2012年11月20日

BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE その3

依然としてOBT中の、何かと話題の?ブラウザゲーム



BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE 』(BDPB)


 ※公式サイトは → コチラ



前回の記事から少し間が空いてしまいましたが、なんとか毎回のログインボーナスをゲットできていますw



しかし、このゲームって何かと話題に事欠きませんねぇ…^^;


まずは「データ漏洩?問題

正確に言えば、内部データに対し暗号化など何一つなされておらず、今後配信予定であった各種コンテンツ内容が一部のユーザーの手によって公に晒されてしまったのですが…w

ここで話題に挙がったのが、課金(いわゆる「ガチャ」)に関し「開発側が意図的に確率を操作していたのでは?」という疑惑。

実際には、今後実装予定のデータをロック状態(OFF状態)にしていたに過ぎないのですが、これが「現在実装中のキャラデータにおいて、故意にレアキャラのフラグをOFFにして課金しても当らないようにしていた」という話にすり変わって流布されてしまったのです…。

私も過去にプログラムをかじった人間ですから、内部的にこういう措置がなされていたことに関しては特に不思議には思わないのですが、いかんせん目に見える形で流れてしまったことで、「スクウェアエニックス」への予てからの不信感も手伝って?誤解を招く結果に…。

このことに関しては、内部データの扱いをぞんざいにしていた「スクウェアエニックス」の落ち度以外の何物でもなく、自業自得だなと思うばかりですが、それにしても騒いでいるユーザー側が少し冷静さを欠いていたというか…。

事実をロクに把握しようともせず、ただ騒いでいるだけの人があまりに多すぎるという感が拭えませんねぇ…。

あるいは「スクウェアエニックス」に対する積年の恨みが、彼らから冷静な判断をする思考力を奪ったのでしょうか…?^^;

現在は一応落ち着きを取り戻した様相ですが、ユーザーに与えた影響力はかなりのものだったのでは?



そして、昨日のメンテナンスで実装された「OBT中におけるコラボレーションイベント」。

1日のOBT開始から、マーケットの売買やボスの存在などが頑なに規制されていた「シーフ」というジョブ。

「BDFF」の世界でも別段上位職というわけでもなく、むしろ初期のごく一般的なジョブなのですが、なぜ今まで扱いが特別であったのか…。

「ガンガンオンライン」とのキャンペーン展開を予定していたがためだったのですね。

人気漫画家さん(私は存じ上げませんが)のデザインした「シーフ」がゲーム中使える!と謳ったその内容ですが、正直言ってヒドいです…。

ゲーム内で銀or金召喚をすることでゲットできる!

…つまり、「使いたいなら当るまで課金してね!」というものでした…。

普通なら、例えば「BDFF」の攻略本に付録としてついていた「SRノブツナ」のように、コードを入力してゲットする、といったものを想像すると思うのですが…。

この事実を知らず、漫画家さんのファンの方が「BDPB」を訪れ、キャンペーンの指示通り課金をしてガチャを回し、目当てのキャラクターが当る確率が限りなく低いと言う事実を目の前にしたらと思うと…。

 ※私がプレイしている「サーバー1」は新規ユーザーの登録を規制しているので、直接的な意見はうかがい知れませんが…w

一方で、既存のユーザーからも不信の声が少なからず挙がっています。

なぜOBT中にキャンペーンなんてするんだろうと…。

予定では現在はとうに正式サービスが始まっている時期であり、また同じグループとはいえコラボレーションということで相手が居るイベントですから、安易に延期や中止などは不可能であったのだろうと推測しますが…。

それにしても、開発者自ら「未完成」と認めている現状において、コラボレーションなんてやっている暇があるならさっさと正式サービスに向けて、それこそ寝る間も惜しんで開発に勤しむのが筋なんじゃないかと…。

いちいちユーザーの神経を逆撫でするような行動はいい加減控えるべきなんじゃないかと思うのですがね。



あぁ…ここまで書いてえらく疲れました…。

中身の話を細かく書きたかったのですが、今回は最小限にとどめておきます。



■ プレイヤーランク


昨日のメンテナンスでランク9が開放されましたが、既に達成しました。

無課金ではとても勝負にならない「戦場」はあえて無視している以上、クエスト等はゆっくり進めないとすぐにやることがなくなってしまうのでゆっくり遊びたいのですが、条件がユルいw

新マップの制覇は牛歩で進めますw



■ ジョブ


これまでの各ジョブに関する動きを簡単に。


戦士

ナイトに完全に立場を奪われてすっかり蚊帳の外。

ナイト

依然として前衛の花形。
…であったが、その立場を「狩人」に奪われるかもしれない危機的状況。
現在育成中の2名に加えて新たに3人目を育成中。

モンク

こちらも戦士同様廃業状態。
後述する「シーフ」作成のために育成中であったアスタリスクを消費したことで放置度が加速してしまった。

黒魔道士

パーティーにおける貴重な魔法系火力として、またPL要員として活躍の場は依然として多岐に渡る。
ただ、新エリアは魔法耐性の高いモンスターが多めなので、物理アタッカーにやや水をあけられている。
「アビリティー合成」によって「自動ヘイスト」が付いたアスタリスク2個を作成し、現在育成中。
モニカ2名に「獲得pq Lv3」を持つバシオを新たに加え、現在3名。

白魔道士

先制攻撃ゲーム化してしまったことで、その立場がかなり危うい状況。
一応2名育ててはいるが、仕事としてはほぼ素材集めw

赤魔道士

希少価値の高い、Lv4までの白・黒両魔法を操るジョブ。
以前行われた「チケットにメダルが付いてくるキャンペーン」で、課金者が余ったアスタリスクをマーケットにカンスト放流(99999pq)してくれた際、運良く1つゲットできた。
その有用性は、キャラクターの成長率が中級ジョブの中ではトップクラスであること。
上級ジョブを持たない私のような非課金者にとってはとてもありがたい。
ただし、いざ戦闘で使おうとすると、その器用貧乏らしさからとっても地味。
とりわけ魔法選択時に白・黒魔法が混同していてページ送りが至極面倒…。
なぜ「白魔法」「黒魔法」と入り口のボタンを分けてくれないのか理解に苦しむ。

時魔道士

先制攻撃になくてはならない、このゲームにおいて必要不可欠なジョブ。
「ヘイスガ」「スロウガ」をかけるだけの簡単なお仕事w
今後「コメット」や「メテオ」を覚えれば、戦力としても重宝する存在となるかもしれない。
現在3人目を育成中。

海賊

希少ジョブではあるが、クエストにおいては「戦士」同様使い勝手の悪さから放置気味。
戦場では「プレッシャー」の存在が脅威ということで注目されているようだが、私には関係ないw
1名育成してはいるが、白魔道士同様素材集め要員と化している。

狩人

昨日のメンテナンスで「近距離攻撃」が機能するようになり、前衛に配置しての「乱れ撃ち」が驚異的な強さに。
「ナイト」のオフェンサーと違ってランダムに4発攻撃するのだが、相手が多いときは分散して、少ないときは集中して攻撃できるというのが実に強い。
「ホークアイ」のおかげで暗闇状態でも攻撃を外さないのも「ナイト」を凌駕している。
現在2名がフル稼働しているが、足りないので3人目を育成中。

シーフ

昨日のメンテナンスで一般解禁されたが、それ以前に「アスタリスク進化」によって作成に成功しており、既に所持していた。
4種のクリスタル各170個に、モンクのアスタリスク2個を使い、1つはLv15、もう一つはLv5のものを消費して、70・6%の成功率でなんとか成功。
しかし、実際できることといえば本当に「盗む」ことくらい。
丁度「狩人」のボスクエスト前に成功したので、ボスから「キラーボウ」を繰り返し盗んで5本ほど調達したが、それ以後はほぼベンチウォーマーw
「キラーボウ」自体は現状において最高の弓装備であり、「狩人」の運営に貢献しているのでヨシとしようw

魔法剣士

依然として扱いに困る産廃ジョブ。
昨日のメンテナンスで魔法剣を唱えたときに青白いエフェクトを体に纏うように密かに修正されていたが、どの魔法をかけても一律同じエフェクトなので、何をかけたかは結局自分で覚えておかなければならない。
魔法が切れたかどうかの判別はつくようになったので、小さな進歩かw

ソードマスター

昨日のメンテナンスで、「武器守」が発動したときに円状のエフェクトが表示されるようになった。
戦場では「きりきり舞い」が有効なスキルとして脚光を浴びているようだが、戦場を無視している私には…w



以上。

簡単に書くはずが、結局所持している全ジョブおさらいしてしまいましたw



では、この勢いで最後に…



■ キャラクター

昨日の段階での私のキャラクター図鑑は以下の通りです。

bdpb_c_20121120.jpg

N : 40 / 40
R : 35 / 40
R+ : 9 / 26
SR : 1 / 19
SR+ : 0 / 4

トータル : 85 / 129 (65%)


「N」カードはコンプできました。

「R」が残り5枚なのですが、無課金(ノーマル召喚)では最高38枚しか引けないので、ログインボーナスやクエスト報酬などで稀にもらえる「銀/金チケット」で残りの2枚が引ければあるいはコンプも…?

「R+」はノーマル召喚では13枚が限界なので、コンプはまず不可能。

「SR」や「SR+」は…無課金の私が手にすることは、他の課金者さんの報告を見るに奇跡に近いですね^^;


しかし最近は「R+」が結構充実してきたこともあり、「N」はもちろん「R」に関しても引いたら即キャラクター強化の「餌」と化すことが多くなってきました。

今後「キャラクター強化」がまとめて行えるようになるかもしれない…ということですが、なるべく早く実装してほしい…1人ずつ処理するのは本当に面倒なのでw



さて、最後と言いつつ長くなったついでに締めとして…。



課金者が優遇されることは至極当然のことですし、私たち無課金者が遊び続けられるのは課金者が払うお金のおかげなのは言うまでもないのですが…。


現状その格差があまりに大きすぎますね…。


一度戦場に赴いて、その最前線の防衛隊をフと覗いてみて、そのことを痛感させられました。

私が戦場に絶望したのもこのことが原因ですw


あまりにその格差を広げすぎてしまうと、課金者がその力を誇示できる相手(=無課金者)が徐々にいなくなり、次に微課金者を重課金者が蹂躙して、最後には…。

という結果に終わったネットゲームが後を絶たないので、ほどほどにお願いしますね。


 ※以上は、勢力チャットで聞いた話の受け売りですw




posted by ラムネ at 18:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE その2

11月1日のオープンベータテスト(OBT)開始から毎日遊んでいる



BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE 』(BDPB)


 ※公式サイトは → コチラ



不具合?によって配信が滞っていた「イデアの祈祷衣」は、その後公式ツイッターを読んでスクウェア・エニックスへアカウント情報などを送信し、その結果?無事受取ることができました〜。


「BDPB」に関しては、つい2日ほど前に大きな出来事がありましたねぇ〜

その話は後でするとして、まずは大まかな進捗から。



■ プレイヤーランク


このブログを書く2時間ほど前に「ランク8」になりました。

これにより、キャラクターのレベルは20まで育てられるように。

一番最初に作ったパーティー、いわゆる「一軍」は、それまでの限界であるLv18で止まったままどのメンバーも経験値が相当貯まっており、ランク8開放と同時にすぐさま全員Lv20にw

「店舗ランク」も5まで上げられる本を取得できるクエストが出てきました。



■ ジョブ


ランクアップによって追加された新たなクエストを現在こなしておりますが、そろそろ「時魔道士」がいない事が弊害になってきました…

ちなみに私の一軍メンバーは…

ナイト / 海賊 / 戦士 / 黒魔道士 / 白魔道士

戦力となるのが「ナイト」「海賊」「黒魔道士」くらいで、更に多勢に対抗できるのが「ナイト」の「オフェンサー」と「黒魔道士」の「ラ系魔法」位しかないのが結構大変ですw

セオリーとしては「時魔道士」の「自動ヘイスト」+最速の「スロウガ」で敵のターンを後回しにし、先制攻撃で潰していくという戦法なのですが、これに対しに現状の一軍では

・時魔道士がいないので攻撃が後手後手に
・純粋に火力が足りない

ということで、今頑張って二軍を育てております。

二軍は実は7人おりまして…

ナイト / モンク / 魔法剣士 / ソードマスター(ノブツナ) / 時魔道士 / 黒魔道士 / 白魔道士

という面々。

ではここで新たに獲得した2つの職業について。


ソードマスター

先日購入したBDFFの攻略本のオマケ「SR ノブツナ・カミイズミ」ですが、「二刀流」のアビリティを獲得して刀「正宗」を両手に装備させてみると、正直めちゃくちゃ強いです。

複数HIT攻撃を2回続けて行うのですが、そのモーションもカッコイイ!

この人だけ特別にLv18の黒魔道士がつきっきりで、いわゆる「パワーレベリング」を施して成長を急がせました。

その他「武器守(50%の確率で武器で攻撃を防ぐ)」も取得してみましたが、こちらはまだ発動したのを見たことはありませんw

なお勢力チャットの会話内で知ったのですが、SRカードは基本アスタリスクが固定であるところ、実は「キャラクター強化」において”消費キャラクターとして選ぶ”ことで、”アスタリスクだけを抜き取ることができる”そうです。

つまり、今すぐにでも「ソードマスター」のアスタリスクが欲しければ、攻略本を購入してコードを登録し、獲得したカードをすぐさま”肉団子(チャット内ではこう表現されるように…ちょっと下品だw)”にすればいいわけです。

私はそんなことはとても真似できません…キャラクタースキル「刀Up Lv5」は大きいですし、なにより「カミイズミ」様として使い続けたいので。

どうやら「ソードマスター」のアスタリスクは「素早さ」など攻略において有利なパラメータを上げるのに適したものであるそうで…。

個人的に強さに対する執着はあまり無いので、そこまでする必要性を感じません。

 ※戦場にハマりだすと追求するようになるそうですけどもね。


魔法剣士

頑張って現在L14まで育てましたが、正直どう運用すればいいのやら…w

まず、最大の特徴である「魔法剣」を使ってこその魔法剣士ですが、当然剣に魔法を宿すためだけに1ターン使うんですよね。

魔法をかけ終えて、さぁ攻撃するぞ!と思ったら他のジョブに蹴散らされて既にそのターンは敵が殆どいない…。

次のターンにまわってようやく攻撃に参加しますが、その威力は他のジョブに遠く及びませんし、かけた魔法は3ターンほどで切れてしまうので、また「魔法剣」にするために1ターン消費する…。

これでは他のジョブに水を空けられても仕方ありませんよねぇ…。

追々改善要望として出すつもりですが、

・かけた魔法はその後戦闘終了か、別の魔法をかけるまでかかり続けるようにしてほしい(継続時間を無限に)。
・見た目で何の魔法がかかっているのかわかるようにしてほしい(現状視覚的に区別が付かない)。

最低でもこの2点は実現してほしいですね。

ネットゲームですし、今後のテコ入れに期待です。


シーフ

…と書いてはみたものの、実はまだ未取得です…。

先日ようやく貯まった4種のクリスタル各170個と、ベースとなる「モンク」のアスタリスク2個(Lv1 × 2)を使用し、「シーフ」へのアスタリスク合成を試してみて…

はい、見事に撃沈しました。

「モンク」のアスタリスク双方がLv1の合成では、「シーフ」の成功率は49%。つまり五分五分よりギリギリ「モンク」寄りです(失敗すると「モンク」×1になる)。

こんな確率では私のリアルラックでは一体いつになったら成功するやら…w

「モンク」のアスタリスクのレベルを上げれば「シーフ」の成功率も上がるのですが、それでもし失敗したら「モンク」のレベル上げに費やした苦労と大量のクリスタルを失い、もしかしたら立ち直れないかも…^^;

現状クリスタルはもう少しで2回目の「シーフ」合成に使える量が貯まりそうで、尚且つ二軍の「モンク」がLv15、そして新たに育て始めた三軍?の「モンク」Lv5が居るんですが…

Lv5のほうをもう少し育てて、確率を上げて挑戦しちゃおうか、それで失敗したときの計り知れないショックから逃げるためにw、Lv1 × 2でひたすら頑張るか…

クリスタルが完全に貯まったらじっくり考えますねw



■ キャラクター

昨日の段階での私のキャラクター図鑑は以下の通りです。

bdpb_c_20121111.jpg

N : 33 / 40
R : 14 / 40
R+ : 3 / 26
SR : 1 / 18
SR+ : 0 / 4

トータル : 51 / 128 (39%)


SRは当然攻略本の付録「ノブツナ(カミイズミ)」。


R+は種類では3枚ですが、実は4枚持っています。

そう、同じカードが2枚あるんですよ。この枚数でカブるとは…w

とはいえ、知力Up Lv3を持つ「モニカ」というキャラが2枚なので、使い勝手は良いですけどもね。


RやNに関してはもうかなり被るようになってきました。

それでもRは勿体無くてなかなか”肉団子”にする勇気はありませんがw

一方Nに関しては多いキャラクターでかれこれ5枚は被っていますが、イマイチなものは片っ端から食わせていますw

ちなみに、これもチャット内で教えてもらったのですが、本命のキャラクターに食わせるにしても、先に余剰のカード同士を何度か食わせてLvを上げておいてからのほうが効率が良いようですね。

私はそれを知らずにこれまでずっと1枚ずつ食わせていましたよw



さて、最後にこの記事の冒頭で書いた「大きな出来事」について…。


あくまで現状の「BDPB」は現在もOBT中なのですが…



課金サービスが既に始まっています…。



テスト中なのにお金を払ってのプレイが可能であるという現状…



とってもモヤモヤするのは私だけでしょうか…?



公式の見解をかいつまんで書くと…

ユーザーの強い要望により課金を開始したが、しかし現状はまだ正式サービスを始めるには値しない出来なので、あくまで「テスト中」としたい。

ということなんですがね。


う〜ん、どうも納得がいかないなぁ〜 ^^;

 ※ブラウザゲームでは「よくあること」だそうですが…



商業媒体である以上今後も開発を続ける上で、百歩ゆずって”課金も已む無し”としても、要望が強かったのは「キャラクター召喚(金・銀召喚)」だったようで、でしたらそれだけを開放すればいいのに、なぜ全て解禁にしちゃったんでしょうね…?


なお、既に「金召喚」に5万ものお金をつぎ込んだ人もいるようで(あくまで自己申告ですから真偽の程は定かではありませんがw)…なんかそういう話を聞くとただスゴいなとしか…w



私は、あくまでテスト期間中はお金を払う気はありません。


正式サービス開始後は、その時のハマり具合であるいは…それでも”召喚に5万”とかメチャクチャな課金はありえませんけどもねw

キャラクター枠がいっぱいになったら、その枠を広げられるアイテムと、30日間EPゲージを+5できるアイテムくらいは手を出しちゃうかも?w





あぁ…シーフのアスタリスクが早く欲しい…

posted by ラムネ at 01:17| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE

11月1日よりオープンベータテスト(=OBT)が始まった、3DSで大好評のRPG「ブレイブリーデフォルト(=BDFF)」のスピンオフ的ブラウザゲーム



BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE 』(BDPB)


 ※公式サイトは → コチラ



当初はプレイすることで「BDFF」側でもらえる「イデア専用装備『イデアの祈祷衣』」欲しさに始めたのですが、実際遊んでみるとこれが結構面白い。

 ※ちなみに現状既に『イデアの祈祷衣』獲得条件は満たしていますが、不具合のためか?未だ獲得できずw


自身初の「ブラウザゲーム」なのですが、正直プレイ前はちょっとナメてました。

いざ遊んでみると「ブラウザゲームってここまで遊べるものなんだ!」と。

FLASHの技術ってかなり進化してるんですねぇ〜。


「BDFF」とは似て非なるゲームながらも、独自のゲームシステムを確立しており、また「BDFF」を遊んでいればより楽しめる仕組みも満載で、「BDFF」ファンはもちろんそれ以外の方も…特にFFが好きなユーザーさんならプレイしてみて損は無いと思います。


ではここからは、各カテゴリーごとにゲームの一部をご紹介。



■ キャラクター

「召喚」によって獲得できる「カード」を模したプレイヤーキャラクター。

ノーマル(N)・レア(R)・レア+(R+)・スーパーレア(SR)・スーパーレア+(SR+)の5種類に分類されます。

 ※シルエットから「SR」はアスタリスク保持者・「SR+」は4人の巫女だと推測されます。

金・銀・ノーマルのチケットでそれぞれ「金召喚」「銀召喚」「ノーマル召喚」(※ノーマル召喚については500Pq(ピーク:お金の単位)でも召喚可)できますが、現状は「銀チケット」止まり。

一応上位チケットであればあるほどレアなカードを引ける確率が高いようですが、結局はリアルラックでしょうねぇ。

因みに私は現在までに最高「R+」が1枚。殆ど「N」ばかりで、且つ同じカードを4枚引いたこともw

一度獲得したキャラクターは「図鑑」に登録されるので、図鑑コンプリートなんてのを目指そうと思ったら相当時間がかかりそうw

キャラクターにはそれぞれ「キャラクタースキル」というのが1人につき1個備わっており、また初期パラメータもバラバラなので、それによってどんな職業に就かせるかを考えますが、難しいことは考えず単にカードの好みで選んでもいいですし、そこは完全に自由です。

キャラクターの絵師さんが数名いらっしゃるのですが、そのクオリティーは(好みにもよるでしょうがw)結構バラバラ…w。
個人的には「jpg」さんのリアル絵がとっても好み。性能がイマイチでもついつい残してしまいます。

必要の無いキャラカードは、プレイヤーランクが上がることで他のキャラクターのパラメータに吸収できる「キャラクター強化」で消費できます。
俗に”食わせる”なんて表現がされていますがw、私もダブったりイマイチなカードはガンガン”食わせて”ますw



■ ジョブシステム

「BDFF」でお馴染み「アスタリスク」を使ったジョブチェンジが行えます。

初期は全員「すっぴん」ですが、このゲームでの「すっぴん」はあらゆる武器・防具が装備可能な「普通の人」扱い。

「アスタリスク」を付与することで特定のジョブにチェンジできるのですが、ここで「BDFF」とは異なるのが「アビリティーの扱い」。

「BDFF」では覚えたアビリティーは「キャラクターに付与」されますが、「BDPB」の場合はあくまで「アスタリスクに付与」されます。

つまり、「ナイト」のアスタリスクを付けて「両手持ち」のアビリティーを覚えた場合、それが記録されるのはあくまで「アスタリスク側」なので、アスタリスクを外して「すっぴん」に戻ると「両手持ち」のアビリティーも使用できません。

ですので、「BDFF」では可能だった「『両手持ち』の魔法剣士」や「『盗む』ができるナイト」などは実現不可能です。

では、キャラクターに対するジョブの影響はといえば、それは「パラメータの成長具合」。

「シーフ」なら「すばやさが上がりやすい」、白魔道士なら「精神が上がりやすい」など職業によってキャラの成長パラメータが変わってくるので、例えば先に「シーフ」で育てていたキャラを「ナイト」にジョブチェンジすれば「素早いナイト」といった感じに好みのキャラクターに育てられるわけです。


というわけで、ここからは私が現在所持しているジョブの簡単なご紹介。


・ナイト

防御の要…というイメージとは裏腹に、「両手持ち」の攻撃力UPと「踏み込む」などの組み合わせはもはや最強アタッカー。

加えて「BDPB」独自の「オフェンサー(敵全体に大ダメージ・3ターン防御低下)」と「両手持ち」を組み合わせると、もはやチート並の強さで「黒魔道士」をはじめとする他のジョブが霞んでしまうほど。

…だったのですが、どうやら本日のアップデートによって下方修正された模様。確かにあれは強すぎますからねぇ…^^;

ですが、今後も物理アタッカーとしての活躍は十分可能なのでは?と。


・戦士

「BDPB」オリジナルジョブ。

様々な武器の扱いに長けた戦闘のスペシャリスト…のはずなのですが、肝心のアタッカーとしての役割は完全に「ナイト」に食われてしまっていますw

個人的にはむしろ「オフェンサー」は「戦士」に付けてあげてほしかったなぁと…。現状のままだとあまりに地味すぎて…w

他にも意外にも盾の扱いが苦手らしく、最低限のシールドしか装備できないというのも…。ナイトが扱えない「斧」や「槍」が使えるといっても…ねぇ…w

今後のテコ入れに期待。


・モンク

お馴染み格闘のプロフェッショナル。

相変わらず低予算でかなりの攻撃力を叩きだせる、貧乏人にはありがたいジョブですねw

「天衣無縫」を早期に覚えられるので早速使ってみたのですが、「BDFF」と違って武器は装備してもOKなようで、防御に不安が残りつつも実際の攻撃力はかなりアップしてアタッカーとしてはまずまずです。

まだ成長途中なのですが、「内丹」などの自己回復を覚えれば更に便利になる…かも?


・海賊

海の荒くれ者。

「BDFF」でもお馴染み相手のパラメータを下げつつ攻撃するというのが「戦士」などとは異なります。

などと言いつつ現状「鱗剥ぎ」と「倍撃」しか持っていませんが、「BDFF」では「ナイトの両手持ちを付けて攻撃力UP」が「BDPB」では出来ないので、「倍撃」程度ではナイトには及びませんねぇ…。

今後更に他のパラメーターを下げる攻撃アビリティーを覚えていけば、使えるジョブになってくれそうな…希望的観測ですがw


・白魔道士

言わずもがな、回復のスペシャリスト。

「ケアル」はもちろん「ブラナ」「ポイゾナ」など各種回復魔法が扱えますが、現時点での我が白魔道士はアタッカーとしてもなかなかのもの。

というのも、白魔法Lv2の「エアロ」が早期に獲得できたので、後述する黒魔道士のLv1魔法「ファイア」などより格上で攻撃力も高いんですよね。

というわけで、「ナイト」と並んでパーティーの主力メンバーです。


・黒魔道士

攻撃魔法の使い手。

…ですが、現状未だLv3魔法「ファイガ」などの「ガ系」を覚えていないので、アタッカーとしては白魔道士に一歩及ばずといったところw

知力を上げて攻撃力アップに努めてはいるものの、やはり魔法Lvの壁は高いようです。

しかし、それももうすぐ解消されそう…Lv3魔法が作成できる準備が今晩あたり整いそうなので、そうなったら一気に魔法を揃えてアタッカーの面目躍如…!なんてうまくいけばいいのですがw

現状はLv1黒魔法を使いつつ「スリプル」や「サイレス」などで地味に貢献してもらってますw


・時魔道士

時間を操る魔道士。

現状は黒魔道士以上に地味な存在…覚えた魔法は現状「リジェネ」「ヘイスト」「グラビデ」の3つしか無いので仕方ありませんがw

今後の将来性に期待しつつ、「リジェネ」で仲間のHP回復に地味に貢献しながら「グラビデ」でチビチビ攻撃するだけの生活を送らせておりますw


以上、私が所持しているのはこれら7ジョブのみ。

「シーフ」「狩人」「魔法剣士」「赤魔道士」「スーパースター」なども既に使用可能らしいですが、私は未だ持っていません。

特に「シーフ」はアスタリスクを得ること自体のハードルが高く、初期ジョブだけにもうちょっと手軽に手に入れられるようにしてほしいなぁ〜なんて。



■ 戦闘

「ブレイブ」と「デフォルト」が特徴だった「BDFF」のソレとは違って、とてもオーソドックスなコマンドバトル。

ですが、ブラウザゲームではオート戦闘が主で、このようなコマンドバトル制の戦闘システムは珍しい部類らしいですね。

「前衛」「後衛」と立ち位置を分けられるのも「BDPB」ならでは(戦闘中任意に変更可能)。

更に大きく異なるのは、一連の流れ。

当然「BDFF」のようにフィールドを歩いていてエンカウント…なんてシステムではなく、マップの各拠点で「討伐」を選べば戦闘開始なのですが、ターン数(10ターン)・時間(10分)・敵の出現グループ(2〜4)が予め決まっていて、敵を全滅させれば戦闘終了です。

拠点には制覇率が設定されており、3〜4回の「討伐」でそれを踏破すればルートが伸びて次の拠点に向かうことができる、といった寸法です。

ここで改善を要望したいのが、「戦利品の獲得の仕様」。

1回の戦闘で獲得できる戦利品は各ターンごとに「1種類・1つ」のみなので、結果獲得できる戦利品は2〜4つが限界なんですよね。

武器や防具、魔法などの作成になにかと素材が必要で、それらは戦利品として獲得するのがメインなのに、この仕様だと相当厳しい…。

 ※他の獲得方法としては「クエストをこなす」「素材集めにキャラクターを派遣する」などがあります。

1種類しかムリなのなら、せめて数は複数個一度に獲得できるようにしてくれたらありがたいのですが…。



■ クエスト

本ゲームにおける「クエスト」の種類は大きく3つ

・トロフィーの獲得(プレイヤーランクのランクアップに必要)
・討伐系
・納品系

プレイヤーランクが上がれば「キャラクターのレベル上限」「キャラクターカードの保持可能枚数」などが上がるので、俄然プレイがラクになります。

なお、このランクを「5」にすれば「イデアの祈祷衣」が貰えるのですが、既に「6」だったりしますw

「討伐系」や「納品系」は主に素材集めが目的。

現状クエスト数が少なくて、特定のアイテムしか獲得できないので、もう少しクエストの幅を広げてほしいなぁと。



■ 戦場

火・水・風・土の4勢力が1つのマップ内で「陣取り合戦」を行う「戦場」。

ぶっちゃけ、ランクアップのクエストでチョコッと触った程度で全くといっていいほど遊べてません。

どうにもルールがよくわからなくて…^^;

理解すれば面白いらしいんですがねぇ…追々覚えていきたいとは思っていますが。


ちなみに私が所属しているのは「風」。単に緑色が好きだからという理由で選びましたw



■ EPやスタミナなど

これが「ブラウザゲーム」ならではのシステムか〜と実感したのがこれらの仕様。

「EP」とは言わば「行動力」というところでしょうか。

ゲーム中に戦闘やジョブチェンジなどのアクションを起こすたびに減少していき、時間で回復してくのですが、初期値の9ポイントは遊んでいるうちにすぐ無くなってしまいます。

 ※ジョブチェンジによるEP減少は本日のメンテで廃止された模様。

OBTでは不可能ですが、正式サービスが始まれば「ハンコイン」という「ハンゲーム」共通のウェブマネーを使って買えるアイテムでポイントを復活させたり回復スピードを上げたりできるようになるようです。

また、キャラクターそれぞれに「スタミナ」というポイントがあり、戦闘をこなすたびに1つ減っていきます(MAX5ポイント)。

これも特定のアイテムを使ったり(正式サービス開始後「ハンコイン」で購入可)、LvUPをすることで回復させることができます。


何が言いたいかと言えば、基本料無料ながらどこで収益を確保するかという点で、このゲームの場合は「有料アイテムを使えばそれだけゲーム進行を早められる」というところですね。

有料アイテムの中には他にも

・獲得経験値倍増
・素材収拾などのタスク処理枠増加
・キャラクター召喚のチケット購入(銀・金召喚)

などがあり、これらを買うことでよりスピーディー且つ効率的にプレイ可能になります。

逆を言えば、ガッツリと遊び尽くそうと思わなければ無料の範囲内でも十分遊べるのかなと(あくまで”現状では”という話ですがw)


余談ですが、義妹がプレイしていた某ブラウザゲームでは、「それを所持していなければとてもゲームとして遊べない」というアイテムを「毎月一定額払わないと保持できない」といったような有料の仕様があったようで…。

そういう仕様が今後現れない限りは遊び続けていけそうです。


なお、現在はOBT期間イベントとして、毎日0時の時点でチケットやピークなどを全プレイヤーに配布してくれております。

0時を過ぎるとチケットによる召喚の結果でチャット欄が一喜一憂で賑わうのが見ていて面白いですw



そんなこんなでつらつらと書いてきましたが、とりあえず今日はここまで。

これ最後まで読む人居るのかなぁ?^^;


とにかく今後も暫くは遊んでいきたいと思います。

このまま遊び続けていくなら、新たに「PCゲーム」というブログカテゴリを新設するかも?w


あぁ…「シーフ」のアスタリスクが早く欲しい…^^;





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


PS:

私事で恐縮ですが、当ブログのSeesaaランキングにおいて

blog_rank_20121105.jpg

自己最高の 574 を記録!!

「ブレイブリーデフォルト」の人気と、あとは先日UPした「S.H.Figuarts ダブルチェイサー」のアクセスが後押ししたようです。

改めて、こんな場末のブログを見てくださった皆様方にこの場を借りて感謝致します。


余談ですが、メモリアルとなる?1000記事目まで残り9記事(※上の画像はこの記事のカウント前にキャプチャーしたものです)となりました。

まぁ特別何もしないでしょうがw、ここまで長かったようなアッと言う間だったような…w

2005年から始めたブログなので、足掛け7年もかけてようやく1000というのが悲しいのですが^^;

posted by ラムネ at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。