2015年04月11日

PSVITA&PS4について調べてみました

前回の記事でPSVITA用ソフト「第3次スーパーロボット対戦Z 天獄篇」が当選したことを書きましたが、それを機にこれまでおぼろげにしか知らなかった「PSVITA」そのものについて改めて調査することに。

併せて7月16日に発売予定の「バットマン:アーカム・ナイト」を遊ぶために必要なハード「PS4」についても「事前調査」と称してついでに調べてみました。


ネットであれこれ調べるのもいいのですが、どうせならリアル店舗にも足を運んでみようと先日久しぶりに日本橋の電気街へ。

以前なら映画鑑賞の後など必ずといっていいほど立ち寄っていた電気街ですが、最近はそれも面倒になって以来殆ど行っていませんでした。ほんとご無沙汰です。

「ソフマップ」や「ジョーシン」のPSVITA&PS4コーナーを訪れ、解説冊子を貰いつつ辺りを物色。小一時間で帰路に付きました。


因みに最後に購入したソニー製ハードは2009年5月の「PSP」。

あれからかれこれ6年かぁ…。


■ PSVITA

<PSVITA(携帯機)>

持ち運び可能な「携帯機」にして「本家」とも言うべきなのが「PSVITA」。

5インチ液晶と2つのアナログスティック・背面タッチパネルを備えた、現行の携帯ゲーム機の中では最高スペックを誇るソニーの二大ゲームハードの1つです。

基本パックには本体以外に最低限のケーブルしか同梱されておらず、別途”専用の”メモリーカードを用意しなければならないのですが、「専用」というのがネック。PSVITAでしか使えないまさに専用カードで他機器との汎用性が全く無い。そのため同容量のSDメモリーカードと比べて値段が高い…。

正直こういうソニーのやり方好きじゃないです。素直にSDカード使えばいいのに。

今年の2月に本体に16GBのメモリーカードが付属した「デビューパック」がリリースされたようですが、現在はほぼ完売状態でプレミア価格が付いていますね。

 ※色によっては余っているものもあるようですが…赤とかw

いっそのことこのパックを通常扱いにしてくれればいいのに。専用メモカを買い足す必要がある基本パックがどうしても割高に感じます。

さて携帯機として考えた場合、私個人的にゲーム機を外に持ち歩く習慣がほぼゼロなので、携帯性はさほど重要視しません。

ただ、家で遊ぶ場合でもたとえば「スパロボZ2」をPSPで遊んでいたときなど、適当な時間にちょこちょこ触る程度なら携帯機が最適なんですよね。

そういう意味では選択肢としては十分ありえます。


<PSVITA TV>

「PSVITA」のソフトを家庭の大画面テレビで遊ぶことができるハード。

デュアルショック(DS)3や4で操作することになるので、当然背面&正面タッチパネルを必須とするゲームは遊べないことになります。

目的の「第3次スパロボZ 天獄篇」はパッケージ裏に「PSVITA TVでプレイ可能」となっているので問題ありません。

販売パッケージとしては「PSVITATVのみ」と「バリューパック」があります。

バリューパックにはPSVITA本体に加えて8GBのメモリーカードとDS3が同梱されたもので、PS3を持たない私にとってはこちらが相応しいのですが、7月に「PS4」を買うのであればそのコントローラー(DS4)を併用すれば良いのでDS3が不要になり、結果的に「PSVITA本体」とメモカを買うほうが安上がりになります。

というプランを考えていて、実は落とし穴が…。

貰ってきた冊子の説明によると、

・PSVITA TVでDS4を使うには本体のファームウェアをver.3.10以上にする必要がある
・PSVITA TVのファームウェアをver.3.10以降にアップデートするにはDS3が必要

つまり、「DS4で遊ぶにはどちらにしろDS3が必要になる」ということなんです!

い〜みな〜いじゃ〜ん!

メーカーからver.3.10以上にバージョンアップした「PSVITAのみ」パッケージが出荷されていれば問題ないのですが、リアル店舗・ネット店舗ともに現状取り扱いは無い模様。

中古販売でしか見かけることがなく、基本ゲームハードの中古品には手を出さない主義の私としては選択肢には入らないのですが、そもそも中古品だとファームウェアが古いままの確率が高いですから問題外ですね。

考えてみれば、ゲームハードを切り替えるたびにコントローラーのペアリングをやり直さなければならないのは面倒かも。それならいっそのこと「バリューパック」を買ってDS3を専用コントローラーにしたほうがいいかもしれませんね。付属のメモカの容量が8GBと貧弱なのが気になりますがw

 ※PS4とPSVITAのゲームを平行で遊ぶようなシチュエーションはそうそうありそうにないですがw


というわけで、「スパロボZ3 天獄篇」をすぐにでも遊ぶなら

・PSVITA(携帯機)※できればバリューパック
・PSVITA TV バリューパック

の二択となり、後者なら今すぐにでも手に入れて遊ぶことが可能です。


が…考えた結果「見送る」という選択をとることにしました。


その理由は

・WiiUソフト「ゼノブレイドクロス」の発売まで残り3週間弱である
・「マリオ VS.ドンキーコング みんなでミニランド」がまだ終わっていない(残り3問ですが…)
・某wikiでは前作「スパロボZ3 時獄篇」を先に遊ぶことを推奨している

この3つでしょうか。

特に1つ目がやはり大きな理由ですかね。

3つ目の理由を受けて、仮に時獄篇を中古で買って遊び始めたとして、「ゼノブレイドクロス」が発売されるまでに2本を終わらせる自信はとてもありません。

結果として、「ゼノブレイドクロス」が出るまでは「マリオvs.ドンキーコング」などでしのぎ、「スパロボZ3」に関しては遊ぶソフトが無くなった頃にまた検討することにしようかなと。

そのままお蔵入りになる可能性も捨て切れませんけどねw


 

  



■ PS4

「PSVITA」について調べるついでに7月に購入するであろう「PS4」についてもあれこれ調べてみたのですが、いざ調べて驚きました。

海外では売れ行きが好評な反面、国内需要は微妙…というのが調査前の私のイメージであり、てっきりどの店舗も在庫で溢れていると思いきや、リアル・ネット共に売り切れ店ばかり。

リアル店では

・ソフマップ 黒:在庫無し / 白・あり
・ジョーシン 黒・白:共に在庫無し

ネットショップでは

・アマゾン 黒・白:共に在庫無し(マケプレでプレミア価格)
・ジョーシンweb 黒:入荷次第出荷(5月中旬)/ 白:入荷次第出荷(4月下旬)
・ヨドバシ.com 黒:不明 / 白:入荷次第出荷(入荷時期不明)

この状況は完全に想定外でしたねぇ…一体国内需要にどんな変化が…?

ここからはネット上の噂も含まれますが、要因として考えられるのは

・ソフトが揃ってきたことで(ドラクエなど)一般需要が急激に高まった?
・爆買いでお馴染みの某大陸国民が買い占め母国で転売している?
・新型の発表が控えており、そのせいで現行機の出荷を抑えている?

正直どれもしっくり来ませんが、本体が品薄なのは紛れも無い事実です。


私が購入を予定している7月半ばまでに、もし現状のまま品薄が続いたら、もしかしたら「バットマン:アーカム・ナイト」を発売と同時に遊ぶことが不可能になるかも…?

色はどうせなら黒がいいのですが、比較的手に入りやすそうな白でもいいので前もって入手していたほうが無難なのか?

はたまた新型の噂を信じて待つのが賢いのか?

 ※海外のゲームの祭典「E3」が6月半ばに控えており、発表するならそこだろうというのがもっぱらの噂です。

百歩譲って発売日にすぐ遊べなくても、もともとゲーム自体オフゲーなので問題が無いといえば無いのですがね…。


おっと、入手の話ばかりで仕様の話がすっかりおろそかになってしまいましたねw

・協力プレイなど一部ネット利用が有料(PS Plus)
・外付けHDDは使用できない(内蔵HDDの換装は可能)
・下位互換は無し
・DS4の十字キーは相変わらず中央が埋まっていて別売りのアダプター必須
・各種SNSとの連携が充実(SHARE)
・PSVITAによるリモートプレイが可能
・ゲームソフトはディスク版でもインストール必須

などなど。

特に私が気になったのは最後の「インストール必須」という項目です。

Xbox360にもインストール機能はありましたが、あくまで任意でした。それがPS4では必須なんて…。

それでロード速度が飛躍的に上がるかといえば、調べてみてどうもそういうわけでもなさそう…。

システム領域を除いて一度にインストールできるソフト数は概ね10本くらいですかね?まぁそこまでの本数を買う可能性は現状考えられませんが、万が一のときは古いものから消せばいいし、気になるなら換装すれば?という話になりそうですがw


とりあえずは6月半ばまで様子見しましょうかね。その頃には現状も変わっているかもしれませんしね。

 ※より最悪な状況に陥っている可能性もありますがw

 


うわぁ〜記事書き終えてAmazonリンク貼ろうとして…

在庫復活してるし!!

これは…う〜む、悩むなぁ…思い切って…押さえちゃおうかなぁ…う〜む…

posted by ラムネ at 00:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック