2012年05月19日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その10

前回「その9」の更新はつい昨日のことですが、早くも「その10」です。


公約どおり?本日


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


の攻略本である



第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 パーフェクトバイブル



を買ってきました〜


srwz2_saise_023.JPG

↑表紙。


671ページ + 別冊30ページの計701ページ。オールカラー。


お値段1995円です。



想像通りの大ボリュームで、その厚さは…


srwz2_saise_024.JPG

↑前作「破界篇 パーフェクトバイブル」(左)との比較。


目測ですがおよそ1センチは差があろうかと…


より「鈍器度」(なんて日本語だw)がアップしていますねw



さて肝心の内容ですが、その構成は「破界篇」とさほど大差無いものの、「ページの色分け」をはじめとする「色の使い方」がよりカラフルになり、鮮やかで見やすくなっていますね。


また、「オススメユニット」などゲームを進行するにあたっての有効な戦術がより明確に記されているのも好印象。



さて、中でも私が真っ先にチェックしたのが「隠し要素」のページなのですが…


そこで「驚愕の事実」を知りました…



私が2周目において攻略サイトを見ながら必死にチェックしていた「ifルート(攻略本では”黒の騎士団ルート”と表記)」への分岐条件は…


1周目限定のものだっのです!!


つまり…


2周目以降は無条件で分岐が発生するのですぅうぅ〜!!!


その事実を知った瞬間、軽く目の前が真っ暗になりましたよw


2周目の49話で「分岐出たー!」と歓喜したのは、一体なんだったのかと…^^;


最初から知っていれば…今から考えればなんて滑稽なんだ私…w




他には、マップの特定の場所に特定のユニットを移動させるともらえる「隠しパーツ」が結構ありますね。


現在3周目を既に半分近く終わらせてしまっていますが、今後はチェックしながら押さえていこうと思います。




「隠しパイロット」ですが、「メインパイロット」に1人いました。


この人、序盤の4分岐で私が1周目に選んだルートを通らないとフラグを立てることができないようです…


つまり、4周目で「シナリオコンプリート」を狙っている以上、「この人」の参戦を狙うなら5周目を遊ぶ必要があるわけで…


ぶっちゃけ、そこまでして使ってみたいユニットでもないので…スルーでいいかな^^;



あともう一人、「サブパイロット」で条件を満たせば生存する人がいるんですが…

こっちは更にどうでもいいです^^;




どうでもいいといえば、「黒の騎士団ルート」の最終話で出てくる選択肢について。


攻略本によると「選んだ選択肢によって会話内容が少し変化する」とのことです。以上w





と言うわけで簡単にご紹介しましたが、前作同様攻略本を手にしている頃にはかなり進んでいて正直その恩恵があまり受けられないのがちょっと寂しい…w


しかしながら、新たな発見があったり、後で見直す場合には紙ベースのほうが何かと便利だったりするので、まぁよしとしましょう^^;




posted by ラムネ at 23:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その9

実は達成してから既に3日は経過しているのですが…w



第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇



の、2周目をクリアしましたぁ〜〜!!!



srwz2_saise_022.JPG

↑クリア後のリザルト画面がコレ。



では、前回の続きである「ifルート」50話から60話までの全11話を振り返りつつ、ご報告。




■ SRポイント


全59ポイント獲得できました!


 ※最終話にはSRポイントが設定されていないので、全部で59Pなんですよね。


後半もやはりさほど難しい条件のものは無く、労せずに獲得していき、55P獲得した次点で…


srwz2_saise_020.JPG

↑ 「プラチナエンブレム」をゲット!!


プラチナ : 行動回数が+1 (SRポイント55以上獲得の証)


強化パーツとしては、つまり”自軍フェイズ開始時に精神C『覚醒』が掛かる”効果と同義ですね。


無条件で発動するその効果は確かに便利なのですが、使えるのが56〜60話の僅か五話分と報われないのがちょっと悲しい…。


正直1周目でも終盤ならかなり戦力が揃っているので、別段このパーツがなくても普通にクリア可能でしょうからねぇ…^^;


せめてもう少し早い段階で獲得できる条件だったら…


正直価値としては資金25万のほうが上かもしれない^^;




■ エースパイロット


全109パイロットをエースパイロットに育てあげました!


「通常ルート」は最大107パイロットだったので、2人増員したことになりますが、そのうちの1人が落とし穴だった…


その2名とは

・ロロ
・ホランド

なのですが、「ロロ」は参入次点で即”撃墜数70以上”を満たしていたので無条件でエースになってくれたものの、問題は「ホランド」。


「ホランド」は54話で参入したのですが、その時の撃墜数が僅か48


残り6話で22機の撃墜数を稼がせないといけないのか!


サブオーダーは毎回無条件で撃墜数2機を獲得できますが、それで稼げるのは最終話を除く残り5話ではたった10機。


これは、積極的に最前線に送り込んで倒させないと…


早速「ホランド」の機体「ターミナス303SP」をフル改造し、戦線へ投入!


他のユニットで「てかげん」を使えるものに数多く敵を瀕死にさせ、「ホランド」に1機倒させたら「再動」を使って復活させ…


これを「SRポイント」獲得条件を満たす範囲で毎話4〜5機撃墜させる形で繰り返し、なんとか22機稼がせることができました^^


もちろん全パイロットをエースにしたからといって何も特典はなく、単なる自己満足なのは百も承知の上ですけどもねw




さて、条件獲得にやきもきしながらなんとか到達できた「ifルート」なのですが、正直いって


ちょっとガッカリですね…


と言うのは、「ifルート」とはいえイベントの順番が多少前後するくらいで、その内容は


「通常ルート」と殆ど差異が無い…



「ifルート」序盤で地球連邦に対抗する新組織が生まれ、これは!と思ったのも束の間、その後は多少配役を変えた形で「通常ルート」と似通った話が進むだけ…

あまつさえ、ラスボスも同じで、その終わり方も似たようなもの…


もっとこう…


・リボンズやMr.ブシドーなど「通常ルート」では無かった仲間の追加

・「通常ルート」を遊んだ人にも驚きの新展開


みたいなのを期待していたんですけどもねぇ…


なんだか必死に条件を満たすべく頑張っていた苦労が報われないというか…


個人的には「 イプシロン & ストライクドッグ 」を自軍ユニットに加えて「キリコ」とタッグを組ませたかった…^^;




ラスボスといえば、最終話のラスボス戦はちょっと焦りましたw


終盤は「HARD」進行であったこともあり、特にボス級のユニットが積極的にMAP兵器を使ってきました。


59話までは例え使われたとしても殆ど回避するか微量のダメージで済んだので怖くもなんともなかったのですが、ラスボスだけはさすがに違った…


毎ターン「必中」状態なので、まともに食らったらリアル系ユニットはまず死にます。


それを見越して、「ラスボスの周りにザコ敵を倒さず放置していたら、さすがのラスボスさんも…」


なんて思っていた時期がありました…


何のためらいも無く使ってきたよMAP兵器!!


さすがはラスボスさん、血も涙も無いねw


おかげで「ラスボス」を取り囲んでいた主力の「オーガス」や「メサイア・アルト機」「ブルーティッシュドッグ」などが瞬時に撃破!


素直に「ひらめき」や「不屈」使っておけばよかった…


この段階でまだ「ラスボス」のHPが半分以上残っており、さすがにこれはやり直ししか無いか…?


と頭を過ぎりましたが、幸い範囲外にいた「ラビドリードッグ」と「νガンダム」の2機が生き残っていたので、戦力を集中!


「補給」「期待」「再動」「覚醒」などをフル活用し、精神Cを回復するパーツも併用してとにかく先の2機に何度も「魂」を乗せた最大威力攻撃を「ラスボス」にぶち込んで…


倒せたぁ〜!!


このときがこのゲームを遊んでいて始めて達成感を味わえた瞬間かもしれない…^^;




そうそう、ストーリーの最後にこんな選択肢が…


srwz2_saise_018.jpg

 ※名前は変更したのでモザイク処理w

これって、選んだ名前によってその後の展開変わったりするんでしょうかね?


ちなみに誰を選んだかは…ナイショw




ところで、「通常」「if」の両ルートをクリアして改めて思ったのですが…



続編あるんじゃないかな?



なんだか終わり方が中途半端で、続きを匂わせるような表現を多数感じたので…



『第三次スーパーロボット大戦Z』、出たら買うよ!w

 ※ただし”PSVITA専用”は勘弁w





というわけで、現在は既に三周目をプレイ中です。


既に20話くらいまで終わってたりしますがw



このプレイで私が目指すのは…


・一人でも多くの「パーフェクトパイロット」を育成する


こと。


つまり、PPを集中的に稼がせて、「パラメータALL”400”(MAX)」「適応ALL”S”ランク」のスーパーパイロットを多数育て上げるというものですw


現在は「キリコ」に注力しており、あともう少しで達成できそうです。


「キリコ」には「シルバーエンブレム(入手PP3倍)」はもちろん、早期に獲得できた「ゴールドエンブレム(入手資金2倍)」と「アイアンエンブレム(入手経験値2倍)」を付けて、各話開始即単騎で敵陣に放り込んで敵を片っ端から倒させ、PPと資金、、経験値を独り占めにさせますw


ボス戦でとどめを刺させるのもモチロン「キリコ」。


おかげで「キリコ」と他のメンバーとのレベル差がとてつもないことになってしまいました^^;



「キリコ」が終わったら、次に参入する贔屓キャラである「桂(オーガス)」を育てる予定です。




ちなみに、三周目はもちろん「NOMAL」進行です。


もう「通常ルート」や「ifルート」を気にする必要はありませんからね。









あ、そういえば今日18日って…


攻略本の発売日でしたね…忘れてたw


明日出かけるのでついでに買ってきます^^



  





--- PLAY MEMO ---



≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
-----

・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復
・ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5回復
・フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍
-----

・キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍
・シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10
・竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍
・グレゴルー : 武器の弾数1.5倍
・ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5
・アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・オズマ : 強化パーツ『Fボンバーのディスク』及び歌(数値)の効果2.0倍
・万丈 : シナリオクリア時に資金+30000
・ワッ太 : 特殊スキル『社長』の追加PPが2.0倍
・クワトロ : 連続ターゲット補正無効
-----

・忍 : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『突撃』が掛かる
・ヨーコ : 全ての武器の攻撃力+300
・エルチ : 獲得資金+50%
・サンドマン : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・マルグリッド : 反撃時の与ダメージ1.2倍
・ジロン : HP30%以下で与ダメージ1.2倍
・隼人 : 気力150以上で、移動力+2、運動性+20
・セツコ : 隣接する味方の与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍
・ロックオン : 命中率+30% / クリティカル率+30%
・カミーユ : 反撃時の与ダメージ1.2倍 / クリティカル率+20%
-----

・バサラ : 出撃時、歌エネルギー+20000
・カトル : 援護攻撃、援護防御に参加時、気力+10
・C.C. : HPが0になる攻撃を受けても、1度だけHP10で生き残る
・ヒイロ : 移動力+1 / ゼロシステムが気力110でも発動可能になる
・藤堂 : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・五飛 : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『直撃』が掛かる
・ゼロ : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に奇跡が起こる
・ゲイナー : 特殊スキル『ゲーマー』が『ゲームチャンプ』に変更
・ティエリア : ヴェーダ支配下の期待に対し、与ダメージ1.2倍、被ダメージ0.8倍
・勝平 : 反撃時の与ダメージ1.2倍
-----

・ファ : 精神コマンド『信頼』『激励』『期待』の消費SP-10
・トロワ : 回避率+15% / マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
・ヒルデ : 気力130以上で、自軍フィエズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・ルナマリア : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『必中』が掛かる
・アレルヤ : 移動力+1 / 回避率+20%
・赤木 : 精神コマンド『熱血』が『魂』に変更
・キタン : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『加速』と『不屈』がかかる
・ジェレミア : マップ上に皇族(ルルーシュ)がいる場合、自軍フェイズ開始時に気力+10
・ロロ : 『絶対停止のギアス』の攻撃力+300、射程+2
・弁慶 : 気力150以上で、被ダメージ0.6倍
-----

・F.S. : 出撃時、気力+25
・ロアビィ : 獲得資金+20% / マップ平気及び射程1以外の武器の射程+1
・ハリー : 命中率+25 / クリティカル率+25%
・ウィッツ : 獲得資金+20% / 移動力+1
・星刻 : 特殊スキル『カウンター』の発生確率100%
・ジャミル : 特殊スキル『ニュータイプ(X)』のレベルが9になる
・ラクス : 隣接する味方のダメージ1.1倍
・エニル : 精神コマンド『補給』の消費SPが40になる
・ジェフリー : 隣接するS.M.S隊員の命中率+20%、回避率+20%
・闘志也 : 条件を満たすと『切り払い』が必ず発生する
-----

・スメラギ : 特殊スキル『指揮官』の効果が2・0倍になる
・ガムリン : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・ブラックオックス : 全ての精神コマンドの消費SP-5
・ケンジ : コスモクラッシャーのパイロットの最大SP+10
・ノイン : 精神コマンド『愛』の消費SPが50になる
・カナリア : マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
・シュワルツ : 移動力+1 / 命中率+20%
・サラ : 『ガウリ隊総攻撃』の攻撃力+400、弾数+2、必要気力がなくなる
・レントン : レントン・エウレカ・ニルヴァーシュの最大SP+30
・柿小路 : シナリオクリア時に強化パーツ『郁絵のおやつ』を1つ入手
-----

・マリン : 特殊能力『亜空間突入』の発生確率+25%
・ミハエル : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.1倍、命中率+40%
・クラン : ミシェルと隣接時、クリティカル率+100%
・さやか : 修理によるHP回復量が2.0倍になる
・ボス : 精神コマンド『根性』が『勇気』に変更
・ゲイン : 『黒いサザンクロス』の攻撃力+500、射程+1、命中+20
・シンシア : 『オーバースキル連打』の攻撃力+300、射程+2、CRT+20
・シルヴィア : 射程+25
・麗花 : 技量+25
・ピエール : 防御+25
-----

・扇 : 扇、玉城、ラクシャータの最大SP+20
・ダリー : ギミーへの援護攻撃時、与ダメージ1.1倍 / ギミーへの援護防御時、被ダメージ0.5倍
・フェイ : グラヴィオンへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・シリウス : 格闘+25
・ジュン : 命中+25
・つぐみ : 回避+25
・千葉 : 藤堂と隣接時、被ダメージ0.5倍
・朝比奈 : 藤堂と隣接時、与ダメージ1.5倍
・ギミー : ダリーへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍 / ダリーへの援護防御時、被ダメージ0.9倍
・スザク : 常に『ギアスの呪縛』発動状態になる
-----

・ジーク : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・ブレラ : 移動力+3
・ジノ : 移動力+3
・アーニャ : 全ての敵に精神コマンド『偵察』がかかる
・ルカ : ゴーストを使用する武器の射程+1、命中+20、CRT+20
・ランド : ダメージを受けると本来の増減に加えて、気力+3
・渓 : 自軍フェイズ開始時、ゴウ、渓、凱の気力+5
・凱 : 精神コマンド『補給』の消費SPが40になる
・ホランド : HP20以下で、与ダメージ1.3倍



≪フル改造ボーナス≫

・スコープドッグ : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400、射程+1、弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
-----

・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る
・スコープドッグTC・ISS : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・スコープドッグ(ミサイルポッド装備) : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ベルゼルガ : 装甲値+300 / 運動性+20 / 照準値+20
・ラビドリードッグ : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・マジンガーZ : 特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
・ブラスタES : 「ACPイオタ」の攻撃力+500、射程+1、弾数+2
・百式 : 『メガバズーカランチャー』の攻撃力+400
・ウイングガンダムゼロ : 特殊能力『ゼロシステム』の強化
-----

・ガンダムデスサイズヘル : 全ての武器の命中率+30、CRT+30
・ターンエーガンダム : 最大EN+100 / 特殊能力『EN回復(大)』を得る
・ストライクフリーダムガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・インフィニットジャスティスガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・セラヴィーガンダム : 最大HP+1000 / 最大EN+100
・ファイナルダンクーガ : 最大EN+100 / 移動力+1
・ダンクーガマックスゴッド : 最大EN+100 / 移動力+1
・VF-19改Fバルキリー : 移動力+2 / 運動性+40
・VF-25Sメサイア : 全ての武器の攻撃力+20、CRT+30
・真ゲッター1・2・3 : 移動後に『変形』可能
-----

・ザブングル : 「サブングル・フルパワー」の攻撃力+400、射程+1
・Zガンダム : 『ビーム・サーベル(ハイパー)』の攻撃力+400、CRT+30
・ガンダムサンドロック改 : 装甲値+300 / 特殊能力『補給装置』を得る
・デスティニーガンダム : 全ての武器の攻撃力+300
・ダイガード : 対フラクタル・ノット兵器の段数+1
・キングゲイナー : 特殊能力『オーバースキル』の強化
・蜃気楼 : 全ての射撃武器の攻撃力+300 / 最大EN+100
・暁直参仕様(C.C.機) : 全ての射撃武器の攻撃力+300
・ブルーティッシュドッグ : 移動力+2
・エターナル : 機体搭載時の回復量が100%になる
-----

・プトレマイオス2 : 移動力+1 / 最大EN+200
・ドラゴンズハイブ : 最大EN+150
・マクロス・クォーター : 機体搭載時の回復量が100%になる
・ゴッドΣグラヴィオン : 最大HP+500 / 最大EN+100
・紅蓮 : 『輻射波動機構』の攻撃力+500
・斬月 : 格闘武器に『バリア貫通』が付加される
・イカルガ : 『ハドロン重砲』の攻撃力+500
・パールネイル : マップ兵器及び射程1以外の全ての武器の射程+1
・トライダーG7 : 『トライダー・バード・アタック』の攻撃力+300、射程+2
・YF-29デュランダル : 全ての武器の攻撃力+400、CRT+30
-----

・ランストッロ・アルビオン : 『MVS二刀流』の攻撃力+500
・ニルバーシュ specV : 『ビットレーザ』の攻撃力+500
・ターミナス 303 SP : 全ての武器の攻撃力+300



≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (24話)
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (24話)
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタ (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)
-----

・ダンクーガノヴァ −〔引継ぎ〕→ ダンクーガノヴァマックスゴッド (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ラビドリードッグ (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコープドッグTC・ISS (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコーブドッグ(ミサイルポッド装備) (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ブルーティッシュドッグ (44話) ※1
・ニルヴァーシュ spec2 −〔引継ぎ〕→ ニルヴァーシュ specV (46話)
・暁直参仕様(※C.C.機) −〔引継ぎ〕→ ランスロット・フロンティア (57話)
・VF-25Fメサイア −〔コピー〕→ VF-29デュランダル (if:57話) 

※1:40話後の分岐で「地上」を選んだ場合のみ(?)



≪エンブレム≫

・アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)
・ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)
・シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)
・ゴールド : 戦闘時の入手資金2倍 (通算獲得資金2000万突破)
・プラチナ : 行動回数が+1 (SRポイント55以上獲得)



posted by ラムネ at 23:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その8

相変わらずチマチマと遊び続けている



第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇



なんでございますが、二周目も終盤に差し掛かってきました。



今月は特に新作ソフトを買う予定が無いので、おかげでこのソフトに注力できますね^^



現在の進捗は…

srwz2_saise_016.jpg


第49話 『 ゼロとルルーシュ 』


まで終わっています。



そう!この後「条件分岐」がある重要なエピソードです!


攻略サイトの情報を頼りに慎重に条件をクリアしていき、「○○○の生存」も無事確認!


ここまで来れば間違いなく分岐可能になるだろうという自信はあるものの、もし根本的に情報が誤っていれば…という不安も拭えず、49話の戦闘を終えた後の会話パートを迎えて…


srwz2_saise_015.jpg

選択肢出たぁああぁぁあぁああぁ!!!


これを待っていた!


無事に分岐が出来てほんとうに良かったぁ〜^^


 ※一応モザイク処理してみましたが、はっきり言ってバレバレですね^^;



これであとはじっくり50話以降を堪能するのみ!


改めて、参考にさせていただいた攻略サイトさんに感謝!


ギリギリまで疑ってゴメンなさい^^;




■ SRポイント


依然パーフェクトで進めています。

31〜49話も特に難しい条件を必要とする回はありませんでした。




■ エースパイロット


全97パイロットがエースパイロットになりました!


結局一度も自ら実戦投入させないままエースになってしまったパイロットも多数居ますw


今後も何人か増え、もし通常ルートと最終的に同じであれば107人になるはずですが、参入即エースでしょうし、もう「サブオーダー」に頼る必要もなさそうですね。


一応最後の「PLAY MEMO」に残すつもりですが、今から更新が憂鬱だ…^^;




さて、二周目の今後の目的としては…


・隠しユニット「デュランダルバルキリー」を出す。

・SRポイントを稼いで「プラチナエンブレム」をゲットする。



この2つに絞られました。


どちらも万が一失敗してもすぐにやり直せる要素ですし、気楽なものですw



さて、鼻歌交じりで今後もコツコツ遊んでいきましょうかね〜^^









ところで、今月18日に攻略本2冊が発売されます。


  


■ 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 パーフェクトバイブル



■ 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 ザ・コンプリートガイド


ですが、いつも買っているのが「パーフェクトバイブル」なので、今回も買うならそちらにしようかと。



今作は「スパロボ史上最大数のエピソードを誇る」ということで、またもや鈍器として使えそうです^^;




--- PLAY MEMO ---



≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
-----

・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復
・ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5回復
・フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍
-----

・キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍
・シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10
・竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍
・グレゴルー : 武器の弾数1.5倍
・ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5
・アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・オズマ : 強化パーツ『Fボンバーのディスク』及び歌(数値)の効果2.0倍
・万丈 : シナリオクリア時に資金+30000
・ワッ太 : 特殊スキル『社長』の追加PPが2.0倍
・クワトロ : 連続ターゲット補正無効
-----

・忍 : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『突撃』が掛かる
・ヨーコ : 全ての武器の攻撃力+300
・エルチ : 獲得資金+50%
・サンドマン : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・マルグリッド : 反撃時の与ダメージ1.2倍
・ジロン : HP30%以下で与ダメージ1.2倍
・隼人 : 気力150以上で、移動力+2、運動性+20
・セツコ : 隣接する味方の与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍
・ロックオン : 命中率+30% / クリティカル率+30%
・カミーユ : 反撃時の与ダメージ1.2倍 / クリティカル率+20%
-----

・バサラ : 出撃時、歌エネルギー+20000
・カトル : 援護攻撃、援護防御に参加時、気力+10
・C.C. : HPが0になる攻撃を受けても、1度だけHP10で生き残る
・ヒイロ : 移動力+1 / ゼロシステムが気力110でも発動可能になる
・藤堂 : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・五飛 : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『直撃』が掛かる
・ゼロ : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に奇跡が起こる
・ゲイナー : 特殊スキル『ゲーマー』が『ゲームチャンプ』に変更
・ティエリア : ヴェーダ支配下の期待に対し、与ダメージ1.2倍、被ダメージ0.8倍
・勝平 : 反撃時の与ダメージ1.2倍
-----

・ファ : 精神コマンド『信頼』『激励』『期待』の消費SP-10
・トロワ : 回避率+15% / マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
・ヒルデ : 気力130以上で、自軍フィエズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・ルナマリア : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『必中』が掛かる
・アレルヤ : 移動力+1 / 回避率+20%
・赤木 : 精神コマンド『熱血』が『魂』に変更
・キタン : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『加速』と『不屈』がかかる
・ジェレミア : マップ上に皇族(ルルーシュ)がいる場合、自軍フェイズ開始時に気力+10
・ロロ : 『絶対停止のギアス』の攻撃力+300、射程+2
・弁慶 : 気力150以上で、被ダメージ0.6倍
-----

・F.S. : 出撃時、気力+25
・ロアビィ : 獲得資金+20% / マップ平気及び射程1以外の武器の射程+1
・ハリー : 命中率+25 / クリティカル率+25%
・ウィッツ : 獲得資金+20% / 移動力+1
・星刻 : 特殊スキル『カウンター』の発生確率100%
・ジャミル : 特殊スキル『ニュータイプ(X)』のレベルが9になる
・ラクス : 隣接する味方のダメージ1.1倍
・エニル : 精神コマンド『補給』の消費SPが40になる
・ジェフリー : 隣接するS.M.S隊員の命中率+20%、回避率+20%
・闘志也 : 条件を満たすと『切り払い』が必ず発生する
-----

・スメラギ : 特殊スキル『指揮官』の効果が2・0倍になる
・ガムリン : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・ブラックオックス : 全ての精神コマンドの消費SP-5
・ケンジ : コスモクラッシャーのパイロットの最大SP+10
・ノイン : 精神コマンド『愛』の消費SPが50になる
・カナリア : マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
・シュワルツ : 移動力+1 / 命中率+20%
・サラ : 『ガウリ隊総攻撃』の攻撃力+400、弾数+2、必要気力がなくなる
・レントン : レントン・エウレカ・ニルヴァーシュの最大SP+30
・柿小路 : シナリオクリア時に強化パーツ『郁絵のおやつ』を1つ入手
-----

・マリン : 特殊能力『亜空間突入』の発生確率+25%
・ミハエル : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.1倍、命中率+40%
・クラン : ミシェルと隣接時、クリティカル率+100%
・さやか : 修理によるHP回復量が2.0倍になる
・ボス : 精神コマンド『根性』が『勇気』に変更
・ゲイン : 『黒いサザンクロス』の攻撃力+500、射程+1、命中+20
・シンシア : 『オーバースキル連打』の攻撃力+300、射程+2、CRT+20
・シルヴィア : 射程+25
・麗花 : 技量+25
・ピエール : 防御+25
-----

・扇 : 扇、玉城、ラクシャータの最大SP+20
・ダリー : ギミーへの援護攻撃時、与ダメージ1.1倍 / ギミーへの援護防御時、被ダメージ0.5倍
・フェイ : グラヴィオンへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・シリウス : 格闘+25
・ジュン : 命中+25
・つぐみ : 回避+25
・千葉 : 藤堂と隣接時、被ダメージ0.5倍
・朝比奈 : 藤堂と隣接時、与ダメージ1.5倍
・ギミー : ダリーへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍 / ダリーへの援護防御時、被ダメージ0.9倍



≪フル改造ボーナス≫

・スコープドッグ : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400、射程+1、弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
-----

・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る
・スコープドッグTC・ISS : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・スコープドッグ(ミサイルポッド装備) : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ベルゼルガ : 装甲値+300 / 運動性+20 / 照準値+20
・ラビドリードッグ : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・マジンガーZ : 特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
・ブラスタES : 「ACPイオタ」の攻撃力+500、射程+1、弾数+2
・百式 : 『メガバズーカランチャー』の攻撃力+400
・ウイングガンダムゼロ : 特殊能力『ゼロシステム』の強化
-----

・ガンダムデスサイズヘル : 全ての武器の命中率+30、CRT+30
・ターンエーガンダム : 最大EN+100 / 特殊能力『EN回復(大)』を得る
・ストライクフリーダムガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・インフィニットジャスティスガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・セラヴィーガンダム : 最大HP+1000 / 最大EN+100
・ファイナルダンクーガ : 最大EN+100 / 移動力+1
・ダンクーガマックスゴッド : 最大EN+100 / 移動力+1
・VF-19改Fバルキリー : 移動力+2 / 運動性+40
・VF-25Sメサイア : 全ての武器の攻撃力+20、CRT+30
・真ゲッター1・2・3 : 移動後に『変形』可能
-----

・ザブングル : 「サブングル・フルパワー」の攻撃力+400、射程+1
・Zガンダム : 『ビーム・サーベル(ハイパー)』の攻撃力+400、CRT+30
・ガンダムサンドロック改 : 装甲値+300 / 特殊能力『補給装置』を得る
・デスティニーガンダム : 全ての武器の攻撃力+300
・ダイガード : 対フラクタル・ノット兵器の段数+1
・キングゲイナー : 特殊能力『オーバースキル』の強化
・蜃気楼 : 全ての射撃武器の攻撃力+300 / 最大EN+100
・暁直参仕様(C.C.機) : 全ての射撃武器の攻撃力+300
・ブルーティッシュドッグ : 移動力+2
・エターナル : 機体搭載時の回復量が100%になる
-----

・プトレマイオス2 : 移動力+1 / 最大EN+200
・ドラゴンズハイブ : 最大EN+150
・マクロス・クォーター : 機体搭載時の回復量が100%になる
・ゴッドΣグラヴィオン : 最大HP+500 / 最大EN+100
・紅蓮 : 『輻射波動機構』の攻撃力+500
・斬月 : 格闘武器に『バリア貫通』が付加される
・イカルガ : 『ハドロン重砲』の攻撃力+500
・パールネイル : マップ兵器及び射程1以外の全ての武器の射程+1



≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (24話)
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (24話)
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタ (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)
-----

・ダンクーガノヴァ −〔引継ぎ〕→ ダンクーガノヴァマックスゴッド (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ラビドリードッグ (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコープドッグTC・ISS (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコーブドッグ(ミサイルポッド装備) (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ブルーティッシュドッグ (44話) ※1
・暁直参仕様(※C.C.機) −〔引継ぎ〕→ ランスロット・フロンティア (57話)

※1:40話後の分岐で「地上」を選んだ場合のみ(?)



≪エンブレム≫

・アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)
・ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)
・シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)
・ゴールド : 戦闘時の入手資金2倍 (通算獲得資金2000万突破)





posted by ラムネ at 21:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その7

GWも今日で最後。

その有終の美を飾る記事は…



第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇



の二周目進捗報告です!


既に一周目で遊んだエピソードはTVを見ながらなどの「お気楽プレイ」で、且つ基本戦闘アニメは全てOFF状態でコツコツ遊び続けて…


srwz2_saise_014.JPG


第31話 『 ジ・アンブレイカブル 』


まで終わりました。


ちょうど折り返し地点というところです。



流石にGW中に二周目クリア…なんてのは無謀でしたねw


休暇中は届いた玩具の写真撮影が楽しくて、そっちにかなり時間を費やしてしまいましたし^^

その他色々とイベントもあったしね。



リザルト画面を見てもらえればわかるとおり、『SRポイント』は1つも逃さず進めています。


序盤はこれが結構キツかった…

二周目で資金はそこそこ潤沢だったとはいえ、条件が結構厳しいものがいくつかありました。


何話だったから忘れちゃいましたがw、NPCを一切撃墜されないようにクリアするってのがありましたが、NPCが弱いくせに敵軍にどんどん侵攻しちゃって…こちらの「信頼」などは使えないし…。


他には「参戦したメンバー各員が2機ずつ撃破しなければならない」なんてのも、敵の数も限られていてもはやパズルのようでした…^^;



まぁそんな苦労も15話を超えたあたりからは戦力も揃ってきて殆ど感じなくなりましたけどもね。

難易度「HARD」もこうなってくると「ちょっと強いかな?」レベルで殆ど「NOMAL」と大差ないです。


でもやっぱり条件を満たすプレイは面倒…

二周目で「プラチナエンブレム」ゲットを確認できたら、三周目以後はぜーーーーったい「NOMAL」進行にしますw




ところで、二周目のもう一つの目的である

50話以降の条件付分岐

ですが…


とりあえず信頼できそうな攻略サイトを眺めながら、そこに書かれている条件を満たしながら進めているものの…



本当にこれで合っているのか?と、とっても不安ですw



途中で条件が揃っている場合にのみ現れる?固有の会話があるようで、それらはぼちぼち確認できているのですが…


そもそも、参考にしているサイトの情報が本当に正しいのかどうかという…w



「とあるキャラクター」の死亡が回避されればOKらしいのですが、とりあえず情報を信じて今は進めるしかありませんね。


万が一情報が偽りで条件が満たせなかったら…


三周目で再トライします^^;




そうそう!二周目プレイ中に思わぬサプライズがありました!


まさにプレイを終えたばかりの「ジ・アンブレイカブル」で、スコートラボによりパワーアップされる「ブラスタ」ですが、一周目と同じく「格闘重視」か「射撃重視」を選ばされ、二周目は「射撃重視」を選んだのですが…


まさかその後に「格闘重視(レッドキット)」と「射撃重視(ブルーキット)」の換装が可能になるとは!


だったら選ばせなくてもいいやないかい!というツッコミはこの際無しでw


それにしても、「リ・ブラスタB」はデザインこそ大きく変わっていないものの、カラーリングも結構マッチしていて断然「リ・ブラスタR」よりもカッコイイですね!

三周目以降も見た目重視でずっと「リ・ブラスタB」で進めてしまいそうですw







--- PLAY MEMO ---



≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
-----

・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復
・ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5回復
・フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍
-----

・キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍
・シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10
・竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍
・グレゴルー : 武器の弾数1.5倍
・ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5
・アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・オズマ : 強化パーツ『Fボンバーのディスク』及び歌(数値)の効果2.0倍
・万丈 : シナリオクリア時に資金+30000
・ワッ太 : 特殊スキル『社長』の追加PPが2.0倍
・クワトロ : 連続ターゲット補正無効
-----

・忍 : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『突撃』が掛かる
・ヨーコ : 全ての武器の攻撃力+300
・エルチ : 獲得資金+50%
・サンドマン : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・マルグリッド : 反撃時の与ダメージ1.2倍
・ジロン : HP30%以下で与ダメージ1.2倍
・隼人 : 気力150以上で、移動力+2、運動性+20
・セツコ : 隣接する味方の与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍
・ロックオン : 命中率+30% / クリティカル率+30%
・カミーユ : 反撃時の与ダメージ1.2倍 / クリティカル率+20%
-----

・バサラ : 出撃時、歌エネルギー+20000
・カトル : 援護攻撃、援護防御に参加時、気力+10
・C.C. : HPが0になる攻撃を受けても、1度だけHP10で生き残る
・ヒイロ : 移動力+1 / ゼロシステムが気力110でも発動可能になる
・藤堂 : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・五飛 : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『直撃』が掛かる
・ゼロ : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に奇跡が起こる
・ゲイナー : 特殊スキル『ゲーマー』が『ゲームチャンプ』に変更
・ティエリア : ヴェーダ支配下の期待に対し、与ダメージ1.2倍、被ダメージ0.8倍
・勝平 : 反撃時の与ダメージ1.2倍
-----

・ファ : 精神コマンド『信頼』『激励』『期待』の消費SP-10
・トロワ : 回避率+15% / マップ兵器及び射程1以外の武器の射程+1
・ヒルデ : 気力130以上で、自軍フィエズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・ルナマリア : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『必中』が掛かる
・アレルヤ : 移動力+1 / 回避率+20%
・赤木 : 精神コマンド『熱血』が『魂』に変更



≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400 / 射程+1 / 弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
-----

・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る
・スコープドッグTC・ISS : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・スコープドッグ(ミサイルポッド装備) : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ベルゼルガ : 装甲値+300、運動性+20、照準値+20
・ラビドリードッグ : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・マジンガーZ : 特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
・ブラスタES : 「ACPイオタ」の攻撃力+500、射程+1、弾数+2
・百式 : 『メガバズーカランチャー』の攻撃力+400
・ウイングガンダムゼロ : 特殊能力『ゼロシステム』の強化
-----

・ガンダムデスサイズヘル : 全ての武器の命中率+30、CRT+30
・ターンエーガンダム : 最大EN+100 / 特殊能力『EN回復(大)』を得る
・ストライクフリーダムガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・インフィニットジャスティスガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・セラヴィーガンダム : 最大HP+1000 / 最大EN+100
・ファイナルダンクーガ : 最大EN+100 / 移動力+1
・ダンクーガマックスゴッド : 最大EN+100 / 移動力+1
・VF-19改Fバルキリー : 移動力+2 / 運動性+40
・VF-25Sメサイア : 全ての武器の攻撃力+20 / CRT+30
・真ゲッター1・2・3 : 移動後に『変形』可能
-----

・ザブングル : 「サブングル・フルパワー」の攻撃力+400 / 射程+1
・Zガンダム : 『ビーム・サーベル(ハイパー)』の攻撃力+400 / CRT+30
・ガンダムサンドロック改 : 装甲値+300 / 特殊能力『補給装置』を得る
・デスティニーガンダム : 全ての武器の攻撃力+300
・ダイガード : 対フラクタル・ノット兵器の段数+1
・キングゲイナー : 特殊能力『オーバースキル』の強化
・蜃気楼 : 全ての射撃武器の攻撃力+300 / 最大EN+100
・暁直参仕様(C.C.機) : 全ての射撃武器の攻撃力+300



≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (24話)
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (24話)
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタ (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)
-----

・ダンクーガノヴァ −〔引継ぎ〕→ ダンクーガノヴァマックスゴッド (41〜43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ラビドリードッグ (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコープドッグTC・ISS (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコーブドッグ(ミサイルポッド装備) (43話)
・暁直参仕様(※C.C.機) −〔引継ぎ〕→ ランスロット・フロンティア (57話)





≪エンブレム≫

・アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)
・ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)
・シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)
・ゴールド : 戦闘時の入手資金2倍 (通算獲得資金2000万突破)





posted by ラムネ at 21:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その6

発売日の4月5日からコツコツと遊び続けてきた


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


でありますが、そこからおよそ3週間…



1周目クリアしましたぁ〜〜!!!




srwz2_saise_012.jpg

↑最終話終了後のリザルト画面


今作は前作よりも10話も多い、全「60話」でした。


いやはや、長かったなぁ〜^^;



ただ全体的な難易度は、同じく「NOMAL」で進行していた前作に比べるとやや簡単だったように思います。

まぁほぼ1年前の記憶ですからあまり当てにはなりませんけどもw




クリアを機に早速ネット上の攻略サイトなどを解禁!!


特に隠し要素に注力してみてみると…


やはり49話後の分岐には特定の条件が。


これ、とあるアニメを贔屓にしてないとまず辿り着けませんね…^^;


私にとっては殆ど思い入れが無い作品なので、そりゃムリだわw



他にも色々と隠し要素があるので、2周目プレイに狙っていきたいと思います。




では、クリアまでの51〜60話を振り返って…



■ SRポイント


最終「 44 」ポイントで終了。

ネット情報を見て、やはり予想は的中していました。


特定の「SRポイント」によって「プラチナエンブレム」がゲットできます。


44ぽっちじゃ全然足りなかった…^^;


2周目で狙っていこうと思いますが、それには「HARD」プレイが必要不可欠なわけで…


お金稼げないのはツラいなw



なお、残る1つのエンブレム

ゴールドエンブレム

に関しては途中で獲得できました。

srwz2_saise_013.jpg

↑左下に注目!


ゴールド : 戦闘時の入手資金2倍 (通算獲得資金2000万突破)


このエンブレムを装備し、さらに精神C「幸運」をかけると、効果が重複するのでなんと4倍の資金が獲得できます!


エンブレムゲット後は「νガンダム」に装備させ、特にボス戦において積極的にトドメを刺させて資金ガッポリ!

隠し要素のフラグなんて二の次ですよ!w




■ エースパイロット


最終 38 名育成できました。


50話と比較して13人も増えたことになりますが、「ゴウ」が復帰したので純増数は 12 人ですね。


オズマ : 強化パーツ『Fボンバーのディスク』及び歌(数値)の効果2.0倍

搭乗機 : VF-25Sメサイア

54話で参戦という遅さですが、参戦時点で既に撃墜数は60を超えていたのでさほど労せずエースに。
一体どこで稼いできたのやらw
「アルト」とは違って「アーマードパーツ」しか装備できませんが、やはり「オズマ機といえばアーマード」ですから、そこは例え「トルネードパーツ」が装備できたとしてもあえてしませんよ!w

エースボーナスの関係から「バサラ」との相性がバツグンですね。
しかし前作からブレないなこの人w


万丈 : シナリオクリア時に資金+30000

搭乗機 : ダイターン3

全長120mという規格外なスーパーロボット。

育成の決め手はズバリ「エースボーナス」!
出撃させただけで洩れなく資金3万ゲットはオイシすぎるw


ワッ太 : 特殊スキル『社長』の追加PPが2.0倍

搭乗機 : トライダーG7

小学生で社長という、今ではおよそあり得ない設定がいかにも昭和アニメといったところw

育成の決め手はズバリ「エースボーナス」!
出撃させただけで洩れなくPP+10はオイシすぎるw


クワトロ : 連続ターゲット補正無効

搭乗機 : 百式

この人が「シャア」として「サザビー」のパイロットだったらνガンダムと夢の共闘ができたのに…
「百式」自体は嫌いではないし、ユニットの性能もまずまずなのですが、「クワトロ」がどうにも好きになれない…^^;
アニメ「Zガンダム」は途中から見てないしなぁ…w


 : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『突撃』が掛かる

搭乗機 : ファイナルダンクーガ

「やってやるぜ!!」が口癖の熱い人。

個人的には大好きなメカなのですが、「背中がブラックウィング」ってのがマイナス…
正直カッコワルイ…飛行ブースターだったらなぁ…
いや、ブラックウィングのおかげでパイロットが増える=精神Cが増えるので運用する上ではいいことなんですけどねw


ヨーコ : 全ての武器の攻撃力+300

搭乗機 : ヨーコMタンク

今作の乳揺れ担当w
このユニットで戦うときだけアニメをONにする人は少なくないはずw
正直ユニットとしては秀でた部分は無く、乳揺れが無かったら…^^;


エルチ : 獲得資金+50%

搭乗機 : サブングル

育成が遅くなったのが悔やまれる一機。
今回は「ファットマン」がサブパイロットとして精神Cを補完してくれるのでより扱いやすくなりました。

エースボーナスを獲得すると、1.2 × 1.5 = 1.8倍もの資金が精神C無しで獲得できるというオイシすぎるユニット。
2周目こそは稼ぎ頭としてコキ使ってやるぜ!


サンドマン : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2

搭乗機 : ゴッドΣグラヴィオン

合体メカの「ゴッドシグマ」とは全く無関係です。
特に思い入れはなく、「オズマ」同様参入時点から撃墜数が高かったので、折角だし育ててやるか的な感覚でw
しかし「エースボーナス」はなかなか使えますね。
「ワッ太」や「万丈」・「ロジャー」同様とりあえず出撃させておくだけでとても効果的です。


マルグリッド : 反撃時の与ダメージ1.2倍

搭乗機 : パールネイル

乳揺れ担当その2w
いやいや、この人の真価はずばり「精神コマンド」!
「祝福」が30で使え、その他「期待」や「最動」も持っているので、完全に「精神C要員」として運用していましたw
「娘々名物まぐろマン」などのSP回復パーツを複数持たせて、まさに精神面でのサポートに徹底させました。
エースボーナスは「気が付いたら取っていた」という感じw


ジロン : HP30%以下で与ダメージ1.2倍

搭乗機 : ウォーカーギャリア

「エルチ」との共闘っていう感覚でなんとなく育てました的パイロットw
エースボーナスは被弾時限定ってのが扱いづらいですねぇ…。

しかし、この世界のメカはハンドルで操作できるんですよね…冷静に考えたら(冷静じゃなくても)スゴイことですw


隼人 : 気力150以上で、移動力+2、運動性+20

搭乗機 : 真ゲッター2

これで「ゲッターチーム」のエースボーナス獲得者が2人になりました。
あとは「弁慶」を育てればカンペキですね!
エースボーナスは真ゲッター2のパイロットらしいスピード重視なもの。

そういえば、「竜馬がメインパイロットでも隼人のエースボーナスは発動するのか」を確認してなかった…。
2周目で確認します^^


セツコ : 隣接する味方の与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍

搭乗機 : バルゴラ・グローリー

運用しようと改造した矢先に離脱されて、それから相当遅れての復帰だけに、すっかり空気状態となってしまったユニット。
乳揺れ要員その3くらいしかメリットが思いつかないw

余談ですが、グローリーといえば「メタルスレイダーグローリー」がスパロボに参戦したら死んでもいいw




ふぅ…毎度疲れるなこれはw


なお、2周目以降は参戦即エースパイロットなユニットも少なくないでしょうし、ネット情報も解禁しちゃったので、書き記すの辞めます^^;




■ ストーリーダイジェスト


<第51話> 『シュナイエルの仮面』

地球連邦の代表にして独裁者となった「ルルーシュ」を止めるべく立ち上がった我が軍ですが、シュナイゼルとの三つ巴の戦いに発展。

「コードギアス」編も佳境ですね。


<第52話> 『混迷の戦場』

「ルルーシュ」がとんずらをこく中、残されたメンバーに今度はホワイトファングが現れてまたもや混戦に。
「トレーズ」の死亡でその場は収まった形になりましたが、今度はニアが現れ「陰月を地球に落下させる」という…

「グレンラガン」編もそろそろ終わりですぞ。


<第53話> 『堕ちてくる月』

カミナシティーの住人を救うためにアークグレンを発進させたロシウたちの前に現れたムガンの大部隊!
撃退したのも束の間、今度はゲシュタルトが…そして一瞬チラッと見えたその正体は…!?


<第54話> 『絶望の世界』

「グレンラガン」編が終結!

「アークグレンラガン」キター!
以後も「アークグレンがどこからともなく現れて」グレンラガン単体で攻撃できるように。
さすがに「超銀河グレンラガン」や「天元突破グレンラガン」はムリだったか…^^;

(最終話で判明しますが)ニアが生きたままのハッピーエンドでよかったよかった^^


<第55話> 『アナタノオト』

バジュラの巣に到着した一行が目にしたのは巨大なランカの姿!
全て裏で「グレイス」が仕組んだことでした!
って、話の流れは「スパロボL」で既に知っているんですがw

ここで来るのか?「デュランダルバルキリー」!?と思ったら…
まさか隠し機体だったとは…
隠し機体をCMでネタバレするバンダイって一体…^^;

ともあれ「マクロスF」はこれで完結ですね。


<第56話> 『BEYOND』

「アロウズ」の黒幕である「リボンズ」がようやく登場!
ここで「真のイノベイター」に覚醒する刹那ですが、以前から「トランザムライザー」とか使ったときに目が「イノベイターの目」になってたよね…?w

さすがに今後の展開も残っているし、ダブルオーのGNドライブが奪われて「エクシアリペア2 VS Oガンダム」となるアニメのクライマックスは再現されませんでしたね^^;
どうせなら「リボンズ&リボーンズガンダム」が仲間になる、くらいのサービス精神が欲しかったw


<第57話> 『ゼロ・レクイエム』

「コードギアス」編がようやく終わった…引っ張ったなぁ〜w

ゲームでは生き残りますが、アニメでは実際に死んじゃうんですかね?「ルルーシュ」。
ここで「蜃気楼」の復帰も含め、大量にコードギアス関連のユニットが増えましたが、(60話で終わることを考えたら)正直今更感がハンパネーw


<第58話> 『閃光!! 進化の果て!』

「真!ゲッターロボ」編もここでようやく完結!

インサラウムとの決着をつけるために火星に向かっていたら、インベーダーが大量発生!
コーウェン君&スティンガー君…ほんとしつこいw

まさかユーサー王子が手助けに来てくれるなんて…


<第59話> 『最後の聖戦』

インサラウムのおばあちゃんが自らを次元獣化しちゃったよオイ…
部下にも見捨てられ、一人孤独にイサラウム王として過ちを清算すべく最後の戦いに挑むユーサー。
この人初登場のときに比べてイメージがまるで変わったなぁ…悲劇の王子様でした…。

そして…恐れていた「ラスボス=ガイオウ」来ちゃったか…


<第60話(最終話)> 『再世の未来』

ガイオウとの最終決戦!
ダメージが通らず成す術なしなところで、アサキムを先に撃墜しZONEの力を封印したことでようやく攻撃可能に。

真の姿を現したガイオウさん。
まぁいいんだけどさ…せめて今回くらい最後はロボットと戦いたかったなぁ…




あぁ〜毎度「スパロボ」の記事は疲れる…

って、自分でまいた種ですけどw




てなわけで、現在は既に二周目をプレイ開始しております。


ネット情報を頼りに、49話での最終分岐を念頭に置いて、あとは隠し要素を抑えつつ頑張っています。


頑張っているといえば「SRポイント」。

二周目は1ポイントも逃すことなく進めていこうと頑張っていますが、資金に余裕があるとはいえ序盤は結構難しいですねぇ〜^^;



なお、次回以降の記事はあまり凝らずにサラッとお送りしたいと思いますw






PS:

そういや攻略本ってまだ出る予定立たないのかな?




--- PLAY MEMO ---



≪エースボーナス≫ (38名)

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
-----

・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復
・ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5階服
・フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍
-----

・キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍
・シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10
・竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍
・グレゴルー : 武器の弾数1.5倍
・ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5
・アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・オズマ : 強化パーツ『Fボンバーのディスク』及び歌(数値)の効果2.0倍
・万丈 : シナリオクリア時に資金+30000
・ワッ太 : 特殊スキル『社長』の追加PPが2.0倍
・クワトロ : 連続ターゲット補正無効
-----

・忍 : 気力150以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『突撃』が掛かる
・ヨーコ : 全ての武器の攻撃力+300
・エルチ : 獲得資金+50%
・サンドマン : 自軍フェイズ開始時、自分を除く味方ユニットの気力+2
・マルグリッド : 反撃時の与ダメージ1.2倍
・ジロン : HP30%以下で与ダメージ1.2倍
・隼人 : 気力150以上で、移動力+2、運動性+20
・セツコ : 隣接する味方の与ダメージ1.1倍、被ダメージ0.9倍



≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400 / 射程+1 / 弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
-----

・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る
・スコープドッグTC・ISS : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・スコープドッグ(ミサイルポッド装備) : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ベルゼルガ : 装甲値+300、運動性+20、照準値+20
・ラビドリードッグ : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・マジンガーZ : 特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
・ブラスタES : 「ACPイオタ」の攻撃力+500、射程+1、弾数+2
・百式 : 『メガバズーカランチャー』の攻撃力+400
・ウイングガンダムゼロ : 特殊能力『ゼロシステム』の強化
-----

・ガンダムデスサイズヘル : 全ての武器の命中率+30、CRT+30
・ターンエーガンダム : 最大EN+100 / 特殊能力『EN回復(大)』を得る
・ストライクフリーダムガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・インフィニットジャスティスガンダム : 全ての合体攻撃武器の攻撃力+400
・セラヴィーガンダム : 最大HP+1000 / 最大EN+100
・ファイナルダンクーガ : 最大EN+100 / 移動力+1
・ダンクーガマックスゴッド : 最大EN+100 / 移動力+1
・VF-19改Fバルキリー : 移動力+2 / 運動性+40
・VF-25Sメサイア : 全ての武器の攻撃力+20 / CRT+30
・真ゲッター1・2・3 : 移動後に『変形』可能



≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (21〜24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (21〜24話)*1
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (21〜24話)*1
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)*1
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタR (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)
-----

・ダンクーガノヴァ −〔引継ぎ〕→ ダンクーガノヴァマックスゴッド (41〜43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ラビドリードッグ (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコープドッグTC・ISS (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコーブドッグ(ミサイルポッド装備) (43話)
・暁直参仕様(※C.C.機) −〔引継ぎ〕→ ランスロット・フロンティア (57話)

*1 おそらく「引継ぎ」だと思いますが、改造度が0%のままなので、未確定要素です。



≪エンブレム≫

・アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)
・ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)
・シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)
・ゴールド : 戦闘時の入手資金2倍 (通算獲得資金2000万突破)




posted by ラムネ at 21:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その5

相変わらず一度始めると止め時が見つからない


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


なのでございます。



…とは言え、長時間集中してPSPの画面を見ていて、一段落してフと周りを見渡すと目の焦点がおかしい…

コレさえなけりゃなぁ…^^;



では恒例の、現在までの進捗を。

srwz2_saise_010.jpg


第50話 『 皇帝失格 』


まで終わりました。



前作「破界篇」はこの話数がラストだったのですが、今作は終わる気が全くしません…!

収拾が付いていないエピソードが多すぎる!


今作は一体何話あるのやら…?




■ SRポイント


現在「37」。


今までは難易度「NORMAL」を維持できればそれでいいや…的に考えていたこのポイントですが

ここにきて「もしかしたら今作ではゲームの進行に影響を与える要素なのかも?」という兆候が…


その1つが今回新たに導入された


エンブレム


の存在。


ゲーム中特定の条件を満たすと取得できる「エンブレム」は、ゲーム中「強化パーツ」としても使用できます。

現在取得済みなのは3つ。

srwz2_saise_011.jpg

↑画面左下に表示されているのがその「エンブレム」です。


アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)

ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)

シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)


初めて取得したのは42話あたりだったかな?

突然取得を知らせるメッセージが出てきたときは「何事?」と思いましたw


こういう隠し要素は楽しいですね。


そして、気になるのが残りの…(恐らく欄的に)2つ。

私は「ゴールド」と「プラチナ」だとふんでいるのですが…。


上記取得済みの3つの条件を鑑みるに、

私が毎記事の最初に貼っている「Total Result」の項目にそれぞれ該当項目があることから…


残りは「通算獲得資金」と「SRポイント」が関係するのではなかろうか?と。


あくまで予想の範疇ですが、もし実際そうだとしたら、「SRポイント」に関しては終わったかもしれないw

そうなれば2周目以降でチャレンジしなければですね。




■ エースパイロット


現在 25 名。


前回より10名増えたことになりますが、「ゴウ」が抜け、「キリコ」「エスター」が復帰したので純増数は

9人

ですね。


ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5階服

搭乗機 : ターンエーガンダム

未だに好きになれない「ヒゲのガンダム」のパイロットですが、ユニット自体はかなり高スペックで、きちんと育てればトップエースも狙えそうな感じですね。

特にMAP兵器「月光蝶」の広範囲攻撃は効果絶大!対象範囲が「蝶」の形をしているのが面白いですね。


フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍

搭乗機 : スコープドック ミサイルポッド装備タイプ (元はブルーティッシュドッグ)

「素体」であり「パーフェクトソルジャー」である彼女はさすがパイロットとしてのスペックも秀逸!
エースボーナスにキリコへの一途な想いが表れていますね。
特殊スキル「天才」は「キリコ」と違って常時発動状態なので、正直「キリコ」よりも強いかもしれないw

当初「ブルーティッシュドッグ」をフル改造して使おうと思っていましたが、「キリコ」復帰と同時に複数のフル改造「スコープドッグ」が増産されたので、折角だしと乗り換えてみました。


甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍

搭乗機 : マジンガーZ

最新アニメからの参加なので、やはり来ましたか「ビッグバンパンチ」。
…って、CMがネタバレしやがるんで否応無しに知るハメになりましたけどもね^^;
ゲーム中はあまり気になりませんが、あの背中に指が沢山生えたデザインが正直好きになれない…w

イベントで「ロケットパンチ100連発」を覚えますが、MAP兵器「ビッグバンパンチ」も含め、スキル「Bセーブ」を付与しても弾数は1のままなのがザンネン…。
何度も使われちゃ困る武器だってことはわかるんですけどもね。


キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍

搭乗機 : ストライクフリーダムガンダム

相変わらず使い勝手が良すぎるスーパーコーディネーター。
現状唯一敵味方の識別があるMAP兵器「スーパードラグーン」がとにかく便利すぎます。
更にアスランとの合体技「コンビネーション・アサルト」もあり、ユニットとしては申し分ないのですが…。

便利すぎてむしろつまらない!w
結果エースボーナスをゲットできた後はベンチ入りのほうが多いです。


シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10

搭乗機 : ベルゼルガ

「ル・シャッコ」と言えば「ベルゼルガ」、「ベルゼルガ」と言えば「パイルバンカー」!
エースボーナスにもそれが顕著に現れていますね。
パイロットとしてのスペックは並ですが、準贔屓キャラとして参加即フル改造して前線でサブ的に運用しています。

余談ですが、「ベルゼルガDT」は登場するんだろうか…?とか思いつつ調べてみたら、「DT」って劇中では「フィアナ」が乗ってたんですってね。全く記憶違いでしたw


竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍

搭乗機 : ブラックゲッター → 真ゲッター1

過去に玩具も買ったほど好きな「ブラックゲッター」で華麗に再登場したので改造してバリバリ運用しようと思ったら、その後すぐに「真ゲッター1」に乗り換えてしまい、結果的にそちらのほうがスペックが上だしということで結局そのまま運用することにw

エースボーナスを生かすためにとにかく気力を上げるスキルや強化パーツでフォロー。
…するつもりでしたが、エースパイロットになってからは「隼人」や「弁慶」の育成を始めたので、今やすっかりサブパイロット扱いですw


グレゴルー : 武器の弾数1.5倍

搭乗機 : スコープドッグTC・LRS

同名機が「キリコ」用として存在しているのでややこしい…あくまでも「グレゴルー専用機」です。
ちなみに「キリコ」が乗れるほうは換装可能ですが、「グレゴルー」のものは固定武装ですね。
折角フル改造状態でコピーされた「スコープドッグ」が余っているんだからそちらへ乗り換えさせたかった…

他のATと共闘する「プラトゥーン・コンバット」が視覚的に楽しい。
また、エースボーナスが一見地味ですが、スキル「Bセーブ」を併用すると弾数が2.25倍になるので全AT乗り中最大の弾数を誇るのが結構いい感じ。
まぁ所詮は並のAT乗りなので、とてもトップエースを狙えるほどのスペックは持ち合わせていませんが、サブとしては十分使えますね。


ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5

搭乗機 : ビッグオー

特殊スキル「ネゴシエイター」がエースボーナスを得たことで計-8となり、精神「脱力」と2しか変わらなくなるその効果は特にボス戦でかなり有効です。
MAP兵器も持ち、陸Sを誇る「ビッグオー」は戦力としてもなかなかのものですが、いかんせん足が遅いのが欠点。
強化パーツやスキル「ダッシュ」などで補填してやることでなんとかまかなえますが…。

それ以上に彼の最大の功績は「味方がやられても修理費がかからない」こと!
正直最近はそれだけの理由のために”保険”として出撃しているふしが…^^;


アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍

搭乗機 : インフィニットジャスティスガンダム

正直「キラ」君の腰ぎんちゃく的立ち位置が否めない彼w
「キラ」が出撃するときはセットで運用するのがもはや鉄板化していますね。
「コーディネーター」でもありますし、単体でも勿論強いんですけどもね…w
最近は「キラ」君の出番を減らしているので、おのずと彼もベンチウォーマー状態と化しています^^;




■ ストーリーダイジェスト


<第41話> 『トライアングラー』

予定通り分岐は「宇宙(下)」ルートを選択。

「ミシェル」が死んだ…!?
「アーマードクラン」登場!(どう見てもスーパーパックですw)
その後「スパロボL」のように「クァドラン・レア」との乗換え?が可能になるのかと思ったら、そんなことは無かったw

「ミシェル」結局生きてた!
「L」のときは「メガネを割るor割らない」で某所で論議があったな〜なんてフと思い出しましたw

「アルト」(とついでに「ミシェル」)にMAP兵器「MDE弾」と「反応弾」が追加されましたが、特に「MDE弾」に関してはMAP兵器にもかかわらず移動後に攻撃が可能なんていうとんでもない性能!
「アルト」は今後「デュランダルバルキリー」も期待できますし(CMでネタバレされた…)今後ますます活躍が期待できます。


<第42話> 『異能者』

「キリコ」を追ってネオ・プラネッツへ。
「人工天体」に向かう「キリコ」をフォローしますが、このときのスコープドッグは無改造状態なんでしょうね。攻撃力はさほどでも無し。
敵を蹴散らされたらどうしようかと思いましたw
「キリコ」が目的地に到達するまでに、今の戦力なら余裕で敵を全滅させられますぜ!

え?まだどこかに行っちゃうの?待って「キリコ」ぉ〜!!


<第43話> 『修羅』

確かに合流するとは言ってたけど、その後特にイベントも無くしれ〜っと我が軍に参戦済みの「フィアナ」に「シャッコ」「グレゴルー」。
まぁそのほうがすぐさま機体改造やスキル付与ができてありがたいですけどもね。

「ラビドリードッグ」きたーー!!!
敵を欺くにはまず味方から?「ワイズマン」の導きを最後には否定し、完全に機能停止させる「キリコ」
やっぱカッコイイわあんた!w

これで「装甲騎兵ボトムズ」編は終了でしょうかね。


<第44話> 『終末を呼ぶ邪神!』

「真ドラゴン」が現れた!
「ゴウ」らに代わって「竜馬」たちが「真ゲッター」に乗ることに。
なんとか真ドラゴンを阻止できたものの、「ゴウ」が犠牲に…サブパイロットだった2人も併せて離脱。
まぁ戦力的には問題ありませんがw


<第45話> 『次元力』

「リモネシア」に現れたZONE。
とうとう自分の番がまわってきたと腹をくくったはずの「クロウ」さんでしたが、今度はまさかのスットコドッコイが自分の命をかけて機能停止。
何回出端をくじかれたら気が済むんだw


<第46話> 『失われし聖王国』

まさか「ユーサー」王子もスフィア持ちだったとは…。
「クロウ」と二人で「エスター」を元に戻すことに成功。
この力使えば他の次元獣も元に戻せるんじゃ…?もう改造済みで手遅れ?

最後の「ナイトオブナイツ」である「ウェイン」もやられちゃって、インサラウムの存在がますます希薄なものに…
もしかして、またラスボスが「ガイオウ」とかいう事は…無いよね…?


<第47話> 『死線!総攻撃Dr.ヘル!』

Dr.ヘルとの最後の死闘!
「ロケットパンチ100連発」を新たに取得し更なるパワーアップを果たした「マジンガーZ」ですが、いかんせんロボット自体に愛着が持てないので「ふ〜ん」という感じ^^;
それにしても「コーウェン」君&「スティンガー」君はしつこいねぇ…w

これで「真マジンガー 衝撃!Z編」は終わりかな?


<第48話> 『ゴッドブレス・ユニバース』

まさかここにきて「ムゲ帝王」が出てくるとは…!
しかしダブルダンクーガの合体技によって即死亡。
一方で「ランカ」が「ブレラ」と共にどこかへ…「マクロスF」編も佳境ですね。


<第49話> 『ゼロとルルーシュ』

「ゼロ」の正体がルルーシュだってことが完全に明るみになっちゃっいましたね。
トウキョウ租界のど真ん中で核兵器「フレイヤ」だと〜?めちゃくちゃしよるなぁ…w

「ルルーシュ(ゼロ)」の「蜃気楼」と、「C.C.」の「暁直参仕様」の2機が離脱しちゃいました。
「C.C.」は精神「祝福」と機体に「補給装置」があってそこそこ使えたのでちょっとザンネン。
一方「ルルーシュ」は…まぁ「戦術指揮」が使えたけど、正直どっちでもいいかなレベルw

どちらも改造資金は返ってきていないので、いずれ復帰するんでしょうけどもね。


<第50話> 『皇帝失格』

「ルルーシュ」の母「マリアンヌ」が「アーニャ」の中に居たなんて…。
しかも夫である「シャルル」側の人間だったという…。
母を殺され、妹と自分を追放した恨みで戦っていた「ルルーシュ」の今までの戦いは一体…?。
なんか壮絶な話ですよね「コードギアス」って。
改めてアニメ見たくなってきたわぁ〜^^

その後…あれ?結局「ルルーシュ」は出てこれたの?
で、そのまま連邦の代表に就任してるよオイ!間の説明無しかい!w

「コードギアス 反逆のルルーシュ」編としては、もしかしてここで終わりなんだろうか…?


ところで、この「50話」終了の段階で「シナリオチャート」を見てみると…


自動分岐が発生して勝手に上ルートになっているんですが!!


前作の分岐は全て手動だったのに、これは…。

条件は何なのだろ…?「○○で××を倒した」系かなぁ…それとも「SRポイント」?

う〜む、これは2周目以降きっちり調べてから挑まねば…!



こんなところですかね。

あぁ疲れた…




果たしてこの後一体どう展開するのやら…?

まだ終了していないのが…

・マクロスF
・機動戦士ガンダム00
・真ゲッターロボ 世界最後の日
・天元突破グレンラガン
・オリジナル

こんなにあるよ…!


これを全部収拾つけて終わらせるにはあと何話必要なんだかw


それとも…もしかして自動分岐があるってことは…



マルチエンディングだったりするんでしょうか〜???



もちろん全シナリオを遊ぶつもりですが、今回の周回プレイはかなり大変そうだぁ…

 ※SRポイントが絡むのは正直ヤだなぁ…^^;







--- PLAY MEMO ---


≪エースボーナス≫ (26名)

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復
・ロラン : 自軍フェイズ開始時、SP5階服
・フィアナ : キリコへの援護攻撃時、与ダメージ1.5倍
・甲児 : 気力130以上で、与ダメージ1.2倍
・キラ : 射撃武器の与ダメージ1.1倍
・シャッコ : 『パイルバンカー』の攻撃力+500、射程+1、命中+10
・竜馬 : 気力170以上で、与ダメージ1.3倍
・グレゴルー : 武器の弾数1.5倍
・ロジャー : 特殊スキル『ネゴシエイター』の気力低下-5
・アスラン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍


≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400 / 射程+1 / 弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る
・スコープドッグTC・ISS : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・スコープドッグ(ミサイルポッド装備) : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ベルゼルガ : 装甲値+300、運動性+20、照準値+20
・ラビドリードッグ : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・マジンガーZ : 特殊能力『EN回復(小)』が『EN回復(中)』に変更
・ブラスタES : 「ACPイオタ」の攻撃力+500、射程+1、弾数+2


≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (21〜24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (21〜24話)*1
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (21〜24話)*1
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)*1
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタR (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)
・ダンクーガノヴァ −〔引継ぎ〕→ ダンクーガノヴァマックスゴッド (41〜43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ ラビドリードッグ (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコープドッグTC・ISS (43話)
・スコープドッグ −〔コピー〕→ スコーブドッグ(ミサイルポッド装備) (43話)

*1 おそらく「引継ぎ」だと思いますが、改造度が0%のままなので、未確定要素です。


≪エンブレム≫

・アイアン : 戦闘時の入手経験値2倍 (エースパイロット20名育成)
・ブロンズ : メインパイロットのSPが毎ターン20ポイント回復 (撃墜数150パイロット育成)
・シルバー : メインパイロットの入手PP3倍 (PP1500パイロット育成)


posted by ラムネ at 20:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その4

依然として


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


のプレイに余念がありません。



休みの日なんかは「飯・風呂・スパロボ・寝る」って感じw

引きこもり状態でヒマさえあればPSPを握ってピコピコ中年やってますw



さてさて、現在の進捗状況は…

srwz2_saise_009.jpg


第40話 『歌え、誰かのために』


まで終了。


終盤に差し掛かってきたってところでしょうか?

前作「破界篇」は全50話でしたが、果たして今作は…?



SRポイントが「27」と、ちょっと高くなりすぎな感が…。

最近は複数のフル改造ユニットが運用できるようになってきたので、条件が容易にクリアできてしまう…。

また適度に手を抜いていかないと…危ないなw



エースパイロットは現在15人

数字上は7人増えたことになりますが、途中で「キリコ」が離脱しちゃうので、実質8人増ということに。



その増加した8人はコチラ(右はエースボーナス)


 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍

「オーガス」を駆る私の贔屓パイロットその2。
「スコープドッグ」同様「サイズS」のおかげで回避率が高く、また「アルト」と同じくスキル「強運」&精神「幸運」持ちなので資金稼ぎにもってこい!

最初から「再攻撃」を持ち、そういう場合は基本「技量」も高めなので、ザコ程度ならほぼ確実に2回攻撃で撃墜できますね。まぁ「オーガス」がフル改造済みなので、一撃で倒しちゃうことがほとんどですがw

「エースボーナス」は前作と同じなので「また同じようにナイキックと組ませて…」と思ったら、前回の記事でも書いたように今作はユニットとして存在しないので、誰かパートナーを探さないと…
「オーガス」と同等のスペックを持った機体に乗る女性パイロットってのがそうそう居ないのがなぁ…


ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる

「ガンダムダブルエックス」のパイロット。
彼も「桂」と同じくスキル「強運」&精神「幸運」持ち…あとはわかりますねw
更にエースボーナスによって、毎ターン自動で「幸運」が掛かるという…さすがガンダムを売ろうとした男だけのことはあるw

その象徴でもある「サテライトキャノン」ですが、「月が出ているマップ限定で4ターン目から使える」という厳しい条件のおかげで、使えるようになった頃には既に決着がついていることが殆ど…。しかも初期は1発しか撃てないし…。
中盤「Gファルコン」と合体することでチャージ数は「2」となりますが、せめてチャージ完了までのターン数がもう少し早ければなぁ…せめて2ターンとか…。

ところで、「Gファルコン」登場後はてっきりMSのみとの換装式になると思ったら、まさか合体状態で固定になるとは…いやまぁ分離する必要性が無いと言われたらそれまでですがw


刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍

「ガンダムダブルオー」&「ダブルオーライザー」のパイロット。
ある程度改造したにもかかわらず結構な被弾率で、イマイチ使えない感が拭えず、その後「ダブルオーライザー」に合体してからもさほど変化は感じなかったのですが、イベントで「トランザムライザーソード」を覚えてからはかなりマシになりました。MAP兵器が増えたのが大きいですね。

エースボーナスを得てからは、「ガンダム00」関連の相手…ジンクスやガデッサなどを相手にする時限定で真価を発揮するように。反面それ以外の敵にはいたって普通という極端なユニットですねw


アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20

「νガンダム」のパイロット。最後にして最大の贔屓キャラですw
どの「スパロボ」でも共通しているのが、その高すぎるポテンシャル。登場するのが早ければダントツのトップエース間違いないのですが…。

エースボーナス及びユニットのフル改造を行うと、なんと最強武器「フィン・ファンネル」の射程が11!それが15発も撃ててしまいます。
最初から「サイコフレーム」も持っていますし、エースボーナス「技量+20」も手伝って、敵陣に放り込んでやればまさに無双状態。
ただ「フィン・ファンネル」は移動後に使えないので精神「突撃」や「ヒット&ウェイ」を併用する必要がありますね。

しかし、ファンネルに特化するあまり、他の武器の存在意義が低いこと低いこと…w
「連続攻撃」とか前作から地味に増えてるんですが、日の目を見ることが殆どありません^^;


 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる

「ダンクーガノヴァ」&「ダンクーガノヴァマックスゴッド」のメインパイロット。
初期は「フライトモジュール」が無いと飛べず鈍足なので、強化パーツでフォローしてあげないと扱いの難しいユニットですが、「マックスゴッド」に合体してからは飛べるようになり、幾分マシになったかな?というところ。

…なんて書いたものの、実際は無改造でここまできており、まともに運用していません…。
強制参戦でちょっと動かした程度だったり^^;
撃墜数は正直「サブオーダー」で稼いだというのはここだけの話w


斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10

「ソルグラヴィオン」のメインパイロット。
前作ではほぼ未使用でしたが、今回は食わず嫌いせずに使ってみようと、最低限の改造でチビチビ運用していました。
合計6人ものパイロットが同乗していることもあって、豊富な精神コマンドが魅力ですが、ユニットのスペック自体は並みのスーパーロボットというところでしょうか。
「エースボーナス」も地味だしw

なお、前作の頃から戦闘BGMが今ひとつ好きになれなかったのですが、使っているうちに耳慣れてきました。


アポロ : 出撃時、気力+20

「ソーラーアクエリオン」のパイロット。
このユニットも食わず嫌いを克服しようと(?)最低限の改造で運用しておりました。
「無限拳」の射程が14という長距離武器で、「ヒット&ウェイ」を併用すればかなり使えますね。
「エースボーナス」をゲットしてからは開幕でいきなり発射できますし。

しかしこのユニット、戦闘アニメのたびに漢字で技名が出るのがダサい…と思うのは私だけ?w


ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復

「真ゲッター1」のパイロット。
「ゲッターロボ」関連のストーリーが展開する関係上強制出撃も多めなので、おのずとエースになったという感じ。
本気で育成しようと思っては無かったりしますw

エースボーナスはえらく地味ですが、分離・合体によって他の2名もメインパイロットになれるというユニットの特性上仕方の無いところでしょうね。
ところで、1ユニットに複数のエースボーナス持ちが居た場合、一度に全ての効果が現れるのでしょうか?それともあくまでも「メインパイロット」のみ?




では「ストーリー」をダイジェストでご紹介。


<第32話> 『メメントモリ攻略戦』

横に長〜〜〜〜〜〜い、某京○銀行のCMを思い出させるMAPw
「メメントモリ」の所定の場所に「プトレマイオス2」を移動させるというミッションですが、これがなかなか熱かった。
周囲の敵を主力に落とさせつつ、精神「鉄壁」と「加速」を駆使してひたすら進ませます。

ここで「アムロ」登場!今作は思ったより早い登場でホッと一息。
しかし「リボンズ」のところになぜ居たのかっていう説明が無かったような…今後判明するのか?


<第33話> 『散りゆく光の中で』

「メメントモリ」から発射されたレーザーがタワーに当り、大量に降ってくる破片を撃ち落すというミッション。
MAPを見るかぎり「破片が地面に沿って飛んでいる」だけにしか見えませんが、これは降ってきているんだと自分に言い聞かすw

このステージはとにかくMAP兵器持ちが撃墜数を稼げましたね〜。破片は無抵抗ですから。
最初破片より南(下?)に居ると破片が激突してダメージを受けるのかと思っていたら、破片のほうから避けてくれましたw


<第34話> 『白き牙』

ゼクス改めミリアルドが「ホワイトファング」という組織を立ち上げて我が隊と対立!
…ですが、思い入れのせいでさほど燃えずw

クワトロさんが百式でやってきました。
が、恐らく放置予定。「シャア&サザビー」だったら文句なしにフル改造するんですがねぇw


<第35話> 『明日へのあがき』

ZONEを封じ込める役目は今度こそ自分の番だと決意するたびに出鼻をくじかれる「クロウ」さんw
今回は「アサキム」に先を越されました^^;


<第36話> 『加速する世界』

全部隊合流。
新たなZONEに向かうと…ガイオウさん壊しちゃった!というかあんたの雄姿がまた拝めるなんて…w
また空振りに終わった「クロウ」さんであったw
主役なんだから抜けられちゃうわけにいかないもんね^^;

宇宙に出ると…並行世界からの「穴」が!
そこから「ガンダムX」勢と「エターナル」が登場。「Gファルコン」や「ガンダムX」が登場するとは…!
なお今回の「ミーティア」は「エターナル」との合体技なのね…。合体状態で乗り回したかったw


<第37話> 『銀河をステージに』

バサラに新曲が追加。
この歌の効果が「精神コマンド追加」なんですが、使ってみてもイマイチよくわからない…


<第38話> 『告げられる絶望』

分岐は上を選択。
「カミナシティー」で再び「ヴィラル」と対決する「シモン」。やっとサブパイロットになってくれたけど、なんか「シモン」と精神コマンドが似てるなぁ…。「鉄壁」が欲しかったのに…。

「ニア」が「アンチスパイラル」のメッセンジャーに目覚めてしまう…このあたりはアニメと同じ展開ですね。


<第39話> 『禁断の継承者』

再び全部隊合流。今回の分岐はわずか1話でしたね。
「キリコ」VS「イプシロン」の宿命の対決に決着が!よ〜し、これでまた一歩「ラビドリードッグ」に近づいた!
隠し要素で「イプシロンがストライクドッグで部隊に参加」とかあったら最高なんだけどなぁ〜^^;

と思っていた矢先に「キリコ」が単身部隊を離れてしまった…貴重な戦力がぁあ〜!!


<第40話> 『歌え、誰かのために』

もう一人の特異点「オルソン」がきたー!
これで「オーガス」とコンビが組めるぜ!
…と思ったら、「ナイキック」と同様「オーガス」の武器扱いでしたとさ…
「キラ&アスラン」の「コンビネーションアサルト」みたいな合体技が使えると思ったのに…ガッカリ^^;




こんなところかな?あぁ疲れたw



次は分岐ですが、「アストラギウス銀河」のある「ネオ・プラネッツ」に向かう「宇宙」ルートを選択予定。

もちろん!キリコの後を追うためですよ!!


「ラビドリードッグ」が待ち遠しすぎて生きるのがツライw






--- PLAY MEMO ---


≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍
・桂 : 女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍
・ガロード : 気力120以上で、自軍フェイズ開始時に精神コマンド『幸運』が掛かる
・刹那 : ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍
・アムロ : ニュータイプ専用武器の射程+1 / 技量+20
・葵 : 特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる
・斗牙 : 斗牙、エイジ、琉菜、ミヅキ、エィナ、リィルの最大SP+10
・アポロ : 出撃時、気力+20
・ゴウ : 気力130以上で、自軍フェイズ開始時にSP10回復


≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300
・ダイターン3 : 運動性+50
・ゴッドマーズ : 特殊能力「六神合体」が気力制限なしで使用可能になる
・νガンダム : 「フィン・ファンネル」の攻撃力+400 / 射程+1 / 弾数+4
・ガンダムDX+Gファルコン : 最大EN+150
・ダブルオーライザー : 全ての格闘武器の攻撃力+400
・VF-25Fメサイア : 全ての武器の攻撃力+400
・ビッグオー : 防御時、被ダメージ0.3倍
・グレンラガン : 移動力+1 / 最大EN+150
・リ・ブラスタR : 移動力+1 / 特殊能力『EN回復(小)』を得る


≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (21〜24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (21〜24話)*1
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (21〜24話)*1
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)*1
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタR (31話)
・ガンダムDX −〔引継ぎ〕→ ガンダムDX+Gファルコン (36話)
・紅蓮弐式 −〔引継ぎ〕→ 紅蓮聖天八極式 (39話)

*1 おそらく「引継ぎ」だと思いますが、改造度が0%のままなので、未確定要素です。
posted by ラムネ at 00:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その3

相変わらず始めたら最後アイキャントストップ!状態の


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


でございます!


もう我がPSPは水を得た魚のようにフル稼動しております!

つい最近まで、放電状態がデフォルトだったのがウソのよう…w



さて、現在の進捗をば。

srwz2_saise_008.jpg


第31話 『ジ・アンブレイカブル』


まで終わりました〜


しかし、画像貼って気付いたけど「通算獲得資金」がとっても惜しい数字だなw



SRポイントは依然半分強の「18」。

この流れでいけばまず「HARD」に上がってしまうことは無いでしょう。



エースパイロットは前回より5人増えて8人

…なのですが、実際には前回の3人のうち1人離脱した後なので、実質6人増で計9人ということになりますね。


ではその6人をご紹介(右はエースボーナス)


キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300

「スコープドック」のパイロット。文句なしの我が部隊のトップエースです。
スキル「精密攻撃」と「サイズS」の自機のおかげで、敵の攻撃をスイスイ避けながらクリティカルをバンバン食らわす恐ろしいソルジャー。

反面機体をフル改造したことでダメージを受けることがまず無いので、「?????」と「底力」が死にスキルになってしまっているのが勿体無い…。
「底力」は大型の敵にも対応できるように「サイズ差補正無視」に上書きしちゃう予定。


クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍

真の主人公。愛機「ブラスタ」は相変わらずの使いやすさ。

中でも特徴的なのがキャラクターの性格をダイレクトに反映した?その守銭奴っぷり。
私の資金重視プレイにはもってこいのパイロットですw
スキル「強運」・エースボーナスの「獲得資金+25%」で通常戦闘でもかなり稼いでくれますね。
更にトップエースにすればより稼げるようになるのですが、まぁそこは追々w


デュオ : クリティカル率+30%

陽気な死神さんという異色のキャラw
単に「ガンダムデスサイズ」の見た目が好みということもありますが、特に近接戦闘に長けており、切り込み隊長として結構な強さを発揮してくれます。

25話で全部隊が合流したときに「ガンダムデスサイズヘル」にバージョンアップしていたときにはちょっと驚きました!
「アクティブクローク」を新たに備え、更にスキのない機体に仕上がってますね!
さすがに「ガンダムデスサイズヘルカスタム」には…ならないかw


タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更

「ガイヤー」及び「ゴッドマーズ」のパイロット。
これも「メカが好み」ということで準メイン機に据えていますが、反陽子爆弾も無くなり今や普通のスーパーロボット?

エースボーナスの『超A級超能力』にはSP回復機能もあるので序盤から精神を惜しみなく使っていけます。
いい加減「ゴッドマーズ」のまま発進できるようにしてくれてもいいんじゃないかとw


シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10

「グレンラガン」のメインパイロット。
アニメ「螺巌篇」に則った、成長したメンバーをどう表現するつもりかと思ったら、やはりそういう強引な手法だったかw

スキル「螺旋力」が象徴的ですが、エースボーナスを獲得するといきなり出撃時に気力125で始められ、更に「気力限界突破」が最初から付いているので最大180にまで上がるというとんでもないキャラです。
現在パイロットは1名ですが、アニメでは「ヴィラル」が同乗してたような…記憶違いかな?

アニメのトンデモ展開が今後ゲーム内でどう処理されるのか、今から楽しみですw


カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍

「コードギアス」シリーズで唯一まともに運用しているユニット「紅蓮弐式」のパイロット。
今回は最初から飛べるので扱いやすいですね。
基本的に「ガンダムデスサイズ(ヘル)」と同じような近接戦闘を得意とするキャラ。
他に特別目を見張るような特徴は無いのですが、中堅どころとして重宝しています。

今後”紅蓮”繋がりで「グレンラガン」と絡んだり、合体攻撃とか…無いかw



ではここまでの「ストーリー」をダイジェストで。


<第21話> 『時の流れに』

進入可能となった暗黒大陸に突入。
外では1年しか経ってないのに、内部は10年もの年月が…
そこには「螺巌篇」でお馴染みリッパになったシモンやギミー&ダリーの姿が。
案の定量産型グレンラガン「グラパールの能力はイマイチw


<第22話> 『出撃!! 新たなる戦士たち!!』

インベーダーの襲来!そこに突如現れたのが「真ゲッター」!
正直あんまり思い入れの無いメカなので、特に何も思わずw


<第23話> 『あなたは何もわかっていない』

真打「グレンラガン」登場!待ってました!
更にジロンの「ウォーカーギャリア」とエルチの「ザブングル」も参戦!
「ギガドリルブレイク」は何度観ても熱いなぁ〜


<第24話> 『あなたはもう必要ないのです』

シモンとヴィラルの一騎打ち!
このあとヴィラルが「グレンラガン」のサブパイロットになるのかと思ったら、そんなことは無かったw


<第25話> 『終わらない約束』

「エウレカセブン」勢が登場。しかしこれもあまり思い入れが…w

エスターがクロウを庇って次元獣に!!「ブラスタES」の色を受け継いでか黄色い体色に。
貴重な戦力が抜けたぁ〜!
「セツコ」に引き続き、「スパロボZ」の主人公であった「ランド」が登場。なんか暑苦しい人だなw


<第26話> 『冥府への転落』

なんか敵味方共に異空間に飛ばされてしまった!
元の空間に戻れたのは「ランカ」と「バサラ」の歌のおかげ!

ここで今作の新要素「歌」システムを持ったバサラが我が部隊に正式参入しました。
以前「スパロボD」を遊んだときは攻守に優れた「歌」システムですが、さて今回は…?


<第27話> 『ゼロVSゼロ』

ウイングガンダム「ゼロ」と黒の騎士団の党首「ゼロ」を戦わせるというゴロ合わせ狙いの回?w
両者ともあまり興味が湧かないので私の中では若干空気イベントw


<第28話> 『暗黒よりの使者』

鉄人28号の宿敵「ブラックオックス」登場!
知能を持ったメカながら、志半ばで開発した博士が死亡し、その頭脳は三歳児並みという…。
正太郎君の気持ちが通じて味方になってくれたものの、そこは三歳児、こちらが上手く手引きしてあげないとまともに動いてくれないw

一方「ゴッドシグマ」も登場!2周目以降で頑張ってもらおうw


<第29話> 『戦士たちの叫び』

「ダブルオーライザー」登場!!
正直ここまでも結構頑張って運用していたものの大した戦力にならなかった「ダブルオー」(なんか打たれ弱い…)が、これでようやく使い物になってくれるかな?と今後に期待。

ヒイロとゼクスのいざこざは…まぁ、うん…^^;


<第30話> 『一点突破』

贔屓メカその2「オーガス」がやっと来た〜!!!
部隊へ合流後に発進イベントがあるので、これ幸いとフル改造!これから仕事してもらうからね!w

ちなみに今回は「ナイキック」の参加は無し。代わりに「デバイス・コンビネーション」というオーガスの武器に参加する形になりました。
前作と同じエースボーナスなら「女性パイロットと隣接時…」ということで、相方にナイキックがベストだったのですが…代わりを探さないと…^^;

『ZONE』守護のために立ちはだかった「ルーク・アダモン」を撃破するために、スナイパー3人によるピンポイント攻撃作戦を決行。
前作ではこういうちょっと凝ったクリア条件のステージが少なかった印象ですが、それを反省してか今作は趣向を凝らしたイベントが増えた気がします。

予想通り「ランド」夫婦によって機能停止となった「ZONE」。
それを想定していたので、はなっから運用する気はゼロでしたw


<第31話> 『ジ・アンブレイカブル』

これは予想していなかった…
「ブラスタ」が改修され、パワーアップした「リ・ブラスタR」に!!

これまではどこからともなく現れていた「SPIGOT」を、機体に装備する形に変わりましたね。
…う〜ん、デザインがなぁ…
正直以前のフォルムのほうがシンプルで好みだったんだけど…
赤は要らないだろ赤は…^^;
しかし、「C.D.S.」って一体…と思ったら、そういうオチかい!思わず笑ってしまいましたw

ちなみに「格闘重視」を選びました。2周目は「射撃重視」にする予定。



こんな感じですかね〜


次は分岐で「地上or宇宙」を選ぶのですが、どうやら「桂」が宇宙に進むようなので、折角合流して間もないことですし、彼を追いかけていこうと思います。


さ〜て、残りは

・νガンダム

が来れば私の贔屓メカ3機が揃うのですが…

まだかなぁ…


前作では38話でようやく合流したので、それよりも早いことを切に願います。






--- PLAY MEMO ---


≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%
・キリコ : 気力130以上で、すべての武器の攻撃力+300
・クロウ : 獲得資金+25% / 気力130以上で、与ダメージ1.1倍
・デュオ : クリティカル率+30%
・タケル : 特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更
・シモン : 出撃時、気力+20 / 気力上昇の上限+10
・カレン : 格闘武器の与ダメージ1.1倍


≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30
・鉄人28号 : 全ての武器に「バリア貫通」が付加される
・オーガス : 移動力+1 / 全ての武器の攻撃力+300


≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)
・ガンダムデスサイズ −〔引継ぎ〕→ ガンダムデスサイズヘル (21〜24話)
・ガンダムサンドロック −〔引継ぎ〕→ ガンダムサンドロック改 (21〜24話)*1
・シェンロンガンダム −〔引継ぎ〕→ アルトロンガンダム (21〜24話)*1
・ウイングガンダム −〔引継ぎ〕→ ウイングガンダムガンダムゼロ (29話)*1
・ガンダムダブルオー −〔引継ぎ〕→ ダブルオーライザー (29話)
・ブラスタ −〔引継ぎ〕→ リ・ブラスタR (31話)

*1 おそらく「引継ぎ」だと思いますが、改造度が0%のままなので、未確定要素です。

posted by ラムネ at 18:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇 その2

購入後ついつい時間を忘れて遊んでしまう


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


携帯機の最大の利点は「場所を選ばず遊べる」という点。

ついつい寝室に持って行って、エラい目に合ったり…^^;


目が疲れさえしなければ、ほんと何時間でも遊べちゃいそうな中毒性がありますね^^



さて、現在の私の進捗状況は…

srwz2_saise_007.jpg


20話「白と黒と」


まで終わりました。



この時点で「SRポイント」は11

一度難易度「HARD」に上がってしまってからは、たとえ簡単なものでもワザと条件を外してポイントを取らないようにし、余裕を持ったプレイを心がけるようにしています。

「HARD」になったところで難易度が上がるだけで獲得資金は逆に減ってしまいますし、中盤にもなればボーナスの1万もさほど魅力的でもありませんしね。



エースパイロットはまだ3人。


エスター

 エースボーナス : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更

早乙女アルト

 エースボーナス : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る

金田正太郎

 エースボーナス ; 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%


「エスター」
第1話から皆勤賞ですので現在余裕のトップ撃墜数を誇っています。
引継ぎで得た潤沢な資金を投入し、序盤から高改造を施したおかげでかなりの戦力になっています。
最初から「援護攻撃」を持っているので他ユニットのサポートにも使えます。
また「修理装置」も所持しているのでマルチに対応できる万能キャラですね。

「早乙女アルト」
なんといっても精神スキル「幸運」と特殊スキル「強運」で資金稼ぎにもってこいのキャラ。
今回は最初から金策を重視しているのでおのずと高運用に。
ちなみに前作には「分身」の追加はありませんでした。今作で追加された要素ですね。
ぶっちゃけ、「バトロイド」に変形する必要性が見出せない…w

「金田正太郎」
スパロボ初登場の「太陽の使者 鉄人28号」のパイロット(?)
武器は肉弾戦のみですが、自前で「修理装置」を持ってますし、強化してあげればかなり使えます。
エースボーナスを得ると移動力が格段にアップ!開幕時敵陣に特攻して無双も可能に!
「鉄壁」があれば言うことなかったのになぁ〜



ではここからは「ストーリー」に沿ったダイジェスト。


<第3話>

鉄人28号の登場!!
今作の数少ない新規参入ロボということで、どうしても贔屓しちゃいますw
パイロットが乗らない「遠隔操作」のおかげで、精神系のダメージを一切受けない「Vコンシステム」が地味に有用です。


<第4話>

分岐は「日本」ルートを選択( 上 → 上 )。
「鉄人28号」を追いかけていったらこうなりましたw


<第6話>

「エクシアリペア」がサプライズ登場!
これ、自分では使えないNPユニットなのかなぁ…?隠し要素で使えたりするかもですね。


<第8話>

ここで「宇宙」ルートと合流。
以後「アルト」をこき使うことになりますw


<第11話>

今作の最大の敵勢力が見えてきました。
前作で「ガイオウ」に滅ぼされたと思われた「インサラウム」の生き残り?が禁忌を使って現世界を乗っ取ろうとしているようです…。


<第13話>

まさかのPS2版「スパロボZ」で主人公だった「セツコ」がここで登場。
メカも結構カッコイイので以後贔屓にしてやろうと思ったら…


<第15話>

全ルートのユニットが一気に集結して俄然大所帯に。
待望の「キリコ」&「スコープドック」が登場!当然のようにフル改造を施しました。

そして早くも前作からの主人公「クロウ」が登場!まさか「エスター」の改造度をそのまま引き継ぐとは…
そんなことならとっととフル改造しておくんだった…
「クロウ」の過去に関係する「ファイアバグ」の「マリリン」も初登場。前作の時は何してたんだ?この人w


<第16話>

「セツコ」が早くも戦線離脱!まさかたった3話しか運用できないとは…w
改造資金が戻ってこないことを考えると、再び使えるようになるのでしょうが、いつになることやら…
折角ガンガン使ってやろうと資金投入して改造したのに…金カエセー!^^;


<第20話>

「ル・シャッコ」が登場!なんと「ベルゼルガ」が使えるなんて!
これは予想できなかった…!まさにサプライズ!ヒャッホー!

…と思ったらシナリオ終了後「農場を守るために残る」だってさ…(ガッカリ)
キーッ!「ターンエー」が残ればいいのにー!!



駆け足でしたがこんな感じですね。


この後3回目の分岐が発生しますが、「暗黒大陸」行きを選ぶ予定です。

「キリコ」がそちらへ進みますし、何より「グレンラガン」の「螺巖篇」がどう描かれるが気になりますからね!



さて、残る贔屓メカは

・オーガス
・νガンダム

の2機なのですが…


「オーガス」は一度「桂」の名前がチラッと出てきたっきり。

もう少し後になりそうか…?


「νガンダム」は…なにやらアロウズの「リボンズ」と行動を共にしているような話があったので、更に先になりそうな予感…

なんでいつも遅いの?このユニット^^;






--- PLAY MEMO ---


≪エースボーナス≫

・エスター : 精神コマンド『熱血』が『愛』に変更
・早乙女アルト : 移動後に『変形』可能 / 特殊能力『分身』を得る
・金田正太郎 : 移動力+2 / 命中率+20% / 回避率+20%


≪フル改造ボーナス≫

・スコープドック : 全ての武器のCRT+30


≪改造度引継ぎなど≫

・ブラスタES −〔コピー〕→ ブラスタ (15話)

posted by ラムネ at 21:11| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

発売日である昨日5日に届きました!

待望の「スパロボ」シリーズ最新作


第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇


srwz2_saise_001.jpg

↑パッケージ&初回(予約?)特典の「ストーリーダイジェスト」。



PSP用新作パッケージソフトを買うのは前作『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇』以来ですからほぼ1年ぶり!

PSP自体2ヶ月弱前にDLCソフト「テトリス」を買ってちょっと遊んだ以後完全放置ですから当然のように放電状態…。


日付と時間入れ直すのもう飽きたw


今や本元のソニーがPSVITAに必死でPSPはオワコン化したとはいえ、この非稼働率はあまりに寂しいですなw


特典の「ストーリーダイイェスト」は一通り目を通してみましたが、PS2用ソフト『スーパーロボット大戦Z』から始まり『破界篇』に至るまでの、登場メカをはじめとする紹介がされています。

特に『破界篇』については各分岐ごとのあらすじが網羅されており、遊んだけどちょっと忘れたなぁなんて私みたいな人には大変ありがたいですね。

 ※そういえばPS2版『スパロボZ』の中古買ってそのままだったな…時間できたら遊んでみようw



まずは「インストール」をしなきゃ…。

メモリースティックにデータを入れることで、ゲーム中のデータアクセスを高速化し快適に遊ぶことができるのですが、前作でも当たり前のように行っていたので”インストールしなかったときの遅さ”は正直知りませんw

この「インストール」ですが、本体の電池に十分な電力が蓄えられていないとさせてくれません…。

待たなきゃいけないのね…あぁ面倒だw



さてこの『再世篇』ですが、『破界篇』の続編ということで予てから「引継ぎ要素」が公開されていました。

付属の「ストーリーガイド」の最終ページにもその条件が詳しく記載されています。

早速実施してみると…

srwz2_saise_002.jpg

↑ここでもちろん「はい」を選択。

srwz2_saise_003.jpg

↑撃墜数ボーナス。
「シナリオコンプリート」していたおかげで初回から各パイロット13機撃墜状態で始められます。

srwz2_saise_004.jpg

↑初期資金ボーナス。
50万+130万のなんと180万で始めることができます!コレはデカい!

srwz2_saise_005.jpg

↑強化パーツボーナス。
クリアで3つが、シナリオコンプリートで更に4つが最初から使えます。


「シナリオコンプリート」しておいたおかげで、特に資金ボーナスプラス80万は大きいですね〜!

計180万もあれば、いきなり1〜2ユニットをフル改造することも可能ですからね。


やっててよかったコンプリート!w


なお最高10周までカウントされるらしく、達成していれば「撃墜数20機・資金250万」で始められますね。



というわけで、早速プレイ開始!

前作と同様「クロウ」の生年月日や血液型を入れますが、初回プレイはいつもデフォルトのまま遊ぶ私。


序盤は当然ながら『破界篇』以後の世界情勢の説明から始まります。


まさか「プロローグ」だけで3つもあるとは思わなかったw


・ブラックリベリオン (コードギアス 反逆のルルーシュ)

・ガンダム殲滅指令 (機動戦士ガンダム00)

・世界最後の日 (真ゲッターロボ 地球最後の日)


以上の3つですが、これらはあくまで序章なので戦績などは特に関係ありません。


そして迎えた第1話。


やはりそうきたか!

オリジナルパイロットが前作でクロウに救われた少女「エスター」。

今作は彼女が(前半の?)主人公のようですね。


「趣味は打楽器!」「恋に仕事に一生懸命です!」


相変わらずヘンな子だなw


機体はブラスタの量産期である「ブラスタEs」。

レモン色でちょっと弱そうw

戦闘アニメのパターンもほぼ「ブラスタ」のまんまであまり新鮮味が無いな…^^;



3話で「太陽の使者 鉄人28号」が登場するまでは、前作の登場ユニットばかりで新鮮味が本当に無い…。

というか、システム周りに少し変更があった程度で、BGMから何からほぼ「前作のまんま」ですからね。

せめて「インターミッション」の曲くらいは変更してくれても良かったんじゃ…^^;



そのシステム面の違いですが、私が気付いた範囲で挙げると…

1. 「用語辞典」の追加
2. 「パイロット養成」でスキルの付与が1パイロットにつき8つに(前作は6つ)
3. 戦闘マップのアイコン情報に「撃墜数」が追加
4. インターミッションで「オプション」から「ライブラリー」に飛べるように
5. SRポイント取得時に資金ボーナス1万を獲得
6. 前作登場ロボの戦闘アニメにも一部新カット追加(?)


このくらいかな?

1.ですが、会話パートの最中ピンクの文字になっている固有名詞について〔□〕ボタンで解説を読めるようになり、「ライブラリー」の「用語辞典」に追加されるようになりました。

未見のアニメの場合など意味がわからない単語を補完してくれるのがいいですね。


2.は嬉しい変更点。確かに前作は6つとやや物足りなかっただけに、これで更にパイロット強化が面白くなりますね。


4.はかなり便利です。前作はいちいちメインメニューに飛ばないと見れませんでしたからね。


5.は一見ありがたい変更点かとおもいきや、ボーナス欲しさにSR狙いで3話まで進めた時点でいきなりハードに!

まさか僅か3ポイントでランクアップするとは…

以後ボーナスは捨てがたいですが、ランクは上げたくないので条件をわざと外した闘いでノーマルに下げましたw


6.は…気のせいかもしれませんw



現在は4話まで終了しました。

早速分岐も出てきましたが、おそらく今回も4周でコンプリートかな?

ストーリー的には中盤くらいまでは前作の登場メカの再集結で話が進んでいくんでしょうねぇ。


いつお目当てのロボが出てきてもいいように、資金は常に100万を維持しつつ

・ブラスタEs
・鉄人28号

この2機をメインに改造を施しています。


・オーガス
・νガンダム
・スコープドック

このあたりが登場したらすぐさまフル改造しますぞ!w





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



PS:

『ニンジャガイデン3』

も遊び続けていますので、2本同時進行でちょっと忙しくなりそう。


余談ですが…

なんか7本くらい同時進行している人が知合いに居るのですが、案の定破綻しているようですw

そりゃ当然だっての^^;

「迷ったら買え」ってのがお婆ちゃんの教えらしいので、今後も大量の積み(罪?)ゲームと付き合っていくんだろうな ^皿^

posted by ラムネ at 19:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

テトリス

某ゲームニュースサイトで15日から28日までの期間限定で、PSP(PSVITAでも可)及びPS3用DL販売ソフト

テトリス

が従来の900円から300円に値下げされるという情報を得て、安いしゲームがら暇つぶしにはいいかなと買ってみました。


PSPの電源を入れるのは一体いつぶりだろう…?

確か以前PSアーカイブスの「スーパーロボット大戦F」をDLしたっきりだったはず。

 ※あのゲーム、さすがに戦闘アニメが飛ばせないのが面倒すぎてイマイチやる気になれないんですw


当然のように放電しており、充電器に繋いで電源を入れた後は、もう何度目かもわからない日付入力画面がw


普段から触っていればそんなことにはならないんでしょうけどね…

だって新作パッケージに遊びたいのが出ないんだもの…^^;


psp_tetris.jpg

↑タイトル画面


「テトリス」といえば個人的にはアーケードの「セガ製」が印象深いんですが、現在は「EA」が版権を所持してるんですってね。


超久しぶりに遊んだのですが、結構進化してますねぇ〜


基本ルールで最上段まで積み上げるとゲームオーバーになる「プレイ」に加え、豊富な「バリエーション」プレイも可能

例えば…

GRAVITY:ラインを消した際、中空状態になったブロックが落下する(それにより連鎖が発生)。

FLOOD:一定時間経過で下からラインが競りあがってくる。

CHILL:一定時間でブロックが凍結していき、二段階凍りついたブロックは2回ラインを揃えないと消えない。

MAGNETIC:赤いブロックは右に、青いブロックは左に落下後引き寄せられる。

などなど計12種類。

通常ルールではあり得ない動きをするので、大量連鎖を起こすことができたり結構楽しいです。


操作面はオーソドックスながら、私が初めて体験するのが〔L〕or〔R〕で可能な「ホールド」。

落下中のブロックを文字通り捕まえておくことができるので、ここぞというときに使いたいブロックを保持しておけるのがとっても便利。


また、Xbox360でお馴染み「実績」が、まさにそのままの名前で採用されています。

・TETRISを100回達成。

・合計プレイ90分達成。

・1000ラインクリアを達成。

などなど。


他にも、達人のプレイを鑑賞できる「マスター・リプレイ」や、合計クリアラインなど累計データを参照できる「ステータス」なども。


これで300円は安いなぁ〜!


でもね、やっぱり長時間は遊べない…


携帯機は目に良くない…ほんと疲れますわ…

近いところに画面があるせいでしょうが、一定時間遊ぶと目の焦点がおかしくなって暫く周りの視界がぼやけるんですよね…


私が携帯機をあまり好まない理由の一つでもあります^^;



今後もがっつり遊ぶことはないでしょうが、ちょっとした時間にちょいちょい遊んでいこうと思います。

posted by ラムネ at 22:57| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 その6

4月14日に到着してからおよそ2ヶ月と10日…

何の話かと言えば

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

なんですがw、この度ようやく…


全シナリオコンプリートしました!!

srwz2_scomp2.jpg


どうだ!左上に輝く「COMPLETE」の文字!!


この文字を見るためには3周+9話をこなさねばならないのですが…

いやぁ〜やっと見れましたね!!


3周目はシナリオ&バトルを総飛ばしでなるべくスピードクリアを目指しました。

尚且つ資金稼ぎを最優先にすべく、通常撃破時に獲得できる資金が多いユニット(「強運」持ちなど)を優先的に改造&育成する方向で…

具体的には

・ザブングル
・ガンダムX&エアバースト&レオパルド
・メサイア(アルト機)
・ブラスタ

などなど。

更に「ダイターン3」をなるべく参戦させ、エースボーナスの「シナリオ終了時に3万G」を数多くゲット。

もちろん各シナリオのボス級メカに対しては「幸運」を惜しみなく使って獲得資金アップに励みます。


そうして3周目をクリアし、迎えた4周目の総資金は2800万超!!

これが多いのか少ないのかは不明ですが、これだけあれば4周目は余裕です…かね?w


ただ、4周目からは15段階改造が可能になるので、必然的にフル改造に必要な資金が増えるという…

10段階なら1機100万程でフル改造できるところが、150〜60万必要になってきますからね。



4周目1話をサクッとクリアし、「ブラスタ」にフル改造を施した2話では…


敵が紙を通り越してオブラートのようだ!!w


1回の攻撃で3機は倒せそうな破壊力!

こりゃますます作業だなとw

事実そこから9話までは主力ユニットをフル改造して進めていったので、まさにトントン拍子に進められましたね。


とりあえず、これで「再世篇」へのボーナスの一つ「シナリオコンプ」は獲得したので、残っているのは

「周回ボーナス」

なのですが、攻略本によると10周こなせば最高段階でのボーナスをゲットできるらしいです。


さすがに10周は出来る気がしないw


まぁ当面PSPソフトを買う予定はないので本体には常にソフトが入りっぱなしでしょうから、気が向いたときにちょこちょこ進めれば、続編発売までに4周クリアくらいはできる…かも?w


 
posted by ラムネ at 01:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 その5

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

2周目を昨日クリアしました!


1周目が終わったのが先月28日。その後すぐ始めたのですが、約半月ほどかかってますね。

あくまでもサブとして『オトメディウスX』や『虫姫さまふたり』の合間にコツコツ遊んでですから、まぁまぁのペースではないでしょうかw


1周目は飛ばすことはあっても終始「オン」状態にしていた「戦闘アニメ」については、特定のイベント以外全て「オフ」にしたことでそれもスピーディーに進められた要因の一つかな?と。

このゲーム、戦闘アニメはオフにしたほうがかえって遊びやすいですねw

アニメをオンにした状態でそれをスキップすると、戦闘結果が全くわからないのが1周目は不便だったんですよね…

そういう場合でも、結果だけは表示してくれたら遊びやすかったのになぁと…過去シリーズではそういう仕様だったものもあるのに…


一方ストーリーに関しては基本一切飛ばさずきちんと読んで進めました。

もちろん半分くらいは既に経験済みなのですが、結構忘れてたりするんですよねw


最終的には20体くらいのユニットをフル改造できたこともあって、ラスボス「ガイオウ」もあっさり撃墜w

なお、難易度はHARDにしても

「敵が強い」
「貰える資金が下がる」
「特に隠しフラグに影響ない」

と何も良い事が無いので、途中一度ランクアップしてしまいましたが、その後わざと「SRポイント」を外してNORMALに戻し、以後ランクを維持させて最後まで遊びました。



さて、続編である「再世篇」に向けて今作で全シナリオを遊び終わったデータがあれば引継ぎボーナスがあるということなので、あと1周と少し遊ぶ必要があります。

 ※3周終了しても序盤にある1つの話だけ遊んでない状態となるため



というわけで、早速3周目を開始!

今回は、既に遊び終わったストーリーは完全にスキップし、もちろん戦闘アニメもオフにしてサクサクと進めていきたいかなと思ってます。


現在既に6話まで終了しておりますが、1話終了時点での引き継いだ資金は約1400万!

これが多いか少ないかはわかりませんが、ユニット1機をフル改造するのにおよそ100万かかるので、序盤から14〜5体ほどを最強にすることが可能ということになりますね。

もちろん今回も難易度はNORMALを維持する予定ですので、また「ガイオウ」がかわいそうなことになりそうですw


 
posted by ラムネ at 22:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 その4

先日28日のことで既に2日経ってますが…

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

1周目をクリアしました!!


ラスボスの破界の王「ガイオウ」(「拳王」って名乗ってたラオウみたいだよなw)が乗るロボット?は玉座に座って足を踏み鳴らすだけかと思いきや、なんと立ち上がって自らが出るとはw

螺旋王以来2回目のMAP攻撃を食らって、キリコの「スコープドック」がプレイ開始以来初めて瀕死に!

「底力」が初の発動w

 ※あわせて「?????」(HP10%以下)が発生したかどうかまでは不明w


クリア目的の一つが画面南の左右端に出現した最強レベルの次元獣を倒さないといけない関係上、戦力がやや分散して主力の3分の2程度しかラスボスにぶつけられず、少々時間を要しました。

それでも3ターンくらいで倒せたかな?


クリア後はおなじみ各キャラのその後という感じですが、なんせ続編が出ることが予め判っているので「続きは次回の講釈で」って流ればかりw

その後は続編への予告が…次回もルルーシュが大活躍しそうですねw


さて、全50話とほぼ予想通りの話数でしたが、全体の難易度はこれまで遊んできた同シリーズ内で比較すると

「D」 >>>>> 「L」 >> 「Z2破」 >>>>「W」

やや適当ですが、体感でこんな感じかな?

コンボ攻撃や広範囲MAP攻撃などが猛威を振るった「W」ほどではありませんが、どちらかといえば簡単な部類に属すると思われます。


しかし今作はちょっと地味だったかなぁ…

先に書いた「コンボ」の廃止や「MAP攻撃」の弱体化(特にストフリ)などのせいで、「援護攻撃」の重要性が増したのはいいのですが、敵を一網打尽にするようなシーンが殆どなかったので、やや爽快感に欠けるか?


振り返ってみて、最もインパクトのあった話はやはり32話の「あばよ、ダチ公…」ですね。

普段なら最初に出るはずの題名が出ず、ストーリークリア後まさかのカミナ死亡…そして忘れていた頃に流れる「あばよ、ダチ公…」の題名…。

この演出はなかなかシビれましたねぇ〜


クリアして「アニメを観てみたくなった」のが「コードギアス」と「グレンラガン」

特に「グレンラガン」はプレイ開始前はグラサンメカがダサいだろうと食わず嫌いしていたのですが、熱いストーリーと迫力の戦闘アニメに魅了されちゃいましたねw

そのうち機会があったらDVD借りてみようかな〜



さて、クリアを機に攻略Wikiを解禁したのですが、隠し要素はまだ要検証ばかりですね。

私が愛用していた「スコープドックTC・ISS」は隠し機体だったのか…誰でも手に入ると思ってました。

また、マップの特定の場所で待機すると強化パーツが得られるとか…こんなのどういう人が気付くんだろう?w

最後まで埋まることが無かった強化パーツ枠は「超合金Z」だったのか。


ゲーム開始時に設定した主人公の生年月日と血液型で覚える精神コマンドが違うってのは知りませんでした。

特に意識無く自分の生年月日&血液型で遊んでいましたよw


SRポイントは結局一体何ポイント集めたらハードになるんだろう?

私は1周目は30ポイント集めて終了しましたが、依然ノーマルのままでした。

現状ポイントの効果は純粋に難易度アップと獲得資金減少くらいしか本当に効果が無い(隠し要素に影響したりはしない)らしいので、今後も意識して集める必要はなさそうですね。


そして、改めてWikiを読んで知った(というか1周目中ずっと勘違いしてた)ことが…

「連続攻撃」は1ターンにつき1回発動だったんですね!私ずっと…

1マップにつき1回だと思い込んでいましたぁ!!

なんてこったい…orz


1マップにつき1回なんて、微妙なスキルだなぁ〜なんて思ってたんですよ…

最初から覚えていた「ガンダムエクシア」を使っていて、1度発動したのにまた発動したぞ?さっき使わなかったからかな?なんてことがそういえばありましたよ…

なんで途中で調べなおさなかったんだろう…?


前回の記事で「えまのん」さんに教えてもらった『「リペアパーツ」などは消費アイテムじゃない』ということといい、私ちょっとヤバいですね^^;



というわけで、色々と新事実(他の方なら常識なんでしょうがw)を知った上で、現在2周目をプレイ中!

引き継がれる内容は「撃墜数」は100%、「資金」と「PP」は使用したものが一旦廃止され、2周目は50%が戻ってきます。

4周目になるとそれまで稼いだものが100%戻ってくるほか、改造が15段階まで可能になるとのこと。


ストーリー分岐上最低でも4周しないと全ストーリーが体験できないので、ストーリーを制覇したデータがあれば続編をプレイするのにかなり有利になるようなので、いつ出るのか判らない続編発売までに頑張って周回を繰り返そうかなと思っています。


5月26日まで遊ぶソフトはありませんし、「オトメディウス」は一気に消沈しちゃいましたからねw


 
posted by ラムネ at 11:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 その3

最近は「オトメディウスX」を買ってしまったので若干そちらに時間を奪われていますが、先日の土日にほぼ引きこもり状態で

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

をがむしゃらに遊びまくりましたw


その甲斐あって、現在は45話「リトルクイーン」まで終了!

螺旋王を倒し、バジュラクイーンからシェリル&ランカを助けたところで中断してます。


振り返れば「宇宙戦」を体験したのが、ルートの選択上実はこの45話が初めてだったりw

ずっとキリコのケツを追いかけて主に「エリア11」で戦うシナリオを選んでいたので。

そういう意味では「マクロスF」関連の話はいきなりファイナルだけ味わうというなんだか「寝耳に水」みたいな展開だったのでちょっとポカ〜ンでしたw


さて、現状の我が「ZEXIS」での「エースパイロット(撃墜数70機以上)」を紹介しておきましょう。

1位:キリコ (スコープドックTC・ISS) 199機

 エースボーナス:気力130以上で、全ての武器の攻撃力+300

 ※暫く「クロウ」とトップエースの座を争っていましたが、頭一つ出た感じ。
 援護攻撃をMAXの+4までつけたおかげで他ユニットのフォロー役にも一役買ってますが、最強の「アサルトコンバット」がBセーブを付けても6発なので、調子に乗っているとすぐ弾切れをおこしてしまいますw
 基本敵の攻撃は避けるので被弾はゼロ、ということはつまり「底力」スキルが死んだ状態になっているので、そのうち上書きしてやろうと思いつつそのまんまになってますw
 固有の「?????」スキルも同様…しかしこれはユーザー側では弄れないので1スロットムダになってますねw


2位:クロウ (ブラスタ) 169機

 エースボーナス:獲得資金+25%。気力130以上で、与ダメージ1.1倍

 ※さすがは金の亡者だけあってエースボーナスはお金稼ぎに最適w元から覚えている「強運」スキルと相まって、「祝福」を使うまでも無いザコ相手ならこの人に倒させておけば間違いなしw
 こちらも「援護防御」をレベルアップで覚える2に+2して最高の+4にし、他ユニットの援護フォローも頑張ってもらってます。
 

3位:桂 (オーガス) 114機

 エースボーナス:女性パイロット(敵味方問わず)と隣接時、与ダメージ1.2倍

 ※原作設定の「女ったらし」にふさわしいエースボーナスに最初見たときは思わず笑ってしまいましたw
 このエースボーナスを活かそうと、急遽娘の「アテナ(ナイキック)」を育てたりもw
 28話で初登場する「ZEUTH」のメンバーであるにもかかわらず、短期間でこの撃墜数はかなりのものですね。ひとえに「私が贔屓にしているから」ただそれだけなんですがw
 「再攻撃」スキルを活かすために新スキルはほどほどに、「技量」パラメータを増やすことを重要視したので、殆どの敵に対して「再攻撃」を行ってくれるのでとっても便利。今後も撃墜数を着実に増やしてくれることでしょう。


以下パイロットとエースボーナスを。

4位:デュオ (ガンダムデスサイズ) 84機

 エースボーナス:クリティカル率+30%

5位:刹那 (ガンダムエクシア) 83機

 エースボーナス:ガンダム及び太陽炉搭載機体への与ダメージ1.5倍

6位:タケル (ゴッドマーズ) 80機

 エースボーナス:特殊スキル『超能力』が『超A級超能力』に変更

7位:アムロ (νガンダム) 79機

 エースボーナス:ガンダムと名の付く機体に搭乗している場合、運動性+10、照準値+10

8位:甲児 (マジンガーZ) 73機

 エースボーナス:気力130以上で、与ダメージ1.2倍

9位:アテナ (ナイキック) 72機

 エースボーナス:命中率、回避率、クリティカル率+10%

10位:万丈 (ダイターン3) 71機

 エースボーナス:シナリオクリア時に資金+30000

10位:葵 (ダンクーガノヴァマックスゴッド) 71機

 エースボーナス:特殊スキル『野生化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる

12位:闘志也 (ゴッドシグマ) 70機

 エースボーナス:シールド防御発生時、被ダメージ0.8倍

12位:キラ (ストライクフリーダムガンダム) 70機

 エースボーナス:射撃武器の与ダメージ1.1倍


以上13名。

ボーナスに関してはなんか適当なのから「なんで?」って思うようなものから実に様々ですねw


さて、前回の記事でも書いちゃったので、今回も書かないわけにはいかないですね…


新たに出てきたアニメについてw


<無敵鋼人ダイターン3>

全長120メートルという巨大設定のメカだけあって、ユニットもかなり大きめに描かれています。

ちょっとやそっとじゃ堕ちないそのタフさは魅力ですが、その分小回りがきかないのであんまり使ってませんw

<宇宙大帝ゴッドシグマ>

シグマシ〜グマゴッドシグマ〜♪の歌があまりに懐かしすぎるw

なぜかロボット図鑑に全長・重量が載ってない…設定曖昧なのかな?

マップ中一度だけエネルギーを全快できる「Tチャージ」が便利だなと育てたものの、それを使う前に終わるマップばかりで未だに一度も使っていないという…w

<宇宙戦士バルディオス>

思い入れが殆ど無いのでまったく使ってませんw

<戦闘メカ ザブングル>

まったく使ってませんw

キャラの目の斜め線に当時違和感を感じまくりでしたw

<超時空世紀オーガス>

昔大好きだったロボアニメですね〜!ユニットの絵がなんだか縦に潰れているように見えるのがとってもザンネン…

主人公桂のセリフがとにかくナンパで、ここまで女にだらしない主人公ってのも珍しいのでは?w

娘の「アテナ」の乗る「ナイキック」は攻撃でしか変形しないのが悲しい…あと「オルソン」も居てほしかったなぁ…

<機動戦士Zガンダム>

直前まで遊んでいた「スパロボD」ではそこそこ運用しましたが、今回は他に強いユニットがたくさん居ますし、そもそもZガンダム自体さほど好きではないので序盤にチョロッと使ったあとはずっとベンチウォーマー状態ですw

ファのメタスは修理要員として使えるかなと思ったのですが、アフロダイAで事足りるのでこちらも同じくベンチw

百式は…2周目で使ってあげましょうかねw

<機動戦士ガンダム 逆襲のシャア>

νガンダムたった一機だけの参戦…せめてクワトロじゃなくシャアとして「サザビー」が使えたら、ファンネルスキーとしては万々歳だったのですが…

それ以前に登場が38話と遅すぎる!

<ターンエーガンダム>

お髭のガンダムはやっぱりすきになれませんでした まる

スモーって何?この冗談みたいなデザインw 乗ってる人もヘンなグラサンかけてるしw

<機動戦士ガンダムSEED DESTINY>

相変わらずストフリとインジャスは使いやすい…

しかも2機の合体攻撃がかっこよすぎる!「L」でも同様の攻撃はありましたが、その時の描写とはかっこよさの度合いが雲泥の差!これ見たさに出撃させているようなものですw

一方で「L」では味方を判別する広範囲なMAP攻撃がかなり使えたのですが、今作では判別こそするものの、範囲はピンポイントになり使いにくくなりました…

え?運命?インパルス?さてなんのことでしょうw

<超獣機神ダンクーガ>

やっと出てきたよ初代ダンクーガ。でもブラックウイングをつけた状態って実はあまり好きじゃないんですよね…

初代は格闘や剣での攻撃が印象強く、また飛べないことも魅力の一つだと思っている私としては正直羽根はジャマw

<THEビッグオー>

「D」ではグラフィックのショボさからヘンなメカだなって印象くらいしかなかったのですが、「Z2」になって改めてみると結構カッコイイじゃないですか!

この人が出撃していると、他ユニットが撃墜されたときの修理費用がゼロになるのが一番の魅力!正直それだけが目当てかもしれないw

<オーバーマン キングゲイナー>

まったく使用せず。てかこれってロボなの?

<超重神グラヴィオンツヴァイ>

当初結構好みのデザインだったので使う気マンマンだったのですが、いざユニットとして運用しようとすると、BGMがなんだかイマイチだったので結局フェードアウト状態にw

一方グラントルーパーは補給ユニットとしてダイ・ガードと共に燃費の悪いユニットのケツを追わせていますw

<創聖のアクエリオン>

使ってません。技名がことごとくダサイしw

というかこのアニメってパチンコ台のイメージしかないんですがw



以上…ふぃいぃ〜もうヤだw


しかし、今作は「SRポイント」で難易度の変化があるせいか、「ノーマル」のままだと各ストーリーの大詰めで現れる大ボス的ユニットでもほとんどMAP攻撃を使ってきませんねぇ。

これまで遊んできた「L」「W」「D」では中ボス的ユニットでも結構使ってきた記憶があるのですが…

相手のデータを見ると、持っていることは持っているんですよね。使ってこないだけで。

やはり「ハード」になれば凶悪になるんだろうか…?


ちなみに現在は「26」ポイント。一体何ポイントになったら「ハード」に変わるんだろ?

後半は特に意識せずプレイしているので「ハード」になっても「仕方ないか」って感じで受け入れようとは思っているんですけどね。


隠しユニットなども含めて1周クリアしたらWikiを解禁しちゃおうと思います。

それまでは予備知識無しで頑張るぞ〜!


そうそう!終わろうと思ったけど最後に1つ書かせてもらいます!

■フル改造ボーナスになぜ「弾薬増加」が無いの?

初期段階から弾数を増やす手段が実質パイロットの「Bセーブ」しかない!

てっきりフル改造したときのボーナスで増やせるものとばかり…

 ※説明書に書いてなかったのは単にはしょっているだけかと思いきや…w

ジャミングとか微妙なのはいらないので、増やさせてほしかった…

 ※強化パーツにも無いってのが更にシンジラレナーイ…私が取ってないだけ?


 
posted by ラムネ at 23:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 その2

いや〜やっぱりスパロボは面白いですね〜!

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

を購入してからというもの、一度始めたら最後「I can't stop!」

先が気になって時間を忘れちゃいますねぇ〜

寝室に持っていったらイケマセン。睡眠時間が激減します^^;


現在「20話」まで終わりました。

難易度が向上してしまう恐怖の「SRポイント」は現在9。

取ろうと思って取っているわけではなく、あくまで自然の流れに任せています。

やや厳しい条件のマップもある一方で、わりとヌルめの条件なものも少なくないので、気付いたらほぼ半分のマップで取ってしまっていることにw

一体いくつ貯めたらハードになってしまうんだろう…?

おそらく10や20じゃまだ大丈夫だとは思うんですがねぇ…?


これまでに分岐は3回ありました。

最初と二つ目の分岐は共に「上にあったほう」を選び、その後も「一周目は全部そうしようかな」なんて思っていたのですが、3回目の「表部隊or裏部隊」の選択は、その時に贔屓にしていたユニットが所属する「裏部隊(つまり下)」のほうを選んでしまいました。

その「贔屓にしているユニット」とは…


「装甲騎兵ボトムズ」に登場する「スコープドック」です。


「ボトムズ」自体はそれほど好きというわけではないのですが、ユニットの能力に惹かれたというわけでもなく…

テーマ曲である「炎のさだめ」が聞けるから!

ただ、途中で「レッドショルダーカスタム(RSC)」に換装できるようになってからはその強さが激増!

「スパロボD」の時のガーランドよろしく、武器に主軸を置いてある程度改造(現在48%)したRSCを「集中」を使った状態で単騎で敵の群れに放てば敵をバタバタと倒していってくれます!

そんなわけで現在搭乗者の「キリコ」が撃墜王(53機)、その後をオリジナルの「クロウ」が追ってます。

 ※キリコの名前は「キリコ・キュービー(ヒに濁点)」です。間違っても3分間クッキングのアレじゃないのでw


一方キリコを撃墜率で追随するその「クロウ」と愛機の「ブラスタ」ですが、遠近無駄なく攻撃でき、また最初から「援護攻撃Lv2」を持っているので、サポート役にもなれるとかなり使えるユニットですね。

「スコープドック」とこの「ブラスタ」が、私が現状唯一改造しているユニットだったりします。

 ※ちなみに「ブラスタ」の改造率は「50%」。


現状はこの2機を主軸に

・ガンダム00勢
・ガンダムW勢
・ダンクーガノヴァ
・ゴッドマーズ
・グレンラガン
・マジンガーZ勢
・トライダーG7
・ダイガード
・ゴードギアス勢

このあたりから状況に応じて参戦させています。


ではこれまでに登場したアニメをご紹介。


<無敵ロボ トライダーG7>

小学生「竹尾ワッタ」が社長を務める「竹尾ゼネラルカンパニー」が所有する巨大ロボ。
メチャクチャな設定がいかにも昔のアニメという感じw

特に秀でたところは無いが、「ワッタ」の「社長」スキルが「マップクリア時に出撃したパイロット全てに+5PP」というのが地味にいい感じw

<六神合体 ゴッドマーズ>

「スパロボD」でも中堅どころとして多用していたユニットですが、「D」が「ガイヤーがヤラれればゴッドマーズになれる」というトンデモ条件であったのに対し、「気力130でコマンド"六神合体"を使う」というものに。

相変わらず中性子爆弾を抱えているのでユニット撃破=即ゲームオーバーという諸刃の剣っぷりですが、強さは相変わらずなかなかのものなのでわりと多用してます。

そのうち「D」みたいに爆弾が外れ、最初から「ゴッドマーズ」として出撃できるようになるのだろうか…?

なお「コスモクラッシャー」は「D」では「補給持ち」で重宝していたのですが、「Z2」では単なる戦闘機になったので、序盤しか使っていませんw

<装甲騎兵 ボトムズ>

「コードギアス」とのコンビがとてもハマっていて違和感が無いw

ゲーム中のモデリングも、「デフォルメされてる?」と疑うほど、ほぼアニメどおりの等身で馴染んでいるw

ノーマル状態の「スコープドック」だと地味ですが、「SRC」に換装できるとその豊富すぎる武装が魅力。キリコに「Bセーブ(弾数1.5倍)」のスキルを付ければ弾切れに困ることはまずありません。

<新機動戦記 ガンダムW>

私がこれまで遊んだスパロボ全てに参戦しているアニメ。なんか扱いが便利なのか多用されていますよねw

やはり「デスサイズ」が使いやすすぎます。無改造でも前線で壁としての役割を十分発揮してくれます。今作にもマップ兵器は無いのかな?

一方他のガンダム勢はやはり使い勝手が…「ウイング」は遠距離攻撃が強いですが接近されるとショボい…他の3機はまだ登場したばかりですが、これまで遊んだスパロボ作品でも殆ど使わなかったですw

<機動戦士 ガンダム00>

4機のガンダムそれぞれが役割を明確に設定されているので、結構使えます。

「キュリオス」以外はw

彼は原作同様「電池」に徹していることのほうが多いですw なんせ特徴が無いw

「エクシア」に乗る刹那の「連続攻撃(気力120で敵撃破時再度動ける)」が地味に便利ですね。
「デュナメス」はライフルでの遠距離攻撃&援護攻撃Lv2がいい感じ。
「ヴァーチェ」は「GNフィールド」の防御力とバズーカが後方支援として強いです。

一方「プトレマイオス」には武装が一切無いので、「修理ユニット」としての地味な活躍のみw
しかし、この戦艦って基本MS4体収容したらパンパンなはずなのに、なぜマジンガーやゴッドマーズを載せられるんだろう?w

<獣装機攻 ダンクーガノヴァ>

「L」のときに初めて使い、その数々の武装がとにかくカッコ良かったのですが、「Z2」でも相変わらずカッコイイですね!

テーマソングの「鳥の詩」は出だしがちょっとダサいですがw

気力130になるまでは「ノヴァイーグル」だけの戦闘となり、「越獣合神」が出来るようになっても5ターンが過ぎれば元に戻り、以後同マップでは二度と合体できないというややこしい機能にw
イグール状態でも「葵」以外の3人のパイロットにも均等に経験値が入るのがまだ幸いか。

これまではさほど長丁場になるマップが無かったので問題ありませんが、後半になれば運用に気を使わないといけなくなるのは必至ですねぇ。

なお、チラッと「旧ダンクーガ」が現れましたが、あれは通常運用できるようになるんだろうか…?個人的にはあっちのほうがいいんですがw

<真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日>

相変わらず「ゲッター1」しか使ってませんがw、たまには「2」や「3」の戦闘アニメも見てあげないとですねぇw

毎度ソツなく使えるといった感じ。今作も「武蔵」が幸運&努力持ちなので、経験値やお金稼ぎに地味に一役買っていますw

<真マジンガー 衝撃!Z編>

正直アニメはあまり面白くなくて、後半惰性で見ていたのですが…今はいいけど今後背中に指が生える異形マジンガーになると思うと…。

現状は「光子力ビーム」と「ブレストファイヤー」が強いし戦闘アニメもカッコイイので結構多用してますがw

<地球防衛企業 ダイ・ガード>

昔カプコンが出してた某ロボット格闘ゲームにこんなヤツいましたよねw

序盤の数少ない「補給ユニット」として、前線には殆ど出すことはありませんが、裏方さんとして使っています。

メインパイロットの「赤木」に「補給スキル」を付けたことで、補給のネックである「移動すると補給できない」という面が改善されてとっても便利!

特にエネルギーを多用する「マジンガーZ」や「ゴッドマーズ」の尻をおっかけてますw

<コードギアス 反逆のルルーシュ>

「ゼロ」の戦術指南は結構広範囲の味方のパラメータを状況に応じて上げられるのが強み。

「紅蓮弐式」は名前忘れたけどバリアーが意外に攻撃を防ぐのでなかなかタフですね。

それ以上にテーマソングがカッコイイ!これが聞きたいがために出撃させてるふしがありますw

<天元突破 グレンラガン>

当初は「なんだこのダサいメカ」って感じで毛嫌いしていたのですが、ゲームを進めるにつれて「お?結構カッコイイんじゃない?」ということで今はわりと多用しちゃってたりしますw

「合体機能が無いのに気合で合体」とか「そのドリルどうやって体の中に入ってたの?」という「ゲッターロボ」も真っ青の巨大ドリルなど、もうなんでもありな展開の潔さに感服といったところw

<マクロスF>

まだ一度も使ってませんw(強制出動のマクロス艦は除く

「L」でちょっと飽きたw
2周目で使ってあげようかなw

<交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい>

主人公の彼女が「エウレカ」だったのか!じゃあ「セブン」って何?w

意思のあるロボ「ニルヴァーシュ」と唯一会話ができる「レントン」という異色の設定。
最初は地味な機体だなと思っていたら「エウレカ」を奪還したら嬉しくなったのか、ニルヴァーシュの色が赤と白のいかにも主役といった色に!なんだそれw

「ニルバーシュ」のスケボーに乗っているときのウネウネ動くのがちょっとキモチワルイw

「エウレカ」と「レントン」を見ていると「未来少年コナン」を思い出すのは私だけ?


あ〜!疲れた。

 ※途中で何度「やめればよかった」と思ったことかw


あっと、ちょっとシステム的な話を最後に3つほど書いて終わりましょう。


■戦闘開始画面で「精神コマンド」が使えるのが超便利!

いや〜ほんと今までのスパロボになんでなかったの?と思わせる改善点ですよ!

私の初スパロボである「L」を遊んでいた頃からずっと疑問だったもんなぁ…

「なんで移動前じゃないと精神コマンドが使えないの?」と。

20周年を迎えてやっと気付いたのか?w


いざ攻撃しようとして「ちょっと命中足りないや」とか「これはトドメさせそうだな」なんてときに、いちいちキャンセルで移動前に戻って精神コマンド…ってのが今までのスパロボでしたが、今作ではそんなことをせずともその場ですぐ使えますからね〜!

ほんとなんで今まで無かったんだ?w


■同じ精神コマンドでもパイロットによって消費SPが違う

これまでは例えば同じ「集中」なら全パイロット一律15など消費SPの値が固定でしたが、今作はバラバラ。

特に1機体に複数のパイロットが乗っているユニットの場合は消費SPが多め、一方で一人乗りの場合は少なめな感じです。

バランスを考慮してのことですかね。

他には、メインパイロットは最大6つの精神コマンドを覚えますが、サブパイロットは4つに押さえられていたりも。

この辺りもパイロットの多いユニットが精神コマンドの面で有利すぎたことへの対策なんでしょうね。


■全体マップは実は必要なかった…

先に謝っておきます。スミマセン。

前回の記事で「なぜ全体マップをなくしたんだ!」と豪語しちゃいましたが…


アナログパッドの上下でゲームマップ自体の拡大・縮小ができるんですね…


「しょうっぺ」にツイッターで教えてもらって初めて知りました…

説明書の操作方法のページは一通り目を通したつもりだったのに…

説明書を読まない「しょうっぺ」に教え諭されるとはぁ〜!なんたる不覚ぅ〜!!

い、いや、ありがとうw


しかしこの機能かなり便利ですね〜!

一度知ってからはやや拡大状態で手広く操作できてとっても快適!

最初から知っていたら…w



 
posted by ラムネ at 00:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇

金曜日に届きました!自身通算4作目(新作では2作目)となる「スパロボ」こと「スーパーロボット大戦」シリーズ最新作の

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇


PSPの新作ソフトを買うのは実に1年と3ヶ月ちょっとぶり。

一昨年12月の「ダライアスバースト」以来という…

 ※去年は「街 〜運命の交差点〜」の中古ソフト一本しか買ってないんですよねw


しかも、珍しく「豪華版」のほうを買ってしまいました。

その内容は、いずれ出る続編と両方が入れられるBOXと、前作にあたる「スパロボZ」のダイジェスト小冊子。

 ※小冊子は一通り目を通しましたが、きちんと読んでませんw


まずはインストール。

これをしないとアクセスが遅すぎてゲームにならないらしい(しょうっぺ情報)w

インストールだけにわざわざ凝った音楽と画面が用意されている…いるか?w


さて、PSPというハードで遊ぶはじめてのスパロボということでワクワクしながらプレイ開始!


うおお〜おぉおぉお〜!!!

なんという美麗なグラフィック!!!


久しくPSP触ってなかったのでその感動もひとしおw

PSPってこんなにキレイだっけ?w

あるいは直前に遊んでいた「スパロボD」の、あまりのショボ画面からの移行なのでそのギャップの大きさも影響しているのかもしれませんw


主人公はやはり1人。

「W」「L」と1人でしたし、そこは特に問題視していませんが、その風貌を見て…

えらいおっさんだなw

これまで遊んだスパロボの主役はいずれも若いにーちゃんねーちゃんばかりでしたので、こんなオトナの主人公はちょっと新鮮。


とりあえず進めてみます。

いきなりオヤジの借金を肩代わりして100万Gという負債を抱えるハメになった主人公…

なんか唐突に現実的な問題を突きつけられた…

借金返済を目的に敵と戦う主人公ってのも、まぁアジがあっていいかw


ひょんなことから乗ることになった専用メカ「ブレイブ」。


戦闘アニメーションがすごすぎるぅうぅうぅぅううぅ〜!!

これまでのDS・GBAスパロボとはとても比較にならないその美麗さ&動きまくり度合いにオドロキを隠せない私w

これは間違いなく歴代スパロボトップの出来栄えではないだろうか!

 ※過去3作品しかやってないのに言い切っちゃうw


そんなこんなで現在6話まで終わっています。

来月は買うソフト1本しかないから、ゆっくり遊ばないとねw


今作は私が遊んだ「スパロボ」の中では「W」に最も近い感じですかね。

変わったのは…

・お気に入りシステムが無い

・「スキルパーツ」の廃止

  ※特殊スキルも含めて全てPPを使った「パイロット養成」で行うように。

・スキル「コンボ」が廃止?(養成の項目に見当たらない…?)

  ※説明書にも解説がありませんし、おそらく廃止されたんでしょうね。

・全体マップ表示が無い

  ※「D」にすらあったのになんで無くなった?全体の把握がちょっとしづらい…

・「SRポイント」システムの追加

  ※各マップで特定の条件を満たせばプラスされ、一定数増えれば難易度がハードになるというマゾい人向けのシステム…w 取る気が無いのにマップによっては緩い条件のときもあるから困るw

・ライブラリーの追加

  ※特に「シナリオチャート」が便利!これまで選んだ選択分岐などのルートがひと目でわかります。


ざっとこんなところかな?

あと細かいところですが、戦闘中に「スタート」ボタンでマップに「マーキング」ができるようになったのですが…

こんなの要らないからクイックセーブさせて


さて、今のところ登場したメカにこれ!といったお気に入りが居ないので、まだ改造は一切していませんw

序盤ということもあって、特に改造をせずともさほど苦戦することもありませんしね。


あえて現状登場した中で候補を挙げるとすれば…

・ゴッドマーズ

・ガンダムデスサイズ

・ブラスタ

こんなところかな?特に「ブラスタ」は主人公機ですし、100%参戦する機体ですからね。

 ※ただ、今後後継機とかが出現する可能性もあるわけで…w


あくまで、本命視しているのは…

・νガンダム(Hi-νは来るのか?)

・オーガス(オーガス2は…来ないなw)

この辺りですかね。


今回は「このアニメキャラで遊べるから!」っていう「L」のときのような購入同期では無いので、今後の展開次第といった感じですね〜。


さて、現段階ではあくまでも「クラッシャー隊」の一員でしかない主人公ですが、これからどういう展開が待っているのでしょうか!?

そして、借金は無事全額返済できるのであろうか…!w


今後もゆっくり遊んでいこうと思います^^


 
posted by ラムネ at 16:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

街 〜運命の交差点〜 特別篇 その5

「ゼルダ」などのがっつり遊ぶ系ソフトが落ち着いたことも手伝って、一気に進捗が進んだ

街 〜運命の交差点〜 特別篇


初期8人の全シナリオをクリア!

 ※「初期8人の」とわざわざ書いたということは…w


「牛尾&馬部」編、「細井美子」編に関しては前回の記事で書きましたので、残りの5人のエンディングについてちょっと感想を書いてみましょう。


篠田正志 】編

「七曜会」の全貌が明らかになりましたが、結局「旧日曜日」の脳内構想でしかありませんでしたね。

それでも現実に向けて「キャベツ教」の布教や「白峰組」への恐喝などを耽々と実践しているあたりは、将来的に構想は実現するかもしれません…

まぁ正志が億の金を受取ることは生きている間にはムリでしょうけどもw

それにしても、あのオチは一体…?

「水曜日」の笛に反応して「どこに居たんだ?」という連中が正志を拉致し、逆さ張り付けの刑に…

どういうこと?^^;


市川靖文 】編

「左手」に翻弄される市川…そしてナゾの「BODY」の文字…

ハンズに出向き、チェーンソーや大型ナイフを物色…

ま、まさか…

そのまさかでした…ナイフで自らの左手首を…キャー!!

更にその手首を自分の新担当となったカバ沢に荷物として送りつけるとか…

く、狂ってる…

最後はトラクウンタ(なんちゅー名前だw)の運転するトラックに轢かれて…

死んだのだろうか…?

ただ、このときに夜空に向かって伸ばした左手を回りの野次馬が特に無反応だったことを見ると…

もしかしたら、左手首を切り落としたという事実は無く、これも市川の妄想だったのかもしれません。

結局彼を最後まで悩ませた「左手の小人」の正体はわからず終いでした…何かと謎が残るラストでしたね。


飛沢修平 】編

高校生の分際でこの男は…ったく^^;

いくら「若気の至り」なんて言葉があるからって、さすがに貞操観念が低すぎるだろ!ちゃんと避妊くらいしなさい!

と説教したくなるようなオチw

なんせ母親の異なる3人の子供の父親になっちゃったんですから…


私がこのシナリオを読み進めていって、想像したラストは、

「結局どの子供も飛沢君との血縁は無いことが判明し、3人の女性にも去られて一人ぼっちに…」

みたいな感じだったのですが…

この終わり方は、果たして「ハッピーエンド」なのか?今後の飛沢君を考えればむしろ「バッドエンド」…w

ともあれ、自業自得ですわな^^;


高峰隆士 】編

自分の生き方を模索し、渋谷の町を徘徊する毎日にもとうとう終止符が…

ホームレスの老人に自分を重ねて涙する隆士。

外人部隊へ戻ることもやめ、新たな人生を求めてホテルに呼んでもらったタクシーに乗ろうとしたその時…

何者かの銃弾に倒れる…!!

なんとも後味の悪いラストでした…渋谷に戻って来てからも暴力に明け暮れる毎日でしたが、最後は命を絶たれてしまうとは…


雨宮桂馬 】編

このゲームのメインシナリオということで、最後に読み終えました。

ジェロニモ=シャチテの悪魔ということで逮捕まで漕ぎ着け、細菌爆弾=コンピュータウイルスであると判明して無人電車を無事停車させて、事件は解決したかのように見えましたが…

ここで、一旦「完」の文字が出ますが…シナリオを再開すると…

渋谷のオーロラビジョンにはナゾの悪魔の絵が!

まだ事件は終わっていない!


警視総監や所長、権田など数々の容疑者が挙がる中、真犯人は…!?

ここで「犯人と思われる人物の名前を入力せよ」!って、えっ!?

フルネームわからんけど、”あの人”だよな!

ぬ・ま・た

そう、真犯人はこれまで桂馬を支えてきた仲間の一人「ヌマさん」こと沼田でした…

そこでヌマさんから語られた悲しい過去…なんともやりきれないラストでしたね。


そういや、他のシナリオで20時に上がった花火の正体はおそらくこのシナリオで明らかになると思いましたが…

ヌマさんが、自分が犯人だということに桂馬がたどり着くであろうことを予見して、自分の逮捕後に上がるようにセットしておいた、なんて思ったりしたんですけどもね…?



さて、エンディングの後データをセーブすると、恒例の「しおり」が現れました。

まず「秘蔵シナリオ」として、「馬部&牛尾」編でカバ沢等にコキ使われていた「サギ山」君のお話と、各シナリオで度々出没していた外国人かぶれの日本人「ダンディー」のお話。

まだ未プレイですが、どうやらザッピングなどは無く読み進めていくだけのもののようです。


更に、各シナリオの主人公が並ぶ画面で、左端だったはずの美子のとなりにもう一人増えて9人に!

「高峰隆士」の父親である「高峰厚士」編が新たに加わりました!

こちらもまだ未プレイですが、スタイル的に各キャラクターとの関連性が出てくるのでは?と。


なお、「あっち」氏情報によれば、バッドエンドを100個以上見ることで、更に別シナリオ「青ムシ」編が現れるんだとか!

それには難易度「ハード」を選ぶことで増える選択肢によるものも含まれているそうで…

私がこれまでに確認したバッドエンドは48個。まだ半分以上あるぅ〜!

今週「スパ4」来ちゃうし…やべぇな^^;


ともあれ、まだ終わらない「街 〜運命の交差点〜 特別篇」なのであります!!



最後に、Wiiの「428」とどちらが面白かったか…?

個人的には「428」に軍配が上がりますね。

より洗練され遊びやすくなったシステムもさることながら、やはり驚きの連続だった「428」の絶妙なシナリオ群がすばらしかった!

もちろん「街」のシナリオも面白かったのですが、少々現実離れした「そんなアホな」という突飛なものが目立って、「渋谷」という現実の街をテーマにしているにしてはちょっとアンバランスに感じました。

それに比べて「428」は各主人公のシナリオが巧妙に絡み合って、それらの一体感が素晴らしかった…


もちろんどちらもそれぞれの魅力があって面白いことには違いありませんけどもね。



posted by ラムネ at 20:17| 大阪 | Comment(9) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

街 〜運命の交差点〜 特別篇 その4

「メトロイドフュージョン」「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」「ディフェンスグリッド」と、他のゲームに時間が取られたせいで大幅にスローペースとなってしまいましたが、牛歩ながらも進んではいます

街 〜運命の交差点〜 特別篇

で〜ございます。


昨日の段階で…全員の4日目が終了!!


前回の記事「その3」が2日目終了時点で、本来3日目終了時点で「その4」を書かないといけないのにサボってしまったのでw、今回はその「3日目終了時点」から順に追いかけていきます。


3日目といえば…

やはり!馬部&牛尾のそっくりさん二人のシナリオに尽きるでしょう!

二人が出会う急激な展開!

そしてお互いのこれまでの境遇を確認しあった上で、ある「大芝居」をうちます。

まんまと三次を陥れ、お互いの身の潔白も晴れてハッピーエンド!

…と思いきや、入れ替わっていた間にすっかり牛尾はみちるに心を奪われてしまっていまい、馬部は素性が知られてもなお白峰の娘に慕われるというトンデモ展開にw


え〜!?ここで「完」なの〜!?


むしろここからの続きがすんごい気になるんですけどぉ〜!

偶然が生んだ四角関係の結末がどうなったのか…知りたい!

いや…ここで含みのある終わらせ方をさせたっていうのが逆に面白いのかもしれませんね。

それ以前に、まさか5日目を待たずにして終わるシナリオがあるとは思わなかったなぁ。



さて4日目ですが、他の6人は継続して話が進みます。


高峰隆士の元カノが市川靖文の今の彼女?とにかくこんな接点があったとは…


金曜日こと篠田正志は、ヤクザにボコボコにされ、隆士にもボコられとエライ目にw

それでも愛する水曜日のために頑張る姿は健気だ…w

そうそう、「チンチコール」の活用形がTipsで紹介されてたなぁ〜
もう忘れたけどw

ちゃんとそれぞれに意味があったんですねw


細井美子は相変わらずだなぁ…しかし下の住人(後に雨宮桂馬編の中で「シャチテの悪魔」と呼ばれる人物だと判明しますがw)がなんで美子の部屋の電話番号を知っているのか…ちょっとコワい^^;


市川の怪奇現象の原因は以前つかめないままですね…8ミリにも何も映ってないとか…怖い…



さて、現在は5日目に突入しておりますが…

「細井美子編」があっさり終わってしまった!

結末は…ダイエットネタをひたすら引っ張ったわりにはどんでん返しも特に無く、あっさり元のカップルに戻ってチャンチャン、って感じでしたねぇ…

もうちょっとヒネリが欲しかったなぁ…

しかしあの大リーグ養成ギプスも真っ青の矯正下着は一体なんなんだ?

体は…まぁいいとして、顔まで細くなるってどういう仕組みなんだよw


さぁ〜!一気に終わらせちゃいますか!!


PS:
と、昨夜は思っていたのですが、突然「デススマイルズ」の「メガブラックレーベルVer1.1」配信というサプライズのためにすっかり計画が狂ってしまった…

今日(21日)は「アフターバーナークライマックス」が来ちゃうし…

また牛歩に逆戻りか!?^^;
posted by ラムネ at 01:23| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

街 〜運命の交差点〜 特別篇 その3

一度始めたら止め時が見つからなくて、遊ぶのがある意味怖いゲーム

街 〜運命の交差点〜 特別篇

でございますw

GBAの「メトロイドフュージョン」も並行で遊んでいるのでちょっとペースは落ちてきましたがw


全員の2日目が終了しました。


このあたりからだんだんと各主人公間の接点が出始めてきましたね。

七曜会のメンバー、金曜日こと「篠田正志」の脅迫相手である元国会議員「海塚正治郎」が、悪夢に悩まされる小説家「市川文靖」の父親だったり、元ヤクザの「牛尾政美」がプロポーズするはずだった宝石店店員「高峰綾」が、フランス外人部隊所属の「高峰隆士」の姉だったり…。

また、「細井良子」がケーキ屋で見つけた男性「飛沢洋平」に向かって「ようちゃん!」と声をかけたり、警察を探していた「馬部甚太郎」が、見つけた「雨宮桂馬」に自分を保護してくれるよう懇願したりと、主人公同士の直接的なやりとりも増えてきて思わずニヤリとさせられますね。


さて、このゲームには数々の魅力的な女性が登場しますが、私が一番キレイだなぁ〜と思ったのが、昼は銀行員、夜はショーパブダンサーという二つの顔を持つ「保科星子」!

正志は「水曜日」にゾッコン(死語?)ですが、私ならだんぜん星子さんを選んじゃいますけどねぇw

あ、良子のバイト仲間の「薫」も捨てがたいなぁw


ところで、馬部と牛尾って本当に無関係なんだろうか…実は小さいときに生き別れになった双子の兄弟とか…そんな驚きの展開があったりするんじゃないかと…あまりに似すぎてますしね〜

 ※真相をご存知の方、くれぐれもネタバレはお控えくださいませw


posted by ラムネ at 13:30| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする