2012年06月22日

「ニンテンドー3DS LL」が発売決定!

今日は野暮用で実家に行ったのですが、そこで読んだ読売新聞・夕刊の、とある記事に私の目は釘付けに!


『 新型3DS 画面1.9倍 』


来た…本当に来たよ…



ニンテンドー3DS LL 』発売発表来たーーーー!!!



日経新聞のかつての情報は本当だった!やはり火の無いところに煙は立たなかったんや!w



発売日は 7月28日


お値段 18,900円



その後改めて調べてみて、各ゲーム情報サイトでも具体的な内容が報告され始めています。


実機写真は小さくてあまりよくわかりませんが…

・画面サイズが上下それぞれ現行機より90%アップ
・バッテリーの持続時間がアップ
・ACアダプターは付属せず(単価削減のため。DSiや3DSのものが使える。)
・「ホーム」などのボタンがハードボタンに(?)

・さすがに右アナログパッドは標準にはならなかったw


個人的には「画面が大きくなった」ことと「ソフトスイッチ廃止(まだ未確定ですがw)」が大きい!

「バッテリーの持ち」は基本持ち歩かない私にとってはあまり重要な要素ではなかったりw



なにより8月30日発売の「デビルサマナーソウルハッカーズ」より先に出るのがとってもありがたい!


これで完全に私の3DSに対するわだかまりが払拭されました!!



3DSユーザーフラグ完全に起立!!!



予約開始日がいつになるかわかりませんが、争奪戦になることを想定して、とりあえずアンテナを張っておかねば…


あとは、「色」ですね。

・ホワイト
・レッド×ブラック
・シルバー×ブラック

の3色が同時発売されるようですが、この中だと最後の「シルバー×ブラック」かな?


かつて私が買った「ワンダースワン(白黒)」が「シルバー」だったのですが、実現すればシルバーのゲームハードはこれで2個目になりますw


最悪は…ホワイトでもいいです。赤以外なら…^^;



ともあれ、ここまで3DSを買わなかった私の選択は間違ってなかった!

 ※って、単にこれまで購入動機が無かっただけの話なんですけどねw



よ〜し!早く来い来い予約開始!!!


  





【2012/6/22 22:22 追記】


当ブログにコメントいただいた「柴犬」さんからの情報で、既に

ヨドバシ.com

にて「3DS LL」の予約受付が始まっているということで、私もココで

シルバー×ブラック

を予約しちゃいました!!


これで安心して発売日を迎えられます〜!


「柴犬」氏!いつもありがとうね〜!!\(^O^)/

posted by ラムネ at 21:58| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

「シューティングゲームサイド」の懸賞でCDが当りました! その2

まさかこのタイトルで「その2」を書く日が来るとは思わなかった…w


昨日、チャイムが鳴るので「なんだろう?」と玄関に向かうと、そこには「ヤマト宅配便」さんの姿が。


ん?今日届く荷物の予定とか無かったはずだけど…?

実家から何か送ってくれたんかな?


…などと頭を巡らせながらハンを押して受取ると、そこに書かれた差出人は



『(株)マイクロマガジン社』



こ、これは…!



また当った〜〜!!! \(^0^)/



昔からクジ運が悪いことで定評のあるw私が、「VOL.3」に続いてまさかの連続での当選!


応募者少ないのかな?

そもそも売れてな…い、いやなんでもありませんw


stgs_p005.jpg

↑前回も封入されていた「ご当選おめでとうございます!!」の一枚。



ちなみに「VOL.4」は「東亜プラン」特集だったのですが、私が当ったのは…

stgs_p001.jpg


↑『 TOAPLAN Co.,Ltd. SHOOTING CHRONICLE


これ、厚さがなんと4センチ弱もあるかなりゴツい代物。


お値段、なんと 10,500円(税込み)でございます!!


stgs_p002.jpg

↑ 開封して中身を全て展開した状態。

全6枚のディスクが封入されています。

そのパズルのような折りたたまれ方がなんだかスゴい!w


なおDisc1〜5がゲームミュージックで、Disc6は設定資料集(データ形式で収録)のようです。



CD5枚全部聴くのは相当大変ですねぇ〜^^;

思い入れの強いタイトルから順に聴いていきたいと思います。




そして、更にもう1枚外付けで…

stgs_p003.jpg


↑『 EXTREME MOVIES


ラベルを見るに「鮫!鮫!鮫!」「究極タイガー」「達人」それぞれのプレイ動画が収録されたDVDのようですね。

ちなみに、初回特典のオマケDVDのようです。



試しに1つ、「究極タイガー 1000万点映像」を観てみました。

4周目の1〜10面が収録されておりましたが、敵の弾の速度が普通じゃない…。

7面と10面で惜しくもミス…しかしそこからの立て直しも難なくこなすという感じで見ていて惚れ惚れするプレイですね〜。

なお、オーディオコメンタリーをONにして見ていたので、プレイヤーさんが直々に解説してくれるのを「ほぅ〜」といちいち感心しながらの視聴でしたw



最後に…

stgs_p004.jpg

↑こんなチラシ(左半分・右半分はトークショーの案内)が封入されていました。


これで「アクションゲームサイド」に「マ○オ」や「ソ○ック」が載らないことが確定しましたw




というわけで、「マイクロマガジン」さん、改めてありがとうございました!!



最新刊「VOL.5」もモチロン応募して、当選を狙いますぞ!


…な〜んて、まさか3回も連続で当ることは奇跡に近いので、応募こそすれ期待薄ですけどもねw



posted by ラムネ at 21:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

シューティングゲームサイド VOL.05

5月31日に発売された、(2D)シューティング専門誌


シューティングゲームサイド VOL.05


が昨日届きました!


stgs05.jpg

↑表紙写真。



「VOL.4」が2月3日の発行でしたから、およそ4ヶ月ぶりの最新刊です。


今回の特集は、表紙にデカデカとある通り



サンダーフォース シリーズ



実は公式サイトを見ていて予てからそのことは知っていました。

その事実を最初に知ったときに真っ先に頭をよぎったのは、思い出すと今も尚怒りがふつふつと込み上げてくる


「PS2で発売された某6」


をどのように取扱うんだろう?という期待と不安が入り混じった妙な感覚…


そうして昨日、本誌を紐解いてみて…



1ミクロンも触れてなかった!(苦笑)



もう完全に「そんなものはこの世に存在していない」という運びで特集は組まれていました^^;


私の期待と不安は、ある意味最も潔く且つ当然と思われる結果に安心した反面ちょっと残念だったりw

ライターさんが期待通りこき下ろすのか、はたまた無難な流れで軽く流すのか、ちょっと見てみたかった^^;



いや…やっぱりこれで正解なんだ!「6」なんて存在してなかったんや!



ただ、最後の「総括」で


〜 はたして、新規の続編『サンダーフォース7』が登場する日は来るのだろうか? 〜


の一文を読んだときにはちょっとフきましたw

やっぱり一応「存在自体は認めざるを得ない」のですね…とw




さて、特集の詳細ですが、「サンダーフォース」シリーズの「1」〜「5」を紹介すると共に、「5」に関しては簡単な攻略記事も載っていたりします。


というのも、6月末までの期間限定で、「PSアーカイブス」の「サンダーフォース5 パーフェクトシステム」を使った

「THUNDERFORCE X Perfect System ハイスコアコンテスト2012春」

が現在開催中だったりするのです。


詳細に関しては、コチラをご確認頂き、腕に覚えのある方は参加してみてはいかがでしょうか?



ちなみに、私個人としては「サンダーフォース」シリーズで思い入れの深いソフトは正直

「5」のみ

だったりします…w

「4」は遊んだような遊んだことが無いような…本誌の画面写真を見てもハッキリ思い出せないくらい曖昧だったり^^;




特集以外の記事としては、iOS対応ソフト

『ダライアスバースト SP(セカンドプロローグ)』

に結構ページ数を割いていますね。



他には、「確かにシューティングと言われればそうかもしれないけど…」というグレーゾン的ゲーム

『クォース』

が紹介されていて「懐かしいなぁ〜」なんて感じたり。




気になる方は是非書店で手にとってみてください。

ちなみにお値段 1365円 (税込み)となっております。








ところで次号ですが、「シューティング」は一旦休憩して新たに


アクションゲームサイド


を新たに立ち上げるそうです。


買うかどうかは…う〜ん、内容次第、かな?



ということで『 シューティングゲームサイド VOL.6 』は秋に発行されるそうな。


次の特集は何かな〜?

「カプコン」特集かな? 「セガ」特集だったり?


「パンツァードラグーン」 + 「クリムゾンドラゴン」特集なんて最高!

…って3Dシューティングだからムリかw

posted by ラムネ at 01:14| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

「真・女神転生4」が3DSで発売決定!

そのニュースは本日各ゲームニュースサイトから飛び込んできました。



真・女神転生4発売決定!


プラットフォームは「ニンテンドー3DS



早くもティザーサイトがオープンされています → コチラ



最初にそのニュースを見たとき、思わず

「オオッ!」

と声を上げてしまいましたよ!



「真・女神転生」シリーズ最新作、しかもナンバリングタイトルですよ!


興奮しないわけがない!^^



”メガテン”最新作の「ストレンジジャーニー」をDSで遊んだ際、2画面の便利さは痛感しましたし、今回の「3DS」選択も妥当なところでしょうね。



そして、同時に決断しました。




「3DS」買うぞ!




8月に出る「デビルサマナー ソウルハッカーズ」でぐらぐらと揺れ動いていた私の購買欲フラグが、今日の発表で完全に立ちました!


というわけで、3ヵ月後には私も晴れて3DSユーザー(の予定)です!



それまでに、3DSLL出ないかな…でないよね…^^;



現行機じゃちょっと画面が小さいので、できれば「DSiLL」並の大きな画面で遊べると最高なんですけどね。

未だ逆ザヤが解消されない3DSですし、新型の発売なんてまだまだ先のことでしょうねぇ。



他に現行機で気になる点があるとすれば…


「スタート」や「セレクト」などのボタンがソフトスイッチなのがなぁ…


なんかあれ、二昔前のPCのキーボードみたいですんごい貧乏臭く感じるんですが…私だけ?

爪の先で押したりするのを繰り返すと破けてきそうで心配ですw


まぁそんなところにテコ入れが入るはずもなく(入るんだったらとっくに実現してるだろうしw)、現行機を買うしかないのですが…


せめて新色でないかな〜 できれば「緑色」で。

現行機の中だと…やっぱり無難に白かなぁ〜?


まだ時間はありますし、ゆっくり悩みますw




ところで、「PSVITA」のソフトラインナップにも、「真・女神転生シリーズ」の表記があるのですが、コレは今回の3DS版「4」とは別モノと考えていいんでしょうかね?

今回の発表で「マルチ」は無くなったし、ナンバリングも考えにくいしで、残るは「4の移植」か「外伝もの」くらいかな?

って情報無いのに考えても仕方ないかw





posted by ラムネ at 23:43| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

「デビルサマナー ソウルハッカーズ」が3DSで復活!

はい、タイトルの通りです。

過去にセガサターンで発売され、その後PSにも移植された、あの


デビルサマナー ソウルハッカーズ


が、ニンテンドー3DSに移植決定ですってよ!!




発売日も8月30日に決定済み。


既に公式サイトが公開中です → コチラ



ゲーム情報サイトでは昨日周知されたようですが、私は今日初めて知りました^^;




「デビルサマナー ソウルハッカーズ」と言えば、「真・女神転生」の外伝ゲーム「真女神転生 デビルサマナー」の続編として発売された、傑作RPG。



これまでも最新ハードへの移植が望まれていたらしいのですが…



まさか、それが3DSで実現するとはねぇ…


現状で判明している主な変更点は


・ゲーム画面のワイド化及び2画面への対応

・完全フルボイス化

・新規オープニングアニメの追加

・映像表示の向上・ロードの短縮化・コマンドレスポンス向上などより遊びやすく改善



こんな感じでしょうか。




私自身、このゲームは過去にSSで相当遊びましたし、かなり思い入れの深いソフトです。


現在も尚押し入れの奥にソフトを残していますしね。

当然「悪魔全書」と共にw




そんなソフトがここにきて復活かぁ…




めっちゃ悩むやん!!!!!!!!!!!!!!




3DS用ソフトということは、当然ハード込みで買う必要があるわけで…


新ハード購入の動機が過去に散々楽しんだ作品とはいえ、リメイク作っていうのがなんともはやw




逆に言えば、このリメイク発表が無ければ3DSを買う気になれない現状が悪いんだ!そうだそうだ!^^;


私が躊躇いなく本体購入に踏み切れる新作ソフトを出してくださいよ!w




というわけで、もうちょっと悩みますw



しかし…どうせなら前作「デビルサマナー」も一緒に移植してくれりゃいいのに…


あぁ、PSPで遊んでくださいねってことですかw







PS:

3DSの発売スケジュールにある

真・女神転生シリーズ

って、まさかコレのことじゃないよね?w


と思って確認したら

8月30日の欄に新規で追加されているからそうじゃないってことで、ホッと一息w

posted by ラムネ at 23:58| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

生ウメハラ氏を見ました!

今日はちょっとした買い物目的で日本橋へ行ったのですが、帰り際に雨がシトシト…


傘持って来てない…


ほどなく本降りになってきたので、これはヤバいとちょっと雨宿りがてら

久しぶりにゲームセンター「アビオン」に立ち寄ってみたのですが…


3階のビデオゲームフロアに行くと、なにやら「スパ4」のあたりに人だかりが…


ん?何かイベントでもやってるのかな?


エスカレーターを上がって右側の対面台を覗いてみると、そこには…



うめはら」というプレイヤーの「リュウ」使いが…!



な、なな、ななな…


なんですとぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!


慌てて対面台の反対側に目をやると、そこにはまぎれもなく



あのプロゲーマー「ウメハラ」氏の姿が!!!!!!!!



※ちなみに隣には「マゴ」氏もいました。



なんで大阪にこの二人が居るんだ????


あれかな?いわゆる「遠征組み手」ってやつかな??



とにかく大勢の人だかりの中、後ろのほうで「ウメハラリュウ」の雄姿を終始目で追っていました。



「Ver.2012」になってから「リュウ」に転向したのかな?

とにかく「ウメハラ」氏が操作する「リュウ」を見たのが久しぶりなもので…



しかも「」で!!!



まさに恵みの雨じゃぁああぁぁあ〜!!!^^



ちなみに私が見た時点で…

BP:16万強 全国13位

でした。


※一方「マゴ」氏は、BP:27万強 全国3位(東京1位)



やっぱり「ウメハラ」氏が「リュウ」を使う姿はイイなぁ…

なんというか、自身が下手横「リュウ」使いということもありますが、やっぱり絵になりますね^^



暫くすると帰ってしまったのか、ちょっと目を離したスキに居なくなってしまいました。

「マゴ」氏の「フェイロン」を暫く眺めてからその場を後に。



帰宅後ちょっと調べてみたのですが、どうやら他店(おそらくタイトーステーション)で行われた某ゲームのロケテストにゲストで呼ばれていた…らしい?


更に、私が行く前には「ウメハラ」氏 VS 「マゴ」氏のガチマッチが行われていたそうで…


う〜ん、観たかったぁ〜



最近の「格ゲー事情」にすっかり疎くなってしまっていたので、「ウメハラ」氏の「リュウ」転向は本当にサプライズでした。

※別に「ユン」を辞めたわけじゃない?



おそらく生「ウメハラ」氏を見ることなんて、今後二度と無いんだろうなぁ…


改めて、今日の雨に感謝!^^

posted by ラムネ at 22:02| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

今後のゲーム予定まとめ - 2012年 4〜6月 -

今日で3月も終わりか…

歳をとると年月が経つのがなんと早きことよ…

そして、私は一体いつまでTVゲームを遊び続けるのでありましょうか…


とまぁ感慨深く語っても仕方ないので早速今後の「ゲーム予定」纏めちゃいますかねw


赤字は予約済み


【4月】


5日
第二次スーパーロボット大戦Z 再世篇 (PSP) 

 ※昨年4月14日に発売された前作「破界篇」から、ほぼ1年後に発売となる待望の「第二次スパロボZ」の続編。今回は「太陽の使者 鉄人28号」が完全新規参戦。個人的には「グレンラガン」のアニメでのトンデモ展開がゲーム中どのように描かれるのかが楽しみ。また贔屓にしている「ボトムズ」では「ラビドリードッグ」の登場を今から心待ちにしている(出るよね?)。


【5月】


24日
■虫姫さま HD (Xbox360)

 ※続編にあたる「虫姫さまふたり」をプラコレで買い、かなり面白かったので、その前作にあたるこの作品にも注目はしている…が、”前作”というところがネック。続編のほうを先に味わったことでさすがに古さを感じてしまい、それにフルプライス払うということに抵抗が無いといったら嘘になる…。いっそのことプラコレが出るまで待つか…?


【6月】


14日
ロリポップチェーンソー(PREMIUM EDITION) (Xbox360)

 ※今年に入ってXbox360のアクションゲームはこれで4作目。「お姉チャンバラZ」に通じる「遊べるおバカゲー」に期待しているが、プロデューサの須田氏が手がける「ノーモアヒーローズ」などは全く未体験で、私に合うかどうかは触ってみないと正直わからない…。体験版を配信してくれることを願う。なお限定生産の「プレミアムエディション」は通常版の完全上位版で、正直通常版の存在意義が全く不明なのだが、通常版を踏み台にして限定版を売り抜いてしまおうという作戦か…?


28日
■ロボティクスノーツ (Xbox360)

 ※「5pb」の”空想科学ADVシリーズ”第三弾。前作「シュタインズゲート」は体験版を遊ぶもキャラクターの絵柄とネットスラングが目立ちすぎる文章が性に合わずスルーを決めたが、本作は「題材が”ロボット”であること」「絵柄が許容範囲」ということで注目している。ただ購入の決定打としてはイマイチ弱いので、これも事前に体験版が配信されればありがたいのだが…。



以上です。

今年に入ってからは月1本ペースでうまく買えていてなかなかいい感じなのですが、それでも5月は中古ソフトでしのぐ可能性が高いですね。

そういえば最近RPGの新作を全然遊んで無いですねぇ…。

昨年の「ドラクエ1・2・3」はリメイクでしたし、そうなると「ラストストーリー」が最後ですから、もうかれこれ1年以上ご無沙汰ということに…。

「真女神転生」の新作早く出ないかなぁ…。



最後に2012年7月以降に発売予定のソフトで気になっているものを並べておきます。

Xbox360

・マックスアナーキー (7月5日)
バイオハザード6 (11月22日)
・Phantom ファントム・オブ・インフェルノ (今冬)
・バーチャファイター5 ファイナルショウダウン (今夏)
・クリムゾンドラゴン (年内)
・DmC デビルメイクライ (未定)
・シャドウコンプレックス2(仮) (未定)
・メタルギア ライジング リベンジェンス (未定)

Wii

・ドラゴンクエスト] 目覚めし五つの種族 (年内)

3DS

・スーパーロボット大戦シリーズ (未定)
・真・女神転生シリーズ (未定)

PSVITA

・真・女神転生シリーズ (未定)



今年最も期待する作品はコレ!

Xbox360専用のXBLAソフト

クリムゾンドラゴン」!!

インサイドXboxなどのプレイ動画を観て「もうこれはパンツァードラグーンだ!」と一人興奮していますw

キネクト専用じゃなければなぁ…(いい加減しつこいかw)

配信日が決まり次第キネクト購入を検討します。


あともう一本。

バイオハザードシリーズ最新作であり正統ナンバリングタイトルである

バイオハザード6

サプライズ発表と共に早々に発売日も決まり、既に予約も開始しているのですぐさま抑えましたよ。

携帯機で遊ぶバイオや外伝物にはどうも食指が動きませんが、これは遊ばなければ!

ただ…ヘンにTPS風にされることが無いかとそこだけが心配…。

バイオ=アドベンチャーなんだから…STGが遊びたいのなら他にいくらでもソフトがあるでしょうよと。



一方「PSO2」は完全に見限りました。

かつての発表会で「あくまでPC専用」という表現をしていたにもかかわらず、今年に入って突然の「VITA版」発表で軽く絶望させられましたが…。

その後の「基本料無料+アイテム課金」制という発表でトドメを刺されました…。


さようなら、PSO2…。


ただでさえVITA参入で気が滅入っているところに搾取する気マンマンな課金制度…もうムリです。

私のPC新調はまだ先の話になりそうですw



posted by ラムネ at 14:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

「ドット マリオ クッション」が届きました

今日は「エネループ」以外にもう一つ商品が届いていました。

はて?注文した覚えはないのですが…


差出人は「クラブニンテンドー」


ということは、もしかして…


届いた箱を開けてみると、昨年の「プラチナ会員」向け商品として私がチョイスした


ドット マリオ クッション


でしたぁ^^;


cn_p_goods.jpg


↑そのクッションがこれ。


全長30センチほど、厚さは5センチくらい。


肌触りは悪くないw


ただ…


このイビツな形は…使い勝手が悪いですなぁ…w


まぁ、実用的な商品ではないことは見た目からして明らかですけどもねw



さて、今年ですが…

3月15日現在の私の「クラブニンテンドー」ランクポイントは


85 ポイント。


ランクが確定する9月末までのおよそ半年でプラチナランクにするにはあと 315 ポイント必要です。


ムリだな…


だって、今年にはいって任天堂関連のソフト&ハードを買う予定が


まだひとつも無い!


Wii&NDSは末期ハードだし、WiiUは出るとしても年末だろうし、3DSは全く必要性を感じない…。


ダメだこりゃ…プラチナはおろかゴールドさえも危ういな…^^;


ま、今後どうなるかはまだ未知数ですけどね。

posted by ラムネ at 20:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

「PSVITA版PSO2」発売発表に軽く絶望しています… その2

先日9日の「PSVITA版 PSO2」発表という悪夢から3日後の12日。

ユーザーの反応がよほどすさまじかったんでしょうね。

開発ブログに


『PSO2』PS Vita版に心配の声をいただいている皆様へ


という表題で酒井プロデューサー自らが「火消し」記事を掲載されておりますw


私も一通り読ませてもらいましたけど…


これで納得しろというのはあまりにムリがありすぎる…

むしろ火に油を注いだような…かえって何もしないほうが良かったのでは?と。



特筆すべきは

・3G回線でのパーティープレイは困難なので、別途対応する。

・PC版とPSVITA版の同期プレイは、今後のテスト結果如何では行わない可能性もある。




早くも弱腰ですねw


まず「3G回線」については、別途対応も何もはなっからムリでしょう。

私も詳しいことはわかりませんが、それでも3G回線がPSO2のようなゲームに適さないことくらいはわかります。

出来てもせいぜいマイルームを弄ったり、育成要素を進めたりなど情報量の少ないシングルプレイくらいでは?

「別途対応」の行く末をじっくり見させてもらいましょう。



そして、今回最も懸念材料とされる「同期プレイ」について。

「今後のテスト如何では…」と言ってますが、まぁやるんでしょうね。

というかやらない理由が無い。

PC版とPSVITA版で同じキャラを使え、家でも外でも遊べるっていうある意味VITA版導入の「ウリ」は無くすわけにはいかないでしょうしね。

なにより、セガサイドとしてもわざわざサーバーを分けて管理費を倍増させるなんてバカな真似はしないでしょう。



とにかく、一度失望させたユーザーの心を取り戻すにはあまりにも無力な記事でしたw



更に付け加えておくとすれば、このブログ記事に寄せられたコメントですが…

これは書かれたもの全てではありません。

ざっと目を通すだけでもわかりますが、VITA版を肯定するものがほとんど。


そう…「火消し」記事に寄せられたコメントに対し、更に「火消し」を行っているんです…。


なんだかなぁ…^^:


寄せられたコメントを全部載せられないくらいなら、最初からコメントできないようにしておけばいいのに…。


こういう姿勢が余計に火種になるって、ちょっと考えればわかることだと思うんですけどね。


これからどうなっちゃうんでしょうね?PSO2って…
posted by ラムネ at 23:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

「PSVITA版PSO2」発売発表に軽く絶望しています…

昨日、なにやら「PSVITA」に関する発表会があったようですが、未所持ハードだし何かサプライズがあればゲームサイトで流してくれるだろうと全く注目していませんでした。


そして…そのサプライズはやってきました…


PSVITA版「ファンタシースターオンライン2」発売決定!?


サーバーはPC版と共通!??



 ※ちなみに公式サイトは→コチラ



PSUの悪夢再来ですか!!!!!?????



そう…PSUでは私が遊んでいた当時はPCとPS2の2プラットフォームだったわけですが…

共存は大変だった…

ハードの能力差のせいで正直足を引っ張られてる感はかなりのものでした…


「PS2版が無けりゃもっとできることあったろうに…」


実際ゲーム内でも「PS2ユーザーお断り」な募集も数多く見られ、殺伐とした空気が流れたことも1度や2度ではありません…




その後、あの「PSO」の正統続編を名乗るゲームが開発決定!

プラットフォームはPCのみ!

ゲーム画面もキレイだし、クローズドベータ参加者の情報を聞くになかなか期待できるようだ!!


よ〜し!これはPCを新調してでも遊びたいかも!!



なんていう私のテンションは、昨日の発表で急降下ですよ…



またコンシューマー機が参入?しかも携帯機だと…?

PSVITAを考慮した調整が必要になることで…また足を引っ張られるじゃないか…

外でも遊べるって…まさか低速な3G回線で?冗談でしょ…?




たのむ!撤回してくれぇええぇぇえええぇぇぇぇぇえぇええぇ〜!!!



はい、絶望っと。

とりあえずPCの新調とかもう無いです。



PSO2…始まる前から終わっちゃった…orz




とまぁ書きましたが、とりあえず様子見って感じですかね。

好転することは考えにくいですけど。

落ち着いてきたところで、発売日から始めることはまぁ無いかなぁ…

ネットゲームってスタートダッシュが大事なんですけどね…新PCを用意してまで挑むにはリスクが高すぎますw




PS:

「スパロボZ2 再世篇」がPSVITAでも!

みたいな情報があって、調べてみたら単にPSP用のDL版を配信するからそれで遊べるよ!ってことでした。

しょーもなw



PS2:

「UMDパスポート」サービスがスタートしたそうですが…

何が悲しくて自分が持ってるPSPソフトをお金払ってまでPSVITAで遊ばなきゃならんのでしょう…?

PSPでそのまま遊べばいいだけの話なのに…

PSVITAで遊ぶことのメリットって何ですか?

posted by ラムネ at 10:00| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

「シューティングゲームサイド」の懸賞でCDが当りました!

帰ってきてポストを開けると、なにやら小包が…

「ん?この時期に届くような商品特に頼んでないけど、なんだろう…?

送り主を見ると

「(株)マイクロマガジン社」

…ふむ…どこの会社だ?


部屋に入って開封してみると…

stggs_pre.jpg


おお…当った!!


当選品は「ダライアスバースト アナザークロニクル」の音楽CD。


ハガキは毎号出しているので、一体いつの号のだろう?と改めて確認してみると

『シューティングゲームサイド VOL.03』

でした。


2011年10月31日の締切りに対して、届いたのが2月半ばですから、ざっと5ヶ月は前ですねw


ともあれこういう懸賞って普段全くといっていいほど当ったためしが無いので、純粋に嬉しいですね〜。

 ※あ〜!そういえば昨年「ニンテンドーポイント 2000ポイント」が当ったっけw


なお、上の写真ではCDジャケットで隠していますが、その部分には担当者の方が直筆でコメントを書いてくださっていました。

こういうお心遣いも嬉しいもんですね^^


(当ったから言うんじゃないですがw)これからも頑張ってくださいませ!

影ながら応援しています!





PS:
今日からAmazonで

「PlayStation Vita 3G/Wi‐Fiモデル 」と「PS Vita専用ソフト」をを合わせて買うと表示価格よりさらに2,000円値引き

というキャンペーンが実施されています。

詳細は → コチラ


期間は3月31日(土)午後11時59分まで。

およそ一ヶ月半という結構な長さですね。


私が知らないだけかもしれませんが、このような長期キャンペーンをAmazonが実施するのって珍しくないですか?


ともあれ、欲しい人は急げ!


私は…今のところ欲しくないので急ぎませんw



PS2:
昨日14日から配信中の『お姉チャンバラZ 〜カグラ〜』の追加DLC

彩&咲プレイアブル (800MSP)

ですが、事前までDLする気マンマンでしたが某所の情報を受けて見送ることにしました。


内容に関してうんぬんではなく、追加実績(250G)を取得してもLIVEサーバーに反映されない

実績の不具合

があるようなので…


過去に同じような経験を「デススマイルズ」でしている私としては、一度取った実績を「タグ復元」をした後に再度取得しなければならないという事態を二度と味わいたくないので…。


後日正常に実績獲得ができるように改善されてから、あらためてDLするかどうかを考えることとします。
posted by ラムネ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

シューティングゲームサイド VOL.04

発売日の2月3日から遅れること2日後の昨日無事受取ることができた

シューティングゲームサイド VOL.04


Amazonで予約注文し、届くのは1日遅れの4日予定だったのですが、その日は帰りが遅く「ゆうパックだしいつものようにポストにぶっ刺さってるだろうな」と思ったら影も形もない…?

JPの配達員さん、ポストに入りきらなかったからとそのまま持ち帰ったようです。

 ※ゆうパックにそんなサービス無いはずなんだけど…親切なのかおせっかいなのか…w

というわけで、昨日再配達依頼をし、手にすることができたわけです。


stgs4.jpg

↑表紙。


実はこれまでに発刊された「VOL.00」から「VOL.03」までは全て購入済み。

しかし、タイミングのせいか単に気が乗らなかったのか、当ブログで取り扱うことは無かったのですが、今回あえて書こうと思ったのは、ひとえに表紙にデカデカとある通り今号が

東亜プラン特集

だからであります!


ちなみに…

stgs0_4.jpg

↑これまでに購入した全5冊。

 ※後ほど個別に簡単にご紹介させていただきます。


さて、「東亜プラン」という社名を聞いてピンと来るアナタ!

そこそこおっさんですねw


1985年に「タイトー」ブランドとして発売された縦スクロールSTG「タイガーヘリ」が大ヒットし、そこで確立された「ショット&ボンバー(ボム)」というシンプルなシステムが以後の2DSTGに多大な影響を与えました。

まさに「シューティングの老舗」、それが「東亜プラン」なのであります!


学生時代、帰宅部だった私は下校時間になれば友人らと連れ立って近所のゲームセンター(ゲーセン)街へ。

思えばあの学生環境が今の私を決定付けたといっても過言ではありません…

1ゲーム20円という破格の安さでレトロゲームはもちろん最新ゲームまで遊べるというとても恵まれた?ゲームライフでした。

 ※その分どの台も難易度がデフォルトよりも上がった状態で設置されていましたがw


当時のゲーセンは今以上に「不良の溜まり場」的イメージの濃いダークな場所という空気が漂っていましたが、私は間違ってもソッチ系の人種じゃありませんよ。念のためw

そんな中で、私がこよなく愛したゲームが「東亜プラン製のシューティング」でした。

ざっと挙げると…

タイガーヘリ(1985)
飛翔鮫(1987)
究極タイガー(1987)
TATSUJIN(1988)
ヘルファイアー(1989)
大旋風(1989)
ゼロウィング(1989)
鮫!鮫!鮫!(1989)

はぁ〜

懐かしい…


両替した10円玉をズボンのポケットでジャラジャラといわせ、空いた台を見つけてはイスに座り、コインを投入して時間とお金の許す限りボタンを連打しまくったなぁ…


特に私が熱中したのが、「究極タイガー」!

赤・青・黄・緑の4色に変化するアイテムを取ることで、その色に準じた武器ショットに変化するという当時としては斬新なシステムが私にはとても衝撃的でした。

絶妙なゲームバランスや、ボタン押下後爆発まで若干のタイムラグがあるが攻撃はもちろん緊急回避にも使えるボンバーなど、このゲームがその後のSTGに与えた影響は数知れず…。

一番使いやすい青(ワイドショット)で進むのがセオリーの中、使いにくい黄を誤って取ってしまったときの絶望感と言ったら…w

撃墜されると戻り復活するシステムなのですが、難所でヤラれるといつまで経っても脱出できずに終わってしまって「黄色めぇ〜!」と何度怒りをぶつけたことかw


そういえば、当初決まったゲーセンに居た、やたら東亜STGの上手なお兄さんがいたのですが、後ろで見ているとヤラれるたびに「チッ」と舌打ちをすることから、仲間内では密かに「舌打ちにいちゃん」と呼んでましたっけw

 ※あのにいちゃん、今どうしてるかなw


その後発売された「TATSUJIN」「大旋風」「鮫!鮫!鮫!」も好んで遊びましたねぇ〜!

一方で「ゼロウィング」などの横スクロールSTGはあまり性に合わなかったのかプレイ経験はやや少なめ。


また、1991年以降に発売された「ヴィマナ」「ドギューン!!」「達人王」「V・X」などは、自身が社会人になってからの製品なので、名前こそわかるものの、殆ど思い入れが無かったり…

 ※学校卒業後も暫くはちょこちょことゲーセン街に通っていたのですが、やはり学生時代ほどはハマれず…。


「東亜プラン」製のゲームって、まずその「奇抜なネーミング」がスゴいですよね。

「究極タイガー」とか「鮫!鮫!鮫!」「ドギューン!!」なんて、どうやったら思いつくんだろう…?w


また、紙面でも「東亜節」と記されているその独特のサウンドも素晴らしいものでした。

耳をつんざくギュンギュンというハードロックなBGMが否応無しに盛り上げてくれるんですよね〜

あぁ…なんか改めて聴きたくなってきた…

 ※早速調べたらAmazonで中古CDが売られてるな…。タイトー名義だけどw


この記事を読まれて心を揺さぶられたアナタ!是非この雑誌を買って読んでみてください。

懐かしさのあまり、涙がちょちょぎれること必至ですよ!!^^





なお、「東亜プラン」以外の掲載記事で目を奪われたのが、

iphone向けに「レイフォース」が配信

という記事。


え?「レイフォース」?「レイヤーセクション」じゃなく?


SS版は名称が「レイヤーセクション」という名前でなんだかお茶を濁された風に移植されたのに、ここにきて正式名称で出せるとか…一体どういうことなの?w



さて、では残りの4冊についてもサラッとご紹介しておきましょう。

 ※発刊順にご紹介。


シューティングゲームサイド VOL.01 (2010・10)

それまで「ゲームサイド」として不定期発売されていたのですが、その後内容を2DSTGのみに絞って出された記念すべき第一号。

中身は表紙にある「ダライアスバースト アナザークロニクル」に始まり「ハドソンシューティング キャラバン戦士の記憶」「ライジング/エイティングSTGの軌跡」など。




シューティングゲームサイド VOL.02 (2011・7)

特集は初代「グラディウス」から最新の「オトメディウスX」まで、歴代グラディウスシリーズを網羅した「グラディウスの軌跡」

ほかにSNK(現SNKプレイモア)の歴代STG特集「SNKシューティングの記憶」「トラブル☆ウィッチーズねぉ!」「エスカトス」など




シューティングゲームサイド VOL.03 (2011・9)

「ナムコ・シューティング特集」として新作の「ギャラガレギオンズDX」を筆頭に、主にギャラガ系のSTGを中心に紹介。

ほかに「魔女っ子シューティング特集」・「スターフォックス64 3D」「スティールダイバー」など。




シューティングゲームサイド VOL.00 (2011・11)

「ゲームサイド」時代に特集されたシューティング記事を加筆&再構成してまとめて掲載した号

・シューティングの美学
・ナムコ・アーケードSTG特集 ARRANGEMENT
・グラディウスの宇宙'07改
・ダライアスの深層 EXTRA VERSION





余談ですが、私的お勧め度としては

04>>>>>00>01>>02>>03

適当ですがこんな感じ。

個人的にナムコSTGってあんまり思い入れないんですよ…「ドラゴンスピリット」や「オーダイン」なんかは結構遊びましたけどね。


さて、次号「VOL.05」はいつ出るのでしょうか…?

02号からは2〜3ヶ月に1冊のペースで出ているので、その流れでいけば4〜5月頃かな?

そろそろ「トレジャー特集」とか「カプコン特集」なんかもお願いしたいところw

posted by ラムネ at 19:56| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

ゼルダの伝説 風のタクト その2

昨夜の話になりますが、ようやくクリアしましたぁ…。

(ふぅ〜)

あ、はい

ゼルダの伝説 風のタクト

ですぅ…。


のっけからテンション低くてスミマセン…。

正直精神的にかなりキたので^^;


ぶっちゃけ、プレイ開始からコンスタントに続けていれば昨年中には終わっていたと思いますが、ゲーム中のとあるイベントのおかげでモチベーションが維持できず、2〜3日に1回くらいのペースでしか遊べませんでした…。

そのイベントとは、


「タライとホース集め」


要約すると、各地に散らばった8つの「トライフォース(タライとホース)」を地道に集めるイベントなのですが、流れとしては…


1.チンクルから貰った「すんごいマップ」を頼りに各地を巡り、「トライフォースのお宝マップ」をゲット

2.チンクルに「トライフォースのお宝マップ」を解読してもらう

3.解読されたマップを頼りに、サルベージにて「トライフォース」を引き上げる


これを延々8回繰り返すお仕事…


1.ですが、ザコ戦をひたすら繰り返してゲットできるものや、幽霊船の内部を巡ってゲットできるものなど様々ですが、基本謎解きなど無く淡々とこなすのみ…。作業感がハンパないです…。


そして2.ですが、ここで私を更にいらつかせるチンクルの発言。

チ <「解読には398ルピー頂くよ!」

ゆ…有料かよ!!

つまり全8マップ解読するのに約3200ルピーが必要なわけで…。

この時点で手持ちは1500ルピーくらいしかなく、まさかここでルピー稼ぎを強いられるとは…!

チンクルに対して覚えた殺意をなんとか沈め、仕方ないので殆ど放置していた「宝の地図」を元に、並行でルピーを集める作業も行います。

引き上げて「ハートのかけら」だったときの残念っぷりといったら…^^;


3.は… はぁ…面倒…


後にWikiを調べて知ったのですが、このイベントって開発が遅れていたせいで入るはずの後半のダンジョン2つを削った代わりに入れたものらしいですね…。

どういうこっちゃーーー!?

任天堂らしくないやんけーーーー!!!!

たとえ発売が遅れようとも、納得のいく完成度に仕上げてリリースするのが任天堂の社風やなかったんかい!!


最後のガノンドルフ戦までの道のりも平坦でつまらないものでしたしね…。


クリアしても、感動よりも「やっと終わってくれた…」という安堵感のほうが強かったです正直…。



某所で評判が高いと聞いて買ったものの、もう少しちゃんと調べてからにすればよかったなぁと。

10年前のソフトですし、思い出補正がかなり影響していたのだろうな、なんて…。


というか、当時のプレイヤーって「タライとホース」のことどう思いながらプレイしたんだろう…?

オススメだと書いている”どこぞの誰々さん”に、是非そのあたりを小一時間聞いてみたいw


ちなみに、やり残したイベントはまだ多数ありますが、もちろん遊ぶ気はゼロです。


2周目?とんでもない^^;



あ〜あ…、こんなことなら「デビルサマナー 葛葉ライドウVSアバドン王」を素直に遊ぶんだった。

ゲームキューブ用のコントローラーとメモリーカードがこのまま産廃になりそうな予感^^;


19日の「お姉チャンバラZ 〜カグラ〜」まで残り約10日。

「デビルサマナー」遊ぶには中途半端だし…さて、どうしようか…。

posted by ラムネ at 20:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

今後のゲーム予定まとめ - 2012年 1〜3月 -

2011年も残すところあと一日ですね。

なんという一年の早きことよ…^^;

というわけで、今年最後のブログ記事は来年の1〜3月における「ゲーム予定」を纏めて終わりにしたいと思います。


前回の記事でも書いたとおり、今年のゲームライフは”干ばつ状態”化していただけに、来年はもう少し”恵みの雨”が多く降るといいなぁ〜

赤字は予約済み


【1月】


19日
お姉チャンバラZ 〜カグラ〜 (Xbox360)

 ※当ブログの常連さん「柴犬」さんが残されたコメントを読んで調べ、「これは良いバカゲー(褒め言葉w)」ということで早速Amazonで予約。初回特典の「きわどい水着」というビッグウェーブ(?)に乗らなければ!という思いが大きかったことも否定できないw。更に内容を調べると、実はモードも多彩で結構しっかり作られているようで、もしかしたらいい意味で期待を裏切ってくれるかも?などという淡い希望も抱きつつある。しかし、年明け最初のゲームがZ指定の色物ゲームというのも正直我ながらいかがなものかとw


19日
■スターストライクデルタ (PSVITA)

 ※過去にプレイしたPSPの「スターストライクポータブル」が面白かったことを受けて、ラインナップにその名を見かけて思わずチェック。だが、上の「お姉チャンバラ」と発売日が被っていること・DL専用ソフトなのでいつでも買える・新ハードを買ってまで遊びたいかといえば…ということで、購入する可能性は限りなく低い。ハード購入も辞さないと思わせる私的キラーソフトが出た後に時間ができれば買ってもいいかな、というところか。


【2月】


2日
■ソウルキャリバーX (Xbox360)

 ※3D格闘「ソウルキャリバー」シリーズの最新作。今作は一部のキャラを残してかなりのメンバー変更がなされており、私のメインキャラである「タキ」が引退し、弟子の「ナツ」とかいう金髪の子供に変更という残念仕様で正直注目度は低め。サブキャラである「セルバンテス」がまだ現役らしいので、それが救いか…。ちなみに今回のゲストキャラは「アサシンクリード」とかいうゲームの主役らしいが、あんた誰?レベルなので正直私にとっては空気キャラである。


23日
アスラズラース (Xbox360)

 ※以前(確か東京ゲームショーで)披露されたPVを観て、これまた「お姉チャンバラ」とは違う路線での「バカゲー」だ!ということで、予約開始を待って即Amazonで押さえた一品。超巨大なデブが人差し指を大気圏突入させて地上の主人公を攻撃する…こんなPV見せられたら気にならないほうがおかしいだろうw。もちろんアクションゲームとしても期待しているのは言うまでも無い。


23日
■アンダー・ディフィードHD (Xbox360) 【12/1/2 1:00追加】

 ※2006年に「ドリームキャスト(DC)」でリリースされたアーケード移植の2Dシューティング。DC撤退後のリリースということで私自身全くその存在を知らず、現在プレミア価格がついているらしい。そんなゲームがHD化されて復活するようだが、2DSTGにプレミアが付くことは”市場への出回りが少ない”など珍しいことではなく、つまり価値の理由イコール面白さではないわけで…。ここで挙げたのは単に”2DSTGだから”という理由だけであるw。開発が「グレフ」というのも引っかかる…。


【3月】


8日
■Blades of Time (Xbox360) 【12/1/2 1:00追加】

 ※ロシアの某社がデベロッパー・パブリッシャーがコナミのアクションゲーム。主人公が「アユミ」という女性なのは過去にUPIから発売された「X・ブレード」の流れを組んでいるようだが、グラフィックの絵柄は以前のいかにも日本のアニメを意識したものからリアル路線に大きく様変わりし、正直こちらのほうが好み。まだ情報は乏しいが、どうやら「タイムリワインド」という”時間を操る能力”を駆使することで、”過去の自分と共闘できる”といった面白い試みを導入していると聞いて少し気になっている。


22日
■ニンジャガイデン3 (Xbox360)

 ※テクモ(現コーエーテクモ)内開発チーム「チームニンジャ」の、板垣氏退社後初めてリリースする通称「ニンジャガ」の最新作。新たなチーム責任者となった早矢仕氏の手腕が問われるところだが、度々ゲーム情報サイトに寄せられる氏のコメントを読むたびに、その挑戦的で且つどこから沸いてくるのか不明な自信に満ちた発言にイライラさせられながらも、「そこまで言うなら遊んでやろうじゃないか」というもはや思う壺状態になりつつあることも確かw。だが、まだ予約の一線は越えられずに居るw。



こんなところでしょうか。

年が明けて、ようやくメインハードであるXbox360の息が吹き返す…といった感じですかね。

まぁそれも実際蓋を開けてみなければなんともいえませんけどもねw

ラインナップのジャンルがアクションとSTGばかりというのも、なんともはや…^^;



最後に2012年4月以降に発売予定のソフトで気になっているものを並べておきます。

Xbox360

・Phantom ファントム・オブ・インフェルノ (今冬)
・ロボティクスノーツ (春予定)
・バーチャファイター5 ファイナルショウダウン (今夏)
・プロジェクトドラコ(仮) (年内)
・ロリポップチェーンソー (年内)
・DmC デビルメイクライ (未定)
・シャドウコンプレックス2(仮) (未定)
・メタルギア ライジング リベンジェンス (未定)

Wii

・ドラゴンクエスト] 目覚めし五つの種族 (年内)

PSP

・第二次スーパーロボット大戦Z 再世篇 (未定)

3DS

・スーパーロボット大戦シリーズ (未定)
・真・女神転生シリーズ (未定)

PSVITA

・真・女神転生シリーズ (未定)

PC

・ファンタシースターオンライン2 (年内)


今年は例年1本はあった「期待の新作」が未だ見当たらず…

本命は「真・女神転生」の新作なのですが、まだ「未定」では期待のしようもありません。

「女神転生」といえば、開発会社「アトラス」は2010年にどこかの会社に吸収されましたけど、その後の動向って…あぁ、確か「キャサリン」で色々やらかしてましたよね…なんか急に心配になってきた…^^;



それではみなさん、良いお年を!!



     
posted by ラムネ at 16:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

2011年総決算<TVゲーム編>

激動の2011年も残り後わずか…

まぁ激動と言っても日本国全体の話であって、私個人的には平年とほぼ相違ない平凡な1年であったことは否めませんがw

それでは、早速ですが1年の締めくくりとなる「ゲーム総決算」と参りますか。


<2011年購入ソフトラインナップ>

※先頭の記号の意味は以下の通り
〔新〕:新作パッケージソフト
〔廉〕:新品廉価版
〔ワ〕:新品ワゴンセール品
〔D〕:XBLA/VC/追加ダウンロードコンテンツ など各種DLソフト
〔中〕:中古品


【Xbox360】(計7作)

〔新〕 バレットソウル (※追加DLCあり)
〔新〕 オトメディウスX (※クリア後売却
〔廉〕 虫姫さまふたり
〔新〕 赤い刀真
〔D〕 スーパーストリートファイター4AE(Ver.2012)
〔D〕 ギャラガレギオンズ (XBLA)
〔D〕 デイトナUSA (XBLA)


【NDS】(計4作)

〔中〕 スーパーロボット大戦W
〔ワ〕 マリオVSドンキーコング 突撃!ミニランド
〔D〕 アロー・オブ・ラピュタ (DSiWare)
〔廉〕 真・女神転生 ストレンジジャーニー


【Wii】(計3作)

〔新〕 ラストストーリー
〔新〕 FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V
〔新〕 ゼルダの伝説 スカイウォードソード


【PSP】(計1作)

〔新〕 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇


【PS2】(計2作)

〔中〕 アイズピュア
〔中〕 真・女神転生V NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション


【GBA】(計1作)

〔中〕 スーパーロボット大戦D


【GC】(計1作)

〔中〕 ゼルダの伝説 風のタクト (※プレイ中)



今年プレイしたゲームの本数は…なんとたったの19本!

しかも…

新作パッケージソフトだけを数えると… わずか7本!!


昨年が総数31本でそのうち新作パッケージが11本でしたが、それを更に下回る数…。


今年は少ないなぁとは思いましたが、ここまで少なかったとは…おそらく過去最低じゃないでしょうか。


日照ってたなぁ…ほんと^^; 殆ど干ばつに近いレベルですねw


しかしその一方で、アニメ「TIGER&BUNNY」にハマったおかげでBDや玩具に出費が回ったので、趣味に費やした金額的にはおそらく昨年と変わらないか、もしかしたら上回っているかもしれませんw

来年は「タイバニ」はもちろん、「ZETMAN」も来るんですよ…あぁ〜サイフがヤバいw


話を戻しましょう。

機種別で言えば、「Xbox360」が辛うじて最多本数を維持し、メインハードの立場を保てたかな?

「Wii」は今年大健闘ですね。3本ながらその全てが新作パッケージですし。

「PSP」…



さて、今年のベスト3ですね。

1位は今年もダントツでぶっちぎりです。簡単に決まりました。

2位もさほど悩みませんでしたね。

3位は2本のうちどちらにしようかと少し考えた上で決めました。


1位:ゼルダの伝説 スカイウォードソード

昨年の「ゼノブレイド」同様、全く悩まずに決まりました。

「ゼルダの伝説」シリーズの最新作。「はじまりの物語」と称し、シリーズの原点を描く一作で、開発に実に5年もの歳月がかけられています。

なんといっても「Wiiモーションプラス」に対応したことで、リンクとプレイヤーの一体感が素晴らしい!

「トワプリ」の時はただ振っていただけの剣技が、モープラのおかげでリモコンの位置をリンクの剣が正確にトレースし、そのシステムだからこその敵キャラとの緻密な駆け引きが否応無しにゲームの世界にグイグイ引きこまれます。

そのシステムは謎解きにも巧みに採用され、これまでのゼルダとはまた一味違った仕掛けを堪能できました。

その謎解きですが、今作はこれまでと比べて少しまろやかだった気がします、が、その程よい難易度のおかげで全体的な敷居は下がったかな?と。

それでも「サイレン」など緊張感を味わえるイベントもあり、メリハリはしっかりと感じましたね。

ストーリーは前述の通り「ゼルダ始まりの物語」として進行し、ラストシーンは思わずホロッとさせられるような素晴らしいものでした。

キャラクターもメインはもちろん脇役に至るまでとても個性的でアクの強い人ばかりで、彼らのコミカルな言動に釘付けw

ノーマルで1周をクリアすると、更に歯ごたえのある「辛口モード」が現れますが、1周目でお腹いっぱいならすぐには飛びつかないであろうところを、私はすぐさま取り掛かり、一気にクリアしてしまいました。

2月に「ゴールデンヌンチャク」がクラブニンテンドーから届く予定なので、それが届いたら3周目遊んじゃおうかな?なんて思ったりw

 ※その時には今年のようなゲーム日照りではなく遊ぶゲームがありすぎて困るくらいだとありがたいですけどねw

惜しむらくは「進行不能バグ」が発覚したことでしょうか…。

現在は修正プログラムも配信され、一応の解決はされた形にはなっていますが、オフラインユーザーには解決になっていませんからね。

次世代ハード「WiiU」では、最低限パッチを当てられるようなハードの仕組みをいい加減構築してほしいものです。


2位:ラストストーリー

FFの生みの親「坂口」氏が手がけた新しいRPGということで、これは遊んでみなければと購入。

ストーリーはオーソドックスな「騎士道もの」で、目新しさこそないものの、主人公の「エルザ」を初めとする個性的なキャラクターが織り成す人間模様が細かく描かれており、個人的には面白かったです。

それよりも特筆すべきなのはその秀逸なシステム。

魔法を「サークル」という概念で取扱い、サークル内にいる仲間(敵)に効果を与える他、そのサークルを「エルザ」の独自魔法「ウィンドウ」で拡散して遠方に効果を飛ばす、といったこれまでにあるようで無かった独特のシステムは、さすが坂口氏といったところでしょうか。

仲間のAIが多少バ○なのがタマニキズですがw、ある程度指示も出せるので、戦略を考えた戦闘がハマったときは結構爽快です。

そして、そんなシステムを応用したモードで、思いがけずハマったのが「オンラインによる”対戦”及び”討伐”」。

もしかしたら、「サークル」を使った戦闘システムはむしろこっちのほうがやりたかったんじゃないか?と思わせるその完成度に正直驚き、ハマりましたねぇ〜

プレイ時間の半分くらいをオンラインに費やしたのではないでしょうか。完全に想定外でした。

ある日の「討伐」で、開発者である坂口氏のサプライズ登場!に一人興奮したりもw

しかし、Wi-Fiでのオンラインプレイはかなり厳しいものがありますねぇ…。なかなか繋がらない・繋がってもすぐに切れる・など、お世辞にも快適なプレイができる環境とは言いにくいですね。


3位:真・女神転生 ストレンジジャーニー

”メガテン”こと「女神転生」シリーズは今や数多くリリースされていますが、このソフトはシリーズの主軸とも言える「真・女神転生」の外伝的ソフトです。

個人的には「デビルサマナー ソウルハッカーズ」以来の”メガテン”で、実は「真・女神転生」を遊ぶのはこれが初めて。

NDSというハードの能力を考慮してか、3D描画されたマップ構成で、悪魔も1枚絵がユラユラ動くだけの最低限のもの。

しかし、ゲーム内容はしっかりと”メガテン”しており、悪魔会話から始まる「仲魔」システムや、ニ身合体・特殊合体などの「合体」システムなどはもちろん、「ストレンジジャーニー」特有のシステムとしては、パーティーの属性を揃えるとターン終了後に共闘して追加ダメージを与える「デビルCo-op」なども備わっており、遊び応えは十分!

ストーリー展開も”メガテン”らしくダークなもので、先の展開が気になって仕方ありません。

改めて、歴代の「真・女神転生」をなぜ今まで遊んでこなかったんだろうと、このソフトを遊んでとっても悔やまれましたねぇ〜。

2周目以降は「悪魔全書」や「マッカ(お金)」が引き継げるので、容易に最強メンバーで始められるのは賛否両論ありそうですが、私はむしろ潔くて良いのではないかと。


実は、この第3位に関しては正直PS2の「真・女神転生 NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション」と天秤にかけてどちらにしようか少し悩んだのですが、僅差で「ストレンジジャーニー」にしました。

どちらも甲乙付け難いので、ぶっちゃけ「新しいほうを選んだ」って感じですねw



というわけで、結果的に3本とも任天堂ハードのゲームになりました。

いや、正直今年遊んだソフトはその殆どが楽しめたものばかりで、本数は少ないながらも中身は充実したゲームライフだったと思います。


1本を除いてはね。


そう、既に売却した唯一の1本ですからすぐにわかりますよね。

そのワーストソフトとは、「オトメディウスX」です。


グラフィックこそ前作より強化されており、第一印象は悪くなかったのですが、実際遊んでみてその評価は激変!

特筆すべきは、そのあまりに簡単すぎる難易度…。

最高難易度を選んでも、ひとたび装備を整えシールドを張ってしまえば、ほぼ死ねる要素が無い…。

その後周回を繰り返しても難易度上昇が殆ど感じられず何周でもできてしまい、終わらせるにもはや自爆しかないという…。

これ、ゲームとして成立してます?


結果実績だけさっさと1000にし、追加コンテンツの配信を待たずに売却してしまいました。


暫くして修正パッチが配信され、内容に関しては幾分マシになったようですが、私の伺い知れない噂のレベルなので、もはや時既に遅しといったところ。

マシになった程度にもよりますが、なぜ最初からきちんとバランス調整をしてくれなかったのかと。

追加コンテンツが現在も尚配信中のようですが、もちろん私がそれらに触れることは無く…。

こういう書き方はもはや死語かもしれませんが、私にとっては完全に「オワコン」ですね^^;


プロデューサーのIGAさんは昨年「悪魔城ドラキュラHD」で私を大変楽しませてくれたというのに、STGは初だったのでしょうか…心底ガッカリです。

大震災という不可抗力があったとはいえ、最初の発表から発売まで相当待たされただけに期待度がより高まった分、その落胆ぶりたるや…。

もう「オトメディウス」シリーズは終了かもしれませんね…。

 ※あるいは、寛大なプレイヤーさんが追加コンテンツを買い支えてくれていれば、もしかすると…?



というわけで、そろそろ締めないといい加減長すぎますね。以上です!!


来年は…ラインナップを見ているかぎり今年よりはマシになりそうな…?

それに関してはまた改めて記事にさせて頂きますね。


  
posted by ラムネ at 20:59| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説 大全

今年は「ゼルダの伝説」生誕25周年。

それを記念して、オリジナルデザインの3DSやトランプ・Tシャツなど様々なグッズが発売されておりますが、そんな中で私の目を一際引きつけたのが、この

ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説 大全

です!

zelda_taizen.jpg

お値段は税込み 3,255円と少々お高め。


〜 以下Amazonの商品サイトより抜粋 〜


内容説明
「ゼルダの伝説」25周年・集大成の書!

第1章では「はじまりの物語」としての『スカイウォードソード』の世界をひもとき、第2章では「ハイラル全史」と題して「ハイラル」の系譜のすべてを明らかにする。
第3章では、多くの設定画を含む25年間のアートワーク素材を一挙に公開。
さらに、姫川明氏の描き下ろしコミック『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』(カラー8ページを含む32ページ)を収録。
「ゼルダの伝説」シリーズ・プロデューサー青沼英二氏責任編集による、「ゼルダの伝説」25周年記念、「ゼルダ」ファン必携の豪華愛蔵本!



私、正直申し上げて、さほど熱狂的な「ゼルダファン」というわけではありませんが、先日の「ゼルダの伝説 風のタクト」でも書いたとおり、今は”ゼルダ熱”におかされた状態w

特に最近激ハマリした『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の世界観をもっと詳細に見てみたいという衝動にかられ、上の「内容説明」を読んでそんな私の欲求が満たされそうだということで、情報を得た後すぐにAmazonで予約!

しかし、発売日の21日になっても依然「未発送」のまんま…。

某所では入手情報がちらほらありましたので、発売されていることは間違いないのですが、どうやらかなり数が少ない模様…。

その後23日になってようやく「出荷済み」になり、24日の午前中に到着しました〜!


お値段だけのことはあり、ハードカバーの豪華仕様。

サイズは 25.8 x 18.4 x 1.8 cm

資料:239ページ + 漫画:32ページ の計271ページとなかなかのボリューム。


先に抜粋した内容で紹介はほぼ完璧なのですが、改めて一通り目を通してみた私の簡単な感想などを。


■ 第一章:はじまりの物語

”全てはここからはじまった!”

「ゼルダの伝説」の壮大な物語、その原点として作られた最新作『スカイウォードソード』を作成するにあたって起こされた膨大な設定画やイメージボード、ボツ画稿、未使用画稿などを余すところなく紹介。

これを観ているだけでとても楽しい!。

あまりにもボツデザインやボツアイデアが多く、採用されなかったことが本当に悔やまれますね〜。

ゼルダやリンクはある程度イメージがあるせいか割合すんなりと決まったようですが、ファイやギラヒム・インパなどは試行錯誤の末決まったことが、大量のボツデザインを見ると伺えますね。

「大地」の各地に住む独特な住人たちも、沢山のボツ画稿を経て生まれたんだなぁ〜と。「キュイ」族など、初期は人型だったんですね。


■ 第二章:ハイラル全史

「ゼルダの伝説」シリーズ全ソフト(一部スピンオフソフトを除く)を年表として整理し、その系譜を紹介しています。

多少こじつけはあるものの、なかなかうまく纏まっていますね。

しかし、こうやって全ソフトを一覧的に見てみると、遊んだことの無い作品のほうが多いんだなぁと…。

ちなみに私が遊んだことがある「ゼルダ」作品は…

・ゼルダの伝説(FC-DS)
・リンクの冒険(FC-DS)
・神々のトライフォース(SFC)
・時のオカリナ(N64)
・風のタクト(GC) ※プレイ中
・トワイライトプリンセス(Wii)
・スカイウォードソード(Wii)

以上7作品。

 ※「4つの剣」は先日「25周年記念エディション」をDLして少し触った程度ですw

ザッと見て、携帯機の「ゼルダ」がほぼ全て未プレイですね。

「風のタクト」が終わったら、今も尚ワゴンを埋め尽くしているDS用の「無限の砂時計」「大地の汽笛」にも目を向けてみようかな?最近うちのDSはカラオケのリモコンくらいにしか使っていませんからw


■ 第三章:創造の足跡

初代「ゼルダの伝説」から「大地の汽笛」まで、過去の「ゼルダ」作品における様々なイラストや設定画がこれでもか!とばかりに掲載されています。

リンクが左利きなのは画面構成やドット絵の都合だとか。その後Wiiの「トワイライト〜」で右利きになりますが。

章の最後には「リンク」「ゼルダ」「ガノン」それぞれの、作品ごとのデザインを一挙掲載。

これを見ていると同じ「ゼルダ」シリーズでも本当に様々なデザインがあるものだなぁと…ほんと面白いですね。

初期の「リンク」は団子っ鼻だったり、「ゼルダ」は赤毛だったり…。


■ スペシャルコミック:ゼルダの伝説 スカイウォードソード

巻末には、「ゼルダ」関連のコミカライズでお馴染み(らしいw)「姫川明」さんの書き下ろしコミックが掲載されています。

作者さんに関しては正直初めて知ったのですが、紹介を読むに女性2名のユニットのようですね。道理で絵柄が少女漫画っぽいと思ったんですよ。

ストーリーはゲームのプロローグより更に昔の、まだ「大地」に人が住んでいた頃のもの。

独自の解釈を踏まえつつ、ゲームの世界に繋がるようにとなかなか上手く描かれていますね。



というわけで『ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説 大全』でした。


現在店頭などではなかなか発見できないレアな本で、ネットでは早くも高騰気味ですが、「ゼルダ」ファンなら是非手に入れてほしい…。

ここまで盛りだくさんな「ゼルダ」本は今後暫くは登場しないでしょうから。

オススメです。



posted by ラムネ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

ゼルダの伝説 風のタクト

ゼルダの伝説 スカイウォードソード(SS)』をプレイしたことですっかり”ゼルダ熱”が再燃した私。

予定では『SS』が終わった後は寝かせておいた『デビルサマナー 葛葉ライドウVSアバドン王』を遊ぶ気でいたのですが、結局”ゼルダ熱”の勢いに負け、現在

ゼルダの伝説 風のタクト

をプレイ中です。


Wiiで「ゲームキューブ(GC)」のソフトを遊ぶには「ソフト」以外に

・GC用コントローラー
・GC用メモリーカード

が必要なのですが、「コントローラー」は今でも店頭で売ってるんですね。白いGCコンが大量に店頭に並んでいてちょっと驚きました。

一方「メモリーカード」ですが、純正のものは最大251ブロックで2000円近くする一方、非正規品ですが1019ブロックで980円という格安のものがAmazonにあったので、迷わずそれを注文。


ちなみに「ソフト」は日本橋の中古ショップで1900円くらいで売っていたので、箱がボロボロだったことがちょっと気になりましたが、まぁいいかと購入しました。



というわけで遊び始めたわけですが、「トゥーンレンダリング」のグラフィックのせいか、古さはさほど感じませんね。

「ネコ目リンク」が愛らしい^^


ですが、SSを遊んだあとだと色々と…特にUI絡みで不便だなと感じることが多々ありますね。

「アイテム」はオプション画面を開いて〔X〕・〔Y〕・〔Z〕ボタンにそれぞれ割り振ってから使うのですが、一昔前なら当たり前の操作なのでしょうが、SSのUIに慣れた後だとさすがに面倒…。


そうそう、GCのコントローラーは初めて触ったのですが、最初はその独特の形状に違和感を感じていたものの、慣れてくると結構いい感じですね。

ただ、〔Z〕ボタンがやや窮屈で若干押しにくいでしょうか。


あと一番気になるのは、「カギ爪」や「ブーメラン」を投げる際一人称視点で行うことが多々ありますが、その際のカメラ操作は左右は問題ないとして、上下が「レバーを上に動かすと下・下に動かすと上に動く」という、いわゆる「飛行機の操縦桿」のような操作なのです。

しかもこれが「固定」で変更できない…。

3Dシューティングなどを遊んでいるときの操作なら良いのですが、私の場合一人称視点での操作では「普通」で良いのですが…。

任天堂のソフトだからユーザーのニーズに合わせて変更できるものだと思ったのですが、オプションを開いてもそのような設定画面は無く…。

正直一週間ほど遊んだ今現在もまだ完全には慣れていません^^;

Wiiリモコンだったら直感的にストレスなく操作できるのになぁ〜とプレイ中何度思ったことかw


次にシステム。

今作の重要なアイテムである「タクト」ですが、プレイ中頻繁に使用するこの「タクト」が正直結構面倒w

フィールドは基本”海”なので、移動は船で行うのですが、行き先を決めたらまず行わなければいけないのが「タクトによる風の操作」

つまり目的地を決めたら…

・タクトをボタンにセットし、3拍子の「風のリズム」を振る
・風の方向を決めて決定
・帆をボタンにセットし、使用する
・船が進みだす

これを毎回しなきゃならないってのがね…


中盤に疾風による長距離移動を覚えて多少楽になったものの、その疾風も4拍子の「疾風のタクト」を振らなきゃいけませんし、移動できる箇所が固定ですから、そこから目的地まではやはり先の移動方法を使わないといけないと…。


「タクト」は一度覚えたら、以後は1ボタンで使えるようにしても良かったような…?

これは、ダンジョン内で「操りのタクト」を振るときも散々思いました…交代するたびに振らなきゃならないのが…


「タクト」といえば、序盤は画面上に表示された左右に動く丸がちょうど真ん中に来たときにタイミング良くCスティックを入力しなきゃいけないものだと思っていたら…

事前に入れっぱなしで良かったんですねw

気付いたのは結構中盤でしたよええw


あと気になったのは、海図のシステム。

いちいちその付近に居る魚を見つけてエサをあげないと海図が書き込まれないってのが、これまた面倒w

ちなみにまだ半分くらいしか埋まっていません。

これ、そのエリアに到達したら自然に書き変わってくれる、くらいでもよくないですか?



とまぁ、不満ばかり書いてしまいましたが、ゲーム自体はとても面白いですよ!

謎解きに関してはSSは多少ヒントが多すぎた節がありましたが、こちらは必要最低限なのでやり応えは十分。

森のダンジョンで暫く詰まってしまって停滞しちゃいましたが、判ればなんてことは無かったという…そういう面はゼルダならではですねw


直近でクリアした「大地の神殿」ですが、2人でタッグを組んだ謎解きが新鮮でした。

「ミラーシールド」を得てからはお互いのアイテムで光を反射させ合って…といった仕組みがとてもよく出来ていましたね〜!



さて、流れでいえば次は「風の神殿」ですかね。

他にもサブイベントが多数残っている感じなのですが、今はメインの流れが気になって仕方ないといったところなので、このまま進めちゃいます。


一方で、移動の面倒臭さであまり各地を巡る気になれないというのも、正直なところw


ともあれ、モチベーションの続く限り遊んでいきましょうかね^^



PS:

「seesaaブログ」で記事を書く際、内部的に?seesaa側で設定されたカテゴリーを選ぶのですが(選ばなくてもいいですが)、その中の「ゲームハード」欄に

NINTENDO GAMECUBE

の文字はありませんでしたw
posted by ラムネ at 23:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

今後のゲーム予定まとめ -2011年 10〜12月-

はぁ〜今年もあと三ヵ月で終わりますか…

なんかこの前「あけおめ〜」って言ってた気がするw


では、今年最後の「今後の予定」をまとめましょう。

赤字は予約済み


【10月】


無し



【11月】


23日
ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)

 ※今年の大大本命!!…というか、「12月」を書く前になんだが、今年予定しているパッケージソフトはこの1本であるw。前作「トワイライトプリンセス」には十分楽しませてもらったので、今作にも大期待!現状「通常版」と「限定版」の双方をアマゾンで予約中だが、どうやら「限定版」は開始2時間ほどで完売したらしく、既にプレミア決定?まだ時間はあるので、最終的にどうするかはゆっくり決めるつもりであるw



【12月】


無し




でたー!


1本!!



これでも自分なりに「ファミ通」の「発売スケジュール」とにらめっこして選定したんですけどねぇ…


まぁ、年末にかけては既に購入済みの

■ 真・女神転生V nocturne マニアクス クロニクルエディション
■ 葛葉ライドウ VS アバドン王

これら2本があるので問題はさほど感じていませんけどね。



※※ おまけ ※※

来年2012年以降に発売予定のソフトで気になっているものを並べておきます。

Xbox360

・Phantom ファントム・オブ・インフェルノ (今冬)
・ニンジャガイデン3 (春予定)
・ロボティクスノーツ (春予定)
・バーチャファイター5 ファイナルショウダウン (今夏)
・アスラズラース (年内)
・プロジェクトドラコ(仮) (年内)
・ソウルキャリバーX (年内)
・ロリポップチェーンソー (年内)
・DmC デビルメイクライ (未定)
・シャドウコンプレックス2(仮) (未定)

Wii

・ドラゴンクエスト] 目覚めし五つの種族 (年内)

3DS

・スーパーロボットシリーズ (未定)
・真・女神転生シリーズ (未定)

PSV

・スターストライクデルタ (未定)
・真・女神転生シリーズ (未定)

PC

・ファンタシースターオンライン2 (年内)


 ※来年は今年よりは充実したゲームライフが送れそうですかね?アクションゲームがちょっと集まりすぎな気がしますがw

 ※3DSとPSVの「真・女神転生シリーズ」ってのは同じ内容のいわゆる「マルチ」なんでしょうか?もしそうだとしたらPSV版のほうを遊びたいですね。あちらのほうが画面大きいしw



以上、簡単ですが、「ゲーム予定まとめ」を終わります!

 
posted by ラムネ at 14:21| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

今後のゲーム予定まとめ -2011年 7〜9月-

2011年も既に半分が終わり、明日から7月…

しつこいようですが、ほんと月日の経つのが早い…^^;


では、恒例の?今後の予定をまとめましょう。

赤字は予約済み


【7月】


28日
ダンジョンシージ3(Xbox360)

 ※当記事を書くにあたって発売予定表とにらめっこをし、そこで初めてその存在を知ったソフト。過去にPC版の「1」を遊んだ経験があるのだが、調べたところ基本システムは踏襲されているようなので、進化した「ダンジョンシージ」に触ってみるのもいいかも?という軽い気持ちで挙げてみたが購入までに至るか否かはまだ未定。



【8月】


無し



【9月】


1日
グランナイツヒストリー(PSP)

 ※「しょうっぺ」のブログで自身が予約している9月発売のソフトを羅列した記事を読んだのだが、その中に、開発が「朧村正」を製作した「ヴァニラウェア」、曲を「崎元仁」氏が担当しているというこのソフトを見つけて少し気になっている。だが、システム的には自分で自由にキャラメイキングして遊ぶタイプのソフトのようで、最近その傾向にあるゲームを遊んでいない私に楽しめるのかが少々気がかり。


15日
ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエスト1・2・3(Wii)

 ※発売されることは以前からなんとなく知っていたが、当初は殆ど注目していなかった。が、昨日発表された封入される「オマケ」に、オリジナルのFC版発売当時ドラクエプレイヤーのバイブル的攻略本であった「ファミコン神拳」の復刻版が付くと聞いて一気に物欲が高まり、思わず予約まで済ませてしまった。正直ゲーム自体は遊ばない可能性が高い。なお、ゲームディスクには開発中の「ドラクエ10」の映像が入るとのことだが、ぶっちゃけあまり興味は無い。



3本て…またかw

某所で「9月は購入したいソフトが多すぎて困る!」とかいう声を聞いたんですが…

え?どこが?ってな感じw


年々遊びたいと思うゲームが減ってきたよなぁ…

私の柔軟性のなさが故でしょうけどもw



※※ おまけ ※※

秋以降に発売予定のソフトで気になっているものを並べておきます。

・ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)
・レイディアントシルバーガン(Xbox360 XBLA)
・DmC デビルメイクライ(Xbox360)
・ファンタシースターオンライン2(PC)

・マックスアナーキー(Xbox360)※2012年
・ソウルキャリバーV(Xbox360)※2012年
・アスラズラース(Xbox360)※未定


相変わらずXbox360ばっかりw


   
posted by ラムネ at 21:12| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

「E3 2011」を振り返って

6月7日〜9日の3日間、アメリカノロサンゼルスで開催された

E3 2011

ですが、正直海外のゲームショーということであまり注目はしていなかったものの、新たなハードの発表などもあり結構盛り上がっていたようなので、私もそんな流れに今更ながら乗っかってみようかなとこんな記事を立ち上げてみたりw

普段は固有のゲーム記事が殆どなので、たまにはこういうのもいいかな?なんてw


では早速。


■マイクロソフト

ハード関係で見ると、あくまで「Xbox360」および周辺機器「キネクト」を軸に展開していくということは今までどおりのようで。

「キネクト」に取り付けると独自の「魚眼レンズ」により、これまで遊ぶために広い部屋が必要だったのが、若干狭い部屋でも認識して遊べるようになる「Zoom for キネクト」が出るらしいですね。

これはまさに「キネクト」が振るわない日本国内には朗報!?

ただね、マンション暮らしで上階に住んでいる私には依然微妙な周辺機器であることには変わりませんw


一方ソフト面ですが、「Xbox360」のダッシュボードから視聴できるE3特集を見た限りですが

「キネクト」専用ソフトと「酔うゲー」ばかり…

 ※酔うゲー:言わずと知れた?3D酔い体質の私が遊べないFPS/TPS系ゲームのことw


期待していた「レイディアントシルバーガン」の配信予定日などは一切発表なしw


プロジェクトドラコ(仮)はどうなった?w


はい、次いってみよーw



■ソニー

以前から噂になっていた新携帯ゲーム機

PS VITA

が正式に発表されましたね。


現行の「PSP−3000」を更に進化させたようなその作りは、左右のアナログスティックや背面のタッチパネルなど、いかにもゲーム機!という感じで3DSより好みです。

 ※「PSP GO」とは何だったのかw

画面にもタッチ機能が追加されたそうで、こうなると私が現在使っているPSP全面を覆うようなケースが使えない!買っても傷が付くのが怖い!ってのがマイナス要因かな?w

あと、UMDが廃止されたので、当然これまで買ったPSPソフトは使えない…

 ※PSP用のDLソフトをネットストアで購入すれば遊べたりするんだろうか?今閉まってるけどw

Wi-Fiのみ対応のタイプと3Gにも対応した上位版の2種類が出るそうで、3G搭載版は果たして月額料金などどうなるのか…?

 ※現在メーカーはダンマリを通しているようですが、まさか無料ってことは無いだろうし…。


しかしここまで携帯機が高性能化しちゃったら、「PS3」とのすみ分けをどう考えているんでしょうかねぇソニーさんは。

既にPSPのソフトをHDリマスター化してPS3で遊べるという展開を発表済みですが、アレも個人的には「結果的にPS3の寿命を縮めることにならないか?」なんて勝手な心配をしたりしてますw


あと、あるんですかね?「PS4」w



■任天堂

「Wii」の後継機である新型据え置き機

Wii U

が発表されました。


これも予てからの噂どおり、中央にデカい液晶画面が付いたタブレットPCのようなコントローラが特徴。

これが複数あれば、4人打ち麻雀が快適に遊べますね!…くらいしか思いつかないw

任天堂によれば、あくまで従来の「リモコン」を複数使い、新コントローラーは1台で十分なゲーム作りを想定しているそうですから、麻雀の発想は「無い」ってことでいいのかな?w

なんかゴルフゲームで新コントロラーを床に置き、リモコンをクラブとして使って、パット打ちの際下の画面で芝目を、正面のテレビ画面でカップをそれぞれ表示して、今まで以上にリアルな状況を作り出せる…みたいなこと言ってましたっけ。

新コントローラーの画面は当然のようにタッチペンでの操作は可能なので、結局のところ

「3DS」とのマルチ展開を想定しているだけなんじゃないか?

なんて思ったりw

カラオケのリモコンみたいな使い方もできるよね?なんて発言があったりもしたそうなので

「カラオケJOYSOUND Wii U」出ちゃう?出たらまた買っちゃう?w


一方本体は「Wii」より地味で、これといった特徴は無しw

当然のようにHDに対応で、これで三社全ての据え置き機がHD機となりました。

 ※とはいえ、Xbox360やPS3ほどの高グラフィックではなさそう?

媒体は現行「Wii」の3倍ほどの容量を持ち、BDに近い構造?

 ※だからといってBDが視聴できるわけではないでしょうが。

現行「Wii」と互換性があるようなので、ソフトが揃わない間も暫くはネタに困らないのは強みですかね?


あと気になるのは「Wii」で私を閉口させた「ネット周りの貧弱さ」。

いちいちゲーム固有のフレンドコードを交換し合わないと知合いとネットで遊べないなんて時代錯誤もはなはだしいシステムをまさか今後も使わないよね?

噂では、Xbox360のIDタグに近いネットシステムを用意するとかしないとか…

 ※いい加減このあたりちゃんとしないとね。


他には、どうせなら「実績」みたいな機能付けちゃえば?というところ。

付けるならPS3みたいな中途半端なことをせずに最初から付けないとね。

 ※ただ、以前どこかで任天堂は「実績」システムを否定していたような…?


「3DS」の不信の中発表された「Wii U」ですが、果たして「Wii」で失ったコアユーザー層を取り戻すことができるのか…?

こうご期待、といったところでしょうかw



というわけで、ちょっと疲れてきたのでwこのあたりで締めとしましょう。

新ハード2機種が新たに発表されたわけですが、とにもかくにもソフト次第ですよ。

時代は変わろうともそれだけは不変です。

ローンチタイトルはいくつか発表されていますが、正直どれも私の購買欲をかきたてるものではありませんでした。

今後の動向次第ですね〜


しかし、ここまでHD機が揃ってくると開発力の乏しい中小ソフトメーカーさんは今後ますますしんどいことになりそうですね…

完全分業制で効率よく開発する海外勢がますます元気になりそうな…

基本国内ゲーム(および国内メーカーが開発のみ海外に委託するソフト)を遊ぶ私としては、そのうち遊べるソフトがゼロになりそうで悲しい…

そうなったら今度こそ「ゲームからの卒業」?


まぁいつ卒業してもおかしくない歳ではあるのでw、そのあたりの引き際はキレイなものにしたいですねw
posted by ラムネ at 20:58| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする