2016年09月02日

シン・ゴジラ

「エヴァンゲリオン」の生みの親、庵野監督作品で現在大ヒットしている話題作



シン・ゴジラ



を、昨日の「ファーストデイ」に鑑賞してまいりました。



実は当初鑑賞する予定は正直ありませんでした。


理由は2つ。


1.「ゴジラ」映画に殆ど興味がない

 私が生まれる遥か前から「ゴジラ」映画は上映されており、いわゆる「昭和ゴジラ」と言われる作品群ももちろん存在は知っていましたが、なんせ子供だったので登場する怪獣たち(メカゴジラ・ガイガン・キングギドラ・モスラなど)には興味津々だったものの、作品としては何一つ通して観たことはなく、その後「平成ゴジラ」作品が作られるようになってからは怪獣自体にも興味が持てなくなり、いつしか無関心の対象と化してしまいました。

2.昨今の庵野監督作品に懐疑的

 庵野監督といえば「エヴァンゲリオン」ですが、個人的にはそれよりも昔の「トップをねらえ!」が印象的でとても面白く、DVDを買うほど好きな作品です。
時は流れ、友人に半ば強引に連れていかれた映画作品(タイトルは忘れました)で実質初めて「エヴァンゲリオン」を見たのですが、正直殆ど意味がわからず、それが「トップ」と同じ庵野監督作品ときいて大変驚きました。その変貌っぷりは「もののけ姫」以降のジブリ作品とダブりましたね…。
その後たまたまTVで見た「新劇場版Q」も相変わらず意味不明で、これはもう「トップ」の頃の庵野監督は期待しちゃだめなんだなと。
そんなわけで、この「シン・ゴジラ」についても理解できないに違いないという先入観にとらわれてしまいました…。


というわけで、スルー予定だった「シン・ゴジラ」ですが、今回なぜ鑑賞に踏み切ったかと言えば、やはり巷の評判がすこぶる良いことと、我がブログのご意見番「柴犬」さんが鑑賞され楽しめたことを書かれたブログを読んだことで、「よし!思い切って観てみるか!」と重い腰を上げた次第です。



さて、鑑賞後の率直な意見としましては…。


期待したほどではなかったにしろ、そこそこ面白かったかなという感じでしょうか。


前評判の良さに少々期待感が高すぎたのかもしれませんね。



【 ※以下ネタバレです 】



怪獣映画というよりは「パニック映画」という表現のほうがしっくりくる作品だったと思います。

突如謎の生物が東京湾に現れますが、対応が常に後手後手でいちいち会議を通さないと何も進まない現政府への揶揄が随所に見て取れます。

あの「東日本大震災」で福島第一原発がメルトダウンを起こした際の政府の不甲斐なさそのものですね。


這うように川を上ってくる巨大生物(ゴジラ)が目がギョロッとしていて大変気持ち悪く、これが如何にしてあの「ゴジラ」へと変貌するのか…というか、この初期形態ってそもそも必要だったのかなぁ?


一旦は海中へ戻った巨大生物ですが、そこで変体し、再び現れたときは皆が良く知る「ゴジラ」の姿で上陸します…って、変態の過程見せてくれないのね…ザンネン…。

主人公矢口が「第四形態」って…ええっ!あの茶色いのが初期じゃなかったのか!間の形態ってどんなだったの!?説明があったのを私が気づけなかっただけでしょうか…?


登場人物や施設、乗り物などが登場するたびに明朝体の説明文が入る様がいかにも「エヴァ」って感じですw


ストーリーにおいて様々なキャラクターが登場しますが、ハリウッド映画のように恋愛や友情みたいなくどい演出は殆どなく、その事は映画内で一貫していて好感が持てました。

が、石原さとみさん演じる日系アメリカ人のセリフの言い回しは、だんだん慣れてくるとはいえ登場間もない頃はその不自然さにかなり違和感を覚えました。

鑑賞後に読んだネタバレ記事でも賛否両論だったようですが、正直アメリカに長年住んでいたという設定というのはムリがある英語力だったかなぁと…。

「ガッジ〜ラ!!」w


都心へ向かう「ゴジラ」を迎撃すべく自衛隊が出動し、様々な兵器を駆使して攻撃しますが一切歯が立ちません。

痺れを切らした米軍が爆撃機を発進させ、ミサイルを背びれに落下させて一矢報いますが、それも束の間…。

背びれから無数のレーザーを放ち、ミサイルもろとも爆撃機を一網打尽に!

あの背びれって口から炎を吐くときに発光する”放熱板”みたいなものなのかな〜なんて思ったのですが、まさかレーザーを放つ発射口になるとは!

その後口が3方向に割れ、長距離レーザーをビビーッと吐いて周囲の複数のビルを瞬時に崩壊させたシーンはめちゃくちゃ格好良かったですね!!


その後エネルギーを蓄えるために活動停止する「ゴジラ」。

その間多国籍軍が日本に3発目となる原子爆弾を投下することで事態を収拾しようとしますが、矢口率いる寄せ集め集団が血液凝固によって凍結させる作戦を立案し、数々の根回しの末作戦決行に漕ぎつけます。

「ゴジラ」の足元を崩したり、周囲のビルを倒壊させたりしてゴジラを転倒させ、そこですかさず口から科学薬品を注ぎ込むという派手なような地味なような…リアルさを追求したらこうなるのかなぁ…?

背びれや口からだけでなく、しまいにはシッポからもレーザーを発射して抵抗する「ゴジラ」…さすがにシッポはやり過ぎじゃ…w

ポンプ車がうまいこと「ゴジラ」の口元に駆けつけてましたが、もちろんどの位置に倒れても対応できるように周囲にグルリと配置したのでしょうが、それにしても上手くいきすぎのようなw

観ていて思ったのは、放射能にまみれた「ゴジラ」を液体によって沈静化させるっていう手法が、福島第一原発に必死に水をかけた政府の対応をオマージュしていて、ここにも政府への揶揄を感じますね。


2回目の転倒時に100%の注入に成功し、作戦は成功したのか?と思った矢先、まだムクリと立ち上がるしぶとい「ゴジラ」。

これは作戦失敗か?と思いきや、そのまま全身が凍り付いて活動を完全に停止。作戦は無事成功したのでした!


・・・えっ!? 終わり!?


立ったまま凍ったゴジラは果たして死んだの?それとも単に活動を止めているだけ?

あれ撤去しないと復興もクソも無いよね…どうやってどけるのだろう…?

その辺はご想像にお任せしますってことなんだろうけど…どうにも腑に落ちませんw


米軍が回収・研究していたところ突如活動を再開し、更なる進化を遂げて今度はアメリカで暴れまくる「シン・ゴジラ2」とか作る気…あったりしてw


また、ラスト凍った状態の「ゴジラ」のシッポにクローズアップされ、何やら特殊なパターンが見て伺えましたが、あれは一体何を表しているのだろう…?


あと、思ったより「ゴジラ」が暴れまくるシーンが少なくてやや不完全燃焼だったように感じます。

関東在住の方なら馴染みの街並みが破壊されていく様が描かれていたのかもしれませんが、地方民にとっては「東京タワー」や「スカイツリー」などわかりやすいランドマークをガンガン壊してくれたほうが東京感が表れてよかったように感じるのですが…。



とまぁ色々書きましたが、序盤の伏線をきちんと回収したりとストーリーはしっかりしていて、鑑賞前に危惧していた「理解不能」には陥ることはありませんでした。

CG表現もとてもリアルで、邦画でよくぞここまでやったと思わせる素晴らしいものでした。

生粋の「ゴジラ」ファンなら満足の出来ではないでしょうか。

音楽も初代「ゴジラ」のものがふんだんに使われてましたし、マニアさんは終始ニヤニヤされていたことでしょうw

マニアと言えばエヴァでお馴染みの曲も随所で流れていて、エヴァマニアさんもニヤニヤだったでしょうねw



posted by ラムネ at 21:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック