2011年11月20日

TF DA-28 ストライカーオプティマス

本日ご紹介する「トランスフォーマー(=TF)」のおもちゃは、いつもの「サイバーバース」シリーズではありません。


「トランスフォーマー ダークサイドムーン」を題材とした玩具展開の主力である

「メックテック」シリーズ

のひとつとして先日17日に発売された大型モデル


DA-28 ストライカーオプティマス


でございます。


実は過去には「マスターピース」シリーズなどに代表される大型モデルを買っていた次期もあったのですが、いかんせん大きすぎて置き場所に困るという理由で、その殆どを処分してしまいました。


その後はよほどのことでもない限り大型モデルには手を出さないと心に誓ったつもりでしたが…


よほどのことが起こってしまいましたw


だって…公式サイトの写真がかっこよすぎて一目惚れしちゃたんですもの!w


ところで、今週18日から全国の「トイざラス」で

バトルブレードキャンペーン

が実施中ですが

・近くに「トイざラス」が無い
・都心の店舗に早朝から並んだりするのはちょっと面倒
・ネットのほうが断然安い
・そもそも「バトルブレード」自体にさほど魅力を感じない

などなどの理由が重なって、早々にAmazonで予約を済ませてしまいました。


では、レビューを始めましょう。


※以後写真は全てクリックすれば大きな画像で表示されます。

da28_000.jpg

↑パッケージ。

縦約32cm × 横約25.5cm × 奥行約14cm

18日に届いたやいなや、すぐさま取り出して遊び始めてしまい、後でパッケージ写真の撮り忘れに気付いたのでこんなカラッポの手抜き写真にw

 ※再度入れ直すのも面倒だったので…スミマセンw


【ロボットモード】

da28_001.jpg

↑素体前後。

全高約25cm。

見よ!この圧倒的な存在感!!


このモデルは、過去に「トランスフォーマー リベンジ」を主題にした玩具展開があった際に作られたモデルのマイナーチェンジ版なのですが、聞くところによればシリーズが進むごとにより遊びやすく且つ変形させやすく進化を続けているそうですね。

この「DA-28」の購入者からは「現段階での最高モデル」との声も少なくなく、まさに集大成!


「DA-15 ジェットウイングオプティマスプライム」と素体は同モデルなのですが、成形色が全体的に濃い目でとっても落ち着いた雰囲気です。

殆どの箇所が無塗装ですが、それでも安っぽさはさほど感じず、結果的に塗装モデルにありがちな「変形時の色ハゲに気を使う」ことも無くストレスは感じません。


da28_002.jpg

↑三方向より。

とってもマッシブで力強いスタイルです。

肩や股関節、膝などの主要な関節にはラチェット式になっており、重さ故に関節がヘタる心配はほとんどありません。

各部のロック機構もしっかり備わっており、パーツがポロポロ取れるなどのストレスも無し。

ただ、そのあまりの大きさに大胆なポージングはなかなか難しい…

そもそも変形ギミックを楽しむシリーズなので、その辺りはさほど重要視しませんけどもね。


da28_003.jpg

↑映画のCGモデルと比較。

なるべく同じポージングを目指してみました。

さすがにこのように比較してみると、そのスタイルの差は歴然。

ですが、決定的に違うのは、右のおもちゃの方は…「実際に変形する!」という点。

もちろんCG版も映画では華麗に変形してますが、そこにはいろんな「ウソ」が潜んでますからね。

各パーツなどを見ても、「このサイズではビークルになったときに色々おかしいだろう」と思う箇所が多々ありますし。


ですが…ここまで進化したTF玩具です、もしかしたらこのCGのようなスレンダーなスタイルのまま、実際に完璧にビークルへの変形をこなす玩具が将来出てこないとも限りませんねw


da28_004.JPG

↑バストアップ。

顔の造型など映画のモデルに結構似てますね。


更にこのモデルは「ライト&サウンド」ギミックが備わっています。

単三電池2本(アルカリ推奨)をセットし、おなかのスイッチを押すことで音が出る!光る!


その模様を今回動画に撮ってYouTubeにアップしてみました。



オプティマス < We must stop the decepticons!(ディセプティコンを止めなければ!)

スイッチを押すたびに違うセリフを喋ったりするとよかったのですが、生憎セリフはこの1つのみ。


da28_005.JPG

da28_006.JPG

↑メガストライカー(銃)とシールドを装備したフル装備状態!

これですよ!私が一目惚れしたスタイル!

劇中にはシールドこそ登場しませんでしたが、このごっつい銃を構えて撃ちまくっていました。


da28_007.JPG

↑「メガストライカー」アップ

後ほど登場しますが、この銃は中央で分離して2丁の銃に変形します。


da28_008.JPG

↑シールド。

「センチネルプライム」は標準装備でしたが、ついに「オプティマス」にも念願のシールドが!

中央には「オートボット」のシンボル付き。

下部は左右に開閉するのですが、これで相手をカニ挟み!とかするんでしょうかw


以下ポージング色々。

da28_009.JPG

da28_010.JPG

da28_011.JPG


da28_012.JPG

↑メガストライカー単独で構える!


da28_013.JPG

↑「エリミネーターガン」&「アサルトブラスター」!

「メガストライカー」を前後に分離させ、レバーを引いてロックすることでそれぞれを「カノン砲モード」にできます。

なお、「メガストライカー」の先端にあたるのが「エリミネーターガン」です。


da28_014.jpg

↑「S.H.Figuarts」との比較。

当サイトで度々登場の「ショッカーライダー」さんと並べてパシャリ。

ちなみにライダーの身長は約14cm。ほぼ倍のサイズ差が「ストライカーオプティマス」の大きさを物語っています。



【トラックモード】

da28_015.JPG

da28_016.JPG

↑武器パーツ無し前後。

最長部 約28cm・最幅部 約9.5cm・最高部 約12.5cm


まさにモンスタートラック!造型は申し分なしですね。

フロントのファイアーパターンが美しい…

ちなみに、煙突部分はゴム製素材で折れる心配は皆無…ですが、反面シャープさに欠けますね。


しかし、もしこのサイズに見合う牽引可能なコンテナが出たら、相当な大きさになりますねぇ〜


da28_017.JPG

↑運転席背面。

中央のネジを緩めて開けることで、電池ボックスが現れます。

そして、この形態でも「ライト&サウンド」ギミックが備わっています。

(スイッチは黄色い丸で囲んだところ)



エンジン音と共に運転席後部が赤く光ります!


da28_018.JPG

da28_019.JPG

↑武器マウント状態前後。

最長部 約34cm・最幅部 約9.5cm・最高部 約12.5cm


特に後ろからの見栄えが大きく変わりますね。



【ビークルバトルモード】

da28_020.JPG

da28_021.JPG

↑前後。

TFシリーズ初の三段変形ということで、この「DA-28」のもう一つのウリがこの「ビークルバトルモード」。

シールドを変形させてフロントにセットし、「トラックモード」でのタンク部を上部に上げた状態でカノン砲モードにした「エリミネーターガン」&「アサルトブラスター」を装備した…

超武装トラック!


その一方で、武装に力を回した弊害か、左右の防御が薄く内部メカがむき出しに!

こういう設定大好きです^^

シルエットも【トラックモード】とは随分雰囲気が変わりますね。


da28_022.jpg

↑三方向より。

最長部 約30cm・最幅部 約15cm・最高部 約12.5cm

特に正面から見たときは、とてもトラックには見えませんね。



ところで、「トランスフォーマー情報局」のツイッターのつぶやきで見せて頂いた、この「ストライカーオプティマスプライム」の【ビークルバトルモード】に、「DA-15 ジェットウイングオプティマスプライム」のジェットウイングを装着した究極とも言える形態がとってもツボに!

あれはカッコよかった…(思わずため息)

公式さん、仕事上手だなぁ〜w


しかし、あれを再現しようと思うと、Amazonでも値下がりしているとはいえ1万円近くする「DA-15」を購入しなきゃいけないという…

さすがに難しいよなぁ〜^^;


ちなみに、【ロボットモード】にした状態で「DA-28」に「DA-15」のジェットウィングはそのままでは付けられないそうです。

 ※もちろん、「DA-15」に「DA-28」の銃&シールドを持たせることは普通に可能です。

「DA-15」は装着させるために、背中にある「タンク」部が特殊な形式になるギミックが備わっているのですが、「DA-28」にはそれが無いのです。

 ※ムリヤリタンク部を外して強引に取り付けたりは可能なようですが…



というわけで

DA-28 ストライカーオプティマス

でした。


この大きさで値段もそこそこ手頃。コストパフォーマンスはバツグンです!

シックなカラーリンで高級感もありますし、買って大満足ですね〜!!!


問題は…その大きさ故…


飾り場所の確保に困るんですよね…


ほんとどうしよう…ホコリまみれになる前になんとかしないとw




PS:
今回のような大物のレビューは初めてでしたので、撮影が大変でした…w

ブースの一番奥に押し付けるように置いて、且つカメラのズーム機能でなんとか枠内に収めることができるといった感じ。

これ以上大きなものはもう不可能ですねw



posted by ラムネ at 16:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日言ってたやつかー
あのごちゃごちゃした見た目で、
スッキリと変形するのはすげぇなぁw
Posted by しょうっぺ at 2011年11月21日 00:23
■しょうっぺ さん
そうだ〜これだ〜!

ロボット形態からトラック形態への変形が実に巧みに設計されていて、その破綻の無さにため息が出るぜ^^

オススメですぞ(ニヤリw)
Posted by ラムネ at 2011年11月21日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。