


早速PCに落とし込み、メモリーウォークマンに転送してみる…。

というか発売日翌日とはいえ、既に全曲タイトル情報が流れたステージ付きで情報としてアップされていたのは驚きw


そしてじっくり聞くことおよそ100分…


あぁ…やっぱりいいものはいつ聴いてもいいなぁ…


収録された全ての曲が耳に残っている…これ凄くないですか?

ゲーム画面がBGMとシンクロして頭の中に蘇ってきます…


特に大好物のステージ3は鳥肌もの!

雲海から地上へ降下していくシーンがBGMと相まってめちゃくちゃカッコイイんですよ!


はぁ〜 買ってよかった…(しみじみ)



そんなわけで、先日買った「ラストストーリー オリジナルサウンドトラック」とのループが現在の私のメモリーウォークマンでのヘビーローテーションですw


posted by ラムネ at 20:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

ニンテンドー3DSを試遊してきました

特別記事にする必要性もあまり感じなかったのですが、ツイートだけで済ますにはちょいと長くなりそうなので、あえてコチラでw

特に目的も無く日本橋の「ソフマップ」に行くと、それまでDSソフトが並んでいた壁際に、

ニンテンドー3DS

の試遊機がズラ〜っと並んでいました。10台くらいあったかなぁ?


中古ソフトコーナーやホビーコーナーなどを物色しつつ1階に戻ってくると、上手い具合に1台が空いていたので、ネタになるかなと買う気ゼロなのにちょっと触ってみましたw

各台のソフトは様々でしたが、私が手にした台は「スーパーストリートファイター4 3Dエディション」。


画面構成とかは家庭用そのままだな。

グラフィックはさすがキレイですね〜!携帯機でここまで出来るのは大した物だ。

そして、その最大の特徴である「3D」。初体験です!

スライドスイッチを「3D」にしてみる…


ウワサ通り手前に飛び出るのではなく奥行きが感じられる立体感。

裸眼でもちゃ〜んと3Dに見えますね〜!

でも、正直「うぉおおお〜!!!!3Dだぁああぁあ〜〜!!!」というCMの嵐のメンバーのような感動があったかといえば、そこまでは…。

ちゃんと立体だね〜!3Dだね〜!という感じw

それと、当然ですが画面を斜めから覗いてみると3Dには見えませんw


自キャラはもちろん「リュウ」。第一試合の相手はチュンリー。

大昔「スーパーファミコン」でスト2を遊んだときと同様の、L/Rを大P/大Kで操作するボタン配置。

当時パッドで強かった人はすんなり入れるんじゃないだろうかw

それ以外に下の画面に表示される「ウルトラコンボ」などの文字をタッチすると、コマンドを入れずに即出せちゃうのが今回のウリ?

確かに便利だ…これがあったら、私がニガテな「昇竜セビキャン滅波動」も余裕だなw


チュンリーを倒したあと、第二試合はアベル。

ここで気になることが。

リュウの「滅・波動拳」では特に問題なかったのですが、アベルが「トルネードスルー」を出したときにそれは起こりました。


う…なんだこの違和感は…


それは…そう、私の3D酔い体質の弱点を突かれたような、軽いめまいのようなものが…

もちろん技が出終わってしまえば解消されますが、「トルネードスルー」を出されるたびに「ソレ」は来る…クラッ…


これ…もしかしたら、長時間遊ぶと「酔う」かもしれない…

そんな不安が頭をよぎったり。


体験版は第二戦で終わりなので、そのままホルダーに納めてその場を後に。


う〜む、やはり3Dは私にとっては大敵だなぁ…。



そうそう、そんな3Dへの不安も感じつつ、プレイ中ずっと思ったのが…


画面が小さい!!


正直この不満が一番大きかったです。「DSiLL」に慣れた目で見てしまっているからでしょうが…

LLほど大きくしろとは言いませんが、正直もうちょっと大きければなぁと…

折角の美麗なグラフィックなのに、その辺りでちょっと損をしている気がします。


「ニンテンドー3DS LL」…出るのかはもちろん一切不明ですが、まだ初期ロットも出ていないのに今から期待しちゃいますねw


というか、それ以前に「遊びたいソフトが出てから考える」のは言うまでもありませんw



以上、レビュー終わり!
posted by ラムネ at 22:35| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

今後のゲーム予定まとめ -2011年 1〜3月-

2011年を迎えての記事1発目(あけおめ記事除くw)として、早速1月から3月までの購入予定ソフトを挙げる作業を始めましょうか。

赤字は予約済み


【1月】


27日
ラストストーリー(Wii)

 ※昨年末遊べるかと思ったら結局発売日は2011年に。FFの生みの親である「坂口」氏が放つ渾身のアクションRPG。発表当初から最近まで、いわゆるコマンド制の「純RPG」かと思いきや、先日行われたプレゼンテーションで実は「アクションRPG」であることを知る(コマンドバトル風にも遊べるらしい)。グラフィックなどはWiiにしてはかなり頑張っており、戦闘システムも面白そうで且つオンラインバトル&協力にも対応しているということで、期待度はかなりのもの。「ゼノブレイド」を越えるRPGであることを切に願う。


【2月】


24日
SDガンダム Gジェネレーションワールド(Wii)

 ※昨年購入しすっかりハマってしまった「スーパーロボット大戦L」(未だにコツコツプレイ中)の流れを受け、その後の調べで「Gジェネ」という愛称で呼ばれているシミュレーションゲーム「SDガンダム Gジェネレーション」の最新作が2月に発売されることが判明。それがこのソフトである。ジャンルが「ウォー・シミュレーション」となっており、「スパロボ」のようなRPG要素は無さそう?。とりあえず今後更に調査し私にも出来そうなら遊んでみたいと考えている。尚Wii版とPSP版の2プラットフォームが用意されているようだが、大画面で気軽に遊べるWii版を希望。


【3月】


無し


【春予定】


?日
オトメディウスX(Xbox360)

 ※一体いつになったら発売日が決まりますか?^^;



あれ?去年初頭とあんまり変わらんような…?

ま、まさか…また中古品や廉価版に頼らないといけない空気?

いや、まだだ…まだ今後サプライズ発表があるかもしれないよ!


2月末には「ニンテンドー3DS」発売があるけど、正直眼中にありません^^;


とりあえず当面の課題は「ラストストーリー」発売まで「キャッスルヴァニア」と「スパロボL」で持たせられるかというところ…

「スパロボW」買おうかな^^;


  
posted by ラムネ at 15:16| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年総決算<TVゲーム編>

今年2010年もあと1日…歳を取ると1年の早さがより顕著ですねぇ…

さて、それではさっそく年末恒例の「ゲーム総決算」いってみましょう〜!


<2010年購入ソフトラインナップ>

※先頭の記号の意味は以下の通り
〔新〕:新作パッケージソフト
〔廉〕:新品廉価版
〔ワ〕:新品ワゴンセール品
〔D〕:XBLA/VC/追加ダウンロードコンテンツ など各種DLソフト
〔中〕:中古品


【Xbox360】(計9作)

〔新〕 ダンテズインフェルノ 〜新曲 地獄篇〜
〔D〕 バイオハザード5 LOST IN NIGHTMARES (追加DLC)
〔D〕 バイオハザード5 DESPERATE ESCAPE (追加DLC)
〔D〕 アフターバーナークライマックス (XBLA)
〔新〕 スーパーストリートファイター4
〔新〕 デススマイルズ2X 魔界のメリークリスマス
〔D〕 悪魔城ドラキュラ ハーモニー・オブ・ディスペア (XBLA)
〔新〕 デッドライジング2
〔新〕 キャスルヴァニア ロード・オブ・シャドウ


【NDS】(計5作)

〔ワ〕 メトロイドプライムピンボール
〔新〕 大神伝 (※クリア後売却
〔新〕 ソラトロボ (※クリア後売却
〔新〕 スーパーロボット大戦L
〔D〕 クイズ音楽の時間 (DSiWare)


【Wii】(計10作)

〔廉〕 バイオハザード
〔D〕 スーパーメトロイド (VC)
〔D〕 SIMPLEシリーズ Vol.4 THE 密室からの脱出 (WiiWare)
〔廉〕 朧村正
〔廉〕 428 〜封鎖された渋谷で〜
〔中〕 ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
〔新〕 ゼノブレイド
〔新〕 メトロイド Other M
〔廉〕 大神
〔新〕 カラオケ JOYSOUND Wii SUPER DX


【PSP】(計1作)

〔中〕 街 〜運命の交差点〜 特別篇


【GBA】(計3作)

〔中〕 メトロイドフュージョン
〔中〕 メトロイドゼロミッション
〔中〕 キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲


【PS2】(計2作)

〔中〕 ゴッド・オブ・ウォー
〔中〕 ゴッド・オブ・ウォー2 終焉への序曲


【その他】(計1作)

〔中〕 テイルコンチェルト



今年は合計31本!なんだかんだで結構買ってますねw

ですが、今年の新作パッケージソフトは計11本。およそ3分の2が廉価版や中古品、XBLAなどのDLソフトが占めるという感じに。

つまり、今年は新品で発売後すぐに欲しいと思わせるソフトが月に1本あるかないかという状況だった、というわけですね。

さすが「ソフト日照り」な一年だけのことはあるw

ホント困ったもんなぁ…


巷では「ポケモン」や「モンハン」などミリオンソフトが世間を賑わせたそうですが、なんだろう…食指がピクリとも動かないのは…

一般ピーポーとは感覚がズレてるんだろうか?w

 ※それ以前に、ええ歳こいたおっさんが「ポケモンゲットだぜ!」とか「一狩り行こうぜ!」とか…う〜想像しただけでキモいw


それにしても「PSP」がヒドすぎる…現行機にもかかわらず、遊んだソフトが1本!しかも中古品という…

やる気あんのか?○ニー! と言いたいのを必死にこらえる私w

最近およそ半年ぶりに起動しようとしたら、すっかり放電してしまっていましたw

 ※え?今世間では最もフル稼働しているハードですって?シンジラレナーイ!^^;



さて、この中からベスト3を上げるわけですが…


1位は即決定できましたが、2・3位が難しいなぁ〜


よし決めた!



1位:ゼノブレイド
2位:悪魔城ドラキュラ ハーモニー・オブ・ディスペア
3位:メトロイド Other M


こんなところでいかがでしょうか?


1位:ゼノブレイド

正直1位に全く迷いはありませんでした。まさに「最初から決めていました」状態ですw

壮大なストーリーと広大なフィールド、シンプルながら戦略性の高い戦闘に、場面場面にマッチしたサウンド、そして数々のやりこみ要素…

私にとってはセガサターンの「グランディア」以来です、ここまで感動させてくれたRPGは。

購入は発売日当日。CMやトレーラーでなんとなく面白そうだ程度の感覚で店先で半ば衝動買いに近い感覚で買ったのですが、これがまさかの大当たり!

かつて300時間もプレイしたゲームがあったでしょうか!まさにこのゲームが最初で最後になるのではないでしょうか。もちろん今後それをいい意味で裏切ってくれるソフトが現れることを期待していますが。

そのあまりの面白さにその後攻略本2冊、設定資料集を購入。私を存分に楽しませてくれたソフトですから、敬意を払わないとねw

とにかく今年ぶっちぎりでトップを独走した文句なしの1位ですね。


2位:悪魔城ドラキュラ ハーモニー・オブ・ディスペア

2位以下は正直混戦状態でした。その中から敢えて2位にランクインさせてみたのがこのソフト。

歴代のNDS用ソフトとして発売された各種「悪魔城ドラキュラ」をミックスし、HDならではの広大な1画面マップを構築、そこで最大6人のプレイヤーがネットワークで協力しながらドラキュラを初めとするボス敵を倒す。

いたってシンプルなゲームなのですが、それはまるでMMORPGのような中毒性がそこにはあります。

特定の敵やボスが低確率で出すアイテムを求めて毎夜毎夜ネットの野良プレイ。簡易チャットで最低限の会話が可能なので、ボイスチャットがなくてもある程度意思の疎通が行え、またゲーム展開がスピーディーなのでいわゆる本格的なMMO(PSUなど)ほどの時間的束縛も無く、気軽に繰り返し遊べるそのゲームスタイルが中毒性を生む要因だと思われます。

配信後のおよそ一ヶ月間、それこそ毎日のように野良プレイに興じ、アイテムゲットに一喜一憂しました。

たった1200MSP(1800円)でここまで楽しませてくれたそのコストパフォーマンスの高さも2位たる所以といったところでしょうか。

ただ、その後の拡張MAPや追加キャラクターの配信タイミングが大幅に遅れたため、ある程度希望のアイテムをゲットし尽くしたあとは一気に失速…

現在は追加キャラクター4体にMAP1つが配信済みで、来年にも2つ目のMAPが配信予定ですが、これらがもう少し早めの配信だったら…そのことが非常に悔やまれますね。

私は追加MAP(ピラミッド)をDLしたものの、他に遊んでいるゲームがあったことも重なって殆ど遊べていません。


3位:メトロイド Other M

2位の「悪魔城ドラキュラ」でも書いたとおり、2位以下は完全にダンゴ状態ですが、そんな中で3位に選んだ「メトロイド Other M」。ぶっちゃけちょっと贔屓入ってますw

今年私が是が非でも発売日に遊びたいと願った唯一のソフトであり、あえてアマゾンでは予約せずに当日店頭で購入を希望したソフトがコレ。

サイドビューの2DメトロイドがGBAでいくつか発売された後、プラットフォームをWiiに移して出されたメトロイドは「FPA(ファーストパーソンアクション)」という一人称視点のアクションゲーム。

私のような極度の3D酔いゲーマーにはキツい仕打ちです。

「こんなのメトロイドじゃない!」

そんな私にとって念願のメトロイドがようやく今年登場してくれたのです!

2.5DのグラフィックでWiiらしからぬ美麗なサムスが複雑なMAPを縦横無尽に駆け回る!

お馴染み「ブーストダッシュ」や「スペースジャンプ」も健在。更に今作は「ファミコン時代のメトロイドを再現する」というコンセプトのもと、リモコン1本で遊べるシステムを確立。

通常は横持ちの「ファミコンビュー」、ひとたび縦持ちにすればバイザー越しの一人称視点になる「サーチングビュー」に瞬時に切り替わります。

この「サーチングビュー」が完全固定なのがミソ。これで動かれたら「またFPAかよ」となっていたところ。

ミサイルが「サーチングビュー」でないと撃てないところが、これまでミサイルが「ショットの延長でしかなかった」ところを、ショットの完全上位武器たる位置づけとしてうまく機能しているなと。

巷では「アダムの指示が後手後手で装備の拡張が遅すぎる」「いままで進めた場所がストーリー展開の余波で進めなくなるのはおかしい」などなどツッコミ満載といった感じですが、その辺りは「SFものならではのお約束」ということで、純粋にゲームを楽しみましょうよ。

ただ、このゲームはクリア後の「やりこみ要素」が殆ど無いのが悲しいところ…

そのあたりもう少し長時間遊べるような仕組みを盛り込んでくれていれば良かったのにな、というのが率直な感想ですね。惜しいです。



ということで1位から3位を挙げてみたものの、2位・3位で書いたとおり2位以下はまさに「どんぐりの背比べ」状態です。

Xbox360では「スーパーストリートファイター4」「デススマイルズ2X」、「キャッスルヴァニア」などは大変楽しませてもらいました(キャッスルヴァニアはまだ終わってませんがw)。

Wiiでは「バイオハザード」「朧村正」「428」「ゼルダの伝説」「大神」など素晴らしいソフトばかり。

NDSはなんといっても食わず嫌いしていたシミュレーションRPGの面白さを教えてくれた「スーパーロボット大戦L」。未だに細々とプレイ中です。


PSP…


さ、さて、いつもならこの辺りで締めに入るのですが、今年は特別にワーストを挙げていいですか?

ずばり

NDSの「大神伝」です。

これほどガッカリしたソフトも久しぶりです。「大神」の面白さを受け継いでいるかと思ったのは序盤のみ。その後の失速っぷりは相当なもので、特に酷すぎるラストが「どうしてこうなった…」と。

折角の「大神」シリーズももう終わりですね…惜しい人(ゲーム)を無くしました…


他には同じくNDSの「ソラトロボ」もやや期待はずれだったかなぁと。

世界観に膨大な時間を費やしたということは評価できますが、プラットフォームがNDSだったがためにそれらを十分に活かす事ができなかった大変惜しいソフトだなぁと…

戦闘アクションが「A連打で持ち上げジャンプで掴んで投げる」を基準にしていて、各バリエーション機体で多少変化が出るものの、それほど大きなものでもなく、終始単調なものに…

「ケモナー」と呼ばれる、ケモノ系キャラを愛する特定の熱狂的ファンにはウケが良いようですが、生憎私にはそのような「体質」は備わっていなかったようですw


上記2作品を筆頭に、PS2で遊んだ「ゴッド・オブ・ウォー」2作品や、PS1で遊んだ「ソラトロボ」の前身である「テイルコンチェルト」もイマイチでしたねぇ〜。もっとも「テイルコンチェルト」に関しては遊んだ時代が悪かった…当時遊んでいたらまた評価も違っていたかも?「思い出補正」を崩したくない「テイル〜」ファンの方は、良い思い出のまま取っておいたほうがいいと思いますよ。決して再プレイなど考えないようにw



というわけで相当長くなりましたね…この辺でそろそろ終わりにしないと埒があかないw


来年はどんなゲームが私を楽しませてくれるのでしょうか?

とりあえず現状予約済みなのは

Wii ラストストーリー(1月27日発売)

の1本のみ。

他に来春発売予定の「オトメディウスX」があるのですが、こちらは一体いつになったら発売日が決まることやら…


来年も中古や廉価版に助けられる1年にならないことを祈ります。

もうソフト日照りはコリゴリですw



PS:
本来なら「2010年総決算<プラモデル編>」もお送りするところですが、今年は完成品が1つしかないので、来年に持ち越させていただきますw
posted by ラムネ at 00:34| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

スパ4アケ版とダラバーACをプレイしてきました

昨日日曜日、買い物がてら難波に。

買い物を終えて日本橋に行き、「スーパーロボット大戦L」の攻略本を購入。

赤い表紙と黒い表紙の2冊があって、同じ値段なので迷ったけど、分厚くてお徳に感じたのと開発者インタビューが載っていた黒い表紙のほうを買うw

その後本屋で桂正和の「ZETMAN」15巻をたまたま見つけて購入。マンガの単行本とか行き当たりばったりで買って同じ巻を2冊持ってたりするから気をつけなきゃw


さて、買い物はこれで終了。


先週相次いでリリースされた2つのアーケードゲームを見に行きましょうかね。


【スーパーストリートファイター4 アーケードエディション】

おそらく難波で最も盛り上がっているであろう「セガアビオン」に赴く。

さすが最新作。ものすごい人だかりだ。

以前「赤い刀」を探しに覗いたときには、オクのほうにあるガンダムの対戦ゲームが盛り上がっていて「スト4」は閑散としてたっけw


今作は家庭用「スパ4」にアケオリジナルキャラである「ユン」と「ヤン」が追加されたのだが、到着して暫く見ている間、新キャラを使う人は皆無…。

新キャラが見たくて来てるんだけどなぁ〜w


そんなとき、自分が立ってた位置の前にある席が暫く空いていたので、殆どのプレイヤーがカードを使っている中「よし!折角だし記念に?いっちょやってみっか!」と、当然カードなど使わず素で100円投入!

選ぶのはもちろん「リュウ」!

 ※新キャラに一瞬目がいったけど、ただでさえヘタなのに技すら知らないキャラなんて恥ずかしいもんw

相手は…

全国6位・大阪1位のザンギエフさん!!

終わった…

案の定フルボッコされて終わりましたw

2本目だったかな?ぶっぱウルコン(滅・波動拳)が当ったときにはちょっと笑っちゃいましたがw

それにしても、全国&登録した地方の順位が表示されるのは面白い試みですね。


その後暫く見ていると、「ダッドリー」使いの人が結構連戦しててちょっと嬉しかったりw

そして更に見ていると、「ヤン」使いの人が参戦!やっと念願叶ったよ〜w

 ※ここでようやく「帽子を被っていないほうがヤン」だと学習するw

前後ダッシュのモーションが独歩(だったかな?)のような独特のモーションですな。

あと、ルーファスの「ファルコーンキック」のような空中から鷹のように飛来する技もあります。

「ユン」との差別化はどうなってるんだろ?


ちなみに、プレイ終了後暫くプレイヤーが居ない状態の席では全国ランキングが表示されるのですが、全国1位はさすがの「ウメハラ」さんで、今回は「ユン」を使っているようです。

 ※「リュウ」辞めたのかなぁ…ちょっと悲しいw


その後も暫く見ていたのですが、なにやら体調に変化が…

「何これ、キモチワルイ…」

ここ「アビオン」の空気は最悪です…どうにも気分が悪い…

こりゃタマランと、一旦外に出ました…

これだからタバコの副流煙はキライなんだよ…アーケードの全面禁煙化まだ〜?

 ※ほんと分煙や禁煙が進んでいる昨今、いつまでも時代遅れなアミューズメント施設ですよね…



【ダライアスバースト アナザークロニクル】

少し歩いていると幾分回復してきたので、早々に次の目的を済ませて帰ろうと、お次は「タイトーステーション」のビルへ。

2〜3年前(?)に出来たタイトー直営の店で、ビルの1〜6階全てがアーケード施設です。

 ※元は確か仏壇仏具の販売ビルだったよなぁ〜

ここも以前「紅い刀」を探しに寄ってみたんですが、「アビオン」とは比較にならないクリーンさがありがたい。

 ※というかこれくらいで当然なんですけどw

店員さんに「ダライアスはどこにありますか?」とたずねると「5階です」とのことなので、エスカレーターで5階へ。


到着してすぐさま大型筐体が目に入りました。しかも2台も!

しかし…誰もやってないよw

1プレイ200円という値段と、やはいシューティング需要の低さが影響しているのでしょうかね。

1台にスティック&ボタンが4組ありますので、1台で最高4人同時プレイが可能。

まずは一番左の席に座って「通常モード」を選び、自機は「レジェンド」、ゾーンは「イージー」とされる「ゾーンA」を選びます。

 ※どうやら座った位置によって機体の色が決まるようですね。一番左は「赤」でした。

久しぶりの「ダライアスバースト」でもあり、そもそもPSPとは当然ですがパターンから何から全くの別物。

使用しているキャラが共通なことくらいでしょうか。

シートからは初代ダライアスで衝撃を受けた「ボディーソニック」再び!オケツにビシビシ響きます!w

敵が大編隊を組んで襲ってくるのは、多人数同時プレイを想定しているからでしょうね。

バースト設置&ショットを離してレバーを動かせばバースト照射角度を変えられるなどのシステムはPSP版と共通なのですが、どうもうまくいかないw

そんなこんなでボスに。お馴染み「アイアンフォスル」です。

ここは難なく撃破!


続いて「ゾーンD」か「ゾーンE」を選ぶのですが、「ゾーンD」を選択。

より激しくなる敵の攻撃!アームがガンガン削られる〜!

なんとかボス「ライトニングフランベルジュ」に遭遇し、必死に応戦してなんとか撃破できましたが、次のステージ(何ゾーン選んだのか忘れましたw)でゲームオーバー!

あぁ難しい…


ここでハタと気付く…

そういや「反転」使ってなかったよな、と。

今作は3ボタンなのですが「ショット&ボム」「バースト」のほかに「反転」というボタンがあり、それを押せば瞬時に後ろを向いて攻撃することが可能です。

これを駆使すれば撃ち洩らした敵を追撃できたりするし、ラクになるんじゃ?

なんて思いながら、依然誰も座らないので再度プレイ!今度は左から2番目の席(青)に座ります。

自機は「ネクスト」を選択、ゾーンはやはり「A」を選びます。


現実は厳しかった…

ヘタに「反転」の存在を意識したがために、「バースト」ボタンと混同して動きが1回目以上にぐちゃぐちゃにw

なんとか「ゾーンA」はクリアできたものの、次に選んだ「ゾーンE」では、おそらく「D」よりも難易度が高いのもあってドカドカ死んでいきますw

なんとかボスの”カメさん”に辿り着きましたが、そこでゲームオーバー!

あ〜あ…これなら「反転」は無いものと思ってたほうがまだよかったよw

PSPに存在しない新ボス見れたからヨシとするかw


結論。このゲームは多人数でワイワイ遊ぶのが楽しいゲームですね。

800円投入すれば全プレイヤーの残機が無制限になって、必ず最後まで遊べたりするみたいですし。

後で調べてみて、多人数だと一人が「アーム」を取るとそこに暫く輪っか(?)が現れ、それに触れた他のプレイヤーにもアームが装着されるそうな。


多人数でも是非やってみたいんですが、ゲームを遊ぶリアル友達は殆ど居ないし、難しいなぁ…

PSPに移植されないかなぁ〜?その時は「インフラストラクチャー」モードでのネットプレイ付きで。

 ※PSPでは、PS3をサーバーにした「アドホックパーティー」が主流らしいですが、サーバーだけのために2万以上出す甲斐性はさすがの私にもありません^^; え?ブルーレイも見れるよ?いや必要を感じたらレコーダーとして買いますよw



というわけで、アケゲー体験終了〜!

もう当分行かないでしょう。タイトーはともかく、アビオンは30分が限度だわ…
posted by ラムネ at 22:50| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

テイルコンチェルト

先日更新した記事「今後のゲーム予定まとめ -2010年 秋-」を受けて、ツイッターでフォローし合っている知り合いのお二人から、それぞれゲームを紹介してもらいました。

Wut氏:「大神やベヨネッタが面白いなら、同じ神谷氏の『ビューティフルジョー』も楽しめると思うよ」

しょうっぺ氏:「『ソラトロボ』が気になるなら、気が向いたら『テイルコンチェルト』やっとくといいよ」

 ※『ソラトロボ』は10月28日発売のDSソフトで、Wiiの「みんなのニンテンドーチャンネル」でPVを見てロボットが出てくるゲームだと始めて知ってちょっと気になりだしたゲームです。


早速月曜日に日本橋へ。

あまり時間が無かったので、中古ソフトが豊富に揃っている2店舗に絞って確認。


・ビューティフルジョー

 GC版:無し
 PS2版:「2」はあったけど、遊ぶなら「1」から遊びたいよね…

 ※その後Wut氏から、「1」は絶版になったので入手しずらいかもという情報を得ましたが、更に同氏に得た情報では状態が悪いとはいえ100円足らずでオークションで出品されていたりもするらしい…時間に余裕があるときに改めて中古ショップめぐりしてみようかな。


・テイルコンチェルト

 980円で売ってたんで購入〜!



帰宅後食事を済ませ、さぁ遊ぶぞ!

…と思ったら、あれ?「PS1用のメモリーカードが見当たらない…!?」

暫く探したら…やっと見つかったぁ〜


改めてプレイ開始!


うはぁ…さすがPS1用ソフトだけあって、ポリゴンがぁ…

なんせ12年前のソフトだからねぇ〜 当時のプレイヤーはこれでも「スゴいや!」って思ってプレイしてたんだろうなぁw


5万人の「犬ヒト」と2千人の「猫ヒト」が住む世界か…
浮遊群島が集まった国で、基本は「飛行船」を使って移動する文化のようです。

主人公「ワッフル」は町の駐在さん。事件があれば愛機「ポリスロボ」を操って解決に向かいます。

ロボットのデザインがちょっとダサいw


ゲームは基本「黒猫団」の団員である子猫を捕まえていき、最後に待つボスを倒すというオーソドックスな作り。

ロボの動きに慣性があるので、急には止まれない…。いかにも昔のゲームという感じw

更に、カメラ移動が基本オートなのですが、キャラの向きにちょっと遅れて付いてくるというものなので、画面手前に進んでいたらいつの間にか崖でそのまま落下…ってことがしばしば。右スティックが遊んでいるので、使わせてほしかったw


ゲームパートとアニメパートが交互に発生する作りはさすが20世紀製のソフトという感じw

とにかくストーリーが進む進む!

基本的に「謎解きで詰まる」とかは一切無し。

ボス戦は中盤から周囲に回復アイテムが無く、また元々自力で拾ったアイテムを貯め、それを使うというシステムも一切無いので、そういうところでは少々手間取ったりもしたものの、何度か繰り返せばパターンがわかるので倒せるようになります。

ただ、やられた際のコンティニューには「ホイッスル」というアイテムを使って行う…つまり有限なのですが、ボスの体力もマンタンからの再開になるという…

現代ではとても考えられないシステムですね。さすが20世紀製w


そうこうしているうちにトントン〜っとゲームは進み、翌火曜日に再開して…

鉄巨神が復活!胎内に飲み込まれる「アリシア」を救うべく乗り込む「ワッフル」!

水中でのジャンプアクションがやりづらい…


なんとか「アリシア」の居る部屋へ辿り着いた、その時…!

ロボットが襲ってきた!

こいつが強い!6回ほどホイッスルを使ってようやく撃破…ふぅ〜!

って、間髪居れずにまた着たよ!2連戦とか聞いてないよ〜!w

ホイッスルは計9個しか持ってなかったので残り3個しかない… 案の定終わった…


げ〜!三姉妹探すところから再開かよ〜!

鉄巨神に突入するまでセーブ箇所無し!!!



これにはさすがに参った…またあの水中ジャンプから2連戦やるのね…(鬱)

やべぇ…これは心が折れる前になんとかしなければ…

そうだ!「連射装置オン!

飛び道具を撃つ□ボタンを連射モードにし、ロボットとの再戦!


動きが読めてきたのもありますが、ボタン連打しなくてもいいってのはやっぱり楽ですなぁ〜

2連戦で計3回ほどのコンティニューで済みました…ふぅ〜さすがに3連戦は…

げ〜!また襲ってきた!!もうどうしろと…


そんなときに「ワッフル」君が「結晶石を取れば…!」よしそれだ!

お〜!止まった!助かった…


無事「アリシア」助けてっと…

あれ?

あれれ?


エンドロール…


クリアしちゃったよ〜!!!


まさかあのロボットがラスボスだったとはw てっきり「フール」との戦いが待っているものとばかり思っていたのでw


プレイ時間は6時間ちょっと。短いw


ちなみにクリア後のオマケは劇中のアニメを見れるモードでした。

他に、フィールドに散らばる星の書かれた赤い箱を開けると「写真のきれはし」が見つかり、それを集めるとアルバムで写真が見れるのですが、それが半分くらいしか埋まっていません。

でも、もういいかな…980円のモトは取っただろうしw


ちなみにクリア後ネットでプレイレビューをちょこっとググってみたら、やはりラスボス戦に苦戦してそこで苦労したor挫折したという声がチラホラ…やはり当時もみんな泣いたのねw


というわけで、2日でクリアしてしまいましたぁ〜!


また日照ってしまったw



さて、総評ですが…

ぶっちゃけ根強いファンが付くほど面白いソフトだったのかと聞かれれば疑問符がついてしまう作りですが、このゲームは難しいことを考えずにキャラクターや世界観を楽しむべきなのだろうと。

 ※「思い出補正」もあるかもしれませんねw

技術が進んだ今遊んだからこその微妙な出来ですが、12年前に現役でプレイしていればおそらく当時としてはポリゴン満載のよくできたアクションゲームという評価を下していたかもしれません。

そういえば、ゲーム中ボスロボが放出したドリル型メカが「ドリル!ドリル!」と言いながら行進したり、考古学者キャラが「やらせはせん!やらせはせんぞ〜!」と突っかかってくる演出は、おっさんのハートにグイグイきましたねぇw


「犬ヒト」と「猫ヒト」が共存するこのファンタジー世界は正直嫌いではありませんし、おそらく月末に発売される『ソラトロボ』は、最新作だけあって現代のプレイヤーに合わせて親切設計で作られるでしょうから…


買ってみようと思います!


さきほどアマゾンで早速ポチっておきました(モチロン「通常版」w)


さて、29日までの約10日間、月曜日に同時に買ったプラモでも組みながら過ごそうかな。

「デッドライジング2」の実績解除もまだ残ってるしね〜!

 ※デッドラ2に関しては改めて記事にします。


 
posted by ラムネ at 02:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

今後のゲーム予定まとめ -2010年 秋-

無事「デッドライジング2」をクリアし、現在はそれの実績解除とNDSの「大神伝」を遊んでいるところですが、正直「大神伝」が少しずつ苦痛になってきました…前作の出来との比較うんぬん以前に、展開が…

ま、その話は改めて記事にするとして…


三ヶ月に1度の更新である恒例の?「購入予定ソフト」を挙げる作業に移りましょう。


赤字は予約済み



【10月】


無し

 ※巷では、特にXbox360で「買うソフトがありすぎて散財してしまう!」なんていう声があるようですが、私とは住む世界が違うのでしょうか?w

 ※「毛糸のカービィ」はほんのちょっと気になってますが、「マリオ」のようなストーリーの無さそうな単純アクションだと飽きそうなので…



【11月】



25日
スーパーロボット大戦L(NDS)

 ※普段全くといっていいほど遊ばない「シュミレーション」というジャンルのゲームなのだが、参戦アニメに「戦え!イクサー1」が入っている、ただそれだけの理由で妄信的に予定に入れたw。他にも好きなアニメ「神魂合体!ゴーダンナー」が入っていることも大きい。ところで、このゲームってどうやって遊ぶんだろう?w


【秋予定】



?日
オトメディウスX (Xbox360)

 ※いい加減発売日ハッキリしてくださいよコナミさんw。



【12月】


<10/11 12:00 訂正>
16日
キャッスルヴァニア 〜ロード・オブ・シャドウ〜 (Xbox360)

 ※「柴犬」さんのコメントでその存在を思い出しました。改めて感謝!

 ※MGSシリーズでおなじみ小島氏が監督する3Dドラキュラ最新作。なお製作は海外のディベロッパーらしい。N64で遊んだ3Dドラキュラが自分には合わず少々トラウマがあるのだが、新生ドラキュラシリーズとして改めて挑戦してみてもいいかもしれないなと。果たしてその出来は…?

無し

 ※折角のクリスマスシーズンなのに…何も無い…。てっきり「ラストストーリー」が遊べると思っていたのに、来年1月に決まってしまいましたから…。何遊ぼうかなぁ…「一本道」で有名な某13でも怖いもの見たさで遊んでしまおうかなぁ…^^;


----------



この状況はさすがにヒドい…予約済みのソフトがゼロとか…


ソフト日照りっていうレベルじゃねーぞ!


記事がすっかすかになってしまった…

「ゼルダ」や「ラストストーリー」が来年になってしまったのがやはり大きいですねぇ…

年末はプラモに精力を注ぐことにしましょうかね〜最近また面白くなってきたところですしw


しかし、思えば「夏」もパッケージで予定に挙げていたのは2本でしたが、実際には「しょこら」さんに紹介されて遊んだ「大神」など掘り出し物で楽しませてもらえたので…

またそういう声に期待することにしましょう(完全に他力本願だなw)





posted by ラムネ at 23:47| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲 その2

先日、コツコツと遊んでいた

キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲

をクリアしました!


はじめにクリアした!と思ったときは実はバッドエンドであっさり終わってしまったので、その後試行錯誤の末グッドエンドで無事終了!


ストーリー展開は歴代の悪魔城の中でもとにかく異色でしたねぇ〜

主人公「蒼真」がタクティカルソウルの力を持っていた理由が「ドラキュラの生まれ変わりだった」なんて…

しかし有角=アルカードっていうのは名前バレすぎますよw


ラストバトルに赴いた「混沌」のマップは、通常マップと違い記録されないのがちょっとツラかった…


現在は攻略Wikiを見ながらやり込み要素を埋めていっていますが、マップ100%は達成!続けてソウルの100%を達成すべくちまちまと同じモンスターを倒す毎日を送っておりますw



並行して、以前にクリア済みのDSソフト3本を再度順に遊んでいこうと、1作目の「蒼月の十字架」をリプレイ中。

「蒼月の〜」は今回クリアした「暁月の〜」の続編なのですが、やっぱり順番にプレイすれば面白さも倍増だったんだなぁ〜と。

キャラクターの関連とかがより一層深く味わえますしね。


2周目プレイはLvは1からになりますが、1周目のアイテムや一部を除いたソウルを引き継げるので、序盤から相当強くサクサクと進めることが出来ます。


実は、8月4日配信の「悪魔城ドラキュラ ハーモニーオブディスペアー(HoD)」には過去のドラキュラ作品からプレイキャラクターがチョイスされているので、それに向けて復習しておこうとw

ちなみに現在判明しているのは…

・アルカード(月下の夜想曲)
・来須 蒼真(蒼月の十字架)
・ジョナサン・モリス(ギャラリー オブ ラビリンス)
・シャーロット・オーリン(ギャラリー オブ ラビリンス)
・シャノア(奪われた刻印)

の5人。

最大6人同時のCo-opが可能らしいのですが、残り一人はひょっとして…?


余談ですが、HoDは各キャラそれぞれに違った育成方法が用意されているそうで…人数分楽しめるといった感じのようですが、まずは直近で遊んだ「暁月の円舞曲」の主人公でもある「蒼真」をチョイスしようかと。

配信が本当に楽しみですね〜♪
posted by ラムネ at 13:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲

普段は近所のゲームショップなんてほとんど入らないんですが、昨日は珍しくちょっと覗いてみたんですよ。

そうしたら、小さなワゴンに「GBAソフト 値札の半額」と書かれた張り紙が。

そのワゴンにはざっと見て30本ほどのGBAソフトが入っており、何気なく漁ってみたんですが、そこに珍しいソフトを見つけたんです!


キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲(あかつきのメヌエット)


箱無し(ソフト+説明書)で値札が2,980円。つまり、売値は1,490円ですね。


実はこのゲーム、結構高値で取引されてるんですよ。

ヤフオクでも箱つきだと大体3〜4,000円、新品だと1万越えたり…

箱無しで1,500円ぐらいなら…買いだな!だって、店頭で見つけたのって実は今回が初めてだったりするんですものw


というわけで、運命の巡り合せ?によって手にしたソフトを早速昨日から遊び始めています。



「月下の夜想曲」からおなじみになった、2Dサイドビューの探索型アクションゲームですが、この「暁月の円舞曲」は「月下〜」に次ぐ傑作と言われている完成度だとか。

主人公はおおよそ日本人には見えない日本人w「来須蒼真(くるすそうま)」。

幼なじみが巫女をしている「白馬神社」の鳥居をくぐった瞬間意識を失い、気づいたときには悪魔城の中だった…


そう、舞台はなんと日本です…ドラキュラ城が日本に…スゴい設定だw


ゲームの基本システムは、敵を倒すと稀に取得できる様々な「ソウル」を装備し戦うというもので、つまり「敵の能力を奪い、身に付ける」ことで様々な攻撃や移動が可能となる、という感じです。


確かにプレイしてみると安定した面白さがありますね〜!

「ソウル」や「レアアイテム」の収集、モンスター図鑑などのやり込み要素も豊富です。

これで8月初頭の「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」までのつなぎができた!


ただ、いかんせんDSiの画面は小さすぎて、長い時間のプレイには不向きです…つい遊びすぎると目がショボショボしてきます…^^;


そういうときは「ゼノブレイド」の2周目をプレイ!

注文していた「攻略本」も届いたしね!

 ※って、この攻略本があまり有用じゃなかったりするんですけども^^;



PS:
コナミの開いている「悪魔城ドラキュラシリーズ総合サイト」ってご存知です?

 →コチラでございます。


ここには、これまで発売された「悪魔城ドラキュラ」の全シリーズが掲載されているのですが…

 →シリーズ作品掲載ページは コチラ

これまでに、実に多くのソフトがリリースされていますよね〜


確認したところ、FCの初代(ディスクシステム)と、GBA・PSP・NDSのシリーズは全て遊んでいます。

来月のXbox360版新作には、歴代のソフトのマップ構造が流用されており、またプレイヤーキャラもシリーズから起用されているのですが、流用元の作品は全てプレイ済み。

HD化にあたり、どんな画面に仕上がっているのか今から楽しみです!

posted by ラムネ at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

今後のゲーム予定まとめ -2010年 夏-

現在「ゼノブレイド」の2周目&合間に「メトロイドプライムピンボール」を細々と遊ぶという…かなり落ち着き払ってしまったゲームライフでございます。

なんか知り合いには今月だけで4本も買うソフトがある、なんていう人も居て、ある意味羨ましいです(遊び尽くせるのかどうかはその人次第ですがw)。


しかし6月は正直「ゼノブレイド」のおかげでとっても充実したというか…

当初買う予定では無く衝動買いに近いソフトがこんなにも楽しませてくれるとは…わからないものですねぇ〜


では、早速7月以降の現在の予定(あくまでも「予定」ですw)を挙げていきましょう。

赤字は予約済み



【7月】


無し

 ※絶望的に無い…久しぶりにプラモデルでも作ろうかなぁ…



【8月】



4日
悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー (Xbox360 -XBLA-)

 ※サイドビュー「悪魔城ドラキュラ」シリーズの完全新作がXBLAで登場!据え置き機では何年ぶりか?いわゆる「2.5D」ではなく完全にドット絵で描かれた純「2D」がウリ?マルチプレイも可能なようだが、一応「探索型」らしい…正直システムについては殆ど理解していないのだが、悪魔城の新作ということで盲目的に購入予定にw



【9月】



2日
メトロイド other M (Wii)

 ※当初6月だと思っていたのがまさかの3ヶ月遅れ…そのおかげで「ゼノブレイド」に巡りあえたという…わからないものですw。「みんなのニンテンドーチャンネル」で開発者3名が語る動画を観たが、それぞれのこだわりが熱く語られており、期待は膨らむばかり。「リモコン1本」に執拗にこだわるプロデューサーの想いは果たして…!?。現在最も楽しみなソフトである。


30日
デッドライジング2 (Xbox360)

 ※以前の予定では「2日」発売となっており、上の「other M」と丸被りなので、その時点ではスルー予定だったのだが、上手い具合に30日に延期してくれたので、ナイスカプコン!と購入を決意。前作の自由度の高さがかなり面白かったのだが、今回はなにやら「娘(?)」などの同行者が最初から居るようで、その辺りが自由度の妨げにならないかと少々心配…。



【秋予定】



?日
オトメディウスX (Xbox360)

 ※まさかの続編発表。しかも今回は家庭用オンリーだとか。前作から踏襲されたキャラに加えて新キャラも多数登場予定。キャラクターやBGM、マップのDL販売を既に発表済みで、搾取する気マンマン…さすがバンナム、アイマスで完全に味をしめたな…w。その策に溺れてやるかどうかは内容次第ですな。



【2010年予定】



?日
MAJIN(仮称) (Xbox360)

 ※未だに情報が乏しくよくわからないまま。本当に出るのかさえ怪しい…バンナムなので期待度は依然低いw


?日
ラストストーリー (Wii)

 ※先日公開されたPVを見て、グラフィックや街のイメージはほぼ理解できたが、システム的なもの、特に戦闘システムがいまいちよくわからない。なんだかアクションっぽい動きもあるのだが、一応「コマンドバトル」なんだよな?まぁ買うがw



以上。


今年は本当に買うソフトが少ない…とはいえ、例年通りの月1〜2本ペースを守れそうなペースではありますけどもね。

昨年が多すぎたんです…なんせ35本ですから…w


一昨年は13本でしたが、今年はそれとやや同じペースで進行してますので、今後は現在全く予定のない「携帯ゲーム機」で1〜2本は新作が買えればなぁと…



次は10月頃の「秋」編でお会いしましょう〜w

 

posted by ラムネ at 22:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

メトロイドゼロミッション

先日の日曜日に購入し、他のゲームを遊びつつ合間にちょこちょことプレイしていた

メトロイドゼロミッション

なのですが…なんと、最初の記事にして報告が…


クリアしました!(笑)


すみません、唐突でw

もちろんクリア時のリザルト画面の写真は撮っていますが、いきなり掲載してはい終わりじゃ味気ないので、カンタンにゲームのおさらいを。


このゲームは大昔にファミコンディスクシステムで出た初代「メトロイド」のリメイクです。

実はそのことは購入してから知りましたw

プレイを始めてみて、「ん?なんか懐かしいなぁ…曲といい、マップ構造といい…」

などと思いつつネットでWikiを参照すると…

「やっぱりリメイクだったのか!」という感じw

スタートして左に行けばモーフボール(丸まり)がいきなりあるってのが懐かしいなぁ〜

登場する敵も昔見た懐かしいのがいっぱい。

ピョンピョンホッピングするやつは「スーパー」や「フュージョン」にも居たおなじみのやつですけどね。


ただ、ゲームを進めていくとやはり現代風にアレンジされていることがよくわかります。

「角つかまり」は「フュージョン」から備わった新要素だし、当然セーブルームはあるし(オリジナルはセーブルームは無い)。

難易度まで当時のままだったらさすがに「ムリゲーだ!」って投げられてただろうなぁ…それくらい「初代」は難しかったw


マップは「フュージョン」以上に便利なものになっており、特定の武器(ミサイル・スーパーミサイルなど)でしか開かない扉の色は、マップ上もちゃんとその色で表示されるように。

 ※DSだったら常に上画面に表示できるんだけどなぁ…なんでDSで2Dメトロイド出ないんだろう…?


システムは「フュージョン」と大差ないものの、今回はヒントらしいヒントが一切無いのがさすが「初代」リメイクだけのことはあります。

リチャージルームなどは無くなり、鳥人像の手の上で丸まることで体力・武器がMAXまでチャージされます。

また、全体マップは「初代」ほど広くないと感じたのですが、それはこのあとに控える「脱出」編のためか?

途中、手に入れたものの解析不能なアイテムが2〜3あったんですが、これは一体…?


そんなこんなで「マザーブレイン」へ。

って、あれ?

まだ「スーパーボム」取ってないけど…ま、いいかw

撃破!

任務を終えたサムスはマイシップに乗り込み惑星ゼーベスをあとにします。

ふぅ〜ホッと一息。暑くてムレムレのスーツ脱いでゆっくりしよう(と思ったかどうかは不明ですがw)、とその時!!

ゼーベス星人の宇宙船に攻撃され、再びゼーベスへ不時着!

スーツを脱いだ状態からの、いわゆる「脱出編」の始まりです。


所持しているのは、溜め撃ちが可能なもののお粗末な銃一丁。

これを頼りに、ゼーベス星人の本拠地内を出口を求めてさまよう「素」のサムスさんw

途中センサーのような装置があり、それに引っかかるとあちこちからゼーベス星人が湧いてくる湧いてくる!

逃げるサムス!

とりあえずセーブルームまで辿りつけば追跡が止まる(体力全快)ので、とにかくセーブルーム間をいかにゼーベス星人に見つからずに移動するかがカギですね。


暫くして、なにやら見慣れない壁画が…

丸い光が現れたので、溜め攻撃してみる。すると…

突然光に包まれるサムスさん!そして…

なぬ!?伝説のスーツ!?

同時に、使い道が不明だったアイテムが相次いで開放!なんという最弱から最強への変貌!w


こうなったらゼーベス星人なんて怖くないぜ!

今までの恨みを込めて倒しまくる!!

ほどなくスーパーボムも手に入れ、装備は完璧!!

宇宙船ドッグに辿りつくと…待っていたのは「メカリドリー」…なぜ?w

倒してクリア!!

 ※そういや「脱出編」の前に駆け巡っていたマップに「スーパーボム」でしか開かない扉あったけど、完全放置してるなぁw


さて、その結果は…?

IMG_4518.jpg

プレイ時間:4時間52分58秒

アイテム取得率:61%



「フュージョン」のとき以上にクリアタイムが短いなw

アイテム取得率はちょっと良かったですがw


「フュージョン」→「ゼロミッション」とプレイした限りでは、難易度は「ゼロミッション」のほうが若干簡単に感じましたね。

「脱出編」は面白い試みでしたが、正直あまり必要性が無かったような…緊張感はあってそこそこ面白かったですがw


さて、クリア特典として海外版の「初代メトロイド」が遊べちゃったりするんですが、ちょっとやってみた感想は「やっぱり難しい!」

当時よくこんなのクリアしたなぁ私^^;


というわけで、これで「2Dメトロイド」はゲームボーイの「2」だけが未プレイとなりました。

正直これに関しては探し当てられる気がしない…画面も白黒だし、特にプレイしたいとも思わなかったりw

開発中?とウワサの「ドレッド」は一体どうなったんだろう?


あぁ〜「メトロイド other M」が早く遊びたい〜!
posted by ラムネ at 17:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

今後のゲーム予定まとめ -2010年 春-

「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」「ディフェンスグリッド」とクリアし、私のゲームライフも幾分落ち着いてきました。

今回は今後のゲーム購入予定をここでちょっとまとめておこうと思います。


と、その前に、まだ未クリアのゲームは以下の通り。


(PSP)

 ※現在4日目に突入し、各主人公中盤まで進みました。近々記事にします。

メトロイドゼロミッション(GBA)

 ※FC版「1」のリメイク。後半は脱出劇があるとか…。近々記事にしますw

空の軌跡SC & the 3rd(PSP)

 ※どうしよう…なぜか再開する踏ん切りがつかない…



では、今後の予定をざっと書いてみましょう。


【4月】


21日
アフターバーナークライマックス (Xbox360 -XBLA-)

 ※アーケードゲームの移植。初代の曲が聴けるというのが購入動機だったりw。初代はアーケードでかなり遊んだ思い出が。


28日
スーパーストリートファイター4 (Xbox360)

 ※発売日が楽しみで仕方ない格闘ゲーム。今回は対戦ルームも備わって多人数でワイワイできそう。本命はやはり「リュウ」だが、「サガット」も使いこなしたい。新キャラで注目は「ダッドリー」。デンプシーロールに惚れたw。ちなみに下手の横好き格ゲーマーとしては目標はネット対戦3連勝!w。


【5月】


27日
デススマイルズIIX 魔界のメリークリスマス (Xbox360)

 ※前作「デススマイルズ」がとても面白く、続編に期待したが、アーケードは不完全品でやや失望…。だが今作は家庭用として完全リニューアルとのことで、生まれ変わっていることに期待を込めて予約。しかしこの時期に「メリークリスマス」ってのはどうかと思うがw。


【6月】


?日
メトロイド other M (Wii)

 ※待望の「FPSじゃない」メトロイド完全新作。2.5D的表現でどこまで楽しませてくれるのか大いに期待したい。板垣氏無き「チームニンジャ」の技術力にも注目している。任天堂ブランドなので間違いないとは思うが…。ちなみに6月というのは海外での発表らしいが、おそらく国内も同時期では?という期待をこめてw。


【7月】


29日
ストライクウィッチーズ 白銀の翼 (Xbox360)

 ※HDのシューティングという情報で盲目的にチェックしたが、なにやら「パンツアニメ」として有名な作品らしい…(汗)。原作のアニメを全く知らない状態で楽しめるのかどうか…?。いや、その前に開発が「ガルチ」というのがひっかかるところ。一応予定には入れておいたが、今後の情報次第ではどうなることやら…?。


【11月】


?日
ゼルダの伝説最新作(仮称) (Wii)

 ※海外での発売日が発表されたらしい。おそらく国内も同時期に出るのでは?。「トワイライトプリンセス」にすっかりハマった身としては、今回は発売日と同時に是非とも体験したい!。


【2010年予定】


?日
MAJIN(仮称) (Xbox360)

 ※人間と魔物の冒険活劇といった感じだろうか?正直まだよくわからないことだらけだが、コンビで謎解きみたいなのを期待している。だが、発売が「バンダイナムコゲームズ」っていうのが気がかり…w。


?日
ラストストーリー (Wii)

 ※FFの生みの親であり「ロストオデッセイ」で私を大いに感動させてくれた坂口氏率いる「ミストウォーカー」の新作RPG。こちらも情報がまだまだ乏しいのでなんともいえないのだが、「ロスオデ」のような感動巨編を楽しませてくれることを期待している。こちらは任天堂ブランドなので安心できるw。



以上、こんなところかな?

あくまで予定なので、予定は未定ってことで今後の情報如何ではスルーするものも出てくるかも?

逆に突発的に予定として挙がるタイトルも出てくるかもしれません。


なお、出るという情報だけで以後さっぱり進展のないタイトルは挙げませんでした。

PSPの「バイオハザード」とか「デビルメイクライ」とか、本当に出るんだか…w

 ※というか、バイオはともかくDMCは据え置き機で遊びたいなぁ…そういや「5」は海外メーカーが作るらしいが…なんか不安w



今回はこの辺で。また夏頃にでも改めて「まとめ」として書きたいと思います。


それにしても、ゲームから卒業できる日は来るのだろうか…
posted by ラムネ at 20:08| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする