2016年02月24日

ストリートファイター5 その2

数ある不満はとりあえず置いておいて、毎夜対戦に明け暮れている



ストリートファイター5



前回の記事から3日しか経っていませんが、ちょっと息抜きがてら更新します。


現在の私の戦績は…


ストリートファイターV_20160224212940s2.jpg


1067 LP (スーパーブロンズリーグ)


どうやらLPの値によって

0〜499 : ルーキー
500〜999 : ブロンズ
1000〜1499 : スーパーブロンズ
1500〜1999 : ウルトラブロンズ
2000〜2499 : シルバー

…ってな感じにリーグは上がっていくようです。

トロフィーには「ゴールドリーグ昇格」なんてのもあるのですが、はい、一生無理ですw


最近の私は「ブロンズ」と「スーパーブロンズ」を行ったり来たり…。

「ウルトラブロンズ」を目指す前に、まずは「スーパーブロンズ」に安定して居続けられることを目標にしたいと思います。



「リュウ」の顔の右下に切り貼りしているのは、メインメニュー右上に表示されている「ゼニー」と「ファイトマネー」。


「ゼニー」は「HOT!パッケージ」の付録的に付いてきた1000ゼニー。

「ファイトマネー」は「ストーリー」や「サバイバル」でコツコツ貯めて206,850FMです。

 ※ランクマッチでは勝利時に50FMしか加算されないので、オフラインで稼ぐしか…w



ところで来月から順次追加される新キャラクターですが、購入できるゼニー及びFMが発表されているのですが…


キャラクター : 600ゼニー or 100,000FM

ストーリーモードコスチューム : 40,000FM

アレンジコスチューム : 400ゼニー


とのこと。


予定としては来月の「アレックス」及びその「アレンジコスチューム」でゼニーは使い切る感じですかね。

あとは20万FMあるので追加キャラ2体分は確保できました。

一方で「リュウ」や(追加されるであろう)「アレックス」の「ストーリーモードコスチューム」も欲しいのですが…リリースされるまでにあとどれだけ稼げるものやら…?



因みに下にある3つのチャートですが、現状一切機能していません。

他の方のプロフィールデータを見ると更新されているものもあるのですが…どういうことでしょうね?




さて、最近のオンライン回りですが、以前に比べてやや安定したかな?といったところ。

23日(火)のAM6:00〜12:00(9:00までの予定が3時間延長された模様)に行われたサーバーメンテナンスのお陰なのでしょうか?


私の環境だけで言えば、「ランクマッチ」で以前あった勝敗が確定したあとのLP増減が行われない不具合が昨日からは無くなりました。

マッチングの頻度は特に発売日から問題を感じていませんでしたが、それはメンテ後も変わらず。


一方切断はちょいちょいありますね。

ただ、殆どはマッチングして対戦が始まる直前に切断されることが多いのですが、中にはこちらが買って「KO」マークが出ているタイミングで「ブチッ」とされる、明らかに故意によるものだと思われる切断を3回ほど経験しました…。

その相手プレイヤーの国籍は、言いたくありませんが漏れなく海を隔てた隣の半島の…。

現状ペナルティーが無いのでこの辺りはプレイヤーのモラルに任されているということのようですが、さすがに勝ったと思って喜んでる矢先に切られるのは気分が悪いです…。

最近では相手がその半島のお国というだけで対戦前から「最後切られないだろうか…」と不安でなりません。

できればランクマッチでは相手の国籍を見られるようにするか、日本人限定条件を付けてほしい…。

いや、もちろん(その”お国”の方も含めて)きちんと対戦終了まで問題なく戦える人がほとんどなんですけどもね…一部の方のせいでこういう要望をせざるを得ないのが悲しいですね…。



ところで、以前は入れなかった「バトルラウンジ」に最近は入れるようになったのですが、その検索結果が相変わらずヒドいです…。

ストリートファイターV_20160224213247.jpg


左の回線表示ですが、これは画面の一部をピックアップしただけで検索結果は15件ほどあったうち表示されたのはこの4つのみ。

本来全検索結果にきちんと表示されるべきなのでしょうが、なんとも不安定です。

国籍も本来表示されるべきものが出ず、「SF5」のロゴマークだらけ…。

 ※あえて「SF5」マークを選ぶ人も中にはいるようですが、いくらなんでもこんなには居ないですよw

そもそもイギリスやアメリカ国籍の人がアンテナ5本って…なんとも嘘くさいw


たまたまきちんと5本表示された日本人国籍の方で、なるべく自分と近いプレイヤーを探して2回ほど入りましたが、一度対戦が始まれば予め決められた勝利ルール(3本先取・5本先取など。最高10本先取)を満たすまではサクサクと対戦できて大変快適です。

条件には「キャラクター変更」のON/OFFも選べるのがありがたいですね。

私のように1キャラクターをなんとか動かせる程度のプレイヤーの場合、以前の「4」のエンドレスバトルなどで相手が数々のキャラを使いまわす一方こちらがずっと「リュウ」ばかりでなんとも申し訳ない気持ちになったのですが、バトルラウンジの場合「キャラクター変更」がOFFの部屋を選べばずっとお互い1キャラだけなので気兼ねなく遊べますね。


ランクマッチのガチバトルに疲れたら一服してから「バトルラウンジ」が今後の定番になりそうです。

…が、早くきちんと検索結果が出るようにしてほしい。

更に今後のアップデートで可能になるらしい「複数プレイヤーでの観戦付きラウンジ」の実装早くお願いします。



 


posted by ラムネ at 23:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

ストリートファイター5

先日2月18日に発売となった、「ストリートファイター」シリーズ最新作



ストリートファイター5



ストリートファイターV_20160219023503.jpg

↑タイトル画面


「いい汗かこうぜ。」のキャッチコピーの元、満を持してリリースされたわけですが、果たしてメーカーがかいている汗は…冷や汗?


我が家にも発売日である18日に無事「ジョーシンweb」から届きました。

sf5_001.jpg

↑HOT!パッケージ

届くまではてっきり通常パッケージにこの2人の絵が描かれた「スリーブケース」に収まっているものだと思っていたのですが、普通に単体のパッケージデザインでした。

パッケージ絵的には通常版のほうが断然カッコイイので、ちょっとモヤモヤします^^;


いつも通りイストールを終え、いざプレイ!

ファイターIDを設定し、少し「トレーニングモード」で技を確認した後すぐさま「ランクマッチ」に突入!

ベータテスト3&4に参加していたので対戦ゲームとしての完成度は文句無し!面白いです。

マッチングの頻度はベータテスト4の頃とほぼ同等で、確かにロード時間はやや長いと感じますが、それも事前に了承済みなので「まぁこんなもんだろう」というところ。

 ※それでもできることならもう少し改善してほしいところですけどもね。

ただ、時折対戦終了後に「送信に失敗しました」とかなんとかいうメッセージが出てリーグポイント(LP)の増減が行われないエラーが何度かありました…。


そう、サーバーの調子が結構不安定です…。


他のネット要素でいえば例えば「バトルラウンジ」という最大2名で一定条件(○本先取など)の元対戦をするモードは、私の場合入ろうとしてもエラーばかりで一度も体験できませんでした…。

 ※カジュアルマッチは未経験なのでわかりません。


他にも私は遭遇していませんが、一人用プレイのモードのひとつ「サバイバルモード」でもプレイ途中でサーバーエラーにより途中でプレイが中断し、それまでのプレイが全てパーになるという現象も起こっているようで…。


その一人用プレイの要素ですが、現状

・ストーリーモード
・サバイバルモード

の2つだけで、しかもそれぞれ出来は正直イマイチ…。


「ストーリーモード」は各キャラ毎にそれぞれのストーリーを追体験するというものですが、使用されているイラストが過去シリーズを手掛けるイラストレーターさんらしいものの、その紙芝居のような展開とゲーム中のキャラクターとあまりにもかけ離れている絵柄に正直苦笑い^^;

めちゃくちゃ弱いCOM戦を2〜3回繰り返せばそれで終了なので、これならもう紙芝居だけでも良かったようなw


「サバイバルモード」は4段階に分かれた難易度で一定数現れるCOMとの対戦を延々繰り返し、最後のキャラを倒せばその時に使っていたプレイヤーキャラコスチュームの追加カラーや称号が得られるというもの。

イージー(10戦)・ノーマル(30戦)・ハード(50戦)・ヘル(100戦)の4段階なのですが、イージーこそ適当プレイでもなんとかなるものの、ノーマルは後半になると急に難易度が上がって殺しに来るので、クリア目前で何度か失敗しました…。

つまりお気に入りキャラの追加カラーや称号が欲しければこの「苦行」に耐えなければならないということで、某所でも不満爆発です。

1キャラ倒すごとに「体力回復」や「攻撃力UP」などの恩恵が得られる(稼いだスコアで交換)のですが、これが完全にランダムなので、かなり運の要素が絡むのが攻略をより難しくしているのも更なる不満材料ですね。

称号はともかく、たかが(と言ってしまえばそれまでですが)カラーくらい、もっと気軽にゲットできるようにしてほしいですねぇ。


ところで、最近の対戦ゲームはもっぱらネット対戦が中心で、確かにそれ目的で購入している人が大半でしょうが、一部の初心者はまずは一人用で遊べるモードで色んなキャラに色んなコスチュームを着せて遊ぶというニーズもあるでしょう。

そんな初心者でも、例えば搭載されている各種初心者向け練習モードで徐々に腕を上げ、いずれはネット対戦の世界へ足を踏み入れるという展開をメーカーも期待しているはずです。


なのに、発売日段階で遊べるのは上で書いたように「トレーニングモード」と「ストーリー」「サバイバル」のみ。


初心者にとってより必要な「デモンストレーション(COMをお手本にプレイ方法を学ぶモード)」や「チャレンジ(数々のお題に挑戦してコンボなどを習得するモード)」が3月のアップデートまで存在しないんですよね…。

折角初心者にも間口を広げるように趣向を凝らした対戦システムを構築したのに、その初心者を排除してしまうような行いをメーカー自らがしてしまうなんて…。


さらに言えば、キャラクターを着飾るコスチュームを販売する「ショップ」も現在は閉店状態…。


「デモンストレーション」と「チャレンジモード」が3月にズレ込むことは私は事前情報で知っていましたが、知らずに当然あるものと思っていた初心者プレイヤーはさぞかし驚いたことでしょう…。

どうせなら「サバイバル」を遅らせて「デモンストレーション」だけでも先行で入れてあげたほうが良かったのではと…。

 ※発売自体遅らせたほうがよかったという声も少なくありませんがw



ここまで書けばもうお分かりでしょうが、このゲーム、対戦自体は面白いものの他の部分での不満箇所が目立ちますね…。


上で書いた以外にも

・前作「4」の頃にあった「エンドレスバトル」のような複数人で観戦しつつ対戦するモードが無い。

・「ランキング」から「最新のランクマッチ動画」はすぐ観られるのに、例えば自分の対戦履歴などは一旦「リプレイリスト」に保存しなければ見られない。

・対戦での勝率がわからない。また様々な集計情報が一切機能していない。

・対戦において故意による切断に現状ペナルティーが無い。事故か故意かの判断が難しいからという理由だそうだが、であれば各自でブラックリスト化するなどの対応措置は欲しかった。


などなど…。


来週火曜日の午前6時から行われるサーバーメンテでまずはネット環境にテコ入れ?をする予定のようですが、折角のナンバリング最新作が開始早々こんな形でコケてしまうのはあまりにも惜しい…惜しすぎるので、少しでも改善してもらいユーザーの信用を取り戻してほしいものです。



まぁなんだかんだでランクマッチをコツコツ遊んでいる私なのですが、現在ネット対戦における私の戦績は…

ストリートファイターV_20160221010534s.jpg

↑こんな感じ。

 ※訳あってファイターIDは隠しました。

LPは現在 778 (ブロンズリーグ)

発売当初はカオス状態により上手い人から本当に初心者の人まで実に幅広い方との対戦となり、負け試合のほうが多いものの勝てる試合もわりとあったので一時期1000オーバー(スーパーブロンズ)まで行ったこともあったのですが、マッチングが徐々に近いポイントの方とされるようになり、また練習と対戦を繰り返すうちに色々と考えるようになったせいで?最近はかなり負けが込んでいます。

思えばスト(スパ)4の頃もそうだったんですよね…何も考えずにいわゆる「ガチャプレイ」していた頃のほうが勝ててたと思います。

そこから色んな知識を得て「あれもこれも」と考えるようになると途端に動きがぎこちなくなって…相変わらず成長していません(それどころか退化している?)^^;

まぁ発売されてまだ4日ですし(今日は用事があったので実質まだ3日しかプレイしていませんが)、まずは勉強だと思って相手の胸を借りる気持ちでガンガンぶつかって負けていこうと思います。

因みにプレイヤーレベルは現在「Lv139」ですが、一人用プレイの「ストーリー」や「サバイバル」を遊べばガンガン上がるので、正直指標としては殆ど無意味です。




 


かつて某ゲームのレビューですっかり私的に信用を無くした「Amazonレビュー」ですが、現在の「ストリートファイター5」の総合評価は「★2」。

これに関しては正直言って擁護できないですねぇ…。

8000円近い金額を払っていざ蓋を開けたら利用できない機能があったりサーバーが不安定で人によってはとても対戦のできる環境に無いなど、さすがに文句を言われても仕方のない出来だと思います。

世間一般的にはまだまだ影響力の高いレビューだけに、このままマイナス評価が進むといよいよこの先が危ないかも…。

実際価格もジワリとですが下がりつつありますし、私は確認していませんが中古ショップでは早くもパッケージが並び始めているようですし…。


ほんと揶揄としてよく使われますが「材料はいいのに調理が下手なレストラン」の典型ですので、こんな形でつぶれてしまうのは大変惜しい…。

 ※事実某所でも対戦ツールとしての完成度は高いという評価がほとんどですし。

頑張れ!カプコン!!


posted by ラムネ at 23:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

バットマン:アーカム・ナイト その22

昨年の7月から「没頭マン」になり始め、コツコツ遊んで記事数通算22回目を迎えた



バットマン:アーカム・ナイト



かつてオフラインゲームでここまで長期間遊んだソフトがあったでしょうか…。

 ※Wiiの「ゼノブレイド」くらいかな?アッチは300時間遊びましたからね^^


ロングランで遊ばせてもらって、DLCの値段を考えてもとても費用対効果の高いゲームだなぁと痛感します。



さて、今回は2つほど報告できる進捗があったので記事を起こしました!

では早速いきましょう。



■ コンバット


● クライム通り 


「ダライアスバーストCS」で人差し指が悲鳴を上げ始めた頃にスイッチしてコツコツ挑んでいた…


トロフィー『肌寒さ』をゲットできました!!


バットマン:アーカム・ナイト_20160216063145.jpg

獲得時点でテンションが上がってしまい、正直見どころゼロの動画ですが思わず編集してアップしてしまいましたw





おさらいしておくと、トロフィ『肌寒さ』の取得条件は…

 クライム通りのARチャレンジを、ダメージを一切受けずにクリアする(バットマン・ロビン・ナイトウィング)

というもの。


対象キャラ3人について、指定された順番に挑んでいったのですが、難易度は後になるにつれ上がるイメージですね。

では簡単に各キャラクターのプレイポイントを。


バットマン

豊富なガジェットのおかげで3人の中では最も楽ですね。

コンボを稼いだり繋げたりする必要はないので、とにかく安全策で進め、敵が落とす鉄の棒は貴重な武器なので速攻で拾って相手をガンガン殴っていきます。

 ※ただ拾う時には隙が生まれるので、ある程度余裕のある状態で行う必要があります。

盾や電撃バトンは武器破壊で対処し、帯電や銃はバットクロースラム、アーマーブルートはとりあえず速攻で凍らせておけば暫く沈黙するのでその間にザコを処理しつつゲージがたまったらスペシャルコンボ・テイクダウン→再び凍結という具合で対処していきました。

…と文字にすれば簡単そうですが、やはり突然赤シグナルが出たかと思えば突進してくる盾兵や、フェンシングの選手よろしく遠くから一気に間合いを詰める電撃バトン兵、放置しておくと銃を乱射してくる銃兵、巨体のクセにあまりに攻撃が速すぎるアーマーブルートなどに何度も行く手を阻まれ、達成には結構時間がかかりました…。


ロビン

バットマンと違い武器破壊&RECが無いのでかなり厳しいものがありました…。

一方でRECが無いおかげ電撃アーマーブルートが登場せず、ザコ(確か盾兵)に置き換わっていて全体的に敵の戦力が低めだったので、凍らせる手段もありませんがザコでゲージを貯めてブルートに使う…というパターンでなんとかなったというところでしょうか。

バットマンの2倍(体感)キツかったですw


ナイトウィング

こちらはRECを持っている関係から登場する敵はバットマンと同一。

しかしやはり武器破壊やアイスが無いので敵の足止めもできず武器を持つ敵を倒してもどんどん拾っては使われてキリが無い…。

ブルートはツインソード?(両手に剣を装備した状態)がドッジテイクダウンが余裕でボーナスキャラに変貌するので、それが来たらしめたものw

 ※動画では4ラウンド目のアーマーブルートが開始時点でどちらも盾持ちで軽く絶望状態ですw

あとはやはり敵から奪った鉄の棒ですね。こいつを持てば盾兵でもなんでも殴り放題ですから。

 ※しかしロビンやナイトウィングは最初から武器携帯してるのに、鉄の棒が一番強力って一体…w

それとこれも全キャラ共通なのですが、ステージである「クライム通り」は見ての通りフィールドが狭いので、壁際で戦うことが多く、そうなるとキャラ表示が大きくなる…裏を返せば周辺の状況が見えづらくなるのが実は結構辛いんですよね…。

体感でバットマンの3倍キツかったです^^;


まぁとりあえずなんとかなりました…正直疲れましたよ^^;



さて、残っているトロフィーはあと2つなんですが…現状取れる目途はどちらもほぼゼロです…^^;


・終焉
 → Monarch劇場のARチャレンジで、全てのラウンドをフローレス・フリーフローでクリアする(バットマン・ロビン・ナイトウィング・キャットウーマン)


実は「バットマン」では既にクリアしています。

やはり豊富なガジェット&武器破壊によってラウンド3まではかなり余裕があります。

ラウンド4はブルート4体+ザコわんさかという悪夢のようなステージですが、フィールドが広い分「クライム通り」よりまだラクかな?ブルートは剣の時だけ相手して、あとはザコでゲージを貯めて貯まったらブルートにかますという流れで…。それでも盾兵には相変わらず泣かされて何度もやり直しましたがw


問題は残りの3人。

「ロビン」でやってみて、3ラウンド目まではなんとかなるのですが、4ラウンド目で電撃ブルートの代わりに盾兵が2人増え、計4人になるのが本当に悪夢です…。

武器破壊が無いので倒しても他の兵が装備して…を繰り返すので一向に減らない…あの突進の速さはほんと苦手です…。

残り2人はまだ手付かずですが、やはり武器破壊が無い以上苦戦は必至です…。


そもそもなんで4人もやらされるんだよ!バットマン1人でいいじゃないか!^^;



・キラーのレクイエム
 → アイスバーグ・ラウンジのARチャレンジで、古き敵を倒す(バットマン)


できる見込みが全くありません…正直言ってムリゲーです…^^;


18日に届く予定の「ストリートファイター5(スト5)」までは「ダライアスバーストCS」の合間にチャレンジしていこうとは思っていますが、「スト5」を買ってしまうとディスクを入れ替えることになり、そうなると暫くは触らないことになりそうです…。

せっかく付いた手癖がまた退化してますます達成から遠のいてしまいそう…^^;




■ プレデター


● 終わりなき戦い 

ただ1人★3つが達成できていなかった「キャットウーマン」についてもなんとか達成でき、全キャラ★3つ獲得しました!

バットマン:アーカム・ナイト_20160204042200.jpg

前回「達成には苦労しそうだ」という旨の感想を書きましたが、その予言通り苦労しました…。

とにかく序盤はなるべくサイレントテイクダウンで数をこなし、敵が自由行動を始めたらサイレントに拘るのはやめてパウンドアタックからのテイクダウンなど音を出してでも速さを優先的に仕留めていきました。

見つかったら床格子や壁を登ってのバンテージポイントへの移動で敵が見失うまで逃げ、落ち着いたらまたテイクダウン…の繰り返しでなんとかなりました。


これで一応「プレデター」に関してはトロフィーも含めて全要素達成ですかね。




今回は以上です。



先にも書きましたように

「ストリートファイター5」

が届く前日の17日までが当面のリミットという感じです。

実質たった1日で3キャラのフリーフローコンボ…


ムリですね、ハイw







PS:

当ブログのコメント欄に投稿してくださった「アーカムナイト」さんの纏められた

「コンボマスター解説ページ」

ですが、とても詳細に書かれていて大変勉強になります。

 ※当該ページは → コチラ

こちらで知識を身に付けたうえで、しかしページ上でも書かれていますがやはり日々の鍛錬が結果に繋がるというところでしょうか。

努力は裏切らない…ですね!

 ※「スト5」に移行してしまう私を許して…^^;


改めて「アーカムナイト」さん、ありがとうございました!^^


posted by ラムネ at 01:46| 大阪 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

ダライアスバーストCS その4

前回の記事からおよそ10日ほど経過してしまいましたが、あれからもコツコツと遊んでいる



ダライアスバーストCS



では早速現在までの進捗状況をば。



■ CSモード


現在のクリア済みミッションと解放ミッションは…

DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160210054525a.jpg

164 / 185 です。

 ※文字が大変小さいので左下に拡大したものを切り貼りしています。


某情報によれば、ミッション数「185」がこの時点での最高らしく、全てクリアすることで最終ミッションが現れるのだとか…。

クリア済みミッションが「164」ということは、残り「21」で終了…と思いきや、突発的に発生する「Warning」ミッションはこの数には入らないので、実際にはもうちょっと残っています。


ところで、いきなり水を差すようで恐縮ですが…


正直なところ、ちょっと飽きてきました…^^;


発売当初は目新しいミッションばかりで、進めていくにつれ亜種などの新ボスも次々に現れ、しかしそれらが程よい難易度で、たとえ初見ではムリでも何度かトライすればクリアが期待できる感じで中々の高バランスだなぁと。

それがミッションクリア数を120ほどこなした辺りから徐々に難易度も上がっていき、それだけならいいのですが、結局どのミッションも同じステージをただ並べ替えただけの構成で「あぁこのステージね…」といった感じで新鮮さがどんどん乏しくなり、ただステージ数が長くなっていくだけという…。


今現在残り20とちょっとのミッションを残した段階で、私の腕ではいよいよプリセット機でクリア可能なものが無くなってまいりました…。

もちろん繰り返し挑んではいるのですが、10を超える長丁場なミッションの最終ボスで撃沈すると辛いものがあり、それでもいつかは何とかなる…と思えれば何度も挑戦する気にもなれるのですが、例えば「レジェンド」でも普通に戦えば軽く60枚はアームを持っていかれる最強のボス「ギガンティックバイト」が待つミッションを装備固定の「オリジン」でクリアしろなんて…。


もちろん実際にクリアしている人がいることはランキングを見ても明らかですし、私のような意見を「甘えだ」と非難されても仕方ないのですが、それでも敢えて言わせていただくと「ムリなものはムリ!」なんですよ…^^;


ランキングで思い出しましたが、「プリセット機」でクリアすれば載るはずのランキングに検索しても載っていないことが何度か…。

これはランキング取得に失敗しただけで実際には記録されているのか、はたまた更新が失敗して載るはずのデータが載らなかったのか…?

以前から気になっているゲーム中のBGMが消えるバグといい、この数々の「バグ」もプレイにおいて少なからずテンションを下げる要因ですねぇ…。

 ※PSVITA版ではフリーズや強制終了も起こっているそうな…当初はVITA版でしか発売されない予定だったのに…^^;



加えて、これはあくまでも個人的な話ですが、18日発売の

「ストリートファイター5」

が迫っていることも余計に私を焦らせますね。


もちろん18日以後も平行で遊べばいいのでしょうが、やはり新作ソフトを買ってしまうとそちらに注力してしまいがちですから…。

幸い格闘ゲームは「アーケードスティック」の操作音の関係で夜遅くまでのプレイは控えようと思っているので、その辺りで棲み分けていける…かも?

 ※上級プレイヤーのリプレイを見まくったりする時間に取られそうな気もしますが…w



そんなわけで、下がり気味のテンションをなんとか上げ、せめて18日までにノーマルエンディングぐらいは見ておきたいなぁと思い、特に長いステージ数のミッションなどは「セレクト機」を使ってしまうようになってしまいました…。

「セレクト機」はアームも最高98枚までセットでき、攻撃力も目いっぱい上げればまずクリアは確実という安心感がある一方、当たり前ですがそこに達成感はありません。

どうも個人的に「遊び急いでいる感」が拭えませんが、放置してしまうよりはマシかなとも思いますし、難しいところですね…。



ではここからは録画した動画を2点ほどご紹介


● 「Tihai」・ゾーンδ (ボス戦)   使用機体:レジェンド(プリセット機)



クジラ型戦艦「グレートシンク」の亜種「G.T.B」との戦闘動画です。

黒いボディーに金色の装備がカッコイイ!

また流れる専用のBGMが結構いい感じですね。


● 「Deimbego」  使用機体:セレクト(プリセット機)



今回は今までとちょっと趣旨が異なり、トロフィー

『RUSHING INTO NEXT ZONE』

に挑戦し達成できた動画です。

その取得条件は

「CSモードのスクランブルで、4:00:00以下のタイムでクリアした」

つまり「スクランブル」ミッションで4分を切ればよいのですが、これが結構シビア。

ダメージを受けると3秒のペナルティが加算されるので、いかにダメージを受けず敵…特にボスを早く倒すかがカギになるのですが、私の動画では2回ダメージを受けて5秒弱余裕があったので、上手い人はもっと早いタイムが出せると思います。

参考になれば幸いです。



今回は以上です。


18日まであと4日…。

う〜む、それまでにどう”決着”を付けようか…。



 


posted by ラムネ at 02:04| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

ダライアスバーストCS その3

他のゲームに圧されてやや進捗は鈍ってしまいましたが、それでもコツコツ遊んでいる



ダライアスバーストCS



でございます。


この辺りでその進捗具合を披露させてもらうべく記事を起こしました。


なお先に書いておきますが、今回は「CSモード」のみです。

「ACモード」はちょっとお休み中です^^;



■ CSモード


現在のクリア済みミッションと解放ミッションは…

DARIUSBURST Chronicle Saviours_20160205213625b.jpg

133 / 162 です。

 ※文字が大変小さいので左下に拡大したものを切り貼りしています。


以前の記事までは全ミッション「プリセット機」でのクリアを成功させてきましたが、特に特定の点数を稼ぐ必要のあるもので大きく躓きまして…。


とうとう「セレクト機」を解禁してしまいましたぁ…!

同時に、己に負けた瞬間でもあります…^^;


2ステージ目までに6500万点を稼ぐというのが分岐の最低条件なのですが、検討した結果最もラクなのは「セカンド」の最強装備ですね。

広範囲への攻撃が可能で威力も高く、また非バースト機であるが故敵を全滅させていくだけで最高60倍のボーナスが付くので、とにかく何も考えずに敵をせん滅していけばどんどん稼ぐことができます。

同じ非バースト機のオリジンだと攻撃範囲が狭いので敵の大編隊を撃ち漏らす可能性が高いんですよね。

また「セカンド」だと終始「ミサイル」属性の攻撃を打ち消すことができるのも強みです。


そんな最強「セカンド」を使って条件を突破することで、先のステージに進むことができました。


なお、解禁したのはそんな「点数分岐があるミッション」のみです。

他の通常ミッションはあくまでも「プリセット機」で頑張っていますよ!!


ところで、「プリセット機」でクリアしたミッションに限りランキング一覧に掲載されるのですが、逆に言えばそれを確認しなければ「プリセット機」でのクリアができたか否かが判別できないんですよね…。

それこそPSP版のミッションモードのようにクリアできたものには「★」マークが付いたりすれば一目瞭然なのですが…。


なお、上に貼っているSSのメッセージを読めばお分かりですが、この「Tihai」が恐らく最終ミッションです。

一度「プリセット機」でトライして、ラスボス「G.T.B」に遭遇しましたが、さすが最強のクジラらしく攻撃の雨あられでアームがみるみる剥がされあえなくゲームオーバー…。

到達するまでの間にも結構被弾しているので、それをなるべく少なくしていきたいところです。

ここはもう繰り返しトライするしかないですね。



ではここからは、またもや見どころのない平凡プレイばかりですが録画した動画をご紹介。



● 「Sanzeno」・ゾーンζ (ボス戦)  使用機体:オリジン(プリセット機)



非バースト機の「オリジン」でグソクムシ系戦艦最強の「サベージルーラー」と戦わされる鬼畜ミッション。

以前公開した「Serumedesu」での「ジェネシス」によるクリア同様、残機ゼロ&アームゼロの状態での超辛勝クリアw

最後は正直もうダメだと思っていましたが、相手の断末魔の声?を聞いた瞬間思わず「おお!」と実際声が出るほど驚きました^^;


● 「Biruzutaun」  使用機体:セカンド(プリセット機)



この動画こそほんとに見どころがないのですが、以前の記事のコメントで「柴犬」さんから「ダライアスUの曲も聞けるのですか?」と質問され「そういえばセカンドを使った動画を撮ってなかったな」ということで、リクエストにお応えすべく?撮ってみました。

ところで「U」の曲って軽快なサウンドが多めでシリーズの中でも異色に感じます。


● 「Junhosura」   使用機体:フォーミュラ(プリセット機)



「フォーミュラ」を使用した動画は確か初めてですね。

射程が短いという弱点を補って余りあるその攻撃力の高さとスピードの速さがウリの機体ですが、当初はその速さがアダになりサイドからのカウンターバーストが合わせにくく苦手でした。

最後のルーラー戦ではそれをなんとか?克服できた様を確認して頂けると思いますw


● 「Mapana」   使用機体:レジェンド(プリセット機)



ボス5体と連戦するミッションですが、やはりキモになるのは2体目の「ファントムミラージュ」。

ここでの被弾を最小限に抑えることができれば、その後のボス3体はさほど難しくないのでなんとかなります。

ところで、ピラニアやルーラーのような薙ぎ払いタイプのバーストビームがやはり「サイドカウンター」しやすいですね。。
最近かなり成功率が上がってきました。


● 「Rie」   使用機体:フォーミュラ(プリセット機)



ボス4体と連戦するミッションですが、機体が「フォーミュラ」であること、初期アームが29もあること、アイテム解放(※というか「防御力上昇」の間違いでは?)ルールで毎ステージ毎にアームが補給されることから、終盤のミッションにもかかわらずかなり難易度は低めです。

たまにはこういうミッションもあってもいいですよね^^


● 「Anyuku」・ゾーンδ    使用機体:ジェネシス(プリセット機)



正直言って本当に見どころが無い動画です…なんでわざわざアップロードしたんだろう…?^^;

「ムラクモ」の完全下位互換と言われる悲しき「ジェネシス」ですが、その極太αバーストはやはりハデでいいですよね!たとえ見た目がエビフライに似ててもw



今回は以上となります。


「CSモード」は全ミッションをクリアすることで見られる「真エンディング」も存在するそうで、それが見られる日はいつになることやら…?


18日の「ストリートファイター5」までにはなんとか実現したいのですが、そのために焦って攻略が煩雑になっては困りますし…まぁマイペースで頑張ります。

あと放置気味の「ACモード」も頑張らないと…。

ここでしか見られない巨大なボスもいるそうなので、それらを一度は拝見して、できれば倒したいですからね。







PS:

今更ですが、「ダライアスバーストCS」の配信された翌週のDLランキングで堂々の2位にランクインしています!

2Dシューティングゲームが売れないこのご時世にこれは中々の快挙だと思います。

思えばほんとリリースされたこと自体が奇跡みたいなものですからね。

今後他のメーカーさんにも頑張ってほしいところです。

 ※XboxOneで「雷電X」が出ますが、できればPS4にも…^^;

20160119155712.jpg



PS2:

先日用事で「なんば」を訪れた際、ちょっと時間があったので「タイトー」系列のゲームセンターに行き、

「ダライアスバーストACEX」

を遊んできました。

確か「AC」がリリースされた直後に一度遊んだっきりなので、久しぶりの大型筐体でのプレイに少し緊張気味w

改めてそのケツから響くボディーソニックと大音量のBGMに圧倒されながら、「オリジナル」モードの一番簡単とされるADGルートを無難に「レジェンド」でクリアしました。

さすがこの迫力は家では到底味わえないものですね!没入感が比較になりませんでした!


ところで最近は100円玉を用意しなくてもゲームが遊べる時代なんですね〜!

備え付けのタッチパネルに「ICOCA」などの交通系電子マネーを触れさせるだけでいとも簡単にクレジットできるんですから。

これならわざわざ両替機でお札を崩す必要もなく、簡単にプレイできて大変便利です。

ただ調子に乗ってタッチしまくった挙句残高がどんどん減って散財…という事態に陥る可能性が大ですがw


posted by ラムネ at 23:15| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

バットマン:アーカム・ナイト その21

最新のDLCが配信されてから既に一週間ほど経過してしまいましたが、お馴染み



バットマン:アーカム・ナイト



でございます。


間に「ストリートファイター5」のCBT4が開催されたり、「ダライアスバーストCS」も並行で遊んでいたりで各ゲームの進捗が芳しくありませんが、それでもコツコツ遊んだ結果を新DLCの紹介と共にまとめておきたいと思います。



去る1月27日に配信されたDLCは2つ。

いずれも無料です。


■ バットマン社のスキン

価格:無料

20160127101330s.jpg

恐らく最後になる?「バットマン」用のスキン。

バットマン:アーカム・ナイト_20160127104950.jpg

「バットマン社」というのが何を指すのか正直よくわかりませんが、筋肉質のボディーに正当派ともいうべきデザインが中々私のツボでかなりカッコイイですね!早速使っています。


■ 犯罪取締人チャレンジパック #6

価格:無料

20160127101302s.jpg

今回は3つのコンバットチャレンジに4つのプレデターチャレンジの計7チャレンジのパックです。

しかもうち6つはアーカムシリーズの過去作からマップを引用した完全新規ステージですね。


● コンバット

 ・アイスバーグ・ラウンジ (バットマン)
 ・クライム通り (バットマン)
 ・MONARCH劇場 (バットマン)

● プレデター

 ・ウェイン邸 (バットマン)
 ・バットケイブ (バットマン)
 ・サイレント・ナイト (バットマン)
 ・終わりなき戦い (バットマン)


では順に現在までの進捗状況を。



■ コンバット


● アイスバーグ・ラウンジ 

バットマン:アーカム・ナイト_20160128043627.jpg

円形のステージで延々と湧き続ける敵を体力が無くなるまでひたすら倒していくミッション。

★3つの取得条件である5万ポイントはさほど難しく無いので全キャラ達成は苦労しませんでした。

因みにこのミッションではとある条件を満たすとトカゲ人間「キラークロック」と戦えるのですが、その条件が…。


● クライム通り 

バットマン:アーカム・ナイト_20160202070241.jpg

バットマンことブルース・ウェインが幼少時代に両親を殺された、いわば「バットマン誕生の地」。

こちらも★3つの条件は低めでコンボを繋げながら普通に戦っているだけで全キャラ取れましたね。


● MONARCH劇場 

バットマン:アーカム・ナイト_20160203022100.jpg

廃墟と化した劇場を舞台にチンピラ共と戦うミッション。

やっぱり★3つ獲得のハードルは低めで全キャラ★3つをわりと容易に達成しています。



■ プレデター


● ウェイン邸 

バットマン:アーカム・ナイト_20160203011835.jpg

チンピラともに占拠されたブルース・ウェインの豪邸を舞台としたチャレンジミッション。

「#5」までのチャレンジパックは、サブキャラクターについて共通の条件が1つありましたが、今回の「#6」は最後であること?からか気合が入っており全キャラ全く異なる条件が設定されています。

 ※「終わりなき戦い」は除きます。

特別難しい条件はありませんでしたが、相手の人数が少なめなので、特に複数人に決める必要のあるものはその順番なども考慮して行う必要がありますね。

ロビンの「足場越しに1人の敵にシールドバッシュを実行せよ」がいまいちよくわからなかったのですが、階段の上から登ってくる敵に向かってシールドバッシュを決め、下に落としたところで★獲得となりました。


● バットケイブ 

バットマン:アーカム・ナイト_20160202171245.jpg

バットマンの隠れ家である「バットケイブ」をこれまた敵に占拠されたミッション。

各所に「バットモービル」や「バットウィング」、なぜか巨大な恐竜のオブジェがあったりとなかなか凝っています。

ここも全キャラ全く異なる条件でしたが、特別難しいものはありません。

ただハーレーの「ハーレーで敵を4人驚かせろ」の意味がよくわからず、後に「サイレント・ナイト」のアズラエルで同条件が出てきたのですが(こちらは2人)、やっているうちに「あぁ要するに相手の目の前に急に飛び出たりして相手を驚かせればいいんだな」と。

わかればなんてことはないのですが「ハーレーで…」とか書かれると、普段から誤訳の多いゲームですから、何かアイテムを使うのかと最初はスネアトラップを投げたり色々と試してしまいましたよw

あとキャットウーマンの「シーリング・テイクダウンを実行せよ」というのが最初ちょっとわからなくて、「シーリング・テイクダウン」って普通なら脆い天井などを突き破って下にいる敵をテイクダウンするのですが、このマップにはそのようなものはどこにも存在せず、じゃあどうやったらいいんだと考えつつ動いていて「天井に張り付けるじゃないか!と。

要するに天井に張り付いた状態で真下の敵にテイクダウンすればいいだけだったんですよねw


● サイレント・ナイト 

バットマン:アーカム・ナイト_20160202054723.jpg

「アサイラム刑務所」内の施設での攻防。

ここも敵の数が少なくたった6人しかいないので、数をこなす必要がある条件は慎重になります。

 ※衛生兵が回復するのを待ってもいいのですがね。

ここも特別難しい条件は無かったでしょうか。全キャラ★3つの獲得にさほど時間は必要ありませんでした。


● 終わりなき戦い 

マップこそ「ターミナル・ベロシティー」と同じものなのですが、敵が無限に湧き続ける文字通り「終わりなき戦い」が繰り広げられます。これまでありそうでなかったプレデターミッションですね。

残り5分からカウントダウンが始まり、テイクダウンを決めれば1人につき25秒増えるので、制限時間を延ばしつつ規定の人数を倒す必要があります。

このミッションでの★3つの獲得条件は全キャラ共通で20人。

実は現在1人を除いて既に達成済みです。その1人とは「キャットウーマン」。

「バットマン」「ロビン」「ナイトウィング」「アズラエル」の4人は「フィアー・マルチテイクダウン」があるので20人倒すのはかなり簡単です。

「バットガール」は「インバーテッドテイイクダウン」がありますし、「ハーレー」は「びっくり箱&メイヘムモード」が、「レッドフード」に至っては「二丁拳銃」があるので上からバンバン撃ってるだけでいともたやすく達成できてしまうという…w

ただ「キャットウーマン」についてのみ、これといった敵を効率よく倒す術を持ってないんですよね。グラップリングも無いので移動もツライし…。

しかしただウロウロしているだけでは時間が過ぎていくばかり…。

現在記録としては14人しか倒せておらず、今後も繰り返しトライしていこうとは思いますが、苦労しそうですね。



というわけで、最後の「終わりなき戦い」を除いて全キャラ★3つは獲得できました。

今回は特に前回の「#5」と比べて全体的に難易度は低めだと思います。



…が、最後の「チャレンジパック」(※のはずですw)というだけあって、今回は今までと一味違うところが。


実は今回はこれまでの「チャレンジパック」には無かった「トロフィー」が新たに追加されているのですが…。



難易度が尋常じゃない!特にコンバット!!



備忘録的に書いておくと…。

・執事が見たもの
 → ウェイン邸のARチャレンジを、ガジェットを使用せずダメージを受けずにクリア(バットマン)

・バットケイブの秘密
 → バットケイブのARチャレンジで、ダメージを受けず全ての敵をビートダウンで倒す(バットマン・ナイトウィング)

・きよし悪魔の夜
 → サイレント・ナイトのARチャレンジで、ダメージを受けずに全ての敵をノックアウト・スマッシュで倒す(バットマン・ロビン)

・エターナル
 → 終わりなき戦いのARチャレンジで、50人の敵を倒す(バットマン)

・肌寒さ
 → クライム通りのARチャレンジを、ダメージを一切受けずにクリアする(バットマン・ロビン・ナイトウィング)

・終焉
 → Monarch劇場のARチャレンジで、全てのラウンドをフローレス・フリーフローでクリアする(バットマン・ロビン・ナイトウィング・キャットウーマン)

・キラーのレクイエム
 → アイスバーグ・ラウンジのARチャレンジで、古き敵を倒す(バットマン)



このうちプレデター関連の最初の4つはなんとかゲットできたのですが、コンバット関連の残り3つはあまりに難しすぎてとてもとても…。


では1つずつ詳細を。



・執事が見たもの

バットマン:アーカム・ナイト_20160129081552.jpg

ガジェットを一切使ってはいけないので、もちろんグラップリングはできませんしコーナーテイクダウンをするにも敵をギリギリまで引き付けないといけません。
なおかつダメージを受ければ即失敗ですから…。

とにかくしゃがみ歩きで音を立てずに歩きながら基本は床格子テイクダウンで敵を倒していきました。

バットマン1人だけで済むのが幸いでしたね。


・バットケイブの秘密

バットマン:アーカム・ナイト_20160128163444.jpg

「ダメージを受けずに全ての敵をビートダウン」ですから、つまりサイレント・テイクダウンが使えない!

音を立てればその度に敵がわんさか集まってくるので、ダメージを受ける前にさっさと逃げ、単独行動している敵にこっそり近寄ってすかさずビートダウン…を延々繰り返していかなければいけません。

こちらは「バットマン」と「ナイトウィング」の2名で実行する必要があるのが面倒です。

なお、最後にビートダウンで倒し切れば、最初に通常の打撃などが入っても問題ないようです。実はバットマンで1回うっかり普通に殴ってしまい、「これもしかして失敗かな?」と思いつつナイトウィングでクリアした時点でトロフィーが獲得できましたので。


・きよし悪魔の夜

バットマン:アーカム・ナイト_20160129080707.jpg

お次は「ダメージを受けずに全ての敵をノックアウト・スマッシュ」です。

やはりサイレントテイクダウンが使えないのが辛い…。更にこちらも「バットマン」「ロビン」の2名で行う必要が。

このミッションは敵の人数が少ないので、その分まだ楽な部類でしょうかね。


・エターナル

バットマン:アーカム・ナイト_20160201023205.jpg

★3つの獲得条件は「20人」ですが、このトロフィーはその2.5倍の「50人」を倒す必要があります!

「サイレント・テイクダウン」→「フィアー・マルチテイクダウン」を延々繰り返していけば思いのほか簡単では?と当初は安易に考えていたのですが、敵を倒していくたびに人数がどんどん増えていくので、単独行動をしている敵を見つけてもいざサイレントを行おうとしてかなりの確率で他の敵に見つかり、銃で撃たれてダメージを受けて…を繰り返すうちにどんどんジリ貧になっていきます…。

そこで某所で攻略のポイントを聞いたところ、「インバーテッドテイクダウン後ロープを切る」「バンテージポイントに仕掛けられた地雷をピンポイントに『かく乱器』で無効にしていく」という2点を教えてもらい、なんとか達成できました!

「インバーテッドテイクダウン」は私も当初から使っていたのですが、そこでロープを切れば再び同じバンテージポイントで「インバーテッド〜」が行えるんですよね。
またロープを切ればそこに何事かと敵が様子を見に来るので、そいつに「インバーテッド〜」でうまくいけばずっと行えるのが強みです。

また「バンテージポイント」に地雷が設置されるとそこに暫く留まっていると爆発してダメージを食らうのですが、「かく乱器」で無効にできることをすっかり失念していましたw


因みにトロフィー獲得後も続けてプレイしていたのですが、最終的に倒した人数は…。

バットマン:アーカム・ナイト_20160201023652.jpg

65人。

50人達成後は急激に緊張感が失われ、みるみるダメージを食らって無残な姿に…w

上手い方ならずっとできそうですね。

なお世界1位の記録は1111人!なんというか…次元が違います…^^;



というわけで、7つのトロフィーのうち獲得できたのは以上の4つです。


一方残った「コンバット」関連の3つですが…正直かなりムリゲーですね…。


肌寒さ」は全ラウンド「ダメージを受けずにクリア」ですから、まだ少しだけですが希望があるかな?と思うも、それを3人で達成しなければいけません…。

終幕」は全ラウンド「フリーフローでクリア」、つまりコンボを一切途切らすことなく倒していかなければならず、それをなんと4人で行う必要がありますからね…。


最も困難なのは最後の「キラーのレクイエム」。

「古き敵」とはこのステージの観客席にいる「キラークロック」を指すのですが、こいつの登場条件が某所によれば「ライバルポイントを20にして全ての敵を倒す」らしいのです。

ライバルポイントは★3つの条件である5万Pを超えたあと、5万Pごとに1つずつ増えていくので、つまり最低105万Pもの数値を稼ぎださないといけません。

登場する敵は実に多彩で、人数もかなりの数が湧いてくるので、それらを相手になおかつポイントを意識するプレイ…つまりフローレスを続けていかなければならないという、私のような下手横ゲーマーには鬼畜すぎる条件なのです…!

因みに私の現在の獲得ポイントは305530p。必要ポイントまで遠く及びません…。

なお世界トップ1は軽く2000万pを超えています…バケモノです…^^;



いやはや…これまでなんとか下手なりにトロフィー獲得率100%を維持してきた私ですが、まさか最後の最後でこんなにも高いハードルが来るとは…。

まぁ言ってしまえばむしろこれまでが温めの難易度で上級プレイヤーには物足りないものばかりだったのでしょうね。

ま、いい夢みさせてもらいましたよw



今回の進捗報告は以上です。


「ストリートファイター5」が発売される18日まではメインの「ダライアスバーストCS」をプレイしつつ、ボタンを抑えている人差し指が限界を感じたら「バットマン:アーカム・ナイト」という感じで今後もコツコツ遊んでいこうと思います。

「コンバット」系の3つのトロフィーにも気が向いたら再チャレンジしていこうとは思っていますが、正直ほぼあきらめの境地ですw






PS:

今月の「PS Plus」会員向けフリープレイソフトが昨日2本配信されました

・「Nom Nom Galaxy」 : 何やら惑星を開拓してスープを作る?ストラテジーゲーム。

・「MouseCraft」 : ハツカネズミをチーズに導くパズルゲーム(非ローカライズ)。

どちらも少し触ってみて、正直面白いと思わなかったのですぐ止めてしまいました^^;


posted by ラムネ at 02:25| 大阪 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする