2015年01月26日

ドンキーコングリターンズ

WiiU上でWiiディスクソフトのダウンロード版を遊べるようになったことは記憶に新しいですが、その第二弾として21日より配信が開始された


ドンキーコングリターンズ


を購入し現在ドはまり中です。

wii_dkr001.jpg

↑タイトル画面(コントローラー未認識状態だったことに撮影後気付きましたw)

 ※公式サイトは → コチラ



第一弾の「スーパーマリオギャラクシー」もそうでしたが、配信開始記念として28日まで通常2,700円のところを半額の1,350円でダウンロードできます。

2.5Dで描かれたドンキーコングが主役の横スクロールアクションという認識程度でしかなかったのですが、調べてみるとかなりの高評価であることや、「バットマン アーカムビギンズ」が落ち着いたこと、期間限定でお安く買えることなどから「万が一自分に合わなくても1,300円程度なら失敗の痛手も軽くて済むし…」と思い切って購入。

いざ遊び始めてみて…あまりの面白さと中毒性に冒頭に書いたとおりドはまりしてしまいました!


4年以上前のゲームなので詳しい説明は不要だと思われますが、所謂「トライアンドエラー」で進んでいく形の、古き良きファミコン時代を彷彿とさせる至極純粋なアクションゲームですね。

所見で一発クリアできたステージは今のところ皆無です。そう、初めて遊ぶ1-1でさえもw

難易度は高めですがそこに理不尽さはなく、思わず何度もリトライしてしまうあたりはさすが任天堂ゲームといったところでしょうかね。

2.5Dグラフィックで画面の奥行きも広大に使った数々のギミックが飽きさせません。

同じステージで8回ミスすると「スーパードンキーコング」が”お手本”と称して自動クリアしてくれる機能が現れるあたりも最近のゲームらしいですw



さて、話の観点を少し変えて「WiiU上で遊べるWiiダウロードソフト」というシステム的な部分の話をしてみましょう。


まず、当初からの触れ込み通りWiiソフトをまんまダウンロード化したという感じですね。

〔HOME〕ボタンを押したときに出てくるメニューもWiiそのままです(メニューに戻るボタンも「”Wii”メニューに戻る」のままです)

また、VCならば「オンラインマニュアル」が参照できますが、そんな機能も一切無し。マニュアルは公式サイトのPDFで補完する形ですね。

あとはテレビ画面のみの表示か、テレビとWiiU ゲームパッドの両方への表示かを選べます。ゲームパッドの画面だけで遊べるのはTVを占有できない人にはいいかもしれません。

元のゲームがクラシックコントローラーに対応していれば、WiiUゲームパッド単独でのプレイが可能とのことですが、「ドンキーコングリターンズ」はリモコン(+ヌンチャク)プレイのみなので残念ながら不可能です。
基本テレビ画面で遊ぶ派の私にとっては特に問題ありませんが。


というわけで、結局オリジナルソフトには全くといっていいほど手を加えられていません。

そのことが逆に言えば今後のラインナップの増やしやすさに繋がるのかな?と勝手に想像していますが、せめてオンラインマニュアルくらいは備えてくれても良かったんじゃないかなと思ったり。

PCやスマホを持っていればゲームと併用で参照できますが、そうでない人はWiiUのブラウザを使ってでしか観ることができないので不便だろうなと思いますね。まぁそういう人がどの程度該当するのかは不明ですがw



とまぁなんだかんだで大いに楽しませてもらっています。

先日の土曜から日曜にかけてはヘタすれば徹夜しそうな勢いでしたから…結局睡魔には勝てずに寝ましたけどもw


少しでも気になっている方、今なら1,350円ぽっちで手に入る大チャンスですよ!

正直通常価格で買っても全く惜しくないゲームだと思いますけどもね。

オススメです!!



PS:

落ち着いたらWiiUで出ているシリーズ最新作の「トロピカルフリーズ」も検討しちゃおうかな^^



 

Amazonのダウンロード版のほうが135円も安いなんて…知らなかった!損したぁ!^^;

これから買う人はこちらか購入しましょう!



posted by ラムネ at 22:47| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX その2

唐突ですが、週末にコツコツと歌い続けてきた



カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX



にて、とある要素を達成したので、ちょっと記事として残したいと思い起こしました。


ちなみに「Wii」カテゴリーとしては、昨年12月の

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その8

ぶり。


また、ゲーム「カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX」としては前記事が2010年12月ですから、およそ1年4ヶ月ぶりですねw



さて、その達成した要素とは…

kara_wii_sdx.jpg


↑アイテムコンプリート(取得率100%達成)!!!



まぁ、達成したところで特に特典があるわけでもないので、完全に自己満足の世界ですがw



アイテム収拾において最も苦難だったのは、女性用コスチュームの「カーニバル」。


アイテムは常にショップに売られているわけではなく、タイミングによっては「入荷待ち」で買えないことがあるのですが、こと「カーニバル」に関してはいつも「入荷待ち」で売っているのを見たことが無い…


結局買えたのはプレイを始めてから1年以上経過した今年に入ってすぐくらいでしたでしょうか…?


しかし、この「入荷待ち」って一体誰得なシステムなんだろう…?とハドソンに小一時間問い詰めてやりたい…



さて、最近は贔屓にしているアーティストの曲が全然追加されないこともあり、チャージしたチケットの残り日数もわずかですので…


暫くはお休みかな…?


チャージはしなくても、毎週の追加曲のチェックはできるので、それで「おおっ!」という曲が追加されていれば再開してもいいかな?という感じ。




ところで、現在の私の「Wii」で遊んだゲームベスト5を

「みんなのニンテンドーチャンネル」

で確認したところ…


minnin_20120505.JPG

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」を抜いて現在


第4位!


結構遊んでたんだなぁ〜


それでも前作越えはまだ成しえていませんけどもね。




さて、既に末期ハード化している「Wii」ですが、今後は単なるオブジェクトと化すのか…?


再び息を吹き返すとすれば、それは…



ドラゴンクエスト] 目覚めし五つの種族 オンライン



次第ですかね?。


8月2日に発売日が決まり、プレイ料金も月額1000円ポッキリと某”ぷそつー”のような搾取は考えていない良心的な設定です。


ただ、”みんニン”などでプレイ動画をみたりしてもイマイチどんなゲームかわかりづらい…。


また、なんせ「ドラクエ」ですから、プレイヤーの年齢層の低さも予想できますし(キッズタイムなる無料時間が設けられるらしい)、私のようなおっさんが介入できるプレイ環境なのかどうかという懸念材料も…w


とりあえず引き続き注目はしますが、もし万が一プレイしてハマってしまったら…



「ゼノブレイド」のプレイ時間300時間をも追い抜くゲームとなる可能性も…?w






posted by ラムネ at 01:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その8

早速ですが、昨夜

ゼルダの伝説 スカイウォードソード



『辛口モード』をクリアしましたーー!!


ハートが豊富になってからは、戦闘で苦戦することはほぼ無くなりましたね。

中ボスクラスの敵にちょいと減らされて、已む無く「ハートのクスリ」を飲むことは何度かありましたがw


それより予てから挑戦にビビっていた、あの雷龍様主催の「荒修行」ですよ!

もちろん、これを一切やらなくてもクリアするだけなら全く問題ないのですが、やっぱり最低でも「ハイリアの盾」は欲しいですよね!


ここで一応おさらいとしてルールを。

シナリオ中に戦える主にボス戦の中から最大12戦を戦い抜くモードで

・「冒険ポーチ」の中身は「盾」以外一切使えない
・回復は一切行えない
・勝利数に応じて貰える商品が異なり、一度でも負けると即ゲームオーバー

このような感じですね。


つまり、「命のメダル」が使えないのでハート(ライフ)数は最大18個になりますが、「辛口モード」はダメージが2倍なので、実質9ライフしかないことに。

ハートなどの回復手段も一切無いので、まさに過酷極まりない本当の意味での「荒修行」がここに…。


しかし!そんな中にも救済策が!

これは開発側があえてそうできるようにしていたのか、たまたまなのか…

「荒修行」開始前に飲んだ「ガンバオール」や「ムテキン」などのクスリの効果がそのまま「荒修行」に持ち込めるんですよ!

それぞれ「昆虫」を使ったパワーアップ(「ガンバオールV」及び「ムテキンV」)にすれば効果は3分間続きますが…さらに!

「長持ちメダル」をポーチに入れた状態でそれらを飲めば、効果時間が3倍の9分にもなるんです!

これ、発見した人正直スゴいと思うw


早速これらアイテムをポーチに入れて荒修行スタート!


結論から言えば…


わずか2回目のトライで「ハイリアの盾」ゲットできましたー!!


1回目は最も苦労しそうな「大群との戦い」を1戦目に選んだのですが、ザコ敵をキレイに倒しながら進んでいたために時間がかかりすぎて、1戦目だけでアイテム効果が残り2分程度に。

その後「ギラヒム(3戦目)」「封印されしもの(2戦目)」と続いたのですが、ギラヒム戦の途中で無敵が切れ、その後ズルズルとライフを減らされ続けてゲームオーバー…


2回目。やはり「大群との戦い」を初戦に選びますが、1戦目のときに

「進行を阻まれる中ボスだけを的確に倒していけば…」

ということに気付き、ザコが迫ってきても無視して間を走り抜けて中ボスだけ相手をして…

2分ちょっとでクリア!

その後の対戦相手は…

2 ギラヒム(1戦目)
3 モルドガッド
4 封印されしもの(1戦目)
5 ギラヒム(3戦目)
6 ベラ・ダーマ
7 モルドガット
8 ダ・イルオーマ

こんな感じで、正直とっても恵まれました!

なんといってもニガテな「封印されしもの(2戦目)」が来なかったのが幸いしましたねw

「封印されしもの」については、足の指を切るより直接頭に乗ったほうがラクという情報は得ていて、実際簡単にできることもあるのですが、時々振り落とされる時があってなかなか安定しなかったんですよね…

ですので、1戦目Ver.ということもあって今回は正攻法?で戦いましたw


無敵が切れたのは5戦目の「ギラヒム(3戦目)」で、その後4ダメージ食らってライフは残り5。

6戦目以降はしばらくノーダメージで順調に進み、ラストの「ダ・イルオーマ」は楽勝のはずが油断して1ダメージ食らってしまい、トータル5ダメージで晴れて「ハイリアの盾」をゲット!


そのままストーリーモードを進め、「荒修行」についてはその後一切遊んでいませんが、また機会があれば改めて挑戦してみたいですね、最終12戦まで戦えるかどうか…しかもクスリ無しで!

…想像しただけでもマゾい…w



「辛口モード」のラスボス「終焉の者」を倒す直前のデータで累計110時間超でした。

「みんなのニンテンドーチャンネル」での累計タイムを見ると…


wii_soft_20111214.jpg


112時間51分


私が遊んだWiiソフトのプレイ時間第4位です!

ベスト5中2作がカラオケソフトというのが…w



さて、現在はといえば、今週末発売となる「PlayStation VITA」…

を買う気はサラサラ無くw、同じ「ゼルダの伝説」シリーズの過去ソフト


ゲームキューブ版「ゼルダの伝説 風のタクト」


をプレイ中です。


改めて詳細記事を書きますが、「ゼルダの伝説SS」を遊んだあとだとさすがにシステムが古くて面倒な部分が多いと感じるものの、素直に面白いです^^


  


PS:

以前当ブログ内でも「金のヌンチャク欲しいな」なんて記事を書いたのですが、まさか実現するとは…!

明日16日より、「クラブニンテンドー」のポイント交換対象商品に

ゴールデンヌンチャク

が追加されます!

通常600ポイントで交換のところ、先に「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をポイント登録していれば、2/3の400ポイントで交換できます。

私は現在550ポイント所持しているので、交換可能です!!

日付が変わった16日にすぐさま受付可能になるのかな?とりあえずあと1時間半弱過ぎた午前0時に速攻サイトに繋いで交換手続きを済まそうと思います^^


PS2:

予てから米国のユーザー報告に端を発し、その存在が確認されていた

進行不能バグ

について、国内任天堂からも先日15日に公式サイトにて正式に報告がありました → コチラ

内容は、やはり以前からの情報どおりですね。

対処方法としては、セーブデータが入った「SDカード」や「Wii本体」を着払いで送ればデータを書き換えてくれるということのようです。

こういうところでネットに弱いWiiの弱点が露呈しますよね…「パッチ」で簡単に直せないという厳しさが…。

なお、後日「修正プログラム」が配信されるそうで、これが来たら以後は自力で修正できるようになるようですね。


私は2周目の途中でこの「進行不能バグ」があることを知りましたが、1周目で遭遇していたらと思うとゾッとしますね…「どこかに解き残した謎があるせいか?」と延々世界を巡り続けていたことでしょう…^^;

お客様サポートには細心の注意を払っている任天堂ですが、今回の対応は任天堂らしくないというか、公式でもう少し早い発表をしてほしかったなと思いますね。
posted by ラムネ at 22:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その7

ノーマルモードは終わってもまだまだ終わらない私の

ゼルダの伝説 スカイウォードソード


早速ですが、現在「辛口モード」に奮闘中です。

現在のところ、最初の3ダンジョンをクリアして、積乱雲への道を模索しているところ。

 ※って言っても展開は全部わかってるんですがw


ダンジョン攻略はただ過去の知識をなぞるだけだし余裕ですよ…とか思っていたのに、細かいところは忘れていたりして多少迷ったのはここだけの話w


一方戦闘はさすが「辛口モード」と言った所。

特に初期のハート6個状態だと、ちょっとした敵の攻撃を食らうだけでいきなり1/3のハート2個も減らされるので、油断しているとアッと言う間に瀕死になってしまいます…


そこで大活躍するのが「スカイウォード」。

最初からコレだけは最強状態なので、威力&飛距離&充填速度は序盤の敵になら申し分ない破壊力!

ただし、ボコブリン系は近づきすぎるとガードされるので、距離をとってから撃つようにしないといけません。


あとは、潤沢なお宝のおかげで手に入れた武器や盾は速攻最強にできるのもラクですね。

大量の「女神の落し物」を売りさばけば資金は余裕で稼げますしねw



ゲームを進めることでハートも余裕が生まれ、徐々に1周目とさほど変わらないくらいまで順調に進められるようになってきました。

こうなってくると、あとは過去の流れをそのままトレースしていくだけ。


ボス戦も、1周目の「荒修行」で散々鍛えられましたから、お茶の子さいさいですw



まだ先の話ですが、情報によれば2周目の荒修行は最初から「終焉の者」を含んだ全12ボスとの戦いができるようです。

12体全部倒したときの報酬はなんと9900ルピーですって!つまりサイフの最終段階マンタンです!


それだけ貰えても使い道が…^^;


その前に8体目撃破で貰える「ハイラルの盾」が無事手に入るのかどうか…。

前の記事でもチラッと書いたように、「辛口モード」は「ハートのメダルを所持していなければハートが出ない」仕様です。

つまり、盾以外のポーチが一切使えない「荒修行」では、回復の見込みはゼロ!

私に本当にゲットできるんだろうか…今から心配しても仕方ありませんが。


なおこれも情報によるものですが、「荒修行」開始前に予め「長持ちのメダル」を持ち、「ムテキン」「ガンバオール」を飲んでから突入すれが、それがそのまま”効果あり”で始められるそうな。

これを使えば「大群との戦い」をラクに越せそうで、それさえなんとかなれば…。


とまぁ先のことばかり心配しても仕方ないですね。

今は耽々と進めるだけです^^


  

posted by ラムネ at 21:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その6

昨夜…日付は変わっていたので今日になりますが…

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

を…


クリアしましたぁああぁ〜!!


ラスボス「終焉の者」との一騎打ちは、意外に簡単でしたね。

第一段階は攻撃を「盾アタック」で弾いてその隙に攻撃を繰り返すだけでOK。

第二段階になると雷を剣に纏いますが、その間に攻撃すると感電してしまうので静観。

相手の放った衝撃波をサイドステップなどで交わし、こちらも「スカイウォード」の要領で雷を剣に纏わせて放ち、それが当ると動きが止まるのでその隙に斬りまくる!


こんな感じで倒せてしまいました。


某フ○ーザ様のように「後○回の変身を残している…」ことは無かったですねぇw

「ハートのクスリSV」を4本用意して挑んだのですが、結局1本も使うことはありませんでした。


エンディングは…

さすがに詳しく書くのは避けます…

是非ご自身の手で観てください!


感動しました!!


私自身思わずホロッと目から熱いものが流れかけました…


そんな素晴らしいエンディングの余韻も束の間…


辛口モードを遊びますか?


なん…だと…?


まさか、いわゆる「ハードモード」ってことですか?

「はい」を選択すれば、セーブデータが上書きされて「辛口モード」でのプレイが開始できるようです。


なんだろう…実はボスとの戦闘直前に、「虫の知らせ」じゃないですが、予めデータを別枠にコピーしておいたんですよ。


ですので、引継ぎ内容などを確認する意味を込めて「はい」を選択。


結局引き継げるのは、所持物としては

・捕まえた昆虫
・ゲットした素材

この2つだけのようです。


また、クリアを機に解禁した「攻略Wiki」で確認できたのは…

・「スカイウォード」が最強状態
・攻撃を受けたときのダメージが2倍
・回復用のハートが出てこない(「ハートの花」も咲いていない)。
  ※つまり回復は実質「イス」か「妖精」のみ。
  ※但し「ハートのメダル」を所持すれば、「ハートの花」が咲き、回復用のハートも出現する。

こんな感じのようですね。


う〜む、なかなか過酷ですなぁ…

特に「ハートのメダル」を所持していないと回復が実質不可能ってことは…

雷龍様の「荒修行」がかなり厳しいものになりそうですね…^^;


いや、そんなことより…


ルピーの引継ぎが無いのかー!!

9690ルピーも貯めてたのが一気に闇に葬られた〜!!!


これはさすがに勿体なすぎる…


というわけで、早速コピーしていたラスボス撃破直前データを呼び出し、引き継げるものに変えておこうと…


「スカイロフト」の夜の洞窟に現れる「ゴシップストーン」でレアなお宝(「女神の落し物」など)を買い捲りました!

1つ買うごとに宝箱から取り出し、一旦洞窟の外に出て再び中に…を繰り返さないといけないのが激しく面倒ですがw


現在はここまで。


あとは可能な限り高く売れそうな「虫」を沢山捕まえて、その後改めて「終焉の者」を倒して、「辛口モード」に突入しようと思います。



それにしても「ゼルダ」で「ハードモード」に該当するようなものが備わっているのって私は初めてじゃないかな?なんて思ったのですが、過去にありましたっけ?私が知らないだけかな?


1周目で気になってた

・手紙をトイレの主に渡したらどうなるんだろう?
・ジャクリーンさんに好きだと言ったらどうなるんだろ?

この2点が確かめられるという意味でも、頑張りますよ!「辛口モード」!!


戦闘には今まで以上の緊張感が味わえそうで、今から楽しみです!!


では、このブログ記事更新が終わったら早速虫集めに行ってきます!w



  


posted by ラムネ at 23:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その5

終わるのがこれほど勿体無いと感じるゲームは本当に久しぶりですね。

触っているだけで本当に楽しい…心地良いんです…


そんな極上ソフト

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ですが、始まりがあれば必ず終わりがある…

その”終わり”を少しでも先延ばしにする意味もあって、ここ最近までずっと「サブイベント」に注力していました。


では私の現在のセーブデータを。

zelda_ss12.jpg

前回の記事との相違点は1箇所。

「命のメダル」2枚を加えてハートが合計20個になりました!!


おそらくこれがMAXなんだと思うんですけどね…

今までの「ゼルダ」でハートが3段で表示されることってまぁ無かったですし。

というかこれ以上もし増やせるとしたら…もうまるで見当が付きませんw


〜前回までの「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」〜

「スカイロフト」の女神の塔が「大地」に降り立ち「封印されしもの」の完全なる封印に成功し、ゼルダとの再会を果たしたリンクだが、その時間も束の間…

一瞬の隙を突いてギラヒムにさらわれ、過去に連れ去られるゼルダ…

ゼルダを追って、リンクは再度「時の扉」をくぐるのであった…



【メインイベント】

【ハイリアの地】

「ギラヒム」を追って螺旋状の道をひたすら進んでいくのですが、そこで待ち構えていたのは敵の大群!!

それはまるで某無双ゲームのよう!

それでは軽く攻略っぽいものを書いてみます

・ボコブリン(赤)
 ザコ。ヘルメット無しは1撃、有りは3撃で倒せます。

・ボコブリン(角笛)
 いつまでも笛で仲間を召喚されると面倒なので、「ムチ」で笛を奪ってからサクッと。

・ボコブリン(バクダン)
 いきなり斬りつけると爆発に巻き込まれるので、投げるのを待ち、そのまま誘導して爆発で自滅させるのがラクかな?

・ボコブリン(弓)
 隊列を組んで弓を撃ってくるだけ。動かないのでさっさと倒しちゃいましょう。

・ボコブリン(青)
 一定距離を取ってから突進してくる。ぶつかる瞬間に「盾アタック」すればひるむので斬る。これを3回繰り返せばOK。(「とどめ」はムリっぽい?)

・モリブリン(※百貫デブ)
 槍で突いてくるので「盾アタック」で弾き、ひるんだところを斬る!死ぬ間際前のめりに倒れるので避けるのを忘れないように。

・スタルフォス(※スケルトン)
 剣の構の隙をついて剣で斬りつける。バクダンを転がしてそれに巻き込むと暫く立ちすくむので、そこを斬ってもいい。

こんな感じでしょうか。


最下層で最後の大群を退けると、ギラヒムとの三回目の戦い…ですが、今回は様相が違う…

ギラヒム自身が剣…だと!?


円形の舞台に乗ったまま上空に上がるリンクとギラヒム。

ギラヒムに斬りつけ端に追いやり落下させ、倒れているところに「とどめ」を!

手が紫に光って構えた状態になったら、構えの間を狙って斬り付けます。このとき単発で様子を見ながらにしましょう。

そうやって3回ほど「とどめ」を繰り返すと、地上戦へ…


剣できりつけてくるところを「盾アタック」で弾くとできる隙に胸を狙って「突き」で攻撃!

貯め攻撃はサイドステップで避けられます。

これを何度か繰り返すと、今度は大剣を持ち出してきます。


斬り付けて来たところをやはり「盾アタック」で弾くと剣を水平or垂直に構えるので、刃に切りつけると中身が露出し構えを変えるので、そこを更に斬りつけるとできる隙を突いて斬る斬る!!


と、書くと簡単ですが、倒した方がはっきりわからない間はかなり翻弄されてなかなかの強敵でした。


ギラヒムを撃破し、ゼルダを奪い返すことには成功したものの、ゼルダの力を吸収した「封印されしもの」が完全復活を果たしてしまいます…

その名は「終焉の者」。

ギラヒムの亡骸を剣に変え、自らが封印されていた場所にできた「最終決戦の地」へと続く道へリンクを誘います…。



でもまだ行かない!まだやることがあるんだ〜!w



【サブイベント】

・ルーレッ島

結論から書きますが…

ハートのかけらゲット〜!!

zelda_ss_g01.gif

↑GIFアニメ(3秒で次の画像に変わります)

何度トライしたかもう覚えていませんが、繰り返すことで「フォーチュンリング」を5回連続で通って10倍にすることは高確率でできるようになりました。

問題は最後のルーレットへの着地。

最後の「フォーチュンリング」をくぐった位置から「50ルピー」の枠がある場所を見定め、更に回転の速さを考慮して…

一体何度隣の「マイナス」の枠に降り立ったことか…w


成功したときは思わずガッツポーズを取ってしまいましたw

もう2度と出来る気がしないw



・カボチャクレー

やはり結論から。

ハートのかけらゲット〜!!

zelda_ss_g02.gif

↑GIFアニメ(3秒で次の画像に変わります)

暫く400点台でくすぶっていたのに…やはり何度もトライしたことで知らないうちに腕前が上がっていたのでしょうか…。

一度500点台が出てからは徐々に点数が上がっていき、一気に750点もの高得点を弾き出すことができました!!

ただ、このゲームには一部「運」の要素もあるんですよね。

キラキラ光るかぼちゃを撃ち落すと、獲得した点数×2が入るのですが、750点を出したときは確かそれが50点のときに2回来たと思います。

キラキラかぼちゃは完全にランダムなので、1プレイ中一度も出ないこともしばしば。

やはりこれも、600点でいいとはいえ何度もできる気はしませんねw



・トロッコ

正直このミニゲームがあることに気付いたのは、昨日立ち寄った本屋で購入した

ゼルダの伝説 スカイウォードソード ファンブック



を読んだから、だったりしますw

この中の記事に「トロッコのミニゲーム…」みたいなことが書かれていて「え?あるの?」っていう感じにw

「ファンブック」なので掲載された情報は全て既知のものばかりだと思っていたら…w

ちなみにまだ全部読んでません。

半分くらいのページが袋とじ状態なのですが、まだ未開封ですw

宮本さんへのインタビューはなかなか楽しめましたよ。


というわけで「造船所」に行ったのですが、ゴロン族のおじさんがひっそり経営してましたよw

早速「上級」をトライ。

報酬はルピーでしたが、他のゲームと違って豪華賞品のめやすを教えてくれないおじさん…

一体どのくらいのタイムを出せばいいんだろう?

そう思いながらトライした「上級」2回目。

zelda_ss11.JPG

あら?いきなり「ハートのかけら」ゲットしちゃったw

最低でも1分は切らないといけないのかな?なんて思っていただけに、これは予想外w



・雷龍様のチャレンジ(バトル編)

メインシナリオが進んだことによって、新たに2バトルが追加され、合計11バトルとなりました。

 ※赤文字が追加分

・ギラヒム(1回目) 回復:◎(周囲の壷)
・ギラヒム(2回目) 回復:×
・ギラヒム(3回目) 回復:×
・ベラ・ダーマ(火の玉のバケモノ) 回復:◎(最上段のハートの花)
・モルドガット(サソリ) 回復:×
・ダ・イルオーマ(仏像ロボ) 回復:○(柱を破壊)
・ダイダゴス(イカのバケモノ) 回復:△(第二段階の触手から時々)
・大群との戦い 回復:○(倒した敵から)
・封印されしもの(1回目) 回復:△(足の指から時々)
・封印されしもの(2回目) 回復:△(足の指から時々)
・封印されしもの(3回目) 回復:△(足の指から時々)

 ※「回復:」の記号は、私の独断で回復しやすさ(余裕:◎ 〜 ムリ:×)の目安です。


それに伴い、報酬も当然2ランク追加されました。

1体:20ルピー
2体:ちょっとしたお宝
3体:100ルピー
4体:ハートのかけら ※取得後は200ルピー
5体:300ルピー
6体:珍しいお宝 ※黄金ドクロの飾りなど
7体:500ルピー
8体:べらぼうに強い盾(ハイリアの盾)※取得後は1000ルピー
9体:2000ルピー
10体:珍しいお宝3つ ※(おそらく)黄金ドクロの飾りなど
11体:3000ルピー


ニガテとしていた「封印されしもの(2回目)」も何度かトライするうちに段々と慣れてきたのか、勝率が上がってきました。

そうして…


11体撃破に成功して3000ルピーゲット!!

zelda_ss13.jpg

ルピーのトータルが「9690」と、サイフのほぼ上限ですw

ほんとこれだけ貯めて一体どうするんでしょうね?私が聞きたいくらいですw



・雷龍様のチャレンジ(サイレン編)

折角なので「サイレン」にもチャレンジしてみました。

まずは直近でプレイした「スカイロフト」。

結果は、「6分05秒29」!

どや!

雷龍様「4分は切らないとなぁ〜!」

え…よ、4分だと…!?で、できる気がしない…


つ、次…「フローネの森」やってみよ。

「3分59秒26」

雷龍様「3分以内にクリアしてみろやぁ〜!」

な、なんだと…!?

その後2回ほどチャレンジして

「2分57秒33」

よっしゃ!どうや!!

雷龍様「よくやった!これをやろう」


黄金のドクロね…あ、ありがとう…



というわけで、またもや長くなりましたが進捗は以上です!

今日のこのあとのプレイで、いよいよクリア…なるか!?


 

posted by ラムネ at 22:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その4

最近になってようやく自制心がつき、プレイする時間を抑えつつ…

ウソです!昨夜も4時過ぎまで遊んでましたゴメンナサイ!

ゼルダの面白さの前に自制なんてどだいムリなんですよ!


さて、私の現在のセーブ状況は…

zelda_ss08.jpg

前回の記事で「もうすぐ終わる〜!」とか言ってましたが、あの後更にこんなにも長い展開があったとは!という感じで、ほんといい意味で期待を裏切ってくれますよゼルダってばw

しかし…いよいよ、これは間違いなく終焉が近づいていますね…

今年最後の新作ソフトなのに、こんなにも早く終わってしまうのはほんと死活問題!

モッタイナイ!!

ってなわけで今は進めたい気持ちを抑えてサブイベントを優先して埋めていっています。



【メインイベント】

【森】

マスターソードを無事手にしたリンクは、「封印の地」で「時の扉」を起動させようとした…まさにその時!

「封印されしもの」が再び動き出した!!

ここでは「バド」が開発したマシンとの共闘になりますが、彼の力を借りなければほんとシンドイ…

私はここで3回もゲームオーバーになってしまいました…。

1回目のときと違い、腕が生えて壁を登ろうとしやがるんですよね。

バドのマシンで足止めをしてもらい、足の指を切り落とすのは同じなんですが、腕がジャマで側面からは頭のほうに回りこみにくい…。

そこで、倒れたら上(気流を使う)か下(飛び降りる)の段に移動し、頭のほうにダッシュしてから再び下(上)へ移動する方法しかありません。

また、バドのマシンが放つバクダンを上手く足元に当てるとそれだけで足の指が壊せるので、狙ってみるのもアリですかね。


なんとか再度封印に成功し、今度こそ「時の扉」を起動して遥か数千年の過去に遡ると、そこにはゼルダが…!!

しかし、束の間の再会でした…。

ゼルダはこれから封印のために長い年月もの間眠りにつかなければならないのです…。

あぁ…切ない…(泣)

ここで「マスターソード」がゼルダの手によって変形し、対魔の能力を得た真の剣に!!

zelda_ss10.jpg

そして、ゼルダから聞かされた「トライフォース」の存在と、そのありかは「スカイロフト」である情報を元に、現代の大空へと戻ります…。


【スカイロフト〜積乱雲】

校長先生に話を聞くと、「ナリシャ」様という守り神?が積乱雲の中に居るはずだが行方がわからないとのこと。

「アウール」先生から「スピンアタック」を習得し、話の流れで「パンプキンバー」へ。

 ※ちなみに「スピンアタック」を駆使すれば、ルピーを持って飛んでいる鳥を倒して奪えます。

なにやら、毎年かぼちゃのスープを「ナリシャ」様に献上しているが、今年は積乱雲のせいで行けないとのこと…。

そういうことならおまかせあれ!いっこうにリンクになつかないロボに運ばせます。


虹のかかった浮島にスープを運ぶと…

「ナリシャ」様きたー!なんと!でっかいクジラの姿をしておられました〜!

しかし様子がおかしい…気味の悪いメダマのようなものが4つほど絡み付いています…これが元凶だな!?

ここは覚えたての「スピンアタック」を駆使して…!よし、あとは額あたりに居る本体だ!

「スピンアタック」を仕掛けても引っ込んで避けられるので、地上戦に持ち込みます。

正体を現すバケモノ!

最初倒し方がわからないまま吐き出す玉を打ち返すばかりでしたが、次第に玉を横斬りで打ち返すことで左右の羽根を倒せることがわかり、本体だけになった状態に充填時間が激短になった「スカイウォード」を撃ち込んで撃破!!


正気を取り戻した「ナリシャ」様から、「勇者の詩」を各地に居る3匹の龍から聞いてこいと言われます。

龍と言えば…ハイリア湖に居たな〜!


【森】

森に向かうと…

ん?なにやら様子がおかしい…降り立てるのが「封印の神殿」周辺のみ?

神殿に向かうと…

うげ〜!もう復活したの?「封印されしもの」!

早すぎるよ…3戦目…。


今度もバドとの共闘ですが、1・2回目と同じように足の指を切り落とし、頭の杭を打ち込むと…。

なに〜!飛びやがった!頭に輪っかみたいなのが付いてて、まるでエヴァの使徒のようだw

しかしこいつは2回目よりラクチン!バドのバクダンで簡単に落ちましたw

ですが、同時にバクダンの貯蔵場所が落石に遭い、補給ができない!

尚も飛んで近づいてくる「封印されしもの」!どうする?

なんと!マシンでリンクを直接頭に飛ばすと申すかバドさんよ〜!?

その提案を受け、無事頭の上に着地して杭を打ち込み封印に成功!

終わってみれば2回目より簡単でしたね。


その後、森の異変を調査すべく、バドのマシンで森の中央へと飛ばされるリンクでありましたw


そこには以前の姿とはかけはなれた森の姿が…

水浸しですよ!

どうやら水龍様がモンスターを一掃しようと水攻め作戦を決行した模様。


「大樹」の中で水龍様と再会し、「勇者の詩」の話をすると、「じゃあオトダマ全部集めてこい」だって?

水中の至るところに音符の形をした「オトダマ」が居るのですが、1匹のものはいいとして、グループを組んでいるものは一定時間内にまとめて捕まえないと逃げられてしまいます…。

中には岩の中に隠れていて、爆発するハリセンボンを使わないと捕まえられないものや、ガケから飛び降りてひっくり返した葉っぱの下から出さないといけないものなど、やっかいなヤツも。

村長がダウジングを教えてくれるのはある程度集め終わった終盤なんですが、もっと早く教えろとw


そうしてなんとか全て集め終わり、水龍様に報告するとようやく「勇者の詩」の一節を教えてくれるのでした…。


【火山】

次に向かったのは火山ですが、ここも様子がおかしい…

突然の噴火!あまりの熱さに気絶して落っこちてしまうリンク…!

気が付くと、ゴブリンの見張る牢屋の中…しかも身包み剥がされてる!!

以前助けたモグマ族に「モグマグローブ」だけは取り返してもらったものの、他のアイテムはゴブリンの監視の目をかいくぐりながら自力で集めなければなりません…。

ちなみに私は

ツボ → クローショット → ムチ → パチンコ → バクダン袋

の順で回収できました。


「古の大祭殿」方面に向かうと、あったよ「マスターソード」!これでザコなんて余裕ですぜ!

そうして以前から気になってた、溶岩に阻まれて進めなかったところへ。

火山の噴火の影響で、足場になる岩が流れてきていますよ!

おっとその前に、残りの全てのアイテムを奪い返します。

奥に進むと炎龍様が!無事「勇者の詩」の一説を聞き、あとは「砂漠」の「雷龍」様だけです!


【砂漠】

以前から気になっていたゴロン族のおじさんが掘る穴が、ようやく小さな穴ながら開通した模様。

これだけ空いていればリンクなら余裕ですよ!

 ※ちなみにトンネル開通前にゴロン族の目の前のベンチに座って10ルピー投資していると、ここで10倍の100ルピーとして返ってきます。


奥に進むと、右手に「雷龍様の許可なしに開けるな」と書いた、カギのかかった扉があり、中央にはなにやら意味深な巨大な骨が…。

崖下にキラリと光るカギを「ビートル」で拾い、許可とか無視してカギを開けると「時空石を運ぶケロ」だってさ。

トロッコの行く手を阻むトラップをかいくぐり、無事さきほど骨が散乱した場所に届けると…

なんとその骨自体が「雷龍様」でしたか!!


しかしえらく病弱で詩どころではない様子。

それには「生命の木」になる実が必要なようですが、こんな場所に苗を植えてもそりゃ育たないよね。

いいところがあるよ!

あとはもうラクチン!苗を預かった後「封印の神殿」へ行って「時の扉」をくぐり、そこで苗を植えて戻ってくると…

リッパな大樹に成長してます!実も付いてる!

実を落として拾い、再び「雷龍」様のところに行くと…

実を食べてすっかり元気になり、高らかに「勇者の詩」の一節を唄ってくれました!!


【積乱雲〜スカイロフト〜森】

再び「ナリシャ」さまの所に行き、三龍全ての詩を聞いたことを報告すると、最後の詩を唄ってくれて晴れて「勇者の詩」が完成!!

その詩を使って最後の「試練(サイレン)」を求め、「スカイロフト」に向かいます。


ダウンジングまでできるようにしてくれたのに、適当に動き回ってたら蝶が不自然に多数飛んでる「女神の塔」の側で速攻見つかってしまったw

ここでの「試練」はさすが最後だけあって結構な歯ごたえでした…。

5回もの失敗を経験してしまうという…^^;


なんとか「試練」を突破し、「試練の刻印」をゲット!

これをどうしたら…

いえいえ、もうわかってますよ!

前々から気になっていた”片目の無い”鳥の「彫像」に向かい、はめ込むと…。

よし、思ったとおり稼働した!頭が外のほうを向いて、女神の像の下あたりに大砲をドカンと!

ドカンと…

ん?何も起こらないね…w

と思った途端!突然外壁が崩れ落ち、そこに「空の塔」が出現したのでした!!

この演出に鳥肌!!


中に入ると正方形の部屋が8つ。

そして、「15パズル」ならぬ「8パズル」の要領で部屋の配置を変えられる装置が。

これを使って3つの部屋に分散された「フォース」を全て集めなければなりません。

トラップの部屋・強敵との戦いの部屋などそれぞれ趣向の違う部屋を全て回り、なんとか無事3つの「フォース」を集めることに成功!

ちなみにこれって、やり方によっては入らなくても済む部屋とかあるんでしょうかね?


「トライフォース」を集め終わったと同時にまたもや異変が!!

なんと!「空の塔」自体が「スカイロフト」と分断されて大地へと降りていくではありませんか!

もしかして、この螺旋状の円錐形は…

ここでまたもや鳥肌!!!

まさかこんな方法で「封印されしもの」を完全に封印することになろうとは!!

もうヤツに苦しめられなくて済むんだね!!


無事役目を終えた「ゼルダ」がその任を解かれて奥の扉から出てきます…。

感動の再会!

ハッピーエンド…?

しかし、そうは問屋が卸さない…。


またしてもギラヒムの陰謀により、過去へと連れ去られるゼルダ…!

なんでオマエが「時の扉」使えるんだよ〜!!



はい、いよいよもってクライマックスなのですが、これ以上進める前にできる限りのサブイベントをクリアするぞ!と、今はここでストップ中です。



【サブイベント】

・雷龍様のチャレンジ(バトル編)

雷龍様に「勇者の詩」を伝授してもらった後に受けられるイベントで、過去に戦ったボスとの再戦を延々繰り返す、いわゆる「ボスオンパレード」です。

ボスは…

・ギラヒム(1回目) 回復:◎(周囲の壷)
・ギラヒム(2回目) 回復:×
・ベラ・ダーマ(火の玉のバケモノ) 回復:◎(最上段のハートの花)
・モルドガット(サソリ) 回復:×
・ダ・イルオーマ(仏像ロボ) 回復:○(柱を破壊)
・ダイダゴス(イカのバケモノ) 回復:△(第二段階の触手から時々)
・封印されしもの(1回目) 回復:△(足の指から時々)
・封印されしもの(2回目) 回復:△(足の指から時々)
・封印されしもの(3回目) 回復:△(足の指から時々)

の9体。

 ※「回復:」の記号は、私の独断で回復しやすさ(余裕:◎ 〜 ムリ:×)の目安です。

最初の1体は自分で決められますが、以後はランダムです。

また、〔-〕ボタンで使えるアイテムは盾以外一切使えません。つまり回復薬はもちろん、命のメダルでハートの最大値を上げることも不可能。

私は基本ニガテな「封印されしもの(2)」を初回に選び、以後回復できる場面では回復に専念して、なるべくハートを温存して進めるようにしています。


ちなみに報酬は倒したボスの数で決まり、

1体:20ルピー
2体:ちょっとしたお宝
3体:100ルピー
4体:ハートのかけら ※取得後は200ルピー
5体:300ルピー
6体:かなりい珍しいお宝 ※黄金ドクロの飾りなど?
7体:500ルピー
8体:べらぼうに強い盾(ハイリアの盾) ※取得後は1000ルピー
9体:2000ルピー

 ※正直5〜7体目はメモり忘れたので記憶を辿ってこうじゃなかったかな?と。違ったらスミマセン。

↑【赤字:11/12/4 1:00 確認につき訂正】


何回か挑戦し幾度も失敗を繰り返した末、現在までに「ハートのかけら」と「ハイリアの盾」はゲットできました。

zelda_ss07.jpg

やっぱりリンクには青い盾が似合うなぁ〜!!^^

あとは6体目の「お宝」が気になりますね… 素材でしたね…イラネー^^;


ちなみに、「バトル編」のほかに「サイレン編」もあるのですが、まだ一度もトライしたことはありません。


・虫が盗まれた!

空飛ぶお店を営む「テリー」から、「大事にしていた虫が盗まれたので探して欲しい」と。

犯人のめぼしは付いていたのですが、占い師に占ってもらって確信がもてました。

積乱雲の虫オタクのところへw

自分が盗んだくせに、3分以内に規定の虫を集めないと返さない、だと〜!?

3分切るとちゃんと返してくれるんですけどねw

テリーに渡すと感謝され、「店の商品1つだけ半額にするよ!」って言われてもね…


もうあんたのところの商品全部買ったあとですから!残念!w


・水晶が割れた!

この依頼を受けた瞬間閃きました!「火山のアノ場所にあったな!」

ロボに運ばせ速攻クリア!


・珍しい植物

植物オタク?の「アウール」先生からみたことも無い植物を探してきてほしいという依頼。

ダウジングしてみて驚いた…え?これって動物じゃないの?

その「キュイ」族をロボに運んでもらって先生に渡すと…「おお〜!これは興味深い!」だってw


・農耕名人

パンプキンバーの娘さんが、畑を耕してくれる人を探してますが…

やっぱ土関係はアノ人たちだよね。

って、まさかの「村長さん」自ら?村の存続はどうなるんだろう?

とにかくロボに運んでもらって一件落着…なのだろうか?w


・感謝の気持ち

そんなこんなで感謝の気持ちも69個集まり、あと1つも場所はわかってるんですよ…

zelda_ss06.jpg

そう、「ゼルダ」の部屋にね。

 ※隣の女の子の部屋から覗かせてもらっていますw

あとはこれだけなんだけどなぁ…どうやって取るのやら…


そこで、視点を変えてみた。「中からダメなら外からだ!」

結果は…大当たり!あんなところから入れるとは!

ちなみに「ゼルダ」の部屋では、タンスから「ハートのかけら」がゲットでき、机の前に座ると…。


そうして最後の「感謝の気持ち」をゲットし、悪魔さんの所へ。

報酬は…

セレブのサイフ:ルピーが9000貯められる

ちょっと!5000の次は9000て!前作のサイフがすぐ満杯になったことへの反省ですかねぇ…?

それにしてもこんなに貯めようと思うと、「雷龍様の試練」を4回はこなさないと…。

というか、それだけ貯めても買うものがもうクスリくらいしか無いんですがw


そして、無事人間になった?悪魔さん…

zelda_ss09.jpg

あんまり変わってないね、とはとても言えないw



【小ネタ集】

・スライムのようなモンスターにバクダンを投げて咥えさせ、爆発で倒すことができる。

・「女神の壁」にスカイウォードソードで円を描くと「バクダン」が、トライフォースを描くと「妖精」がそれぞれ現れる。

・「女神キューブ」のダウジングは、「女神キューブ」のほか、大空の宝箱のほうにも反応する。



【その他気になること・どうでもいいこと】

・トイレで紙を欲しがっていた人?に私は結局渡さなかったのですが、あそこで渡していたどうなったのか…はい、2周目を遊ばないといけないのですね…^^;

・通常の「宝箱」があちこちに点在していますが、その全てを開けたとはとても思えず、「ダウンジング」に期待したら出てこない…。最後まで出てこないまま、攻略本を待つしかないのでしょうかね?w



というわけで、今回もべらぼうに長くなった当記事ですが、おそらく全て読む方は居ないでしょうw

それでも、もし最後までお付き合いくださった方がいらっしゃったら、厚く御礼申し上げます!^^


 

posted by ラムネ at 20:25| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その3

相変わらず一度始めると時間を忘れて気付いたらエライ時間に…という恐ろしいソフト

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

を絶賛プレイ中です!


早速ですが、現在の私の最新セーブデータをば。

zelda_ss04.JPG

空いていた部分がかなり埋まりました。

どんどん終盤に近づいているのがわかる反面、終わるのがほんと寂しいですね…。


では、現在までのプレイを振り返ってみましょう。


【メインイベント】

【詩島】

「砂漠」にあった「時の扉」が破壊されたことで、進行が阻まれたリンク。

直前にゼルダから渡されたハープを手に「封印の神殿」に行くと、おばあちゃんの力で「時の扉」が出現!

しかし、今のままでは扉をくぐることはできない…

そんなとき、突如「封印されしもの」が動き出す!!

頭部の杭を突いてなんとか再度封印することに成功。


ゼルダの詩にヒントがあるという話を受けて父でもある校長に相談すると、「街にある2つの翼」がカギになるとのこと。

このヒントで即座にピンと着ましたね。「風車だ!」と。

上のヒントを貰う前から、風を噴出す「壷」を手にしたときから、街の風車についたプロペラを回せば何かが…と思っており、実際やってみると風車が動いた!w

しかしもう片方の風車にはプロペラが無い…

話の流れで雲海に落ちていったことがわかり、それを拾うにはジャンク屋さんが修理中の「ロボ」が必要だということで、材料を渡して完成させてもらいます。

ダウジングの力で無事プロペラを見つけ、風車を可動させた後「女神の塔」でハープを奏でると…

積乱雲へと一筋の光が…!!


突入するとそこには「詩島」と呼ばれる島が。

橋のパズルは、3パターンのストッパーを上手く利用することがカギですね。


橋を渡って中に入ると、女神からの伝言で「3つの炎を集めよ」との指示が。

”炎”を求めて再び3拠点を巡る旅の始まりです…。


【森】

炎を手にするには、まずリンクの心の成長となる「試練」を突破しなければなりません!

15個の「聖霊のしずく」を敵に捕まらないように回収していくのですが、こちらからは一切攻撃ができない…

「しずく」を1つ取ると敵が90秒間動かなくなるので、その間にマップを駆けずり回ってとにかく回収〜!


これって、前作”トワプリ”でもオオカミで同じように一定数集めるイベントがありましたっけね。

しかし、今作のは緊張感がかなりのもの!捕まってしまうと一からやり直しですから…。

ファイにも言われますが、あえて取りやすいものは後にまわす等して戦略を立てなければ、闇雲に取っていくだけではクリアは難しい…。

私はここで1度捕まってやり直しをさせられましたw


無事試練をクリア後「水龍のウロコ」をゲット!これで水の中を自由に泳ぐことができるようになります。

水中の穴を通って大樹の頂上へ行き、仙人から「水龍」の存在を聞いたリンクは、封印を解いて一路「フロリア湖」へ。


水龍に会うと「聖なる水が欲しい」と言われるので、ダウンジングに導かれ、かつて訪れた「天望の神殿」に再び突入。

敵がパワーアップしてる!

最深部で空きビンに「聖なる水」を汲み、急いで水龍の元へ。

こうして4番目のダンジョンである「古の大石窟」へ!


ダンジョン内ではアイテム「ムチ」をゲット!引っ掛けてロープ代わりにしたり、トゲのついたハスの葉?をひっくり返したりととっても便利!


ダンジョンボスはなにやら仏像のような6本腕のロボット!

第一段階では腕の節目を「ムチ」でしばくとひるむので、その隙に腹の弱点を斬る!!

第二段階に移ると弱点を隠してしまいますが、やはり「ムチ」で腕の節目をしばくと「大剣」を落とすので、それを拾ってすかさず腕や脚を切り落とし、弱点をこじ開けて斬る!斬る!撃破!!



【砂漠】

2番目は「火山」かと思いきや、予想外に「砂漠」でしたw

試練は「森」よりもマップがやや複雑で少し苦労しましたが、それでも1トライでクリア!


クリア後「クローショット」をゲット!「ゼルダ」といえばやはりコレですよね!

前作と違って最初から2本装備されているので、すぐさま連続チェーン移動が可能です!

これを使って今まで行けなかった場所へ行くと、また居たよゴロン族w

ここで、最強の盾を貰えるという「龍の試練」の話を聞かされますが…

ゴロン族のおっちゃんが掘り進まないと行けないっぽい?とにかく今はまだムリですね。


更に億へ進むと「砂海」へ。

水晶が付いたボートで砂海を進むのはとっても気持ちいい!

「船を盗まれたので取り返して欲しい」という船長の家で海図をゲットし、造船所へ行くも、船は無い…

ちなみに、ここであるだろうと思っていた「トロッコを使ったジェットコースター」が!!

リモコンで上手く姿勢制御しないと脱線して落っこちてしまいますw


海賊の本拠地で船の情報を得、ダウジングで船の居場所へ向かい、移動中の「見えない船」を探します。

衝撃を与えればいいと言われ、「大砲で撃つんだろうな」ということはすぐわかったのですが、当ってないのかやり方が悪いのか…なかなか実体を現さない…

加速しないと追いつかないのですが、やはり「がんばりゲージ」のようなものがあって使い続けることはできませんし、ダウジング状態だと船の底を擦ってすぐスピードダウンしてしまう…。

ある程度近づいたと思ったら即座に大砲を撃って…を繰り返して、なんとか実体化に成功。


船がまるごと一隻「ダンジョン」というのは面白いですね。

中に入ると敵がウヨウヨ!

そこで遭遇したフック船長のようなロボットとの一騎打ちに勝利し「」をゲット!!

これもゼルダ定番ですね!〔A〕ボタンで撃つ(押しっぱなしで強力ショット)他、〔C〕ボタンを押しながらヌンチャクを引き、ボタンを離して撃つという遠隔の敵に当てやすい撃ち方もあります。


ダンジョンボスはイカ?のような巨大なバケモノ。

第一段階は、床に穴が空いたかと思うと脚が飛び出してくるので、そこに弓を当てる(〔A〕押しっぱなしの強力ショット)と徐々に弱っていき、本体を現れたところに目を弓で打ち抜くと床に倒れこむので、すぐさま近づいて目を剣で斬る!!

第二段階になると無数の脚がリンクを襲ってくるので剣で斬るとハートが出てやっと回復できます。
その後目を弓で射抜くとやはり床に倒れこむので、近づいて目を剣で斬る斬る!!で撃破!!!



【火山】

ここの試練はやはり最後だけあって難易度も最高です!

特に砂の滑り台を使わないと取れない「しずく」に相当手間取りました…何度も時間切れになって、敵を上手くマキながら数回滑りなおしてようやくゲットできましたが、クリアまでに3回失敗しました^^;

敵に追いかけられながらラスト1個をゲットした時は心臓バクバク言ってましたよw


試練クリア後、予想通り熱さが平気になる「耐熱イヤリング」をゲット!

これで今まで熱過ぎて進めなかった場所へ侵入できます。


奥に進むとここにも居たか「ゴロン族」!w

なにやらカエルのようなオブジェに水をかけないと先に進めないトラップ…。

最初の2つは空きビンですくった水で作動しましたが、最後の1つが大きすぎてとても水が足りない…

「大量の水と入れ物が要る…」

あぁ〜アレね!すぐさまピンと来たので「フロリア湖」に言って水龍さんに釜を借ります。

無事最後のトラップもかいくぐり、6つ目のダンジョン「古の大祭殿」へ…。


ダンジョン内で遭遇したモグマ族を助け、そのお礼に穴掘りグローブで地面に潜ることができる「モグマグローブ」に改造してもらいました!


ダンジョンボスは最初のダンジョンで遭遇した「ギラヒム」との再戦!

第一段階は初めのときとさほど変わりませんので同じように腕の無い方向から斬りつけます。

第二段階は手裏剣?がリンクの周囲に現れるので回転斬りなどで撃破。「ギラヒム」は剣で攻撃してきますが、中でも上空からの垂直斬りをかわすと床に剣が刺さって身動きが取れなくなるのでそこを斬りつけるのが最も安全でしょうか。

このボス、回復手段が無いので、予め「ハートのクスリ」などを準備し忘れないようにしましょう。


こうして3つの炎をゲットすることに成功し…

zelda_ss05.JPG

マスターソード』ゲット〜!!



【サブイベント】

・感謝の気持ち

現在57個。50個でもらえる「特大のサイフ」がなんと5000ルピーとそれまでの5倍の容量で、今までは一体何だったんだ?と言わんばかりの余裕サイズw。これをマンタンにするのは至難の業ですねw

ちなみに次は70個で報酬がもらえるようですが…あと13個か。


・竹スパスパ

初回トライでなんと27回という快挙!しかしその後はどう頑張っても最高20回ほどが限界…これがビギナーズラックか…w

その後剣を最高段階にしてトライし、なんとか29回をたたき出すことに成功。

報酬なんだったっけ…「ハートのかけら」だったかな?


・ダイビングルーレット

まだ2回ほどしか遊んでませんが、結構難しいですね…。

それぞれ「ゼロ」「20ルピー」でしたw


・かぼちゃクレー

〔A〕ボタンと〔C〕ボタンの両方で遊んでみましたが、気持ち〔A〕のほうがやりやすいかな?

何度かプレイしてようやっと460Pを出したのに、「次は600P目指してね」って、あんた優しい顔して結構鬼畜ねw


・改造

主要アイテムの改造はほぼ終わりました。

残っているのは「木の盾」「鉄の盾」をそれぞれ最強にするくらいなのですが、「聖なる盾」を最高にした今それをする必要性は特に…。

やはり特筆すべきは「大きな虫取り網」!

これを使った虫や鳥の捕獲が本当にラクになりました!特にこれまでほぼ絶望的だった鳥は一度に2匹ゲットできるほどに!「聖なる盾」の改造には必須なので、本当に助かりましたね〜!


・ダウジング

砂漠でゲットした2つ目の炎を剣に宿すと様々なアイテムを「ダウジング」可能になるのですが、「感謝の気持ち」と「女神キューブ」はとっても便利ですね!

「お宝(素材)」もダウジング可能になるのですが、こちらは種類が選べないので使い勝手はイマイチ。

「ハート」が可能になったときに、「ラネール錬石場」のそばにあるゴブリンの集落で反応したのですが、そこは囲炉裏?にかけられた鍋…。

あれって、なんとかすればハートがゲットできるんでしょうかね…?バクダンを仕掛けたりムチでしばいたりと色々やってみましたが、結局わかりませんでした。


・ドキドキルピー掘り

これが結構楽しいんですよねw

基本初回ばかりやっていますが、後一歩のところでバクダンを掘り当ててしまったり、最悪なのは開始後最初の1堀りめで即バクダンってことが少なくないという…w

地面に潜れるようになったときに地下のバクダンが見え、「もしかしてこれってイカサマができる?」とか思ったらそんなことは全く無かったですねw

パーフェクトで報酬がもらえるようですが、ゲットできる気がしませんw



【小ネタ集】

・敵を倒した後に出現したアイテムによって鳴る”音”が違うので、それを聞き分ければ素材などが出たときにすぐさま対処できる。

・「ムチ」その1。ハートやルピーを引き寄せることができる。また角笛を持っているゴブリンからはそれを盗むことができる。

・「ムチ」その2。ゴシップストーンを引き寄せるとポヨンポヨン揺れるw。虫をしばくと殺せるw

・アリやフンコロガシは踏むと殺せるw

・「壷」でルピーに風を吹きかけるとクルクル回る。

・花のモンスターにバクダンを投げて咥えさせ、爆発で倒すことができる。

・コウモリは突進してくるところに盾を突き出して弾き返すと気絶するのでそのまま「トドメ」を決められる。

・リンクの部屋のタンスは一定タイミング(イベントクリアごと?)で開けると5ルピーずつもらえる。

・「女神の壁」にスカイウォードソードでハートを描くと「ハート」が、ルピー(六角形)を描くと「ルピー」が、矢印を描くと「矢」がそれぞれ現れる。

・街中に居る「ネコ」を崖から外へ放り投げると、耳で飛んで戻ってくる。

 ※これくらいかな?気付いたらまた追加します。



【その他気になること・どうでもいいこと】

・ゼルダの部屋にどうやら「感謝の気持ち」があるっぽいのですが…?

・夜になると襲ってくるネコですが、あれは何かしらイベントに関係するのでしょうかね…?

・他人のベッドで平気で大の字で寝られるリンクって結構大胆w。特に子供をあやしていて夜眠れないというクスリ屋の亭主の真横でグッスリ寝ちゃうとかデリカシーなさすぎw



というわけで、晴れて「マスターソード」を手にしたリンクは、三度「時の神殿」へ赴くことになるのですが、今後どんな展開が待っているのでしょうか…!!

あぁ〜!もうすぐ終わってしまうぅ〜!^^;

 

PS:

記事として「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をアップするたびに、こんな辺境のブログにもかかわらず大勢の方が見に来て下さっていてとってもありがたいです。

さすがは人気ソフトだけありますよね!今が旬ですからね!^^

posted by ラムネ at 20:20| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード その2

最近我ながらヒドいです。

土日、生活の殆どをこのゲームに費やしてしましました…そう、極・時間泥棒こと

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

であります。


土曜日:昼起床・昼飯 → ゼルダ → 夕飯 → ゼルダ → 風呂 → ゼルダ …

日曜日:昼起床・昼食 → ゼルダ → 買い物&投票 → ゼルダ → 夕食 → (今ココ)


ほんと時間の使い方がめちゃくちゃだなぁ…^^;

それもこれも全部『ゼルダの伝説』が悪いんや〜!!宮本さん、(いい意味で)恨みますぜw



現在の進捗としては、冒険の主な活動場所であろう「森」「火山」「砂漠」の三拠点にそれぞれ存在するダンジョンを全て攻略!

行方不明の「ゼルダ」を追うべく、積乱雲の奥へ進んでいこうとしているところです。


今回お供してくれている女神の使い「ファイ」は、前作「トワプリ」の「ミドナ」と違ってとっても主に忠実で、実に清々しい。

「ミドナ」は常に上から目線でうるさく指示してきて、正直ちょっとウザかったですからねw

まぁ「ファイ」とは立ち位置が根本的に違うので比べても仕方ないですがw


そういえば、ダンジョンクリア後女神からの言伝をしてくれる「ファイ」が、水面をさも「フィギュアスケートの選手」のように華麗に滑るのですが、昨今の「フィギュアブーム」を反映してのものでしょうか?w


「スカイロフト」で行方不明になった女の子事件を追うと、墓場近くの倉庫?から進める部屋に謎のモンスターさんに遭遇。

この方人間になりたりらしく、人間の”感謝の気持ち”が欲しいということで、町の住人にいいことをするともらえるコンペイトウのようなアイテムを一定数集めてモンスターさんに渡すと報酬が得られます。

このコンペイトウ、直接クエストを達成して人から貰えるほか、フィールドにポロッと落ちてたりするんですが、これ誰の気持ち?w


あと、結構ハマるのが「昆虫採集」。

集めた昆虫はクスリの調合に使用するのですが、捕りやすいものから捕りにくいものまで実に多彩。

ピョンピョン跳ねる「バッタ」とか、サッと飛んでいってしまう「セミ」は捕らえるのが難しい…。

「フンコロガシ」や「アリ」は一見地面を歩いているだけで簡単ぽいんですが、地面スレスレに網を動かすのが結構難しくてあまり捕らえられていませんね。

一方簡単なのは「ハチ」。蜂の巣をパチンコで撃ち落せば襲ってくるので、そこで網を適当に振っているだけでガンガン捕れますw

動きの遅さと絶対数の多さで「チョウ」もかなりラクな部類ですね。

あと、壁や木に這い回っている「クワガタ」や「カブトムシ」も、体当たりして落ちてきたのを拾うだけの簡単なお仕事ですw

空中のお店で買える「虫メダル」があれば、フィールド上の虫の居場所を教えてくれるのでとっても便利です。


集めるといえば、重要になるのが「アイテム改造用の素材集め」

先ほどの「蜂の巣」をはじめ、フィールド上に転がっていたり宝箱から取れたりする様々な「素材」を集めてお店に持っていけば、アイテムをパワーアップしてくれます。

いくつか実施しましたが、後で紹介します「ビートル」をスピードアップさせた改造はなかなか便利ですね。

あと、現在は材料が足りなくてまだ改造できていないのが「虫取り網」。

大きな網にできるようなので、早く改造してラクに昆虫採集ができるようになりたいですね。


材料で意外に取り難いのが「小鳥の羽根」。

地面でエサを食べている鳥を虫取り網で捕まえるのですが、動きが早すぎてサッサと逃げてしまいます。

この鳥をラクに取るためにも、ますます虫取り網の強化を早々に行いたいところ。



では、各ダンジョンについてサラッとおさらい。


まずはゼルダ定番の「森」。

木々の生い茂った美しいフィールドを進んでいくのですが、まずは原住民の毛むくじゃらな生物を捜索するところから始まります。

ここで「ダウジング」が初登場!

ポインタを画面上で動かすと、特定の探索物に反応して音と共にその存在場所を教えてくれます。


全ての生物を探し終え、村長の計らいで森の奥にある「展望の神殿」へ。

ここでシリーズ新アイテム「ビートル」が登場!放つとリモコンで自由に動かすことで、リンクが到底届かない場所にあるアイテムをゲットしたり、遠くのフィールドを予め調査したりととっても便利です。

ダンジョンボスは謎の男。

こいつはこちらの剣を指二本で受け止めてしまう、序盤のボスとしてはなかなかの強敵でしたが、手を構えていない方向から斬り付ければいいという攻略方法がわかってからは余裕でした。

その後は遠方からのダッシュ攻撃や、手裏剣のようなものを投げてきたりしますが、ダッシュは盾で防げますし、手裏剣はその飛んでくる軌跡のまま剣を振れば簡単に弾き返すことができます。


そういえば、この森で前作に登場したとっても懐かしい種族が居てちょっと笑えましたw



次は「火山」

ここで最初に行ったのが、ダンジョンである「大地の神殿」に入るためのカギ探し。

5つに分断されたそれを、やはり「ダウジング」を使って探し当てていきます。


ゼルダといえば「バクダン」!ということで今作でも当然出てきますが、「バクダン袋」をゲットしてからはその蓄え方がとってもラクになりました。

地面に生えている「バクダン花」を持ち上げた後〔B〕ボタンを押せばそのまま袋に収納できちゃうんです!

袋から取り出して使うときは着火状態ではないので、ゆっくり転がしたり置いたり投げたりできますしね。


途中でゲットしたモグラ族から貰った「手袋」は、特定の地面に近づくと「ほる」の命令が行えるようになり、そこから素材やルピー、ハートなどがゲットできます。


フィールド内では地面に埋められたルピーを掘り起こして大金ゲット!みたいなミニゲームも。

まるでWindowsに標準装備されている「マインスイーパー」のようなルールですねw


カギを全て集めたらいよいよダンジョンへ。

ここは「森」に比べるとややアクションに特化したといった構造でしたね。

玉乗りで溶岩の上を移動していく仕組みがなかなか面白いです。


ラスボスはクモ?のような玉に脚が生えた巨大モンスター。

バクダンにあたると坂を転げ落ち、その後大きく息を吸って炎を吐いてきますので、息を吸っているときにバクダンを投げてそれを食わせ、ひるんだところを斬る!で倒せます。



3つ目は「砂漠」。

ここのギミックはほんと感動しました。

特定の「水晶」のようなオブジェに刺激を与えると、その周囲だけ時代が過去に遡るんです!

水晶を中心に緑が広がっていく様子はとっても幻想的です。

そこには過去にそこで住んでいたロボ住人?が居て、様々な助言を与えてくれます。

またそれまで手動でしか動かなかったトロッコに乗って滑るように移動したりも。


ここで「ビートル」がアイテムをつかんで運べるように改造してもらえます!

これで木の上に生えている「バクダン花」をつかみ、そのまま見下ろし視点で敵や特定の場所に落下させることができ、さらに探索の幅が広がりました!


ダンジョンである「ラネール錬石場」に入るための3つの「暗号」をゲットするのが最初のイベントでしたが、ここでも「ビートル」が大活躍しました。


ダンジョン内ではこれまたシリーズ初の「風を噴出す壷」が登場!

地面の特定の砂に向けて使うことでそれを吹き飛ばし、その下に埋もれたアイテムやオブジェを探し出すことができます。

また、風車に風を当てて回したりととっても便利です。


ダンジョンボスは黒い巨大なサソリ型モンスター。

両手のハサミについた弱点を、ハサミの開き方に合わせて剣で斬りつけ破壊。

その後地面に潜ってしまいますが、そこで「壷」の力で砂を吹き飛ばし、敵があらわになったところを剣で目を突いて撃破!といった感じですね。



最後に、全体を通じてちょっと気になるところを挙げると…


まず、リモコンが結構「ズレ」ますね。

特に虫取り網をブンブン振っていると、リンクとリモコンの動きがミスマッチになることが多々あります。

そんなときには「アイテム欄」などを出して十字キーの下を押せば簡単に直せるんですけどね。


次に、これは私の環境だけかもしれませんが、持ち上げた壷やバクダンを「転がす」のがちょっとやりにくい。

壷などを持った状態でリモコンを下に向ければ「ころがす」のコマンドが現れるのですが、このコマンドを出すにはリモコンをかなり下向きにしないと出てこないんですよね…。

それこそ手が”つる”んじゃないかと思うほどにw

目の前に机があるので、ひょっとしたらそれのせいかもしれませんねぇ…。



というわけでちょっと長くなりましたがこれまでのプレイ内容をおさらいとしてまとめてみました。

「ゼルダ」を追って尚も試練に立ち向かう「リンク」の冒険が今後ますます楽しみですね!


あぁ…来月買うソフトが無いんだからゆっくり遊べばいいはずのに…ほんと罪作りなソフトですよ…w


 


PS:

そういやこの土日ずっとツイッター動かしてないなw

日祝は元々「ツイッターお休みの日」にしてるんですが、土曜日もわざわざ起動してつぶやくことも特にないし、正直「ゼルダ」遊んでたらツイッターやってる時間とかちょっと勿体無いとすら思えちゃってね…。

ほんとヤバいですよ「ゼルダ」w


PS2:

あぁ…週末恒例のはずの「ヒトカラ」すっかり忘れてましたw

posted by ラムネ at 22:05| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

9月の『FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V』購入からおよそ2ヶ月強ぶりの待望の新作パッケージソフト

ゼルダの伝説 スカイウォードソード

が昨日24日に届きました!


発売日は前日23日なので1日遅れだったのですが、その日は用事で実家に帰っていたのでむしろ好都合!Amazonグッジョブ!といったところw


来月は今のところ買うソフトが1本も無いので、今年最後の新作パッケージソフトになることはほぼ間違いないでしょう。

 ※年末商戦とは何だったのか…(私にとってはw)


zelda_ss01.JPG

購入した『ゼルダ25周年パック』!

ネットでは早々に売り切れましたが、”タイバニ”のS.H.Figuarts戦争でもまれた私にとっては予約など造作も無いことです(なんてなw)。


zelda_ss02.JPG

内容物。

・パッケージ(ソフト+スペシャルCD)
・Wiiリモコンプラス[ゴールド](ストラップ・ジャケット付き)
・Wiiリモコンプラス取扱説明書
・修理サービスに関するお願い
・単三アルカリ電池(動作確認用)

「修理サービスに関するお願い」を読むと、「壊したら余剰部品が無くなり次第純正品から部品を取ることになるのであしからず」みたいなことが書かれていました…。

壊さないように大事にしないと…ヘタしたら黒い十字キーとかにされるかもしれない…。

あるいは余剰品がある、早いうちに壊れてくれたほうがいいのか?^^;

「単三アルカリ電池」が付いているのはちょっとビックリ。動作確認用と書いてありますが、どうみても普通の電池ですよね。しかも「パナソニック」なんて高級ブランドw

 ※付属電池ってたいてい「こんなメーカーあったんだ…」みたいなブランドなのが殆どですからw


zelda_ss03.jpg

「Wiiリモコンプラスゴールド」

ある意味このパックを買った最大の目的がコレ。

注文後、内心「ジャケットとストラップどうなるんだろ?」ってずっと思ってたんですが、届いたら普通に装着済みでした。

どちらも白(ジャケットは透明?)でしたが、さすがに金ってわけにはいきませんか…w

中央の「ゼルダの伝説」をイメージさせる紋章が無ければ単なる金リモコンですねw


これを手にしちゃうと、次に欲しくなるのが「ゴールドのヌンチャク」。

「クラブニンテンドー」では「ゴールドのクラシックコントローラーPRO」が既に交換品としてラインナップされていますが、どうせなら「ゴールドヌンチャク」も入れてくれないかなぁ〜?

もし入ったら必死にポイント集めますよ!任天堂さん!


ちなみに取扱説明書ですが、全6ページくらいのペラッペラのものが1冊付いているだけ。

すごっく、薄いです…w

そもそもゼルダシリーズは丁寧すぎるチュートリアルがあるので基本読む必要は皆無ですけどねw




では、そろそろ本編について。

Wiiのゲームですからグラフィックに関しては特に期待していませんでしたが、パステル調で明るい色調は前作「トワプリ」よりも爽やかなイメージ。

キャラクターも実に個性的な面々ばかりで、とっても”立ってます”ね。


今回は「空」がメインの題材になっているので、ストーリーも空に浮かぶ島「スカイロフト」を中心に進みます。

序盤のイベントを終えると自由に鳥に乗れるようになるのですが、”トワプリ”が馬での移動が中心だったのが、空を自由に飛びまわれるというのがとっても開放感があってキモチイイ!


謎の邪悪な黒い竜巻のせいで、それまで誰も行くことが叶わなかった「大地」へと落ちていった幼なじみの「ゼルダ」を救うべく、勇者「リンク」が旅立ちます!


「Wiiリモコンプラス」のパワーは、剣を装備したときに明確に体感できますね。

リモコンの向きがそのままダイレクトに画面のリンクに伝わって、縦斬り・横斬りはもちろん、斜め斬りなんかも自由自在に行えるのはちょっと驚きました。

これは単純に気持ちいいですね!まさに「リンクとの一体感」を味わえます!


そして、このシステムがあるからこそ実装できた、多彩な敵の攻撃方法。

例えば花のバケモノはつぼみが水平に開いたときは横斬りで、垂直に開いたときは縦斬りでないと倒せません。

またゴブリン系モンスターは、持っている武器を上段やサイドに構えてガードしているので、闇雲に攻撃しただけではダメージを与えられず、敵のガードの隙を突いて的確に攻撃しなければいけません。


それと、攻撃がヒットしたときに海外アニメによくある「リズムよくメロディーが流れる」システムがこれまた気持ちいいんですよね!

 ※文で説明するの難しい…これは実際遊んでみないとなかなか理解してもらえないでしょうね。


操作性として他には、リモコン&ヌンチャクのほぼ全てのボタンを使いますが、最初は戸惑うものの慣れてしまえば直感的に操作できるようになりますよ。

画面の左右に常にガイドを表示させておくこともできますしね。

 ※表示を簡易にしたり、OFFにしたりもできます。


Aボタンのダッシュ中に自動で壁を登ったり、離れた場所にジャンプしたりという簡易アクションも昨今のゼルダならでは。

ただ、調子に乗ってダッシュしまくると、「がんばりゲージ(スタミナを表すゲージ)」がゼロになってゼ〜ゼ〜ヘタってしまうので注意が必要です。

 ※ゲージ回復のアイテムを拾ったり、ダッシュを止める事で回復できます。


あと便利になったな〜と思ったのが、ライフ(ハート)が減っているときにベンチや切り株などに「座る」とハートがみるみる回復していくというシステム。

もちろんハートを拾うことでも回復できますが、周りに敵が居ないところで座れる場所があるととっても安心!



まだ序盤ですが、さすがは「ゼルダ」といった安定した面白さでほんとストレスなく遊べるのは毎度すごいなぁと思いますね〜!

今作も収集やクエストなど数々のサブイベントで、寄り道のあまり本編が進まないなんてことがまた幾度となく起こりそうですw

前作にもあった「昆虫採集」が今回もありますしね!

 ※まだ「虫取り網」はゲットできていませんがw



というわけで、「ゼルダの伝説」ファンならこれを遊ばないなんてちょっと考えられませんよ!

文句なしにオススメ!


ただ、「Wiiモーションプラス(Wiiリモコンプラス)」が必須というところが最大のネックかな…。

最初からこのシステムでWiiを売り出していればねぇ…。

 ※Amazonの「Wiiモーションプラス」は以前あった在庫がキレイサッパリ無くなっています…ゼルダ効果恐るべし…


 


PS:

ツイッターでこのソフトに関連するつぶやきをする際、前に”【ゼルダの伝説SS】”と付けているのですが、まるで「セガサターン」のソフトみたいですよねw

posted by ラムネ at 20:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V その4

15日の発売日からコツコツと遊び続けてきた

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V

でございますが、先日30日に一応の決着を付けることができました。

つまり

SFC版「ドラゴンクエスト3」をクリアしました〜!


その3日前の27日(だったかな?確かw)に、第一部のラスボスである「バラモス」を撃破!

sfc_dq3_boss.jpg

この「バラモス」のデザイン、正直あんまり好きじゃないですw


その後、アレフガルドに降り立つ第二部が始まるのですが…

「ラーミア」の曲が良すぎてなかなか穴に飛び込まない私の勇者たちw


その間もせっせと「小さなメダル」や色々なアイテムを集めていったのですが、「アッサラーム」で貰える

「まほうのビキニ」

と、小さなメダル95枚で貰える

「しんぴのビキニ」

これを装備したいがために全員女性にしたといっても過言では…いや、過言だなw

あくまで「セクシーギャル」が目的ですからねw


着せてみたついでに写真撮ってみたw

sfc_dq3_mizugi_01.jpg

↑勇者が着ると青いビキニ姿にw

 ※武闘家が着ると赤いビキニになりますw

sfc_dq3_mizugi_02.jpg

↑賢者に着せてみたらなぜかビキニじゃなくワンピース?

 ※しかしこれ、デカすぎないか?w


アレフガルドに降り立ってわかった、「ちょっとレベルが足りないなこれは…」

洞窟内のザコモンスターがちょっと厳しいw


こんなときは「中断セーブ」の出番だ!

リムルダールまで進めて、その周辺に生息する「はぐれメタル」を狩りまくります!

遭遇したら「中断セーブ」!逃げられたらタイトルに戻って「中断セーブから再スタート」!


ほとんどが武闘家の「かいしんのいちげき」での撃破でしたね。


そんなこんなでレベルはガンガン上がり、よ〜しこの辺で…というところでいざ「ゾーマの城」へ!

前座3匹を倒し、でたぞ「ゾーマ」!

sfc_dq3_last_boss_a.jpg

↑う〜ん、やっぱり「シドー」のほうが好きだなぁ^^;

でも曲は大好き!ここは3.1チャンネルのサランドスピーカーの電源を入れてじっくり堪能w

「ひかりのたま」だ!えい!

sfc_dq3_last_boss_b.jpg

↑ええ、まぁ…あんたと戦うの初めてじゃないからねw


初トライで撃破!

ぶっちゃけ、後衛のMPがそろそろ底をつきそうな、そんな危ない中でのクリアでちょっと焦りましたけどw


そして、感動のエンディング!!

オーケストラで聞く「ドラクエ3」のED曲最高だなぁ〜!!


sfc_dq3_end.jpg

↑そして1&2へ続くと… いいねぇ〜


さて、SFC版にはクリア後の特典として、「EXダンジョン」があります。

これ、中断セーブで遊んでいる場合に注意してください!

上のエンディング画面はリセットする以外にないのですが、その後

「冒険の書から始める」

を選ぶことで初めてクリア後と判定され、「.ロト」と名前の右に「ロトの称号」が付きます。


つまり、プレイ途中で本来の保存方法である「冒険の書に記す」をサボっていると、

「最後に冒険の書を書いた時点に逆戻り」

となってしまうわけです!


ですので、ゾーマを倒す前には一度お城などに行って「冒険の書」でのセーブを行うことを忘れないように!

なお、その後ゾーマ戦までの経験値は残らないことになりますが、反面その間に使った「いのりの指輪」なども当然元に戻りますので、使い放題です。

 ※ここら辺りはSFC版としての仕様ですから改めて書く必要も特にないかな?w



というわけで、早速「竜の女王の城」からEXダンジョンへGO〜!

やべぇ…敵が強すぎる…

「ゾーマ」の前座で出てきた「バラモスブロス」などがザコで出てくるとか…!


中断セーブを駆使してなんとか「ゼニスの城」まで到達。

ここは「ルーラ」で飛べる拠点に登録されるので、ここから続きができるという親切設計w

その後なんとか到達した「しんりゅう」。

 ※写真撮るの忘れたw

やべぇ…これは強すぎる…正直現状じゃ話にならない…



というわけで、現在パーティーを見直し中。

アレフガルドのとある民家で拾った「さとりの書」で僧侶の「ミント」も「賢者」に転職させ、その後全魔法を覚えた「ソーダ」&「ミント」の二人の賢者をそれぞれ「盗賊」に。

「盗賊」は魔法を覚えるのでMPが増えますし、装備品は「賢者」と変わらず、防御力も高い!

更に「すばやさ」が武闘家と同等に高い!加えて敵から稀にアイテムを盗んでくれます。

(まだ使ったことはありませんが)「しのびあし」の魔法を使えば敵と出会う確率が下がってダンジョン踏破もラクになります。


例によって「リムルダール」側でせっせとレベル上げをしているうちに、レベルが10以上高い武闘家「チョコ」よりも防御力は上がり、すばやさも上限の255になってしまいましたw

「チョコ」の優位性が攻撃力と「かいしんのいちげき」の出やすさくらいしかなくなってしまった…w


一方「勇者」はMPの伸びが悪いので、「かしこさ」をなんとかして上げたいですね。

レベルの上がり方は50を越えたあたりからだんだんと早くなってきた気がします。


そんなこんなで、なんとか全員のレベルを50以上にしようとせっせとレベル上げの毎日ですが、

ちょっと飽きてきましたw


こっちはこっちで進めて、もうストーリー的な変化はないことですし、

「真・女神転生V ノクターン マニアクス クロニクルエディション」始めちゃおうかな〜


でも、一度始めちゃったら

「ドラクエ?ああそんなゲームも遊んでたね確か」

みたいなことになりそうですけどw



posted by ラムネ at 14:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V その3

最近「おもちゃ」カテゴリーの記事ばかりで「ゲーム」記事をさっぱり書いてないので、このあたりで閑話休題的に挟んでみようと思います。

ネタはもちろん

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V


だって今遊んでるゲームこれだけですからねw

 ※一方で同時期に新作を数本購入してヒーヒー言いながら遊んでる人を、私は知っています(^皿^)


とは言っても、あまり語ることが無いというか…

結局は25年〜十数年前に発売されたソフトがパッケージングされたものであって、新しいことは「中断セーブ」くらいしかないという…w

ま、とりあえず先に進みますか。


では現在までの進捗状況を。


まずは「SFC版 ドラゴンクエストU」ですが、一週間ほど前にクリア済みです。

sfc_dq2_last_boss.jpg

↑歴代「ドラクエ」の中で(と言っても遊んだドラクエソフトは「Y」までですが)一番苦しめられたボス「シドー」。

 ※もちろんFC版です。

そのデザイン性も含めて今では最も好きなボスモンスターですね。


ここでも「中断セーブ」が大活躍!

…と言いたい所ですが、結局最初のトライでそのまま倒してしまいました。



と言うわけで、現在は「V」をプレイ中。

SFC版は、FC版の単なる移植に留まらず、色々と新要素が追加されているんですね。


最初に問われる質問で決定される「性格」ですが、自分に正直に答えていったら…

「世間知らず」

こ、こんなおっさんで「世間知らず」って、人間として終わってる…


はいやり直し!w


攻略サイトで調べて、女性の「セクシーギャル」という性格が、パラメータが満遍なく強くなっていく”最強の性格”(日本語おかしいですがw)だと知っていたのでw


「ルイーダの酒場」で残りのメンバーを登録。

そうして…

・ラムネ(勇者・女性)
・チョコ(武闘家・女性)
・ミント(僧侶・女性)
・ソーダ(魔法使い・女性)

の4人パーティーを結成!

SFCで新たに追加された「盗賊」も考えたのですが、結局は面白みの無い、尚且つお金のかからない編成にw

なお、全員「女性」なのは私のシュミ…い、いや、女性のほうが装備品が優遇されているからであって…ははは…w


ところで、「V」を始めた頃から攻略サイトと並行で…

game_labo_201110.jpg

↑こんな本を買って同時に参考にしながら遊んでます。

ゲームラボ」なんて雑誌、買うの初めてですよ。

本命の別冊付録のほうは、簡単な全体マップと文章でのゲーム進行でまとめられた簡素な作りですが、要点は抑えられていて結構使えます。

さすがにダンジョンマップなどは一部しか掲載されていないので、そこはネットを活用しています。


一方の本誌のほうですが、なんともマニアックな内容がてんこ盛りですなぁ…


・PS3でも健在!アイマス商法の横暴!(なんでもグラビア撮影ソフトのDLCコードを、アニメのBDに同梱して売るらしい…)

・「さんまの名探偵」で、さんまがしんすけに向かって「しんすけいうたらやくざや」と14年も前にまさかのネタバレ!?

・3DS用アーケードスティック自作(←これは単純にスゴい)

・15000円に値下がりしたことをうけて、『3DS耐久テスト』と称して「コンクリートに叩きつける」「車に轢かせる」「オーブンレンジでチン」など数々の暴挙(狂ってるw)

・「レゲーのたしなみ」として、故・宮路武氏を取り上げ、「テグザー」「シルフィード」「ゼリアード」など過去のゲームアーツ作品を紹介(←これは素直に良い記事でした)

・コスプレ写真館(←ここに写っていた「ブルーローズ」のコスプレイヤーを見て軽く鬱に…)

・ゲーム改造コード(←これが本命?)

・同人ワールド(←エロ漫画&ゲーム紹介ページ。普通にキモチワルイw)


とまぁ、挙げるとキリがないほのぶっとび記事の嵐…(一部を除いてw)


それでも冒頭の、SFC版「ドラクエV」のRTA(リアルタイムアタック)記事は興味深いものでした。

紙面上では5時間でクリアする方法を経験者が細かく解説。普通に遊んだら30時間はかかるのに…

なんの!世の中には2時間40分でクリアしちゃう人もいるんですね…人間ってスゲーや…


おっと!話が脱線しすぎましたw


そんなこんなで順調にゲームは進み、昨日までに「不死鳥ラーミア」を復活させるための6つのオーブを集め終わりました。

その間、

魔法使いの「ソーダ」がLv20になったので賢者にしようと考えて、「いや、Lv21で覚える『バイキルト』を習得してからにしよう』と、「ダーマ神殿」北にある「ガルナの塔」でせっせと”メタルスライム狩り”をするも、「Lv26になっても覚えないアホ魔道士に失望して結局覚えないまま賢者に転職」した…

なんてハプニング(?)もありましたがw

 ※その後、賢者Lv21で普通に覚えた「ソーダ」さん…。頼むから空気読んでねw


というわけで、今日は「ラーミア」を復活させ、バラモス打倒に向かいますよ!

そして、その後はなつかしの(と言ってもほんの2週間ほど前にがっつり遊んでましたがw)「アレフガルド」に降り立つ!


このまま順調に行けば今月中に終わりそうですね〜!


…なんて楽観視してたら…

え?クリア後にEXダンジョンがあるの?しかも2つも!?


お、終わらねぇよ…


一方で、残りの勇者以外のメンバーはどうしたものかとあれこれ思案中

・ミント(僧侶)が全魔法を覚えた後「武闘家」に転職?

・ソーダ(賢者)がある程度育ってから、チョコ(武闘家)を外し、「踊り子」の新メンバーを入れてLv20で転職させ(踊り子は「さとりのしょ」が無くても賢者になれる)、新たな「賢者」を作る?

・新メンバーで「盗賊」→「商人」→「踊り子」→「賢者」のスーパーキャラを作る?


ともあれ、まだまだ終われそうにありませんね。


 
posted by ラムネ at 20:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V その2

一時は「特典だけ楽しんでソフトは放置するかも…」とか思っていた

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V

ですが、なんだかんだで結局楽しんでますw


とはいえ、がっつり真剣に遊んでいるというよりは、SFC版を攻略サイトを見ながらサクサクとストレスなく進めているだけですがw


届いた15日から早速SFC版「ドラクエI」を始め、3日でクリア!

結構覚えているようで覚えてないもんですねぇ〜

攻略サイトが無ければもっとかかってたでしょうね。

「たいようのいし」とか、こんなのよく自力で見つけられたね昔の私w


そして、その日からすぐさまSFC版「ドラクエU」を開始。

FC版はシリーズ屈指の高難易度を誇っていましたが、SFC版は敵のエンカウント率が下がったりと様々な調整がされ、大変遊びやすくなったようですね。

細かいところでは、サマルトリアの王子が「ひかりのつるぎ」を装備できるようになったり、ムーンブルグの王女が「ザオリク」を覚えたり。

またFC版「V」から登場した「いのちのきのみ」などの様々なステータスアップアイテムが採用されていたりもします。

他にもサマルトリアの王子が宿屋で倒れるイベントが発生したりも。

このネタはFC版開発当時に準備されていたものの、容量の関係で見送られたネタのようで、SFC版で無事復活を果たせてよかったですねw


というか、この辺りの話って今更することでも無いですよね、冷静に考えたらw


昨晩までの進捗として、「ロンダルキアのほこら」に到着した時点で主人公「ラムネ」のLvは27。

洞窟を抜けてからほこらに到達するまでの敵が強すぎて、無事到達できるか不安でいっぱいw

なんせ攻略サイトを見ながら最短ルートを進んできたので、Lvが足りないのなんのw

ほこらではHP・MP全回復/死亡からの復活を全て無料で行ってくれるので、暫くこの周辺でLv上げをしようと。

結果4つ上げて現在Lv31。いくつあったらシドーに勝てるんだろう?w



ところで、本ソフトで追加された要素に「中断セーブ」がありますが、これがかなり便利。

これ、いわゆる「エミュレータ」でいうところの「クイックセーブ」のようなもので、ゲーム中の現状をそのまんま保存してくれます。

これを駆使すれば、難所もスイスイ!逆に言えば緊張感が激しく減退しちゃいますw

例えば…

・強敵との重要なバトル!

 → 戦闘開始直前で中断セーブ → 負けた! → タイトルに戻って中断セーブから再開
 ※これを勝てるまで繰り返す

・「メタルスライム(はぐれメタル)」に遭遇した!

 → 遭遇時点で中断セーブ → 逃げられた → タイトルに戻って中断セーブから再開
 ※これを倒せるまで繰り返す

・少しでもステータスを高くしたい!

 → 道具使用前に中断セーブ → (例えば)「ちからのたね」を使ったけど上昇値がイマイチ → タイトルに戻って中断セーブから再開
 ※これを納得のいく数字になるまで繰り返す

・福引きで「ゴールドカード」を当てたい!

 → 福引き開始直前で中断セーブ → ハズレor薬草だった! → タイトルに戻って中断セーブから再開
 ※これを当るまで繰り返す


とまぁこんな感じ。

実際最後の例以外は実践しています。

 ※さすがにこの方法を使っても「ゴールドカード」をゲットしようと思ったらとてつもない時間がかかりそうですね…w


というか、本来の「中断セーブ」って、「再開と同時にデータ消去」されるのが普通だと思うんですが…w



そんな便利な「中断セーブ」ですが、注意点があります。

この機能、あくまで5本収録された「ソフト1本につき1つ」なのです。


例えば家族間で同じFC版「ドラクエT」を遊んでいるとして、あくまで「中断セーブは1つ」なので、自分が遊んで「中断セーブ」を使ったあとに、別の人が「中断セーブ」を使おうとして…

複数人で遊ぶときは素直に別ソフトに分かれたほうがいいかもしれません。

今更「ふっかつのじゅもん」をまじめに書き記したりとか…しんどいでしょ?w


更に、「ソフト1本につき1つ」というところで、困るのが…そう

・SFC版「ドラクエT&U」

これ、「T」と「U」が入った「1本のソフト」なんですよね。

つまり、SFC版「T」を遊んでいて「中断セーブ」を使い、次にSFC版「U」を遊んで「中断セーブ」を使っちゃうと、「T」で行ったセーブデータに上書きされちゃうんですw


このあたり、ちょっとややこしいというか使い勝手が悪いというか…

そんな声が他からも多数寄せられたんでしょうね。

公式サイトでもわざわざ解説ページが設けられています。 → コチラ


というわけで、一部では物議を醸している「中断セーブ」ですが、使いこなせば便利ですし、私はまぁこれはこれでアリかな?とw



さて、もうすぐSFC版「U」が終わりますので、次はSFC版「V」を遊んで、そのあとはネットで生成できる最強の「ふっかつのじゅもん」でFC版「T」と「U」で俺ツエーでもしようかなw

SFC版「V」は最初に性格診断があったり、「盗賊」という新職業があったりと結構リメイクされているようなので、今からちょっと楽しみですね^^



posted by ラムネ at 21:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V

Xbox360の「赤い刀真」以来ですから、3ヶ月以上経っての久しぶりの「新作パッケージ」ソフト購入になりますね。

それが、昨日アマゾンから到着した…

FC&SFC ドラゴンクエストT・U・V

でございます。


とはいえ、これを素直に「新作」と呼んでいいのかどうかは微妙ですが…w

というのも、「ドラゴンクエスト25周年記念」として発売された記念のソフトで

・FC版「ドラゴンクエスト」
・FC版「ドラゴンクエストU」
・FC版「ドラゴンクエストV」
・SFC版「ドラゴンクエストT・U」
・SFC版「ドラゴンクエストV」


これら5本のソフトをWii用ソフトとして1本にまとめたものだからですw


dq123_01.jpg

↑外箱とソフト

dq123_02.jpg

↑復刻版「ファミコン神拳 奥義大全書」と「実物大ちいさなメダル」


正直な話、私は別段「ドラクエ」が遊びたくてこのパッケージを買ったわけじゃないんですw

記念パッケージが発売される際の情報として、「ファミコン神拳」の復刻版が付くことを知り、

「これは懐かしい!また読んでみたい!」

という感覚で脊髄反射的に予約してましたw


当時わが家ではゲーム禁止令が発令されておりw、弟がどこからか借りてきたFC本体と「ドラクエT」を夜中にこっそり遊んだりしてましたねぇ^^;

そんなとき、友達に借りて読ませてもらった「ファミコン神拳」は、当時の私たちの「ドラクエバイブル」でした。

 ※自分で買ってないのがミソw

世代が合わないとサッパリでしょうねぇ、この辺りの思い出はw


今改めて読んでみて、結構覚えていることに我ながら驚きました。

当時何回も読み返しましたからねぇ〜



と、さすがにこれだけじゃアレなんで、「ドラクエX」動画だけは見てみようとソフトを本体にセット。

 ※「カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX」を取り出すのいつぶりだろう?w


お!こうやって見てみると結構楽しそうだな!

種族は人間以外に5種類、計6種類なんですね。



よ〜し!(このあと記事にしますが)「バレットソウル」の実績コンプリートしたことだし、「真・女神転生V」までの”箸休め”的に…

「SFC版ドラクエT」でも遊んでみようかな〜


というわけでちょっと触ってみましたが、あんまり懐かしい感じしないなw

そこで「FC版ドラクエT」に切り替えてみる…


これだ〜!懐かしい!

「はなす」「きた」とか面倒臭かったよな〜w

ずっと正面向きっぱなしですからねw

このゲームがたった64KBしかないなんて、考えてみればスゴいことだよなぁ…


しかし、これ続けて遊ぶのさすがに厳しいな…^^;

 ※当時の「ふっかつのじゅもん」とかあったらなぁ〜w

やっぱり画面綺麗だし「便利ボタン」とかある「SFC版」でさっくり遊んでみようと思いますw



posted by ラムネ at 19:31| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ラストストーリー その6

暇を見つければWiiの電源を入れ、ほぼ一ヶ月の間遊び続けてきた

ラストストーリー

ですが、昨夜ひとつの目標を達成しました!


ls_effect_c.jpg

「エフェクト染料」コンプリート!


「エフェクト染料」とは、通常のストーリー上で店で交換してもらえる染料と違い、付けるとキャラクターにハエがたかったり、炎がメラメラと燃え上がったりと様々な動きのある効果が備わる染料で、これらは「オンラインマルチプレイの乱闘で1位と最下位以外のときにランダムで取得できる」ものです。

個数は全部で31個。


ソフト購入したてのときに「しょうっぺ」とソロ乱闘して半ば談合のようにゲットしたものが数個ありましたがw、残りは全て野良でのマルチプレイでゲットしたものです。

とにかく全部集まるまでは「1位なんて到底ムリだとしても、せめて最下位(0点)だけは取らないように頑張ろう」と固く胸に誓いながら乱闘に挑むわけですが、そうは問屋が卸さず…

全てを入手するために費やした乱闘の数は果たして何試合に及ぶのか…もはや見当もつきませんw


ちなみに一番のお気に入りは最上段左から4番目の「セブンズライト」。

7色の光がキャラクターの周囲に飛び回って結構キレイ。


ただ、この「エフェクト染料」には大きな欠点が…


乱闘に付けていくと、ものによっては「とっても目立つ!」


例えば低い壁でハイドしていても、頭から音符のでるエフェクトをつけていたら…

あとはわかりますね?w

そんなエフェクト染料が「乱闘でしか手に入らない」ってのもいやはやw


乱闘に参加するのにいちいち外すのも面倒だしなぁ…ついてても乱闘に参加したら自動的にオフになるような機能とか…

マルチプレイは所詮オマケですから、高望みしちゃいけませんかねw



さて、冒頭に書いたとおり、エフェクトコンプした日は折りしも「ラストストーリー」発売からちょうど一ヶ月が経過した26日。

というわけで、この時点での総プレイ時間を記録しておこうとTV画面をパシャリ。

まずはゲーム中のプレイ時間から。

ls_pt001u.jpg


PLAY TIME 123:33:02


お〜!我ながら結構遊んでるなぁ〜^^;


そして、「みんなのニンテンドーチャンネル」から、総稼働時間を…

ls_ptmn001u.jpg


166時間59分


いったね〜!歴代2位にまで浮上してきましたw

約167時間。

もちろんタイトル画面やらプレイに無関係な時間も含まれているでしょうから、ざっくりと計算して、つまり…


オンラインにおよそ40時間くらいは費やしているということに?


う〜ん、これは正直購入当初は想定外でした。

オンライン=おまけ=殆どやらないだろうな〜

なんて考えていた自分にはまさかの数字ですね。


ただ、この時間の間「Wi-Fi接続にかけた時間が半分近くあるんじゃないか?」とも思いますw

とにかくWiiのネット環境は最低レベルですから…

対戦(協力)相手を探そうとまずはWi-Fiに接続、これはいいとして…


見つからなかったらエラーと同時にWi-Fiまで切断されるのはなんとかして!!


その度にまたWi-Fiを繋いで…って、ちょっと酷すぎますよ!


これってWiiなら当たり前の仕様なんですかね?「ラストストーリー」特有のもの?

まぁもうさすがに慣れましたけどもw



さて、次は何を目標にしようかなぁ〜?

現在RANK:14なので…


RANK:MAX狙っちゃう?


おそらくですが、RANK:20で終わりだと思うんです。

まぁこれも言ってしまえば時間さえかければ誰でもなれちゃうんですけどね^^;

討伐&乱闘でランクの区別は無く共通なので、以後討伐ばっかり遊んでてもいつかはなれますw

でも、討伐のゆる〜い協力も面白ければ、乱闘の熱いバトルも面白いのでどっちも続けていくつもりですけどもね。


--------------------



ところで、先日購入して最近移動時間などほぼ毎日聴いている

ラストストーリー サウンドトラック

のことについて。


さすがゲーム中に聴き親しんだ名曲をCDDAでじっくり聴けちゃうのは良いですね〜♪

ディスク3枚組みなので、相当なボリュームですし。

個人的に一番聴きたかったのは、エンディングのスタッフロール時に聴ける「翔べるもの」の歌詞入りバージョン。

透き通った歌声が素晴らしい…思わずウットリ。


各戦闘シーンでの曲もいいものばかりなのですが、とりわけジル戦で流れる「狂乱の誘い」と、ラスボス戦で流れる「全てを支配せしもの」がツボでした。

特に「全てを〜」のほうは冒頭「いほうのしるし〜 あ〜かいしるし〜」という語り?がとっても印象的。


ディスク3の最後にはゲーム中で使用されなかった曲が3曲収録されているのですが、最後の「にゃにゃにゃにゃにゃ〜」という曲は本当に「にゃ〜にゃ〜」言ってて「これどこで使おうとしてたんだ?」と思わず聞いてみたくなりますw


トータル的にはとっても満足のいくサントラでしたが、ただ、さすがに「ゼノブレイド」のそれには一歩及ばず、といったところでしょうか。

もちろん個人の好みがありますのであくまでも私的な意見として。

言い方を変えれば「ゼノブレイド」の曲はあまりにも素晴らしすぎた…。

特に私が神曲と崇めている(大袈裟なw)「敵との対峙」に匹敵する曲はザンネンながら「ラストストーリー」にはありませんでしたね。


まぁ、同じRPGでも作品のコンセプトがまるで違う2作なので、比べるのもどうかとは思うのですがw


  



PS:
今月、実はサントラCDをもう1枚買います。

ズバリ!



蒼穹紅蓮隊 オリジナルサウンドトラック」!


2月28日発売です。

実はつい最近この情報を知って飛び上がって喜びました!

おっと詳細は今後の記事でじっくりとw


結局Gジェネワールドをキャンセルした分は使い切っちゃいましたね^^;
posted by ラムネ at 23:37| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

ラストストーリー その5

ラストストーリー』を飽きもせず遊び続けてるワタクシ。

プレイ時間は100時間をゆうに越えてます^^;


通常プレイは現在3周目のチャプター24あたり。

当初3周目は、完全攻略本が出てから発生するイベントを見落とさないようにチェックしつつ遊んでいこうと思っていたのですが、その攻略本の発売情報がさっぱりなこと、2周目のエピローグで「異邦の粒」とお金を稼ぐ再訪ダンジョンがちょっと飽きてきたことで、「ええい!攻略本は4周目プレイでいいや!」なんて感じで進めてますw

実際2周もしたのに未だに見ていないイベントが結構あったんですよ。

例えば…


・冒頭クォークから「これで皆の装備でも買え」と渡されるお金を「拒否する」。

・セイレンに酒を買ってくるよう頼まれたときに、アリエルの酒場の裏へ行くと、なにやら怪しげな「男たちの会話」が聞ける。

・通行証を盗んだ少年を捕まえたとき、折角取り返した通行証をあえて「渡す」。

・騎士見習いとして登用されてから初めて聞ける「ジャッカル&セイレンの過去話」。


どうです?プレイしたみなさん、知ってました?

ストーリーの進行上どうしても決まってしまうメインの流れ以外に、このゲームには実に多くの「サブストーリー」があり、それらは油断しているといとも簡単に見逃しちゃうんですよw

上記のものはWikiや攻略サイトなどで探し出したものなのですが、もしかしたらまだ誰も気付いてないイベントがあったりするかも…?

完全攻略本ほんと早く出して〜!!



一方オンラインプレイも地道に続けておりまして、現在名声ランクは11。

20で「剣神」らしいので、ようやく折り返し地点に差し掛かったというところでしょうか。

というか、実は現在一番の目的は、乱闘で貰える「エフェクト染料」だったりしますw

オンラインでのみ得られるそれを付けると、キャラクターに星やハート、キラキラなどのエフェクト効果が備わるんですが、そんなエフェクトが40個以上あるんです。

結構集まったんですが、残りあと14個ほど。制覇できるのはいつの日か…?


そういや、ツイッターの知り合いの皆さんも発売当初は私以外に5人ほどプレイしており、フレンドコードを交換しあってオンラインプレイに(1日だけですがw)興じたりしたこともありましたが、現在遊んでいるのは(おそらく)私一人…。

新作ソフトに流れちゃった人が殆どですが、仕方ないよね…新しいソフトが出たらそっちが気になっちゃうのは人の性というものですからw

そもそもWiiの謎仕様のせいで6人集まっても6人で遊べないんだからねぇ…。

オンライン楽しいから皆にも遊んでほしいんだけどなぁ〜 オマケで終わらせるにはホント惜しいです。いやホントw


野良でも楽しいのは、純粋にその中身が面白いことは勿論、本編中に聞ける各キャラクターの音声セリフを簡易チャットとしてチョイスして使えることが大きいですね。

人によってそのチョイスセンスが様々で、野良プレイヤー同士が集まった部屋でそれらを使った会話が上手い具合に成立したときは思わず笑ってしまいますねw

このシステムは本当によく出来ているなぁと。本編でキャラクターが個性的であることが、こういう面でとても活かされてますね。


ちなみに私はマナミアの「へくちゅ」を多用してますw


さぁて、エフェクト染料制覇に向けて今後もがんばりますよ〜!

  
posted by ラムネ at 22:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

ラストストーリー その4

ラストストーリー

を相変わらずコツコツと遊び続けておりまして、現在2周目をプレイ中ですが、チャプター35まで到達しました。


このゲーム、巷では「すぐ終わる」なんて言われてます。

まあ確かに寄り道せずにメインチャプターだけを遊び続ければ20時間くらいで終わっちゃうかもしれません。勿体無いと思いますけどw

逆に言えば周回プレイが手軽に挑めるかな?「ゼノブレイド」は正直ちょっと長すぎましたw


加えて、最近はオフと同じくらいオンラインにも注力しておりまして、武器や素材、エフェクトパーツなどを求めて野良の「討伐」や「乱闘」に参加しては一喜一憂しておりますw

こういうのは「旬」がありますので、流行っている今のうちに遊ばないとね。


さて、そんな感じで昨夜も「討伐」に参戦しておったのですが、そこに思わぬサプライズが!

繋がった部屋で2戦ほどこなし、メンバーが入れ替わり立ち代わりする中ずっと居座っているとw、なんだかどこかで見たような名前のプレイヤーが。

「AUUO」さん

え?

もしかして…


「坂口さん」!?


「ラストストーリー」のディレクターである、おヒゲがトレードマークの「坂口」さんが、「AUUO」という独特の名前でプレイしていることはウワサには聞いていましたが…


「坂口さん?」と思ったのと同時に「なりすましじゃない?」という疑惑も頭を過ぎったりw

オンラインのユーザーネームは個人が自由に付けられますので、Xbox360のアカウントIDのようなユニークなものではありませんので。

このとき慌てて机の上のデジカメで撮った画面写真がコチラ

auuo_wii.jpg

↑私(ユーリス)の下に居ますw


戦闘画面に入り、「AUUO」さんの「エルザ」を見ると…

うお!ウワサどおり「ひまわり」を装備した「上半身裸」キャラだ!

これはますます本人の可能性大!!


他のプレイヤーさんもモチロン気付いているようで、「AUUO」さんが入ってくる前よりも会話の頻度が高い高い!テンション上がってるな〜^^


2戦ほど(確か「ムルー」と「ネビロス」)こなした後、あいさつを残して「AUUO」さんは去っていきました。


雰囲気のいいチームだったので、その後も2戦ほど遊ばせてもらい、ちょっと疲れたのでお別れを言って部屋をあとに。

早速行ったのが、「本人確認」w

まず、「坂口」さんのツイッターを確認。

すると…

auuo_twitter.jpg

↑おおお〜!私の名前をつぶやいてくれてるぅぅうぅ〜!

更に、他のつぶやきに添えられていたTwitpicの写真をちょいと拝借

auuo_twitpic.jpg


そう!これだった!もう疑いようがありませんね!!


なんか嬉しいな〜!


ファンサービスの一環としてなのか、単に自分が楽しいからなのかw、とにかくこうやって開発者直々にユーザーと交流を持ってくれるのはいいことですね〜


というか、案外ミーハーだったんだな私って^^;

年甲斐もなく舞い上がっちゃったよw


  


PS:
「ミニサウンドトラック」では飽き足らず、今月23日発売の「サウンドトラック」をアマゾンで予約してしまいました。

やっぱりエンディングの歌をちゃんと聴いてみたいし、他にもいい曲満載だったのに、オマケには7曲程度しか入ってなくて欲求不満になっちゃいますw


あ…もしかして、思う壺?^^;
posted by ラムネ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

ラストストーリー その3

ラストストーリー

を実はここ連日(ほぼ)一心不乱にプレイしていました。もう続きが気になって気になって…w

どうせ何つぶやいてもネタバレになるからとツイッターも動かさず…

 ※というかツイッターに関しては普段から気まぐれで起動したりしなかったりですが


で、その結果、先日3日夜間に…クリアしました〜!!!

クリアまでに要した時間は…ナイショw


クリア後解禁したWikiや2chの専用スレッドなどをちょっと覗くと、ゲームに関しては賛否両論あるようで…

特に、同じWiiのRPGとして私も絶賛している「ゼノブレイド」と比較した意見が目立つようですが…

確かに私も当初は「ゼノブレイドという傑作RPGを果たして越えられるのか?」という懸念がありましたが、プレイし続けるにつれて「これはゼノブレイドとはベクトルが全然違うな」と。

同じRPGというジャンルではありますが、この2つはその方向性が全く別物なので、比較するのはそれこそ野暮というものですよ。


広大なフィールドを探索したり、膨大なクエストをこなしたりと「擬似MMORPG」のような感覚の「ゼノブレイド」。

一方箱庭的フィールドで、敵の配置や能力から戦略を立てた戦闘を楽しむ「タクティカルRPG」のような「ラストストーリー」。

それぞれに、それぞれの面白さがありますよね。


ちなみに「アクションRPGだとは思ってなかった…」なんていうあまりに意味不明な否定意見もあるそうですが…さすがにフォローできませんw

この情報化時代で、しかも自分が遊ぶゲームですよ?ちょっとくらい調べましょうよ。その手間を惜しんで買って、思っていたのと違うから文句言うとか…あんたバ○〜?^^;


現在は2周目を開始したところです。

一度終わってから改めてストーリーをおさらいすると、あぁこんな展開あったな〜なんて懐かしさが心地良いですね。



ところで、以前私がブログ上で発した意見「オンラインが微妙」という言葉を撤回させてください。


面白いです!オンライン!!


クリアした翌日初めて野良オンラインで「乱闘」に参加してみたんですよ。

最大の6人が集まった3オン3でのチーム戦。

以前「しょうっぺ」とソロでやりあったときとは比べ物にならない面白さ!

目前の敵に意識を集中していると、背後からの突然の斬りつけや遠方からの不意のボウガンや魔法攻撃!!

このゲームの戦闘システムって、もしかしたら最初からオンラインを意識した作りにしてる?

なんて思うほど、多人数バトルに向いたシステムだなぁと。オンライン要素だけ特化して一本ソフト作れるんじゃないか?と本気で思いますね。

ちなみに結果は…私が参加した側のチームが全敗…更にプレイヤーランクはほぼ最下位(一度だけ5位w)…

が、がんばるぞ…^^;


次に「討伐」へ参加。

タイミングのせいかあまり集まらず、3人で。私は「セイレン」で参加。

ランダム抽選の結果相手は「クラーケン」に。

後衛の「ユーリス」を担当した人がプレイヤーランクも高く慣れた人のようで、前衛である私の元にヒールキャノンを的確に打ち込んでくれたりと素晴らしいフォローをしてくれ、時間はかかったものの無事に撃破!オンラインでしかゲットできない武器を手に入れました!

当然「ギャザリング」は使えないので、敵のターゲットを示す「線」を確認しつつ、後衛に向いたら自分に向かせるように積極的に攻撃するなど立ち回りが重要ですね。

ちなみに討伐に成功すると、一度目は武器、二度目以降はその武器を強化するためのアイテムがもらえます。


そんなわけで、すっかりオンラインに魅了された私でありました。


そんなことを久しぶりにツイッターでポロッとつぶやくと、「しょこら」さんが「今から4人でやるけど良かったら一緒にいかがですか?」と誘ってくれたので、参加させてもらいました!

スカイプに繋ぎ、備わっているメッセージ機能でお互いのフレンドコードを交換。それをひたすらWii上で登録。

それが終わってWi-Fiに繋いでようやくフレンドプレイが可能になるという…

な、なんという面倒くささ…^^;

Xbox360に慣れた私にとって、このオンラインの仕様はなんというか…旧世代?

任天堂がオンラインに消極的なのは聞いていましたが、まさかここまでとは…


その後「しょうっぺ」も参加して、このゲームで同時に遊べる最大6人が集合!これは楽しみ!

しかし、またしてもWiiの謎仕様に悩まされるハメに…


なぜか6人目が入れない!!


1人が部屋を作り、そこに残り5人が参入するのですが、4人までは問題なく入れるのに5人目が誰がやっても弾かれる…

誰か1人が参入すれば、参入までの許容時間が120秒になり、残り30秒を切ると赤字になって参入不可能に。つまり5人目が入ってから最大90秒しか猶予が無い…

それ以前に、「フレンド」での協力プレイでなぜ「制限時間」が必要なんだ?

単に「ランダム」と同じ仕様をそのまま使っているにすぎないのでしょうが、Xbox360のように「フレンド+野良」みたいな遊び方はできないので、フレンドを選んだら全員がコードを交換しあった「知り合い」なわけで…

なんだかなぁ〜 ほんと旧世代のオンライン周りだこと^^;


結局参加できなかった一人が外でショボ〜ンとするハメに…w

私も何度か入れなかったので、「討伐」のときは解禁したWikiの攻略サイトを開いてスカイプで音声アドバイスで参加w


その後は3名が時間切れで終了。残った「しょうっぺ」「アルフィリン」私の3人でソロでの乱闘プレイ!

やはり3人以上だと面白い!以前2人でやってたときの「何これ?」感は一体w

何戦かしましたが、最後に全員が魔法使いを選んでの「マジシャンバトル」はまた違った面白さがあって「これもアリ」だな〜とw

結果は…

私は全ステージ最下位!なんでみんなそんなに上手いの!?

「銅」ばっかり要らないよ!「銀の糸」とか欲しいよ!

なんか1位の戦利品にはクリアした私も見たことの無いアイテムが結構あったなぁ〜

こうやってオンラインに引き込むわけですね。上手いなぁw


今後も時間があればフレンド・野良にかかわらずオンラインも積極的に遊んでいきたいと思います。

オンラインに躊躇している方は損してますよ!是非やってみてください。


 

そうそう、クリアを機に封印していた初回得点を開封してみました。

アートブックにはゲーム製作に使われたイメージアートや設定イラストなど。

ミニサントラCDではオープニングや戦闘シーンなどでの曲が収録されていましたが、結構耳に残っているいい曲が多いですね〜。

メインテーマの歌バージョンが収録されていなかったのが残念でしたがwサントラ買ってねってことだろうなw
posted by ラムネ at 14:51| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

ラストストーリー その2

ラストストーリー

が面白くて生きているのがツライ(久しぶりに使ってみましたw)


現在プレイ時間は20時間ちょっと。

主人公「エルザ」のレベルは32になりました。


プレイ開始時こそ2時間弱程で3D酔いに襲われプレイ中断を余儀なくされましたが、頑張って遊び続けるにつれて徐々に慣れていき、最近は3時間以上プレイしても大丈夫な体にw

これだけ連続でプレイできればまず問題ないでしょう^^

 ※でも遊び終わって一旦3Dゲームから離れると、次に別の3Dゲームを遊ぶ頃にはまた元に戻ってるんですがw


「エルザ」が使用可能なスキルがどんどん増え、バトルに広がりが出てきました!

「ギャザリング」に始まり、「ギャザリングバースト」・「スラッシュ」・「垂直斬り」・「リーダー」などのスキルを駆使することで、様々な戦局に対応できるようになり、こうなってくると動かしているだけで楽しい!という感じですね。

物陰に隠れて見張りをしている敵に矢を放つと「アローン」状態になり、それを倒すことでいつもより多くのEXPをゲットし且つ敵部隊を集結させないことで、分散した敵グループを順に倒していける、など奥が深い!

逆に戦略を立てずにムリに突っ込むと、途端に味方がバタバタと倒れていってピンチに陥ることも…w

最近のプレイでは、属性を意識しないと倒せない敵が現れたりして、ますます戦略を考える楽しみが増えてきました。

 ※例えば水属性の敵に氷の魔法は敵のHPを回復してしまう、など…


他に楽しいのが「武器のアップグレード」。

拾った武器は鍛冶屋などで鍛えてもらうと+1、+2…とグレードが上がっていくのですが、+3あたりから武器ごとに様々な特性が備わってきます。

通常武器の場合はお金を払うだけでアップグレードでき、ほぼ「+5」で打ち止めとなります。

しかし、レアな武器の場合はお金プラス特定のアイテムでようやく可能となり、そういう武器の場合は追加されるスキルがより有用であったり、モノによっては名前が変わったりします。

更に、中には呪い状態(ドクロマークが付いている)の武器もあり、そのままではゴミも同然なのですが、あるアイテムを使うことで呪いを解いてもらうことができ、そうなると途端に使える武器になったりも。


武器の特性は様々なので、単純に攻撃力だけで強さを測ることができず、どれも手放すのは惜しいものばかり。

装備した際のグラフィックも多種多様なので、新しい武器を見つけたときはバトルで使うのが楽しみになりますね〜!

ただ、調子に乗ってアップグレードしていると、すぐ金欠になってしまうのが…w


一方防具ですが、これまではさほど変化のなかった武具類に、新たに「ドラゴン」装備が備わりました。

これはとあるアイテムを持ってとあるおじさんに頼むことで作ってもらえるんですが、更にアップグレードすると、顔に大きなそれこそドラゴンのようなヘルメットが付き、誰なのかわからなくなりますw

このゲームは装備品の各パーツを外すことができるので、さすがにヘルメットだけは外しましたw

 ※顔見えてないとストーリー台無しだもんねw


他に、特筆すべきは…

全身を透明にできるアイテムをゲットしました!(正確には上半身・下半身)

それを使ったのが…コレ

ls_panichi.jpg

「エルザ」君をひんむいてみましたw

もちろん女性キャラも可能ですが、ここではあえて伏せておきますのでご自身の目で確認くださいw


なお、防具に関してもアップグレードが可能で、殆どがお金+アイテムで可能なので、武器ほどお手軽には行えなかったり。

まぁ元々防具はそれほど拘らなくてもいい作りですので、さほど問題はありません。



ストーリーですが、ファンタジーの王道まっしぐら!という感じですね〜

良く言えば安心して遊べる、悪く言えば王道すぎて展開が読みやすい、という感じでしょうかw

このゲームでは、各イベントごとに章(チャプター)立てがされており、基本の章だけを耽々と進めることもできますが、街の住人から様々な依頼を受けることでサブストーリーを展開させることもできます。

オバケ屋敷を探索するサブストーリーでは、魔法使いの「ユーリス」が実はオバケが苦手、という事実が判明したりもw


そう、このゲームの各キャラクターはとにかく個性的ですね。

各キャラクターによって性格づけが細かくされており、それぞれがバトルの前後で語り合うシーンにおもわず噴出したりもw

ただ、それらの掛け合いが始まったあとイベントが始まると中断されてしまうのがザンネン…

会話が始まったら立ち止まって終わるまで聞くのがセオリーですかね。

個人的にはおっとり天然キャラで細い体なのに実は大食漢の「マナミア」がお気に入りですw



さて、RPGとしては止め時を忘れるほど没頭できるこのゲーム、一応「オンライン」プレイも付いているのですが…

これが微妙…

私自身Wiiでのオンラインプレイは初であり、Wi-Fiを使ったプレイに少々不安もあったのですが…


先日「しょうっぺ」と2人で試してみた際のレビューを軽くしておくと…

 ※他に購入者はツイッターお友達に3人居るのですが、それぞれ「3D酔いが辛すぎる」「殆ど遊んでいない」などの理由により敢えて声はかけませんでした。


オンラインには大きく「討伐」と「対戦」があり、まずは「討伐」をプレイ。

正直敵モンスターが強すぎて話になりません…

敵をボウガンで見ると、なんとLv99!

こんなのたった2人でどうやって倒せと…

3種類ほど試してみましたが、どれも強すぎて少人数且つ低レベルでは完全にムリゲーです…

これはクリア後のお楽しみと捕らえたほうがいいのでしょうか…?

序盤プレイですぐに強力な戦利品をゲットされたらゲームがつまらなくなる、ということを懸念してですかね?

それでも、報酬が微妙でもいいからもっと低ランクの敵も用意してほしかったなと。


次は「対戦」

まずは通常対戦を行ってみたのですが…

「魔道士ソロでどうやって勝てるの?勝つ方法あるなら教えて!」

という感じw

詠唱のために空中に上がり、魔法を放って降りてくるというモーションの間完全に無防備なので、そこを剣士に攻撃されるともう瀕死〜死亡です(汗)

しかもお互いの頭上に王冠が現れ、それらは壁越しでも相手に見られてしまうので、容易に相手の場所が確認できてしまうのも…


一方「チームバトル」(といっても2人なので結局1対1ですがw)にすると王冠は見えなくなるのでやや緊張感はありますが、それでもやはり魔道士が勝てる要因が思いつかない…

結果、「これは多人数でチームごとに騎士や魔道士と役割を分担し遊ぶものだろう」という結論に。


なお、戦利品としてフレンドコードを交換しあったもの同士でも武器やアイテムがもらえ、また騎士ランクも上がっていくので、談合すればお互いのランクを上げ放題ですね(時間はかかりますがw)

これはいいのか?w

まぁおかげで「ひまわり」などのおふざけ武器や、序盤としてはなかなか使える武器をゲットできましたがw

他に面白い戦利品としては、「カラー設定」にある「エフェクト」で使えるものが。

それをつけると…キャラクターの周りに蝶々が飛び交ったり、ハエがたかったりw

ハエは速攻「ジャッカル」にたからせてやりましたw


というわけで「オンライン」に関してはこのゲームに多くを求めてはいけません。

私は元々オンライン要素には全く無関心でしたので、特別何も思いませんがw

ただ、ラグに関しては全くといっていいほど感じませんでしたね。ここは感心しました。



そんなこんなで楽しくて仕方ない「ラストストーリー」に私は大満足です!


なお、私も悩まされた「3D酔い」について、「しょうっぺ」が『オプション設定を変えればマシになるとヒゲの人(坂口氏)が言ってたよ』と教えてくれたので、試してみましたが…

ぶっちゃけあまり効果は感じられませんでした…

それでも、気になる方は一度お試しあそばせ。


 
posted by ラムネ at 21:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ラストストーリー

2011年一発目の新作ソフトが、またしてもアマゾンさんの気まぐれに振り回された結果、発売日である昨日27日から遊ぶことができました。

任天堂とミストウォーカーがタッグを組んだ大作RPG

ラストストーリー

です!


アマゾンから発送メールが届いていたのは27日の午前3時頃。

「こりゃ28日確定だな」

とか半ば安心していたのですが、27日に帰宅すると扉に不在通知が…

なんと!この展開は予想外。発送メール来るタイミングは関係ないなこりゃw

通知に記載された電話番号に電話すると「今からお持ちします」ということでしたので、無事当日手にすることが出来ました!

ちなみに初回限定?としてついていた「サントラ+イラスト集」はまだ見てませんw


「ぐるナイ」を見終わって、早速プレイ開始!!


スタートはとある洞窟から始まります。

この辺りは開発者である坂口氏直々に行われた説明会やPVで何度か目にしているので特に目新しさはないですが、さすが実機で見るほうが綺麗ですね〜w

操作方法などがチュートリアルで丁寧に説明されるのはもはや昨今のRPGの基本ですね。

主人公エルザの心に語りかける謎の女性の声…

そして、左手の甲がまばゆく光ったかと思うと…敵の注意を引き付ける能力を持った「ギャザリング」を習得!

その「ギャザリング」を利用して敵の大ボス的モンスターを橋から下に落とし、洞窟はクリア!


そこを抜けて暫く歩くと…

なんだ!?蒼いオーラに包まれた白いトラ?

こいつが結構強い!ここで2回ダウンしたのはナイショw(5回ダウンするとゲームオーバー)


なんとかその場を切り抜け、その後訪れたのは、城下町。

酒場の2階に宿を取り、そこで他の仲間と合流します。

その後単身町を探索、したのですが…


ひろっ!!


〔+〕ボタンで全体マップを出せるのですが、「ゼノブレイド」のようにランドマークなどは一切無し。

表示されているのは店の入り口を示すオレンジの○と、セーブ箇所を示すグレーの○くらいですね。

方向音痴には辛いです^^;


しかも探索していると結構酔う…いわゆる3D酔いが激しい…

ツイッターお友達の「鹿角」氏や「しょこら」さんも苦しんでおられました…

ほんとこの体質なんとかならんかね^^;


路地などを歩いていると、まれにZ注目(ってゼルダかいw)で地面に落ちているアイテムを拾うことができるのですが、これを5回連続で続けると、5回目はちょっといいものが貰えちゃいます。

これが結構楽しい。5回目は表示時間が短めなのか、アイテムを取りに行って直前で消えちゃうことも多々ありますがw


街には様々な人が闊歩しており、当ると怒られたりしますw

また、「クエスト」のように食材の購入などの小さな仕事を依頼されることも。

このあたりも「ゼノブレイド」に慣れた身だとちょいと辛い。そもそも「クエスト」自体がシステム化されていないので、依頼内容は全て自分で覚える必要があります。

結局覚えきれないのでメモに頼ることに。「ゼノブレイド」が親切すぎたのでしょうね…面倒だと感じちゃうのは。昔はこれが当たり前だった気がします。ともあれこのゲームを遊ぶなら「メモ用紙が必須」ですw


街には「闘技場」もあり、一度試してみましたが、各部屋ごとに予め決められた地形や敵配置を確認して、そのエリアにいる敵を一掃すれば別の部屋へ。全ての部屋(初回は2部屋でした)の敵を殲滅すればクリアとなります。

序盤なのでさほど苦労せず倒せたものの、まだこのゲーム独特の戦闘システムに慣れていないので、ほとんど力技で押し切ったという、スマートとは程遠い内容にw

今後できることが増えることで、より戦略を楽しんだりできるのでしょうね。


他には、キャラの装備品の色を自由に変更できる「色変え」が結構ハマるw

このゲームの防具は2種類(上半身・下半身)しかなく、しかも若干のスキル追加がある程度で戦闘の上で防具の役割はほとんどありません。

そのおかげで、自分の好きなコーディネートが行え、更に細部のパーツに至るまでカラーリングを細かく変更できちゃいます。

デフォルトだと地味な色の服装が多いパーティーメンバーですが、「色変え」でかなりハデな格好にしてみましたw

主人公エルザは私が好きな「緑」とオレンジを基調にした色に。

こんな傭兵目立って仕方ないなw


そんなこんなでつかみはなかなかOK。街に迷う以外はw


さぁ〜!「ゼノブレイド」を越えてくれよ!!

 
posted by ラムネ at 20:51| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Wii | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。