2017年11月05日

『ガンプラEXPO in OSAKA』に行ってきました

大阪は「梅田ロフト」で催された、バンダイ主催のガンプライベント


ガンプラEXPO in OSAKA


に、文化の日(祝日)であった先日3日に行ってきました。


公式サイトは → コチラ

入場料は無料です。


こういった催し物に行くのは、2015年11月に開催された『ガンプラEXPO JAPAN TOUR 2015 in OSAKA』ぶり、2回目です。

この時は会場が「なんばタカシマヤ」で大変行きやすく、便利だったのですが、今回の会場であった「梅田ロフト」は初めて訪れてみて、意外に辺ぴで不便な場所にあるなぁと…。


昼過ぎに到着したのですが、そこで目にしたのは長蛇の列!

「え?これがもしかして入場の列?」

思えばこの日は開催初日である2日から二日目且つ初めての休日でしたし、人の出足が良いのも頷けますね。

「いや…あるいは物販目当ての列かもしれないぞ」

と思いつつ近くにいたスタッフの方に尋ねると、「入場の列ですよ」とさらりと言われ、その場で手渡されたチラシを手に仕方なく列の最後尾へ。

ここまできて何もせずに帰るってのもね…。


20分ほど並んでようやく順番が回ってきたでしょうか。そそくさと会場へ。


ge20017_001.jpg

↑ 1/1?ガンダムヘッドが入り口でお出迎え


ge20017_002.jpg

↑「ガンダム00」10周年の今年、満を持して発売される「PG ガンダムエクシア」の完成見本。


ge20017_003.jpg

↑「ガンダムベース東京」限定商品。お台場行かなきゃ買えません。


ge20017_004.jpg

↑ 最近発売された「MG ZZガンダム Ver.Ka」など最新キットが。


ge20017_005.jpg

↑「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」関連のキット。


ge20017_006.jpg

↑「プレミアムバンダイ」で限定販売されているキットたち(既に受注終了したものもあり)。


ge20017_007.jpg

ge20017_008.jpg

ge20017_009.jpg

ge20017_010.jpg

↑「ガンプラビルダーズ ワールドカップ 2017」の上位入賞作品群。さすがの出来栄えにウットリ。


ge20017_011.jpg

ge20017_012.jpg

↑会場で限定販売されているキット見本。これらは入場しなくても見られます(いわゆる客寄せパンダ)。


一通り見回してみて所要時間わずか10分。

なお、ジオラマもありましたが正直今一つだったので写真は撮っていません。

また、00関連のアニメのパネル?みたいなものもありましたが、興味が無かったのでスルー。

他に、公式によれば著名人によって作られたガンプラも展示されていたようですが、全く気づきませんでした。



残るは会場の半分ほどを占める物販コーナー。

一応一通りは見ましたが、「クリアバージョン」や「スペシャルコーティングバージョン」など、基本的に素組み前提のものばかりで、塗装しなければ作った気になれない自分としては値段も高いし要らないなぁと総スルー。

中にはカゴいっぱいに箱を詰め込んだ人がちらほら見受けられましたね。


というわけで、20分並んで滞在時間は15分弱…う〜む、正直行った価値はあまりありませんでしたねぇ。

2015年のときはクリアファイルを配っていたり(別にいりませんがw)、過去の歴代のHGUCがズラリと並んでいたり、大規模なジオラマが展示されていたりと今回に比べて規模としては上だったと思います。

また、開発中など目玉となるキットの発表が皆無だったのも寂しいかぎり。

限定品など物販に興味がなければ行く必要は無いと思います。



今月の13日まで開催されているのですが、内容が良ければ2回目も考えたでしょうが、もう行くことは無いでしょう。



PS:

完成したにもかかわらず非公開のキットがかなり溜ってきたので、ここで備忘録も兼ねてキット名だけ書き連ねてみます。

・HGUC ZU
・HGUC ガンキャノン(REVIVE版)
・HG ガンダムグシオンリベイクフルシティ
・MG νガンダム Ver.Ka HWS
・RG ガンダム MkU
・コンパチブルカイザー(コトブキヤ)
・HGUC スタークジェガン(CCA-MSV Ver.)
・HG グリムゲルデ
・HGUC グフカスタム
・HGUC メッサーラ
・HGUC ドーベンウルフ
・RE/100 ディジェ
・HG シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)
・クラッシャージョウ ファイター1
・メカコレクション 宇宙戦艦ヤマト
・メカコレクション ウルトラホーク3号
・メカコレクション ドラゴンボール ランチの一輪バイク
・メカコレクション ドラゴンボール ヤムチャのマイティマウス号
・スーパーミニプラ 機甲界ガリアン ガリアン
・スーパーミニプラ 機甲界ガリアン 鉄巨神
・P-51D マスタング(タミヤ スケールキット)
・ダッソーミラージュ2000C(タミヤ スケールキット)

ふぅ…以上、大小合わせて22個ですね…疲れた。

加えて現在制作中のものが2つに、完成間近でパーツを紛失してしまい部品請求中のものが1つ。

積みプラは数知れずw


完成済みのものについては数百円レベルの小物も多数あり、またスケールキット(飛行機)なんかはポージングもほぼ必要ないので、そういうものについてちょっと考えているのが…。

今流行りの?「インスタグラム」のアカウントを取って、そこから発信してもいいかな、と。

正直まだきちんと調べてないので、どういった形での投稿が可能なのか理解していないのですが、使えそうであれば検討してみます。


posted by ラムネ at 23:25| 大阪 | Comment(0) | プラモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」買えませんでした…

ご無沙汰しております。ラムネです。

およそ4か月ぶりのブログ更新になりますね…私事ですが、とりあえず生きてます^^;


さて早速本題に入りますが、先日10月5日に発売された任天堂ハード復刻シリーズ?第二弾


ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン


みなさん、買えました?

朝から各地の家電量販店やゲーム取扱店で行列ができ、ニュースにもなっていましたね。


幻のソフト「スターフォックス2」が遊べるということで、私もあわよくば購入したいとできる範囲でアプローチしてみたのですが、結論としてはタイトルにもある通り…


買えませんでした…


では、「クラシックミニ スーパーファミコン」を巡っての私の戦歴?を書いてみます。


■ 9月16日

この日は予約解禁日。

いくつかのネットショップが受付を開始するということで、狙いを「ヨドバシ.com」と「アマゾン」に絞って朝8時頃からPCの前でスタンバイ。

「ヨドバシ.com」が9時から受付を始めたのでトライするもエラーばかりでつながった頃には完売。

「アマゾン」に至っては購入ページすら見つけられず、見つけた頃には当たり前のように完売。

他のショップも同じような状況でこの日は終了。


■ 9月27日

「ジョーシンweb」では抽選販売の受付をネットで行っていたので申し込み。

ncm_sf_001.png

その結果が27日発表だったのだが…

ncm_sf_002.png

この通り。


■ 10月4日

一旦ネットから離れて自転車で15分ほどの場所にある「ジョーシン」に行き、店頭での抽選販売を申し込む。

その結果は発売日前日の10月4日発表だったのだが…

ncm_sf_003.png

この通り。


■ 10月5日

発売日当日。

最後の望みをかけ、某所の情報を頼りに在庫が復活したショップで購入をトライしまくるも完了まで辿り着けず…。



こうして私の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を巡る第一次挑戦は撃沈で幕を閉じたのでした…。

確実に手に入れたいなら始発で量販店に行って並ぶなど、体を使っての正攻法で挑まなければいけないのでしょうが、そこまでの熱意は正直ありませんでした。

「アマゾン」のマケプレやヤフーショッピングなどのネットショップでは当然ながらプレミア価格でのぼったくり販売が行われており、辟易させられますね。


任天堂によれば、第一弾の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」よりは多く生産するらしいので、その言葉を信じて今後の再販にかけるしかないのかなと。

その頃に今の購入欲求があれば、の話ですが。



PS:

近況ですが、相変わらずプラモデル制作が中心の中、先月15日に発売された3DS専用ソフト

メトロイド サムスリターンズ

をチマチマと遊んでいます。

3ds_metroid_sr_001.jpg

久しぶりのパッケージソフト購入でしたので、記事を書かなきゃと思いつつも発売から半月以上経った現在、既に難易度ノーマルはクリア済み。

その後アイテム回収率100%も達成し、現在は難易度ハードで遊んでいます。

久しぶりの「メトロイド」ですが、相変わらずの中毒性でかなり面白かったですね。


本業の?「プラモデル」ですが、完成したものの未紹介なものがかれこれ20体はできたでしょうか…。

いつかは披露したいと思いつつどうしても撮影よりも制作のほうが優先してしまい、今後ますます完成品が増えていきそうな予感…。


posted by ラムネ at 23:26| 大阪 ☔| Comment(4) | NCM SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

アーケードアーカイブス サンダークロス

久しぶりにゲームソフトを購入したので、およそ2か月ぶりの更新です。


「ハムスター」がPS4で展開している「アーケードアーカイブス」シリーズ最新作


アーケードアーカイブス サンダークロス


が、先日8日に配信されました。


アーケードアーカイブス サンダークロス_20170608133144.jpg

お値段いつもの823円。



ここ最近の「ハムスター」さんの動向としては、「アーケードアーカイブス」とは別に立ち上げた新たなシリリーズ「アケアカ ネオジオ」関連のリリースが中心で、本家とも言える「アーケードアーカイブス」がおざなり状態でした。

「ネオジオ」シリーズのファンであれば毎週のようにリリースされる関連ソフトの嵐に笑いが止まらないといったところなのでしょうか、正直「ネオジオ」に関しては全くといっていいほど思い入れのない私にとっては放置状態となっていた”本家”の扱いに戸惑いを隠せませんでした。


カートリッジで供給され、同一フォーマットでソフトリリースされた「ネオジオ」シリーズが移植する上で容易なことは理解できますが、それにしてもあまりにも優遇されすぎやしないかと…。



そんなわけで、毎週放送されていた「アケアカ」関連の生放送も次第に見なくなり、一応フォローしているツイッターの公式情報を見ては「はいはいまたネオジオのやつね」といった感じで軽くスルーし続ける日々が続いたのですが…。

「アーケードアーカイブス ダライアス」を買った昨年8月よりおよそ10ヵ月ぶりに、”本家”の最新作

「サンダークロス」

が今週ようやくリリースされたのでした!!!



はぁ…長かった…長すぎたよ…。



久しぶりにPS4を立ち上げ、DL開始!

きたー!これだよこれ!!!


アーケードアーカイブス サンダークロス_20170608141912.jpg


あぁ〜懐かしい!!!!



アケステは「スト5」を遊ばなくなって程なく押し入れに仕舞ってしまいすぐには取り出せないので、とりあえずは純正コントローラーでプレイ。

※幸い親指の腱鞘炎はかなり改善している(完治ではない)ので十字キーの操作に支障はありません。


う〜ん…あの頃の思い出が蘇るうぅ〜〜!!!


このゲームの何が最高かといえば、正直個人的に8割近くは「BGM」でしょうかねw

サイレン音と共に始まる1面の曲から始まり、ステージが進むごとに流れる「コナミサウンド」のことごとくが素晴らしい!!

当時は自力では5面くらいまでがやっとの腕前でしたが、これらBGMを聞きたさにプレイしていたと言っても過言ではありません。

その辺りは同じコナミの「A-JAX」に通じるところがありますね。


とりあえず国内版の「OLDバージョン」をメインに遊んでいますが、今の腕では3面の終盤で必ずといっていいほどヤラれる始末…。

3面の中盤で「中断セーブ」を行い、後半を繰り返しプレイして練習したのですが、安定しませんね…。

オリジナルを遊んでいた当時はここまで苦労しなかったはずなのですが…歳のせいかな…^^;


そんな中、8日に放送された「ハムスター」の生放送が「サンダークロスSP」ということで久しぶりに視聴しましたが、前半の「アケアカ ネオジオ」関連を「早く終われ」とイライラしながらスルーし、ようやく始まった有名プレイヤーさんの超絶プレイには驚きの連続でした。

やっぱ「アケアカ」生放送はこの”ノリ”でなくっちゃね!

なお、その後プレイされていた「北米バージョン」ですが、見た目こそ同じなものの、ゲーム性自体は似て非なる完全に”別ゲー”ですねこりゃw

違いがありすぎて書ききれませんので詳細は省きますが、国内版がコレだったらはっきり言って”クソゲー”扱いですよこりゃ…アッチの人当時これ遊んでどう思ってたんだろう…w



というわけでちょいちょい遊んでいこうと思いますが、さてはて今後の本家「アケアカ」はどうなることやら…。


「アケアカ ネオジオ」シリーズが3ハードに向けて順調にリリース予定を発表している中、本家に関しては現在

「ニンジャウォーリアーズ(ニンウォリ)」

の1本のみ…しかもリリース時期は未だ未定のまま!…。

「ニンウォリ」は一度昨年秋リリースで予定されていたソフトなのですが、その後延期が発表され、現在までコレといった新情報はありません。


更に「ニンウォリ」以降のリリース予定がここ半年近く一向に増えていないのも気になります…。

そりゃ基板を一から解析してエミュレートするのは相当な労力を要するのはわかりますが、「アケアカ ネオジオ」シリーズが立ち上がる以前はそれでも月1本は必ず新作がリリースされていたんですよ…。

どうも「ネオジオ」関連でお茶を濁されているような気がしてならないですねぇ…。



PS:

以前に行われたPS4の大規模システムアップデートにより、外付けHDDへのソフトDLが可能になったとのことだったので、今回併せて体験してみました。

WiiUに繋いでいた1TBのHDDが幸いUSB3.0に対応していたので、それを外してPS4に繋ぎ、フォーマットして繋いでみると…。

20170609220738.jpg

おお!900GB以上もの容量が!!


調子に乗って本体から色んなソフトを移動させたのが上の画像の状態ですが、それでもかなり余裕がありますね!

以前はすぐに容量が枯渇してしまい、遊ばなくなったソフトを消したりと容量管理が面倒だったのですが、これで快適なPS4ライフが送れますね…ってゲーム熱はまだ低いままですがw

これでPS4のUSBポートが3つ以上あれば…フロントに2つだけってのはさすがに少なすぎますよ…^^;



posted by ラムネ at 00:27| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の発売日が7月29日に決まりました

皆さま、大変ご無沙汰しております。

1月13日の更新を最後にすっかり放置状態であった我がブログですが、およそ三ヵ月ぶりの記事となります(汗)

早速ですが本題に。


昨日発売元のスクウェア・エニックスより、今年発売予定であった


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて


の発売日が 7月29日(土) であることが正式に発表されました。


発表後アマゾンを始めとしたネットショップなどでは相次いで予約受付が始まり、大作ソフトだけあって特設サイトを用意するなどその規模は大々的です。


この発表を聞いて、真っ先に思ったのは


思ったよりも早かったなぁ


2017年内ということで、早くても年末、最悪来年以降にズレ込むかも…などと思っていたので、まさか学校が夏休みに入ってすぐの発売になろうとは…!


良かったね!子供たち^^



さて、予てから発売されたら買って遊ぼうとは思っていたのですが、それはあくまでも「昨年」までの話。

1月末以来すっかりゲーム離れ状態にある現状、果たして今予約して本当に購入するのか…?


実はゲームを遊ばなくなった理由は「プラモデル」作りが楽しいという理由以外にもう一つ。

むしろこちらの理由の方が死活問題なのですが…



現在左手の指のうち、実に3本が腱鞘炎(いわゆる「バネ指」)状態なのです…


人差し指・中指・親指の3本なのですが、特に最近酷いのが親指。

最初は人差し指から始まったのですが、それが治りかけてきた頃にそれまでそれをフォローしていた中指と親指に負担がかかったのでしょうか…徐々に2本に痛みが始まり、人差し指も完治していない状態で…

あぁ…ほんと”老い”ってツラい…


といいますか、片手の3本が同時期に腱鞘炎って普通なりますかね…我ながら情けない^^;


そんなわけで、ゲームプレイに際し中指はまぁ問題ないとして、左のトリガーボタンと十字キー(アナログスティック)操作に支障が出る状態で、まともに楽しく遊べるはずもありません…。


一方で、現在の趣味の中心となっている「プラモデル作成」に関しても、組み立てが厳しいのでもっぱら「塗装」専門な感じで正直かなり支障が出ています…

 ※だったら完成品の撮影をすれば?という話になりそうですが、それはそれで重い腰がなかなか…^^;



話を「ドラクエ11」に戻しましょう。

発売日が7月末ということで、この後延期の発表が無ければまだ3ヵ月以上ありますし、それまでに指が回復していれば、あるいは…

そもそもゲームが「PRG」ということで、アクションゲームほど指を酷使しないジャンルですから、なんとかなりそうな気もしますが。


そんなわけで、事前キャンセルが可能なネットショップで早々に予約を済ませてもいいのですが、まぁそこは「ドラクエ」ですし早期に売り切れることは無いだろうと楽観視しております。


なお発表会の話によれば、「ドラクエ2」までに存在していた「ふっかつのじゅもん」を入れるとゲーム開始時にちょっと有利な状態で始められたり、ストーリーの進行具合など簡単な情報を他機種版(PS4→3DSなど)へ移せる「じゅもん」のシステムなどが備わっているようで、FC世代ド直球なネタはまさに”おじさん(おばさん)ホイホイ”ですね。

こういう遊び心は開発者の「ドラクエ愛」が感じられて嬉しくなりますね〜^^


というわけで、ブログ復帰記事はこの辺で。


実はキーボードを打つ際左手の親指でスペースバーを押すクセが祟って、正直ここまで書くのにいつも以上に時間を要しています…。


さてはて、次の更新は果たしていつになることやら…。


正直なところ、このまま更新頻度が低いままならいっそのこと閉鎖してしまったほうが…なんて考えがよぎっているのも事実です。


写真さえ撮れば「プラモデル完成記事」が現在なら7つは書けるので当分ネタには困らないのですが、先ほど書いたように撮影が億劫でなかなか重い腰が上がらない状態でして…^^;

例え撮影&写真整理ができたとして、完成記事を挙げるにはこれまた結構な量の文字を打たなければいけないわけで…う〜む…。


とりあえず今回は結論を出さずにここまでにしておきます。


 


「PS4版」と「3DS版」で値段がえらく違いますが…クオリティーの違いを考えれば当然でしょうかね。

私は買うのであれば「PS4版」しか考えていませんが、「すれ違い通信」「どこでも遊びたい」「できる限り安く遊びたい」などを考慮する人は「3DS版」を選ぶのでしょうかね。

セーブデータの完全な引継ぎが可能であれば最高なのですが、さすがに異なるハードメーカーの垣根を超えるのは難しそうですね。


posted by ラムネ at 23:13| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

「Nintendo Switch」のプレゼンテーションが行われました

本日任天堂より、最新ゲームハード


Nintendo Switch


に関するプレゼンテーションが行われました。


私は某ゲーム情報サイトのまとめページで詳細を知ったのですが、その中で個人的に気になったものを何点かご紹介します。



■ 「Nintendo Switch」本体の発売日が2017年3月3日に決定

発売日が今年のひな祭りである3月3日に決定しました。

お値段は税抜きでギリギリ3万円を切る29,980円

スペックやサービスに関し新たにわかったことは…

・任天堂従来ハードと同じで有線LANポートは付かない
・ハードディスク未実装(外部メモリはSDカード) ※外付けHDDが使えるかどうかは不明
・オンラインは2017年秋まで無料で、その後有料化を予定しているとのこと
・USBは当面2.0だが将来3.0になる模様
・PS4のシェアボタンのように静止画をシェアできるボタンが付く(将来動画にも対応するとのこと)

こんなところでしょうか。

オンラインに関しては、これで将来的に全メーカーが有料化となりますが、任天堂のノウハウで果たしてお金を取って然るべき満足できるサポートが行えるのか、正直疑わしいところです。

その他グラフィック能力などはよくわかりませんが、先行の「PS4」や「XBOX ONE」に比べるとさすがに見劣りしますね。まぁその辺は任天堂ハードらしいといったところですが。



■ 「ゼノブレイド2」が「Nintendo Switch」専用ソフトとして2017年に発売予定

過去に私が「Wii」で300時間近く遊んだ傑作RPG「ゼノブレイド」の正当続編?「ゼノブレイド2」が発表されました。

この朗報に本来ならば諸手を挙げて歓喜したいところですが、「WiiU」でプレイした「ゼノブレイドクロス」が個人的に期待外れだったこともあり、また発表に合わせて公開された「2」のコンセプト動画を見ると特にキャラクターのモデリングなどさすがに古さが拭えず、期待と不安でいえばむしろ不安のほうが大きいのが正直なところです。

なお、開発会社の「モノリスソフト」は任天堂の傘下にあるので他ハードでの発売は無いでしょうね。



■「真・女神転生」のHD最新作が発表

長らく携帯機用ソフトとしてリリースされていた「真・女神転生」ですが、このたび「HDプロジェクト」と銘打って最新作が開発中であることが発表されました。

公式サイトは → コチラ

サイトによれば、並行で3DS用ソフトも別途進行中のようですね。

携帯ハードでのプレイは正直しんどくなってきた身としては、今回の発表はかなりの朗報ですね!

さて、気になるのはあくまで「HDプロジェクト」でありどこにも「Nintendo Switch」用ソフトであるという明記が無いこと。

つまり「Nintendo Switch」独占では無く他ハードでも発売されるのでは?(もしくは時限独占?)というのが巷でのもっぱらの噂です。

もしそうであれば「PS4」での発売を熱望しますね。



■ 『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』がNintendo Switchで発売決定

現在最新作である「ストリートファイター5」が稼働中の同シリーズにおいて、まさかの「スト2」の最新作が発表されました。

これにはさすがに驚きです。カプコンは一体何を考えているのでしょうか^^;

「Nintendo Switch」のマルチプレイ性を考慮し、懐かしく知名度ナンバーワンの「スト2」でワイワイ遊んでもらおうというコンセプトなのでしょうか?

価格はパッケージ版で税抜き4,990円とこれまた強気の設定…う、売れるといいですねカプコンさん。



■ 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の発売日が3月3日に決定

ゼルダの伝説の最新作「ブレス オブ ザ ワイルド」の発売日が「Nintendo Switch」と同日の3月3日に決まりました。

つまりローンチソフトの本命というところですね。

当初WiiU用ソフトとして発表されたものの、その後延期と共に次世代機でも発売されるということで長らく待ちぼうけを食らいましたが、ようやくプレイできる目途が立ちました…。

正直こちらとしては『「Switch」なんてどうでもいいから早く遊ばせてくれ』というのが本音でしたが、あまりにも時間が経ちすぎてもはや半分どうでもよくなってきていたりします^^;

それにしても発売日がよりによってPS4用ソフト「Horizon Zero Dawn」の翌日とは…最後までイライラさせますねほんと^^;

こうなったら少なくとも片方はスルーしなければいけませんが、もう少し考えます。

 ※最悪両方スルーの可能性もw



以上、まぁこんなところですかね。


短命ハード「WiiU」ですっかり任天堂ハードに不信感が根付いた私としては、発売日に「Nintendo Switch」を購入する確率はもちろん0パーセント。

任天堂ハードであること以外にも、そのどっちつかずな中途半端なハードコンセプトがどうにも…。


ともあれ、ゲーム業界の今後の発展のためにも、頑張って普及させてほしいものですね。

私は…「ゼノブレイド2」のユーザー評価が高ければ、あるいは…




posted by ラムネ at 22:38| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ゲームその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする