2016年06月17日

E3 2016

毎年6月にアメリカで催される世界最大級のゲームの祭典



E3



今年も大盛況のうちに幕を閉じました。

…が、個人的には正直去年ほどのサプライズは無かったある意味地味なものだったという印象です。


では主要3社についてそれぞれ発表順に、私的に気になったものを書いていこうと思います。



■ マイクロソフト


「Xbox One」について、国内ではもはや空気レベルで存在しているのかどうかさえも怪しいハードですが、さてマイクロソフトの次なる一手は…?


・「Xbox One」を小型軽量化し高機能化した『Xbox One S』発表

従来型より40%ほど小型化し、4K映像対応(メディアのみ)と高機能化した「Xbox One」のマイナーチェンジモデル『Xbox One S』が、海外では今年の8月から早くもリリースされるのだとか。

”S”の意味はスリム?スモール?セカンド?

HDDの容量などで価格は異なるようですが、最低価格のもので299ドルですから頑張ったと言えますね。

その見た目はPS4ソックリ!へんにいびつじゃない分むしろこちらのほうがスッキリしたデザインかも。

あちらでは初代「Xbox One」が2013年に発売されているので3年目を迎えた今ならまぁ出ても驚かないタイミングでしょうかね。

なお国内でも時期は未定ですがちゃんと出るそうで…売れるかどうかは別としてw

しかし、隠し玉はこれだけじゃなかった…!


・次世代プラットフォーム「プロジェクト スコーピオン」発表

なんと!早くも次世代機の存在を明確にしちゃいましたよ!

しかも来年2017年のホリデーシーズン(つまり年末)発売と時期まで決まっているとは!

先ほども書いたように「Xbox One」がアチラで出たのは2013年ですから…たった4年で次世代機発売とは…!

「WiiU」の短命っぷりもアレですが、ほんと昨今のハード寿命って…。

しかし同じタイミングで『Xbox One S』の更に先の存在を露呈してしまうというマイクロソフトの戦略が正直よくわかりません…後でコレ発表しちゃったら買い控えしちゃうと思うんですがねぇ。


・『Scalebound』協力プレイ披露

(買うかどうかは別にして)私が「ゲーム予定」の「Xbox One」関連で毎回挙げているタイトル「Scalebound」ですが、Co-opプレイによる超巨大モンスターとの共闘が実機で披露されました。

プロデューサーの神谷さんが登壇し流ちょうな英語で自ら発信してたのがかっこよかった!

気になる内容ですが、そもそもマルチプレイにあまり重きを置かないので参考程度で見ていて、ドラゴンの背に乗りながらの空中戦や地面に降りて単身弓矢での攻撃、更に魔人?に変身しての打撃攻撃など様々なスタイルで戦える様はなかなか凝ってますね。

ただ、弓での攻撃がちょっと地味に感じたのは私だけでしょうか?



■ ソニー


世界レベルではシェアトップで独走している「Playstation4」ですが、今年は「VR元年」と称されるように「PSVR」の発売を控え各社VR関連ソフトの開発に余念がないといった感じですね。

私にとっては正直マイナス傾向ですがw


・『人喰いの大鷲トリコ』の発売日が10月25日に決定

ようやく発売日が決まりましたね。

私はPS4購入後に注目したソフトだけあってそれほど待たされた感はありませんが、PS3ソフトとしてラインナップされていた頃から気になっていたファンの方々的には「ようやく決まったか」といった感じでしょう。

公開された最新の動画を見ましたが、グラフィックはなかなか頑張ってるとは思いつつ、なんだか子供(トリコ?)のキャラクターだけアニメっぽく見えて世界観的に浮いて見えるのはあえて狙ったのでしょうか?


・『Horizon Zero Dawn』新プレイ映像公開

海外では2017年2月28日に発売が決まった(国内は2017年内)『Horizon Zero Dawn』ですが、今回新たにプレイの模様が伺える動画が公開されました。

機械の体を持つ恐竜のような敵に対し単身戦う少女の姿が、グラフィックはもちろんその緻密な動きも素晴らしいの一言で、現在最も期待を寄せているソフトですね。


・『バイオハザード7』が2017年1月26日に発売 PSVRに完全対応

それはまさに青天の霹靂でした!長らく沈黙していたバイオハザードシリーズのナンバリング最新作『バイオハザード7』がいきなり発表され、しかも来年の1月26日と発表から半年余りで発売ですよ!

更に!発表と同時に「PS Plus」会員限定で体験版配信まで行われるという…!

さすがカプコンの看板タイトルだけあって力の入れようがハンパねー!ってことで、配信後早速私もDLして遊んでみました。

BIOHAZARD 7 TEASER - BEGINNING HOUR -_20160614133524.jpg

↑タイトル画面。

これまでのシリーズとは一転して完全一人称視点でゲームは進みます。

とある廃屋から脱出することが目的のようですが、原点回帰し恐怖を全面に押し出した結果、その怖さはかなりのものです!

カギを見つけ勝手口から逃げ出そうとして…うわぁ〜!!!???!!

怖すぎて本作をプレイできる気がしませんが、それ以上に私が感じた点は2つ。

1.従来のバイオシリーズとあまりにも雰囲気が違い過ぎて「バイオらしさが」感じられない

2.終始一人称視点なので激しく酔うことが必至

「4」→「6」とその傾向は徐々にアドベンチャーというよりTPSに向かっていたシリーズだけに、急にここまで方向転換されると正直不安しかありません…元々バイオにそれほど恐怖感を求めて無かっただけに特に。

更にVRという新しいテクノロジーが出たことで半ば仕方ないのかもしれませんが、それを意識した一人称というこれまた従来のシリーズではなかった視点になったことで、3D酔い体質の私にとっては遊べないゲームになってしまいました…。

結論 : さようなら、バイオ…。

「VR元年」ということで薄々わかってはいたことですが、各社が新しい技術に一斉に飛びつく様はWiiの棒振り、3DSのタッチパネルに通じるものを感じますね。

しかもVR=一人称視点は私にとってまさに死活問題…今後もこの傾向が続くようであれば、益々私の遊べないゲームが増えていくことになり、これでゲーム卒業に3歩は近づいた…かな?

余談ですが、今回の体験版は未だ世界で一人もクリア者が居ないんだとか…って私はてっきりバットエンドが普通だと思っていただけに、クリアするという発想自体がありませんでしたw

まぁ例えクリア報告があったからといって、自分でやり直す気は毛頭ありませんが^^;


・『バットマン:アーカム VR』発表!国内でも10月13日の発売

「バットマン:アーカム・ナイト」を作り終え、有終の美を飾ったロックスタディー社でしたが、その最新作がまさかの『バットマン:アーカム VR』!?

アーカムシリーズは「アーカム・ナイト」で終わりって言ってなかった?舌の根も乾かないうちにしれっと次回作が出るとは!しかも(後で書きますが)「PSVR」のローンチということはかなり前から作ってたってことですよね?

う〜む、なんだかなぁ…(困惑)

本作はVR「専用」ソフトだそうで、つまり「PSVR」が無ければ遊べないわけですが、そもそも一人称視点固定のゲームということは従来作品とはその路線は全く異なるわけで、だったら「アーカム」である必要は無かったのでは?なんて思ったり。

個人的に「アーカム」シリーズはフリーフローコンバットや三人称視点でマップを縦横無尽に飛び回るのが好きだったので、この『アーカム VR』はまるで別物ですしそもそも「PSVR」を買う気は全くありませんので、「バットマン」ゲームとして気にはなりますがスルー決定ですね。


・「PlayStation VR」国内でも10月13日発売決定 価格は44,980円(税別)

本体の発売こそ海外より遅れた国内ですが、「PSVR」に関しては海外と同時発売されることが決まりましたね。

購入を予定していた人、良かったですね。


・『Spider-Man』発表

PS4専用ソフトとして『Spider-Man(スパイダーマン)」が発表され、同時にトレイラーも公開されました。

スパイダーマンがニューヨーク?のビル群を飛び交うさまはまさにスパイダーマンそのもの!とても面白そうです!

スパイダーマンのコスチュームが赤と青には違いないのですが、これまでの映画などのものと違ってかなり色分けが凝ってて奇抜に見えましたが、これは好き嫌いが分かれそう。

それよりこのソフトがちゃんと国内でも出るのかどうかが問題ですね。

もし出してもらえるなら、是非とも日本語吹き替えも収録してほしいものです。



<番外編>



■ 任天堂


新ハード「コードネームNX」が正式に発表されて久しいですが、その後得に音沙汰もなく、本「E3」においては特に出展はせず独自のネット配信に留まりました。

そこで発表されたものは…


・ゼルダの伝説(新作)の正式タイトルが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と判明

ようやく正式タイトルが公のものとなりました。

同時に配信されたプレイアブルデモはもうかなり作り込まれた感じのもので、何者かの声によって目覚めたリンクが謎の端末を手に入れ、広大なオープンワールドに飛び出します。

シリーズで初めてジャンプボタンが備わり、木や壁に飛び乗ってそのまま登っていったりできるようですね。

またリンゴなどの木の実を採って食べることで体力が回復したり、敵の武器を奪って使ったりとこれまでのゼルダとは違ったゲーム性でとても遊び甲斐がありそうです。

デモの出来を見るにもう年末にでも発売できそうな完成度なのに、次世代機「NX」版も予定されていることからWiiUもそれに引っ張られて発売は来年以降に…その事実だけがとても腹立たしいですね…。

もう先にWiiU版だけでも出してくださいよぅ…。



以上、こんなものでしょうかね。


「VR元年」は私にとってはむしろ「癌年」とも言うべき悪しき流れと化しつつあります…。

このまま据え置き機がVR専用(対応)ソフトで溢れかえってしまったら、もう何度言ったか覚えていない「卒業」が、今度こそ現実のものになるかもしれませんね。

そうなったらそうなったで仕方ありません。時代の流れに乗れない私の体質が悪いのですから…。


では最後にもう一度。


さようなら、バイオ…。



posted by ラムネ at 03:29| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
お久しぶりの書き込みです^^;

発表、色々とありましたね〜。
やはり今年はVRがメインなんですね。
一度は試してみたいと思うんですが、それを中心にゲームが回るのも何だかなぁと。
基本はテレビ画面を通して、機会があったら試しにVRを、程度で良いんだと思うんですが。。。
普通に3D酔いする人は、やはりVRも危ないですかね^^;
テレビ番組で、ビルの上を綱渡りで歩くVRゲームが紹介されていたんですが、ちょっと興味アリです。リポーターの方はあまりの恐怖に耐えられず、床の上で腰を抜かしていました。。。

NXの発表は無かったようですね。
そろそろタイミングだろうと勘ぐっていましたが。。。
ゼルダの新作はやはり現行機を先に出すべきですよね。
ユーザーを蔑ろにしては、顧客離れに繋がります。任天堂なら分かっているんだと思ってましたが。。。

あと、マイクロソフトのプロジェクト スコーピオンですが、どこかの記事に現行機をパワーアップさせたものだって書いてありましたよ。
(PS4.5のような感じかな)
Posted by 柴犬 at 2016年06月17日 21:10
■柴犬 さん
おひさしぶり〜!^o^

>PSVR
今日から始まった予約は、ネットは瞬殺&家電量販店は長蛇の列で大盛況のようですな。

ほんとこのままVR化が加速しちゃうのかなぁ…おじさん怖いよ…^^;
僕も実際自分で試したわけじゃないけど、テレビ画面で気持ち悪くなるくらいだからVRなんて考えただけでも…^^;
店頭で体験できるコーナーが各地に設置されるらしいけど、もし店の中で嘔吐でもしようものなら…^^;
それ以前に他人が付けたヘッドセットを付けることに抵抗が…プチ潔癖なんで^^;
あとはメガネをかけた状態でも違和感なく装着できるもんなのかねぇ…?

ともあれ、現状だと恐ろしくてとても手が出せませんわ…。

>NX
ほんとどうなってるんだろうねぇ…?
まぁ出たところで「ふ〜ん」って感じだけど、とにかく早く発売日とか明確にしてほしいよね。
じゃないとそれに引っ張られるゼルダの発売日も決まらないわけで…。
こちとら早くゼルダが遊びたいんだよぉー!!

>プロジェクトスコーピオン
あらら?そうなの?
僕が読んだ記事では「次世代」って言葉使ってたからてっきり箱1の次のマシンだとばかり…^^;
PS4.5(NEO)はPS上層部がはっきりとその存在を明言したし、それに対抗したって形かな?

各社4K対応に向かってるけど、一方うちのTVは9年前の骨とう品…。
もし買い替えるならTVもそれに合わせて替えないと意味ないよね…でもまだ普通に映るしなぁ…う〜ん…^^;
Posted by ラムネ at 2016年06月18日 14:27
PSVR、瞬時で予約終了となったようですね。
これって、現行のPS4では遊べないんですよね。
つまり本体買い直し?
皆さんお金持ってるんですね、羨ましい。。。

おぉ、偶然!
うちの液晶テレビも9年前の骨董品ですよ。
4Kは50インチ以上の大画面でなければ、恩恵は受けられないんじゃないかと思っています。
私は8Kが主流になるまで、今ので我慢します。
8Kになると画質が全く違うって言いますよね。もはやテレビ画面ではなく、実物を見ているかのようだって聞きます。
Posted by 柴犬 at 2016年06月19日 18:00
■柴犬 さん
>PSVR
なんか出足は好調みたいだね。
個人的にはただ静観するだけだけどね〜。

現行機でも遊べるよ!
ただゲームによってはカメラや(必須かも?)PSMOVE(いわゆる”あそ棒”w)が必要みたいで周辺機器だけでも結構な出費になりそう…。

PS4.5(NEO)になればPSVRをより滑らかな映像で楽しめたり4Kメディアが見られたりするのがウリみたいだね。
スタンダーなソフトは従来のPS4で普通に遊べるらしいから、よほどのマニアでもない限り買い替えの必要は無さそうね。

>テレビ
おお!柴犬氏も年季の入ったテレビ使ってるのね^^
格ゲーとか遊んでも(鈍感なせいで?)特に遅延とか感じないし、テレビとしても普通に見られてるから暫くはこのままでいいかなぁ。

時代はもう8Kに突入してるんだね〜!
4Kすらよくわかってないのにさらにその倍の映像…想像すらできないよw
Posted by ラムネ at 2016年06月20日 19:17
現行のPS4でも遊べるのね>PSVR

常時メガネな人でも大丈夫なんですかね。
そのうち店舗にデモ品が置かれるだろうから、一度試してみようかな。

でも、ラムネさんのコメの通り、頭に密着させて使うので、他人の使い回しはちょっと抵抗がありますね^^;
汗が蒸発して、「塩」が付着してそう。。。
デモ機の隣には、やはりアルコールティッシュとゲロ袋は必須でしょう。

個人的には、VRネタよりもアーケードアーカイブスの新情報が来てくれた方が嬉しいかな。
Posted by 柴犬 at 2016年06月20日 20:55
■柴犬 さん
>PSVR
「メガネ ON VR」は気になるよね。
もしかして老眼が始まった今ならむしろメガネ無い方がよく見えたりして^^;

そうなんだよ〜!体験会とかうちの近くでもやるみたいなんだけど、他人が付けたあとのヘッドセットは抵抗あるわぁ…
それに体験できるといっても恐らく1人5分程度だろうし、それだけの時間で果たして十分に把握できるのかといえば…ゲームプレイは普通なら1〜2時間は軽くかかることを考えるとね。

>アルコールティッシュとゲロ袋
体験するなら必須だね!…ってかそこまでして体験したいかと言えば…^^;

>アケアカ
恐らく今週末に「奇々怪界」が出て、来月以降に「魂斗羅」が出るのは間違いないかな?
僕はこの2本はスルー予定だから、次に買うのは夏予定の「ダライアス」になるかも?
Posted by ラムネ at 2016年06月21日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック