2016年03月31日

アーケードアーカイブス フラック・アタック

先週の金曜日(25日)に、PS4の「アーケードアーカイブス」シリーズ第39弾として



アーケードアーカイブス フラック・アタック



が配信されました。


私は色々あって実際にDLしたのは2日後の27日になってから。

丁度PSストアで1回の買い物に限りカート内の購入商品が一律15%オフになるという

「春のカート割引キャンペーン」

が開催中で、本来なら823円(税込み)のところ、700円を切る699円(税込み)で購入。

「アケアカ」ソフトは自身3本目ですね。


因みに今日31日の23時までですので、まだ利用していない方は

H5G85G7JHQ

↑このコードをカート処理で使用すれば値引きしてもらえますよ!急げ!!


実はこれを機会に以前から気になってた複数の「アケアカ」ソフトをまとめ買いしちゃおうかなとも思ったのですが、一度に買っちゃうと個々のプレイが散漫になりますし、次回は大本命の”あのソフト”が控えているので今回は「フラック・アタック」1本にとどめておきました。

PSストアのこういう類のキャンペーンって結構やってますからね。



では本題。


アーケードアーカイブス フラック・アタック_20160328174441.jpg

↑タイトル画面。

「フラック・アタック」は画面にもある通り1987年にアーケードでコナミからリリースされた縦スクロールシューティングゲームです。

実はこのソフト、”とあるコマンド”を入れると…


アーケードアーカイブス フラック・アタック_20160328174714.jpg

↑コマンド入力後のタイトル画面。

そう!隠しモードとして「フラック・アタック」の海外版である

MX5000

が現れるのです!

「コナミ」で「コマンド」といえば…そう、例の”アレ”ですねw



ではそれぞれについてご紹介しましょう。



■ フラック・アタック

アーケードアーカイブス フラック・アタック_20160328181500.jpg

↑「フラック・アタック」タイトル画面。

ゲーム内容は8方向レバーに空中ショットボタンと地上ミサイルボタンといういたってシンプルな作りです。

ソフトレベルで連射機能が付いているので、オプションの「ボタン設定」に連射のON/OFFはありません。

一周が全5面、二周エンドですので全10面ですね。


パワーアップ方法は一風変わっていて、ショットで空中の敵を倒すと青いゲージが、ミサイルで地上の敵を倒すとオレンジのゲージがそれぞれ増えていき、それらが一杯になると効果音と共にパワーアップアイテムが画面上に置かれます。

それらを取ることで、空中・地上それぞれ最高2段階パワーアップします。

このゲージは途中でやられても持ち越しなので、ほぼ満杯の状態でやられた場合はすぐに一段階パワーアップでき、復活はわりとやりやすいゲームですね。

一方でパワーアップアイテムが出たのに取る前に死んでそのままズルズル…という最悪のケースも”あるある”なのですがねw


ボス戦になるとそれまでの縦スクロールから一転全方向シューティングに様変わりするというのも今思えば斬新ですね。

コナミの過去作「タイムパイロット」を彷彿とさせます。


それにしてもこのゲーム、難易度的にはわりと抑え目なのですが、一番怖いのは上から飛んできたザコ飛行機がランダムで画面下からいきなりUターンしてきて自機に体当たりしてくる「特攻攻撃」ですね…。

ボスで死ぬ以外は9割方コレでやられます…。

最強装備にすれば攻撃の当たり判定もかなり上がってほぼ無双状態なのですが、不意に画面下からギュ〜ンと戻ってくるザコ飛行機に常に戦々恐々とさせられるゲームですね…^^;


他に初見プレイヤーへの嫌がらせとしては

・2面の溶岩地帯で「グラディウス」のザブのように四方八方から攻撃してくる「火の玉」

・3〜5面でいきなり襲い掛かり、知らないと確実に殺される「落雷」

などが有名なところでしょうか。

特に「落雷」は覚えてしまえばなんてことはないのですが、当時のゲームにありがちな初見殺し要素としては本当に嫌らしいものでした。


一方このゲームである意味最も評価されていると思われるのはそのBGMです。

ゲームとしては大変シンプルで際立った面は殆ど見受けられない中、全5面で流れる曲のどれもが名曲で、当時オリジナルをプレイしていた際も正直曲が聞きたいがために遊んでいたといっても過言ではありません。

アーケードでは周りの騒音でじっくり聞けませんでしたが、およそ30年の時を超えて過程で思う存分聞けるなんて誰が想像したでしょうか…!

…って、実は6年も前にXbox360の「GameRoom」でリリースされているんですけどもね。

当時は生粋の360ユーザーでしたが、正直この「GameRoom」という企画自体が基本海外ベースで展開していたので殆ど注目しておらず、「フラック・アタック」の存在は最近になって知った次第です^^;


というわけで、BGM聞きたさにプレイを繰り返し、現在4面までは進められるようになりました。

 ※死ぬときは油断すれば1面でも余裕で死ねますが^^;

2面の溶岩は某所の動画で半安全地帯を調べ(オリジナル当初も使っていたのを動画で思い出しました)、落雷は繰り返し遊ぶことで場所を覚えて(流石に場所は完全に忘れていましたw)なんとか突破できています。

4面ボスは普通に戦うと強敵ですが、これも某所の動画で知った(というか思い出したw)攻略方法を次回試したいところです。


トロフィーコンプリートが終わってからは基本「ハイスコアモード」で遊んでいますが、4面ボスでヤラれてそのままズルズルと残機を潰し、終わってしまった現在の私の最高スコアが…。

アーケードアーカイブス フラック・アタック_20160328231450.jpg


203200点 (14位)


因みにこれはスコアを更新して間もなく撮ったSSなのですが、この記事を書きながら改めてチェックしたら16位と2ランクダウンしていました^^;


週末に時間があれば、縦画面にできる液晶モニター&サラウンドスピーカー(orヘッドフォン)に繋いで大迫力の環境で遊ぼうかなと思います。



■ MX5000

アーケードアーカイブス フラック・アタック_20160328181526.jpg

↑「MX5000」タイトル画面。

このソフトを購入して初めてその存在を知った「フラック・アタック」の海外版。

タイトル以外の違いは…恐らく無いと思います。

試しにプレイしてみて3面まで進んだところでゲームオーバーになってしまったのですが、そこまでは国内版との違いは私には全くわかりませんでした。


なお、こちらの海外版で遊びたいときはゲームを立ち上げる度に”あのコマンド”を入れる必要があるのですが、たぶんもう遊びません^^;



以上

アーケードアーカイブス フラック・アタック

でした。


前述の通り難易度はさほど高くないので頑張れば私でも一周クリアくらいはできそうなのですが、ザコ飛行機の脅威に耐え続ける精神力が果たして私に備わっているのか…。

いずれ記事にしますが「ストリートファイター5」も最近は色々とアレなので、並行でコツコツ遊んでいこうと思います。







PS:

「アーケードアーカイブス」の次回第40弾はいよいよ横スクロールSTGの超名作

グラディウスU

が登場します!

恐らく来月中には配信されると思うのですが、いやぁ〜楽しみですねぇ〜!!

もちろんこれまでに様々なハードに移植され、私もサターンやPSPで購入してはその都度楽しんだのですが、改めて最新ハードで、しかもアーケード準拠のスティックで遊べるというのは流石に今回が初ですからね。

当時は3番機体を愛用していましたが、他の機体もこれを機会に頑張ってみたいですね。


そして、今年の夏には

ダライアス

秋には

ニンジャウォーリアーズ

が控えています。


今年の「アーケードアーカイブス」はアツいですよ!!!


posted by ラムネ at 01:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

「iPhone SE」が発表されました

先日、予てから噂されていた新型iPhone



iPhone SE



が正式に発表されました。


既に方々で報道されているのでご存知の方が殆どでしょうが、改めて私が気になった点としては


・4インチ液晶の復活
・「iPhone 5S」とほぼ同型
・一部機能を除きスペックは現行機(6S)と同等


といったところです。


ライバルであるアンドロイドスマホの大型化傾向を受けて「6」から液晶の大型化が始まりましたが、一方で「5S」までの4インチ液晶を求める声も少なくなく、それらのユーザーのニーズを叶えるべくリリースされる運びとなったようで…。


個人的にはこの4インチ液晶復活は大変喜ばしいことであり、現在の「5S」の電池の”持ち”がいよいよ厳しい状態にあることも手伝って、予約開始即飛びつく…つもりでした。


以前の私なら、ね…。


かつてあれだけ4インチを熱望していたにも関わらず、今どうして若干及び腰なのかというと…。


ズバリ



老眼」です…。



悲しいかな、私にもどんどん”老い”の波が押し寄せており、早い人では30代半ばから訪れるという「老眼」がとうとう私にも襲い掛かってきました…。

以前なら特に問題なかったスマホでの操作が、最近はちょっと見る距離を調整しないと難しくなり、むしろ裸眼のほうが見やすいように…。


あぁ…こうやって人はどんどんおじいちゃんになっていくのね…(悲)


そんなわけで、こんな状況なら少しでも大きめの液晶のほうが使いやすいのかなぁと考えるように。

それでもさすがに「6(s) Plus」は大きすぎて話にならないので、選択肢としては4.7インチの「6(s)」クラスですかね。



因みに電池の”持ち”に関しては現状本当に厳しく、残量が40%以上あったにもかかわらず突然電源が落ちたりと外出時にモバイルバッテリーがもはや必需品と化しています。

そりゃそうですよ、なんせ買ってから既に2年半が経過してますから。


そんな状況なので、本来ならすぐにでも買い替えたいところなのですが、恐らく今年の9月に発売されるであろう「7」が目前に控えていることもあって、それまでは頑張ってみようかな、と。


改めて現物を確認してから決めようと思います。



とりあえず週末に日本橋の電気街に赴く予定なので、その時に時間があれば「SE」のチェックもしておこうかな。



posted by ラムネ at 23:49| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

ダライアスバーストCS その5

前回の記事から一か月ちょっと経過し、久しぶりの更新となる



ダライアスバーストCS



でございます。


「ストリートファイター5」の発売後、並行で遊んでいくつもりがすっかり放置状態になってしまいましたが、先日17日にDLC第一弾


追加機体タイトーパック


が配信されたことを機にプチ復帰しました。



■ 追加機体タイトーパック

価格:1,296円

20160317233100s.jpg

かつて一世を風靡したタイトー製シューティング3作品

・ナイトストライカー

・メタルブラック

・レイフォース


をそれぞれ「ダライアスバーストCS」のシステム上で遊べるようにしたDLCです。


20160317233123a.jpg

↑各作品ごとの単体パックもあります。

お値段それぞれ 540円。

3作品全て買うのであれば、まとめパックを買ったほうが324円安くつきますね。


個人的な思い入れとしては

レイフォース>>>>>>>>>>ナイトストライカー>>>>メタルブラック

といった感じでしょうか。


「レイフォース」はアーケード版はもちろんサターン版も買ってかなり遊んだ思い入れの深い作品です。

「ナイトストライカー」は当時ニガテに感じていた体感系STGでしたが、独特のサイバーな世界観がなかなかツボで、下手ながら頑張って遊んでいました。最終ステージで機体が様々な形態に変形するのが特に印象的ですね。

「メタルブラック」は…稼働していたのは知っているのですが、なぜかほぼ未経験で思い入れもゼロに近いですねぇ。


そんなわけで当初「レイフォース」は100%購入すると決めており、残り二作品についてはちょっと悩んでいたのですが、「ええい!もう全部買ってしまえ!」ということで全部入りを購入しました。



DLC配信と同タイミングで本体のアップデートも行われ、メインメニューに新たに「DLC MODE」が追加されました。


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318191041.jpg

↑「ナイトストライカー」 : Inter Gray


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318191056.jpg

↑「メタルブラック」 : Black Fly


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318191110.jpg

↑「レイフォース」 : X-Lay


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318191131a.jpg

↑次回配信予定の「セガパック」のメニューも既に…。ロック状態で当然選べません。


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318191241a.jpg

↑「ダライアスバーストCS」で使用できる9機体も選ぶことができます。


DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160318192650.jpg

↑使用機体を選ぶと次はステージを選択


・Night Striker

 「ナイトストライカー」のBGMで遊べるステージ3種

・Metal Black

 「メタルブラック」のBGMで遊べるステージ3種

・Ray Force

 「レイフォース」のBGMで遊べるステージ3種

・TAITO Pack

 「ディフェンダー」ステージ5種
 「スクランブル」ステージ2種
 「ボス単体」3種(クリムゾンナイトメア・サベージルーラー・ツインクロウ)

・CS Pack 1

 「CSモード」からチョイスされたステージ30種


以上となります。


私は全部入りを買ったので当然全てのエリアを遊ぶことができますが、どうやら某所の話によれば単体でもどれか1つを買えば全部遊べるようになる…らしい?



では、三作品それぞれの「ステージA」をクリアした動画をアップしたので、それと共にそれぞれの機体の個人的感想を交えて書いていきます。


● ナイトストライカー(Inter Glay)



「ショットボタン」でショット。方向キーニュートラルで前方のみに、方向キーをいずれかに入れることでホーミング性能を持つショットが撃てます。

「バーストボタン」を押すとゲージを消費しながらホーミングミサイルを発射し、同時に自機を取り巻くバリアで被弾を回避できます。

赤カプセルでショット、緑カプセルでホーミングミサイル、青カプセルでアームがそれぞれパワーアップ(増加)します。

敵破壊によってゲージが回復するので、魚群が現れたときはミサイル乱射でとても爽快感のある機体ですね。

併せて後から某所で知った情報なのですが、実は敵のバーストビームなど一部のビームに対しカウンター性能を持っており、ビームに干渉しながらだとミサイルが撃ち放題!これが更に気持ちいい!!因みにカウンターはただ相手のビームに接触するだけの「ムラクモ」や「ジェネシス」同様お手軽なもの。

この仕様を知って更にこの機体の魅力が高まりました!

ただ要塞系のステージなど入り組んだ位置に配置された砲台などを倒す手段がやや乏しいのが唯一の弱点でしょうか…。ゲージ管理も大事ですね。

とにかく爽快感ならこの機体が一番ですね。



● メタルブラック(Black Fly)



「ショットボタン」で前方ショット。敵機を破壊した際に現れる「NEWALONE」を取得することでパワーアップと同時にゲージが増えます。

「バーストボタン」を単押しすれば自機周囲を攻撃する「解放ビーム」が発射され(もう一度単押しで止まります)、長押しで前方に強力な「収束ビーム」を発射できます。

ただし、解放及び収束ビームを使うとゲージが減り、その分ショットの攻撃力が下がってしまいます。

カプセルは青がアームの増加のみで、赤と緑はただの点数アイテムですね。

とにかく「NEWALONE」の回収が面倒…。しかしそれをしなければショットも弱いままだしバーストビームも使えないので、画面にバラ撒かれている間にビームを使いながらせっせと集めます。

ボス戦ではわりとワラワラと出てくれるのですが、自分のところに自動で集まってくれるわけではないので、その辺り戦況を見ながらビームの使いどころを考えないといけませんね。

 ※弾幕系STGで見られるショットを撃たない間集まってくれるような機能があれば…

しかし通常のショットパワーはもちろん、収束ビームの威力がとてつもなく強い!加えてこちらも相手のバーストビームにカウンターすれば圧倒的な破壊力を見せます!カウンターはこれまたお手軽方法でOK!

ただこちらも基本前方攻撃のみなので、入り組んだ地形の砲台などは必然的に「解放ビーム」に頼らざるを得ません。敵弾を消す効果もあるので、ゲージ管理がほんと難しい機体です。



● レイフォース(X-Ray)



「ショットボタン」で前方ショット。緑ショットは地形を貫通するウェーブ属性、赤ショットは敵のミサイルを相殺するミサイル属性となります。

前方の「ロックオンマーカー」に捉えた敵をロックオンし、その状態で「バーストボタン」を押せばロックオンした敵を自動追尾するロックオンレーザーを発射します。

赤カプセルでショット(原作通り△のアイテム)、青カプセルでアーム増加、緑カプセルは点数です。

使ってみた感じはまさに「レイフォース」といった感じですが、とにかく「ホーミングレーザー」が強い!

基本「バーストビーム」を押しっぱなしにしていればロックオンマーカーが広がって捉えた敵を片っ端から攻撃してくれます。

動画ではボス戦であえて全ロックオン時に発射を使っていますが、原作では(たしか)全ロックオンで攻撃力がアップするのでそれを期待しての行動ではあるものの、実際攻撃力が上がっているのかは不明です^^;

 ※もしかしたら終始押しっぱなしでいいのかもしれない…w

ゲージ管理が一切不要な反面、非バースト機ですからここぞという時の攻撃手段が無いのがやや地味なところでしょうか。

またロックオンサイトがやや前方で固定されているので、奥の方の敵はロックオンしづらく、また入り組んだ地形の砲台などは事前に存在を覚えておいて先行で倒していかないと、追い込まれると辛くなる状況も。

敵の弾を消す方法が赤ショットのミサイルのみというところも、相手がレーザーをまき散らす敵の場合は苦戦しそうです(バイオレットルーラーとか)。

あと結構困るのが、今回の三作品機体それぞれに言えることですが、特にこの「X-Ray」について”被弾時の音が小さい”ので気が付かないうちに被弾していてアームが削れているということが多々あることですね。

それとゲームとは直接関係ない部分ですが、個人的に正直アレンジ曲は要らなかった…。オリジナル曲が聞きたいのに…。



というわけで、三機体を簡単ながらご紹介しました。


正直さほど期待していなかった「Inter Glay」が想像以上に面白くて爽快だったのが意外でしたね。

やはり動画などで見ただけの印象と実際に自分で遊ぶのとでは違いますね。

当初は「X-Ray」メインで遊ぼうと思っていましたが、いい意味で裏切られました。


ただコラボ作品の曲で遊べるステージが少な目ですし、曲以外は今まで散々「CSモード」で遊んできたエリアのツギハギなのは変わりませんので、一通り遊んだらすぐ飽きてしまう可能性が…。


「ストリートファイター5」をメインに遊びつつ、疲れたらちょっと息抜きに…という感じで地味に遊んでいけたらいいですかね。



なお序盤にちょっと触れていましたが、DLC第二弾の

「追加機体セガパック」

の配信日が4月7日に決定しました。


当初は「ファンタジーゾーン」以外はさほどの思い入れもなく、購入するかどうかは未知数でしたが、今回の「ナイトストライカー」のように思わぬ伏兵が紛れ込んでいる可能性もありますので、恐らく三作品とも買います。

「ファンタジーゾーン」は飛び散るお金を拾ったり、実際武器を買えたりするらしいのでちょっと楽しみですね。


ところで、今のところ2つのゲーム会社製STGとのコラボが実現した状態ですが、果たして第三弾以降はあるのでしょうか…?

本体&DLCの売り上げ次第では…?


個人的には


「R-TYPE」・「イメージファイト」・「X-マルチプライ」の『アイレムパック』

「グラディウス」・「A-JAX」・「サンダークロス」の『コナミパック』

「ゼビウス」・「オーダイン」・「ドラゴンスピリット」の『ナムコパック』

「エグゼドエグゼス」・「1942」・「ロストワールド」の『カプコンパック』


なんかが出てくれればいいなぁ〜なんて思ったり^^;

 ※ラインナップは完全に自分の趣味ですw



では次回は4月7日の「セガパック」配信日以降に!



PS:

本編の「CSモード」ですが、「スト5」を買ってからはずっとそちらばかりやっていたせいで、すっかり報告が前後してしまいましが…

DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160319043519.jpg

実は「スト5」購入前に全ミッションクリア済みです。

この「Kyokkuho」がそれまでのミッションを全てクリアした時点で現れる最終ミッションとなりますが、見ての通り全24ステージで構成されている長丁場で且つ終盤には「ギガンティックバイト」「G.T.V」と凶悪なボスが立て続けに出てくるまさに最後にして最凶&最狂のミッションです。

「CSモード」終盤は正直飽き始めた頃だったので、アーム満載の「レジェンド」機でクリアしましたが、プリセット機でクリアしている猛者がゴロゴロいてほんと尊敬します。


posted by ラムネ at 02:05| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

ストリートファイター5 その4

発売から三週間余りが経過した



ストリートファイター5



ですが、相変わらず毎夜2〜3時間ほどネット対戦を頑張っています。


現在の私の状況は…

ストリートファイターV_20160312013107.jpg


1076 LP (スーパーブロンズリーグ)


ふぅ…相変わらずLP800〜1200をウロウロしている状態です…。

自分で言うのもなんですが、コンボも少しずつ安定してきて接戦の末負けるという試合が増えてきているので徐々にですがレベルアップしているとは思うのですが…。

やはり問題は「守り」のほうでしょうかね…。

投げ抜けも少しずつですが抜けられるケースも出てきましたが、依然としてポンポン投げられちゃってますし、差し合いではクセで弱Pなどを不用意に出したタイミングで強攻撃を食らって”クラッシュカウンター”による大ダメージを受けたり…。

あとやっぱり追い込まれたときのジャンプ癖が抜けません…。

頭ではわかっていても、いざ実戦となると思った動きができないのがジレンマですねぇ。



そんなわけで、これはひとえに実戦経験の少なさが原因だなと、対戦回数を増やすべく昨日は「ラウンジ」での対戦をメインに遊んでみたのですが…。

現状の検索結果があいまいな状況ではなかなか自分に合った相手を見つけるのは難しいですねぇ…。


それならばと自分で部屋を作って相手を待ってみるも、これはこれでなかなか難しい…。


● ケース1

”ブロンズ〜スーパーブロンズ”で募集するも入ってきたのはルーキーの、しかもアンテナ1本の中国人。

相手に退出願おうとキックしようとするも機能せず、仕方ないので1セットだけ付き合うことに。

案の定ラグ試合でとても戦えたものではなく、それでも3本先取を3-0で制したが、相手は再戦を望んできたのでもう付き合ってられないと部屋を解体。


● ケース2

”スーパーブロンズ交流会”で募集したところ、なぜか”スーパーシルバー(LP3200程度)”の日本人が入室。

「ブロンズとシルバー間違えたのかな」と思いつつ、相手はレディ状態にしているので「胸を借りるつもりでお手合わせ願おう」と対戦開始。案の定ボコボコにされる。

2本先取が終わる都度速攻レディ状態にする相手との試合が3セットほど終了し、全て相手が完全勝利。

さすがにもういいだろうと「対戦ありがとうございました」の固定チャットを出すも、無視して?レディ状態にするので仕方なくもう1セット対戦しやはり完敗。

終了後すぐさまレディを押す相手に「ここまでくるともはや弱いものいじめしたいだけの人だな…」と部屋を解体して終了。


まぁこんな感じで結果的にはほとんど練習になりませんでした…^^;


それでも検索して入室したとあるLP1400付近のバルログ使いの方とはなかなかいい勉強になりました。

自分とたった400しか違わない相手なのに正直強すぎて全然勝てませんでしたが…。

改めてLP1500が自分にとってとてつもない壁だということを思い知らされましたねぇ…。



結局プレイ時間を延ばして、その分「ランクマッチ」や「カジュアルマッチ」をしこしこ遊んだほうがいいかもしれないという結論に。

しかしそれも結構難しい…対人戦って精神的に結構疲れるのでどうしても1日でこなせるプレイ時間が限られてしまいます。

ぶっ通しで延々遊べるメンタルが欲しいです^^;



ところで、最近の対戦相手で2名ほど気になった方がいらっしゃったので思わず撮ったSSと共に紹介。


ストリートファイターV_20160307003858.jpg

↑自称?「バングラディシュ国籍」の方。

「バングラディシュ」と言えばインドなどの中東に位置する国ですが、ラグは全くなく快適な対戦が行えました。

…って、これ単に日本人の方が間違えて初期設定で選んでしまったのでしょうね…某掲示板でも間違えたという報告がありましたし。

いや確かにデザインは似てますけど、どう考えても違いますよねぇ…色とか^^;

実は初期設定で国旗を選ぶ際、一番最初に出てくる画面の中に日本は無くこのバングラディシュ国旗が並んでいるんですよね。

でもだからって選ぶかなぁ…?^^;

因みに一度選んで登録してしまうと、ファイターID同様二度と変更できません…ご愁傷さま…^^;


ストリートファイターV_20160307001924.jpg

↑あまりにも私と似すぎているリュウ使いさん。

 ※ちなみに私は左側。緑のノーマルリュウを愛用しています。

使用キャラクター・キャラクターレベル・称号が全く同じ。

ユーザーレベルはたった1違い、しかもLPもわりと近め。

ここまで似た人を初めて見たので思わずSSを撮ってしまいました。

対戦結果は覚えていませんが、今彼(彼女)は成長しているだろうか…?^^;



最後に、カプコンから今月中に実施される予定のアップデート内容が発表されました。

公式サイトは → コチラ


予定通り

・新キャラ「アレックス」追加
・チャレンジモード(トライアル・デモンストレーション)追加
・ショップ追加

の他

・ラウンジ対戦が最大8人に
・ネット対戦後双方が了承すれば最大3試合まで再戦が可能

とあります。

また他にもバグ修正や、ちょっとした仕様の変更もあるそうな。


「チャレンジモード」はやっぱり発売日に間に合わせるべきだったと思いますね…ほんとなぜ「サバイバル」を先に入れたのか…?

「ラウンジ」は8人対応もいいけど検索結果のほうをちゃんとしてくれないと…。

ネット対戦の再戦機能は個人的には要らないかも…。


なお、あくまでもアップデート内容の発表のみなので、実際いつ配信されるのかは全くわかりません。

後日改めて発表するそうですが、噂では月末との話も…せめて発売から一か月の今週末くらいには来てほしかった…。

少しでも皆の不満を和らげるためにもね…^^;


 



posted by ラムネ at 19:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』マルチプレイテストに参加しました

先日発売日が5月10日にと更なる延期が発表された



アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝



ですが、先週5日から「マルチプレイ」のサーバー負荷テストが開始されており、私もDLして参加しております。


アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 マルチプレイ_20160302233402.jpg

↑タイトル画面。


かつて実施されたテストでは「アンチャーテッドコレクション」に封入されたコードを入力することで参加可能となりましたが、当時はPSPlusに未加入だったこともあってその時は見送りました。

一方今回は特に条件は無く、PS4とネット環境があればPSPlusへの加入が無くても参加可能です。

 ※もちろん実際の製品版で遊ぶにはPSPlusへの加入は必須です。


「アンチャーテドコレクション」が同シリーズ初プレイな私なので、基本シングルプレイしか遊んだことは無く、マルチプレイは正直ほぼ眼中に無かったので、今回はむしろ最新ハードでリリースされる初のアンチャーテッドということで、そのグラフィックや操作性を確かめたいがための参加でした。


しかしいざ遊んでみて、「これはなかなかの面白さだな!」と。


簡単なチュートリアルで操作方法は確認できますが、少々使用するボタンに変更があった程度で基本は過去のシリーズを踏襲しています。

ただ、今回新たに追加されたロープアクションが〔L1〕でロープを投げるのですが、「バットマン:アーカム・ナイト」のグラップリングが〔R1〕なのでそれと混同し、ロープを投げるつもりが〔R1〕で手りゅう弾を投げてしまうことが多々ありましたw


一通り操作を覚えたらいざマルチプレイへ!

ルールは「デスマッチ」で、「ヒーロー」と「アウトロー」に自動マッチングで分けられた5対5の集団戦闘です。

10人のマッチングが終わったらプリセットかカスタムでの武器装備を選び、続けてプレイキャラを選択。

ヒーローならネイトやサリバンなど、アウトローなら歴代の敵キャラから1人を選び、続けて戦闘の舞台が決まったらいざゲーム開始です!

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 マルチプレイ_20160306022623.jpg

↑ヒーローチームとして参加した画面。常に後列真ん中が自身の選んだキャラになっている模様。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 マルチプレイ_20160306030546.jpg

↑こちらはアウトローチームに振り分けられたもの。事前のカスタマイズで帽子やメガネを装着できます。


常に味方の部隊は青色で表示され、敵部隊は赤文字&腕に赤い腕章がついているのでわかりやすいですね。


先に相手を35人倒せば勝利となりますが、事前に選んだ武器やゲーム中に稼いだお金で買える様々な支援アイテムを駆使しての派手な攻防は単純に面白いです!

一定ダメージを受けると瀕死状態(ダウン)になり、そこから更に打撃や銃撃などで攻撃を受けると死亡(KO)となって一定時間の後再度ゲームに参加(リスボーン)という運びなのですが、敵を瀕死状態にして倒れた相手に追い打ちをしようと這いずりながら逃げる敵に近づいたら、そこに相手チームが複数待ち構えていてハチの巣にされ、逆にKOされるなど単独プレイはチーム勝利の妨げになりますねw

いかにチームメイトと協力し、お互い助け合いながら敵を倒していけるかが問われます。

ゲーム中には事前に選んだゼスチャーを1つ出せるのですが、自分がダウン状態で倒れている横で「自撮り」のゼスチャーをされるとムキーッとなりますw


ゲーム終盤までは基本BGMは無いのですが、どちらかが32人倒し残り3人倒せば勝利となる時点でBGMが鳴り始め、気分は更に盛り上がります。

様々な支援アイテムの使いどころなどいろいろな戦略が考えられ、なかなか奥が深そうですね。


そうして最終的に決着がつくと

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 マルチプレイ_20160306031447.jpg

↑このようなリザルト画面が。

ここで稼いだ現金でカスタマイズに必要なアイテムが買えたりするようです。

 ※ちなみに横に写っている貝のようなものは何やらゲーム中に拾った「お宝」のようです。



というわけで、マルチプレイのサーバー負荷テストでした。

マッチングで10人揃うまではやや待ち時間がありますが、いざマッチングしてしまえばそこからゲームスタートまではわりとストレス無く遊べるのが正直スゴイと思いましたね。

予定では明日7日の午後3時までなので、気になる方は遊んでみてください。



当初はシングルプレイだけ遊べればそれでいいかな?的な思いでしたが、今回参加してみてマルチプレイの面白さを認識できました。

製品版が出たらまずはシングルでストーリーを堪能し、そのあとはマルチプレイに繰り出そうと思います。






posted by ラムネ at 22:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ファンタシースターオンライン2』クローズドβテストに参加しました + α

先日何やら見慣れないメールが届いたなとフとタイトルを見ると



ファンタシースターオンライン2



の、「クローズドβテストへの追加当選のお知らせ」というものでした。


正直な話応募したことを全く覚えておらず、当然既にテストが開始されていることも知りませんでしたが、折角当選したことだしちょっと触ってみるかなとメールに記載されていたコードを入力してDLを開始し、しかし結構なサイズだったのですぐには遊べず結局その日は放置して翌日プレイすることに。


ファンタシースターオンライン2 クローズドβテスト_20160303165054.jpg

↑タイトル画面。


”PSO”といえば、かつてドリームキャストで発売され、私がそれこそ寝食を忘れるほど没頭した初代「PSO」を源流とし、数々のシリーズが発売されましたが、今回の「PSO2」が実質正当ナンバリングでの続編という位置づけのようですね。

「PSO」以外で言えばかつて「PSU(ファンタシースターユニバース)」を結構やり込みましたが、発売当初の”イチローオンライン”がピークで、その後はそこそこ楽しみつつも武器合成のあまりにもマゾすぎる仕様に辟易し、急速にやる気を失っていったことを今でもかすかにですが覚えています。


さて、既に他機種版が発売されて日の長い「PSO2」のその出来栄えは…?



最初に行うのは「キャラクタークリエイト」で自身の分身を作るのですが、当初は「PSO」の頃メインキャラであった男性キャストで作ろうとしたところ、どうも初期パーツにしっくりくるものが無く(特に顔)、結局女性キャストにすることに。

他にはなんか角の生えた種族が居る一方、「PSU」の頃にいた力自慢系のやつ(名前忘れました)は無いんですね。


職業は無難にハンターを選びましたが、「ブレイバー」や「サマナー」なんて職業もあるんですね。


最後に名前を付けて、いざ「PSO2」の世界へ…!



チュートリアルを兼ねたストーリーが展開され、なにやら自分は歴戦の勇士でしたが体に付いた異物の除去のためコールドスリープに入り、目覚めた今一部の記憶を失っている…とかそういう話のようです。

ストーリーを進めるにつれ様々な施設やミッションが解放されていくというネットゲームお馴染みの作りですね。


システム的にはこれといって目立った進化は特に感じられず、ジャンプができたり回避やガードができるなどはまぁ現代のゲームなら普通かな?といったところ。


暫く遊び続けて自分の部屋にも行けるようになったのでそこで自撮りしたのがこのSS。

ファンタシースターオンライン2 クローズドβテスト_20160304023517.jpg

やはり黄色主体な辺りは初代「PSO」の頃からブレていませんw

名前は「コハク」。

かつて「PSU」ではサブキャラで女性ヒューマンを作った際に付けた名前を採用しました。



因みに今日6日がβテストの最終日なのですが、結局1回しか遊んでいません。

なんだかんだでMMORPGはいざ遊ぼうと思うと当然ソロプレイでは限界がありますし、若いころのようにネットで出会ったプレイヤーと親交を持ちつつ協力し合って…といったゲームにはいい加減疲れたので、基本料無料ゲームでのリリースになるそうですが、私がこのゲームをがっつり遊ぶことはまず無いでしょう。

加えて最近はすっかり洋ゲーの緻密かつ超リアルなグラフィックの魅力に溺れ、いわゆる「和ゲー」のどこかアニメチックな、某マニア層へのウケを意識した作りが正直受け入れ難い感はあります。

 ※だったら最初からβテストに応募するなって?おっしゃる通りです^^;


というわけで、簡単ながら「PSO2 クローズドβテスト」のお話でした。



PS:

3月のPSPlus会員向けフリープレイソフトが2日から配信されましたが、PS4で遊べるものは3本。

一通り遊んでみたので簡単な感想などを。


● BROFORCE

ファミコンテイストのサイドビューアクションゲーム。

以前遊んだ「Xeodrifter」といい、最近はこういうテイストの懐古的なゲームが増えましたね。

敵のアジトに乗り込んで、装備した武器でガンガン敵や障害物を破壊しつつ、捕虜となった仲間を助けることで次々と新しいプレイアブルキャラがアンロックされていくのですが、その面々はどこかで見たような風貌で思わずニヤリとさせられます。

一方ゲーム自体はかなり大味で、いつまでたってもゲームオーバーが無いので緊張感も乏しく、爽快感だけをひたすら追い求めたような作りに結局ついていけず、程なくプレイを止めてしまいました。


● ぎゃるガンヴォルト

こちらもファミコンテイストのグラフィックで、「ロッ○マン」を彷彿とさせる(というかほとんどパクリ?)サイドビューのアクションゲーム。

「○ックマン」もそうでしたが、この手のゲームは正直ニガテなので、開始5分程度ですぐ飽きてしまいました。


● HELLDIVERS

こちらは前2作とは違って緻密なグラフィックで描かれるクォータービューのバトルアクションゲーム。

自身は「ヘルダイバー」の一員となって数々のミッションに身を投じます。

丁寧なチュートリアルでプレイ方法は理解しやすいですが、補給や支援要請に十字キーのコマンドを要求される辺りはなかなかコアだなと。

いざ実戦に繰り出して、武器を乱射し過ぎるとすぐに弾切れをを起こしてしまうので、それこそ支援を上手く使っていくのがゲームのカギになりそうです。

このゲームも基本は最大4人のマルチプレイなので、やはりシングルプレイでは限界がありますし、それこそ「PSO2」同様遊び続けるのは色々としんどいですね。

ただ世界観はしっかりしていますし、好きな人はとことん遊べるゲームだろうなとは思います。


posted by ラムネ at 22:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストリートファイター5 その3

発売日から二週間以上が経過した



ストリートファイター5



でございますが、ほぼ毎晩2時間程度ネット対戦に興じております。



さて現在の私の戦績は…

ストリートファイターV_20160306013732b.jpg


1021 LP (スーパーブロンズリーグ)


う〜む…全然進歩が感じられない…。


相変わらずLP800〜1200辺りをウロウロするだけの日々を送っております…。


LP1000未満(ブロンズ)だと負けても25〜35くらいしか減らない一方勝てば60近く貰えるので1000までは割合楽にいけるのですが、問題はその先。

LP1000以上(スーパーブロンズ)になると勝っても負けても60以上減るので、つまり勝率5割無ければ維持できず降格への道へズルズルと…。

最高でLP1200くらいまで行きましたが、それ以上行こうと思ったら今の実力じゃ到底ムリですね…。


「ガード」・「対空(空対空)」・「投げ抜け」などが未だに不安定です。

特に「投げ抜け」は来る!と分かっても手が反応せず一方的に投げられることが殆どなのですが、これはもう実戦を重ねて慣れるしかないのでしょうね。

あとはやはり追い込まれるとついついジャンプしちゃうクセがあるので、もっと地上戦をこなせるようにならなければ…。


「ランクマッチ」はどうしてもポイントが絡んでいるので必要以上に肩に力が入るってしまう感があるので、「ラウンジ」は未だに不安定で相手を探しにくいことから、最近は「カジュアルマッチ」にも参戦し始めました。

早い話「ポイント増減の無いランクマッチ」なのですが、気軽にできるはずなのにそれでもいざ対戦が始まると心臓の心拍数が上がる私って一体…^^;

結局通して2時間も遊べば疲れてしまいます…。


時々プレイの生放送をPS4やツイッチで見るのですが、中には何時間も「ランクマッチ」を遊び続けている人がいたりして、そのメンタルの強さが羨ましいですよほんと^^;


それでも時間が経てばまた遊びたくなるんですよね。

不思議な中毒性が「スト5」にはありますね。



4月21日の「スターフォックスゼロ」まで買うゲームが無いので、それまでは基本「スト5」一本を遊び続けていこうと思いますが、これだけ続けてずっと進歩が無いままだと、いよいよ格闘ゲームに向いてない人なのかもしれませんね、私^^;



ところで3月になって既に6日が経過しましたが、カプコンからこれといった今月の予定は今のところ一切発表がありません。

・新キャラ「アレックス」追加
・「SHOP」開店
・「チャレンジ」追加

辺りが予定されているはずなのですが、ただでさえ不安定なネット回りや長いロードでユーザーの不満は高まっているのですから、早め早めで情報を出していかないと正直ゲーム自体の存続が危ぶまれますね。



ところで、先日視聴したプロ格闘ゲーマーウメハラさんの主催動画「daigothebeastv」で衝撃の対戦プレイが生放送されました。

それは突然ランクマッチに乱入してきた、こちらの攻撃を延々ガードし続ける「bot」と、人間の操作ではありえない速度で技を繰り出す恐らく「マクロ」を使ったもの。

発売からまだ一月も経ってないのに早くもこんなものが出てくるなんて…。


切断の問題も相変わらず放置状態(海外では何やら対策が発表されたようですが、国内では何も無し)ですし、その上こんなものまで現れて、果たしてカプコンはどうするつもりなんでしょうかね…。



 


posted by ラムネ at 20:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

THE SOUND OF TIGER&BUNNY

かなり前に予約したまま正直その存在を忘れかけていた、昨年9月にパシフィコ横浜で公演された「TIGER&BUNNY」イベント



THE SOUND OF TIGER&BUNNY



その模様を収録したBDが発売日翌日の25日にAmazonから届きました。

tb_tso_tb_001.jpg

↑左から「スリーブケース」・「パッケージ」・「パンフレット縮刷版」


本編155分・特典映像24分と視聴に軽く3時間はかかるのと、オーケストラサウンドはやはり大きめの音量で贅沢に聞きたいなと、まとまった時間の取れる日曜日のお昼に鑑賞しました。


開幕は”タイバニ”きっての有名曲「HEROES N.C.1978」!

TVシリーズ及び映画2作品から厳選されたファンなら耳になじんだ楽曲が満載で、流れる度にアニメでのシーンを思い起こしますね。


合間にこの公演のために特別に作られた「ショートムービー」がこれまたいつもの”タイバニ”らしくヒーローたちの掛け合いが面白すぎてニヤニヤが止まりませんでした^^

 ※正直今回このBDを買った本命はむしろコレだったり…^^;

特にロックバイソン(アントニオ)のまさかの特技に大笑い!それを呆けた顔で見守るヒーローたちの表情がにまた大笑い!

会場も笑いの渦でこれだけでも買った価値あったなと^^;


第二部からはブルーローズさんの唄う「My Song」「GO NEXT」に聞き惚れ、その後も数々の劇中曲が流れて、最後はやっぱり”タイバニ”を代表する曲「TIGER&BUNNY」で締め!!


その後のアンコールでは「オリオンをなぞる」が演奏されたのですが、ここで突然登場した謎の4人の男性ボーカルは一体…?^^;

「HEROES N.C.1978」「TIGER&BUNNY」で締めくくられ、大拍手のうちに幕を閉じたのでした。



次は映像特典。

ここではアニメ「ショートムービー」を、会場のお客の声無しにじっくり見られるばかりでなく、なんとその続きを見られるという贅沢なもの。

これはBDを買わないと見られません!

しかもそのオチもしっかりとしていて相変わらず笑えるもので、ほんとこのアニメだけのために買ってもファンなら全く惜しくない出来ですね!!


他には計3回の公演のうち日替わり楽曲で収録されている最終日以外の2日程のものと、終演時に流れた虎徹とバーナビーの掛け合いナレーション(これも3公演それぞれ違うもの)が全て収録されていました。

各日程それぞれ面白い掛け合いで、これもBD特典できちんと補完されているのは嬉しいですね。

 ※もしかしたら全3公演全て通った猛者は全て生で聞いていたり…?



というわけで、久しぶりの”タイバニ”コンテンツに終始胸を躍らせながらの3時間でした!


正直殆どアニメ目当てでしたが、さすがオーケストラで聞く”タイバニサウンド”は迫力が違いますね!

これを生で聞けたら幸せだろうなぁ〜

あ…でもコンサートとか正直ニガテなのでたとえ関東近郊に住んでても実際には行かないと思いますが…w


”タイバニ”ファンなら買って損のない一品ですよ!!






Amazonレビューを見ると私とは真逆でアニメに不満を感じる方がわりといるようですね。

まぁ正直ゲームもそうですがAmazonレビューって誰でも書けますし、最近はすっかり信用できない代物と私は捉えているので、自分が楽しめればそれでいいかなと。


もう一度書きますが、私はオススメしますよ〜!!



PS:

そういやハリウッド実写版「TIGER&BUNNY」の制作が発表されたあとトンと情報がご無沙汰ですが、今どこまで進んでいるんでしょうね?

そろそろ主要キャスト的な発表とか欲しいですね。

posted by ラムネ at 03:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。