2015年03月21日

バイオハザード リベレーションズ2 その4

なんだかんだで結構遊ばせてもらっている


バイオハザード リベレーションズ2


先日18日に最終章となる「エピソード4」と2つのエクストラエピソードが配信されました。

普段なら18時過ぎに配信されているはずなのですが、その日は19時に確認した段階で見つけられず、結局20時過ぎになってようやく発見できました…。

その後のDLも前回と同じくやはり時間がかかり、遊び始められたのは21時をとうに過ぎてから…。

ただでさえ他機種版より配信が遅いのに、一体どれだけ待たせるのやら…^^;


さてはて、いよいよ迎えるクライマックス!一体どんな展開が…!?


■ ストーリーモード

<クレア編>

クリーチャーに変異したニールをなんとか退けたクレアとモイラは、エレベーターで塔の上階を目指します。

そこに居たのはブレスレットから聞こえた声の主、アレックスでした。

ガラス越しに対峙し、事の真相を問いただそうとしたそのとき!自らこめかみに銃を当て、そのまま絶命。

システムが非常事態モードに切り替わり、突如崩れ落ちる塔。

エレベータは使えず、別ルートを見つけて必死に階下を目指す二人でしたが、寸でのところでガレキに巻き込まれるモイラ…!

クレアは自らの無力さに絶望しながらも、意を決して海へ…。幸い身柄を確保され、病院に搬送される…。

娘の無事を必死に確認しようとするバリーに、ただ謝罪するしかできないクレアであった…。


というような感じで、当初の予想通りクレア編の最終章はとってもマイルドな流れで終了。

塔から脱出する際、それまでクレア編には出てこなかった透明の蟲が湧いてきたときには軽く絶望しましたよw


<バリー編>

崖を落ち気を失ったバリーですが、なんとかナタリアと再会でき、二人は別のルートで引き続きアレックスを追うことに。

リフトを操作する謎解きや、ガスの充満した地下施設など、クライマックスだけあってなかなかのボリュームです。

挙句過去にバリーを苦しめた洋館に似た施設ではクリーチャーに執拗に追われ、その手を逃れてようやく辿り着いた先にアレックスが!

モイラの行方を問いただそうとしたその矢先!みるみる体が巨大化して大型クリーチャーに変貌するアレックス。

必死に応戦するも追い詰められ絶体絶命のバリー…そのとき!彼を救ったのは銃のトラウマを克服した娘のモイラその人でした!!

その後の展開はみなさんの目で実際にご確認ください!

ひとつだけ書きたいのが、アレックスとの最終決着をつけるべく単身立ち向かうバリーの姿を見てあまりの格好良さにちょっと鳥肌が立ちましたね。


<エクストラエピソード1(モイラ編)>

「エピソード4」のクレア編でガレキに巻き込まれたモイラですが、九死に一生を得てなんとか生き延びていました。

なんと地下水道をねぐらにしていた「エフゲニー」じいさんが助けてくれたのでした。

モイラがスマホに残した最後のメッセージはここで録音したんですね。

その後始まるのはなんとサバイバルゲーム。

ウサギやネズミ、ヘビなどの動物を狩って食料にし、時にはクリーチャーを撃退し時にはその魔の手から逃げて、じいさんと二人で半年間を生き延びるのがその目的です。

銃へのトラウマをすっかり払拭したモイラのなんと勇ましいことか!w

加えてライトも使えるのでうまく立ち回ればクレア以上に動けますね。

マップ状には様々な武器や銃弾が置かれているので、好みの装備をチョイスできます。最後にはロケットランチャーまで置かれていましたw

一緒に過ごす間に徐々に体調を崩していくエフゲニーじいさん。半年が過ぎようとした頃、死期を悟った爺さんはモイラを追い出して一人ベッドに横たわるのでした…。

一人になったモイラは、バリーが落とした身分証を見つけ、父が島に来ていることを知ってその後を追うのでした!


<エクストラエピソード2(ナタリア編)>

とある施設のベッドで目覚めたナタリア。気付くとそばには黒い服を着た自分と瓜二つの「もう一人のナタリア」が…。

このエピソードは早い話が「ステルスゲーム」です。

マップ状に点在するクリーチャーに対し、まだ「ナタリアセンス」の使えない白ナタリアは、ナタリアセンスが使えて敵に姿を目視されない黒ナタリアに導かれ、以下に見つからずに海岸まで辿り着くかが目的です。

この手のステルスゲーは苦手なので、最初の場所から1つ目のチェックポイントに到達するだけでも何回やり直したか…w

※ステルスゲーで有名な某「メ○ルギア」もすぐにギブアップしましたしね…w

時折地面に落ちている煙幕ビンを拾い、それを使ったり、草むらや壁のカゲに隠れたりしながらなんとか海岸に辿り着きましたが、とにかく疲れました…。

因みにリトライ回数は18回!ひどい…w


なお、上記2つのエクストラエピソードをクリアすることで、モイラ・ナタリア共にストーリーモードで使える隠しコスチュームが1つずつ増えます。

どちらもメインストーリーを補間してくれ、様々な疑問が解消できたのはありがたいです。



■ レイドモード

特定の条件を満たす必要がありますが、新たにまさかの「エフゲニー」と「アレックス」がプレイアブルキャラになりました!

「エフゲニー」の固有スキルは「強肩(パッシブ)」。投擲武器を最大2倍の距離まで遠くに投げることができます。便利は便利ですが、このスキルだけで1枠使うのはちょっと抵抗がありますねぇ。

「アレックス」の固有スキルは「幻惑(アクティブ)」。そばにいる敵を一定時間混乱させるというアレックスらしい?スキルですが、使うと敵が同士討ちを始めて使いどころを見極めればなかなか使えるかも?回数制なのが残念です。


レイドマップ「8」と「Ω」が解禁となり、それらをクリアすると更に上の難易度である「CODE RED」が現れました。

適正レベルは全て90。宝箱の数が1つ増えて1マップ4つになり、拾えるアイテムのレア度も一気に上がりました。

とはいえ、私は未だ最高赤レコードまでしか拾っていません…噂によれば更に「紫」と「虹」のレコードが拾えるそうですが…自ら拾える日は果たして…?

なお、拾える武器やパーツが増えたことで、結局使い切ったはずのMSPですが、1000円だけ追加課金して

・レイドキャラ「ウェスカー」(300円)
・パーツ拡張1(200円)
・武器倉庫拡張1(200円)
・鑑定枠拡張1(200円)

をそれぞれ購入してしまいました。

そもそも初期設定値がこれらアイテムを購入することを前提かのような少ない枠なんですよね…カプコンってばほんとズルいわ…^^;


また、17日から「RESIDENT EVIL.NET(RE NET)」との連動が始まりました。

ゲーム中で達成した条件によってポイントが付与され、そのポイントで様々なアイテムと交換でき、場合によってはゲーム側へそのアイテムを反映させたりもできます。

私は「6」以来の利用となりますが、その頃に使用せず貯まったままだったポイント(REP)が30万ほどあったので、宝箱と交換して得たパーツをゲームに送ったりしています。

サイト内ではプレイヤーの進捗も確認できるのですが

2015-03-20 23.34.35.png

上記はこの記事を更新する少し前の私の進捗状況(スマホで撮影した画面)。

気付かないうちにプレイ時間は120時間を越えていました。なんだかんだで結構遊んでいるなぁw


ところで、肝心のオンラインCo-opですが、てっきり「RE NET」が解禁になった以後、遅くともパッケージ版が発売されると同時に始まると思っていたら…


まさかの3月31日開始ですってよ!!!


なんでこんなに遅いの?

パッケージ組が準備する時間を二週間設けたというところでしょうが、首を長くして待っていたダウンロード組からすれば、これほどの肩透かしは無いわけですよ…。

最新情報によれば、超巨大クリーチャーに複数人で立ち向かうレイドイベントも予定されているそうですが、問題は残り二週間弱の間、1人プレイで果たして私のモチベーションが維持できるのかどうかというところ…。

正直1人でできることといえば、ウェスカーなどが持つ残りの固有スキルを継承させるためのレベル上げと、レア武器&パーツを求めて延々とマップクリアを繰り返す単純作業しかありませんので…。

WiiU&3DS用ソフト「マリオVSドンキーコング」が既に発売済みで、それを買ってしまうと完全にそちらへシフトしてしまって戻ってこれるかどうか…^^;

※なぜかAmazonなど各ネットショップでダウンロード版の取り扱いが無いので購入を躊躇していますがw


というわけで、とりあえずモチベが続く限りは遊び続けようとは思いますが、オンラインCo-opに参加するかどうかはまだ未知数ですね…。









posted by ラムネ at 01:07| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

バイオハザード リベレーションズ2 その3

バイオ最新作


バイオハザード リベレーションズ2


の「エピソード3」が先日11日に配信されました。


「エピソード2」のときのようなトラブルは無く、無事にDLできましたが、アクセスが集中していたのか落とし終わるまでにえらく時間がかかりましたね。


さて、気になる続きは…?


■ ストーリーモード

<クレア編>

遭遇した謎の少女がいつの間にか姿を消し、ニールも見つからず…そのニールからのメッセージで工場を目指すクレアとモイラ。

過去のシリーズでもお馴染みのトゲが目いっぱい付いた天井のある部屋、網膜認証が必要な部屋などの謎解きから始まります。

その後は肉処理場から時間内に脱出する必要がある炎上した工場へ…そこを抜けると排水路と、これまでのエピソードのなかで最もバイオらしい展開かもしれません。

そして、ようやく辿り着いた塔の最下層。ニールの正体を知り絶望するクレア…。

ここでエピソードを通じてクライマックスとも思えるボス戦が!

なんとか退けたと思いきや、執拗にクレアたちを襲うボス!クレア絶体絶命!そこでモイラの過去のトラウマが明かされ、それを払拭したモイラはクレアが落とした銃を拾って…!

なんかもう今回で終わりなんじゃないかと思わせる展開で、最終章はどんな結末を迎えるんだろうかとw

もしかすると「エピソード4」はバリー編がメインなのかも?


<バリー編>

オーバーシアの成れの果て…アルバート・ウェスカーの魔の手から辛くも逃げ延びたバリー&ナタリア。

水路を進む途中モイラのスマホを見つけ、残されたメッセージを聞いて絶望します…このメッセージは一体いつのタイミングで残されたものなんだろう?

このエピソードでは、閉ざされた水門をナタリアに順に開けさせたり、その後辿り着いた採掘場跡では遠くの小屋からエレベータへ発電機を運んだりと結構面倒な仕掛けが多くて内容のわりに時間を使います。

途中運んでいる発電機を足場にして上がることで得られるアイテムもいくつかあります。

私だけでしょうか…空ビンと組み合わせることで使える様々なアイテムばかりが貯まって、空ビン自体があまり拾えない…単に見落としてるだけかな?

なんとか採掘場を抜け、アルバートの足取りを追う二人の前に、そのアルバートが姿を現したかと思うとバリーを跳ね飛ばし、ナタリアの首を掴んで…!


続きはまだか〜!次の水曜日が待ち遠しいですね。



■ レイドモード

新たに「クリス」と「ニール」がプレイアブルキャラとして追加されました。

「クリス」の固有スキルは一定時間自身の体を金属化して完全無敵になる「メタルコート(アクティブ)」と、最大30%防御力を上げる「アーマーUP(パッシブ)」の2つ。レオン以上に人間離れした能力ですねw

「ニール」の固有スキルは自動的に相手の攻撃を避ける「自動回避(パッシブ)」。Lv1だとその効果が全く感じられなかったのですが、最大Lvの10にすると敵の攻撃を確かにヒョイと避けてくれます。ただリキャストタイムが長いのであまり実用的では無い感じですね。


メインキャラである「ハンク」が最大Lvの100になりました!

加えて他キャラもリワードを得られるLv50まで全員をレベルアップさせられました。

先週のトラブル後、ちょいちょい某巨大掲示板を覗いていたのですが、その中でキャラ育成に有効なワザ(というほどではないでしょうがw)を知り、実践できたのが大きかったですね。

そのワザというのは、所謂「画面分割プレイ(スプリットモード)」を使ったものです。

画面分割モードにして、オフライン状態で二人同時プレイができるのですが、そのときに選んだ2P側のキャラについても普通に経験値が入るんですよ。例えクリア時に死亡していてもw

オフライン共闘ですから、てっきり2P側は補佐をするだけの立場だろうと思っていただけに、経験値が入るという話を目にしたときはまさに目からうろこでした。

それからは、メインの「ハンク」に他キャラを付き添わせ、短時間で稼げるベリーハードの「5−2」に出向いて「ソウルイーター(経験値が上がるパーツ)」を装着したライフルで淡々と敵を倒すプレイを疲れるまで繰り返した結果、色んなキャラをガンガンレベルアップさせることができたという次第です。

もちろん画面分割プレイにはコントローラーが最低でも2つ必要なわけで、私は360用のものを全部で4つ持っているので余裕で実践できましたが、1つしか持ってないプレイヤーはこのためだけに2つ目のコントローラーを買うべきか否か…さぞかし迷うことでしょうねw

なお、最近はベリーハードの「6−2」を繰り返すプレイが主流になっています。とはいえ単純作業なのであまり長時間はできませんがw

来週の最終エピソード配信と共に、最終ステージであるだろう「ステージΩ」が開放されるのですが、一体どのような内容なのか…?

そして、配信1日前に解禁となる「Re.net」サービスと、いよいよ始まるオンラインCo-opにも期待しちゃいますね。

いよいよゴールドメンバーシップへの短期加入の必要性が迫ってきました…。


ところで、フと過去に遊んだ「バイオハザード5」のパッケージを開けてみて、その中に「48時間無料トライアルゴールドメンバーシップ」なるものが未使用のまま見つかったのですが、これって今でも使えるんですかね?

オンラインCo-op解禁と共に試しに使ってみて、もし使えなかったらAmazonでゴールドメンバーのDLコードを買おうかと思っています。


  

  

posted by ラムネ at 23:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

バイオハザード リベレーションズ2 その2

時間を見つけてはコツコツ遊んでいる


バイオハザード リベレーションズ2


数々の不満点はあるものの、そこそこ楽しませてもらっています。


先日の4日に「エピソード2」の配信が始まりました。

…が、そこでまさかのトラブルに遭遇しました…


最初はダッシュボードからマーケットプレイスに進んで購入処理をするものだと思っていたのですが、「シーズンパス」を先に購入していたにもかかわらず支払い処理を要求されてポカ〜ン…

その後ゲーム内のストアからDLするということを知り、早速ゲームを立ち上げて…


まさかのフリーズ!!!


タイトル画面後の「Now Loading」画面でピタッと固まったまま一切の操作を受け付けなくなりました…!

これは一体…!?と思いつつ、数年ぶり?に某巨大掲示板の専用スレッドを訪れると、私と同じような状況に遭遇した人がちらほら…

どうやらXbox360のみ、しかも国内版でのみ発生している事象らしく、海外タグを使って「エピソード2」を落とし、その後オフライン状態(LANケーブルを抜く)にすれば遊べないこともないということだったのですが…。

とりあえずカプコンには報告しておこうと公式サイトの問い合わせフォームから発生した事象を書いて送り、その日は結局プレイを諦めてふて寝…。

翌日12時過ぎに届いたカプコンからの返答メールによれば、当事象は解消しているとのことでしたので、改めてゲーム内のストアに進もうとして…おお!無事にいけた!


…にしても、カプコンはなぜ公式サイトなどでこういった事象が発生していることを報告しないのでしょうかね?

対象が国内のXbox360ユーザーという全体からみれば限られた人間だけということで、無かったことにでもしようということでしょうか?

例え旧世代機でもリリース対象なのですから、メーカーとしては責任を持って公にしてほしかった。

はっきり言ってカプコンには幻滅しましたよ。


というわけで、結局配信日から1日遅れでの「エピソード2」となりましたとさ。


■ ストーリーモード

<クレア編>

ep1でオーバーシアから行けと命じられた「ヴォセク」って一体…?と思っていたら、まさか廃墟の中にあるバーの店名だったとは…w

「テラセイブ」の仲間たちとも合流でき、ホッと一安心のはずが…そうは問屋が卸さない!

途中でショットガンを拾うのですが、なぜ2丁もショットガンを持つハメに…?

ラスボスはこれまでのバイオではあまり見られなかったタイプのちょっとユニークなやつ…だけど強い!

辛くも倒せたものの、信じていた仲間が…!

またいいところで終わりました。続きが気になる〜!


<バリー編>

依然としてモイラの足跡を追うバリーとナタリアちゃん。

ナタリアちゃんがだんだん愛しい存在に思えてきましたw

ここで最も厄介だった敵は、突如空間が歪んだかと思うと徐々に近づいてくるバリーには見えない「蟲」!

ナタリアにはその存在が見えるので、彼女の「もっと右!」「そこよ!撃って!」という指示に従って手探りで攻撃する必要があるのですが、これが結構怖い。

なんせ近づかれてつかまったら最後背骨をバキッと折られて即死ですから…!

そんな「蟲」が1匹や2匹じゃないので、空間が歪むたびに緊張の連続です…はぁ疲れた…!

なんとか目的の塔に辿り着くも、そこにモイラはおらず、代わりに居たのは…!

う〜ん!やっぱり続きが気になる〜!!



■ レイドモード

「エピソード2」を落とした時点でまさかの「レオン」が追加!

彼の固有スキル「ショックウェーブ」は近くの敵を遠くへ飛ばすというおよそ人間離れしたものなのですが、いかんせんその時のモーションがダサすぎて…^^;

「エピソード2」クリア後にはさらに「ペドロ」「ゲーブ」の2名が追加。共にストーリーモード(クレア編)で遭遇したテラセイブのメンバーです。

それぞれ「ドリル突進」「激震」という固有スキルを持つのですが、「激震」は使いようによってはかなり有用な気がします。「ドリル突進」は正直ネタスキルとしか思えませんw


というわけで3人増えて現在のプレイアブルキャラは9人。

今後ep3・4でも順次増えていくとしたら最終的に一体何人になるのやら…

 ※DLCの「ウェスカー」もいますしね…

ここまで増えると余計に不満に思えてくるのが「キャラクター別にレベルが用意されている」という仕様。

「リベ1」ではレベルは共通で、キャラ毎に固有のスキルを持っているという仕様だったのですが、正直なぜこのままの仕様にしてくれなかったんだろうと…。

他キャラの固有スキルを使いたい場合は、それを持つキャラを無理やりにでも育てなければならず、正直いって面倒です。

ぶっちゃけゲームとしての延命措置だとしか思えないんですよね…。


他にも

・レイドのマップが過去作(主に「6」)の使いまわしばかり
・難易度が変わっても敵の出現タイミングは変わらないなど単調
・倉庫(特にパーツ)の初期設定枠が狭すぎて、有料コンテンツ購入が前提

など気になる点がちらほら…。

しかし何と言っても(前回も書きましたが)「Co-opプレイがお預け」なのが一番の不満点です!

たとえ単調なマップや敵配置でも、他プレイヤーとの共闘が可能ならモチベーションも維持できそうなんですけどもね…。

解禁までおよそ2週間…あぁ長い…。


因みに現在メインキャラである「ハンク」はLv52。

他は「ジル」がLv24で残りはLv10以下というところでしょうか。

「デイリーミッション」で2つのミッションが毎日追加されるのですが、うち1つは使用できるキャラが決まっており、「ハンク」と「ジル」以外は該当キャラの場合にのみそこで使っているくらいです。

ただ、今回追加された「ペドロ」が最初から覚えている「シールド」と「ゲーブ」の「激震」は他キャラにも覚えさせたい(継承)のでちょっと育てようかなと。あぁ面倒だ^^;



というわけで、来週の「エピソード3」がとっても楽しみです!



  

  


PS:

本日22時から「ゼノブレイドクロス」の紹介動画「戦闘編」が公開されました。

前作「ゼノブレイド」の基本システムを踏襲しつつ、新たな仕様が盛り込まれてとても奥が深そうな作りだと見受けられました。

う〜ん、あと2ヶ月ほどで遊べる〜! 楽しみすぎるぅ〜!!

因みに次回の紹介動画は「ドール編」とのこと。

ますます「ゼノブレイドクロス」から目が離せません!!

 

 ※いつの間にかAmazonのDL版の値段が元の値引き額に戻っていました。まぁもう関係ありませんが^^;

posted by ラムネ at 22:57| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

バイオハザード リベレーションズ2

「Xbox360」カテゴリーで記事を書くのは1年弱ぶりですね。

「バイオハザード」シリーズ最新作


バイオハザード リベレーションズ2


を現在プレイ中です。

x360_bhreve2_001.jpg

↑タイトル画面

 ※公式サイトは → コチラ


前作「リベレーションズ(リベ1)」は3DS版を中古で買い、大いに楽しませてもらいましたが、続編である今作「2」はプラットホームが「PS3/PS4/Xbox360/XboxOne/PC」となり、新ハードを買わずに遊ぼうと思うと必然的に「Xbox360」版を選ぶことになります。

「リベ1」は3DS版発売後に据え置き機向けに「UE」が発売され、そのときには「WiiU」版もリリースされたのですが、「2」ではハブられてしまいました…もし「WiiU」版があればチョイスしていたのですがね…。


とはいえ「XboxLIVE」にチャージしていたポイントを使い切る上では丁度良い商品でした。

x360_bhreve2_002.jpg

・バイオハザードリベレーションズ2(本体) 800円(税込)

・バイオハザードリベレーションズ2 シーズンパス 2,700円(税込)


計3,500円支払って残り18円。ほぼキレイに使い切りました!w

…ですが、今後追加で支払う可能性が大です。 ※詳細は後述します。


Xbox360の場合、まずは800円の本体(エピソード1)を購入し、エピソード4までの続きを遊ぶには別途各エピソードを単体で買うか、私のように「シーズンパス」を買うかの二択になります。

残り3エピソードを単品で買えば800円×3=2400円で、シーズンパスより300円安いのですが、シーズンパスには3エピソードに加えて「エクストラエピソード」2つにレイドモードで使える「ハンク」というキャラが付いてくるので、トータル的にはお得です。


では、ゲームの大まかな内容と感想を「ストーリーモード」「レイドモード」に分けてそれぞれ書いていきます。


■ ストーリーモード

本作は「クレア編」と「バリー編」の2つのストーリーを平行で遊ぶ形で進行します。

当初てっきり「エピソード1=クレア編」のみだとばかり…。つまり奇数編はクレア・偶数編がバリーなのだと思い込んでいたのですが、各エピソードそれぞれにクレア編とバリー編が収録されているのです。

「リベ1」のときもそうでしたが、「リベレーションズ」シリーズは「原点回帰のバイオ」と銘打ってリリースされた作品だけに、確かに昔の「怖いバイオ」を意識した「ユーザーをいかに怖がらせるか」に重点を置いた作りになっています。

確かにプレイしていて「ウワッ」とビックリさせられることが何度もあり、ちょっと心臓に悪いですw

操作性は以前遊んだ「6」によく似ているので程なく慣れてきましたが、ここ最近は任天堂ゲームばかりを遊んでいたせいで、AとB・XとYがそれぞれ逆なことにちょっと苦労しましたねw

主人公にはそれぞれパートナーがおり、1ボタンで瞬時に切り替えられるのですが、タッグならではの戦略…たとえばクレアとモイラなら、モイラのライトで敵をひるませたところにクレアが蹴り飛ばす…といったコンビネーションがなかなか楽しいですね。

両ストーリー共に同じマップを探索することになるのですが、なぜか現れる敵がかなり違う…?

その理由は…是非皆さんの目でお確かめください^^

どちらかといえば「クレア編」がアクション寄り・「バリー編」がホラー寄り、といった感じでしょうか。

共にクリア済みですが、早くも続きが気になる展開で来週水曜日配信の「エピソード2」が楽しみです。

なお、一度クリアしたエピソードを再度プレイすると、所持アイテムなどはそのまま継続されます。

マップ中の宝石を集めたり様々な条件を満たすことで獲得できる「スキルポイント」でキャラクターを強化させることができるので、繰り返し遊べば最強キャラに成長させられますね。


■ レイドモード

前作「リベ1」でもかなりハマったハック&スラッシュバイオともいうべき「レイドモード」ですが、当然「2」にも存在し、その内容はかなりパワーアップしています。

キャラクターをレベルアップさせ、マップ中に拾った武器やパーツを組み合わせて最強キャラを目指すのですが、遊べるマップも実に多彩です。

どっかで見た覚えのあるステージだな…と思ったら「バイオ6」や「リベ1」で遊んだことのあるマップで思わずニヤリw


使用可能キャラは私の場合基本の4名+「シーズンパス」オマケの「ハンク」。条件を満たすことで新たに2キャラが増え、また別途有料コンテンツとしてバイオシリーズ最強のあの「ウェスカー」が使えます。

現在メインで育てているのは「ハンク」です。当ゲームは1キャラにつき最高4つの武器を装備できるのですが、基本キャラだと最初に装備できるのは1〜3つ(レベルアップによりスロットが開放される)である一方、ハンクの場合は最初から4スロット全てが開放済みなので、単純に弾薬の面でかなり有利です。

加えてハンク独自のプレデターのような「自分の姿を見えなくする」スキルが最初から使えるのも面白いです。

寝そべった敵に対する追い討ちが見下ろし視点で無慈悲にハンドガンを撃ちつける様もカッコイイ!

見た目はちょっとイマイチですがねw 因みに現在レベル17です。

条件を満たすことで使用できるキャラのうち1人は開放済みですが、もう一人はかなり条件が厳しく解放できるのは相当先になりそうです。


マップ中の宝箱から様々な武器やパーツを拾い、それらを持ち帰って組み合わせることでオリジナル武器を作るのがレイドモードの醍醐味のひとつですが、前作との大きな違いは「一度組み合わせた武器とパーツは簡単には分解できない」という部分。

前作なら無償で自由に付け外しができたのですが、今作の場合は一度組み合わせた武器とパーツのうち、どちらか一方を破壊しなければ分解できません。しかも有料です(ゲーム内通貨ですよw)。

そのせいでお手軽にパーツを組み合わせるわけにはいかず、序盤の現在まだ数回しか試していません。

この仕様は賛否両論ありそうですね。


ところで、「レイドモード」といえばインターネットを通じて他のプレイヤーとの共闘も醍醐味のひとつですが、実は現状においてまだ未実装だったりします。

というのも、パッケージ版が発売される3月19日に合わせてその直前あたりにアップデートにより実装されるそうなんですよね。

つまりパッケージ版から遊ぶ後発の人たちへの配慮だと思われますが、正直はがゆい気分です。

どちらにしろ一人プレイによってダウンロード版での先行プレイ者はキャラクターがどんどん強くなり、パッケージ版の人との差は歴然なのに、協力プレイだけ遅らされてもね…。

と、ここで私はフと気付いたわけです。

「あれ?そういえばXbox360で協力プレイをしようと思ったら…あ!ゴールド会員になる必要が…!」

ここ最近ずっと任天堂のゲームを遊んでいて、たとえば「ベヨネッタ2」の協力プレイなど無料でできるのが当たり前の環境だったので、すっかり忘れていましたw

つまり、レイドモードが解禁される3月中旬から協力プレイをしたければ、短期であれゴールド会員に昇格させなければ…。

折角ポイントを使い切ったと思ったのにまたもや充填するハメになろうとは…!

他にもレイドモード用の追加マップや追加キャラ「ウェスカー」も使いたいと思えば別途ポイントを買わないと…う〜ん、カプコンってば商売上手!^^;



とまぁ、そんなこんなで久しぶりのXbox360ゲームに陶酔しています。

やっぱり360のコントローラーは遊びやすいですね。WiiUのプロコンにも慣れましたが、やっぱり細かい操作具合では360コンに軍配が上がります。


一方でやはり私を悩ませる症状が…そう、「3D酔い」。

最近すっかり3D系のゲームから遠ざかっていただけに、久しぶりのTPS系ゲームはかなりしんどいです。

継続プレイだといいとこ2時間ですかね…それを過ぎると徐々に頭痛が…。

もう体質なので諦めていますが、止め時を制御できてむしろ好都合…かも?w


以上「バイオハザードリベレーションズ2」でした。

シリーズ最新作としてはなかなかの出来で、シリーズのファンならオススメしますよ。


  

以前別の記事で「XboxOneとのクロスプラットホームは…」なんてことを書いたのですが、最近読んだファミ通によれば、国内でのXboxOne本体の販売台数ってまだ5万台にすら到達してないんですってね…!

そのあまりの売れて無さっぷりに驚きました。同時に「例えクロスプラットホームに対応していたとしても、国内XboxOneプレイヤーは数のうちに入らないな」ともw

正直もうちょっと売れてると思っていたんですがねぇ…苦戦しているというPS4でさえ100万台は超えているのに、まさか10万もいってないなんて…。100万台に到達するのは一体いつになることやら…というかそれ以前に到達は可能なのでしょうか…?w


  




posted by ラムネ at 12:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

「ストライダー飛竜」の体験版を遊んでみました

実は実際遊んだのは先月末の話なのですが、備忘録的に今更ながら記事に起こしたいとおもいます。

Xbox360用ダウンロードソフト


ストライダー飛竜


の体験版を遊んでみました。

strd_hiryu.jpg

↑タイトル画面。

先月、当ブログにて「今後のゲーム予定まとめ - 2014年 2.26〜3月 -」という題で書いた予定ソフトの中にラインナップされていたゲームなのですが、「まずは体験版を遊んでみよう」ということで購入前にDLし、触ってみたところ…


ん?う〜ん…


ゲーム自体は決してつまらなくは無いのですが少々気になる点がありまして…

まず、チェックポイントが少ないこと。

私はゲームに関しては所謂「下手の横好き」なので、体験版でも途中何度も私の飛竜は点に召されましたw

それは良いとして、問題はその後。

場合によってかなり手前のほうに戻されてしまううんですよね…。

体験版の中ボス的存在の敵に何度かやられたのですが、その際事前のセーブポイントまで戻されしまい、それが結構遠い…。

アクションが得意な人からすれば「何を甘えたことを」と言われそうですが、私にとっては中ボス戦を何度もやられてコツを掴むまでに、同じマップを幾度となくやらされるのが苦痛なんですよ。

間にもうちょっとチェックポイントを増やしてくれてもよいと思うのですが…。


次に、上の話と少し重複しますが、敵にやられて戻された場合に、「一度取ったアイテムをもう一度取らなければならない」という点。

ある種こちらのほうがキツいかもしれません。

とある取得困難なアイテムを取ろうとしたとして、幾度もトライ&エラーを繰り返した末、ようやく獲得して歓喜したのも束の間、その後セーブポイントまで辿り着く前に(先に書いたように間隔が長い)死んじゃったりしたら…。

あの苦行をもう一度しなければならないのか…と目の前が真っ暗になること必至ですw


他にもそもそものゲームデザインが「敵の避けきれない雨アラレの攻撃を、回復の機会を増やしたことで対処した」といった感じなのも少々好みではないといいますか…。

 ※いや元々ヘタなのでデザインに関係なく攻撃されまくるんですけどねw


そんなこんなで、リリース前は買う気マンマンだったのですが、結果的にスルーしちゃいました!


4000円近いチャージ金どうしよ…

iTuneストアにリストアできたらどれだけ嬉しいか…^^;



PS:

「今後のゲーム予定まとめ - 2014年 2.26〜3月 -」に書いたゲームの中で、4月26日発売予定のXbox360用ソフト

 バレットソウル -INFINITE BURST-

ですが、その後の情報でわかってきたことは、内容はあくまで「前作の焼き直し」である事実…。

敵の配置などを見直し、新たなゲームシステムを追加した、言わばケイブ系シューティングで言うところの「ブラックレーベル」に近い位置づけなんですよね…。

ぶっちゃけ、この内容にフルプライスはちょっと出せないですねぇ…。

これなら追加DLコンテンツ扱いで十分じゃない?という感じです。

というわけで、スルー率98%です! ※もう確定と言ってもいいくらいですw

3年近く猶予があって、何故これを今頃になって出すのか…新作だと思っていただけに歯がゆい想いですね…。



PS2:

「バレットソウル」とは逆に、「今後のゲーム予定まとめ - 2014年 2.26〜3月 -」を書いた際に完全に情報がとんでいたソフトが2本。

まずはXbox360版が3月13日に発売予定の

ダークソウル2

前作はPS3版のみの発売でしたが、続編の「2」は何故かXbox360でも出るんですね。

前作が当時評判が良かったことを聞いていて、ハードを買うほどでは無いにしろ「ちょっと遊んでみたいかな」とか思っていただけに、「2」が360でも出るということを最近知って、ちょっと気になりだしています。

って、もう今週の木曜の話なんですよね!これは慌てて検討しなければ…!


そしてもう一本、同じくXbox360版が3月27日に発売予定の

YAIBA NINJA GAIDEN Z

コーエーテクモの「チームニンジャ」と、デッドライジングなどでお馴染みのゲームクリエイター稲船氏がタッグを組んだ、「NINJA GAIDEN」の言わば外伝的ソフトでしょうか?

元々「NINJA GAIDEN」シリーズは好きなのですが、最新作「3」では見事に期待を裏切られ、協力&対戦モードが無ければ早々に投げ出していたかもしれないという惨劇だっただけに、「チームニンジャ」ということで少々不安もあるのですが、稲船氏が加わったことでいい方向性になってくれていれば、あるいは…といったところです。

グラフィックは原色バリバリでアメリカンコミックを髣髴とさせる独特のもので好き嫌いが分かれそうですが、私は特別嫌いではありません。


以上2本、いずれも3月発売なので早くどうするか決めなければ…!

 ※結果的に両方スルーする可能性も大いにありえますがw


 

 

posted by ラムネ at 22:57| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

「バイオハザードリベレーションズUE」の体験版を遊びました(Xbox360版)

先にアップした「WiiU版」の記事に引き続き、Xbox360版



バイオハザードリベレーションズUE(アンベールドエディション)



の体験版もDLして遊んでみたので続けて記事にしてみます。


「WiiU版」と同日配信だったのですが、当日何度かチェックしてみるもなかなか見つからず、結果的に落としたのは15日の1時頃でした。

さすがネット周りに関しては最強のXbox360だけあって、DLをはじめてから遊べるようになるまでがものすごく速い!


ゲーム内容としてはもちろん同じなので詳しく書く必要はもうありませんので、「Xbox360版」の優位性を主に挙げていきます。

なんといっても「コントローラーの操作性」が良いですね!

同じゲームのエイミングをしているとは思えないほどスムーズに照準を敵に合わせられます。

これまで散々触ってきたコントローラーなだけに多少”慣れ”もあるかもしれませんが、それでもここまで使いやすいコントローラーってもうちょっと考えられないですねぇ。


最高難易度「INFERNAL」は「WiiU版」では途中で止めましたが、こちらは最後まで遊べました。

新型クリーチャーがショットガン2発で沈んだのはちょっと笑いましたねw

しかし、敵がかなりわらわらと出まくって、これは3DSではちょっと味わえなかった新たな恐怖ですねぇ…遊び応えがありそうです。


画面の右上にマップ、右横にハーブの数、下の左右隅に武器(銃&サブウェポン)がそれぞれ表示されるので
「WiiU版」のようにタッチパネルが無くても特に支障は感じませんね。

武器チェンジも十字キーで普通に可能ですし、リロードは「WiiU版」も結局ボタンでしか出来ないと同じだし…。

Miiverseに興味なければ間違いなくコチラを選びますね。

実績も備わっていますしね。



まぁ、なんだかんだ書きましたが製品の発売日である23日には待望の

真・女神転生4

同日発売されるので、発売日に買うという選択肢はありえないのですがねw

 ※大事なことなので2回目ですw



ともあれ、3DS版を未プレイの方でしたら純粋にオススメできますね(以下略)。




posted by ラムネ at 21:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

バーチャファイター2 & ファイティングバイパーズ

4月に遊ぼうと思っていた「サイドアーム」がまさかの「本体完全版(Xbox360版のみ有料)を購入しなければ遊べない」という謎の仕様のせいで見送りを余儀なくされたため、「何か新しいソフトでも買おうかな?」と思っていたところ、以前安売りしていたときに購入したまま放置していた



バーチャファイター2



ファイティングバイパーズ



のことを思い出し、「よし、ちょっと遊んでみよう」と押入れから久しぶりに「RAP EXSA」を出してきていざプレイ!



■ バーチャファイター2


アーケードで稼働していた当時はその「1」からのあまりの進化に驚愕し、サターン版が出たときはお世辞にも移植具合は芳しくはなかったものの「家で”バーチャ2”が遊べる!」という事実に感動しながら一人黙々とCPU相手に遊んだものです。

そして現在…アーケードと全く遜色の無い状態で、しかもネット対戦で家に居ながらにして対人戦が可能になる時代がやってくるとは…!

…とはいえ、既に「バーチャファイター5FS」が配信されて久しく、さすがに「今更感」が拭えませんね…

あんなに熱中して遊んだのに…いや、当時だからこそ熱中できたということでしょうか…。

メインキャラの「カゲ」を使用して暫く動かしてみて、「5FS」のクセが抜けない状態でのプレイはツライ…「こんなにワザ少なかったっけ?」「何この大ジャンプ!」と、当時のキャラ性能に驚いたりw

というわけで、結局セガの配信ゲームとしてはすっかりお馴染みになった「誰でも簡単に実績コンプ可能」という要素?を満たして終了…。

時間にして30分くらいで終わったでしょうか?予想外だったのは、CPUの難易度を最低の「EASY」にしてもそこそこ強いということw

無事コンプしてから試しにネット対戦をやってみようと検索してみて…誰もいませんでしたw



■ ファイティングバイパーズ


確か「バーチャファイター2」の翌年くらい?にアーケードでリリースされたポリゴン格闘ゲーム。

これもセガサターン版が発売されたときは購入して結構遊びましたね。

因みに使用キャラは忍者が居なかったので「バン」をメインにしていました。

ふっ飛ばしやアーマー破壊など「バーチャ2」と比べてハデさがウリでしたが、その辺りは好き嫌いが分かれる仕様だったかもしれませんね。

正直私的にはあまりハマれなかったことを覚えています。

XBLA版はやはり完璧な移植具合で、当時ハマった人なら文句なしの出来でしょうね。

やはりVF2同様実績コンププレイで進めます。

ハニィの10連勝脱衣(スカート破壊)はコントローラーが2つあれば余裕で解除できますね。



というわけで、結果的に実績400ずつを獲得して早々に終わってしまいました。

最終結果は…


vf2_fv.jpg

↑実績コンプリート達成ソフトが2つ増えて、計 26 個になりました!


あぁ…速攻終わってしまった…そそくさと「RAP EXSE」を押入れに戻したのは言うまでもありません。



さて、「真・女神転生4」発売までまだ1ヶ月以上あるぞ…どうしよう…???

posted by ラムネ at 21:18| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

DmC デビルメイクライ その5

購入したのが1月17日ですからかれこれ2ヶ月ほどになりますが、結構遊べてますね



DmC デビルメイクライ



今回の記事は、実は既に遊び尽くしてしまった内容の事後報告になってしまうのですが、先日6日に配信された追加DLc


「 バージル ダウンフォール(VDF) 」


について。


ダンテの兄にして閻魔刀の使い手「バージル」をプレイヤーキャラとして使えるDLCで、本編でダンテに殺されたバージルのその後を描いたものです。

実績 10個(250G)付き。


全6ミッションと、オマケにしてはまぁまぁのボリュームで、獲得したアップグレードポイントで武器のスキルアップや、レッドオーブでの買い物など、本編のシステムをそのまま取り入れていますね。


武器は「閻魔刀(やまと)」1本で、ダンテのように武器の選択は不可能ですが、〔LT〕〔RT〕によって「エンジェルモード」「デーモンモード」に移行できるのはさすがネフィリムです。


特徴的なのは、銃が無いかわりに刀の刃状のもの(幻影剣)を敵へ投げつけ、それによって「デーモンプル」などを行えること。


また、ダンテの場合は単純にデビルトリガーの発動にのみ使う「デビルトリガー」ゲージも特殊です。

〔X〕ボタン押しっぱなしにによってバージルの周囲を刀状のバリア?がグルグル回る「円陣幻影剣」(ゲージを4つ使用)が使えます。

また、ダンテのデビルトリガーと同じRスティック+Lスティック同時押しで発動するのは「ドッペルゲンガー」で、バージルの動きをトレースする分身が現れて実質攻撃力が2倍に。更に十字キーの左右でエンジェル・デーモンのどちらかに固定できたりもします。



というわけで、実質的には「新キャラクター」ということで、基本技などダンテとはまるで違いますから、基礎はダンテで出来ているとはいえ連携など一から覚えなおさなければならないのが大変!

それでも繰り返し遊んでいるうちにだんだんと動けるようになり、そうなるとダンテとはまた違った面白さがそこにはありますね。

とにかく「円陣幻影剣」を出しつつ敵に近づくだけで、円陣が敵をゴリゴリ削ってくれるのでスタイリッシュポイントが面白いように上がります。ただ、情報量が格段に増えることで、何をやっているか訳がわからなくなるという弊害もあったりw

一方「ドッペルゲンガー」はあまり使いませんでしたが、あるミッションでとても重宝しました。



さて実績ですが、本編から一部抜粋したような形になっています。

普通に遊んでいればおのずと解除できるものはいいとして、今回も

・難易度「ネフィリム」で全ミッションSSSランククリア
・難易度「ヘル・アンド・ヘル」で全ミッションクリア

この2つがやはり大変でした。


共通しているのはミッション5の「亡霊バージル」との戦い。

本編のミッション20のようにバージル(の姿をした敵)との一騎討ちなのですが、やはり基本は受身を強いられ、更にコイツが酷いのは途中2回ほど遠方に位置取りこちらからは攻撃できないのでひたすら避けるだけの時間があること。

この攻撃がまたシビアで、元々バージルは回避時の無敵時間が短めらしいので、ちょっとでもタイミングが遅れると即食らってしまいます。

やはりダンテのとき同様攻略サイトの力を借りて亡霊バージルの各攻撃の対処方法を覚え、トライ&エラーを繰り返して…なんとか撃破!!



というわけで…


今度こそ…


xb360_dmc_003.jpg


実績コンプリート!!!!


ちゃんと「実績を全て解除したゲーム」の数も1増えて計 24になりましたよ!^^



さて、「DmC」としてはあとは「ブラッディーパレス」を自力でクリアすることくらいですかね?

 ※「スーパーダンテ」の力を借りてサクッとクリアした後放置していましたからw


この記事を書くまでに1度トライしたのですが、60ステージ目(リリス戦)で力尽きてしまいました…。

散々「バージル」ばかり遊んでいたので「ダンテ」に戻ったら動きがぎこちなくなっちゃって…(言い訳?w)

「ダンテ」のリハビリも兼ねて、そのうちリトライしたいですね。


しかし、「ブラッディーパレス」も「VDF」もそうですが、追加DLCとして待たされたにしてはボリューム的には最初からディスク内に入っていて当然な内容でした…。

”時代”といってしまえばそれまでですが…中古への売却を防ぐためなどメーカーも色々大変なのはわかるんですけどね。



ともあれ、これで1本のソフトが一段落したなぁ〜という感じです。





----------


PS:

ところで、明日(日付変わったから今日か)発売のニンテンドー3DS用ソフト

スパロボUX

ですが、「DmC」が落ち着いたことでそれとスイッチする形で買ってもよかったのですが…

という言い方をすればもうお分かりだと思いますが、


キャンセルしました!!


理由は…

・「ドラクエ7」が終わらない(もうかなり終盤だとは思うのですが…)
・「ドラクエ10」のβテストにぼちぼち参加している(詳しくはまた記事にします)
・一週間後(20日)に1本増えることが確実(”タイバニ”のゲームなので、これは譲れない!)
・そもそも時間が無い(Miiverse・ドラクエ7・ドラクエ10β・ナノアサルトネオ…)
・冷静に考えてやっぱり「UX」の参戦アニメが微妙(「飛影」にそこまでの牽引力は…)

この辺が重なって、というところでしょうかね。


ゲームに関して、買うからには「消化」なんて言葉で片付けたくは無いので、中途半端な買い方はしたくないのです。


さようなら「UX」。また会う日が来るかどうかはわかりませんが…^^;


posted by ラムネ at 01:00| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

DmC デビルメイクライ その4

相変わらず「ドラクエ7」と「Miiverse」に忙しい中、更に突然配信された某STGも買ってしまってすっかり時間が欠如してしまっている私ですが、そんな中でもコツコツと遊んでいました!



DmC デビルメイクライ



今回記事にしたということは…もちろん進展があってのことです!


前回の記事の時点で未取得であった実績

・そんでもって地獄へようこそ! : ヘル アンド・ヘル・モードで全てのミッションをクリアする (100G)
・ジャックポット! : ネフィリム モードの全てのミッションをSSSランクでクリアする (80G)

の2つの獲得に成功しましたー!!


では順にプチ解説を。


ヘル・アンド・ヘル」モードですが、前回の記事の中で、「ダンテ・マスト・ダイ」のクリア報酬である「スーパーダンテ」を使えば作業プレイです、なんてことを書いたのですが、例外がありました…

ミッション20が鬼門でした…!

他のミッションはチェックポイントも豊富にありますし、デビルトリガー(DT)を出しつつ淡々とこなしていくだけで済んだのですが、ミッション20…バージルとの一騎打ちに限り倒すまで一切のチェックポイントがありません!

つまり3回ダメージを食らってゲームオーバーになれば、また最初からやり直しになってしまうのです…。

更に、DT発動状態でも基本こちらからの先制攻撃はまずガードされるので常に受身な戦闘となり、結果相手の攻撃を見極めダメージを極力食らわずコンスタントに攻撃を当てていくという、至極基本的な攻略を必要とするのです。

これまでの難易度ではバージル戦はアイテムゴリ押しでムリヤリ突破してきたのですが、そのツケがここで回ってきました…やべぇ基礎ができてねぇ…^^;

そこで攻略サイトを見てバージルの対処方法を学び、それを少しずつ実践していって…しかし何度もゲームオーバーを繰り返してもう何度目だ?というくらい挑み続けて…

なんとか倒せましたよ!!あぁしんどかった…^^;

しかし、ここでの経験は決してムダではありませんでした。



最後に残ったのが「ジャックポット!」(難易度ネフィリムの全ミッションSSSクリア)。

これも正直しんどかった…。

SSSクリアを獲得するために最重要なのが「スタイリッシュポイント」(SP)ですが、敵が少なめなステージほど大変ですね…。

これも攻略サイトでSPを多く稼げる攻撃方法を調べ、しかしそればかり繰り返してもポイントは伸びないので、様々な攻撃方法を繰り出すようにし、当然ダメージを極力受けず、尚且つエボニー&アイボリーで攻撃の手を止めないクセをツケながら…と思って挑んむも、ミッションによっては敵の数が少なく思うように点数が伸びない…。

そんなミッションが5つくらいありましたでしょうか?それらについてはミッションによっては10回くらいやり直したかもしれません。

そして、ここで功を奏したのが「ヘル・アンド・ヘル」モードで私を苦しめたミッション20のバージル戦。

散々練習させられたおかげで「見える!やつの動きが見えるぞ!」…とまではいかないまでもw、以前の私なら最高でもSランク止まりだったのが、いきなりSSランクをゲット!

しかし、そこからが結構しんどかった…ただ倒すだけなら余裕なんですが、SPを稼ぐことを念頭に置こうとすると今度は時間がかかりすぎるという…。

結果的にここも数回はリトライしましたでしょうか?



というわけで、晴れて実績コンプリ…

xb360_dmc_001.jpg

コンプ…

…あれ?

コンプ、じゃない…?

xb360_dmc_002.jpg


実績の分母増えとるやないかーい!!! (by髭男爵)


どういうこと!?と思って調べてみたら…来月6日に配信予定のDLC「バージル・ダウンフォール」の実績が既に反映されているじゃありませんか!!


おいおい…早すぎるにもほどがあるだろ!!


少しだけでも実績コンプリートの余韻に浸らせてくれよ…え?オマエのプレイが遅いから?くぅ…^^;


というかですね…これはXbox360の仕様として前々から思っていたのですが…



実績の分母増やすのは実際にDLしてからにしてくれません?



どのゲームもDLCを買うとは限らないのに、メーカーが勝手に配信したDLCによって勝手に分母を増やされ、結果コンプリート扱いにされないというこの仕様…。

実績に以前ほど拘らなくなってきたとはいうものの、この仕打ちは本当に納得いかないですよ。

ヒドいののになると、某コナミのように「国内のみDLC未配信」なんていう最低の行為をされたりね!

 ※MGRの突然の国内Xbox360版のみ販売中止といい、最近のコナミにはほんと不信感しかありません…^^:


世間は次世代機の話題でもちきりのようですが?次世代機でも実績機能を継続するのであれば、ご一考くださいよほんと…。



というわけで、思わぬトラップ?によってぬか喜びに終わったのですが、こうなったら「バージル・ダウンフォール」も頑張るしかないですね。

実績の内容を見ると、また「難易度ネフィリムで全ミッションSSSクリア」がある…くぅ…。

おそらくダンテとは攻撃方法とかかなり変わっているだろうし、また1から慣れないといけないと思うと今から気が重いですがw

幸い私が購入した初回限定生産版は無料でDLできるので、そこは嬉しいですがね。



私のDmCはもう暫く続きそうです…時間が無い…>_<;





----------


PS1:

(ヒロシ調で)

ラムネです…


ドラクエ7が終わりません!!


ラムネです、ラムネです、ラムネです…


改めて記事にしますが、ようやく5人目の仲間と合流したところで、終わりが全然見えない…!

冒頭に書いたようにSTGを買ってしまった(これも後日記事にて)ので、ほんと時間がヤバい!


というわけで、来月14日の「スパロボUX」の購入が怪しくなってきました…。


「積むくらいなら買わない」のが私のポリシーなので…。

あと二週間あるので、結論は発売間際までの進捗具合によりますね。

 ※結果購入断念を選択したら、以後買わない可能性も…買ったとしても最悪中古だろうな…^^;


posted by ラムネ at 00:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

DmC デビルメイクライ その3

「Miiverse」や「ドラクエ7」のせいでめっきりプレイ時間は減ってしまいましたが、それでもコツコツ遊んでいますよ!



DmC デビルメイクライ



では早速現在までの進捗具合を。


まずクリアした難易度を挙げると…(クリア順に記載)

・ サン・オブ・スパーダ
・ ヘブン・オア・ヘル
・ ダンテ・マスト・ダイ

この3つ。因みに全てクリアさえすれば実績解除となります。


サン・オブ・スパーダ」は難易度「デビル・メイ・クライ」の中の最高レベル「ネフィリム」よりも更に高難易度のモードで、出現する敵が序盤からかなり強いものばかりです。

これまでに培ってきた(と言ってもレベル的にはまだまだですがw)テクニックと貯めたレッドオーブで買いまくった豊富な回復アイテム、こまめに用意されたチェックポイントのおかげで私でもなんとかなる難易度でした。


ヘブン・オア・ヘル」は「サン・オブ・スパーダ」をクリアすることで遊べるモードで、ダンテと敵双方が一撃食らっただけで即死亡という過酷なモード…とはいえダンテはゴールドオーブ3つ分の猶予があるのでそこまで過酷ではありません。

基本銃を乱射しているだけで敵が面白いように死んでいくのですが、一部盾を持っている敵のみそれをさきに剥がしてからでないと攻撃が通らないのでちょっとだけ面倒。更に一部の敵はエンジェルモードorデーモンモードのみ攻撃を受け付ける敵もあり、そうなると更に面倒。しかしそれらも「デビルトリガー」ゲージが貯まっていれば発動することで即倒せます。

従来ならゲージで表示された体力を徐々に削る必要があるボスさえも銃1発で死ぬのはスカッとしますねw

実は一番の敵は足を踏み外しての「落下」だったりします…当然これだけで1ミス扱いですからw


ダンテ・マスト・ダイ」は「DmC」のキャンペーン最高難易度。これも「サン・オブ・スパーダ」をクリアすることで遊ぶことができます。

「サン・オブ・スパーダ」よりも更に敵が強く&硬くなり、登場する敵の種類もさらに序盤から驚異的になります。が、これも多少てこずる程度で豊富なアイテムを準備して挑めば特別大変なわけでもありません。

「サン・オブ・スパーダ」で少し減らしたアイテムも「ヘブン・オア・ヘル」で再び稼いだレッドオーブにより補充できましたので、かなり余裕を持ってクリアできましたね。

そして、なんといってもこのモードをクリアすることで獲得できる「スーパーダンテ」がチート級の強さです。これに関しては後ほど。



というわけで、この時点で残った未取得実績は2つ。

赤字は取得済み

決め言葉は? : 敵を5,000体倒す (30G)
Too easy! : サン オブ スパーダ モードで全てのミッションをクリアする (40G)
悪魔は泣かない : ダンテ マスト ダイ モードで全てのミッションをクリアする (100G)
でもこういうノリは嫌いじゃないぜ! : ヘブン オア ヘル モードで全てのミッションをクリアする (10G)

・そんでもって地獄へようこそ! : ヘル アンド ヘル モードで全てのミッションをクリアする (100G)
・ジャックポット! : ネフィリム モードの全てのミッションをSSSランクでクリアする (80G)


決め言葉は?(敵を5000体倒す)は各モードのクリアのついでに自然に取れました。


ヘル・アンド・ヘル」モードとは、「ヘブン・オア・ヘル」に似ているのですが、一番の違いは”ダンテのみ一撃で死亡”という超過酷なモード。

…なのですが、実は先ほど書いた「ダンテ・マスト・ダイ」のクリア報酬である「スーパーダンテ」があれば「ヘブン・オア・ヘル」以上にラクなモードだったりします。

というのも、「スーパーダンテ」の大きな特徴は「デビルトリガーゲージが常にマンタン」ということ。つまり「デビルトリガーが使い放題」なのです。

敵が登場する前からデビルトリガーを発動していれば、登場即空中に浮いた状態で完全無防備なので、あとは延々空中コンボを繰り返すだけの簡単なお仕事ですw

現在ミッション15まで終えており、残りのステージも時間の問題ですね。


というわけで、残っているのは実質「ジャックポット!」だけなのですが、これが最大の試練ですねぇ…。

他はクリアするだけでいいのに対し、難易度「ネフィリム」とはいえ全ステージ「SSSクリア」の必要がありますので…。

先の「スーパーダンテ」を使えばデビルトリガー中はスタイリッシュコンボレベルが上がりやすいので…というのは実は落とし穴。「スーパーダンテ」状態だと稼いだポイントが最終的に半分で判定されるのです。

つまり、アイテムの力を借りず(アイテムを使うとポイント減)純粋にテクニックを要求され、更にクリアタイムにも気を使わないといけないという…。

以前一通りクリアはしたのですが、「SSSクリア」を達成できたミッションはわずか5つ。残り15ミッションについて、その時よりは多少腕は上がっていると自負しているとはいえ、果たして私に可能なのか…?


そして、それに対しての”もう一つの壁”が明日20日に来てしまいます。



実は明日20日に、デビル・メイ・クライシリーズお馴染みのチャレンジモード

ブラッディーパレス

が配信されるんですよね。


簡単に説明すると、出現する敵を全滅させるたびに次々にレベルが上がっていく、多重階層の塔を登っていくようなモードで、前作「4」のシステムに近いようですね。

「4」の時も果敢にチャレンジしたのですが、かなりいいところまでいくこともあったものの、結局クリアには至りませんでした…。

今回もおそらく実績付きで配信されるでしょうし、今からとても楽しみなのですが、これが配信されてしまうと実績「ジャックポット!」が疎かになってしまうのでは…と。

一方で「ブラッディーパレス」で更に腕を磨くことで、「ネフィリム」モードが余裕になっていた…なんていう孫悟空の修行みたいなうまい話に…ならないよねw



まだまだ私の「DmC」は終わりませんよ!!





PS:

PSVITAが19,980円に値下がりしたんですってね。→ 詳しくはコチラ

たしかつい最近まで某イ○キさんが「今買わないでいつ買うんだよ!」と散々煽ってた記憶があるのですが?w

しかも3G/Wi-Fiモデル・Wi-Fiモデルどちらも同じ価格になったそうで。

これによってWi-Fi単独モデルの優位性が完全に失われたと思うのですが…なぜ価格に差を付けなかったのでしょうか?

いや、私が口出しする立場じゃないのは重々承知しているのですがw

個人的には多少の値下げ程度では購入動機にはとても繋がりませんね…ココでも何度も言ってますが、結局は遊べるソフト次第ですよ。

余談ですが、メニュー画面って未だにタッチ操作オンリーなのでしょうか?そろそろスティックやボタンで操作可能になってます?^^;

posted by ラムネ at 16:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

DmC デビルメイクライ その2

発売日からコツコツと遊び続けている



DmC デビルメイクライ



ですが、購入から二週間ちょっとが経過した現在の進捗状況をメモがてら記事にしたいと思います。


まずは

難易度「デビルメイクライ」をクリアしました!


このゲームの標準難易度ということでしたが、慣れるまでは結構死にましたねぇ〜

それでもゲームオーバー後にはチェックポイントからの再開で、その際HPゲージがマンタンになるので、繰り返し挑んでチェックポイントさえ通過すれば先に進めますし、そのポイント自体も多めに設けられているので時間さえかければ誰でも十分最後まで遊べると思います。


なおゲームを進めるにあたって、オマケ要素的な「シークレットミッション(ドア&キー)」・「ロストソウル」に関しては、特に前半のミッションに関してストーリーを進めていくことで手に入る武器が揃わないと獲得できないものが多数あるので、1周目はあまり躍起にならず純粋にストーリーを楽しむことを前提に遊びました。

そのストーリーですが、全て終わってみてほどよく纏まった、簡潔ながらよくできたものだったと思います。

ただ、ゲーム的には終盤の盛り上がりに若干欠けるものがあったかなぁと…。

ラスボス戦はかなり地味ですし、その手前のボスに関してももう少し難しければ歯ごたえがあったのになぁと…。


しかしながらシステムとしては自身過去最高だったのではないかなと思います。

元々「4」のスナッチ(ネロ)が好きだったのもありますが、「DmC」ではそれを更に進化させ、それがストーリーと密接にシンクロしているのが実に見事だったなと。


惜しむらくはやはりグラフィック。

洋ゲー感丸出しのキャラクターモデリングなど、ゲームを最後まで遊んだ今も違和感が拭えません。

グラフィックを「4」レベルに高めた「DmC」があれば自身満点を与えてあげたいところです。

「リンボー」の世界で建物が形を変えながらダンテを襲ったりする演出は凝っていて楽しかったのですがね…。


1周目を遊んだ後は同じ難易度「デビルメイクライ」の2周目をプレイし、各ミッションで未取得であった「シークレットドア&キー」や「ロストソウル」を獲得してまわり、「シークレットミッション」に関してはドアをオープンにした時点で全てクリアするまで先に進まないという自己ルールで遊んでいきました。

因みに「シークレットミッション」で特に難易度が高いと感じたのは全21個中4個くらいだったでしょうか?

また、「ロストソウル」に関しては通常のジャンプや移動では到底辿り着けない高さにあるものが2箇所ほどあり、それらは敵をおびき寄せて敵を踏みつけることでより高くジャンプできる技を駆使しなければならないのが少し大変でした。


現在は、難易度「サン・オブ・スパーダ」を進めています。

それより一つ易しい難易度である「ネフィリム」も一通り遊んだのですが、実績の獲得条件で「全ミッションSSSを取れ」というものがあり、何度プレイしてもSS〜Aランク止まりだったりでしたので「これは後回しにしよう」と現在放置中ですw



というわけで、現在未取得の実績は…

・決め言葉は? : 敵を5,000体倒す (30G)

・Too easy! : サン オブ スパーダ モードで全てのミッションをクリアする (40G)
・悪魔は泣かない : ダンテ マスト ダイ モードで全てのミッションをクリアする (100G)
・でもこういうノリは嫌いじゃないぜ! : ヘブン オア ヘル モードで全てのミッションをクリアする (10G)
・そんでもって地獄へようこそ! : ヘル アンド ヘル モードで全てのミッションをクリアする (100G)
・ジャックポット! : ネフィリム モードの全てのミッションをSSSランクでクリアする (80G)

以上6つ。


「決め言葉は?」に関してはゲームを繰り返し遊べばいずれ獲得できるでしょうから特に問題ありません。ちなみに現在までに3000体ちょっと倒しています。


残った難易度別クリア系は私の腕で一体いくつまでクリアできるか全く予想だにしませんが、とりあえず出来る範囲で頑張っていこうかなと思います。



今週7日に新作ソフト「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」を買う予定ですが、まぁRPGとアクションですし両立は可能でしょう。

それより問題は、「Miiverse」にかなりプレイ時間を割いてしまっている現状です…本当にヤバいですw




posted by ラムネ at 15:37| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

DmC デビルメイクライ

先日17日に発売になった、カプコンのアクションゲーム「デビルメイクライ(DMC)」シリーズの最新作



DmC デビルメイクライ



を昨日19日からプレイしています。


実際に届いたのは軽く1日Konozamaを食らって18日だったのですが、その日は帰宅が遅かったのでプレイは断念し、翌日からのプレイと相成りました。



現在ミッション6までプレイ済みですが、ここまでの間に体験版で経験させてもらったステージは全て登場しました(ミッション3及び6)。

一体いくつのミッションがあるのでしょうか…?


ストーリー的には「1」の更に前にあたるもので、自分が何者かも知らないまま好き勝手に生きてきた「ダンテ」が、双子の兄「バージル」と出会い、彼の導きによって自分の過去を思い出して、両親の仇である(父「スパーダ」は死んでいませんがw)「ムンドゥス」を倒すために決起する、といった感じ。


グラフィック面もさることながら、冒頭からいかにも海外向けに作りましたといった展開だなぁと。

踊り子2人とヨロシクやっているところを「ハンター」に襲われ、全裸状態から敵の攻撃をかいくぐりつつ服を着るとか…w

途中、お馴染みの白髪のカツラ?が偶然被さって、お馴染みのダンテっぽいスタイルになるのですが、すぐに「ダサい」と言い放って脱いでしまうという…この演出に何か意味はあるのか…?w


最初は長剣「リベリオン」しか使えない「ダンテ」ですが、二丁拳銃「エボニー&アイボリー」を取り戻し、「ハンター」を倒したあとは、自分が過去に住んでいた生家に行って、父「スパーダ」の絵から大斧「アービター(デーモンモード)」・母「エヴァ」の絵から大鎌「オシリス(エンジェルモード)」をそれぞれゲット。

ミッション6では大ボス「サキュバス」から格闘武器「エリクス(デーモンモード)」をゲット。これまでのシリーズだと脚にも装備があったのですが、今作では腕のみの装備になりましたね。

メニューを見るに武器は他にもまだありそうです。


各武器及び「デーモンモード」の「デーモンプル(敵を引き付ける)」・「エンジェルモード」の「エンジェルリフト(敵に近づく)」&「エンジェルブースト(空中ダッシュ)」を駆使すれば、一度空に打ち上げた敵に対しずっと空中で攻撃し続けることも可能で、空中にいる間は敵は一切手出しできない完全無防備状態なので、いかに落下させずにトドメをさせるかが攻略のカギ、でしょうか?

打撃武器が4つに銃が1丁と装備が揃ってきたので、できることがかなり増えてきましたが、反面操作が複雑になってまだまだ思うように動かすことはできませんw

「DMC」シリーズといえば、超絶プレイヤーの神がかり的なコンボ動画がもはや名物ですが、今作においても期待できますね。


また、各ミッションには1〜複数の「ゲート」が存在し、それぞれ必要な「カギ」の色が決まっているのですが(ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ)、各ミッションで手に入る「カギ」とそこに存在する「ゲート」の色や数は必ずしも一致していないので、カギを見つけても開けられるのは別ミッションであることも少なくありません。

この「ゲート」に入ることで受けられる「スペシャルミッション」ですが、開けたカギの色によって難易度が異なるようで、これまでにブロンズ4つにシルバー1つを攻略しましたが、同じブロンズでも結構難易度に差があると感じました。

またシルバーのステージは「これでシルバーって…ゴールドやプラチナはどうなるの?」ってくらいのっけから難しい…。

本編そっちのけでそれぞれ必死に頑張り、これまでなんとか全てクリアできていますが、上位ミッションは装備が整い腕が上がってから改めて挑戦したほうがいいかもしれません。幸い「スペシャルミッション」はメインメニューからいつでも遊ぶことができますので。



総評としては、グラフィックはやはり多少のとっつきにくさを感じるものの、ゲームとしては体験版で遊んだときに感じた「DMCらしさ」をしっかり味わえますので、そこは安心して今後も遊んでいけそうです。



なお、数量限定特典としてついていた3つの無料DLコードは早急に3つとも落として早速活用しています。

アイテムが近くにあると音が鳴って知らせてくれる「アイテムファインダー」と、レッドオーブ(アイテム購入に必要)が20%多く獲得できる「オーブハーヴェスト」は併用できるので、序盤から有利に進められますw

ただ「アイテムファインダー」があっても、「音はすれど姿が見えぬ&取り方がわからない」なんてアイテムがあったりして、結局は自分の力量が試されるんですけどねw


更に、今年初頭に予定されているのが兄「バージル」を操作して新たなミッションが楽しめる「バージルダウンフォール」。

まだ本編すら終わっていませので当分必要ありませんが、楽しみですね〜。

他にもお馴染み「ブラッディーパレス」の無料配信や、主人公「ダンテ」の衣装を変更できる「衣装カスタマイズ」の有料配信も決まっています。

 ※数量限定配信のDLCについては後日有料でも配信されるそうです。



というわけで、暫くはWiiUは「カラオケ&Miiverse専用機」になりそうな予感ですw





posted by ラムネ at 23:20| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

バイオハザード6 その5

前回の記事が先月の20日ですから、ざっと三週間ぶりの記事になりますね。



バイオハザード6



でございます。

発売から既に一ヶ月以上が経ちますか、間に色んなソフトに着手しつつも水面下でチマチマと遊んでおりまして、昨夜ようやく…


実績コンプリートしました〜〜!!!


bh6_004.jpg

↑「エンブレム」の一覧。

以前にも書きましたが、この「エンブレム」は実績と完全に連動しておりまして、全50個獲得できました。


これにより…

bh6_005.jpg

↑「実績を全て解除したゲーム」画面


実績をコンプリートしたゲームが合計 23個になりました。


フレンドの中で唯一のライバルだった某氏は最近全く見かけませんし、完全に自己満足の世界ですけどもねw



『バイオ6』の話に戻りますね。

関連記事「その3」で書いたとおり、実績において最後まで残ったのが

ベテランエージェント : 難易度「ベテラン」以上で全てのチャプターをクリアする (30G)
レジェンドエージェント : 難易度「プロフェッショナル」で全てのチャプターをクリアする (90G)
レベルマックス : レベルアップ系のスキルを全て最高レベルにする (90G)
エンブレムコレクター : サーペントエンブレムを全て集める (30G)

の4つだったわけですが、以前書いたように「レベルマックス」と「エンブレムコレクター」「ベテランエージェント」の3つは全て「レジェンドエージェント」をクリアする過程で達成できると踏み、意を決して開始!



3つのスキルは…

【レオン編 / クリス編 / ジェイク編 /エイダ編(パートナーあり)】

・ディフェンスLv3(ダメージを大幅に軽減)
・∞ショットガン(無限ショットガン)
・ベストパートナーLv2(ダイイングからの救出時にタブレットを3つ使用してくれる)

【エイダ編(パートナーなし)】

・ディフェンスLv3(ダメージを大幅に軽減)
・∞ショットガン(無限ショットガン)
・リカバリーLv2(ダイイングからの復帰時間が最短)


それぞれをチョイス。

防御力を上げてダメージを減らし、それでも食らうと痛すぎる敵の攻撃により何度もダイイング状態になりますが、パートナーが助けてくれる際に「ベストパートナー」のおかげで更にライフが3つも回復するんです!

正直このスキルが存在していなかったら相当イバラの道だったと思いますネェ。


事実「エイダ編」が大変すぎた…。

「リカバリー」によってダイイングからの復帰時間が短くなったとはいえ、そこは「プロフェッショナル」だけあってすかさず攻撃を加えられてゲームオーバーになることが殆ど…。

「エイダ編」の難易度「プロフェッショナル」だけはもう二度とやりたくありませんw


元々弾薬に余裕があるゲームなので、無限弾の武器は特に用意しなくても良かったかもしれませんが、一丁持っていれば何かと安心だなと一番使い勝手の良い「ショットガン」をチョイス。

全てのキャラクターが所持する武器でもありますしね。



クリアは「エンブレム」がまだ完全に取れていなかったストーリーから潰していきました。

「レオン」編と「クリス」編のエンブレムは全て取得済みだったので…

ジェイク編 → エイダ編 → クリス編 → レオン編

の順にクリアしました。


「ジェイク編」と「エイダ編」は攻略サイトを見ながらエンブレムを潰していきつつクリア。

その間に「レベルマックス」の実績も解除(「シナリオ」モードのスキルのみでOKのようですね)。

残った「クリス編」と「レオン編」はただひたすら進めていくだけ…

1日に2エピソード遊べる好調な日もあれば、1エピソードクリアしただけで疲れてイヤになったりと進捗はあまりよくありませんでしたねぇ…w


というわけで、私でも実績コンプできるだけあって、「実績Wiki」のコンプリート難易度2(5段階評価)というのも頷けますね。



さて、次にガッツリとXbox360ソフトを遊ぶ日は…

このままで行けば来年1月の「DmC デビルメイクライ」まで放置かな?


実は先日半額セールで販売されていた某ダウンロードソフトを購入してたりするんですが…

今は「BDPB」と「葛葉ライドウ対アバドン王」を遊んでいるので、もう少し寝かせておきますねw






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


PS:

日本MSさん、ずっとだんまりを続けておられますが…

「クリムゾンドラゴン」、本当に配信する気あります?

このソフトのためにキネクトを準備したのですが、このまま配信されないなんてこと、ありませんよね?

お願いですから、これ以上失望させないでくださいね^^;

posted by ラムネ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

バイオハザード6 その4

「ブレイブリーデフォルト」(BDFF)にすっかり押され気味ですが、まだまだ遊んでます



バイオハザード6



実績コンプリートを目指して頑張っていますが、「マーセナリーズ」が面白くてついついそちらばかり遊んでしまい、正直「シナリオ」の進捗は芳しくありまん^^;



≪ シナリオ ≫



「ジェイク編(ジェイク)」を難易度:プロフェッショナルでクリアしました。


まぁ〜死んだ死んだ…ほんと死にまくりましたよw

ダイイング状態になってもシェリーがなかなか助けに来てくれなくてちょっとイライラ^^;


ところで今更ですが、クリア実績ってチャプター1から通して遊ばなくてもいいんですよね?

実は「エンブレムコンプリート」の実績を兼ねているのですが、全て取れていないチャプターを率先して遊んだんですよね。なんとなくw

ですので、チャプターのクリア順はバラバラです…まぁ大丈夫でしょう。


次はエンブレムがまだ大量に未取得の「エイダ編」を先に遊んでしまおうかと。

以前も書きましたが、こちらは完全ソロプレイなので先行き不安です…^^;



≪ ザ・マーセナリーズ ≫



「バイオ6」のプレイにおいて、現在主軸となっているのがこのモード。

「デュオ」(協力)プレイはやっぱり楽しいですわ〜!


現状ゲーム内で開放される、全15キャラクターの開放に成功しました!!


あとは「RESIDENT EVIL.NET」のポイントで交換できる「EX2」全7種を残すのみですが、各6万P、すなわち計42万P必要なところ、私の所持しているポイントは19万Pちょっと。

あと23万Pくらい稼がないと全部獲得できません…!

とりあえず3キャラ分は今すぐにでも交換可能なので、お気に入りキャラから手に入れちゃってもいいですけどね。

…とはいえ、現状のキャラだけで手に余る感じなので、まだ時期尚早かな?w


ところで、現在までの私のスコアですが…


ソロ : 105,480 (シェリーEX1)

デュオ : 468,586 (クリスEX1)


こんな感じです。

スコアボードを見ると、「ソロ」の上位は20名ほど、「デュオ」でも1位が999,999とカンストしているんですが…あんなスコア一体どうやったら出せるんだろ…?

もしかして、もしかします?^^;

どこかにトップランカーのプレイ動画があったら一体どんな動きをしているのか一度見てみたいものです。

フィニッシュブローを数多く決めて少しでもタイムを延ばし、更に絶え間なく敵を倒してコンボを継続する…理屈はわかるんですが、実践するのは大変です…特に「ソロ」の場合。

「デュオ」なら単純に二人分の戦力でコンボも共通なので繋げやすいですが、「ソロ」の場合特に敵が枯渇してしまったときにいかにうまく次の敵に繋げられるか…う〜ん、難しい…。


とりあえず今後も時間を見つけては繰り返し遊んで、プレイヤースキルを磨く以外にないですよねぇ。

ちなみに、「マーセナリーズ」のプレイはスキルポイントの稼ぎも兼ねているので、プレイ中実はスキルポイントゲットにも必死なのはここだけの話w

実績「レベルマックス」のゲットにはとにかくポイントが必要なんですよ!^^



まぁそんなこんなで、牛歩ながら遊び続けますよ〜^^




posted by ラムネ at 23:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

バイオハザード6 その3

若干「ブレイブリーデフォルト」(BDFF)に押され気味ながらも、並行で頑張っている



バイオハザード6



こちらもBDFFに負けず劣らず、一度遊び始めるとなかなか止め時が見つからないんですよね〜


さてこれまでの進捗ですが、今回からゲームモードごとに分けて書いていきたいと思います。



≪ シナリオ ≫



難易度:ノーマルにて

「エイダ編」

「レオン編(ヘレナ)」「クリス編(ピアーズ)」「ジェイク編(シェリー)」

をクリアしました〜!!



それでは各シナリオの雑感などをつらつらと書き連ねてみましょう。


■ エイダ編

専用武器はお馴染み「ボウガン」。矢の種類が通常のものと、刺さってから爆発するものの二種類使えます。

しかし、装填できるのが常に1発なので混戦にはとても使えたものじゃありません。そもそも内容上隠密行動が主体なので、ヘッドショットで絶命させられる点ではエイダにはなくてはならない武器かと。

唯一「相方」が居ないシナリオだけに、過去のバイオハザードのように孤独感がハンパじゃありません。

ライフを失ってダイイング状態になったら十中八九死を覚悟しなければならないのが兎に角辛かった…改めて相方の存在の偉大さを思い知らされるのでした。

ストーリーの総まとめとして、全てのキャラクターに関係してくるのが面白いですね。通常の3ストーリーの裏で、実はエイダはこんなことしてたのかと…。新たな事実がどんどん発覚していくのが新鮮でした。

ところで、彼女のバケモノ説は払拭されたものの、最後の白衣を着たエイダって…。あれがバケモノのほうだと考えていいんですよね?どうやら第二、第三の”自分”を生み出そうとしていたようですが…?


■ レオン編(ヘレナ)

専用武器「ハイドラ」を使ったアクロバティックな銃さばきが見ていて惚れ惚れしますね〜!

妹がクリーチャーにされたにしてはかなりノリノリなのはご愛嬌。

これで「ハイドラ」の装填数があと3つあれば…最大3発なのでリロードの手間が若干かかるんですよね。

シナリオ上はちょっとした分岐があるくらいで、「レオン」とさして変わらないのがちょっとザンネンかな。


■ クリス編(ピアーズ)

専用ライフル(名前忘れたw)の使い勝手が兎に角秀逸!

特殊機能の「サーマルスコープ」は、普段はOFFで、暗闇など敵の位置が判りづらいときはONにすることで相手が白いシルエットで表示されるので、俄然狙いやすくなります。

ライフル系には全武器に欲しいくらい使える機能ですね〜。

シナリオとしては、やはりラスボス戦に尽きますね。右腕を失い決死の覚悟で自らにウィルスを投与してしまいますが、そこからあらゆる銃火器が使用不可能になり、攻撃方法はタメ撃ちもできる電撃のみ。

ガラリと戦術が変わるので結構戸惑いましたねぇ〜。この電撃がこれまた当てづらいんだ…。

ラスボス討伐後の脱出でも遮蔽物を破壊するという重要な役所を担っていました。そしてエンディングでは…うぅ〜


■ ジェイク編(シェリー)

こんなに華奢なのにエージェントって…アメリカって国は寛容だなぁ〜って、まぁ普通の人間じゃないしね^^;

専用武器は「スタンバトン」。タメ攻撃も出来、ゾンビクラスならそれだけで絶命させられるのは彼女の非力さを補って余りある近接武器って感じですね。

シナリオ上の注目点はやはり捕まって半年後の施設脱出シーン。あの服装は自分で使用する際間近で見られて目の保養…って不純な感想はほとほどにして、とw

流れ的にオイシイところは全部ジェイクが持っていくので、なにかとラクなキャラだなぁという印象が強いですね。バイクシーンは銃撃ってるだけだし、ラスボス戦のファイナルバトルに至っては鉄骨を当てるタイミングを見計らってボタンを押す簡単なお仕事だし…^^;

そこは彼女の愛らしさでカバーってところでしょうかねw


というわけで、難易度:ノーマルで全難易度を制覇したわけですが、その後も実績コンプリートを目指して他難易度もちょこちょこと遊んでいます。

現在のクリア状況はこんな感じ。

bh6_003.jpg

難易度:アマチュアに関しては「クリス編」のみクリアしていますが、これは後述する実績のために未取得の「エンブレム」を求めて遊んでたらいつの間にか…という感じ。

「レオン編」はノーマルのときに自力で殆どを見つけられたので、アマチュアは部分部分を遊んだ程度。

「ジェイク編」と「エイダ編」はこれから頑張ります(エイダ編ちょっとつまみ食いしてますけどw)。

ちなみに、スキル「無限ショットガン」などを購入したので、敵の弱さも相まってかなり無双状態でしたw


そんなこんなで現在の実績の解除状況は…

bh6_002.jpg

ドッグタグはそのまま実績と連動しているので、その開放具合を撮影してみました。

未取得なのは残り4つ。

ベテランエージェント : 難易度「ベテラン」以上で全てのチャプターをクリアする (30G)
レジェンドエージェント : 難易度「プロフェッショナル」で全てのチャプターをクリアする (90G)
レベルマックス : レベルアップ系のスキルを全て最高レベルにする (90G)
エンブレムコレクター : サーペントエンブレムを全て集める (30G)

このうち、「エンブレムコレクター」は攻略サイトの力を借りればいいし、「レベルマックス」はひたすらポイントを溜めればいつかは達成できるしと目途は立っているのですが…

問題はあとの2つですね。

最初に貼った写真でわかるとおり、「レオン編」のチャプター1を難易度「プロフェッショナル」で遊んでみたのですが…さすが最高難易度だけあって鬼畜でした…何度死んだことかw

ただ、ダイイング状態から復帰してもらうときに回復薬も食べさせてくれるスキルがあるおかげで、時間さえかければなんとかなるかな…。

「エイダ編」以外は!

そう…「エイダ」には相方が居ない…なるべく戦闘を避ける遊び方を心がけないと…正直クリアできるのかどうか、全くもって自信がありません^^;

「プロフェッショナル」をクリアできれば「ベテラン」もクリア扱いとなるので、とりあえず頑張ってみます。



≪ ザ・マーセナリーズ ≫



昨晩からぼちぼち始めました。


手始めに最初の「ターチィ」を「レオン」でソロプレイ。

これまでのシリーズではあまり本格的に遊んでなかったので、セオリーみたいなものは特にわからず、とりあえずタイムボーナスやアイテムを序盤に片っ端から取り、その後ひたすら敵を倒していくというやり方で…。

何度目かのトライで8万点強のランクB。なんとか追加キャラ「ヘレナ」はオープンにできました。

更に10万点以上(ランクA)で隠しコスチュームが出るらしいのですが、届かない…

その後キャラを「ジェイク」に変えて頑張ったりもしましたが、9万2千くらいが限度…

思ったよりハードル高いなぁ…


なんて思いつつ、マップ構成もほぼ頭に入ったところで思い切って「デュオ(協力)プレイ」に参加!

部屋名「まったり気楽に」という部屋を見つけて入ってみましたが、さすが2人だと格段に楽ですね〜!

それでもまだまだ未熟な私は2回も死んじゃってゲームオーバーに…。相手の方はその度にリトライしてくれて…ありがとうございますぅ〜こんなヘタクソな私でスミマセン…。


結局2回クリアまで辿り着け、うち1回は25万を越えるというソロでは考えられない得点を獲得!

そうして、無事「レオン」の追加コスチューム「EX1」をゲットできました!

改めて、遊んでくれた方どうもありがとう〜!!

解散してから早速出現したコスチュームを確認してみましたが…なんだこれ!思いっきり海賊ですねw


しかし、デュオプレイは改めて楽しいですね!ちょっとハマってしまいそうです^^



≪ エージェントハント ≫



他の人のシナリオプレイに乱入して、そこに登場するクリーチャーを演じるという一風変わったネットプレイです。

まだ3回しか遊んでませんが、こちらも意外に面白いですね。

「胃酸ゾンビ」「ジュボア」を操作しましたが、こちらが圧倒的不利な状況で、相手に一太刀でも浴びせられたらこれが結構嬉しい!^^

胃酸をぶっかけたり、青竜刀で切りつけたり…ジュボアで途中片手が盾状態に変形した!と思ったら既に死んでましたw

いつかはエージェントに一矢報いたいですよね〜!!




posted by ラムネ at 21:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

バイオハザード6 その2

発売日の木曜日から、時間さえあればひたすらプレイしてきた



バイオハザード6



一度遊び始めてしまうと、ついつい止め時を見失ってプレイし続けてしまう中毒性がありますね〜!

そして、そのまま三連休へと突入し、その結果…



「レオン編(レオン)」「クリス編(クリス)」「ジェイク編(ジェイク)」の

難易度:ノーマルをクリアしました〜〜!!!




我ながら早過ぎるとは思うんですが…面白いんだから仕方ないw


とにかく、次から次へと展開するドラマチックな演出が光ってますね。

それこそハリウッドのアクション映画のようにイベントが絶え間なく続くので、画面に向かって何度も「ええ〜っ!?」と一人叫んでいましたw


また操作性が見直され、ダイナミックなアクションが行えるのも派手で楽しい。

当初はTPS寄りになったことに違和感が拭えませんでしたが、慣れてくるとだんだんそれも気にならなくなり、例えばスライディングて敵の足元へ滑り込みながら銃弾を浴びせ、その後クイックショットからの格闘術でトドメ!なんてアクションができたりしたときはちょっと感動したりw



では、ここからはクリアした3つのストーリーの感想を個別に書いてみたいと思います。


↓以下ネタバレ注意!


■ レオン編(レオン)

兎に角二丁拳銃が楽しい!ハンドガンの弾に余裕があるときは二丁に切り替えてバンバン撃ってました。

後半はさすがに威力的に厳しくなってくるのですがねw

メインの敵がゾンビという「原点回帰」的なストーリー。

大学から協会までの展開は、過去作で言えば「1」〜「2」に近い感じで、個人的に最も”バイオらしいバイオ”という印象でした。

そこから一転して中国へ向かう飛行機は墜落するわ、追い詰めた「シモンズ」が次々とクリーチャーに変貌してしつこく襲ってくるわ、ウィルス入りのミサイルが飛んできて中国の1都市が丸々汚染されるわでまさに怒涛の展開!

 ※そういえば途中「プレリュード」と同じシーンがありましたが、展開違ってたなぁw

とりわけ「シモンズ」のしつこさにはある意味脱帽ものです…一体何度変身したら気が済むんだ、とw

「シモンズ」が高層ビルの下から這い上がってくるのを、必死にロープを登って逃げようとする「レオン」ですが、このときの操作が〔LT〕と〔RT〕を交互に押すという「ニンジャガイデン3」にもあった操作でしたが、最近流行ってる?w

最後に巨大なハエのような姿になった「シモンズ」ですが、ダメージを与えても近くのゾンビを吸収して復活してしまうやっかいな敵でした。しかしその行動を逆手にとってゾンビに杭?を刺しておき、それを捕まえた「シモンズ」に落雷させるという手段はなかなか面白いなと。

ラストはお約束?のロケラン発射でトドメ!「シモンズ」の血によって描かれたのは、まさにアンブレラの…!

3つのストーリーの中では個人的に一番面白かったと思います。


■ クリス編(クリス)

後半登場するグレネードランチャーがとにかく強い!中〜大ボスのために温存してここぞというときに使いました。ただ弾の種類が3種類もあるので、1丁の銃でアイテム枠が3つ埋まっちゃうのがちょっと厳しいです。

また、この辺りから「スキル」が充実し始めるんですが、「ディフェンスLv2」まで育てたのに相変わらず死にまくる私って…^^;

飲んだくれてすっかりやさぐれちゃったクリスの姿からストーリー開始。どうやら過去のトラウマから記憶を一部失っているようです。

BSAAの軍人「ピアーズ」に促され、隊長に復帰して中国で要人の救出任務に就きますが、そこで見た「サナギ」の群れから記憶が戻ってきます。

半年前、とある作戦で「エイダ」の策略に陥り目の前で部下を殺されていたんですね…。

BSAAの隊長という立場で動くことから、ゲーム自体は「FPS」によくある”戦争もの”風で、ある意味”バイオらしさ”という点で言えば一番遠いかもしれません。

しかしそこはバイオハザード。巨大クリーチャーが投入されたりと派手な演出は相変わらず。背中のプラグを見て「エントリープラグ?」とか思ったのは私だけではないはずw

カバーアクションを巧みに利用しなければ、遠くからスナイパーライフルでたやすく撃たれますし、正直3ストーリーの中では一番辛かったですねぇw

部下の仇を討つべく「エイダ」を追う「クリス」と「ピアーズ」。

「エイダ」の死を見届けた後「レオン」の頼みで「ジェイク」らが捕らわれた海底油田へと赴きますが、そこで超巨大クリーチャー「ハオス」との戦いが!

一度は落下した「ハオス」が這い上がりながら追いかけてくるのを必死に逃げる二人。このときカメラアングルが途中あやふやになって、そのせいで操作が混乱して死ぬこと10回近く…あれは修正してほしい…。

「ピアーズ」が失った右腕を補完するように預かっておいたウイルスを肩に投与!うわぁ〜!!

最後の戦いでは途中まで倒し方がわからず、『そうか「レオン」のとき同様大人しくなったら接近戦で…』とわかってなんとかなりました。

ラストはやはり…「ピアーズ」悪くないキャラだったのに「6」オンリーのキャラ確定ですね…ちょっと個性が足りなかったかぁ…w


■ ジェイク編(ジェイク)

「ジェイク」の真骨頂はやはり素手による格闘!弾薬の少ない序盤はかなり助けられましたね。

敵の背後に近づいてからのバックドロップが豪快すぎるw

「スキル」も充実し、「ファイアアーム」「ディフェンス」「バトルアタック」をいずれもLv2まで上げられましたが、ラクになっている気がしないのはなぜ…?^^;

ゲーム展開は過去作でいえば「3」に近い感じですね。「ジェイク」を捕まえようと執拗に追いかけてくる「捕縛者」の存在が、まさに「3」の「追跡者」と被ります。

その流れ上敵に見つからないように隠密行動を取ることが多く、またよく敵に捕まる二人なのでw、なにかと脱出イベントが少なくありません。

ストーリー展開がまさか途中半年も空くとは思わなかったw

中国のとある研究施設で再び動き出す二人。このときのシェリーの服装がセクシーすぎるw。途中で着替えちゃいますが、いやそのままでも…ってなんでもありませんw

東欧の一傭兵とエージェントという関係にすぎなかった二人ですが、行動を共にするにつれ徐々に距離が縮まっていきます。

最後は海底油田からの脱出に成功した…と思ったら、やっぱり最後も来たか「捕縛者」!

お互い武器を失った「ジェイク」と「捕縛者」。ここから素手でのタイマン勝負!!

辛くも打ち勝ち溶岩の海へ落とした…と思ったら、脱出艇に乗った二人をまたもや追いかけてきたよ!!しつこすぎ!!

咄嗟に拾ったマグナムを二人で撃ち、「捕縛者」は今度こそ絶命!その後手のひらを重ねる二人…ってこの二人恋仲になっちゃうの!?まさに美女と野獣!w



というわけで長々と3ストーリーについて書いてみました。


さて次は新しく出てきた「エイダ編」をやるか、「クリス編」を再び「ヘレナ」で遊ぶかと悩んで…


現在「エイダ編」を進めております。

やっぱり物語全てに絡む黒幕としての「エイダ」の行動は気になりますからね〜!



では最後に、ここまで遊んできて(一部前回と被るかもしれませんが)改善を求めたい点をいくつか。


・アイテムが見つけづらい

敵からドロップしたアイテムは矢印が出ているのでわかりやすいのですが、最初から床などに置かれているアイテムがわかりづらい…。

一応光ってはいますが、リアルさを追求してかその明滅間隔が長めなので、キャラクターの移動速度の速さも手伝って気付かないことがしばしば…。

移動していて画面左隅の「アイテムありますよ」表示が出て初めて気付くなんてことも多々ありました。

ここはもう少し明滅を速くするか等修正してもらいたいなぁと。

このせいで見落とした回復アイテムが多々あると思うんですよね、たぶん…。


・アイテムスロットの使い勝手がイマイチ

例えば「手榴弾」などを使う際に十字キーの上下で操作しますが、そこに最大の回復薬である「回復スプレー」があるので、温存しておきたかったのに焦って使っちゃった…なんてことが何度かありました…。

爆弾系は爆弾だけで統一してほしかったなぁと…。(回復は〔RT〕でなんとか統一するとか…)

また、〔Y〕ボタンで確認できるアイテムスロットですが、ただでさえ枠が限られるのに、弾薬など1スロット内の許容量を越えると2スロット目を奪われるのが…1スロット最大999くらいでもいいんじゃないかと…w

更に、アイテムが満杯のときにハーブが拾えない…拾おうと思うと何かアイテムを捨てないといけないんですよね…。「すぐに使うか?」とか聞いてくれたり、他のハーブがあれば「ただちに合成するか?」を確認してくれたりしてくれても…って、そうするとテンポが崩れちゃうかな?


・QTEが多め

「1ボタン連打」「回転する針?が特定のエリアに入ったときにボタンを押す」「2ボタン同時押し」「2つのボタンを交互に押す」「時間内に左スティックを激しく動かしてメーターを最大にする」などなど、実に多彩なQTEが登場しますが、さすがにちょっと多すぎるような…。

まぁ私の場合「QTEゲーム」と激しく揶揄されたw「アスラズラース」も楽しめたので、さほど嫌いってわけでもないのですが、いわゆる「初見殺し」が今回はさすがに目立ったなぁと。



そんなこんなで書いてきましたが、依然として楽しいです!

「エイダ編」は相方がいない分ダイイング状態になると高確率で死亡となるために、常に油断なりません。

現在チャプター1を終えたところですが、早くも物語の裏事情が垣間見えてきましたよ〜!






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


PS:

注文先の「ヨドバシ.com」から、早くも11日発売の

ブレイブリーデフォルト

の発送メールが届きました。

「え?もう発送?さすがに早すぎない?」と思いましたが、これってもしかして事前キャンセル防止策?w

念のため問い合わせたら、案の定発売日までは届かないということでしたから…^^;

まぁ今届けられても困るんですけどね…11日でも困るのは必至ですが…w


「バイオ6」との両立…できるだろうか、この私に…^^;




posted by ラムネ at 00:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

バイオハザード6

発売日である昨日4日に無事Amazonから届きました!



バイオハザード6



bh6_001.jpg

↑パッケージ。

既に開封済みなのでこの写真だけでは判断できませんが、一応「数量限定版」の

「エクストラコンテンツ「ザ・マーセナリーズ」用スペシャルステージセットご利用コード付き!」

仕様です。

パッケージラベルの裏にコードが表記されています。



さて、早速メディアインストールして遊び始めていますが、「プロローグ」を終え、その後「レオン編」を始めて現在ステージ2まで遊びました。


ここまでの結論から言えば…



面白いです!!



相変わらずグラフィックは美しい!これでショボいとか言っちゃう人って目が肥えすぎじゃないかとw


今回はかなりアグレッシブに動けることが体験版でも理解できましたが、製品で改めて細かく触ってみて、その変貌ぶりは結構なものです。

近接戦闘がいつでも出せるようになったというのも大きいですが、更に〔RT〕〔LT〕同時押しで発動する「クイックショット」が使える!

敵の側で発動することで敵が必ずひるむので、そこで近づいて近接攻撃を繰り出せば、敵の状態や装備によって多彩な格闘術を繰り出せるのがキモチイイですね。

レオンで二丁拳銃状態で繰り出すと「パン!パン!」と2体同時に発動できたりするのが更にキモチイイ!

ただし、「P.Cゲージ」を使用する(初期は5個。時間で回復)ので、闇雲に使うとゲージがゼロになり「ゼェゼェ」と疲れちゃうので気をつけないといけません。


更に、普通に移動するだけでも結構早いのですが、プラス〔A〕ボタンで「ダッシュ」が使え、そこから〔LT〕で発動する「スライディング」で滑り込みながら銃を撃つのもカッコキモチイイ!


あと、今回は〔LT〕+左スティック+〔A〕の「回避」を多用しなければ切り抜けるのが難しいですね。

突然口から酸(ゲロじゃないよね?w)を吐き出すゾンビや、近づいてきて立ち止まったかと思ったら踏ん張ってジャンプで飛び掛ってくるゾンビなど、敵もなかなかアクロバティックな攻撃を繰り出してくるので、咄嗟に銃で対応できればいいですが、そうでないときには「回避」で避けないとみるみる体力が減っていきます。

「回避」は更に〔LT〕ボタンを押しっぱなしにすることで仰向けになりながらそのまま銃を構える体制に移行でき、そこから銃で応戦ができたりするのも新しいですね。


そういえば、ダイイング状態になったときに相方に助けてもらうときのモーションが体験版から変わりましたね。

体験版の記事で「相方に向かって白い板で扇いでいるだけみたいでカッコワルイ」って確か書いたんですが、そういう声が多かったのか?前作「5」のような胸に注射みたいなのを打つモーションに変わりました。

やっぱりこっちのほうがしっくり来ますねw



そんなこんなで楽しませてもらっている「バイオ6」ですが難点もいくつか…。

 ※中には私の個人的体質のせいというものもありますがw


まずは「ノーマルでも結構難しい」。

難易度はいつでも変更ができる親切設計ですが、初回プレイは「ノーマル」と決めているので頑張っていますが…私がヘタなのもあるかもしれませんが、「ハーブや救急スプレーなどの回復薬が少なくてすぐ枯渇してしまう」んです^^;

先ほど挙げた「回避」などをきちんと駆使できていないせいでしょうが…もしくは道に落ちているハーブなどに気付かないだけ?

とにかく頑張ってプレイヤースキルを磨かなければ!


次に「1ステージが長い」!

これは褒め言葉も含んでいるのですが、「レオン」「クリス」「ジェイク」の大きく3通りのストーリーが展開していくなかで、まだ「クリス」編しか遊んでいないものの、1ステージがこの長さで各キャラ5ステージ準備されているようで…。

よくDVD1枚に入ったもんだなとw

「バイオリベ」がわりと短めのステージをトントンと進んでいく感じだったので、余計に「6」が長く感じますね。


そして「カバーアクション」がわかりづらい。

これは私が操作を理解できていないだけかもしれませんが、壁際などで〔LT〕を押せば身を隠す「カバーアクション」が発動するのですが、そこから身を乗り出して銃を構える動作がイマイチ直感的にできない…。

説明書には”〔LT〕を押しっぱなしにしながら”とありますが、やってるつもりなんですけどもね。

もうちょっと修練が必要でしょうかね。


最後に…致命的なのが…「酔う」!!

先ほど書いたように「1ステージが長い」ので、必然的にプレイ時間が長くなり、ステージが終わった頃にはもうクラックラです^^;

昨夜は一旦風呂に入ったりTVを観たりしてやや回復したかな?というところで「ステージ2を」はじめたのですが、終わったときにはやっぱりクラクラしながらそのまま布団に潜り込みましたw

これはもう仕方ないです…体質ですからね。

今後も休憩を挟みながらじっくり遊んでいくしかありませんね。



ところで、「バイオ6」と連動して開設された

RESIDENT EVIL.NET」(※サイトは → コチラ

私も早速登録してみましたが、なかなか面白い試みですね。

ゲームの進行具合がブラウザーで閲覧できたり、他プレイヤーとのコミュニケーションが取れたり、貯まったポントでジオラマなど様々なアイテムを購入できたりと、言わば

「バイオハザード6」のSNS

的な要素が満載ですね。

世界地図の上にプレイヤーの分布図が赤い点で表示されていると、「アメリカ全土にバイオ6が感染中だ!」みたいな感じで面白いw

一方国内は北海道や九州が暗めでほとんど本州に集中してますね…ってそこまで精度は無い?w


購入できるアイテムの中に「コスチューム」というのがあって、なかなか個性的なコスが全キャラ分用意されているのですが、これって購入すれば実際のゲーム画面で着せられるんですかね?

ゲーム内のメニューには変更できるようなものは見当たらないんですけども。

もしかしたら、マーセナリーズ専用かな?



というわけで、他にもあれこれ書きたいことはいっぱいありますが、あまり書きすぎると際限が無いのでこの辺で。

とにかくゲーム中やり込み要素が多すぎて、これらを全て制覇しようとしたら一体どれだけの年月を必要とするんだろう…というボリュームです。


11日に「ブレイブリーデフォルト」を予約している私ですが、ちょっと心配になってきたw




posted by ラムネ at 22:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

「バイオハザード6 体験版:通常配信用」を遊んでみました

昨日18日に配信が始まった



バイオハザード6 体験版:通常配信用



をその日の内にDLして遊んでみました。

 ※余談ですが、無料会員の方向けは一週間後から遊べるようになるそうです。


Xbox360を立ち上げるのほんと久しぶり…いつぶりだろ?w



これってアレですね。

先日開催された「Xbox感謝祭」で遊べたのと全く同じですねw


あのときに通常配信されることを知っていたらわざわざ梅田にまで足を運ぶことは無かったかも…^^;

 ※マウスパッド貰えたからヨシとしようw


ともあれ「レオン編」「クリス編」「ジェイク編」の3つ全て遊んでみたのでそれらの感想を簡単に。



■ レオン編

「感謝祭」で遊んだのですが、改めて遊んでみて…

やっぱりカメラが近めで且つ「レオン」の動きがクイックすぎてちょっとしんどいな…

「感謝祭」のときはTVが近いからそのせいかなとか思ってたんですが、離れて遊んでも変わらない…

あと、地面に落ちている弾薬やらが相変わらずわかりにくいなぁと。

構え中(〔RT〕押しっぱなし)に〔Y〕で二丁拳銃に切り替えられるのは今回初めて知りました。

「感謝祭」ではパトカーに乗り込んだところでタイムアップだったのですが、結局改めて遊んでみて、その後はパトカーが横転し、地下に下りて終わりだったんですね。もうちょっとだったんだ…w

あの時は隣にいたお姐さんがジャマ(失礼w)だったし、時間制限もあったりでじっくり試せなかったからなぁ…^^;


■ クリス編

「B.S.A.A」の中でもすっかりえらいさんになった「クリス」を操作しての市街地戦。

もうすっかり「TPS」化しちゃってますねぇ…

「バイオハザード」って確かジャンルは”アドベンチャー”だったよなぁ…

カバーアクションとか〔A〕ボタンでの「伏せ」とか、ほんと「ギアーズ・オブ・ウォー」みたい^^;

キャラクターごとに右下の弾薬などの表示パターンが違うのは凝ってるけど、むしろ統一してくれたほうがわかりやすい気もします。

敵がクリーチャーに変化する人間?なので、パッと見敵かどうかの判別が付かない…。

腕を広げて硬直化させ、盾のようにして近づいてくるヤツは一体どうしたら…近づいて殴って倒してましたがw

途中で登場する巨大クリーチャーとの戦いは絶望感しかなくて結構ハラハラドキドキしましたね〜

車両に阻まれた扉を開け、その先に進もうとしたところで体験版は終わり。

いよいよ頭痛がヤバくなってきた…でもあと1個だけ…。


■ジェイク 編

新キャラクター?「ジェイク」がプレイヤーですが、この人ウィルス打っても平気ですね…なにやら特別な体をお持ちのようで。

最初に大袈裟なアクションを繰り広げたりと前の2人とはかなり違う体で遊ぶのかなと思ったら、いざプレイが始まったらほぼ同じだった…w

ただ、武器が並ぶ欄にこの人のみ「素手」というのがあって、近距離戦では一番強いですね。

敵を倒すと稀に中からエリマキトカゲみたいなクリーチャーが産まれ、エリを広げて広範囲に針みたいなものを飛ばす攻撃がとってもイヤラシイ…。

ここでも相手は人間からクリーチャーに変身しますが、腕を伸ばして攻撃してきたときはビビったw

扉を開けるのに相棒(名前忘れた)を上階へジャンプさせたりする協力プレイは「5」でもありましたが、あれってCo-opプレイだと普段あまり遊ばないほうを選んだときに慌てちゃったりするんですよね…^^;

最後になにやらデカブツが目の前に立ちはだかって体験版は終了。

だめだ…頭イタイ…><



というわけで、よせばいいのに3つ連続で遊んだ結果、見事に「3D酔い」にヤラれました…。

”アドベンチャー”だったころのバイオなら、まだ動きもゆっくりめで酔いもさほどじゃなかったはずなんですけどねぇ…。

某所の感想でも散々書かれていますが、本当に「TPS」になっちゃったなぁ〜と改めて感じます。

「TPS」は「TPS」で名作が沢山あるんですから(って殆ど遊ばないから具体的には知りませんがw)、そういうゲームはソッチに任せて、バイオはあくまでも”アドベンチャー”であることを主軸にしてくれていいと思うんですけども。


ナンバリングタイトルですから遊びますけどね。



なお、体験版はネットを介してのCo-opプレイも可能なのですが、そこ辺りは製品版で改めて楽しもうと思います。


 
posted by ラムネ at 21:44| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

「Xbox 360 『大』感謝祭 2012 夏」 IN OSAKA に行ってきました

昨日9月1日の話になりますが、タイトルにもあるとおり「梅田スカイビル」で催された



「Xbox 360 『大』感謝祭 2012 夏」 IN OSAKA



に行ってきました〜!


最近はすっかり「ニンテンドー3DS LL」に時間を奪われ、我が「Xbox360」は沈黙しちゃってたりするんですが、「マイクロソフト」が開催する初の?大阪での感謝祭イベントということで、土曜日にもかかわらずやや早起きして行って参りましたよ!!


12時からの開始ということで、12時過ぎに着くように出発。

「梅田スカイビル」なんて超久しぶりだよ…前に来たのっていつだったっけ?w


会場に入る前に新聞調のチラシを貰いましたが、全面「ヘイロー4」ネタで正直興味なし。


会場はさほど広くも無い一画で薄暗く、壁際や中央に試遊台が何台か置かれています。

東京会場のようにステージのようなものは無く、ただ単なる「ゲームのお試し空間」でしかない様子。


正直私のお目当ては、既に予約も済ませている


バイオハザード6


ただ1つなので、速攻その試遊台が並んでいる場所へ向かうと「整理券」が配られており、受取った券に書かれていた時間が

「14:00〜」

うはぁ…2時間弱待たないといけないのかいな…


仕方ないので会場内をウロウロする…。

幸い冷房が寒すぎない程度に効いていたので、室内にいる分には快適ですしね。

 ※外に出なきゃ座るところが無かったけどw


その間いくつか目に付いたゲームをサラッと紹介すると…



■ ヘイロー4

本催し会場内で一番力が入っていたのがコレ。

試遊台は壁際にズラ〜ッと十数台並んでいましたね。

遊ぶための列も途切れることが無く、さすがは一番人気といった感じ。

後ろから見ていて、「こりゃムリだ」と。一人称視点でめまぐるしく動く画面は確実に酔いますw

そういや「予約している証明を見せてくれたら記念品を贈呈します」っていうイベントやってたけど、あれっていつでもキャンセル可能な「Amazon」で予約した画面を携帯で見せて、その後すぐキャンセルしても貰えたんじゃ…なんて。いや興味ないしそんな面倒なことしませんでしたけどねw



■ ギンガフォース

縦スクロールSTG「エスカトス」の続編。

「エスカトス」は未プレイなので正直注目度はかなり低めですが、ゲーム画面は地味ながら結構しっかり作りこまれている感じ?

並べばすぐにでも遊べそうなくらいあまり人が付いていませんでしたが(時間が経つにつれて増えてましたが)、特に遊びたいとも思わなかったのでスルー。

ゲーム性とは無関係ですが、キャラクターの絵がヘタクソなのが地味に気になるw



■ 怒首領蜂 最大往生 完

これまた縦スクロールSTGのアーケード最新作の移植ソフト。

「怒首領蜂」シリーズってなんだか途中から女性キャラが前面に押し出された感じですっかり「ナンパ」なイメージが私の中で定着しちゃったんですが、今作も相変わらずですねw

ああいうのがウケる時代なのかなぁ…



■ デッド・オア・アライブ 5

「DoA」シリーズ最新作。

横で見ていただけですが、全てのキャラが使えた模様。

女性キャラの乳が実によく揺れる…けしからん!もっとやれ!w

…正直そこだけしか覚えてないや^^;




そうこうしているうちに14:00近くになったので再び『バイオ6』のコーナーへ。

ちなみにこの時点で壁には「整理券の配布は終了しました」の張り紙が…今日のイベントって何時までか知らないけど、開始2時間でもう…?早すぎるw


整理券を渡すとお兄さんがクソ丁寧にゲームの説明してくれやがりますw

話半分に聞き、説明の書かれたプレートを眺めながら席が空くのを待ち、前の人が終わったので着席。

画面に椅子が近すぎてすんごく遊びにくい…^^;


「レオン」「クリス」「ジャック」の3人から選べたので、無難に「レオン」を選択。

どうやらゾンビに占領された大学からパートナーの「ヘレナ」と共に脱出するのが目的らしい。

「レオン」がすんごくクイックに動いて、画面に近いこともあってちょっとしんどい…(汗)


前作同様パートナー制ですが、弾薬を分けてあげる必要はなさそうで、前作のように相方の弾を気にしなくてもいいのはありがたい。

しかし相変わらず相方のAIはオバカなようで…

2人で協力しないと開かない扉では〔B〕ボタンで相手を呼ぶのですが、すぐ隣にいるのに後ろにある机をグルッと一周して扉の前に来たときはさすがに吹きましたw


今回はアクション要素がパワーアップしたようで?、敵が近くに居なくても〔R〕トリガーで回し蹴りが出せます。

これが結構強いので、弾薬の節約のために蹴り技からの踏み付けなど大活躍!

やり方はよくわからないままですが、ヘッドロックしてそのまま床に叩きつけるなどのアクションが発生したりも。


あと気になったのは、ハーブを調合することで今回は「タブレット」(仁丹みたいな粒w)になり、「タブレットケース」に入れて、回復するときはケースを振って粒を出し、それを飲むのですが…。

なんかこの動作が「フリスク」とか食べてるだけっぽくてちょっとダサいw

自分が瀕死になると前作同様相方が助けてくれるのですが、レオンの口元で「タブレットケース」を振って粒を食わせてくれている様子が「なんか薄い板で扇いでいるだけ」に見えてこれまた滑稽w

前作ってたしか注射みたいなヤツでしたよね?アレのほうがまだリアルだと思うんだけど…技術進化の様を見せようとしているのかもしれないけど…ねぇ…^^;


そんなこんなで、パトカーを見つけて乗り込んだところでお時間となり、体験終了。

色々と思うところはありますが、改めて家でじっくり遊びたいなとは思いました。


ちなみに帰り際に頂いた戦利品が…


bh6_mp.jpg

↑「バイオハザード6」マウスパッド。


受け取るやいなや、「もうここには用は無い!」ということでそそくさと会場を後にしました。



「クリムゾンドラゴン」が遊べたらもうちょっと居たんだろうけどなぁ…^^;



ともあれ、大阪でもこのようなイベントを開催してくれたマイクロソフトさん、改めて感謝!

内容は東京会場よりあからさまにショボかったけど、そこはまぁ仕方ないとして…ねw




会場を出た後は久しぶりに「ヨドバシ梅田」のゲーム&ホビー売り場に用も無く訪れ、「梅田は居心地悪いわ…」とすぐさま「なんば」に行き、その後この日もう一つの用事まで電気街でしばし時間を潰した次第です。


その「もう一つの用事」に関しては改めて記事にさせていただきますね。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


PS:

このイベント参加に際し、持って行きましたよ!「ニンテンドー3DS LL」!

もちろん「すれ違い通信」目当てでございます!


その結果は…


■ 「大感謝祭」会場内

 ・デビルサマナーソウルハッカーズ : 7件
 ・バイオハザード リベレーションズ : 10件

会場に入って30分くらいしてチェック(暗かったので出しても恥ずかしくなかったのが良かったw)してみて驚いた…「バイオリベ」が速攻MAXになってる…!

ここで大失敗したのが、「バイオリベ」のソフトを持参してなかったこと!

一旦ゲーム内で処理してしまえば更にすれ違えただろうに…うがー!今後はソフトも持ち歩かないといけないのかー!めんどくせー!息をするのもメンドクセー!w

ちなみに「デビサマ」のすれ違いは最高20件まで行えます。

…が、会場を出る直前に再チェックしても数は増えていませんでした…ザンネンw

こちらはソフトを挿した状態だったので、ついでに処理を済ませましたが、「ネメッチー」の姿が…うわぁ〜!!


■ ヨドバシ梅田 〜 日本橋電気街 〜 帰宅まで

 ・デビルサマナーソウルハッカーズ : 15件
 ・バイオハザード リベレーションズ : ?件

「バイオリベ」は改めて悔やまれる…^^;

「デビサマ」は1日で計22件ヒットしましたね。

改めて記事にしようと思いますが、これ最後まで成長させようと思ったら相当すれ違わないといけない仕様かもしれない…?

ただでさえ「リメイク作品」でさほど売れてないだろうソフトなのに、田舎とかだと完全に終わってるなコリャw


 
posted by ラムネ at 00:58| 大阪 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

バーチャファイター5 ファイナルショーダウン その6

最近はプラモデル作成などちょっと別のことが中心になっててがっつりプレイはできていませんが、それでもちょこちょこ遊んでますよ



バーチャファイター5 ファイナルショーダウン (VF5FS) 』



現段階での…と言っても実は最新ではないのですが、「最後に写真を撮った」”近況”としましては…

vf5fs_025.jpg

↑称号は「 烈士 」です。


ここにきてようやくw段位の昇格システムが見えてきました。

・「錬士」になればそれより降格することはない。
・バトルポイントは段位には全く無関係。
・例えば自分が「○士」なら、相手が「○士」の場合のみ段位ゲージが変動?
・ゲージがマックスに近くなれば「段位認定戦」となり、勝てば昇格。
・球が×2個以上の場合、逆にゲージがゼロに近くなればやはり「段位認定戦」となり、負ければ降格。

※「○士」の次は「○者」だが、一度「○者」になってしまえば「○士」に降格することは無い?


「烈士」になったあとはゲージが丁度半分の状態になり、そこから勝ち負けによって変動していきますが、実は現在ゲージの量は早くも消滅寸前w

降格は時間の問題かと^^;


まぁ私のような時々しか遊ばないプレイヤーが、継続して遊んでいる人にポンポン勝てるわけがないですしねぇ…w



さて、たまには趣向を変えて、現在の(厳密には上で貼った写真の時点)トータルランキングは…

vf5fs_026.jpg

1938位。


とはいえ、このランキングは「称号」→「バトルポイント」の順でソートされているのであまり意味が無いと言うか…。

それ以上に気になったのは、右下の「ランクマッチ」に参加しているユーザー数が15000強というところ。


PS3と違って有料会員にならなければ参加できない「ランクマッチ」だけに、これがリアルタイムの参加者数と見てまちがいないと思いますが、多いと見るとか少ないと見るか…?。

配信からおよそ1ヶ月半が経過していますし、アクティブユーザーは現在どの程度残っているんだろう…?

1時間ほど対戦を続けていて、結構同じ人と当ることが多いんですよねw



というわけで、今後もちょこちょこと遊び続けていこうと思います。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




PS:

「インサイドXbox」が今月いっぱいで終了らしいですね。

私は気が付いたら見る程度でしたが、内容によってはなかなか楽しめるものもあり、終わってしまうのはちょっと残念です。

以前パーソナリティーを務めていた「山口ひかり」ちゃんが再び見られるとは思わなかったw


来月からは「Xbox LIVE」上での情報コンテンツって一切無くなっちゃうんですかね?

「ソラマメよ〜ん」だけ残して来週発売のゲーム紹介、くらいはしてもいいと思うんだけどな^^;

posted by ラムネ at 22:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Xbox360 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする