2015年08月31日

ジュラシック・ワールド

昨日、予てから気になっていた映画


ジュラシック・ワールド


を鑑賞してきました。


会員登録している映画館から携帯に「1000円で鑑賞できます」クーポンがメールで届いていたので、上手く時間が空いたし「よし観に行くか!」と。


観終わっての率直な感想は…


めちゃくちゃ面白かったです!!!


今夏鑑賞した映画の中ではナンバー1でしたね!

2時間ほどの鑑賞時間の間まさにスクリーンに釘付けでした!

詳細は伏せますが、笑いあり・涙あり・恐竜たちの迫力のバトルありと、単純明快なストーリーのせいもあって難しいことをあれこれ考える必要が無く、どっぷりとその世界観に浸ることができましたよ!!


まぁ正直な話エンディングは色々収集がついてない状態で終わった点がちょっと気になりましたがw

 ※大量に放たれた翼竜は?とか、大問題を起こしたパークのその後は?とか…w

その辺りはもしかしたら続編で語られる…?


ともあれ、突っ込み所は色々とありつつも、娯楽大作としてはこの上ない仕上がりだと思います。

ただ、小さいお子様には少々刺激の強いシーンが点在するのでその点はお気をつけて。


もし時間ができたらまた大スクリーンで2回目を観たいですね〜!!

「アベンジャーズ2」や「ミッションインポッシブル」の鑑賞後は正直「もういいかな」って感じでしたが、この映画はまさに別格でした。


超オススメです!!



PS:

昨日の21時から

スタンド・バイー・ミー ドラえもん

の地上波初放送があり、「ジュラシック・ワールド」の興奮冷めやらぬ中リアルタイムで見ました。


ヒット映画ということで多少の期待を持ちつつの鑑賞でしたが、正直この映画「ズルい」ですw

そりゃドラえもんの数あるエピソードの中であれだけ泣けるストーリーを詰め込んだら涙腺も緩みますよw


他には、どうにも腑に落ちないシーンもチラホラ…

・算数のテストだと思って必至に勉強したら実は国語で、ショックでしずかちゃんを完全に退けようとするのび太…展開にムリがありすぎるw

・現代はどう見ても昭和なのに14年後の未来があまりに進化しすぎてて…ってこれは原作もだったかな?w

・雪山でしずかちゃんを救う話は後半オリジナルの展開でしたが、未来の自分に記憶を飛ばしたら、その時点でしずかちゃんからプロポーズOKの返事を貰ったことも伝わるはずでは?

・未来で独身最後の男だけのパーティーで、のび太以外のキャラが全く声変わりしていない


などなど…

まぁ短い尺の中に色々詰め込みすぎなのが一番の問題点かな?って感じですけどもね。


一方で予告などで最初に感じた3Dモデリングの違和感は見続けるうちに気にならなくなりました。

ただ、顔とかは結構単純なモデリングなのに、手首のしわとかがやけにリアルなのが、アップになったときなどにちょっと引っかかったかな?


なんにせよ、大ヒットした理由は分からないまでもそこそこ楽しめたかな?


posted by ラムネ at 00:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

バットマン:アーカム・ナイト その6

発売からおよそ一ヵ月半が経ちましたが、相変わらず「没頭マン」でチマチマ遊んでいる


バットマン:アーカム・ナイト


先日19日に新たなDLCとして2つ追加されました。

私も遅ればせながら2日ほど前に両方を購入し、遊んでおります。


■ バットモービルパック(1989年版)

価格:324円(税込み)

20150824102601a.jpg

1989年に公開された映画「バットマン」、通称「バートンバットマン」に登場した「バットマン」のスキン及び懐かしの「バットモービル」、更に映画をフューチャーした新規コース2つをセットにしたパック。

先日旧4作品を一気に鑑賞しましたが、おかげでよりこのコンテンツを楽しむことができますね。


● 1989年映画版 バットマン スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103641.jpg

バートンバットマンといえばタイツ系のイメージが強いのですが、このスキンは後期2作品に出てきたものに近い感じです。

ただ、映画版だと胸に乳首のような?ポッチのモールドがあったと記憶しているのですが、このスキンにはそれが無い…?

いや無いほうがカッコイイのでノープロブレムなのですがねw


一方、追加された2コースはいずれも映画をモチーフにしたオブジェやギミックが満載で、映画を鑑賞した人なら思わずニヤリとしてしまいます。


● コブルポットのコーズウェー

ペンギンことコブルポットをイメージしたコースで、雪原や石道を駆け抜けるコースです。

映画のバットモービルで走られるだけでも歓喜なのに、更にBGMも劇中で使われていたものが流れて走行中終始ワクワクできますね〜。

1周で終わるものと3周する2種類のモードが用意されているのですが、どちらも絶妙なタイム設定で、最高の★3つを獲得するまでにどちらもかなりやり直しました。


● ジョーカー・パレード

宿敵ジョーカーが考案したような、いやらしい仕掛けが満載のコース。

こちらも1周と3周の2種類がありますが、★3つ獲得は「コブルポットのコーズウェー」に輪をかけて難しい…。

特に3周のほうは4分近い時間常に緊張の連続なので精神的にも厳しいものがありました。★3つ獲得までに軽く2時間はかかったでしょうか…。

そんな苦労の末クリアした動画を保存したものが↓コチラ。



規定タイムに2秒も余裕が無いというまさにギリギリの走りw

途中ちょいちょいミスっているので頑張ればもうちょっと速く走れそうですが、正直リトライする気力はいまのところありませんw

なおトップランカーは3分30秒台で走破しています…どうやったらそんなに速く走れるの!?


ところでこのDLC配信に先駆けてトロフィーが追加済みだったのですが、その内容が

1989年 映画版バットモービルを使いARチャレンジで33のスターを獲得する(シルバー)

というもの。

追加コース2つにそれぞれ1周と3周のモードがあるので 2×2×3=12 なのですが、残り21個はというと、なんと既にオリジナルのバットモービルでクリアしたコース7つについて映画版バットモービルでもクリアする必要があるのです!

いずれもオリジナルでは全て★3つを獲得済みですが、トロフィー獲得を目指すためにはまたあの面倒なレースをこなさなきゃならないなんて…^^;

特に街中を走っている軍用車を一定数破壊する2つがかなり面倒だった記憶があるので、今からちょっとうんざりしていますw



■ バットファミリースキンパック

価格:324円(税込み)

20150824102609a.jpg

様々な時代や設定のバットマン・ロビン・キャットウーマン・ナイトウィングの各スキン合計6つがセットになったパック。

見た目がガラリと変わるものが多く、とっかえひっかえして楽しむには最適なDLCなのですが、個人的には既に2周目の真エンドまでクリア済みなので正直現状だとさほどありがたみが無いというのが本音です。

将来新たなデータで一から遊ぶことがあれば、大活躍することでしょう。


● 1970年代版バットマン スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103647.jpg

現在のスキンの中ではもっとも古い?バットマンスキン。

当時は青色だったのが意外です。


● アーカム・ビギンズ版バットマン スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103703.jpg

「バットマン:アーカム・ビギンズ」に登場したバットマンのスキン。

同じ「アーカム」を冠しながら開発会社が違うので、アーカム・ナイト的には殆ど黒歴史扱い?な「ビギンズ」のバットマンがまさかの採用でちょっと驚きです。


● 象徴的なグレー&ブラックのスキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103711.jpg

説明のまんまなバットスキンw

古参のバットマンファンなら「これぞバットマン!」と思うのではないでしょうか。


● ONE YEAR LATER版ロビン スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103749.jpg

「ONE YEAR LATER」というのがどんなものなのかはわかりませんが、「アーカム・ナイト」では坊主頭が印象的なだけに髪がフサフサだと逆に違和感がありますねw


● 1990年代版キャットウーマン スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103758.jpg

キャットウーマンも昔は青い(青紫?)タイツ姿で活躍してたんですね。


● オリジナルアーカム版スキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103807.jpg

オリジナルアーカム版?「アーカム・アサイラム」のことかな?

パッと見の見た目は「アーカム・ナイト」の彼とさほど変わらないという印象です。



以上2つのDLCについて紹介しました。

今後はクリストファー・ノーラン監督の映画新3部作に登場した「タンブラー」に乗れるコンテンツも予定されているようで、配信が今から楽しみですね〜!!



※ オマケ

● 惑星ズー・エン・アー版のスキン

バットマン:アーカム・ナイト_20150824103740.jpg

以前の記事で条件を満たしているはずなのに使えないと嘆いていたスキンなのですが、ようやく使用可能となりました!

どうやら「WBplay」への接続にPS4に備わっているブラウザを使わなければいけなかったようで、ずっとPCのブラウザ(IE)を使っていた私としては「そりゃムリなはずだわ」とw

しっかしこのコスチュームの奇抜さといったら…赤&黒に加えて全身にツギハギだらけですよ…。

改めて、バットマンってたくさんの種類があるんだなぁ〜と思い知らされましたw



 
posted by ラムネ at 22:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

スーパーロボット大戦BX

今月20日に発売になった、「スパロボ」シリーズ最新作の3DS専用ソフト


スーパーロボット大戦BX



ですが、実生活が色々とゴタゴタしていたおかげで受け取ったのは26日。

その日から遊び始めて以後チマチマとプレイし続けています。


3ds_srwbx_001.jpg

↑パッケージ。


「スパロボ」シリーズは2012年4月に出たPSPの「第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇」以来なのでおよそ3年4ヶ月ぶり。

結構久しぶりなのでプレイし始めはちょっとだけ戸惑いもありましたが、そのうちすぐにカンを取り戻し、そこからはサクサクと進められています。

結局は「いつものスパロボ」という感じで、目新しさはないにしろ、安心して遊べますね。


現在12話くらいまで進めましたが、本命の「ゴーグ」が登場するまでやきもきしました。

1話冒頭で主人公の友人として「悠宇」が出てきたので、これはもしかして早期に登場するのか?と思いきや、オウストラル島へ向かった以後暫く音沙汰が無く、初遭遇したのは11話。

そこまでは最低限の改造に留め、ゴーグをゲットした瞬間に速攻で全パラメータに対しMAXの5段階改造を施し、更に貯めておいたありったけのスキルアイテムを全てつぎ込みました。


そんなわけで我が舞台のエース機となった「ゴーグ」ですが、弱点としてはシングルのままだと「空を飛ぶ敵に対応しきれない」という点。

素のままだと空対応の武器が「岩石投げ」しか無く、しかも8発しか撃てないので、それが枯渇すると空を飛ぶ敵には一切攻撃ができないハメになってしまうのです。

そこで、「ユニット編成」によりパートナーとして「地形対応:空A」を持つ、例えば「ガンダムUC」の「デルタプラス」などと組ませることで弱点を補完でき、空を飛べないゴーグが飛べるようになることで飛行タイプの敵にも対応できるようにします。

反面、シングルユニットのときにしか発動できない「全体攻撃」などが繰り出せないのがもどかしいところですが、この辺りはむしろ良くできたシステムだなと思いますね。


因みに「ゴーグ」以外に贔屓にしているユニットは、今のところ

・ガオガイガー
・主人公機

ですが、将来的には仲間になるであろう「ガリアン」のために、やはり改造はほどほどにして資金を温存しています。

早く参入しないかなぁ〜



PS:

PS4ソフト「バットマン:アーカム・ナイト」の追加コンテンツも先週新たな配信があり、それらもDLして遊んでいるのですが、「スパロボBX」との平行プレイなのでなかなか進みません。

更に今後も実生活のゴタゴタは続きそうなので、遊びべるわずかな時間を有効に使っていかないと…。


 

posted by ラムネ at 22:59| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 3DS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

バットマン:アーカム・ナイト その5

「没頭マン」に変身し続けて早一ヶ月が経ちますが、相変わらずチマチマと


バットマン:アーカム・ナイト


を遊び続けています。



突然ですが、こちらの画像をどうぞ!

バットマン:アーカム・ナイト_20150814013617.jpg

↑DLCの「ザ・フューチャー版バットマンスキン」で空を飛ぶ姿をフォトモードで加工してみました。


では、現在までのプレイ状況を報告!

バットマン:アーカム・ナイト_20150817162935a.jpg

↑メインメニューの一部を抜粋。



■ 続きから+


「続きから」(通常モード)に引き続き、「続きから+」でも…

100%クリア達成しました!

相変わらずコンバット系で苦労しましたが、とりわけ大変だったのは前回の記事でも書いたとおり「アズラエル」ミッションでした。

中でも特に苦労したのはラストに待ち受ける忍者系の敵ばかりとの対峙。

相手の刀攻撃がカウンターできるのかはたまたドッジで避けないといけないかの判別が困難なので、危ないときは回避しつつ基本ドッジで避ける方向で進めますが、一度でもダメージを受けると最初からやり直しなので、成功するまで何度繰り返したか覚えていませんw


他に苦労したのは「リドラー」との最終決戦ですかね。

バットマン&キャットウーマンのデュアルプレイで、そこに赤と青のロボットが入り乱れての乱戦なのですが、三回戦が終わるまでセーブできないので、いかにダメージを食らわずに戦い続けるかが重要になります。

ここも結構やり直しましたねぇ。



■ 拡張現実チャレンジ

「プレデター」でひとつ取れていなかったスターをゲットし、計72個となりました。

残った6個は全てバットモービルを使った戦車戦かレース系…つまり、私が苦手なものばかりということにw

頑張ってトライはしているのですが、なんせ難しいものばかりが残ったのでそう易々とはクリアさせてもらえません。

う〜む…こりゃ完全制覇は夢のまた夢かな…^^;



■ オマケ


拡張現実チャレンジの「アズラエルの償い」において、これまた私的にですがなかなかの高得点が出せたのでYouTubeにアップ!



色んな技を出してバリエーションボーナスを稼ごうと思ったのも最初だけで、途中からはコンボを途切れさせないことにとにかく必死ですw

動画にはありませんが、ランキング1位は実に300万ptを超えており、15万ごときで喜んでいる私からすれば神ですよ神!

そういったトップランカーの動画が無いかと様々な動画サイトを漁っているのですが、同じアーカムシリーズの過去作ではいくつか見つかるのですが、「アーカムナイト」のものはありませんねぇ…。

私の探し方が悪いだけかもしれませんが、あれば是非見てみたいものです。


 


PS:

今週20日発売の

「スーパーロボット大戦BX」

ですが、買うことは確定しているものの、ちょっと忙しくなるので遊び始められるのはちょっと遅くなるかもしれません。

posted by ラムネ at 00:09| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

今月7日に封切られた「ミッション:インポッシブル」シリーズ通算5作目となる


ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション


を昨日観に行ってきました。


正直実際観にいけるかどうかは瀬戸際まで微妙で、なんとか時間が取れそうだと確認できたのはお昼過ぎ。

15時からの分を狙っていたのですが、その頃には既にほぼ満席で、仕方なく18時開始の回をネット予約。

因みに「6回観たら1回タダ」で観てきたので鑑賞料は無料ですw


主演の「トム・クルーズ」は今年で53歳!

にもかかわらず、ここまでのアクションをそれこそ体当たりで演じられるってほんとスゴいですね!

肉体も年齢を全く感じさせない素晴らしいもので、同性ながら惚れ惚れしますw


「MI」シリーズも5作目を数えますが、相変わらず息もつかせぬアクションの連続で、片時もスクリーンから目を離せません。

予告で見せられた、飛行機の側面にある扉に必死にしがみつくイーサンの迫力の映像がまさか序盤のワンシーンだったとは!


そこから本題に入るのですが、正直これまでのシリーズに比べて若干「地味」だったかな?

「IM」と言えば数々のハイテク機器を用いた様々なミッションが見せ場のひとつだと思うのですが、今作では序盤早々にイーサンが孤立してしまい、国際指名手配までされてしまうことで「IMF」の支援が受けられないためか、特に目新しい装置は登場しません。

地下の巨大水槽内に潜入するミッションで使ったのは、単に体内の酸素量がわかるグローブでしたw

しいて言えば、仲間のベンジーがウィーンの劇場で使った、オペラのパンフレッドを模したPCくらいですかね。

ウィーンといえば、ベンジーを呼び出したアジトがなかなかの設備を誇っていましたが、6ヶ月も逃亡状態だったイーサンはあの施設をどういう経緯で準備できたのかな?なんてw


あとちょっと気になったのは、敵組織である「シンジケート」のボス「レーン」の極悪非道なようで詰めが甘い部分が多々見受けられるところでしょうかw

部下である「イルサ」はどう考えても裏切り者なのに、怪しい動きをしても結局は許しちゃうのはもしかして彼女の美貌を単にお気に入りだったから?^^;


ラストはイーサンが序盤で仕掛けられた罠に、逆にレーンをハメるという憎い演出で終わりました。


というわけで、従来シリーズに比べて派手さは若干劣りますが、娯楽作品としては十分及第点で楽しめると思います。

posted by ラムネ at 00:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

バットマン:アーカム・ナイト その4

相変わらず一度遊び始めたら「没頭マン」になって時間を忘れてしまう


バットマン:アーカム・ナイト


ですが、先日11日にはじめての有料DLCが2つ配信されました。

内容はどちらもバットマン用のスキンとなっております。

安かったので速攻まとめてポチりました。


■ バットマン:ザ・フューチャー版

価格:108円(税込み)

バットマン:アーカム・ナイト_20150811145605.jpg

胸の赤いバットマークが印象的な、近未来を彷彿させるコスチューム。

アニメからインスピレーションを受けたデザインだということですが、本作の宿敵「アーカムナイト」にどことなく似ているような気がします。

口元が隠れたコスチュームは大変珍しいですが、動かしてみるとうっすら透けて中の口が確認できました。

空を滑空するときに翼を展開するのですが、小さめでちょっとカワイイですw


■ バットマン:ダークナイト・リターンズ版

価格:108円(税込み)

バットマン:アーカム・ナイト_20150811145637.jpg

コミック「ダークナイト・リターンズ」版のバットマンだそうです。

昔ながらのタイツ系でいわばバットマンコスチュームの王道的なデザインですね。

ただ、胸のバットマークに全くやる気が感じられないのが…w



「ザ・フューチャー版」に関しては「Live From PlayStation」の某外人さんが流していた生放送で先に確認しており、国内ではいつ配信されるんだろうなぁ〜と思っていたのですが、意外に早かったですね。

現在地道に進めている「続きから+」で、とっかえひっかえして使いながら楽しんでいます。


その「続きから+」の進捗ですが、写真を撮り忘れたので文章で申し上げると、現在「88%」です。

依然としてコンバットがツライ…特に「アズラエル」の一度食らったらやり直しのミッションに関しては本当にツラい…。

まだ2つ残っているのですが、後半のものについて果たして本当にクリアできるのかどうか…。



そうそう、スキンの話に戻りますが、今回の有料DLC以外に「WBPlay」という販売元のワーナーブラザーズが運営するコミュニティーサイトに登録することで得られるコスチュームが2つあります。

・アニメ版バットマンのスキン
・惑星ズー・エン・アー版スキン

の2つなのですが、「アニメ版バットマン」は登録するだけで使用可能となり、こちらは問題なく使えているのですが、もうひとつの「惑星ズー・エン・アー版」については未だ使用できません。

「WBPlay」のフォーラムに参加することでゲットできるようなのですが、なんせ英語のサイトなので私にはチンプンカンプンw

どうやら某掲示板によれば私以外にも使用できないというプレイヤーが大勢いるようなので、今後なんらかの対応を取ってくれればいいのですが…。


 


posted by ラムネ at 15:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

「ロゴTシャツに関するお詫び」メールが届きました

以前「プレミアムバンダイ」で


TIGER&BUNNY ロゴTシャツ 虎徹 WILD ROAR!


を購入したことはブログ記事の通りですが、本日それに関してなにやら「お詫び」と称するメールが届きました。


なんだろう?と思いつつ開いて読んでみると…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
プレミアムバンダイをご利用いただきまことにありがとうございます。
ご購入いただきました商品の一部に プリントの不具合が発生していることがわかりました。

(中略)

一部、プリントの表面に黄色もしくは茶色の点が浮かび上がっている現象が確認できております。
原因としては、生地の組成の一部とプリント染料の相性で、糸と染料が熱により昇華、移染したと
考えます。

対象商品に関しましては、不具合がある場合も無い場合も全て交換させていただきます。

(以下略)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「黄色もしくは茶色の点」?


tb_wtts003.jpg

tb_wtts004.jpg


確かに所々茶色っぽい色になってます。

そのことは購入した時点で気付いていましたが…


えええっ!!?? 不具合だったの!!??


そういうデザインなんだと思ってたよ!!!???



全く違和感を覚えなかった私って一体…orz



なお、メールによると交換品は9月下旬〜10月上旬に送られてくるそうで、届いた際に同封されている返送用の送り状にて不良品を送り返してくださいとのこと。


こりゃバンダイナムコとしてはイタい損失ですねぇ〜

私みたいにファッションに疎い人ばかりだったら表面化しなかったかもしれませんね…ってそれは無いか^^;


これまで2回ほど着ましたが、とりあえず交換品が届くまでは暫く封印しておきましょうかね。

posted by ラムネ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TIGER&BUNNY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

バットマン:アーカム・ナイト その3

クリア後も相変わらず「没頭マン」に変身してはコツコツとプレイを続けている


バットマン:アーカム・ナイト


でございますが、まずはコチラの画像をどうぞ!

バットマン:アーカム・ナイト_20150805004225.jpg

↑ゴッサムシティー上空を華麗に滑空するバッツ!

これは、先日4日に配信されたアップデート「バージョン 1.02」で追加された「フォトモード」を使って加工し撮影したものです。

ポーズで止めたプレイ中のゲーム画面を色んな角度から捉え直すことができ、また多数のフィルターが用意されていて、普段のゲーム内ではとても撮れないスナップを撮影できるのが楽しいですね〜!


その他の詳しいアップデート内容は…

20150806222207.jpg

↑このようになっております。

今回の目玉は「フォトモード」と、なんと言っても一部のユーザーから熱望されていた「オリジナル音声の追加」、つまり「英語音声モード」の追加です!

私はこの段階で既に「つづきから+」においてもクリア済みだったので、英語音声を存分に楽しむには別データで一から遊ぶ必要があり、さすがに今はその時期じゃないかなと…w

それでも折角なので一応英語音声に切り替えてみると、バッツやアルフレッド、街のチンピラが当たり前ですが英語で喋ります。

前作「アーカムシティ」まではこれが当たり前だったのですが、これまでずっと日本語音声で遊んでいただけに正直違和感がハンパありませんw

それでもバットマンやアルフレッドは英語のほうがキャラクターに合っていると感じました。

その後は結局「やっぱり母国語の方が耳なじみがいいなぁ」とほどなく日本語音声に戻しましたとさw


他に気になる点としては「8月分の追加コンテンツをサポート」とありますが、これは今月中に何か配信が来るということでいいのでしょうかね?



それでは、現在までの進捗をご報告。


■ トロフィー

ps4_batman_an_004.png

スマホのアプリ画面を使用しました。

見ていただければおわかりでしょうが…


プラチナトロフィーをゲットできました〜!!!

つまりトロフィーコンプリート(トロコン)達成です!


では残っていた7つのトロフィーについて、それぞれ簡単に詳細を。


・ハロウィンの夜は長し (シルバー)

条件:はじめから+でウェインvsクレイン

バットマン:アーカム・ナイト_20150801020904.jpg

条件を読むとなんのこっちゃよくわかりませんが、要するに「はじめから+」でゲームを進めてラスボス「スケアクロウ」をゴッサム市警の獄房にぶちこむ…つまりクリアするということです。

前回の記事でも書いたとおり「はじめから+」は敵が強くなり、コンバットでカウンターマークが出ないので、20人以上の敵との戦いなどでかなり苦戦しました…。

一方でバットモービルでの攻防は一周目とさほど変わらないのですが、正直面倒なものが多いので「またアレをやるのか…」と精神的にキツいものがありました。


・執念のジャンプ (ブロンズ)

条件:8種類のジャンプでそれぞれ100メートルを越える飛行に成功

バットマン:アーカム・ナイト_20150731021229.jpg

ゴッサムシティ各地に点在する十数か所の「ジャンプ台」のうち、8箇所以上においてそれぞれ100メートル以上ジャンプするというものですが、100メートルの目安がよくわからないまま、外人さんが作られた攻略動画を頼りに各地のジャンプ台でとにかくジャンプを繰り返しているうちに獲得できました。


・百発百中 (ブロンズ)

条件:ダメージを受けずにバルカン砲でパーフェクトショットを5回連続で行う

バットマン:アーカム・ナイト_20150731005300.jpg

バットモービルでの戦車戦において、敵戦車の青い光の部分をバルカン砲(〔R1〕or〔L2〕)単発で撃ち抜くことで即破壊できる「パーフェクトショット」を、ノーダメージで5回連続行うという鬼畜なもの。

当初チャレンジの「ワンマン軍曹」内で何度もトライしたのですが一向にできる気配がなく、途方に暮れていたときに、とあるサイトで「武器エネルギーの診断テスト」でも取得可能だという情報を得、そちらにシフトして再開したところ、あっさりと獲得できてしまいましたw

因みにテストは三段階あるのですが、三つ目のミサイルを発射するテストでのみ獲得可能なようです。

ここはミサイルを撃ってテストを終わらせるまで敵が無尽蔵に湧き続けますし、狭いエリアで且つ敵がさほどアグレッシブに攻撃してこないので連続で狙いやすいですね。


・大暴れの基礎 (ブロンズ)

条件:1回のフリーフロー中に15種類のコンバット・ムーブを実行

コンバットにおいて、様々な攻撃方法のうち15種類を「コンボを切らさず」行うという、これまた困難なものです。

チャレンジ「コンボマスター」において、予め出すと決めておいた技を順に出しつつ、途中でコンボが切れたらリスタート…を数え切れないくらい繰り返してようやく獲得できました。

その時の動画を編集・加工してYouTubeにアップしてみたのがコチラ↓



自分しかわからないことですが、後半は結構アドリブ入ってますねw

出したコマンドを確認して説明文を差し込んでみたのですが、後で数えてみると13種類しかない…。おそらく最後の「○○○□□」あたりが複数のコマンドとして認識されたのでは?と思います(適当だw)。


・うずくトラウマ (ブロンズ)

条件:プレデター・テイクダウンを全種類実行

バットマン:アーカム・ナイト_20150730040009.jpg

プレデターにおいて、様々なテイクダウンを全て出すというもので、上手い人なら通常プレイ中に意識せずに獲得できるかもしれませんね。

これも攻略動画を参考に、チャレンジ「プレデターの基礎」を使ってひとつひとつ地道にこなしていきました。


・完全無欠 (ブロンズ)

条件:ARチャレンジで69のスターを獲得

バットマン:アーカム・ナイト_20150730032335.jpg

チャレンジの各お題について、条件を満たすことで最高3個のスターを獲得できるのですが、初期段階では23のお題で構成されており、つまり本来ならば「全てのお題についてスターを3個獲得する必要がある」という厳しいものです。

しかし、ダウンロードコンテンツ「スケアクロウのナイトメアチャレンジ」が早期に配信されたことで、ここで獲得できるスターもカウントされるので、9つ余裕が生まれ、結果78個中69個のスターを取ればトロフィーがゲットできることに!

正直初期のものの中には私にはクリアすらムリだという高難易度なものがいくつか存在し、ナイトメアDLCが無ければトロフィーは取れませんでしたねぇ…。ナイトメアに感謝!w


・無法地帯を駆け抜けろ (ブロンズ)

条件:1回のグライドを持続させながら島々にかかる3つの主要な橋をくぐり抜ける

これも攻略動画を参考に何度もトライしてゲットできました。

その時の動画も録画しておいたものをYouTubeにアップしております。



最後水に落ちたのがカッコ悪すぎますねw

因みに動画中のチンピラの会話がネタバレ満載なので、視聴には注意してくださいw


というわけで、PS4における「トロフィーコンプリート」は実に2本目です!

オフライン専用ゲームということで、全ては自分との戦いだっただけに達成感も一入ですね〜!


ところで「バージョン 1.02」でしれっと追加されたトロフィー枠「1989年 映画版パック」が気になるところです。

以前発表された、旧バットマン映画に出てくる「バットモービル」を使ったものだと思われますが、バットモービル系のチャレンジは苦手なので今から楽しみでもあり不安でもありますw



さて、今後のプレイ内容としては…

バットマン:アーカム・ナイト_20150807000553.jpg

「つづきから+」をトロフィー獲得後もチマチマ遊び続けて現在79%なので、折角なら100%にして計200%の完全クリアまで漕ぎ着けようかな?と。

また「(拡張現実)チャレンジ」のスターを全78個中71個まで獲得できたので、残り7つを獲得すべく引き続き頑張っていこうかなと思います。


8月20日発売の3DS専用ソフト

「スーパーロボット大戦BX」

までゲームを新たに買う予定は今のところ無いので、それまではおそらくチマチマと遊び続けることでしょう。


■ オマケ

チャレンジ「ゴッサムナイト」で、あくまでも私的にですが、いい点数が出たので思わずYouTubeにアップしてしましたw



コンボが途切れないことに必死で、なんとも単調な戦闘になっていることが点数が伸びない理由でしょうかね。

トップランカーとはまさにケタが違います!どうやったらあんな高得点が取れるのやら…ちょっと参考になりそうな動画を探してみようかなぁ。

他のコンバット系チャレンジもちょいちょいリトライしているので、また(あくまでも私的にw)いい点数が出たらアップしたいと思いますw


 


posted by ラムネ at 00:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

バットマン:アーカム・ナイト その2

毎夜時間を見つけては「没頭マン」に変身し、遊び始めるやいなや気付いたら「え?もうこんな時間?」なんて感じでそれこそ寝食を忘れるほど遊び込んでいる


バットマン:アーカム・ナイト


ですが、少し落ち着いてきたので報告を兼ねて記事を起こしました。


まず、達成は結構前になったりするのですが…


ノーマル&真エンディング 共にクリアしました!


バットマン:アーカム・ナイト_20150725015010.jpg

↑真エンディング後に遊び直した時に表示されるロード画面。アルフレッドにホメられますw


このゲームはちょっと変わっていて、ラスボスを倒したあともエンディングなどは無くそのまま普通にゲームが続きます。

そこである条件を満たした場合に発動できる「ナイトフォール作戦」を選ぶことで初めてエンディングへと遷移するのですが、その際更にミッションの進行具合によって「ノーマルエンディング」と「真エンディング」の二種類に分岐します。

「真エンディング」の条件はズバリ「メイン・サブのミッション進行度を全て100%にしてナイトフォール作戦を遂行する」ことなんですが、大抵の人がここで足枷になると思われるのが、マップ状のあちこちに配置された「リドラーチャレンジ」全243個のクリアでしょう。

単に「リドラートロフィー」を拾うものや、パズルを解く必要があるもの、ヒントメッセージをたよりに該当の物や風景をスキャンする「リドル」、一定時間内に所定の場所へ到達する…などなど多岐にわたるもので、私もなるべく自力で解こうと必至に頑張り、結果残り4つのところまで来られたのですが、その4つがどうしてもわからず自分に負けてw攻略サイトを見てしまいました(汗)

その4つはどれも「こりゃ一生かかってもわからんわ…」というものばかりでしたねぇ…ほんとあんなの自力でできた人の脳みそって一体…っていうレベルですw

その後「リドラー」との戦いに進み、無事倒せた結果

バットマン:アーカム・ナイト_20150725022727.jpg

↑メイン+サブミッション14個の進行度が全て100%に!

この状態で「ナイトフォール作戦」を実行すれば晴れて「真エンディング」に突入するわけです。

その中身は…是非ご自身の目で直接ご確認ください!

因みにネタバレになるかもしれませんが、エンディングの最後に表示されるのは

バットマン:アーカム・ナイト_20150725014320.jpg

↑開発スタッフの集合写真。

こんな面白いゲームを作ってくれて、本当にありがとうございました!!



さて、ここまでで大きな区切りとなりましたので「総評」といいますか、全体の大まかな感想をチラッと。

美麗すぎるグラフィック・極限まで洗練されたバットマンのバトルシステム・バットモービルの圧倒的存在感と、シリーズ集大成としては申し分の無いつくりで満足度は相当なものです。

あえて否定的な意見を述べるとすれば、今回の目玉ともいうべき「バットモービル」を少し前面に押し出しすぎだったかな?という印象が残りましたね。

特に終盤、ボス級の敵との戦いはほぼ「バットモービル」での戦闘であったのがちょっと残念でした。

個人的には折角パワーアップしたバットマンの生身のアクションをもっと活かしたボス戦を期待していただけに…。

これで「バットモービル」の操作性や戦車モードの爽快感がもう少し高ければまだよかったのですが、正直言って「地味」なんですよね^^;

クリア後に覗いた某掲示板や、世界のアーカム・ナイトプレイヤーからも同じような意見が散見されたので、どうやら私だけの不満ではないようです。


ところで、このゲームにおいて既にダウンロードコンテンツが3つ配信済みで、全て無料となっております。

メインクリア後に全てダウンロードし、一通りクリアできましたのでそれぞれの感想をば。


■ ハーレークィンストーリー

初回購入特典のDLCとして封入されていたものです。

「アーカム・ナイト」の前日譚的なお話で、ジョーカーが死に愛する人を失った「ハーレークィン」が、スケアクロウの企みに加わり単身警察署の地下に幽閉されている「ポイズンアイビー」を救出するというもの。

メイン武器の「バット」で殴りつつ「ビックリ箱」などのトンデモアイテムで警察署員たちをボコボコにしながら進み、ラストに待ち受ける「ナイトウィング」を倒せばクリアです。

戦闘中ゲージがいっぱいになることで発動できる「発狂モード?」を使えばより攻撃的になったりとハーレーらしい仕組みも。

プレイ時間自体は2〜30分で終わる短いものでした。

因みにトロフィーは1つだけで、クリアさえすればシルバーがゲットできます。


■ 家族の問題

バットマン:アーカム・ナイト_20150723013837.jpg

「アーカム・ナイト」よりもかなり前のお話。

警察署長ジム・ゴードンの娘であるバーバラがまだ半身不随になっておらず、「バットガール」として活躍していたとき、ジョーカーにさらわれた父ジムを救うべくロビンと組んで、開園が頓挫して放置されたままのとある遊園地へ向かうというものです。

こちらは完全新規マップに新規キャラというなんとも贅沢な作りで、またコンピュータに長けたバーバラらしくハイテク機器を巧みに使いこなすあたりがバットマンとの差別化を図っています。

マップ内のギミックもかなり凝っており、それらがトロフィーにも反映されていて、クリア後も収集要素など遊べる仕組みが豊富に用意されていますね。


■ スケアクロウのナイトメアミッション

上の2つとは異なり、メインのゲーム内に配置されるチャレンジ系ミッションの1つです。

決められた時間内にスタート地点からスケアクロウの攻撃を避けつつ所定の場所に行き、そこで現れる巨大スケアクロウを倒せばクリアというもの。

全3種類ありますが、ミッション画面において「警告:難易度高」と表示されているものの、どれも実際にはさほどの難易度ではなく、「バットモービル」が苦手な私でもそれぞれ数回のリトライでスター3つを獲得できました。

因みにこれも「ハーレークィン」同様クリア(3つ全て)するだけでシルバートロフィーが獲得できます。



ではここで、少し話に挙がった「トロフィー」について、メインゲームを含めた進捗状況をご報告。

20150729005056.jpg

20150729005100.jpg

↑1画面では収まりきらなかったので2画面分貼付

メインの獲得率は現在88%です。

配信済みのダウンロードコンテンツについては3つ全て100%獲得済み。

因みにまだ配信されていない「レッドフードストーリー」については、某所の情報によれば9月になるそうで…う〜ん、早く遊びたいのに!

メインの残り12%、つまりまだ未取得のトロフィーは

・私がバットマンだ!(プラチナ)
・ハロウィンの夜は長し(シルバー)
・執念のジャンプ(ブロンズ)
・百発百中(ブロンズ)
・大暴れの基礎(ブロンズ)
・うずくトラウマ(ブロンズ)
・完全無欠(ブロンズ)
・無法地帯を駆け抜けろ(ブロンズ)

の計8つ。

プラチナは他を全て取れば獲得できるので実質7つですが、どれも全プレイヤーの獲得率は「超レア」なものばかりで、果たして私にコンプリートできるものなのか現時点では想像もつきません。

とりあえず取れそうなものからコツコツとチャレンジしていこうと思います。



最後に現在のプレイ状況ですが、一周目をクリアするだけではスキルを完全にすることはできませんので、それのコンプリートを目的に「はじめから+」を開始しました。

これは、一周目のスキル・ガジェット・リドラーチャレンジのクリア状況を引き継いだ状態で始めから遊び直すことができるモードなのですが、難易度が「まるで悪夢」固定となります。

この難易度では、敵の攻撃力&防御力が上がり、なおかつコンバットなどで敵の「カウンター」マークが一切表示されないというものなんです!

勿論敵が強くなることも大変ですが、やはりカウンターのタイミングが目で見えないというのはかなりツライ!

時折遠くからタックルしようと突っ込んでくるカウンター不可な攻撃をする敵がいるのですが、普段なら赤いカウンターマークを見てとっさにバットラング(L2)を投げればテイクダウンできるところを、その表示が無いものですからカメラアングルが「タックルしてくる!」となった瞬間を見極めないといけません!

序盤からヒーヒーいいながら遊んでいますw

というわけで…

バットマン:アーカム・ナイト_20150728053607.jpg

↑現在の「つづきから+」の進捗は33%。

実はこの時点で…

バットマン:アーカム・ナイト_20150729061337.jpg

↑目標の全スキル獲得は達成済みだったりしますw


実はこの「はじめから(つづきから)+」をクリアすることが、トロフィー「ハロウィンの夜は長し」を獲得する条件なので、トロフィーコンプを目指すなら続けて遊ぶべきなのですが、とりあえず平行してノーマルモードも遊べるので、そちらで他のトロフィーを獲得することを先に進めようかなと。


というわけで、まだまだ私の「没頭マン」生活は終わりそうにありません^^






posted by ラムネ at 17:49| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。