2015年09月28日

今後のゲーム予定まとめ - 2015年 10月〜12月 -

今年もあと三ヶ月ちょっとで終わってしまいますね…あぁ早い早いw

では恒例となりました、今年最後のゲーム予定に参りましょう。


赤字は予約(購入)済み


【10月】



1日
カタチ新発見!立体ピクロス2 (3DS)

NDS専用ソフトとして2009年に発売されたパズルゲーム「立体ピクロス」の続編。

およそ6年ぶりに3DS用ソフトとして出る今作は、青とオレンジの二色に塗るという新システムとなり、更に”0”の欄を一気に破壊する爆弾などの機能も追加されてよりゲーム性が豊かに。

現在ニンテンドーe-ショップで体験版が配信されているので、気になる方は是非試してみてほしい。


8日
アンチャーテッド コレクション (PS4)

「ラストオブアス リマスタード」で私に感動と衝撃を与えてくれたゲームメーカー「ノーティードック」が過去にPS3で発売したアクションアドベンチャー「アンチャーテッド」シリーズ3作をHDリマスターして1本にまとめたもの。

私はPS3の購入を見送ったので当然ながら「アンチャーテッド」は完全に未プレイであり、「ラストオブアス」に感銘を受けた後に「もっとこのメーカーのゲームが遊びたい」と調べた結果、PS3専用ソフトとしてこの「アンチャーテッド」を見つけ、一時は本気で中古でもいいからPS3と共に購入しようかと考えたが、その後海外でPS4専用ソフトとして「コレクション」の発売が発表され、ほどなく国内でも正式に発売が告げられたのでPS3の購入は無事回避できたw

3本分のソフトを一度に手にすることで、購入後一体どのくらいの時間を費やすことになるのか見当も付かない。


【11月】



12日
アサシンクリード シンジケート (PS4)

オープンワールドアクションゲーム「アサシンクリード」シリーズ最新作。

過去作は「ユニティ」しか遊んでおらず、その感想としては「地味なバットマン」という印象が強いが、史実に基づいたストーリーは独特のものがあり、なかなか楽しめたので期待はしている。

なお今作は舞台をロンドンに移し、主人公が双子の男女、バットマンでお馴染みのグラップリングの追加などがウリになるようだ。


【12月】



なし



以上ですね。


来月早々に2本も予約済みソフトがある一方で、年末商戦真っ只中であるはずの12月がまさかの「なし」という…。

あるいは「2015年」と一応今年中の発売を予定している「ダライアスバースト クロニクスセイバーズ」が12月に発売してくれれば…。

スターフォックス ゼロ」が当初年内を予定していたのに2016年春に延期されたのもちょっとイタいですね。



では最後に2016年以降に発売予定及び発売日未定のソフトで気になっているものを並べておきます。


PS4

・ダライアスバースト クロニクルセイバーズ (2015年)
・ジャストコーズ3 (2016年1月21日)
・アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 (2016年3月18日)
・ストリートファイター5 (2016年春)
・Horizon Zero Dawn (2016年)
・シェンムー3 (未定)
・ファイナルファンタジー7(フルリメイク版) (未定)
・RISE OF TOMB RAIDER (未定)
・アーケードアーカイブス「ダライアスシリーズ」(仮) (未定)

WiiU

・スターフォックスゼロ (2016年春)
・ゼルダの伝説 完全新作(仮称) (未定)

PSVITA

・真・女神転生シリーズ (未定)

Xbox One

・SCALE BOUND (未定)
・雷電X (未定)


来年は何と言っても早々に発売日が決まった「アンチャーテッド4」ことシリーズ最新作「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」の存在が光りますね!

あとは安価なアケステが手に入ることが条件ですが「ストリートファイター5」にもほのかに期待しています。

他にも遊びたいソフトが目白押しですし、来月からは値下げも始まってPS4の更なる飛躍が期待でき、今後も私を楽しませてくれるハードとして第一線で頑張ってくれることでしょう。

一方でWiiUは…もうダメかもしれない^^;

コードネーム「NX」の正体が未だ不明確ですが、万が一据え置き機ならば「ゼルダの伝説 完全新作(仮称)」はそちらへ鞍替えする可能性も捨て切れませんし、正直その辺り怖いですw

ところでPSVITAでずっと未定のままの「真・女神転生」って一体今どうなっているんでしょうね…?w



 






posted by ラムネ at 22:05| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

バットマン:アーカム・ナイト その9

「スパロボBX」が落ち着いてしまい、リアルが忙しいこともあって最近はゲーム自体が若干ご無沙汰ですが、先日24日に



バットマン:アーカム・ナイト



用の追加DLCが新たに配信されましたので、翌日の金曜日にDLしてからは「没頭マン」復活であります!


因みに配信されたコンテンツは2つです。

当然のように両方を一度にDLしました。



■ 2008 タンブラーバットモービルパック

価格:216円(税込み)

20150924233508a.jpg

2008年より劇場公開された、クリストファーノーラン監督による新生バットマン映画三部作に登場したバットマンの愛車「タンブラー」と、映画に因んだ専用コース2つがセットになったパック。

「1989年映画版」では更に映画に登場したバットマン用スキンも含まれていましたが、今回に関しては残念ながら含まれていません。

更に残念なのは、映画2作目に登場した「バットポッド」は運転できませんw

バットマン:アーカム・ナイト_20150924234645.jpg

「1989年版」のいかにもなデザインのバットモービルもいいですが、ノーランバットマンを観てバットマンにハマった口な私としてはやはりこちらの「タンブラー」のほうがテンションが跳ね上がります!


早速追加された2コースのうち最初のコースを遊んでみましたが、これが結構難しい…。

「1989年版」のときは1周のみのチャレンジはさほど苦労せずスター3つを獲得できたのですが、今回はかなり苦労しましたねぇ。

タンブラーを走らせてみて感じたのは、ハンドリングがやや軽めで気持ちスピード感が乏しいような…気のせいかもしれませんが。

その後なんとか1周チャレンジ2コースはスター3つを獲得できたものの、3周チャレンジに関してはスター3個どころかスター2個すら四苦八苦するほどの難易度で、ここにもタンブラーの性能の低さがもしかしたら影響している…?

単に私がヘタなだけというオチが待っていそうですがw


そんなわけで、今回はふがいないスコアしか出せなかったので、動画のアップロードは無しです^^;


ところでこのDLCが配信されるより少し前に本体のアップデートがあり、そこでこれに関する追加トロフィーもしれっと増えていたのですが、今回も「1989年版」と同じような条件で

 タンブラーを使ってARチャレンジのスター33個を獲得

というもの。

先ほど書いたようにタンブラーパック付属のチャレンジコースはかなりの高難易度で、「今回ばかりはトロフィー獲得はムリかもしれない…」なんて思っていたのですが、実は先に購入した「1989年版」の追加コースでもタンブラーでの走行が可能で、そこで獲得したスターもカウントしてくれるんです!

つまり、メインの21個+「1989年版」12個+「タンブラー」12個の計45個中33個を獲得すれば晴れてトロフィーゲットとなるのです。

この「DLCを買えば買うほどトロフィーの難易度が下がる」という仕様はメイントロフィーの「完全無欠(ARチャレンジで69のスターを獲得)」と同じですね。

たくさんのDLCを買ってくれた人への救済措置と勝手に受け取っていますw


というわけで、おかげさまで…


20150926222610.jpg


トロフィーゲットできました!

 ※ スナップを撮った段階で太枠で囲むものを間違えましたw

因みに一番下の「ゴッサム市警封鎖」は今後配信されるナイトウィングが主役のDLCだそうです。

まだ先の話でしょうが、配信が楽しみですね〜!



■ オリジナル アーカム バットマン スキン

価格:無料

20150924233520a.jpg

アーカムシリーズ第1作目の「アーカム・アサイラム」に登場したバットマンのスキン(ですよね?ちがう?w)

バットマン:アーカム・ナイト_20150924234819.jpg

筋肉ムキムキでいかにもな感じがイイですね〜



以上です。


現在はタンブラーで走るのが楽しいこともあって、スター獲得を夢見ながらチマチマと走っています。

来月1日の「カタチ新発見!立体ピクロス2」を買うまではたぶんチマチマ遊び続けると思いますw


 



余談ですが、先日のアップデートで?バットマンを始めあらゆるキャラクターの頭が極端に大きくなる

「ビッグヘッドモード」

がこれまたしれっと追加されているそうです。

・L2とR2を同時に押しながら右スティックを時計回りに10回回す

というのがコマンド「らしい」のですが…。

ええ、「らしい」というのは、つまり…


まだ一度も成功していませんw


メインゲームもしくはショーケースで上のコマンドを入れればいいはずなのですが、何度試しても上手くいかないんですよね…。

まぁ見た目だけが変わってゲーム性には一切影響が無いただのネタコマンドなのですが、どうせなら自分でも試してみたいなぁと。


posted by ラムネ at 00:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

スーパーロボット大戦BX その2

実は既に結構前の話になるのですが、最近ブログを更新する時間がなかなか無くて、今日ようやく記事にします。

チマチマ遊んでいたスパロボシリーズ最新作



スーパーロボット大戦BX



ですが…


1周目をクリアしました!
 

3ds_srwbx_003.jpg

↑クリア後に表示される画面


全48話でしたが、オリジナル&各アニメのクロスオーバーストーリーはなかなかな纏まり方で違和感も無く楽しめたと思います。


クリア時点での我が軍の主要ユニットについて改めて書いてみると…


・ゴーグ

参入後ほぼフル参戦してくれたおかげで、我が軍の主力として存分に力を発揮してくれました。

ゲーム中に手に入れたスキルは一部使えないもの(修理装置・補給装置)を除いて全てゴーグにつぎ込んだおかげで圧倒的な強さを発揮しました!

中盤からは苦手だった空中の敵に対しても、対空攻撃が増えてシングルユニットでも戦闘終了まで十分動けるようになったので、後半は単機で敵陣のど真ん中に放り込めば、敵が勝手に攻撃してきては沈んでいくというまさに無双状態!

おかげで最終的な撃破数はダントツの956!スーパーエースですw


・ガリアン

こちらもわりと早めの参入で、以後ほぼフル参戦だったので早い時期からフル改造を施してゴーグに次ぐ主力として大活躍しました。

途中で「重装改」に改造されることで攻撃方法もパワーアップし、更に搭乗者が1名増えて2名になるので単機で使える精神コマンドも単純に倍になるのでより使いやすいユニットになりました。


・ガオガイガー

参戦の都度無類の強さを発揮するガオガイガーですが、ゴーグやガリアンと同じMサイズユニットなのに被弾しやすい気がします。

特殊攻撃の「ディバイディングドライバー」や「ガトリングドライバー」が特定のステージでなかなか便利に使えるのがいいですね。

途中から「スターガオガイガー」になりますが、最終的に「ジェネシックガオガイガー」になるのかなと思ったらそんなことはありませんでした…「ジェネシック〜」が大好きなだけにザンネンでした…。


・ユニコーンガンダム

参戦が中盤以降と結構遅めなので活躍の場はさほどでもありませんでしたが、ユニットとしてはまずまずの強さでした。

「NT-D」を発動することで能力が向上し、終盤からは「フルアーマー」装備でも出撃できるようになって、どんどん強さが増していくのも魅力でしたね。

更にストーリーが進むと「覚醒」モードに移行できるようになるのですが、その際フルアーマー状態でもなぜかシールドビット状態にされるのは、アニメに準拠したものなのでしょうか?(最終話だけ観ていないのでわかりませんw)

やはり終盤に参戦する「バンシィ」と組ませて終盤は活躍してもらいました。


・ビルバイン

参入後速攻で使用不能になってしまったときは「なんで?」とw

以後ショウは「ダンバイン」に乗るのですが、「ビルバイン」に乗り換える日を夢見てそこからは暫く戦力としては控えめな立場にw

再参戦してからはフル改造を施して貴重な戦力となりましたが、まさか途中で色が変わるとは思いませんでしたw

ユニットサイズがSなおかげで敵の攻撃をヒョイヒョイ避けてくれるのがいいですね。



こんなところでしょうかね。


逆にほぼ使用しなかったユニットは

・ナデシコ関連全機
・ナイトガンダム関連全機
・マクロスF&マクロス30全機
・ガンダムAGE関連全機

などなど、挙げるとキリがありませんw


しかしこういった偏った運用をしていると、ストーリー分岐で贔屓ユニットが少なかったりすると途端に難易度が上がるのが厳しいですねw



さて、クリアを機に攻略Wikiを解禁しました。

一番気になっていた、「巨神ゴーグ」に登場する「マノン」と「ガーディアン・マノンタイプ」は果たして自軍ユニットとして使えるのかという点ですが、やはり使えるようです。

しかしその条件がかなり複雑で、こりゃ1周目で仲間にならなかったわけだと…。


他にも様々な「隠しキャラ」がいるようで、その条件を見ると複雑なものがほとんど…。

逆によくこの条件を見つけられるもんだなと…。ネット民の底力に改めて感服ですw



というわけで、「マノン」さん参入をメインになるべく多くの隠しキャラを使うべく、現在2周目に着手しています。


ストーリー的には分岐は最大2つなので、2周で全てのストーリーを確認できることになりますが、実は最終回の分岐条件が凶悪でして、なんと…


全ての隠しキャラを獲得して最終回に突入する


ことらしいのです…。

 ※分岐の関係上どうしてもムリなものは除くと思いますが。


そんなわけで毎回wikiをチェックしつつ、既に遊び終わった回はストーリー部分を丸ごとすっ飛ばし、戦闘アニメも完全OFFにして進めていますが…。


さすがに飽きてきましたw


そもそもゲームに当てる時間が少ないというのもありますが、その進捗状況は芳しくありません。

最近はもうマノンさんさえ仲間にできれば、最終回の分岐とか別にどうでもいいかな…なんて思うまでにw


ま、まぁ次に買う予定のソフトが10月1日まで無いので、それまでは時間の許す限りゆる〜く遊んでいくつもりですが、もしかしたらマノンさんさえも放置してしまう恐れも…^^;






PS:

上で書いた10月1日購入予定のソフトとは、かつてDSで発売された「立体ピクロス」の続編


カタチ新発見!立体ピクロス2


です。

「ピクロス」は2次元のイラストロジックパズルですが、これは立体ですから3次元でのパズルとなります。

前作と違って今作は青とオレンジの2色に塗り分ける必要があり、更にゲーム性は上がっていますね。


先日体験版が配信されたので早速DLして試してみたのですが、想像以上に高めの難易度と、2色の塗り分けが思いの他楽しくて、一気に製品に対する期待値が上がりました。

気になる方はDLして是非試してみてください。





posted by ラムネ at 15:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

「SCEJA Press Conference 2015」が開催されました

日付が変わったので昨日の話になりますが、SCEJA主催による


SCEJA Press Conference 2015


が開催されました。


TGSに先駆けてPS系ハードに関する様々な発表がなされたようですが、私はリアルタイムでは視聴できなかったので、後追いで情報サイトからその中身をチェックしていました。

そんな中で、私の琴線に触れたものをいくつかピックアップします。



■ 2015年10月1日よりPS4本体を34,980円(税抜)に値下げ

やはり一番のビッグニュースはコレですかね!

2014年2月22日の発売より一貫して据え置きだった価格が、およそ1年半後の10月1日にとうとう5,000円値引きされます!

私自身にとっては既に所持しているハードということで直接的な恩恵はありませんが、値引きによってより多くの方が入手しやすくなり、ハードが普及することでますますソフトがPS4へ集まってくるでしょうから、そういう意味では既存ユーザーにもプラスになることでしょう。

一方で、これによって国内のXbox One市場がますます…^^;



■ 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(Uncharted 4)』が海外と同時発売

「ノーティードック」社開発の期待の新作「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」の発売日が海外と同じ2016年3月18日に決まりました!!

海外メーカー製ソフトは国内向けローカライズ作業の兼ね合いからどうしても海外より発売が遅れる風潮がありましたが、まさかの同時発売ですよ!

例えば「バットマン:アーカム・ナイト」は海外から一ヶ月弱遅れての発売で、先に遊んでいる海外ユーザーのことを指をくわえて見ているだけでしたが、「アンチャ4」はその悔しさがありません!

予約が始まったら速攻で抑えますよ!!


余談ですが、来月に発売が予定されている「アンチャーテッド」シリーズの過去作1〜3をリマスターして収録した「アンチャーテッド コレクション」、既に予約済みです。

PS3でしか遊べないこれら3作のために一時は本気で「PS3買おうかしら…」なんて考えたりもしましたが、PS4で、しかもリマスターされた美麗&60FPSのグラフィックで遊べるなんて…!

「4」はもちろん、「コレクション」も今からとっても楽しみです!!



以上、かな?w



発表された新情報は他にもたくさんありましたが、上記2つ以外はあえて挙げるほどでもないかなとw


まぁしいて言えば「バイオハザード アンブレラコア」は対戦に特化したSTGらしいので、即却下かな?ということくらいでしょうかw



ともあれ、今後より一層「プレイステーション4」の飛躍が期待できる発表でしたね!!


改めて…


買ってよかったPS4!!!^^



 

posted by ラムネ at 00:43| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

iPhone 6s/6s Plus が正式発表されました

昨日(日本時間10日2:00〜)アップル社の発表会があり、予てからの噂通り



iPhone 6s/6s Plus



が正式に発表されました。


例年通り前年9月に発売された「6」のマイナーチェンジで、その内容もほぼ事前のリーク通り。


主な変更点は

・「3D Touch」ディスプレイ搭載
・新色「ローズゴールド」登場
・カメラが1200万画素など、ハードウェアの向上

といったところです。


12日に予約受付が開始され、25日から販売が始まるようですが、さてどうしようかな…?


現在使っている「5s」は2年前の発売日に並んで購入し、先月分割での支払いも終わっていわゆる「2年縛り」から解消された状態なのですが、現状機能等に関しては特に不満はありません。


ただ一点「電池の持ち」を除いては…。


最近はどうにも蓄電能力が不安定のようで、ついさっきまで残り20%で”もう少し使えるかな”と思っていたらその後突然残量不足?で強制終了することがしばしば…。

 ※残り10%を切っても使い続けられることもあるのですがね。

外出するときはモバイルバッテリーを持ち歩くのが習慣になっていますが、慌てて充電を始めると「残り28%」から始まったりとよくわかりませんw


そんなわけで、電池にやや不安はあるものの、すぐにでも買い換えたい!というわけではないので、今のところ様子見するつもりですが、今後いよいよ買い替えを余儀なくされる日が来た場合、「6s」と「6s Plus」の2つの選択肢がありますが…


迷わず「6s」を選びますね。


正直今使っている「5s」が大きさ的にはベストで、コレよりも一回り大きい「6s」でもちょっと大きすぎると思うのに、ましてや「6s Plus」なんて…。

とある携帯ショップの店頭で「6 Plus」の試用品を見ましたが、あんなの”電話”の大きさじゃないですよw

 ※あくまで個人の見解です


最近のスマホは画面の大型化が進んでいて、アップル的にもそれに乗った形でのラインナップなのでしょうが、どうせなら「5s」サイズの商品もそのまま出し続けてほしかったなぁと。

 ※「5s」と同サイズの「6c」が出るなんて噂がありましたが、結局実現しませんでしたね。



とまぁ色々考えて、このまま電池との戦いを続けながら1年待って「7」を買うという選択肢もあるかなぁ?なんて発想もフと頭をよぎりましたが…

さすがにそこまではムリかなw


posted by ラムネ at 21:56| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

バットマン:アーカム・ナイト その8

先日配信されたDLCのおかげで3DSソフト「スーパーロボット大戦BX」のプレイの合間ですがチマチマと「没頭マン」に変身している



バットマン:アーカム・ナイト



ですが、一通り遊んだのでご報告がてら記事を起こしました。


■ 犯罪取締人チャレンジパック#1


● ニュートンのゆりかご (ナイトウィング)



2分30秒という制限時間の中でいかに数多くの敵を倒すかが問われるステージ。

「周辺機器テイクダウン」などを効率的に使いつつ戦っていきますが、やはり苦手なのは電撃バトンを持つチンピラですね…。

正面から攻撃するとダメージを食らうので、リダイレクト(×・×)で背後に回って攻撃するのがセオリーですが、バットマンでも可能なバットクロー・スラム(L2+△・□)であれば即ダウンさせられるので、狙っているつもりなのですが他の敵に発生しちゃったり…^^;

あと多用している電撃攻撃?(○+×)は多数の敵に一度にダメージを与えられて爽快なのですが、果たしてゲージを消費してまで使うメリットが本当にあるのか、正直よくわかりませんw

動画の点数が今のところ最高で、その後も何度か繰り返しトライしていますがなかなか超えられませんねぇ。


● キャットの難問 (キャットウーマン)



本編のリドラー戦でたびたび私を悩ましてくれた、赤と青の二色のロボットを相手にするステージ。

本編ではバットマンとの共闘だったので、赤はキャットウーマン・青はバットマンと分業ができたのですが、このチャレンジではキャットウーマン単身での戦闘なのがツラいです。

赤いロボットしか倒せないので青いロボットの攻撃は回避するしかなく、周辺の球を攻撃すれば(触れれば?)ロボットの色が逆転するので、これを上手く使いながら効率よく倒していかなければなりません。

〔○+×〕で出せるブレイクダンス?が色に関係なく敵にダメージを与えられるので、青い敵に囲まれたときなどに有効だと思います。

何度かチャレンジして星3つを達成できたのがこの動画なのですが、正直なところスコアアップを頑張ろうとはちょっと思えなかったり…ぶっちゃけ面倒なのでw


● ティーン・タイタン (ロビン)



ロビン単身で無数に湧く敵相手に体力の続く限り戦えるステージ。

私が今回のパックの中で最も苦労したのがコレなのですが、上手い人なら半永久的に遊べたりするんでしょうかね?w

早い段階から忍者や盾持ち・衛生兵やアーマーを装備したブルートなど怒涛の攻撃が繰り広げられ、挙句銃を持った敵までが登場して事態はまさに修羅場!

動画の後半は星3のクリアに安心したのでしょう、緊張感がなくなってみるみるダメージを食らっていく様が我ながら情けない…w

〔○+×〕で敵を掴んで投げたり、〔△+□〕で棒を回して複数の敵を叩けたりするのですが、ダメージ&攻撃範囲はさほどでもなく、わざわざゲージを消費してまで使うにはやや物足りないかなとw

しかし先のナイトウィングもそうですが、どちらも武器を標準装備にもかかわらず素手のバットマンと同じか、ともすればそれよりも低い打撃感が非情に勿体無いというか…。

いっそのことバットマンの5割増しくらいにして、無双…とまではいかないまでも複数の敵をガンガン倒せるようなハイスペックキャラでもよかったのではないかな?と。


● デコンストラクション (バットマン)



2つ配信されたプレデター戦のうちの1つ。

ムダに時間がかかっていて正直ほとんど参考にならないと思いますが、チャレンジして自分なりの星獲得の攻略を簡単に。


・敵がセントリーガンを配置するのを阻止する

きちんと数えていないのでおそらく…ですが、ステージ上に配置してあるセントリーガンは全部で5つ。

予め「かく乱器」で設置しようとしても爆発するようにしておけば安心です。とはいえかく乱器の最大使用数は4回なので、1回分の使用が回復する前に使われると…そこはさすがに運が悪かったということでリトライw


・天井格子テイクダウンで1人の敵をしたから倒す

開始直後にいる場所から一番奥にいけば、どうぞ下からテイクダウンしてくださいと言わんばかりに敵が1人格子の上に立っているので、他の敵に見つからないように(動画では見つかってますがw)真下に移動してテイクダンすればOK。


・工業用電磁石を使い3人の敵を武装解除する

リモートエレクトリカルチャージで発動できる電磁石のそばに3人の敵をおびき寄せる必要がありますが、私の場合はまずその近くで1人を倒し、そこに群がってきた敵にまとめて使います。

動画では2人が倒された敵を救いに来たところにボイス・シンセサイザーで1人を呼びましたが、後々考えて「衛生兵が倒れた1人を起こした段階で使ってもよかったかな」と。



残り2つのステージについてもそれぞれ星3つを獲得済みですが、内容があまり面白くないので動画は保存していませんw



というわけでとりあえず「犯罪取締人チャレンジパック#1」に関しては全て星3つを獲得できました。

その後もいくつかは再チャレンジしていますが、なかなか記録は伸びませんねぇ〜

 ※プレデターに関しては時間短縮という記録更新が個人的にあまり興味無いのでその後は遊んでいませんw



一方で既存のチャレンジについて獲得できていない星6つが相変わらず未取得なのですが、う〜む…いけないことですが自分の中で諦めムードがプンプンと…w


「犯罪取締人チャレンジパック#2」!早く来てくれ〜!!






PS:

海外では結構前に配信済みだったPS4のDL専用ソフト

ウルトラストリートファイター4

が先日4日にようやく国内でも配信が始まりました。

国内メーカーのソフトなのにここまで自国配信が遅延したのは一体…?とはいえ国内のコンシューマー事情を考えたら仕方ないのかも…。

「Live from Playstation」でも国内プレイヤーの配信がチラホラ始まり、それらを見ているうちに過去に一時期でもハマった自分としては久しぶりに格闘熱がフツフツと…。

税込み2,990円とそれほど高いものではないので買ってもいいのですが、一番の問題はやはり「アーケードスティック」ですね…。

私が所持している唯一のアケステ「RAP EX-SA」はXbox360用のものなので当然使えません。これがPS3用であれば使えるらしいのですが…。

かといって標準のパッドで遊ぶのも気持ちが乗りませんし、将来もしかしたら?「スト5」を遊ぶかもしれないということで先行で用意するのもアリかも?なんて思いながら調べてみて…。

相変わらず高いっすね…アケステって…。

個人的には正直「RAP」レベルのスティックは身に余るというか、どれだけ道具が良くても結局はプレイヤー次第なんだな、自分には1万弱の廉価版で十分だなということが「スパ4」で重々わかったので、そういった安い製品があればいいのですが、今はそういうの出ていないんでしょうか…?

マッドキャッツの「TE」シリーズも一時期憧れたりもしましたが、今はとにかく安くてそれなりに使えればそれで十分ってところです。

あとできれば底面に滑り止めが付いたヤツがいいですね…って廉価版にそこまで求めるのは酷かw まぁそこは百円ショプのすべり防止マットでも買えば済む話ですが。

因みに中古は断固拒否です。例え道具に拘らないといっても、ハード系の中古には手を出さないというのが死んだばあちゃんの遺言…はウソですがw、私のポリシーなので。

posted by ラムネ at 23:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

バットマン:アーカム・ナイト その7

3DSソフト「スーパーロボット大戦BX」を買ったおかげで「没頭マン」への変身頻度が下がっている



バットマン:アーカム・ナイト



ですが、本日新たなDLCが配信され、久しぶりにがっつりとプレイしております!


…と、その前に、今日の1枚!

バットマン:アーカム・ナイト_20150902200001.jpg

ヘリにつかまってラクチン移動するバットマンw

因みにバットマンのスキンは「ビギンズ版バットマン」です。このSSじゃちょっとわかりませんよねw



では本題。

新たに追加されたDLCは全部で3つ。

そのうち2つは実は公式サイトでは「9月1日」に配信されると明記されていたので、つまり1日遅れての配信となります。

その公式サイトですが、今年の5月を最後に一切更新されないというなんともやる気の無い姿勢にやや辟易気味です…。


■ レッドフード ストーリー・パック

価格:432円(税込み)

20150902160547a.jpg

以前からトロフィー一覧に追加されており、「ツタヤ」で購入したプレイヤーに対し特典として先行配信されていたものがようやく一般プレイヤー向けにも配信されました。

本作では「アーカム・ナイト」を名乗り、バットマンへの復讐心から軍隊を率いた元ロビンこと「レッドフード」をプレイアブルキャラとして遊べるDLCです。

バットマン:アーカム・ナイト_20150902194125.jpg

メニューの「アーカム・ストーリー」から選んで遊ぶことができますが、なぜかまだ未プレイにもかかわらず進捗度は「100%」になっていました。

これは明らかにバグですねw


内容は、ブラックマスクの陰謀を阻止すべくアジトへ侵入し、コンバット→プレデター→コンバットの順で展開します。

「家族の問題」のように自由に動けるフィールドはなく、クリア時点で次のステージに移っていきます。


レッドフードはバットマンのように不殺がモットーというわけではないので、二丁拳銃で敵をバンバン撃っていきますが、ラスボスのブラックマスクが銃以外ほぼダメージが通らず、また耐久力が異常に高くて弾をガンガン受けているのにダメージが微量なことになんとも納得がいきませんでした…。

ブラックマスクって仮面を被っていること以外は普通の人とスペックは変わらないはずなのに、さすがに超人すぎるでしょうよとw


プレイ時間は20分くらいでしょうか…正直終わったときは「もう終わり?」と言う感じでちょっと拍子抜けでしたねぇ。

無料の「家族の問題」のほうがよっぽど力が入っていたと思います。

これで432円は…う〜ん、微妙です。


ともあれクリアしたことでトロフィーを獲得できましたし…

バットマン:アーカム・ナイト_20150902163544.jpg


これによって…


ps4_batman_an_006.png


トロフィー完全獲得!!!


今後新たなトロフィーが追加されればまた100%ではなくなってしまいますが、それまで余韻を楽しむことにしましょうw



■ プロトタイプ バットモービル

価格:324円(税込み)

20150902160555a.jpg

「ゲオ」にて購入したプレイヤーに先行ダウンロードが許されていた「バットモービル」のプロトタイプ版スキンです。

バットマン:アーカム・ナイト_20150902194108.jpg

シルバーのボディーに、採用機には無い独特のディテールが結構カッコイイ!

ただ、以前記事にした「バットモービルパック(1989年版)」と違ってオリジナルコースが付いてくるわけでもなく本当に単なるスキンなので、あしからずw



■ 犯罪取締人チャレンジパック#1

価格:216円(税込み)

20150902160602a.jpg

4つのコンバット・2つのプレデターの計6つの拡張現実チャレンジがセットになったパック。

「#1」ということは今後少なくとも「#2」は配信されるんでしょうねw


● コンバット

・ゴッサム市警への襲撃 (バットマン&ロビン)
・ニュートンのゆりかご (ナイトウィング)
・キャットの難問 (キャットウーマン)
・ティーン・タイタン (ロビン)

● プレデター

・ファイナンシャル・クラッシュ (バットマン)
・デコンストラクション (バットマン)


以前購入した「バットファミリースキンパック」がここにきてようやく日の目をみましたw


現在プレイ済みなのはコンバットの4つなのですが、後日配信分だけあってどれもなかなかの歯ごたえです。

なんとか最初の3つは繰り返しプレイすることで星3つを獲得できましたが、最後の「ティーン・タイタン」だけはあまりの難しさに星2止まりの状態…。

プレイ開始後早い段階で忍者や盾持ち、電撃バトンや衛生兵、はては盾やソードを持ったブルートが複数同時に登場となんともいかつい難易度なんですよ!

今日はもう疲れましたが、今後もトライし続けてなんとか星3つをゲットしたいところです。


因みに意外にもこのパックによるトロフィー追加はありませんでした。

ちょっと残念に思った私は、もしかしてトロフィー中毒にかかりつつある?w



というわけで、まだまだ私の「没頭マン」生活は続きそうですね〜。

 



PS:

本日発売された

メタルギアソリッド5 ファントムペイン

ですが、さすが人気シリーズの最新作だけあって数多くのプレイヤーが遊んでおり、「Live from Playstation」では一時期2000人を超える配信者で溢れておりました。

以前私も気になるソフトの中で挙げていたのですが、現状「スパロボBX」を中心に2作品を平行で遊んでおり、さすがにそこに入る余地は無いなと早い段階で購入を見送りました。

とはいえ、ここまで流行っているからにはいつかは遊んでみたいな、と。

これだけたくさん売れれば中古にも大量に出回って、結果安く遊べるでしょうからね…w






PS2:

先週発売され、こちらも気になるソフトとしてチェックしていた

Until Dawn(アンティル ドーン) -惨劇の山荘-

ですが、なにやら評価はイマイチのようで…

その最大の原因は「規制のされ方」にある模様。

チラッとプレイヤーレビューを読んでみたところ

「キャラクターが殺されるシーンで急に暗転状態になり、一体何が起こったのか、果ては一体誰が犠牲になったのかすらわからないことも…」

というものがありました。

他の感想も概ねこのような感じで、つまり修正のおかげでゲームの最大のウリであるはずのホラー要素が台無しになり、ひいてはゲームのストーリー展開にも悪影響を与えている、といったところでしょうか。

ホラー要素は苦手な私ですが、さすがに展開がわからなくなるような修正までされるのは問題ですねぇ…。

こちらも「スパロボBX」を受け取って間もない発売ということで早期にスルーを決めたのですが、正解だったようです。





posted by ラムネ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする