2016年04月03日

今後のゲーム予定まとめ - 2016年 4月〜6月 -

先ほど映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の記事を更新したばかりですが、その中でエイプリルフールの話を出した時に

「あれ?ということは…もう4月じゃないか!」

そう、本来なら先月末に更新すべき四半期ごとの恒例記事「今後のゲーム予定まとめ」をすっかり忘れていたことに気付きました^^;


というわけで、既に4月3日ですが、慌てて更新しちゃいたいと思います


赤字は予約(購入)済み


【4月】



21日
スターフォックスゼロ (WiiU)

かつてSFC専用ソフトとして発売された3DSTG「スターフォックス」のシリーズ最新作。

私がシリーズ中最もハマったのはN64用ソフト「スターフォックス64」だが、その後の続編やリメイク物は全く手を出しておらず、再びスターフォックスに触れるのは実に20年弱ぶり。

開発に私の好きなゲームメーカー「プラチナゲームズ」が参加しているということでかなり期待しているが、一方でアーウィンが歩行形態に変形したり、操作が1人プレイでもWiiU Gamepadのみであるなどの面で多少不安に感じる面も。

ともあれWiiUの新作ソフトとしては(WiiUVCなどを除き)およそ11か月ぶりなので、長らく本体を遊ばせていた分は取り戻したいところである。

なお、同時発売される「スターフォックスガード」には全く興味が無い。


?日
アーケードアーカイブス グラディウスU (PS4)

まだ正式に4月に配信されるとの発表は無いが、順番的に恐らく間違いないと思われるのでここで取り上げたいと思う。

コナミの横スクロールSTGの中で私が一番好きな作品がこの「グラディウスU」であるが、過去移植される度に何度も遊んできた中、最新ハードで恐らく最高の移植度合いで、しかもアーケード準拠のスティック操作が可能と家庭用でプレイできる「グラU」としてはこれ以上ない環境で遊べることに喜びが隠せない。

オンラインに対応した「ハイスコアモード」も過去作には無かった要素であり、そこも嬉しい部分である。もちろん上位に食い込む腕は無いが。


【5月】



10日
アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 (PS4)

「ラスト・オブ・アス」・「アンチャーテッドコレクション」と私にいくつもの感動を与えてくれたデベロッパー「ノーティードッグ」の「アンチャーテッド」シリーズ最新作にして最終作品。

先日実施されたベータテストでその美しすぎるグラフィックと小気味いいアクション性にすっかり虜になり、上半期最大の期待作として待ち遠しい限りである。

2度の延期が発表され、GW前に間に合わなかったのは残念だが、妥協を許さないメーカーの姿勢ということでここは我慢して待つことにしよう。

PS4で描かれる美麗グラフィックで、あの息もつかせぬ終始クライマックスなアクションが体験できるのが今から楽しみでしようが無い。


【6月】



なし



以上です。


「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」に関しては恐らくこれ以上の延期は無い…かな?

今回はマルチプレイにも積極的に参加していこうと思っているので、ハマり具合によれば5月からはず〜っとこればかりやることになるかも?


「スターフォックスゼロ」は1人プレイならWiiU PROコントローラーを使わせてほしかった…。

WiiU Gamepadの画面を使った演出もあることからそれが不可能なようですが、正直こういう作りは蛇足な感じがしないでもないです。

ニンテンドーDSが出たばかりの時に何がなんでもタッチペンを使わせるみたいな匂いを感じます…。


そして、「グラディウスU」が目前に!何気に楽しみすぎます!!



では最後に2016年7月以降に発売予定及び発売日未定のソフトで気になっているものを並べておきます。


PS4

・ファイナルファンタジー]X (2016年9月30日)
・アーケードアーカイブス ダライアス (2016年 夏)
・アーケードアーカイブス ニンジャウォーリアーズ (2016年 秋)
・Horizon Zero Dawn (2016年)
・人喰いの大鷲トリコ (2016年)
・シェンムー3 (未定)
・ファイナルファンタジー7 リメイク (未定)
・RISE OF TOMB RAIDER (未定)
・アーケードアーカイブス「ダライアスシリーズ」(仮) (未定)
・ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて (未定)

WiiU

・ゼルダの伝説 完全新作(仮称) (未定)

PSVITA

・真・女神転生シリーズ (未定)

Xbox One

・SCALE BOUND (未定)



先日発売日が発表された「ファイナルファンタジー]X」ですが、いずれ改めて記事にするかも?ですが発表当日に配信された体験版を遊んで、久しぶりにかなりの3D酔いに襲われたものの、作りはアクションゲーム寄りでわりと手ごたえがあったので、もしかしたら本当に買うかも?

余談ですが、某記事でこのゲームの採算を取るには全世界で1000万本売らないといけないという話を開発者の方がされていたそうな…。

ゲームが売れないご時世に1000万本は…いくら”FF"を冠するナンバリングタイトルとはいえ相当厳しいのではないかと…。

このソフトってかつては「ヴェルサス]V」として開発されていたものを半ば無理やりナンバリングにしたようなもので、そのアクション性が逆に間口を狭めていると思われるんですよね…。

一般プレイヤーはどちらかといえば純RPGを望んでいるのではないかと…。

私のようなアクション性に惹かれるプレイヤーは少数でしょうしね。

さてどの程度売れるのか…注目ですね。



一方「WiiU」ですが…

いよいよもって末期感が拭えませんね…

任天堂は否定していますが、先日WiiUの製造停止が記事になり、実際市場でもその在庫数はかなり減少しているようです。

ゼルダの最新作に関しても、ここにきてプラットフォームを次世代機に変更されてもおかしくない空気が漂っているように感じるのは私だけでしょうか…?

かつてはカラオケを毎週のように楽しんだり、「Miiverse」にマメにイラストを投稿したりとWiiUが大活躍した時期もありましたが、今や懐かしい想い出といった感じです。

まぁ現状はすっかりPS4を主軸にしたゲームライフを送っているので、正直殆ど困らないというのが本音なのですが…。

いや、ここまで短命だとさすがに悲しすぎますね…。



以上でございます!


次は6月末にちゃんと更新しなければ…。



 






posted by ラムネ at 01:29| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WiiU本体はどこも売り切れか品薄状態です。
任天堂は否定していますが、やはり既に製造を終了してしまっているのでは。。。

FF XV。テレビでCMを見ましたよ。
何でも出来てしまうオープンワールド、グランドセフトオートのような印象でした。
相変わらず、美男美女のみが許される世界ですね^^;
てっきり普通のコマンド方式のRPGだと思っていたんですが、ちょっと違うのかな。

それにしても、開発に10年かかり、元と取るのに1000万本も売らないと駄目とは、驚きです。
この手のアクションゲーム(勝手にアクションゲームと決めつけてます^^;)は、今や洋ゲーの方がクオリティが高いですし、非常に厳しいのでは。。。

次はいよいよグラIIですか!
私もですよ。
コナミのシューティングで一番好きなゲームです。
ファミコン版、PCエンジン版、サターン版、X68000版、全て遊んでます。
この頃のコナミは神がかってましたね。
グラディウス、サラマンダ、グラIIはどれも衝撃を受けました。ゲーセンでは、上手い人は常にギャラリーに囲まれてましたよ。(私もその傍観者の一人でした^^;)
Posted by 柴犬 at 2016年04月04日 23:39
■柴犬 さん
>WiiU
実際市場在庫減ってるんだ…。
そりゃ年末に新ハード控えてたら作るの躊躇うよねぇ…。
いくら任天堂が否定しても現実を見たらそう思っちゃうよね。

>FF15
TVCM僕も見たよ!
FFシリーズは美男美女が出てナンボって世界観だよねw
某所で「これだけリアルなのにすね毛が無いのはおかしい!」って突っ込まれてたけど^^;

純粋なコマンド制のRPGを期待すると思い切り肩透かし食らうと思うよ。
攻撃と防御がボタンに振り分けられてたりと戦闘はアクション色がかなり強いね。

1000万本はねぇ…さすがにハードル高すぎるよね。
並行でアニメやCG映画でも展開してそっちでも稼ぐつもりみたいだけど、採算取れるのかなぁ…?

>グラU
いよいよ来ますぜ!
X68kでグラUも出てたのか!なんとそれで遊んでいたとは、さては柴犬氏いいとこの子?^^;

ほんと当時のコナミはひと際輝いてたよね!まさに黄金時代!
今やただのスポーツジム経営会社…

僕も同じくギャラリー側だったさ^^;
それでも当時なんとか自力で1周はクリアできた…はずw
今やったら一体どこまでいけるのか…「歳」という敵に負けたくないものです^^;
Posted by ラムネ at 2016年04月05日 02:19
コナミは「ときメモ」あたりから力を入れるところを間違えてたんじゃないかと。
まぁ、シューティング自体廃れてきたので仕方が無かったのかも知れませんが。
コナミ、タイトー、カプコン、アイレム、ナムコ、セガ、東亜プラン、いずれも90年代中頃までがピークでしたね。。。

X68Kは、中学生の時に電気屋を営んでいる友人宅で初めて見ました。
グラディウスとスペハリを遊ばせてもらったんですが、家庭用機を超越したグラフィックに度肝を抜かれたましたよ、いや、ほんとに。
で、どうしても欲しくて、何年か経った学生時代に頑張って買いました。当時高価だったHDD(100MB)とMIDI音源(MT-32)も。

Win95PC(大学のレポート作成用)を買うために手放してしまったんですが、今でも後悔しています。。。あぁ、何と勿体ないことを。
Posted by 柴犬 at 2016年04月05日 20:40
あ、ちなみに実家は片田舎で自営業している普通の家庭でしたよ。
上に書いた電気屋の息子はゲーム機を全て揃えていたので、度々お世話になってました^^;
親がシャープと取引のある会社の上役で、地方のCMにも出ていたそうです。私は見たことなかったですが。
シャープ。。。
こんな事になってしまうなんて、想像も付かなかったですね。
目を付けるどころか、目を付けられてしまいましたね。鴻海に。
Posted by 柴犬 at 2016年04月05日 20:48
■柴犬 さん
>STG黄金時代
当時のSTGはアーケードの花形ジャンルで、家庭用の移植がそのハードの購入動機になったりと今では考えられない時代だったよね。
「R-TYPE」を遊びたいがためにPCエンジンを買ったのは懐かしい想い出…。

>X68k
スプライトを搭載した高額PCでアーケードゲームをかなり忠実に再現できた、アケゲーマーにとってはほんと夢のようなハードだったなぁ…。
近所のお金持ちの友達のところにあったから、足しげく通って「グラディウス」を遊ばせてもらったっけ…(ってコレ前にも書いたようなw)。

おお!学生の頃に自力で買ったとは!X68kへの並々ならぬ愛を感じますぜ!
しかもHDDとMIDIも…!
当時はまだ記録メディアとしてはフロッピーが全盛の時代だったよね?
そんな頃にHDDとは…あんたスゲーよ!!^^

>電気屋のお友達
そういう羨ましい子供が近くに一人はいたよね。
親がCMに…どんだけ裕福やねんw

>シャープ
いやほんとね…まさか外資に乗っ取られるとはね…
あぁ…日本の技術が海外に流出しちゃうぅ〜!(汗)
東芝もヤバそうだし、日本企業がどんどん衰退していくぅ…(涙)
Posted by ラムネ at 2016年04月06日 03:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436111525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック