2016年10月17日

GANTZ:O

先週14日から全国ロードショーとなったフルCG映画



GANTZ:O



を、先週末に鑑賞して参りました。


「GANTZ」といえば2011年に嵐の二宮君主演で実写映画化され、かつての愛読雑誌「ヤングジャンプ」でよく読んでいたマンガの映画化とあって前・後編共に観に行きましたが、特に後編の「パーフェクトアンサー」がイマイチな出来で少々落胆したことを覚えています。

あれから5年…フルCGアニメが公開予定である情報を得た当初は先の実写映画の印象のせいか、それほど注目していなかったのですが、公開直前になってより内容が明確になってくるにつれ、徐々に期待感が高まってきました。

特に私が注目したのが…

1.フルCGによる美麗な映像
2.総監督が「タイガー&バニー」の『さとうけいいち』氏
3.物語の舞台が大阪(道頓堀)

大きくこの3点ですかね。


さて、そんな私の期待は鑑賞後果たして…



結論から言ってしまえば、なかなかの面白さでした。



原作漫画は「タエちゃん」と罰ゲームの流れでそのまま付き合うようになった辺りまでしか読んだことが無いのですが、そんな自分でも導入部分からすんなり入り込むことができました。

原作漫画や実写映画を一切体験していない全く知識のない人には…果たしてどうでしょうかね。


冒頭いきなり玄野君が殺されてしまうシーンから始まるのですが、今作はあくまで加藤君が主人公で、このシーンはラストで意味合いがはっきりします。


フルCG映像の美しさはかなりもので、キャラクターはマンガの登場人物をリアルになり過ぎない程度に皆美形に描かれていて、実写版では味わえない感動がありました。

併せて大阪・道頓堀を緻密に描いた背景も、普段見慣れた街並みがほぼ忠実に再現されていて、地元民としてはテンションマックスですよ!

戎橋から見える有名なグ○コの看板は、それっぽいおじさん?の姿になっていて思わずニヤリとしてしまいました。


標的となる敵のボスは「ぬらりひょん」。

率いる部隊も日本の妖怪ばかりで、それらの描かれ方もまるで実在するかのようなリアルさでした。


「東京チーム」として大阪に転送される加藤君ら一行ですが、そこで地元を拠点とする「大阪チーム」と巡り合います。

この「大阪チーム」の主要メンバーとそれぞれの声優が

・室谷 信雄 (レイザーラモンRG)
・島木 譲二 (レイザーラモンHG)
・岡 八郎 (ケンドーコバヤシ)

幼少期から「吉本新喜劇」に慣れ親しんできた大阪民としては、このネーミングに反応しないわけにはいきません!

登場人物らが大真面目に「岡…八郎…」とか渾身の演技をしていても、その名前から新喜劇の役者さんの顔がどうしても頭に浮かんで思わず笑ってしまいますw

一方上で書いたようにこれまた吉本芸人さんが声優を担当しているのですが、皆あまりの上手さに驚きました。

特に「レイザーラモン」のお二人はキャラと声が全く違和感なく、もちろん生粋の関西人だけあって関西弁も至極自然で違和感は全くありませんでしたね。

ただ「岡 八郎」役の「ケンドーコバヤシ」さんだけは、超イケメンの岡の顔にしてはちょっと声が低すぎてやや違和感があったでしょうか。


「大阪チーム」のリーダー「岡 八郎」は且つて7回100点を取り、その度に新たな兵器を「ガンツ」に要求して星人と戦い続けているエキスパート。

彼が操る巨大ロボットと大型妖怪との戦闘シーンはロボット好きにはたまらないシチュエーションでしたね。

その後ラスボス「ぬらりひょん」の最終形態との戦闘シーンでは、アーマースーツに身を包んだ岡を見て、特にバイザー内の様子を表現したシーンが「タイガー&バニー」の虎徹やバーナビーのソレと重なって、「”タイバニ”を実写化したらこんな感じなのかな〜?」なんて。

 ※そういやハリウッド映画版「タイガー&バニー」って今どうなっているんだろう…?

もしかしたらこの辺りはさとう総監督の”タイバニ”ファン向けのサービスもあったりするのかな?


「大阪チーム」の紅一点?「山咲 杏」は加藤と行動を共にするうちに、彼の実直な姿に惹かれていきます。

こちらは普通に本職の声優さんが演じられていたのかな?アニメによくある「あまりにキレイな関西弁」すぎて逆に違和感がw


「岡」が殺されてあとは「東京チーム」と「杏」だけになり、加藤は自分をおとりにする作戦を提案しますが、ここで唐突に「杏」が「うち、あんたのことが好きやねん!」

好きになるのちょっと早すぎない?しかも23歳バツイチ子持ちが17歳の高校生に告白って…w


クライマックスでは7回100点を取った「岡」でさえかなわなかった強敵を新参の?加藤と仲間数名だけで倒しちゃうのは少々出来すぎな気もしますが、まぁ尺を考えたら仕方ないかな?


ストーリー的にはSFものの王道ともいえる分かりやすい展開なので、可もなく不可もなくといったところですかね。

この映画の場合は純粋にその映像美を楽しめればストーリーは二の次という感じです。

その辺は賛否が分かれそうですが、個人的にはもうちょっと凝ってくれてもよかったかなぁと。



というわけで、なんだかんだ書きましたが最後まで飽きる部分は無く結構楽しめました。

マンガのファンはもちろん、特に大阪に住んでいる人にはCGで描かれた大阪の街並みをぜひ見てほしいですね。



posted by ラムネ at 23:37| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元気そうでなにより〜〜
「GANTZ:O」公開してましたね
単行本も「GANTZ:G」スピンオフ作品が出てたのですがスルーしておりました・・・

季節の変わり目で風邪アタックをうけたので

らむねっちも気を付けてね
Posted by 錫華 at 2016年10月19日 16:49
■錫華 さん
お久しぶり〜!元気だけが取り柄ですw

>GANTZ:O
なかなかの面白さだったよ!オススメ!

>GANTZ:G
スピンオフ作品なんてものが存在してたのか!
ググったら主人公が女の子で、作画も別の人なんだね
オリジナルですら遠い昔の記憶しか無い僕は完全に時代遅れですわw

>風邪
ありゃぁ…アタックされちゃいましたか…
お大事にね
Posted by ラムネ at 2016年10月19日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック