2016年06月03日

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 その3

発売日から三週間ほどが経過しましたが、コツコツと遊び続けている



アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝



PS4購入後「トロフィー」に関しては以前のXbox360における「実績」ほど固執しておりませんが、こと面白いソフトとなれば自分の実力で取れそうなものはやはり頑張ってしまいますね。

人気ソフトなのでその辺りの攻略もネット上に既に多く存在していますので、それらを頼りに収集物に関しては難易度「練習」で始めた二周目で取りこぼしがないよう注意しながら進め、戦闘関係に関してはクリアしたものについて繰り返し行えるシステムを使い、数をこなして徐々にトロフィーを獲得していきました。


そんなこんなで現在の取得状況は…

20160602020735.jpg

91%

残り9%ですが、その内容は

・上級でクリア!(上級以上でゲームをクリアする)
・プロでクリア!(プロでゲームをクリアする)
・タイムアタックでクリア!(6時間以内にゲームをクリアする)
・シャープシューター(命中率70%以上でゲームをクリアする)

以上4つ(※プラチナトロフィーを除く)です。


上の2つに関してはボーナス「無限弾丸」や「バレットスピード」、オプションの「オート照準」などを駆使して難易度「プロ」をクリアすればなんとかいけそうです。

 ※ボーナス未使用が条件ならまず不可能ですが…使っても大丈夫…だよね?


問題は残り2つですね。


「タイムアタックでクリア!」ですが、話によれば全く迷う事無く進めて大体5時間半でクリアできるようなので、思った以上に余裕は無さそう…。

それ以前に6時間近くもぶっ通しでプレイすることが体質的に難しいかと…^^;


「シャープシューター」はオプション「オート照準」で難易度「練習」ならばなんとかなりそうなのですが…。



そんなわけで、現在は難易度「プロ」で三周目をプレイ中です。


様々なチート設定(笑)を駆使しているおかげでプレイには多少の余裕がありますが、それも序盤だけ。

中盤以降になると敵の攻撃がより激しくなり、立ち回りを失敗すれば速攻でハチの巣にされやり直し…を繰り返すことも何度か…。

現在まだ中盤ですが、並行で遊んでいるマルチプレイもあって1日に進められるのは1ミッションか多くて2ミッションくらいですね。



その「マルチプレイ」ですが、依然として長時間は遊べないもののチマチマとプレイしています。

現在までの最高スコアは…

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝_20160524035533.jpg

↑こんな感じ。

まだ戦績にムラがありますが、1000以上を出せる回が徐々に増えて来ました。


なお、未だ「チームデスマッチ」でしか遊んだことがありません。

マルチプレイには他に

・拠点制圧
・宝探し
・チームデスマッチ(ランク戦)

があるのですが、まだまだ操作が完全とは言えない状態で色々と手広くやる余裕もありませんので…。

そのうち徐々にプレイの幅を広げていけたらなと思います。



今後も「追加シナリオ」やマルチプレイ用の様々な追加要素がアップデートにより増えていく予定とのことなので、今から楽しみですね。

特に「追加シナリオ」に関しては、もしかして”あの子”が活躍するようなものが遊べるのかな?なんて期待してしまいます。







PS:

ストリートファイター5

について、本来ならば新たな記事を起こして書くべきなのでしょうが、正直そこまでの内容でもないなとPS4繋がりでここに書かせてもらいます。

先月5月は、事前の発表通りなら3人目の新キャラが追加される月だったのですが、配信キャラ「いぶき」が発表されたのが30日になってやっと…。

結局5月配信はされず、実際の配信は噂によれば6月末に大型ストーリーと同時配信とのこと。


当初の予定が遅れることはこの業界の常ですからそれは仕方ないとして、問題はそのことに対する公式の態度です。

予告PVの配信に伴い本来ならば5月であった配信日が遅れることに対しきちんと謝罪するのが企業として当然の姿勢だと思うのですが、現状カプコンからそのような報告は一切無し。

数多く残ったままの不具合に関しても依然として対処されず、それらの修正(する気があるのかどうかさえわかりませんが)の進捗状態もサッパリわからないまま…。


これって一企業としてどうなんでしょうかね。

「eスポーツ」対象ソフトという面ばかりに捕らわれて、大部分の一般ユーザーが完全に置いてきぼりになっている感が否めません。

最近はすっかりご無沙汰ですが、相変わらずネット対戦は戦績がまともに記録されない状態が頻発しているようですし、マッチング格差も相変わらずの模様。

 ※マッチングエラーの時に鳴る「ブブッ」というSEから「ブブ5」なんて揶揄される始末。

ゲームセンターで展開されていない本ゲームですから、一般ユーザーはネットに依存せざるを得ず、それが発売後4か月近く経ってもこんな調子じゃ今後の発展も期待できたものではありませんよね。


国内では数少ない据え置きハードでも頑張っているメーカーだけに、ほんとしっかりしてほしいものです。


posted by ラムネ at 20:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438580601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック