2016年09月20日

GRAVITY DAZE

先日14日に、PSPlus会員を対象にフリープレイソフトとしてPS4用ソフト



GRAVITY DAZE



が配信されました。


オリジナルは2012年に発売されたVITA版で、PS4版はそれを元に高グラフィック化&60FPS化した移植版として2015年に発売されています。

VITA版が登場した当時巷ではかなりの高評価でしたが、当時店頭体験版を遊んでみて、その時はその面白さを実感できなかったことを覚えています。


時は流れ…最新作「2」発売を目前にしてまさかの前作(「1」)をフリープレイで配信するなんて…ソニーさん気合入ってますね。

さて、先ほども書いたように「1」にはあまりいいイメージが無かったものですから、当初はいくら無料とはいえ…とあまり前向きじゃなかったのですが、折角だし触ってみるかとDLしていざプレイ!

GRAVITY DAZE_20160915165053.jpg

↑タイトル画面


結論から言えば、めちゃくちゃ面白い!!


コミック調に進むちょっと緩めのストーリー展開、最初はおぼつかないものの慣れてくると「飛ぶのではなく”落ちる”」という独特且つ秀逸なシステム、成長の度により爽快感が増していく戦闘と、そのどれもが素晴らしい!!

なぜVITA用体験版を遊んだときにこれが理解できなかったんだろう…恐らく苦手な携帯機&短時間プレイであったことが原因だったのではないかと。


ただ、毎度のことながら…酔いがハンパない!


その空間を縦横無尽に動き回る独自のシステムのせいで、これまで遊んだ3Dアクションの非ではない酔い方で、面白いのに長時間遊べないというジレンマが…!

それでも頑張ってプレイし続け、ちょうど三連休で時間が取れたこともあって、昨日クリアしました!!


エンディングは数多くの謎を残した、続きが作られること前提のようなものでしたが、それらは「2」によりすべて明らかになるようですね。


というわけで、クリア後早速12月1日発売予定のPS4専用ソフト


GRAVITY DAZE 2


をジョーシンwebで予約しました!!!


「2」は最初からPS4用として開発されただけあり、クリア後にチェックした数々の「2」情報を見るとグラフィックの美しさはもちろん、アクション面においても基本の重力操作をベースに前作を遥かに超えるものが確認でき、今から発売日が楽しみですね!!


しかし「2」の販促のためとはいえ、「1」をフリープレイとして配信してしまうとは…改めて思い切った戦略だなぁと。

まさに「肉を切らせて骨を断つ」ですね…ってちょっと違うかw

私のようにソニーの戦略にまんまとのせられたユーザーは多数いることでしょう。



そして、つい先ほど確認できたニュースなのですが、なんと明日21日から5日間限定で、PSPlus会員向けにTGSでプレイできた体験版を配信するとのことです!

「1」クリアの翌々日に「2」の体験版が遊べるなんて…図ったような展開に戸惑いすら感じますw

ともあれ明日が楽しみですね〜!!


体験できる期間を含めて5日間とのことなので、期間中できる限り目いっぱい「2」の世界を味わいたいと思います。








PS:

先日13日にPS4向けに

システムソフトウェアアップデート Ver.4.0

の配信が実施されました。


数々の更新内容の中、やはり注目すべきは「フォルダ機能」ですね。

 ※正直遅すぎる感は否めませんがw

アップデート後早速利用し、カテゴリ別にゲームを分類してみました。

20160913201127.jpg

↑「フォルダ」機能を使って「アーケードアーカイブス」をカテゴライズ。

フォルダにカーソルを合わせると下にカテゴライズしたソフトがズラリと並び、とっても便利です。


20160913201145.jpg

↑「フォルダ」編集画面。

・フォルダ名変更
・ソフトの追加・削除
・並べ替え

などが行え、インターフェースはなかなかいい感じですね。


これまではただ横並びだっただけのソフト群が「フォルダ」を使うことによってとてもコンパクトにまとめられていい感じですね〜。

改めて…もっと早く実装してほしかったですねw


その他の更新内容としては

・通知メッセージのバックカラーが黒から白に
・PSボタン長押しで開くメニューが「クイックメニュー」としてカスタマイズ可能に

などがありますが、使い勝手的にはさほど影響が無い範囲ですね。


posted by ラムネ at 20:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック