2016年09月23日

GRAVITY DAZE 2 / 5日間限定体験版

先日21日に、事前情報通り



『 GRAVITY DAZE 2 』 5日間限定体験版



の配信が始まりました。


GRAVITY DAZE 2 _ 5日間限定体験版_20160921190932.jpg

↑タイトル…は無くムービーがループしています。


私もその日の夕方に早速DLし、21〜22日の二日間で軽く8周は遊んだでしょうか。


ではプレイした感想などを簡単に明記していきましょう。



まずゲームをスタートすると…

GRAVITY DAZE 2 _ 5日間限定体験版_20160921192602.jpg

「初心者コース」と「経験者コース」のどちらかを選ぶ画面になります。


一応「初心者コース」も遊んでみましたが、文字通り初めて「GRAVITY DAZE」をプレイした人向けのごくごく初歩的なものなので、さほど書くことは無いですかね。

簡単に流れを書くと、街に着いて現れたネヴィ(敵)を倒したら屋台のおじさんにお礼に肉串を貰いますが、それをハトにかっさらわれて追いかけたら運搬業をしている知り合いに遭遇し、足らない荷物を求めて怪しい人を追いかけたら更にネヴィが現れたので倒したら終わりです。



では本命の「経験者コース」に行きましょう。



GRAVITY DAZE 2 _ 5日間限定体験版_20160921191054.jpg

GRAVITY DAZE 2 _ 5日間限定体験版_20160921183000.jpg

とにかくグラフィックが格段に進化していて美しい!

前作(「1」)のセピア調で描かれた風景も味がありましたが、PS4専用ソフトとなって表現力が劇的に上がったことで、街並みがカラフルでとてもきれいです。

「1」と同様ミッションの進行に合わせて目的地を示してくれる親切設計なのですが、その美しい風景をじっくり鑑賞すべく意味も無く空を飛び回って(正確には「落ちまくって」w)しまいました。

因みに操作方法は「1」と同じく〔R1〕で落下(再度〔R1〕で停止)、〔R2〕で解除です。


一通り堪能して案内通り目的地に向かうと敵との戦闘に。


〔□〕で攻撃、〔R2〕で回避は「1」と同様ですね。

後方回避後に攻撃ボタンで「1」ではサマーソルトが発生していたのが「2」では無くなった…?


またチュートリアルでは出て来ませんが「重力スライド」も使用可能です。

「1」は〔L2〕+〔R2〕で発動でしたが〔L2〕のみになり、更に「1」ではそのまま敵に体当たりすることで自動で攻撃してくれましたが、きちんと〔□」で攻撃しないといけない仕様に。

流石に体当たりだけだとラクチンすぎたということでしょうか。


空中の敵に対しチュートリアルで「重力グラブ&スロー」を使うよう指示されます。

〔○〕で周囲の物体を引き寄せ、正面に据えた敵にロックオンマークが表示された状態で再度〔○〕を押すことで当てることができますが、この機能が「1」に比べて格段に便利になりました。

まず「1」ではキトゥンのすぐそばにある物体しか引き寄せられませんでしたが、「2」ではかなり遠くにある物もグググッと引き寄せてくれ、物体を拾いに行く手間がかなり減りました。

更に敵へのロックオンマークの周囲に●が複数表示されるのですが、これは現在キトゥンが確保している物体の数で、投げるごとに減るので今現在いくつ確保中かが一目でわかりとっても便利。

結果「重力スロー」自体がとても便利になったことで、「1」ではメインに後述する「重力キック」を多用していましたが、「2」ではむしろこの「重力スロー」が便利すぎてメインになる可能性が…。

もちろん周囲に引き寄せられる物体があることが前提ですがね。


ネヴィを倒し終わったら「初心者コース」と同じく運搬業の知り合いのところに行き、怪しいヤツを追いかけるところまでは同じですが、ここから「2」ならではの新システムが解禁されることに。


その前にまずは先ほども触れた「重力キック」(浮遊中に敵にロックした状態で〔□〕)を促されます。

「1」の時はこの攻撃方法がとにかく強く、ずっと浮いた状態で敵の弱点めがけてキックしまくっていました。

因みに〔L2〕回避は空中でも可能です。


しかし「2」では「重力キック」を華麗にかわす素早い敵が…!

そこで出てくるのが新フォームの1つ「ルーナチューン」です。


「ルーナチューン」はタッチパネルを上にフリックすることで水色のアーマーパーツを装備し、重力を使わない状態でも体が軽くなって、まるで月面にいるかのようにふんわりと移動できます。

この状態だと〔X〕のジャンプが更にパワーアップし、〔X〕を押しっぱなしにして話すとびゅ〜んと上空に飛び上がることも可能です。

更にこのフォームで「重力キック」をすると、瞬時に敵の傍にワープし、〔□〕ボタンでの追加攻撃が3回まで可能(レベルアップで回数が増える?)という新たな技に変化します。

体が軽いのでキックの威力も低めという設定なのでしょうね。単発では通常の「重力キック」より弱いですが、素早い敵を捕らえるにはうってつけです。

なお元のフォームに戻すにはタッチパネルを押せばOKです。


敵を全て倒した後、怪しい積み荷の箱を全て破壊して運搬業のオヤジのところに戻るとネヴィに襲われているじゃないですか!

ここでもう1つのフォーム「ユピトールチューン」が更に解禁されます!


「ユピトールチューン」はタッチパネルを下にフリックすることで黄色いアーマーパーツを纏い、「ルーナチューン」とは逆に体が鈍重になります。まるでリンクの「ヘビーブーツ」のようですね。

〔□〕ボタンによる攻撃もかなりヘビーになって威力も上がっていますが、何分体が重いので回避が難しい…。

しかし、このフォーム一番の技は「重力キック」の際に〔□〕ボタン押しっぱなしで溜めることができ、地面に向かって最大溜めで離すとものすごい威力でキックを繰り出し、爆風と共に周囲の敵を一網打尽にできるのです!

敵が集まっているところで使えばかなり効果的ですね!


このように「ルーナチューン」・「ユピトールチューン」・ノーマル状態の3タイプを使い分けることで戦闘システムにバリエーションが増え、より多彩な攻撃を繰り出せるようになりました!!


敵に関し「1」では基本ネヴィ相手でしたが「2」では何やら軍隊が存在するようで、普通に兵士と戦うことも…。

極め付けは、その軍隊が所有している巨大ロボットとのバトルも!!


GRAVITY DAZE 2 _ 5日間限定体験版_20160921192200.jpg


4つの脚それぞれにあるコアを攻撃すると背中に大きなコアが露出し、それにダメージを与えることで相手のライフを減らすことができます。

必殺技を使えば効果的にダメージを与えられますが、体験版で使えたのは〔△〕ボタンで発動できる「スクラッチトルネード」のみでした。

これが「1」だとある程度ホーミングしてくれるものの次第に明後日の方向に飛び続けるという若干不安要素のある技でしたが、「2」ではその性能がかなり上がっており、ボタン押しっぱなしだけでかなり的確に敵を捕らえてくれるようになりましたね。


そしてロボの体力を全て奪い、フィニッシュ技「フェイタルムーブ」を発動!

「1」では相手のコアの近くにある程度寄って「△」のマークが出たら〔△〕ボタンを押すことで発動できましたが、「2」ではある程度離れていてもカーソルを所定の場所に合せれば発動できます。

更に発動が〔△〕ボタンからタッチパネル押下に変わりました。



以上、体験版はここで終了。


グラフィックや各種アクションが「1」に比べて格段に進化しており、しかし「1」の頃のユルい雰囲気はそのままで、さすが正当進化版という感じですね!!

酔いさえなければ繰り返しずっと触っていたい中毒性もそのままです。


何度も周回している中、1度だけ突然アプリが強制終了することがありましたが、まぁ体験版ですから製品では問題ないでしょう。


25日までしか遊べないのが本当に惜しい…!

ダウンロードは期間限定でもいいので、プレイ自体はずっと行えるようにしてくれたらなぁ〜


発売日まで残り2か月ちょっと…楽しみが更に膨らみましたね!!!



【2016年9月25日 17:30追記】

本日25日の23:59でプレイできなくなることを受けて、今日未明急遽体験版のプレイ動画(経験者コース)をアップしました。

通常PS4では最大15分までしか録画できないのですが、「ブロードキャスト」機能を使えば配信した分を丸々残せるんですよね。



色々やろうとして特に後半はかなりグダグダですが、ご了承願いますw








PS:

12月1日発売の『 GRAVITY DAZE 2 』に関して、既に予約済みであることは以前の記事でも書いた通りですが、予約後にフと気付いたのが…

人喰いの大鷲トリコ 』の発売日も確か12月だったような…


やっぱり!しかも6日やん!?


同じPS4で、同じアクションゲームで、発売日が5日しか違わない…。


あかん…これは確実に「トリコ」はスルーのパターンですわ…。

延期してなければ来月にも遊べたはずなのに…あ〜あ、一人客を逃しちゃいましたね…w






posted by ラムネ at 02:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック